Cisco Prime Network Analysis Module ユーザ ガイド 5.1(2)
このマニュアルについて
このマニュアルについて
発行日;2012/08/07 | 英語版ドキュメント(2011/11/28 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

このマニュアルについて

章の概要

対象読者

表記法

通告

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

このマニュアルについて

このガイドでは、Cisco Prime Network Analysis Module ソフトウェア(NAM)の使用方法について説明します。ここでは、次の内容について説明します。

「章の概要」

「対象読者」

「表記法」

「通告」

「マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート」

NAM でサポートされているプラットフォームについては、 「NAM プラットフォームの概要」(P.1-2) を参照してください。

章の概要

このマニュアルの構成は、次のとおりです。

「概要」では、NAM の概要、このリリースの新機能、新しい GUI について説明し、NAM の各種コンポーネントの使用方法について説明します。

「Cisco NAM の設定」では、NAM を起動し、NAM アプリケーションを設定した後に最初にユーザが実行する手順について説明します。

「モニタリングと分析」では、各種データを表示およびモニタリングするためのオプションについて説明します。

「パケット データのキャプチャとデコード」では、パケット データのキャプチャ、フィルタリング、復号化に向けた複数セッションの設定方法、ファイル制御システムのデータ管理方法、パケットの内容の表示方法について説明します。

「ユーザおよびシステム管理」では、ユーザとシステムの管理作業を実行する方法およびテクニカル サポートを受けるために診断情報を生成する方法について説明します。

「NAM の導入」では、NAM の導入シナリオおよび導入に必要な詳細情報について説明します。

対象読者

このマニュアルは、ネットワーク解析モジュール(NAM)を設定して、ネットワーク セグメント上のトラフィックのモニタリングおよび発生する問題の診断を担当するネットワーク管理者を対象としています。ネットワーク管理者として、次の項目について理解しておく必要があります。

インターネットワーキングで使用される基本的な概念と用語。

ネットワーク トポロジとプロトコル

基本的な UNIX コマンドまたは基本的な Windows 操作

表記法

このマニュアルでは、次の表記法を使用しています。

 

項目
表記法

コマンドおよびキーワード

太字

ユーザが値を指定する変数

イタリック体 フォント

表示されるセッションおよびシステムの情報

screen font

ユーザが入力する情報。

boldface screen font

ユーザが入力する変数。

italic screen font

メニュー項目およびボタン名

太字

本文中でのメニュー項目を選択する操作の記述

[Option] > [Network Preferences]

表中のメニュー項目の選択

[Option] > [Network Preferences]


) 「注釈」です。役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



注意要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。

通告

Cisco Prime Network Analysis Module Third Party and Open Source Copyright Notices 』には NAM で使用されるオープン ソース ソフトウェアのライセンスおよび通知を記載します。NAMThis product includes software developed by the OpenSSL Project for use in the OpenSSL Toolkit ( http://www.openssl.org/ ).このドキュメントは、NAM 技術マニュアルとともに www.cisco.com から入手できます。

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは、現在 RSS バージョン 2.0 をサポートしています。