Cisco License Manager ユーザ ガイド
Cisco License Manager のインストール
Cisco License Manager のインストール
発行日;2012/02/06 | 英語版ドキュメント(2009/11/05 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Cisco License Manager のインストール

Cisco License Manager ソフトウェア パッケージのダウンロード

アプリケーションのインストール

インストール GUI を使用した Cisco License Manager のインストール

CLI スクリプトを使用した Cisco License Manager のインストール

インストールの確認

Cisco License Manager リリース 3.0 への移行

のアンインストール

の再インストール

Cisco License Manager のインストール

この章では、Cisco License Manager Graphical User Interface(GUI; グラフィカル ユーザ インターフェイス)のインストールについて説明します。この章の構成は次のとおりです。

「Cisco License Manager ソフトウェア パッケージのダウンロード」

「Cisco License Manager アプリケーションのインストール」

「インストールの確認」

「Cisco License Manager リリース 3.0 への移行」

「Cisco License Manager のアンインストール」

「Cisco License Manager の再インストール」

Cisco License Manager ソフトウェア パッケージのダウンロード

Cisco License Manager のソフトウェア パッケージをダウンロードするには、次の手順を完了します。


ステップ 1 適切なサーバ ホストまたはクライアント ワークステーションから、 http://www.cisco.com/go/clm にアクセスし、[Download Software] をクリックします。


) ソフトウェアをダウンロードするには、Cisco.com ユーザ名とパスワードを使用してログインする必要があります。また、Cisco.com ユーザ名とパスワードを入力した後、Cisco.com 上の [Software Download] 領域からソフトウェアをダウンロードすることもできます。


ステップ 2 WinZip ファイルをクリックして、適切なホストまたはワークステーションにダウンロードします。


) WinZip ファイル名は、Windows の場合は base-k9-windows.zip、Solaris の場合は base-k9-Solaris.zip、Linux の場合は base-k9-linux.zip です。


ステップ 3 ソフトウェアおよびイメージ情報を確認し、[Next] をクリックします。

ステップ 4 ソフトウェア ダウンロード規則に同意し、ソフトウェアのダウンロードを開始するには、[Accept] をクリックします。

ステップ 5 Cisco License Manager zip ファイルをホストまたはワークステーションにダウンロードし、保存します。この zip ファイルには、サーバ パッケージとクライアント パッケージの両方が含まれています。

Cisco License Manager はフリー ソフトウェアです。ダウンロード、インストール、および使用に料金がかかりません。

ステップ 6 ホストまたはワークステーションで保存したファイルの場所に移動し、ファイルをローカル ドライブまたはローカル ディスクに解凍します。


 

Cisco License Manager アプリケーションのインストール

次のいずれかの方法を使用して、Cisco License Manager GUI アプリケーションをインストールできます。

「インストール GUI を使用した Cisco License Manager のインストール」

「CLI スクリプトを使用した Cisco License Manager のインストール」


) Windows プラットフォームの場合、Administrator ロールを持つユーザだけがアプリケーションをインストールできます。Solaris プラットフォームの場合、root だけがアプリケーションをインストールできます。


インストール GUI を使用した Cisco License Manager のインストール

インストール GUI を使用してホストまたはワークステーションに Cisco License Manager をインストールするには、次の手順を完了します。


ステップ 1 Cisco License Manager ファイルをダウンロードしたフォルダに移動します。

ステップ 2 clm_installer.bat をダブルクリックして、インストール プログラムを開始します。初期メッセージが表示されます。


) インストール中、ウイルス対策ソフトウェアのダイアログ ボックスが表示されます。[OK] をクリックして、ウイルス対策ソフトウェアを無効にします。


ステップ 3 [Next] をクリックします。


) インストール全体を通して、前の画面の情報を変更する場合には [Previous] をクリックします。インストールを中止するには、[Cancel] をクリックします。


ステップ 4 使用許諾契約を確認し、適切なオプション ボタンを選択して同意を示します。使用許諾契約の条件に同意することを選択したら、[Next] をクリックします。

ステップ 5 インストールするオプションを選択します。

a. サーバ パッケージとクライアント パッケージの両方をインストールするには、[Next] をクリックします。すべてのチェックボックスをオンにします。

b. サーバ パッケージだけをインストールするには、[Cisco License Manager Client] をオフにし、[Next] をクリックします。[Cisco License Manager Server] チェックボックスだけをオンにします。

c. クライアント パッケージだけをインストールするには、[Cisco License Manager Server] をオフにし、[Next] をクリックします。[Cisco License Manager Client] チェックボックスだけをオンにします。

 

 

ステップ 6 デフォルトのインストール ディレクトリを選択するには、[Next] をクリックします。

別のインストール ディレクトリを選択するには、[Choose] をクリックし、目的の場所に移動します。適切なディレクトリを選択し、[Next] をクリックします。


) 別のディレクトリの選択に誤りがあった場合には、[Restore Default Folder] をクリックします。デフォルトのインストール ディレクトリが復元されます。


 

ステップ 7 クライアント パッケージだけをインストールするオプションを選択した場合は、ステップ 13に進みます。サーバだけをインストールする場合、またはサーバとクライアントの両方をインストールする場合は、次の手順を続行します。

ステップ 8 サーバ ポート、イベント リスニング ポート、および HTTP ファイル サーバ ポートを変更する場合は、1024 ~ 65535 の範囲内のポート番号を入力します。デフォルトのポート設定を受け付ける場合は、何も入力しません。

Cisco License Manager サーバとクライアントとの間でセキュリティ保護された通信を使用するには、[SSL enable] をオンにします。

[Next] をクリックします。

 

 

サーバは、TCP/IP ポートをリッスンして、クライアント プログラムからサービス リクエストを受信し、ネットワーク内のシスコ デバイスからイベントを受信します。

ステップ 9 SSL 対応のシスコ デバイスがあり、Cisco License Manager がそのデバイスと通信するようにする場合は、[Yes] をクリックします。Cisco License Manager とシスコ デバイスとの間で SSL 認証を行うための証明書ファイルを選択するには、[Choose] をクリックして証明書ファイルの場所に移動し、[Next] をクリックします。

SSL 対応のシスコ デバイスがない場合は、[No] をクリックし、[Next] をクリックします。

ステップ 10 管理者パスワードを [Password] フィールドに入力します。[Confirm Password] フィールドに同じパスワードをもう一度入力します。両者のパスワードが一致したら、[Next] をクリックします。

 


ヒント 管理者パスワードは安全な場所に忘れずに保管してください。パスワードを忘れると、Cisco License Manager の再インストールが必要になります。

パスワードの制限および命名規則については、「インストールに必要な準備」を参照してください。


ステップ 11 IP アドレスか、またはホスト名とドメイン名を使用して、SMTP 電子メール サーバを入力し、[Next] をクリックします。例:my_mail_server.domain.com。

 

電子メール サーバに到達できないという内容のメッセージが表示されることがあります。続行する場合は、[OK] をクリックします。電子メール サーバを再入力する場合は、[Previous] をクリックし、サーバ名を再入力します。


ヒント 電子メール サーバに到達できない場合は、次のトラブルシューティング アクションのいずれかを試してみてください。

電子メール サーバ名のスペルを確認する。

別のプログラムを使用して電子メール サーバに ping を実行し、到達可能かどうかを確認する。

この手順をスキップして、インストール後に電子メール サーバを更新する。「セットアップ プログラムの実行」を参照。


 

ステップ 12 データベース プライオリティを選択します。良好なパフォーマンスを得るため、デフォルトの [Performance] にすることを推奨します。100,000 を超えるデバイスを管理する必要がある場合は、[Scalability] を選択し、[Next] をクリックします。

 

 

ステップ 13 プレインストール要約情報を確認し、[Install] をクリックして、インストールに関する選択内容を確認します。インストール情報を再入力する必要がある場合は、[Previous] をクリックします。

 

 

ステップ 14 次のいずれかのオプションを選択します。

[Yes, restart my system] をクリックして、システムを再起動し、インストールを完了します。

後で再起動する場合は、[No, I will restart my system myself] をクリックします。

インストールを完了するには、システムを再起動する必要があります。

 

ステップ 15 [Done] をクリックしてインストールを完了し、インストール プログラムを終了します。


 

CLI スクリプトを使用した Cisco License Manager のインストール

CLI スクリプトを使用して、Cisco License Manager をインストールできます。CLI スクリプトでプログラム デフォルトを使用することも、必要に応じてインストール スクリプトをカスタマイズすることもできます。CLI スクリプトを使用した Cisco License Manager のインストールは、サイレント インストールと呼ばれます。CLI スクリプトを使用してホストまたはワークステーションに Cisco License Manager をインストールするには、次の手順を完了します。


ステップ 1 Cisco License Manager ファイルを抽出したフォルダに移動します。

ステップ 2 install.properties ファイルを探します。このファイルには、プログラム デフォルトが含まれています(次の表の説明を参照)。デフォルトの値をカスタマイズするには、ファイルを編集し、コピーをホストまたはワークステーションに保存する必要があります。


) ファイル名を変更する必要はありません。変更する場合でも、*.properties という拡張子のままにしてください。


ステップ 3 コマンド ラインで、次のように入力します。

clm_installer.bat -f c:¥directory1¥directory2¥custom_installer_name .properties

custom_installer_name.properties は、カスタマイズした install.properties ファイルの名前です。ファイルが clm_installer.bat ファイルと同じディレクトリにない場合には、絶対パスを指定します。ファイルでプログラム デフォルトを使用する場合は、デフォルト名を使用します。

カスタマイズしたプロパティ ファイルを使用してインストールが実行されます。完了すると、メッセージが表示されます。


 

インストール プロパティ ファイルのデフォルトと説明

インストール プロパティ ファイルには、プログラム デフォルトが含まれています。次の表の説明を参照してください。これらの値をカスタマイズするには、ファイルを編集し、デフォルトの値を指定の値で置き換えてからインストールを実行する必要があります。

 

パラメータ
説明
デフォルト

INSTALLER_UI

インストールのモードを設定する。

Silent

USER_INSTALL_DIR

Cisco License Manager のインストール先のディレクトリ。1ルート フォルダ パスは、180 バイトよりも小さくする必要がある。そうしないと、エラー メッセージが返される。

C:¥¥Program Files¥¥Cisco Systems¥¥Cisco License Manager

isServerPackageSelected

インストールするサーバ パッケージを選択する。

1 = サーバ パッケージをインストールする。

0 = サーバ パッケージをインストールしない。

インストール ツールでは、1 と 0 だけが受け付けられる。

1(true に相当)

isClientPackageSelected

インストールするクライアント パッケージを選択する。

1 = クライアント パッケージをインストールする。

0 = クライアント パッケージをインストールしない。

インストール ツールでは、1 と 0 だけが受け付けられる。

1(true に相当)

SERVER_PORT

Cisco License Manager が使用するポートを設定する。有効なポート値範囲は、1024 ~ 65535 である。

1024

EVENT_PORT

イベントをリッスンするポートを設定する。有効なポート値範囲は、1024 ~ 65535 である。

80

DEVICE_K9_IMAGE_RESULT

SSL 対応のシスコ デバイスに Cisco License Manager との通信を許可するかどうかを設定する。値は yes または no である。

No

DEVICE_CERTIFICATE_FOLDER

デバイス証明書が保管されているフォルダに移動する。1

C:¥¥

DEVICE_CERTIFICATE_FILE

すべてのデバイス認証の証明書ファイル。

device.cer

ADMIN_PASSWORD

管理パスワードを設定する。

password

RE_ADMIN_PASSWORD

管理パスワードを確認する。

password

EMAIL_RESULT

アクティビティに使用する SMTP 電子メール サーバ ホスト名または IP アドレスを設定する。

デフォルトなし

DB_PRIORITY

データベース プライオリティを設定する。

Performance = パフォーマンス向上を有効にする

Scale = 100,000 を超えるデバイスの管理を有効にする

performance

CLM_SSL_ENABLE

1 = Cisco License Manager サーバと GUI クライアントとの間で SSL を有効にする

0 = Cisco License Manager サーバと GUI クライアントとの間で SSL を無効にする

0(SSL 無効)

1.USER_INSTALL_DIR エントリおよび DEVICE_CERTIFICATE_FOLDER エントリに絶対ファイル パスを入力するときは、ファイル パス セパレータとしてバックスラッシュ(¥)を 1 つではなく 2 つ続けたもの(¥¥)を使用してください。例:C:¥¥Program Files¥¥Cisco Systems¥¥Cisco License Manager

インストール プロパティ ファイルの例

次に、install.properties ファイルの一例を示します。

INSTALLER_UI=silent
USER_INSTALL_DIR=C:¥¥Program files¥¥Cisco Systems¥¥Cisco License Manager
isServerPackageSelected=0
isClientPackageSelected=1
SERVER_PORT=1024
EVENT_PORT=8888
DEVICE_K9_IMAGE_RESULT=Yes
DEVICE_CERTIFICATE_FOLDER=C:¥¥certificate
DEVICE_CERTIFICATE_FILE=device.cer
ADMIN_PASSWORD=adminxyz
RE_ADMIN_PASSWORD=adminxyz
EMAIL_RESULT=myemail_server.xyz.com
CLM_SSL_ENABLE=off
DB_PRIORITY=performace

インストールの確認


) インストールを始める前に、「インストールに必要な準備」に示しているタスクを完了してください。


インストールの完了後、Cisco License Manager を起動して正常にインストールされていることを確認します。インストールを確認するには、次の手順を完了します。


ステップ 1 タスク バーの [Start] メニューをクリックし、[Programs] > [Cisco Systems] > [Cisco License Manager] を選択して、Cisco License Manager クライアントを起動します。

アプリケーションが開き、ログイン ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 インストール時に指定した管理者パスワードを使用してログインします。

ログインの詳細については、「ログイン」を参照してください。ログインできない場合は、「トラブルシューティングのヒント」でヒントになる情報を参照してください。

ステップ 3 「起動までのフローチャート」 に進み、ユーザおよびデバイスの追加を始める前に必要な作業を参照します。


 

Cisco License Manager リリース 3.0 への移行

Cisco License Manager リリース 2.2 からリリース 3.0 に移行するには、次の手順を完了します。


ステップ 1 「Cisco License Manager ソフトウェア パッケージのダウンロード」の説明に従って、Cisco License Manager ソフトウェア パッケージをダウンロードし、リリース 2.2 が現在インストールされているシステムにそのパッケージをコピーします。


) Cisco License Manager リリース 2.0 または 2.1 からリリース 3.0 には移行できません。


 

 


ヒント アンインストールまたはアップグレードを実行する前に、Cisco License Manager をバックアップすることを推奨します。


ステップ 2 Cisco License Manager ファイルをダウンロードしたフォルダに移動します。

ステップ 3 clm_installer.bat をダブルクリックして、移行プロセスを開始します。Cisco License Manager リリース 2.2 からリリース 3.0 に移行することを通知するダイアログ ボックスが表示されます。

 

 


) CLM 3.0 への移行後も CLM 2.2 データを保持するには、2.2 上に CLM 3.0 をインストールする必要があります。CLM 3.0 インストールは、自動的に CLM 2.2 データを CLM 3.0 データベースに移行します。


ステップ 4 [Next] をクリックします。

ステップ 5 移行を続行するには、管理者パスワードを入力し、[Next] をクリックします。

 

ステップ 6 Cisco License Manager リリース 2.1 データ ファイルの保存先となるフォルダを選択します。

 

ステップ 7 [Install] をクリックします。ダイアログ ボックスが開き、インストールされるコンポーネントがすべて表示されます。


) 移行プロセス全体を通して、前の画面の情報を変更する場合には [Previous] をクリックします。移行を中止するには、[Cancel] をクリックします。


ステップ 8 次のいずれかのオプションを選択します。

[Yes, restart my system] をクリックして、システムを再起動し、移行を完了します。

後で再起動する場合は、[No, I will restart my system myself] をクリックします。

移行を完了するには、システムを再起動する必要があります。

ステップ 9 [Done] をクリックしてインストールを完了し、インストール プログラムを終了します。システムを再起動することにした場合は、この時点で再起動されます。

ステップ 10 Cisco License Manager にログインし、すべてのデバイスのライセンスをポーリングします。このアクションは、すべてのデバイスについてライセンスとデバイス ステータスを更新します。


 

Cisco License Manager のアンインストール

Cisco License Manager をアンインストールするには、次の手順を完了します。


) Windows プラットフォームの場合、Administrator ロールを持つユーザだけがアプリケーションをアンインストールできます。Solaris プラットフォームの場合、root だけがアプリケーションをアンインストールできます。



ステップ 1 すべての Cisco License Manager コマンドおよび GUI ウィンドウを閉じ、Cisco License Manager サーバを停止します。


注意 これらのウィンドウを閉じないと、Cisco License Manager パッケージのアンインストールを完了できません。アンインストール時に、開いているウィンドウで参照されるファイルが削除されません。

ステップ 2 Windows プラットフォームから、[Start] > [All Programs] > [Cisco License Manager] > [Uninstall] を選択します。

ステップ 3 Solaris プラットフォームから、 $CLM_HOME/bin/runUninstallCiscoLicenseManager を実行します。


 

Cisco License Manager の再インストール

Cisco License Manager を再インストールする場合は、現在のアプリケーションをまずアンインストールし、システムを再起動して、アンインストール後に残った Cisco License Manager ファイルを削除しておく必要があります。


ヒント アンインストールまたはアップグレードを実行する前に、Cisco License Manager をバックアップすることを推奨します。


Cisco License Manager を再インストールするには、次の手順を完了します。


ステップ 1 まだ実行していない場合は、アンインストールを実行します。「Cisco License Manager のアンインストール」を参照してください。

ステップ 2 コンピュータを再起動します。

ステップ 3 Cisco License Manager をインストールします。インストール手順については、「Cisco License Manager アプリケーションのインストール」を参照してください。