Cisco License Manager 用 Java API リファレンス ガイド
監査証跡管理関数
監査証跡管理関数
発行日;2012/01/08 | 英語版ドキュメント(2009/10/27 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

監査証跡管理関数

listAllAuditTrailRecords

PurgeAuditTrailRecords

readAuditTrailRecords

監査証跡管理関数

この章では、次の監査証跡管理関数に関する情報を示します。

「listAllAuditTrailRecords」

「PurgeAuditTrailRecords」

「readAuditTrailRecords」

listAllAuditTrailRecords

構文

listAllAuditTrailRecords(UserToken token, Pagination pageinfo) throws RemoteException;

説明

この関数は、インベントリに含まれるすべての監査証跡レコードを返します。出力には、ステータス、総数、および AuditTrail の配列が含まれます。レコードが見つからない場合は、サイズが 0 の配列が返されます。

入力パラメータ

 

パラメータ
タイプ
説明

token

UserToken、必須

--

ユーザの認証パスを表すトークン。これは、ユーザが login 関数を呼び出して、バックエンド サーバがそのユーザを認証した後に取得されます。

pageinfo

DataObject、

必須

--

offset と max を含むページ分割オブジェクト。offset は、この関数によって取得する、最初のレコード セットからの相対的なオフセットを指定します。max は、取得するレコードの最大数を指定します。max を -1 に設定すると、値が -1 であるすべてのレコードが返されます。

戻り値

この関数は、AuditTrail オブジェクトの配列を含む監査証跡ページング情報オブジェクトを返します。offset がレコード数よりも大きい場合は、サイズが 0 の配列が返されます。

エラーと例外

操作エラーが発生した場合、Status オブジェクトにはエラー コードとエラー メッセージが含まれます。システム エラーによって操作が完了しなかった場合は、RemoteException がスローされます。

PurgeAuditTrailRecords

構文

Status purgeAuditTrailRecords(UserToken token, int numToKeep) throws RemoteException;

説明

この関数は、ユーザ アクティビティのレコードを含む監査証跡ログをパージします。numToKeep パラメータを超える古いレコードが削除されます。

入力パラメータ

 

パラメータ
タイプ
説明

token

UserToken、必須

--

ユーザの認証パスを表すトークン。これは、ユーザが login 関数を呼び出して、バックエンド サーバがそのユーザを認証した後に取得されます。

numToKeep

Integer、必須

有効な整数値

保持するログ レコードの数。

戻り値

この関数は Status オブジェクトを返します。

エラーと例外

システム エラーによって操作が完了しなかった場合は、RemoteException がスローされます。

エラーが発生した場合、Status オブジェクトは SUCCESS 以外のエラー コードとエラー メッセージを返します。

readAuditTrailRecords

構文

AuditTrail[] readAuditTrailRecords(UserToken token, String[] ids);

説明

この関数は、ユーザ アクティビティのレコードを含む監査証跡ログを取得します。numRecords を 0 に設定すると、システム内のすべてのレコードが返されます。

入力パラメータ

 

パラメータ
タイプ
説明

token

UserToken、必須

--

ユーザの認証パスを表すトークン。これは、ユーザが login 関数を呼び出して、バックエンド サーバがそのユーザを認証した後に取得されます。

numRecords

Integer、必須

有効な整数値

保持するログ レコードの数。

戻り値

この関数は AuditTrail オブジェクトの配列を返します。

エラーと例外

システム エラーによって操作が完了しなかった場合は、RemoteException がスローされます。

エラーが発生した場合、この関数は null を返します。長さが 0 の配列は、レコードが見つからなかったことを示します。