Cisco Prime Assurance Manager 1.1 ユーザ ガイド
デバイス構成インベントリの維持
デバイス構成インベントリの維持
発行日;2012/08/02 | 英語版ドキュメント(2012/02/11 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

デバイス構成インベントリの維持

デバイス構成アーカイブの使用

設定アーカイブの設定の変更

設定アーカイブ コレクションのスケジュール

設定の変更のロールバック

デバイス構成インベントリの維持

デバイス構成アーカイブの使用

Prime AM はネットワーク内のデバイスを検出すると、デバイス構成を取得し、格納します。デバイス構成に変更を加えると、Prime AM は現在のバージョンとともに以前のバージョンを格納します。Prime AM は、すべてのデバイス構成バージョンを格納します。

設定アーカイブ タスクは、次の 2 つの場所で実行できます。

[Operate] > [Configuration Archives]:デバイス タイプ別、サイト グループ別、またはユーザ定義グループ別にすべての設定アーカイブをリストします。設定のアーカイブとロールバックをスケジュールし、設定の詳細を表示できます。

[Operate] > [Device Work Center]:特定のデバイスのアーカイブ済み設定を表示し、構成ロールバックをスケジュールして、特定のデバイスのアーカイブ コレクションをスケジュールします。

設定アーカイブの設定の変更

デフォルトでは、Prime AM は、次の時点から 7 日間、デバイスごとにデバイス構成バージョンを 5 個までアーカイブします。

各インベントリ収集時

Prime AM による構成変更イベントの受け付け時

どのような場合に Prime AM が設定をアーカイブするかを変更するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Administration] > [System] を選択し、[Configuration Archive] をクリックします。

ステップ 2 必要な設定を変更します。アーカイブする構成バージョンの個数を無制限にするには、[Number of version to retain] と [Number of days to retain] をオフにします。

ステップ 3 Prime AM が特定のデバイス タイプに対するコマンドを無視するようにするには、[Advanced] タブをクリックし、デバイス タイプを選択して、無視するコマンドを入力します。指定したデバイスの構成に変更が加えられ、その変更が除外リストのいずれかのコマンドに関係することを Prime AM が検出した場合、Prime AM はこの変更とともに設定のアーカイブ済みバージョンを作成しません。

ステップ 4 [Save] をクリックします。


 

設定アーカイブ コレクションのスケジュール

どのような場合に設定をアーカイブするかを指定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Operate] > [Configuration Archives] を選択します。

ステップ 2 アーカイブする設定のデバイスを選択し、[Schedule Archive] をクリックします。[Configuration Archive Schedule] ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 設定をアーカイブするパラメータを入力します。

ステップ 4 次の項目をクリックします。

[Save]。変更内容を保存します

[Close]。変更内容を保存せずに終了します。

ステップ 5 設定アーカイブ ジョブの進捗を確認するには、[Tools] > [Task Manager] > [Jobs Dashboard] を選択します。


 

設定の変更のロールバック

Prime AM を利用すると、デバイス構成を前のバージョンの構成にロールバックすることができます。

次に、設定の変更をロールバックする手順を示します。


ステップ 1 [Operate] > [Configuration Archives] を選択します。

ステップ 2 構成をロールバックするデバイスの展開アイコンをクリックします。

ステップ 3 ロールバックする特定の構成バージョンをクリックし、[Schedule Rollback] をクリックします。

ステップ 4 ロールバック オプションを指定します。

ステップ 5 スケジュール オプションを指定します。

ステップ 6 [Submit] をクリックします。