Cisco Transport Manager GateWay/CORBA ユーザ ガイド プログラマ マニュアル Release 7.1
索引
A
発行日;2012/02/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

A

AVC イベント

定義  2-37

C

Cisco CRS-1

サポートされているソフトウェア リリース  2-2

命名規則  2-48

Cisco XR 12000  2-28

命名規則  2-63

CTM GateWay/CORBA

概要  1-1

機能  1-3

サービス  1-4

概要  1-4

ネーミング サービス  1-4

ノーティフィケーション サービス  1-4

障害管理  1-3

情報モデル  1-8

CTM GateWay/CORBA OSS ユーザ

表示  B-3

ログアウト  B-4

CTM Gateway/CORBA クライアント開発  C-5

推奨するツール  C-5

CTM GateWay/CORBA サービスの起動と停止

CLI の使用  B-11

CTM GateWay/CORBA の OSS クライアント プロファイル

削除  B-3

作成  B-2

CTM GateWay/CORBA クライアントの実行  C-12

CTM GateWay/CORBA でのマッピング

CRS-1 および XR 12000  A-14

EMS  A-14

MGX 8880/8850/8830  A-15

ONS 15216  A-25

ONS 15302、ONS 15305、ONS 15305 CTC  A-27

ONS 15310 CL、ONS 15327、ONS 15454 SONET、ONS 15454 SDH R5.0  A-46

ONS 15310 CL、ONS 15327、ONS 15454 SONET、ONS 15454 SDH R6.0 および R7.0  A-64

ONS 15310 CL、ONS 15454 SONET、ONS 15454 SDH R6.1  A-84

ONS 15310 CL、ONS 15454 SONET、ONS 15454 SDH R6.2  A-85

ONS 15327、ONS 15454 SONET、ONS 15454 SDH、R4.0 および R4.1  A-31

ONS 15501  A-85

ONS 15530  A-85

ONS 15540  A-89

ONS 15600  A-95

ONS 15600 SDH  A-115

ONS 1580x  A-121

CTM R6.0 から CTM R7.0 への移行  B-11

CTM 固有の詳細情報  2-30

インターフェイス  2-34

インベントリ  2-33

オブジェクトの詳細情報  2-36

命名規則  2-42

レイヤ レート  2-30

CTM への接続  3-36

CTP

SNC 宛先として使用  3-101

取得  3-86

使用中  3-83

命名規則  2-44

CTP 名

取得  3-88

取得、使用中  3-85

E

EMS

アトリビュート  2-38

公開鍵、取得  3-37

公開鍵 ペア、取得  3-38

セッション、アクセス  3-36

セッション インターフェイス

イベント チャネル、アクセス  3-34

サポートされるマネージャ、アクセス  3-35

説明  3-34

マネージャ、アクセス  3-34

セッション ファクトリ

EMS 公開鍵、取得  3-37

EMS 公開鍵 ペア、取得  3-38

EMS セッションへのアクセス  3-36

セッション ファクトリ インターフェイス  3-36

通知エラー、NMS への通知  3-190

EMS から NMS の再同期

使用例  C-2

EMS_T アトリビュート  2-38

EMS マネージャ インターフェイス

サーバ追跡リンク

削除  3-27

作成  3-25

削除

サーバ追跡リンク  3-27

トポロジー リンク  3-14

ネットワーク パーティション  3-31

マルチレイヤ サブネットワーク  3-32

削除およびパージ

管理対象要素  3-31

作成

Y 字型ケーブル保護を使用するトポロジー リンク  3-12

サーバ追跡リンク  3-25

トポロジー リンク  3-10

取得

EMS アラームおよび ME アラームのクリアおよび確認応答  3-23

EMS 情報  3-16

L2 トポロジー  3-17

QoS テンプレート、すべての  3-20

QoS テンプレートの情報  3-22

QoS テンプレート名  3-19

アクティブ アラーム  3-3

クリアおよび確認応答された EMS アラーム  3-24

サブネットワーク  3-5

サブネットワーク名  3-6

サポートされている ME ソフトウェア バージョン  3-33

システム アクティブ アラーム  3-4

トポロジー リンク、シングル  3-9

トポロジー リンク、すべてのトップ レベルの  3-6

トポロジー リンク名  3-9

説明  3-3

追加

管理対象要素  3-28

ソフトウェア バージョン  3-32

ネットワーク パーティション  3-30

マルチレイヤ サブネットワーク  3-30

トポロジー リンクの変更  3-15

EquipmentHolder

命名規則  2-64

EquipmentHolder_T アトリビュート  2-39

Equipment_T アトリビュート  2-38

E シリーズ VLAN インターフェイス  3-305

F

FTP

SNC プロビジョニング(宛先)で使用  3-104

SNC プロビジョニング(送信元)で使用  3-103

G

getCTMHistoryPMData

失敗  3-190

正常に終了  3-190

J

Java コード例  C-5

EMS Manager での getEMS 操作  C-10

StructuredPushConsumerImpl の接続  C-12

クライアント接続の初期化  C-7

実装

NmsSession_IOperations  C-9

StructuredPushConsumer  C-11

取得

EMSSessionFactory への参照  C-8

EventChannel への参照  C-11

ネーミング サービスへの参照  C-8

マネージャ リスト  C-10

問い合わせ

ConsumerAdmin への参照  C-11

ProxyPushSupplier  C-11

ログインと EmsSession の取得  C-10

L

L2 トポロジー

削除  3-301

作成  3-292

修正  3-302

すべてのテンプレートの取得  3-17

命名規則  2-66

M

ManagedElement_T アトリビュート  2-40

MDS 9000  2-28

命名規則  2-49

ME ソフトウェアのダウンロード  3-122

MGX 8880/8850/8830  2-27

命名規則  2-49

MLVLAN

削除  3-286

作成  3-276

修正

TP の QoS ポリシー  3-283

カスタマー ID  3-285

サービス ID  3-285

取得

情報  3-286

すべての MLVLAN 名  3-288

すべてのリスト  3-287

前面ポートの追加  3-279

前面ポートのドロップ  3-280

トラフィックの無効化  3-281

トラフィックの有効化  3-281

ドロップ ポートにおけるトラフィックの有効化/無効化  3-282

命名規則  2-66

ML シリーズ イーサネット カードの L2 トポロジーと MLVLAN  3-276

MultiLayerSubnetwork_T アトリビュート  2-38

N

NE 固有の詳細情報  2-2

Cisco XR 12000  2-28

CRS-1  2-2

MDS 9000  2-28

MGX 8880/8850/8830  2-27

ONS 15216  2-2

ONS 15302  2-3

ONS 15305 および ONS 15305 CTC  2-3

ONS 15310 CL  2-4

ONS 15310 MA  2-6

ONS 15327  2-7

ONS 15454 SDH  2-9

ONS 15454 SONET  2-13

ONS 15501  2-16

ONS 15530  2-17

ONS 15540  2-19

ONS 15600  2-21

ONS 15600 SDH  2-24

ONS 15800、ONS 15801  2-25

ONS 15808  2-26

管理対象外 NE  2-28

nmsSession

NmsSession_I  3-190

NMS セッション インターフェイス  3-190

O

ONS 15216  2-2

命名規則  2-50

ONS 15302  2-3

命名規則  2-51

ONS 15305 および ONS 15305 CTC  2-3

命名規則  2-52

ONS 15310 CL  2-4

サポートされるパフォーマンス モニタリング パラメータ値(表)  3-216

命名規則  2-53

ONS 15310 MA  2-6

サポートされるパフォーマンス モニタリング パラメータ値(表)  3-221

命名規則  2-53

ONS 15327  2-7

サポートされるパフォーマンス モニタリング パラメータ値(表)  3-226

命名規則  2-53

ONS 15454 SDH  2-9

L2 サービス インターフェイス  3-276

サポートされるパフォーマンス モニタリング パラメータ値(表)  3-240

命名規則  2-54

ONS 15454 SONET  2-13

L2 サービス インターフェイス  3-276

サポートされるパフォーマンス モニタリング パラメータ値(表)  3-230

命名規則  2-56

ONS 15501  2-16

命名規則  2-58

ONS 15530  2-17

命名規則  2-58

ONS 15540  2-19

命名規則  2-58

ONS 15600  2-21

命名規則  2-58

ONS 15600 SDH  2-24

サポートされるパフォーマンス モニタリング パラメータ値(表)  3-255

命名規則  2-59

ONS 15600 SONET

サポートされるパフォーマンス モニタリング パラメータ値(表)  3-251

ONS 15800 および ONS 15801  2-25

命名規則  2-59

ONS 15808  2-26

命名規則  2-61

P

ping コマンド  3-274

PM データ

ファイルの削除  3-256

要求

CTM に格納される時間の長さ  3-260

現在のすべての  3-261

フィルタ処理された  3-256

PM 履歴データ、ファイルに保存  3-212

PM 履歴データをファイルに保存  3-212

ProtectionGroup_T アトリビュート  2-41

PTP

SNC 宛先として使用  3-99

SNC 送信元として使用  3-95

取得

特定の機器でサポートされるすべての  3-49

特定の機器でサポートされるすべての PTP 名  3-55

保護トラフィックを搬送可能  3-263

すべてを要求  3-77

トポロジー リンクを取得するための使用  3-91

命名規則  2-42

PTP 名、すべてを要求  3-82

Q

QoS

テンプレート

情報の取得  3-22

すべてのテンプレートの取得  3-20

名前、すべてのテンプレートの取得  3-19

命名規則  2-66

S

SNC

PTP

宛先として使用  3-99

送信元として使用  3-95

宛先として使用できる CTP  3-101

アトリビュート  2-40

サポート  2-37

サポートされているパラメータ(表)  3-147

取得、すべて  3-129

送信元として使用できる CTP  3-97

要求

説明  3-71

SNC、終端地点(TP)への

要求

名前  3-133

SNC プロビジョニング

宛先として使用できる FTP  3-104

送信元として使用できる FTP  3-103

SNC 名

取得、すべて  3-132

SubnetworkConnection_T アトリビュート  2-40

T

TCA  A-9

スレッシュホールドの変更  3-194

TerminationPoint_T アトリビュート  2-39

TMF インターフェイス

EMS セッション  3-34

EMS セッション ファクトリ  3-36

EMS マネージャ  3-3

NMS セッション  3-190

管理対象要素マネージャ  3-70

機器インベントリ マネージャ  3-39

共通  3-2

使用方法  3-1

セッション  3-274

パフォーマンス管理  3-192

保護マネージャ  3-263

マルチレイヤ サブネットワーク  3-125

メンテナンス マネージャ  3-66

TMF 定義による推定原因  A-13

TopologicalLink_T アトリビュート  2-41

TP

アトリビュート  2-39

構造体を取得  3-91

パラメータの設定  3-92

V

VCAT

命名規則  2-66

VLAN

削除  3-306

作成  3-305

リストの取得  3-307

アクセス

EMS セッション  3-36

イベント チャネル  3-34

機器インベントリ  3-39

サブネットワーク  3-125

サポートされるマネージャ  3-35

マネージャ  3-34

アップグレード

マルチレイヤ サブネットワーク  3-178

アトリビュート値変更  A-6

アラーム

取得

アクティブ  3-3

管理対象  3-70

同期  3-106

レポートの無効化  3-61

レポートの有効化  3-61

一般的なアラーム  A-10

イベント チャネル、アクセス  3-34

インストール プログラム  B-11

インターフェイス  2-34

インベントリ  2-33

同期  3-106

エッジ終端地点、リストの要求  3-125

オブジェクト アトリビュート  2-37

オブジェクト削除  A-5

オブジェクト作成  A-4

オブジェクト作成イベント  2-37

オブジェクトの詳細情報  2-36

解決

デバッグ ユーティリティを使用したネーミング サービス関連の問題の解決  B-8

ノーティフィケーション サービス  A-3

概要

CTM GateWay/CORBA  1-1

管理

クライアント/サーバ接続  3-274

保護  3-263

管理対象外 NE  2-28

管理対象要素

アトリビュート  2-40

取得  3-90

保護グループの削除  3-271

保護グループの作成  3-269

命名規則  2-42

要求

関係情報  3-73

管理対象要素の保護グループの検出  3-264

管理対象要素マネージャ インターフェイス  3-70

管理対象要素名

要求

関係情報  3-76

関連するサブネットワークによる  3-127

関連資料  xxii

機器

アトリビュート  2-38

取得  3-58

プロビジョニング解除  3-62

ホルダー

取得  3-58

プロビジョニング  3-59

機器インベントリ マネージャ インターフェイス  3-39

取得

機器  3-58

すべての機器  3-39

すべての機器名  3-48

すべてのサポートされる機器  3-56

すべてのサポートされる機器名  3-57

機器のプロビジョニング解除  3-62

機器リスト

ONS 15501  D-1

ONS 15530  D-2

ONS 15540 ESP  D-15

ONS 15540 ESPx  D-21

技術情報

関連  xxii

対象読者  xx

表記法、印刷上の  xxi

共通インターフェイス  3-2

削除

L2 トポロジー  3-301

PM データ ファイル  3-256

VLAN  3-306

管理対象要素からの保護グループ  3-271

セッションへのリソースの割り当て  3-274

トポロジー リンク、記述  3-14

マルチレイヤ サブネットワーク

VCAT  3-173

VCAT からのメンバー サブネットワーク接続の削除  3-174

VCAT からのメンバー サブネットワーク接続の削除、すべて  3-175

ロール  3-182

作成

L2 トポロジー  3-292

MLVLAN  3-276

VLAN  3-305

管理対象要素の保護グループ  3-269

トポロジー リンク

Y 字ケーブル保護の使用  3-12

説明  3-10

マルチレイヤ サブネットワーク

VCAT  3-171

ロール  3-179

作成とアクティブ化

マルチレイヤ サブネットワーク

DRI におけるサブネットワーク接続  3-188

SNC  3-161

ユーザ ラベルからのサブネットワーク接続  3-141

サブネットワーク

取得

エッジ TP 名のリスト  3-126

管理対象要素名のリスト  3-127

すべて  3-5

トポロジー リンク、すべて  3-134

トポロジー リンク名、すべて  3-135

名前  3-89

サブネットワーク名、すべてのトップ レベルの取得  3-6

サポートされるマネージャ、アクセス  3-35

サポート対象のイベント  A-4

TCA  A-9

アトリビュート値変更  A-6

一般的なアラーム  A-10

オブジェクト削除  A-5

オブジェクト作成  A-4

ステート変更イベント  A-7

ハートビート イベント  A-12

保護切り替え  A-8

システム アラーム、取得  3-4

修正

L2 トポロジー  3-302

TCA スレッシュホールド  3-194

トポロジー リンク、記述  3-15

終了

マルチレイヤ サブネットワーク

ロール  3-184

取得

CTM 履歴 PM データ  3-212

CTP  3-86

SNC 宛先として使用する  3-101

SNC 送信元として使用する  3-97

使用中  3-83

CTP 名  3-88

CTP およびトポロジー リンク  3-137

CTP 名からのロール  3-113

EMS

公開鍵  3-37

公開鍵 ペア  3-38

情報  3-16

EMS オブジェクトの IDL バージョン  3-275

FTP

SNC プロビジョニング(宛先)で使用  3-104

SNC プロビジョニング(送信元)で使用  3-103

L2 トポロジー

MLVLAN に関連付けられた  3-291

SNC に関連する  3-291

構造  3-290

説明  3-17

ME のすべてのトポロジー リンク  3-106

ME のすべてのロール  3-107

ME のすべてのロール名  3-109

ME のロール  3-110

ML シリーズの機器名(RPR L2 トポロジーの場合)  3-303

PTP

SNC 宛先として使用する  3-99

SNC 送信元として使用する  3-95

保護トラフィックを搬送可能  3-263

QoS テンプレート

すべて  3-20

説明  3-22

QoS テンプレート名、記述  3-19

SNC 構造体  3-138

SNC、終端地点への  3-130

TCA TP PM パラメータ  3-211

TP 構造体  3-91

TP への SNC 名、すべて  3-133

VLAN のリスト  3-307

アクティブ アラーム  3-3

管理対象アラーム  3-70

管理対象要素  3-90

関連する保護グループ  3-272

機器  3-58

機器ホルダー  3-58

共通インターフェイスの機能  3-2

サーバ追跡プロビジョニングのすべての宛先 CTP  3-119

サーバ追跡プロビジョニングのすべての宛先 PTP  3-118

サーバ追跡プロビジョニングのすべてのソース CTP  3-117

サーバ追跡プロビジョニングのすべてのソース PTP  3-116

サブネットワーク

すべてのトップ レベル  3-5

サブネットワーク名

ME を含む  3-89

説明  3-6

システム アクティブ アラーム  3-4

使用中の CTP 名  3-85

処理するロールの CTP  3-112

すべての機器  3-39

すべての機器名  3-48

すべてのサポートされる機器  3-56

すべてのサポートされる機器名  3-57

すべての相互接続  3-120

すべてのソフトウェア ダウンロード ジョブ  3-123

選択したポートのポート名  3-114

特定 ME でクリアおよび確認応答されたすべてのアラーム  3-115

トポロジー リンク

PTP 名の使用  3-91

サブネットワークによる名前、すべて  3-134

シングル  3-9

すべて  3-6

トポロジー リンク名、サブネットワークによる  3-135

トポロジー リンク名、記述  3-9

保護グループ、現在の状態  3-266

マルチレイヤ サブネットワーク  3-136

VCAT SNC  3-164

VCAT SNC 名、すべて  3-168

VCAT SNC、すべて  3-167

VCAT メンバー SNC 名、すべて  3-170

VCAT メンバー SNC、すべて  3-169

サブネットワーク接続の関連ロール名、すべて  3-186

トポロジー リンク  3-140

マージするサブネットワーク接続  3-176

ロール、すべて  3-185

ロールの関連サブネットワーク接続名、すべて  3-187

ロール名、すべて  3-186

ユーザ ラベルによるサブネットワーク接続  3-139

レイヤ 1 SONET/SDH サブネットワーク接続、すべて  3-289

ロール処理の PTP  3-111

障害管理、CTM GateWay/CORBA  1-3

使用方法

OSS クライアントと CTM Gateway/CORBA の間における暗号化  B-5

複数のネーミング サーバ  B-6

情報モデル  1-8

推定原因のマッピング  A-13

ステート変更イベント  A-7

すべての機器、取得  3-39

すべての機器名、取得  3-48

すべてのサポートされる機器、取得  3-56

すべてのサポートされる機器名、取得  3-57

セッション

インターフェイス  3-274

接続解除  3-274

割り当てられたリソースの解除  3-274

セッションの接続解除  3-274

設定

CTM GateWay/CORBA  B-9

ML シリーズ カードのパラメータ  3-63

TP パラメータ  3-92

ポート名  3-114

対象読者  xx

注意

意味  xxi

注、意味  xxi

追加

管理対象要素  2-37

マルチレイヤ サブネットワーク

VCAT へのメンバー サブネットワーク接続の追加  3-173

ドロップ  3-162

通信切断の検出  3-274

通知エラー、NMS への通知  3-190

通知の概要  A-2

問い合わせ

技術情報  xxviii

同期

アラーム  3-106

インベントリ  3-106

トポロジー リンク

ME、名前の取得  3-106

Y 字ケーブル保護の使用、作成  3-12

アトリビュート  2-41

削除  3-14

作成  3-10

サブネットワークによるすべての名前の要求  3-135

サブネットワークによる名前の要求  3-134

修正  3-15

取得

PTP 名の使用  3-91

すべてのトップ レベル  3-6

トップ レベル  3-9

命名規則  2-65

トポロジー リンク名、すべてのトップ レベルの取得  3-9

ネーミング サービス IOR ファイルの場所  B-8

ネーミング サービス

CTM サーバでの  1-5

NMS ワークステーションでの  1-6

説明  1-4

それぞれ別のサーバにある  1-7

ノーティフィケーション サービス

CTM サーバでの  1-5

NMS ワークステーションでの  1-6

説明  1-4

それぞれ別のサーバにある  1-7

バージョン、取得  3-275

ハートビート イベント  A-12

はじめに  xix

パフォーマンス管理インターフェイス  3-192

パフォーマンスのモニタリング  3-192

パフォーマンス モニタリング

TP またはレイヤ レート測定点でのスレッシュホールド値の取得  3-211

サポートされるパラメータ値

ONS 15310 CL(表)  3-216

ONS 15310 MA(表)  3-221

ONS 15327(表)  3-226

ONS 15454 SDH(表)  3-240

ONS 15454 SONET(表)  3-230

ONS 15600 SDH(表)  3-255

ONS 15600 SONET(表)  3-251

無効化  3-192

有効化  3-193

光モニタリング アラーム

ONS 15530 および ONS 15540  A-92

表記法  xxi

ヒント

意味  xxi

通知スループットの向上  A-3

ファイル

PM データ  3-256

PM 履歴データ  3-212

浮動終端地点、命名規則  2-48

プログラミング詳細  2-66

プロビジョニング

SNC  2-68

機器ホルダー  3-59

保護切り替え  A-8

実行  3-266

保護切り替えの実行  3-266

保護グループ

アトリビュート  2-41

管理対象要素からの削除  3-271

管理対象要素での作成  3-269

管理対象要素の検出  3-264

関連する保護グループの取得  3-272

現在の状態の取得  3-266

保護コマンドのサポート(表)  3-267

命名規則  2-66

保護マネージャ インターフェイス  3-263

マネージャ、アクセス  3-34

マルチレイヤ サブネットワーク

アトリビュート  2-38

定義  2-36

マルチレイヤ サブネットワーク インターフェイス  3-125

命名規則  2-42

有効な信号の強制  3-183

ロールの完了  3-184

ロールのキャンセル  3-182

ロールの削除  3-182

ロールの作成  3-179

ロールの終了  3-184

無効化

アラーム レポート  3-61

パフォーマンス モニタリング  3-192

無効化と削除

マルチレイヤ サブネットワーク

SNC  3-163

命名規則  2-42

Cisco CRS-1  2-48

Cisco XR 12000  2-63

CTP  2-44

EquipmentHolder  2-64

FTP  2-48

L2 トポロジー  2-66

ManagedElement  2-42

MDS 9000  2-49

MGX 8880/8850/8830  2-49

MLVlan  2-66

MultilayerSubnetwork  2-42

ONS 15216  2-50

ONS 15302  2-51

ONS 15305  2-52

ONS 15310 CL  2-53

ONS 15310 MA  2-53

ONS 15327  2-53

ONS 15454 SDH  2-54

ONS 15454 SONET  2-56

ONS 15501  2-58

ONS 15530  2-58

ONS 15540  2-58

ONS 15600  2-58

ONS 15600 SDH  2-59

ONS 15800 および ONS 15801  2-59

ONS 15808  2-61

PTP  2-42

QoSTemplate  2-66

VCAT  2-66

トポロジー リンク  2-65

発行済み CTM GateWay/CORBA オブジェクト  B-7

保護グループ  2-66

メンテナンス コマンド

解放  3-67

検索  3-66

メンテナンス コマンドの解放  3-67

メンテナンス コマンドの検索  3-66

メンテナンス マネージャ インターフェイス  3-66

目的  xix

有効にする

アラーム レポート  3-61

パフォーマンス モニタリング  3-193

要求

PM データ

CTM に格納される時間の長さ  3-260

現在のすべての  3-261

フィルタ処理された  3-256

PTP  3-77

PTP 名  3-82

SNC

管理対象要素によって  3-71

エッジ TP のリスト  3-125

管理対象要素

情報  3-73

名前  3-76

名前、関連するサブネットワークによる  3-127

すべての管理対象要素名  3-128

レイヤ レート  2-30

ロールの完了  3-184

ロールのキャンセル  3-182

ワンポイント アドバイス、意味  xxi