Cisco Prime Assurance Manager 1.1 ユーザ ガイド
導入後のアプリケーションのモニタリング
導入後のアプリケーションのモニタリング
発行日;2012/08/02 | 英語版ドキュメント(2012/02/11 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

導入後のアプリケーションのモニタリング

導入後のアプリケーションのモニタリング

Cisco Prime Assurance では、ネットワーク オペレータが、多くの要因(サーバ本来の性能、他のアプリケーションおよびユーザからの帯域幅の競合、接続障害、デバイス アラーム、ピーク トラフィック時間など)のいずれかに由来するパフォーマンス問題を調査できます。この柔軟性により、トラブルシューティングの時間が短縮され、ソリューションを素早く見つけることができるようになります。

次のワークフローでは、ネットワーク管理者が、新しく導入されたアプリケーションのパフォーマンスの低下について複数のブランチから苦情を受けています。ネットワーク管理者は、アプリケーション サーバ サイトの誤作動しているエッジ ルータが問題であると考えていますが、他の要因がこの問題に関係しているかどうかを確認する必要があります。


ステップ 1 [Operate] > [Detail Dashboards] > [Application] を選択します。

ステップ 2 このページのすべてのダッシュレットを新しく導入されたアプリケーションに制限します。[Filters] 行で、[Application] を選択し、[Go] をクリックします。

ステップ 3 アプリケーションをホストしているサーバの応答時間に関する統計情報が示された [Application Server Performance] ダッシュレットを参照します。サーバ応答時間に突然の増加があるか確認します。

ステップ 4 [Application Server Performance] のデータを [Worst N Clients by Transaction Time] と [Worst N Sites by Transaction Time] のデータと比較します。サーバ応答時間のピークが、1 人または複数のユーザが経験したトランザクション時間と一致するか、サイト全体に及ぶかを確認します。

ステップ 5 使用量のピークについて [Application Traffic Analysis] を確認します。下部のグラフの [Pan] ハンドルと [Zoom] ハンドルを使用して、観察されたトラフィック ピークの時間枠を調査します。アプリケーション応答時間のピークをピーク使用量のこれらの時間と比較します。

ステップ 6 [Top N Clients (In and Out)] を確認して、アプリケーションに対して帯域幅を最も消費しているユーザを識別します。次に、[Worst N Sites by Transaction Time] を確認します。これら 2 つのダッシュレットの情報を比較して、帯域幅を最も消費しているユーザが、パフォーマンスが最も悪いサイトの一部であるかどうかを確認します。

ステップ 7 [Worst N Sites by Transaction Time] で、パフォーマンスが最も悪いサイトを調べます。[Site] カラムのサイト名をクリックします。必要な場合は、ステップ 2 で行ったように、新しく導入されたアプリケーションにより、[Site Detail Dashboard] でデータをフィルタリングします。

ステップ 8 [Site Detail Dashboard] で、[Top N Applications by Volume] ダッシュレットと [Top N Clients (In and Out)] ダッシュレットを参照して、このサイトの上位アプリケーション ユーザの図と、このアプリケーションでパフォーマンスが問題になった時間を確認します。

ステップ 9 [Top N Devices with Most Alarms] を参照して、サイトのサーバまたはエッジ ルータのいずれかに、現在、このサイトでのアプリケーション パフォーマンスが非常に悪い理由を示すアラームがあるかどうかを確認します。

ステップ 10 [Device Reachability Status] を使用して、疑いのあるデバイスにまだ到達できることを確認します。到達できる場合は、[Device IP] をクリックして [360 View] を起動します。

ステップ 11 [360 View] で次の操作を行います。

[Interfaces] タブをクリックし、影響を受けたアプリケーションのセッションがこのデバイス上を流れることを確認します。

[Alarms] タブをクリックして、デバイスの現在のアラームの概要を表示します。

ステップ 12 このデバイスが、このサイトでのアプリケーション パフォーマンス問題の原因と思われる場合は、[360 View] の最上部にある [Alarm Browser] アイコンをクリックして、このデバイスのすべてのアラームを表示します。[Show] フィールドを使用して、表示されたアラームを問題の時間枠のものに制限します。