Cisco Transport Manager ユーザ ガイド Release 5.0
索引
A
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 12MB) | フィードバック

A

AAA Administration アプリケーション  5-176

Access Control Lists アプリケーション  5-60

AIS  3-60

Alarm Browser  1-19

Alarm Log

表示  9-7

Audit Trail テーブル  9-32

B

BGP Configuration アプリケーション  5-85

BITS

BITS Out 基準  3-61

ファシリティ  3-60

BLSR 実行間隔、変更  7-109

C

CARLOSS アラーム(注意)  7-62

Catalyst 6509、NE の追加のための前提条件  3-15

CDP、有効化  3-13

Circuit ウィザードの開始点  7-10

Circuit テーブル

Circuit Span テーブルを開く  7-71

開始点  7-4

回線の削除  7-70

管理タスク  7-5

モニタ回線の作成  7-42, 7-43

Cisco Edge Craft  5-194

Cisco MetroPlanner 設定ファイルのインポート  7-199

Cisco MetroPlanner 設定ファイル、インポート  7-199

CiscoView

badValue メッセージ  F-11

FAQ  F-8

Java PlugIn の問題  F-11

noSuchName メッセージ  F-11

Telnet セッション、開始  F-6

色分け  F-5

起動  F-2

ステータス バー  F-6

接続、テスト  F-9

タイムアウト メッセージ  F-9

デバイス パッケージ

ダウンロード  F-7

チェック  F-7

トラブルシューティング  F-9

バージョン

情報  F-7

表示  F-6

プリファレンス  F-6

別売り  3-14

マニュアル、関連  F-1

メニュー  F-4

CRS-1

NE を追加するための前提条件  3-15

アプリケーション

BGP Configuration  5-85

Explicit Path Configuration  5-28

Interface Common Attributes Configuration  5-38

Interface Ethernet Configuration  5-42

Interface POS Configuration  5-49

ISIS Configuration  5-121

LDP Configuration  5-141

MPLS-TE Configuration  5-29

OSPF Configuration  5-145

Packet Filter  5-67

QoS  5-68

Routing Policy Manager  5-82

RSVP Configuration  5-169

SONET Port Configuration  5-56

アクセス制御リスト  5-60

アラーム管理  5-183

認証、許可、会計(AAA)  5-176

ユーザ管理  5-187

設定  5-28

設定ファイルの比較  4-68

CTC

CTM で使用できない機能  4-83

Upgrade テーブル、バイナリの管理  4-17

操作の管理  4-83

バイナリ ファイル

アップグレード  4-17

削除  4-18

トラブルシューティング  G-11

CTC ベースの NE に関するポート ステータス、概要  5-5

CTM

CTM R5.0の新機能  1-28

一般的な機能  1-33

インターフェイス  2-2

主な機能  1-4

概要  1-2

マニュアル セット  cxvi

CTM GateWay/TL1、トラブルシューティング  G-23

CTM R5.0の新機能  1-28

CTMServer.cfg ファイル、破損(トラブルシューティング)  G-4

CTM クライアント

セキュリティ パラメータの設定  8-31

設定の詳細、監視  4-81

トラブルシューティング

サーバとの接続性  G-14

プロビジョニング担当者またはオペレータとしてログインできない  G-14

ログイン エラー メッセージ  G-15

CTM サーバ

設定の詳細、監視  4-81

トラブルシューティング

クライアントとの接続  G-14

接続  G-4

CTM サーバへのトラップの送信  3-11

CTM ドメイン

NE ソフトウェア バージョン

削除  4-34

追加  4-32

CTM に表示されるアイコン  A-1

Domain Explorer  A-27

運用状態  A-29

オブジェクト  A-27

重大度  A-29

通信状態  A-28

マップ表現  A-30

Network Map  A-2

アイコンの色  A-8

アイコンの状態  A-6

CTM に表示されるメニュー  A-1

メニューバー  A-9

Administration  A-23

Configuration  A-19

Edit  A-12

Fault  A-17

File  A-9

Help  A-26

Performance  A-18

View  A-25

Window  A-26

CTM の一般的な機能  1-33

CTM の概要  1-1

CTP(定義)  7-3

D

DCN 帯域幅  G-19

Domain Explorer  1-7

DWDM カード  6-4

2.5G_DM  C-104

2.5G_DMP  C-117

2.5G マルチレート トランスポンダ  C-129

32DMX(32 チャネル デマルチプレクサ)  C-150

32DMX(シングルスロット 32 チャネル デマルチプレクサ)  C-142

32MUX_O(32 チャネル マルチプレクサ)  C-156

32WD-IR(32 チャネル波長デマルチプレクサ-赤外線帯域)  C-161

32WSS(32 チャネル波長選択スイッチ)  C-163

4MD-xx.x(4 チャネル マルチプレクサ/デマルチプレクサ)  C-172

AD-1B-xx.x(1 バンド OADM)  C-177

AD-1C-xx.x(1 チャネル OADM)  C-182

AD-2C-xx.x(2 チャネル OADM)  C-187

AD-4B-xx.x(4 バンド OADM)  C-192

AD-4C-xx.x(4 チャネル OADM)  C-197

ADA(アド/ドロップ増幅器)  C-202

BBA(青色帯域ブースタ増幅器)  C-206

BBA-10G(青色帯域ブースタ増幅器-10GBps)  C-209

BCS-ELH(バンド コンバイナおよびスプリッタ-拡張ロングホール)  C-213

BCS-LH(バンド コンバイナおよびスプリッタ-ロングホール)  C-216

IRBA(赤外線帯域ブースタ増幅器)  C-221

MXP_2.5G_10E(2.5GBps~10GBps マックスポンダ - 100GHz)  C-228

MXP_2.5G_10G  C-240

OAD-8-C(光アド/ドロップ ユニット-パッシブ - 4 チャネル - C バンド)  C-258

OADM-P4(光アド/ドロップ マルチプレクサ - パッシブ - 4 チャネル)  C-260

OA-ELH(光増幅器 - 拡張ロングホール)  C-252

OBA-C(光ブースタ増幅器 - C バンド)  C-262

OECP(奇数/偶数チャネル プロセッサ)  C-267

OEP-C(光追加ポンプ増幅器 - C バンド)  C-269

OPA-C(光プリアンプ C バンド)  C-276

OP-ELH(光外部ポンプ-拡張ロングホール)  C-272

OPT-BST(光ブースタ増幅器モジュール)  C-281, C-286

OPT-PRE(光プリアンプ)  C-292

ORP-ELH(光ラマン ポンプ-拡張ロングホール)  C-297

OSC-CSM(光サービス チャネル コンバイナ/セパレータ モジュール)  C-300

OSCM(光サービス チャネル モデム)  C-306

PRE-L(ライン プリアンプ)  C-311

PRE-L-IR(ライン プリアンプ-赤外線帯域)  C-314

RBA - 10G(赤色帯域ブースタ増幅器 - 10GBps)  C-209

TPA(送信パワー増幅器)  C-318

TXP_MR_10E(10GBps マルチレート拡張トランスポンダ)  C-322

TXP_MR_10G  C-338

WD(波長デマルチプレクサ)  C-348

デマルチプレクサ  C-219

20MD-LE-D(20 チャネル デマルチプレクサ ユニット - L バンド - 偶数チャネル)  C-219

20MD-LO-D(20 チャネル デマルチプレクサ ユニット - L バンド - 奇数チャネル)  C-219

40MD-CE-D(40 チャネル デマルチプレクサ ユニット - C バンド - 偶数チャネル)  C-219

40MD-CO-D(40 チャネル デマルチプレクサ ユニット - C バンド - 奇数チャネル)  C-219

8MD-C(8 チャネル マルチプレクサ/デマルチプレクサ ユニット - C バンド - OADM アプリケーション)  C-219

マルチプレクサ  C-226

20MD-LE-M(20 チャネル マルチプレクサ ユニット - L バンド - 偶数チャネル)  C-226

20MD-LO-M(20 チャネル マルチプレクサ ユニット - L バンド - 奇数チャネル)  C-226

40MD-CE-M(40 チャネル マルチプレクサ ユニット - C バンド - 偶数チャネル)  C-226

40MD-CO-M(40 チャネル マルチプレクサ ユニット - C バンド - 奇数チャネル)  C-226

DWDM 接続、計算  7-198

DWDM 接続の計算  7-198

E

Equipment  11-9

Equipment Inventory テーブル  11-9

Event Export Manager

使用方法  9-39

フィールドの説明  1-39

Explicit Path Configuration アプリケーション  5-28

E シリーズ カードのスパニング ツリー プロトコル(IEEE 802.1D)  6-19

F

FC_MR-4 カード

スロット プロパティ  C-493

プロビジョニング  6-22

Flash File テーブル

機能  4-29

使用  4-28

FMEC カード

FMEC-E1-120NP  C-502

  6-22

FMEC-DS1/E1  C-499

FMEC-DS3/E3  C-500

FMEC-E1  C-501

FMEC-STM1E  C-508

MIC-A/P  C-509

MIC-C/T/P  C-510

G

G1000-4 カード

互換性(注意)  7-45

接続(注意)  7-45

get nestate コマンド  G-12

GUI

コンポーネント  1-5

Alarm Browser  1-19

Domain Explorer  1-7

NE Explorer  1-23

Network Map  1-21

Subnetwork Explorer  1-16

アラーム ログ  1-20

ウィンドウ ビュー  1-33

コントロール パネル  1-26

ダッシュボード  1-5

ツリー ビュー  1-35

テーブル ビュー  1-34

I

IEEE 802.1D  6-19

Interface Common Attributes Configuration アプリケーション  5-38

Interface Ethernet Configuration アプリケーション  5-42

Interface POS Configuration アプリケーション  5-49

IP アドレス

アクティブ  4-35

セカンダリ  4-35

プライマリ

ONS 1580x  4-35

変更

CTM でだけ  4-36

CTM と Oracle が同一サーバ上に共存する場合  4-37

NE の  4-35

ISIS Configuration アプリケーション  5-121

J

Job Monitor テーブル

表示  4-77

フィルタリング  4-78

L

Layer 2 Topology

テーブル

表示  7-133

Layer 2 カード、初期化  7-129

Layer 2 カードの初期化  7-129

LDP Configuration アプリケーション  5-141

M

MAC アドレス  7-69

MPLS-TE Configuration アプリケーション  5-29

N

NE

アラームの監視  9-22

アラームの識別  9-22

運用状態、変更  G-19

検索  3-27

削除  3-24

作成  3-9

セキュリティ管理  8-43

追加  3-15

モデル タイプが「unknown」  G-10

モデルのインデックスが「unknown」  G-16

到達不能 NE

ONS 155xx、トラブルシューティング  G-9

ONS 1580x、トラブルシューティング  4-36

到達不能 NE、トラブルシューティング  G-9

不正な CM データの表示  G-19

プロパティ  1-18

間違った NE へのソフトウェア バージョンの追加、トラブルシューティング  G-17

モデル タイプが不明  G-10

NE Discrepancy テーブル、表示  4-80

NE Explorer  1-23

情報  B-1, B-128

CRS-1  B-2

ONS 15200  B-4

ONS 15216  B-6

ONS 1530x  B-36

ONS 15310  B-37

ONS 15327  B-56

ONS 15454 SONET  B-77

ONS 15600 SONET  B-131

ONS 15454 SDH  B-103

ONS 15501  B-128

ONS 15530、ONS 15540  B-130

ONS 15600 SDH  B-151

ONS 15800、ONS 15801  B-165

ONS 15808  B-171

Unmanaged NE/other vendor node  B-177

データ検索  1-37

NE User Access Log テーブル  8-46

NE アクセス制御  2-19

NE サービス

プロパティ

修正  4-59

表示  4-59

有効化  3-9

NE の PING  3-64

NE のグループ化  3-23

NE の検索  3-27

NE のデフォルト値、復元  4-74

NE リリース管理  2-13

O

ONS 15216

NE を追加するための前提条件  3-9

設定  5-194

ONS 15302 および ONS 15305

NE を追加するための前提条件  3-10

ONS 15302 と ONS 15305

設定  5-194

ONS 15310、ONS 15327、ONS 15454 SONET、および ONS 15454 SDH

NE を追加するための前提条件  3-10

TL1 インターフェイス、起動  5-195

カード スロットのプロビジョニング  5-195

設定  5-195

ONS 15327、ONS 15454 SONET、および ONS 15454 SDH

CTM との接続性  G-9

Squelch テーブル(SONET のみ)  7-107

使用可能、トラブルシューティング  G-9

ONS 15501、ONS 15530、および ONS 15540

CDP、有効化  3-13

CTM との接続性  G-9

NE を追加するための前提条件  3-11

使用可能、トラブルシューティング  G-9

トポロジ、設定  3-13

トラップ

CTM サーバへの送信  3-11

トラブルシューティング  G-7

パッチ、光  3-14

設定  5-200

ONS 15800、ONS 15801、および ONS 15808

NE User Access Activity Log テーブルの表示  8-48

設定  5-203

設定とインベントリの同期  5-203

リセット  5-204

ONS 15501、ONS 15530、および ONS 15540 の再検出  3-51

ONS 155xx NE の再検出  3-51

ONS 15600 SONET および ONS 15600 SDH

設定  5-201

ONS 15600 SONET と ONS 15600 SDH

J1 パス トレース、編集  7-89

Squelch テーブル、表示  7-107

回線ロール

完了  7-99

削除  7-100

取り消し  7-99

ONS 15800、ONS 15801、および ONS 15808

NE を追加するための前提条件  3-14

ONS 1580x カードへの Under Maintenance タグ付け  5-204

ONS 15327、ONS 15454 SONET、および ONS 15454 SDH

J1 パス トレース、編集  7-89

OSPF

Configuration アプリケーション  5-145

インスタンス ツリー  5-147

使用方法(CTC ベースの NE を使用した)  5-9

OSPF Configuration アプリケーション  5-145

OSS とのノースバウンド インターフェイス  2-4

P

Packet Filter アプリケーション  5-67

PDI-P、切り替え  7-22

PM

クエリーとグラフ  2-16

データ パラメータ  2-15

レポート、リアルタイム  2-17

PTP(定義)  7-3

Q

QoS アプリケーション  5-68

QoS プロファイル

管理機能  7-186

作成  7-187

複製  7-191

R

RIP、使用方法  5-14

Routing Policy Manager アプリケーション  5-82

RSVP Configuration アプリケーション  5-169

S

Self Monitor テーブル

使用  10-17

フィルタリング  10-17

show nelistコマンド  G-12

SNMP

コミュニティ ストリング  3-11

使用できないポート、トラブルシューティング  G-7

使用方法  5-17

SNTP、複数の NE の設定  4-47

SONET Port Configuration アプリケーション  5-56

Squelch テーブル、表示  7-107

SSHv1 および SSHv2  5-175

SSM

SONET

Generation 1 メッセージ セット(表)  3-54

Generation 2 メッセージ セット(表)  3-54

外部タイミングまたはライン タイミングで有効  3-60

Subnetwork Explorer  1-16

T

Telnet  5-175

TFTP、調整  G-19

V

VCAT メンバー回線の表示  7-77

VLAN テーブル  7-72

VT 集約ポイント(定義)  7-4

VT トンネル(定義)  7-3

アクション ボタン  1-42

アクセス制御、NE  2-19

アップグレード

BLSR  7-110

MS-SPRing  7-118

アプリケーション固有パラメータ、設定  4-48

アラーム

CARLOSS(注意)  7-62

CTC ベースの NE に関するステータス、概要  5-5

エクスポート  1-39

確認応答  9-36

確認応答の解除  9-36

設定

背景の色  8-28

表示期間  8-29

表示プリファレンス  8-28

トラブルシューティング  G-19

抑止  9-11

アラーム確認応答  9-36

アラーム確認応答、設定  9-36

アラーム確認応答の解除  9-36

アラーム管理アプリケーション  5-183

アラーム注釈

設定  9-36

追加  9-7

アラーム通知、使用  9-23

アラームの識別  9-22

アラームの表示  9-11

アラームの抑止

カード レベル  9-11

ノード レベル  9-12

アラーム プロファイル

作成  9-15

適用  9-16

アラーム プロファイル、適用  9-16

アラーム ログ

説明  1-20

イーサネット カード  6-14

CE-100T-8(ONS 15310)  C-428

CE-100T-8(ONS 15454 SONET)  C-435

DS-N  C-443

E10/100T-4  C-444

E1000-2  C-446

E1000-2-G  C-449

E100T-12  C-451

E100T-G  C-454

E3-12  C-456

ETH1000  C-461

G1000-2  C-464

G1000-4  C-467

ML-100T-8  C-471

ML1000-12  C-486

ML100T-12  C-478

ML100T-2  C-486

移動

NE

グループ間  3-22

パーティション間  3-22

グループ  3-3

サブネットワーク  3-8

イベント

エクスポート  1-39

ソース  9-24

意味、注意  cxv

イメージ ファイル、表示されない(トラブルシューティング)  G-20

インターフェイス

CTM  2-2

OSS とのノースバウンド  2-4

サウスバウンドと NE  2-2

インターフェイス、管理  12-1

サウスバウンド  12-2

CORBA リスナー ポート  12-5

CTM サーバ ポート、変更  12-6

クライアント/サーバ通信プロトコル  12-5

ポートの詳細  12-2

ノースバウンド  12-7

CTM GateWay/CORBA  12-46

CTM GateWay/SNMP  12-7

CTM GateWay/TL1  12-12

インベントリ、管理  11-1

Domain NE テーブル  11-3

表示  11-3

表示(ONS 1580x)  11-6

フィルタリング  11-7

ENE Device テーブル  11-8

Equipment Inventory テーブル

説明  11-9

表示  11-9

概要  11-2

インベントリ管理  2-9

ウィザード  2-9

ウィンドウ ビュー  1-33

エクスプローラ  2-8

エクスポート

NE の設定  5-3

アラームとイベント

Event Export Manager  1-39

テキスト ファイル  9-39

データ  1-38

エラー メッセージ  E-1

Cannot authenticate user  G-15

CTM クライアント  E-2

CTM サーバ  E-88

クリティカル  E-88

デバッグ  E-136

マイナー  E-119

メジャー  E-96

エラー ログ

重大度  9-31

バックアップ ファイル  9-31

オペレータ ユーザ、特権  8-4

主な機能  1-4

オンライン ヘルプの使用  1-41

カード

設定

DWDM  6-4

FC_MR-4  6-22

FMEC  6-22

イーサネット  6-14

共通  6-2

電気回路  6-6

トランスポンダ  6-25

光  6-23

マルチレート  6-22

回線

重複した回線 ID、トラブルシューティング  G-10

説明  7-3

表示、トラブルシューティング  G-10

回線管理  2-12

回線の始点(定義)  7-3

回線の終点(定義)  7-3

回線の修復  7-69

回線の手動ルーティング(定義)  7-3

回線ロール(ONS 15600 SONET と ONS 15600 SDH)

完了  7-99

削除  7-100

取り消し  7-99

回線ロールの終了(ONS 15600 SONET と ONS 15600 SDH)  7-99

概念  2-1

概要

CTM  1-2

CTM スキーマ オブジェクトの基本的な SQL コマンド  4-16

カラー スキーム  5-5

効率的なネットワークの管理  4-2

サポートされているリンク  3-28

セキュリティ  8-2

ネットワークの作成  3-2

ハードウェアの設定  5-2

プロビジョニング サービス  7-2

カラー設定、Solaris CTM クライアントのトラブルシューティング  G-20

監査メッセージ  E-138

監査ログ

記録された操作  8-67

説明  2-20

監視

CTM クライアントおよびサーバ設定の詳細  4-81

アラーム  9-22

サービス ステータス  4-80

スケジュール済みタスク  4-76

ネットワーク  4-76

管理

BLSR  7-101

Cisco IOS ユーザ  8-64

CTC 操作  4-83

CTC ユーザ プロファイル  8-61

CTM ユーザ プロファイル  8-36

DWDM

ノード  7-198

リング  7-194

MS-SPRing  7-113

NE 監査トレール(CTC ベースの NE)  9-32

NE ユーザ アクセス  8-49

NE リリース  2-13

QoS プロファイル  7-186

VLAN

E シリーズ カード  7-123

非 E シリーズ カード用  7-126

アラーム プロファイル(CTC ベースの NE)  9-17

インベントリ  2-9

回線  2-12, 7-2

回線の注釈  7-92

回線ロール  7-92

機能

QoS プロファイル  7-186

構成  2-8

障害  2-7, 9-1

冗長とフェイルオーバー  4-51

セキュリティ  2-18, 8-1

タスク

レイヤ 2 トポロジ テーブル  7-128

データベース  4-2

データベース、SQL *PLUS クライアントによる  4-15

ドメインのプロパティ  1-17

二重 IP アドレス  2-10

ネットワーク ソフトウェア  4-17

バイナリ、CTC Upgrade テーブルによる  4-17

パフォーマンス  2-15

保護グループ  4-70

ユーザとプロファイル  2-19

リンク  2-11

関連マニュアル

Cisco NE のマニュアル  cxvii

CTM マニュアル セット  cxvi

基本概念  2-1

共通カード  6-2

AIC-I(アラーム インターフェイス コントローラ-インターナショナル)  C-6

AIC(アラーム インターフェイス コントローラ)  C-3

CMP-W(コントロールおよびモニタリングプロセッサ - マスター)  C-14

CMP(コントロールおよびモニタリング プロセッサ)  C-12

CTX-CL600  C-16

CXC  C-48

EOI-W(外部オーダーワイヤー インターフェイス)  C-49

Filler  C-50

IOC-W(入出力カード)  C-50

LSM-W(ライン サービス モデム)  C-52

MIC-28-3-A(メカニカル インターフェイス カード)  C-55

MIC-28-3-B(メカニカル インターフェイス カード)  C-55

OCP(光チャネル保護)  C-56

OSCM(光サービス チャネル モデム)  C-59

OSU-W(光スイッチ ユニット)  C-63

PLF(電源ライン フィルタ)  C-66

RBU(ルータ ブリッジ ユニット)  C-67

SCF(サブラック共通機能)  C-68

SCU(シェルフ制御ユニット)  C-70

SNS(監視ネットワーク スイッチ)  C-74

TCC+(タイミング通信制御+)  C-75

TCC2P(拡張タイミング通信制御プラス)  C-78

TCC-I(タイミング通信制御インターナショナル)  C-79

TCC2(拡張タイミング通信制御)  C-76

TSC(タイミングおよびシェルフ コントローラ)  C-80

UDC(ユーザ データ チャネル)  C-82

XC10G(10 ギガビット クロス コネクト)  C-88

XCVT(クロス コネクト仮想トリビュタリ)  C-90

XC-VXL-10G  C-91

XC(クロス コネクト)  C-87

XTC(クロス コネクト、タイミング、およびコントロール)  C-93

プロビジョニングされていないスロット

ONS 15327 および ONS 15454 SONET  C-84

ONS 15454 SDH  C-85

ONS 15800 および ONS 15801  C-85

ONS 15808  C-86

未実装スロット  C-83

ONS 15808  C-84

クエリーとグラフ  2-16

グラフ  2-16

グループ

移動  3-3

コピー  3-3

削除  3-4

作成  3-2

追加  3-2

クロス コネクト(定義)  7-3

検索

アラーム  9-13

障害  9-22

障害の原因  9-27

データ  1-36

Domain Explorer  1-36

NE Explorer  1-37

検出

CTC ベース NE  3-50

ONS 155xx NE  3-50

ネットワーク  3-50

検出、自動  1-8

更新

CTC ベース NE の回線  7-67

CTM サーバの IP アドレス変更後の設定ファイル  4-39

構成管理  2-8

コピー

グループ  3-3

グループ間での NE  3-21

コンテキストに応じた情報の表示  1-35

コンテキストに応じた情報、表示  1-35

コントロール パネル  1-26

根本原因の分析  9-3

サーバ設定ファイル、復元  4-66

サービス

チェック  9-13

サービス ステータス、監視  4-80

サービスのチェック  9-13

再起動

ONS 15800、ONS 15801、または ONS 15808  9-38

新規のソフトウェア イメージを使用した NE  4-30

サウスバウンド インターフェイスと NE  2-2

削除

BLSR  7-112

CTC ベース NE の回線  7-70

DWDM

接続  7-199

リング  7-197

Layer 2

サービス  7-173

MS-SPRing  7-122

NE  3-24

アウト オブ サービス  3-26

単一  3-24

複数  3-25

NEs

CTM ドメインからのソフトウェア バージョン  4-34

QoS プロファイル  7-192

VLAN  7-125

カード

ONS 15310、ONS 15327、ONS 15454 SONET、および ONS 15454 SDH  5-196

ONS 15600 SONET および ONS 15600 SDH  5-201

回線ロール(ONS 15600 SONET と ONS 15600 SDH)  7-100

既存の RPR トポロジからのカード  7-161

グループ  3-4

削除された NE  3-26

サブネットワーク  3-8

データベースからのアウト オブ サービス状態の NE  3-25

ネットワーク パーティション  3-6

保護グループ  4-74

リンク  3-42

レイヤ 2

トポロジ  7-150

レイヤ 2 サービスからのドロップ  7-175

削除された NE

削除  3-26

復元  3-27

作成

BLSR

個々の NE  7-104

同時に複数ノードに対して  7-106

DCC トンネル コネクション  5-16

DWDM

接続  7-199

リング  7-195

リング ID  7-196

MS-SPRing

個々の NE ノード  7-115

同時に複数ノードに対して  7-117

NE  3-9

OSPF

インスタンス  5-147

エリア  5-159

QoS プロファイル  7-187

RMON のしきい値  6-18

VCAT 回線  7-80

VLAN  7-123

アラーム プロファイル(CTC ベースの NE)  9-15

イーサネットのしきい値  5-27

回線ウィザードを使用した回線  7-10

サブネットワーク  3-7

終端

DWDM OSC  5-15

GCC  5-15

LDCC  5-15

OSC  5-15

SDCC  5-15

スタティック ルート(CTC ベースの NE について)  5-9

ネットワーク  3-1

ネットワーク パーティション  3-5

保護グループ  4-70

リンク  3-28, 3-37

レイヤ 2

サービス  7-166

トポロジ  7-135

復元パケット リング トポロジ  7-146

ポイントツーポイント トポロジ  7-135

サブネットワーク

移動  3-8

削除  3-8

作成  3-7

追加  3-7

トラブルシューティング  G-18

プロパティ  1-17

サポートされているリンク、概要  3-28

時間帯、ユーザ プリファレンスの設定  8-29

試験間隔、変更  7-121

システム管理ユーザ、特権  8-4

システム リセット、実行  9-38

実行

BLSR  7-108

MS-SPRing  7-120

システム リセット(ONS 15600 SONET および ONS 15600 SDH)  9-38

ユーザ管理  8-8

指定

CTC ベース NE の CTC パーティション  4-84

ML シリーズ カードのユーザ名とパスワード  6-16

優先コピー  5-23

ルーティング プロトコル  5-8

自動

NE のグループ化  3-23

回線のルーティング, 定義  7-3

検出  1-8

修正

DWDM Ring テーブル  7-196

Layer 2

サービス  7-172

トポロジ  7-152

ML シリーズ カードの設定  6-17

NE サービス プロパティ  4-59

QoS プロファイル  7-189

Supported NE テーブルのデータ(注意)  4-32

回線

ONS 15530 または ONS 15540 のNE  7-66

データベース プロパティ  4-2

トレース情報  7-91

ネットワーク  4-35

ネットワーク パーティション  3-6

ノード アイコン  3-47

マップ背景イメージ  3-47

リンク  3-41

レイヤ 2 トポロジのポート  7-154

回線

CTC ベースの NE  7-62

使用

BLSR Upgrade テーブル  7-109

Flash File テーブル  4-28

MS-SPRing Upgrade テーブル  7-118

prune_ne.sh スクリプト  3-25

SQL*PLUS クライアントによるデータベース管理  4-15

オンライン ヘルプ  1-41

ニーモニック  1-41

ネットワーク マップ  3-45

障害

管理、責任  9-36

検索  9-22, 9-27

修正  9-38

障害同期、有効化  9-26

情報  9-11

通知とメンテナンス  9-3

障害管理

サポート機能  2-7

説明  9-2

障害、構成、性能、およびセキュリティ(FCPS)  2-6

障害の修正  9-38

冗長とフェイルオーバー、管理  4-51

情報

影響を受けたサービスやお客様について  9-4

ソース  9-22

使用方法

NE を設定するための NE Explorer  5-2

ONS 1580x NE User Access Log テーブル  8-46

OSPF  5-9

Recovery Properties ペイン  9-20

RIP  5-14

SNMP  5-17

可視アラームと可聴アラームによる通知  9-23

ジョブ スケジュール、トラブルシューティング  G-18

ジョブ、取り消し  4-79

ジョブ モニタのコメント、追加  4-79

スーパーユーザ、特権  8-4

ズーム レベル、調整  3-47

スケジュールされたタスク

トラブルシューティング  G-18

スケジュール済みタスク

監視  4-76

スパニング ツリー プロトコル(IEEE 802.1D)  6-19

セキュリティ違反アラーム、クリア  9-38

セキュリティ管理  2-18

接続テスト  3-64

接続、テスト  3-64

設定

CRS-1  5-28

CTM クライアントのセキュリティ パラメータ  8-31

ML シリーズ カード  6-17

NE 認証  8-43

ONS 15200  5-194

ONS 15216  5-194

ONS 15302 と ONS 15305  5-194

ONS 15310、ONS 15327、ONS 15454 SONET、および ONS 15454 SDH  5-195

ONS 15501、ONS 15530、および ONS 15540

トポロジ  3-13

ONS 15800、ONS 15801、および ONS 15808  5-203

ONS 15600 SONET および ONS 15600 SDH  5-201

データベースの復元用  4-66

Secure Socket Layer  5-190

アプリケーション固有パラメータ  4-48

アラーム確認応答  9-36

アラーム設定パラメータの表示  9-13

アラーム注釈  9-36

アラームの背景色  8-28

アラームの表示期間  8-29

アラーム表示プリファレンス  8-28

エラー ログ  9-27

時間帯ユーザ プリファレンス  8-29

セキュリティ ポリシー  8-44

デバッグ オプション  9-34

ハードウェア  5-1

パフォーマンス モニタリングの表示期間  8-29

日付、時刻、および場所  4-46

複数の NE の SNTP  4-47

プロキシ サーバ設定  4-42

プロキシ サーバとファイアウォール  2-6

プロキシ サーバの設定

CTC ベース NE  4-41

ML シリーズ カードが搭載されている NE  4-42

リンクを検出するための NE  3-28

ログインの最大再試行回数  8-31

ログインの最大試行回数  8-31

ログインのロックアウト時間  8-31

設定ファイル

更新  4-39

比較  4-68

設定ファイルの比較  4-68

選択可能な PM データ収集パラメータ  2-15

前提条件

NE の追加  3-9

Cisco Catalyst 6509 NE  3-15

Cisco CRS-1 NE  3-15

ONS 15216 EDFA2 または EDFA3 NE  3-9

ONS 15302 および ONS 15305 NE  3-10

ONS 15310、ONS 15454 SONET、および ONS 15454 SDH NE  3-10

ONS 15501、ONS 15530、および ONS 15540 NE  3-11

ONS 1580x NE  3-14

挿入

STS-A SD-P の AIS-V  5-197

既存の RPR トポロジへのカード  7-154

ソース

イベント  9-24

情報  9-22

ソフトウェア

ダウンロード、トラブルシューティング  4-19

間違った NE への新しいバージョンの追加、トラブルシューティング  G-17

ソフトウェア イメージ

アップロード  4-31

ダウンロード  4-18

ソフトウェア イメージのアップロード  4-31

ソフトウェア イメージのダウンロード  4-18

ソフトウェアのコミット、トラブルシューティング  G-11

ソフトウェアの復帰、トラブルシューティング  G-11

帯域幅を多く必要とする操作、トラブルシューティング  G-19

対象読者  cxv

タスク

トラブルシューティング  G-18

取り消し  4-79

ダッシュボード  1-5

注意

CARLOSS アラーム  7-62

CTC .pkg ファイルと CTM .pkg ファイル  4-17

G1000-4 カード

互換性  7-45

接続  7-45

Hello 間隔、短い  5-137

NE へのソフトウェア イメージのダウンロードの DCN 帯域幅  4-19

ONS 15327 および ONS 15454 SONET VLAN の削除  6-15

ONS 15454 SONET VLAN の伝搬  6-15

ONS 15800、ONS 15801、または ONS 15808 の IP アドレスの誤入力  4-36

prune_ne.sh スクリプト、実行  3-26

Supported NE テーブルのデータの変更  4-32

意味  cxv

重複した回線  7-42

注意、意味  cxv

追加

NE  3-15

前提条件  3-9

ソフトウェア バージョン  4-32

単一  3-15

複数  3-17

アラーム注釈  9-7

グループ  3-2

サブネットワーク  3-7

ジョブ モニタのコメント  4-79

ネットワーク パーティション  3-5

レイヤ 2 サービスのドロップ  7-175

ツリー ビュー  1-35

低次集約ポイント(定義)  7-3

低次トンネル(定義)  7-3

データ

エクスポート  1-38

検索  1-36

フィルタリング  1-37

リフレッシュ  1-40

データ通信ネットワーク(DCN)  2-6

データの表示エラー、トラブルシューティング  G-19

データのリフレッシュ  1-40

データベース

管理  4-2

タイムアウト、トラブルシューティング  G-13

テーブルを起動したときのエラー  G-6

プルーニング

時刻と日付の設定  4-5

スクリプト  4-6

データ カテゴリ  1-41

プロパティ

修正  4-2

表示  4-2

データベース復元、ノードの設定  4-66

電気回路カード  6-6

DS1-14  C-351

DS1N  C-358

DS3-12  C-362

DS3E  C-374

DS3_EC1_48  C-366

DS3i  C-378

DS3i-N-12  C-384

DS3XM-12  C-396

DS3XM-6  C-389

E-1  C-417

E1-42  C-416

E1-N-14  C-408

EC1-12  C-421

FMEC-E3/DS3  C-426

電源モニタリングしきい値、変更  5-26

同期

設定

ONS 15310、ONS 15327、ONS 15454 SONET、および ONS 15600 SONET  3-54

ONS 15454 SDH および ONS 15600 SDH  3-59

設定とインベントリ  5-203

ネットワーク  3-54

同期設定

ONS 15310、ONS 15327、ONS 15454 SONET、および ONS 15600 SONET  3-54

ONS 15454 SDH および ONS 15600 SDH  3-59

トポロジの設定  3-13

トラブルシューティング

CiscoView  F-9

CTC バイナリ ファイル  G-11

CTM GateWay/CORBA の問題  G-23

CTM GateWay/TL1 の問題  G-23

CTM クライアント/サーバの接続  G-14

CTM クライアント ログイン

プロビジョニング担当者またはオペレータとしてログインできない  G-14

ログイン エラー メッセージ  G-15

CTM サーバ、応答しない  G-3

DCN のボトルネック  G-19

getinfo.sh スクリプトの失敗  G-11

NE が不正な CM データを表示する  G-19

NE 接続状態  G-5

NE の削除  G-16

ONS 15327、ONS 15454 SONET、および ONS 15454 SDH のアベイラビリティ  G-9

ONS 15501、ONS 15530、および ONS 15540 のアベイラビリティ  G-9

回線が表示されない  G-10

サブネットワークの削除  G-18

重複した回線 ID  G-10

使用できない SNMP トラップポート  G-7

ジョブ スケジュール  G-18

ソフトウェアのコミット  G-11

ソフトウェアのコミット障害  G-11

ソフトウェアのダウンロード  4-19

ソフトウェアの復帰  G-11

帯域幅を多く必要とする操作  G-19

大量のアラーム  G-19

タスク  G-18

データベース

データベースが使用できないとき  G-13

テーブルを起動したときのエラー  G-6

データベース タイムアウト  G-13

到達不能 NE

ONS 155xx  G-9

ONS 1580x  4-36

パフォーマンス モニタリング  G-8

メモリの自動バックアップ障害  G-11

メモリのバックアップ  G-11

メモリの復元  G-11

ログインの問題  G-14

トランスポンダ カード  6-25

BT10E-LCxx  C-625

BT10E-LLxx  C-625

FEC-LEM  C-631

LEM-10-B1  C-638

LEM-10G-Nxx(Line Extender Module-10GBps-Normal)  C-641

LEM-EM-M(回線延長モジュール-外部変調 - B1 モニタリング)  C-644

LEM(回線延長モジュール)  C-635

LT(回線トランスポンダ)  C-647

RT(受信トランスポンダ)  C-652

RXT-10G-N(受信トランスポンダ - 10GBps - ノーマル)  C-658

RXT-10H-M(受信トランスポンダ - 10 GBps 高感度 - B1 モニタリング)  C-661

RXT-B1 Monitoring  C-664

RXT-FEC(受信トランスポンダ転送エラー訂正)  C-668

RXT(受信トランスポンダ)  C-656

WCM10  C-695

WCM-10G-Nxx  C-680

WCM-EM-Fxx  C-687

WCM-EM-Mxx  C-691

WCM-FEC(波長コンバータ モジュール - 前方エラー訂正)  C-683

WCM(波長コンバータ モジュール)  C-676

トランスミッタ トランスポンダ  C-672

取り消し

回線ロール(ONS 15600 SONET と ONS 15600 SDH)  7-99

スケジュールされたジョブとタスク  4-79

トレース

CTC ベース NE での回線  7-83

VLAN  7-124

内部サブネット アドレス、変更  4-40

ニーモニック、使用  1-41

二重 IP アドレスの管理  2-10

入手

マニュアル  cxxii

ネットワーク

作成  3-1

修正  4-35

監視  4-76

ネットワーク管理者ユーザ

権限  8-4

ネットワーク パーティション

削除  3-6

作成  3-5

修正  3-6

追加  3-5

プロパティ  1-17

ネットワーク マップ

カスタマイズ  3-45

構成管理  2-8

使用  3-45

説明  1-21

ノードの表示  3-46

変更内容の保存  3-49

ネットワーク マップのカスタマイズ  3-45

ネットワーク マップの変更内容の保存  3-49

ノースバウンド ゲートウェイのセキュリティ  8-70

ノード アイコン、修正  3-47

はじめに  cxiii

パスワード、ML シリーズ カードの指定  6-16

パッチの設定  3-14

パフォーマンス、管理  10-1

HTML レポートの生成(CRS-1)  10-28

PM Service ペイン  10-4

CRS-1  10-11

ONS 1530x  10-6

ONS 15310/ONS 15327/ONS 15454  10-6

ONS 15454 SDH  10-7

ONS 155xx  10-8

ONS 15600  10-9

ONS 15600 SDH  10-10

ONS 1580x  10-10

PM クエリー  10-18

NE モデル別  10-21

カテゴリ別  10-18

PM データのグラフィング  10-28

PM テーブルの Interface フィールド、概要  10-30

PM 表示の指定  10-16

使用可能データ  10-3

データのフィルタリング  10-27

無効化

NE ごとの PM 収集  10-12

retrieval fail アラーム  10-15

カテゴリ別 PM 収集  10-13

有効化

NE ごとの PM 収集  10-12

PM 収集(ONS 155xx)  10-14

PM 収集(ONS 1580x)  10-14

retrieval fail アラーム  10-15

カテゴリ別 PM 収集  10-13

リアルタイム

PM データ  10-26

ポーリング間隔、変更  10-27

ロバスト PM キューの表示  10-16

パフォーマンス管理

処理  10-2

説明  2-15

パフォーマンス データ  D-1

パフォーマンス テーブル

CRS-1  D-158

BGP Peer  D-158

Interface Data Rates  D-159

Interface Generic Counters  D-160

MPLS Interface  D-161

MPLS LDP  D-162

MPLS TE Link  D-163

MPLS TE Tunnel  D-163

Node CPU  D-164

Node Memory  D-164

Node Process  D-165

CTC ベース NE  D-7

8B10B  D-7

CE-Series Ethernet  D-21

CoS  D-9

DS1  D-11

DS1 FE  D-10

DS3  D-12

DS3 and DS3I FE  D-14

DS3I  D-15

DWDM-Series Ethernet  D-30

E1  D-16

E1 FE  D-18

E3  D-20

E-Series Ethernet  D-23

G-Series Ethernet  D-24

High Order  D-35

High Order(ONS 15600 SDH)  D-36

High Order FE  D-32

High Order FE(ONS 15600)  D-33

Low Order VC12  D-38

Low Order VC12 Section FE  D-39

Low Order VC3  D-40

Low Order VC3 Section FE  D-41

ML-Series Ethernet(ONS 15600)  D-28

ML-Series Ethernet  D-26

Multiplex Section  D-44

Multiplex Section(ONS 15600 SDH)  D-47

Multiplex Section FE  D-42

Multiplex Section FE(ONS 15600 SDH)  D-43

Optical Physical  D-49

Optics  D-51

OTN FEC  D-52

OTN Path FE  D-53

OTN Path Near End  D-56

OTN Section FE  D-54

OTN Section Near End  D-55

Physical Layer  D-57

Physical Section  D-58

POS  D-59

POS(ONS 15600)  D-63

POS(カテゴリ)  D-61

Regenerator Section  D-64

Regenerator Section(ONS 15600 SDH)  D-65

SAN  D-66

SDH E4  D-67

SONET Ethernet  D-68

SONET FE Line  D-71

SONET Line  D-72

SONET Line(カテゴリ)  D-75

SONET Section  D-77

SONET STS Path  D-81

SONET STS Path FE  D-80

SONET STS-1  D-78

SONET VT FE  D-83

SONET VT1.5  D-82

ONS 1530x  D-2

Edge SDH High Order VC  D-5

Edge SDH Regenerator Section  D-6

Edge Statistics DCC  D-2

Edge Statistics LAN  D-3

Edge Statistics WAN  D-4

ONS 155xx  D-85

CDL  D-85

Ethernet History  D-86

Fiber Channel Port Error  D-87

Line  D-89

Physical(ONS 15501)  D-90

Physical(ONS 15530, ONS 15540)  D-91

SONET Section  D-93

ONS 1580x  D-95

Add/Drop Amplifier  D-95

Alarm Interface Unit  D-96

All Amplifiers  D-97

All B1 and FEC Counters  D-98

All B1 Transponders  D-99

All Demultiplexers  D-100

All FEC Transponders  D-100

All Mux/Demux/Channel Processor  D-102

All Normal Transponders  D-102

All Transponders  D-103

Amplifier  D-105

Amplifier ELH  D-104

B1 Counters  D-106

B1 LEM Transponder  D-107

B1 RXT Transponder  D-108

B1 WCM Transponder  D-109

Band Combiner and Splitter ELH  D-111

Blue-Band Booster Amplifier  D-112

BT Transponder  D-113

CMP  D-114

Demultiplexer  D-115

Ethernet Counters  D-116

FEC Counters  D-117

FEC LEM  D-118

FEC RXT  D-119

FEC WCM  D-121

Infrared Booster/Transmit Amplifier  D-123

Input/Output Card  D-124

LEM Transponder  D-125

Line Service Module  D-126

Line Transponders  D-127

Multiplexer  D-129

Normal Demultiplexer  D-130

Odd/Even Channel Processor  D-131

Optical Add/Drop Multiplexer  D-133

Optical Add/Drop Multiplexer(ONS 15808)  D-134

Optical Amplifier ELH  D-135

Optical Booster Amplifier  D-136

Optical Channel Protection Unit  D-138

Optical External Pump ELH  D-139

Optical Extra Pump  D-140

Optical Raman Pump ELH  D-142

Optical Service Channel Modem  D-143

Optical Switching Unit  D-144

Pre-Line Amplifier  D-145

Pre-Line Infrared Amplifier  D-146

Receiver Demultiplexer  D-147

Receiver Transponders  D-148

Red/10G/RX Booster Amplifier  D-150

RXT Transponder  D-151

Shelf Control Unit  D-152

Subrack Common Function  D-152

Transmit Power Amplifier  D-153

Transmit Transponders  D-154

Transponders  D-155

WCM Transponder  D-157

ONS 1530x

Edge SDH Low Order VC  D-5

Edge SDH Multiplex Section  D-6

パフォーマンス モニタリング

アクティブ化  10-12

トラブルシューティング  G-8

非アクティブ化  10-12

表示期間、設定  8-29

有効化  10-4

パン ポジション、調整  3-47

光カード  6-23

OC12 IR/STM4 SH 1310  C-525

OC12 IR/STM4 SH 1310-4  C-531

OC192 LR/STM64 LH 1550  C-538

OC3 IR 4 1310  C-545

OC3 IR/STM1 SH 1310-8  C-552

OC48  C-559

OC48 IR 1310  C-566

OC48 LR 1550  C-573

OECP-L(奇数/偶数チャネル プロセッサ - L バンド)  C-581

STM-16(ONS 15454 SDH)  C-589

STM-16(ONS 15600 SDH)  C-595

STM-1E カード  C-602

STM-1  C-584

STM-64 LH 1550(ONS 15454 SDH)  C-612

STM-64 LR/LH 4(ONS 15600 SDH)  C-617

STM-4 IR/STM4 SH 1310  C-607

ビュー

ウィンドウ  1-33

ツリー  1-35

テーブル  1-34

表記法  cxv

表示

Alarm Browser  9-4

Alarm Log  9-7

BLSR Ring Map テーブル  7-107

BLSR Squelch テーブル  7-107

BLSR テーブル  7-102

Circuit テーブル  7-6

DWDM Ring テーブル  7-194

Error Log  9-29

E シリーズ カードのスパニング ツリー パラメータ  6-20

Job Monitor テーブル  4-77

Layer 2 Topology テーブル  7-133

Link テーブル  3-33

MS-SPRing Ring Map テーブル  7-119

MS-SPRing テーブル  7-114, 7-119

NE Discrepancy テーブル  4-80

NE User Access Activity Log テーブル  8-48

NE サービス プロパティ  4-59

QoS Classes テーブル  7-192

QoS Profile テーブル  7-187

Squelch テーブル  7-107

VCAT 回線  7-77

アラーム設定パラメータ  9-13

回線

Circuit Path Span テーブル  7-77

Circuit Path テーブル(ONS 15530 と ONS 15540)  7-76

レイヤ 2 トポロジを形成  7-6

回線スパン  7-71

監査ログ  8-68

ソフトウェア バージョン  4-30

データベース プロパティ  4-2

ネットワーク アドレス  4-40

ネットワーク マップ内でのノード  3-46

バージョン

CTM クライアント  4-82

CTM サーバ  4-82

リンク利用率  3-43

ルーティング テーブル(CTC ベースの NE について)  5-8

レイヤ 2 サービス  7-171

レイヤ 2 サービス ドロップ  7-174

ヒント、意味  cxv

ファイアウォール/プロキシ、設定  2-6

ファイル

CTC バイナリ

トラブルシューティング  G-11

CTC バイナリ、アップグレード  4-17

CTMServer.cfg  G-4

フィルタリング

BLSR テーブル  7-111

Circuit テーブル  7-81

DWDM Ring テーブル  7-197

Job Monitor テーブル  4-78

Layer 2 Topology テーブル  7-153

Link Utilization テーブル  3-44

Link テーブル  3-35

MS-SPRing テーブル  7-121

監査ログ データ  8-68

データ  1-37

Alarm Log 内  9-9

Alarm Browser における  9-6

Error Log 内  9-31

ネットワーク マップでのリンクの  3-36

復元

NE のデフォルト値  4-74

サーバ設定ファイル  4-66

削除された NE  3-27

メモリ  4-55

複数 NE

削除  3-25

複数の NE

追加  3-17

プラグ可能なエンティティ、プロビジョニング  C-18

プルーニング

スクリプト  4-6

データベース

時刻と日付の設定  4-5

スクリプト  4-6

データ カテゴリ  1-41

フレーミング  3-60

プロキシ サーバとファイアウォールの設定  2-6

プロキシ サーバの設定

設定

CTC ベース NE  4-41

ML シリーズ カードが搭載されている NE  4-42

プロパティ

NE  1-18

管理ドメイン  1-17

サブネットワーク  1-17

ネットワーク パーティション  1-17

プロビジョニング  2-10

DWDM ノードの手動  7-200

DWDM ノードのパワーレベル  7-202

E シリーズ ポートの VLAN メンバーシップ用プロビジョニング  6-15

カード

DWDM  6-4

FC_MR-4  6-22

FMEC  6-22

ONS 15454 SONET 用の OC-N  6-24

イーサネット  6-14

共通  6-2

電気回路  6-6

トランスポンダ  6-25

光  6-23

マルチレート  6-22

カードスロット(ONS 15310、ONS 15327、ONS 15454 SONET、または ONS 15454 SDH)  5-195

サービス  7-1, 7-81

データ サービス  7-127

レイヤ 2 トポロジ  7-131

プロビジョニング担当ユーザ、特権  8-4

プロファイル管理  2-19

変換

DS1-14 カード  6-7

DS3-12 カード  6-9

DS3i-N-12 カード  6-12

E1-N-14 カード  6-10

変更

BLSR 実行間隔  7-109

IP アドレス

CTM でだけ  4-36

CTM と Oracle が同一サーバ上に共存する場合  4-37

NE の  4-35

MS-SPRing 試験間隔  7-121

NE の運用状態  4-45

カード

ONS 15310、ONS 15327、ONS 15454 SONET、および ONS 15454 SDH  5-196

ONS 15600 SONET および ONS 15600 SDH  5-202

セキュア設定モード  5-197

電源モニタリングしきい値  5-26

内部サブネット アドレス  4-40

ネットワーク アドレス  4-40

ログイン補助メッセージ  8-3

編集

BLSR  7-108

J1 パス トレース  7-89

MS-SPRing  7-118

回線, オプションのサマリー  7-67

保護グループ  4-73

保護グループ

管理  4-70

削除  4-74

作成  4-70

編集  4-73

補助メッセージ  2-18

ボタン、アクション  1-42

ボトルネック、DCN(トラブルシューティング)  G-19

マージ

CTC ベース NE の回線  7-67

マップ背景イメージ、修正  3-47

マニュアル

CTM  cxvi

関連(Cisco NE)  cxvii

マルチレート カード  6-22

メッセージ、ログイン  2-18

メモリ

バックアップ  4-51

バックアップ、トラブルシューティング  G-11

復元  4-55

復元、トラブルシューティング  G-11

メモリのバックアップ  4-51

目的  cxiv

有効化

CDP  3-13

NE サービス  3-9

障害同期(CTC ベースの NE)  9-26

中間パス パフォーマンス モニタリング(IPPM)  5-24

ポインタ位置調整カウント モニタリング(CTC ベースの NE)  5-25

保護グループ カードのポート  4-73

レイヤ 2 サービス  7-151

レイヤ 2 トポロジのポート  7-154

ユーザ管理  8-8

ユーザ管理アプリケーション  5-187

ユーザ管理とプロファイル  2-19

ユーザ セキュリティ  8-4

ユーザ特権プロファイル  8-4

ユーザ プリファレンス、設定  8-28

ユーザ プロファイル

オペレータ  2-19

システム管理者  2-19

スーパーユーザ  2-19

ネットワーク管理者  2-19

プロビジョニング担当者  2-19

ユーザ プロファイルの複製  7-191

ユーザ名、ML シリーズ カードの指定  6-16

優先コピー、指定  5-23

ライセンス

Bouncy Castle  H-3

jacORB  H-3

OpenSSL  H-1

リアルタイムの PM データ、管理  10-26

リアルタイムの PM レポート  2-17

リセット

ONS 15800、ONS 15801 または ONS 15808 NEs  5-204

カード

ONS 15310、ONS 15327、ONS 15454 SONET、および ONS 15454 SDH  5-196

ONS 15600 SONET および ONS 15600 SDH  5-201

再同期間隔  3-52

リンク

検出  3-28

削除  3-42

作成  3-37

修正  3-41

説明  7-3

リンク管理  2-11

リンク接続(定義)  7-3

レイヤ 2 カードでの ML 設定ファイル、 バックアップと復元  7-131

レイヤ 2 サービス

管理機能  7-164

削除  7-173

作成  7-166

修正  7-172

説明  7-164

ドロップの追加と削除  7-175

ドロップの表示  7-174

表示  7-171

レイヤ 2 トポロジ

管理タスク  7-128

作成

復元パケット リング トポロジ  7-146

ポイントツーポイント トポロジ  7-135

テーブル

管理タスク  7-128

表示

テーブル  7-133

ポート

無効化  7-154

有効化  7-154

表示

回線  7-6

レイヤ 2 トポロジのポートの無効化  7-154

ログイン

設定

最大再試行回数  8-31

最大試行回数  8-31

補助メッセージ

カスタマイズ  8-3

表示  2-18

問題、トラブルシューティング  G-14

ロックアウト時間、設定  8-31

ワンポイントアドバイス、意味  cxv