Cisco Prime Network Analysis Module コマンド リファレンス ガイド 5.1(2)
このマニュアルについて
このマニュアルについて
発行日;2012/08/07 | 英語版ドキュメント(2012/06/04 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

このマニュアルについて

対象読者

マニュアルの構成

表記法

製品マニュアル

関連資料

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

このマニュアルについて

このマニュアルは、コマンドライン インターフェイス(CLI)を使用した Cisco Prime Network Analysis Module 5.1(2) ソフトウェアの使用方法について説明します。NAM ソフトウェアにより、ネットワーク マネージャは、アプリケーションとサービスをエンド ユーザに提供する方法を理解し、管理し、改善することができます。

企業およびサービス プロバイダー管理用の Cisco Prime™ ポートフォリオは、ビジネス指向のフレームワークに基づき、シスコのアーキテクチャおよびテクノロジーの包括的なライフ サイクル管理をサポートします。Cisco Prime 製品は、直感的なワーク フロー指向のユーザ エクスペリエンスを実現し、ネットワーク インフラおよびエンドポイントの IT 生産性、ネットワーク スケーラビリティ、および制御を劇的に向上させます。

ここでは、このマニュアルの対象読者、構成、表記法、および関連資料の入手方法について説明します。

対象読者

このマニュアルは、ネットワーク解析モジュール(NAM)を設定して、ネットワーク セグメント上のトラフィックをモニタし、発生する問題を診断する必要があるネットワーク管理者を対象としています。ネットワーク管理者として、次の項目について理解しておく必要があります。

インターネットワーキングで使用される基本的な概念と用語。

ネットワーク トポロジとプロトコル

基本的な UNIX コマンドまたは基本的な Windows 操作

マニュアルの構成

このマニュアルは、次の章で構成されています。

タイトル
説明

第 1 章

「コマンドライン インターフェイス」

スイッチ スーパーバイザ エンジンから NAM へのログイン方法、2 つの CLI コマンド モード(コマンド モードおよびサブコマンド モード)に関する情報、および NAM CLI の編集および作成モードに関する情報について説明します。

第 2 章

NAM CLI コマンド application ~ device waas

CLI コマンドをアルファベット順に一覧表示し、各コマンドの詳細な情報について説明します。

第 3 章

「NAM CLI コマンド email ~ logout」

CLI コマンドをアルファベット順に一覧表示し、各コマンドの詳細な情報について説明します。

第 4 章

「NAM CLI コマンド metric export host ~ show certificate request」

第 4 章では CLI コマンドをアルファベット順に一覧表示し、コマンドに関する詳細情報を提供します。

第 5 章

「NAM CLI コマンド show clock details ~ show monitor urlfilter」

第 5 章では CLI コマンドをアルファベット順に一覧表示し、各コマンドの詳細な情報について説明します。

第 6 章

「NAM CLI コマンド show password strong-policy ~ web user」

第 6 章では CLI コマンドをアルファベット順に一覧表示し、各コマンドの詳細な情報について説明します。

付録 A

「NAM メンテナンス パーティション CLI」

NAM メンテナンス パーティション コマンドを一覧表示します。

付録 B

「略語」

このマニュアルで使用される略語を定義します。

表記法

このマニュアルでは、次の表記法を使用しています。

 

項目
表記法

コマンドおよびキーワード

太字

ユーザが値を指定する変数

イタリック体 フォント

表示されるセッションおよびシステムの情報

screen font

ユーザが入力する情報。

boldface screen font

ユーザが入力する変数。

italic screen font

) 「注釈」です。役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



注意 要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。


警告 「危険」の意味です。人身事故を予防するための注意事項が記述されています。


製品マニュアル

表 iii-1 に、ご利用可能な製品マニュアルを示します。

 

表 iii-1 製品マニュアル

参照先
入手先

『Release Notes for Cisco Network Analysis Module 5.1(2)』

製品イメージ内の PDF。

Cisco.com の次の URL で入手可能です。 http://www.cisco.com/en/US/products/ps6535/prod_release_notes_list.html

『Cisco Network Analysis Module Installation and Configuration 5.1』

製品イメージ内の PDF。

Cisco.com の次の URL で入手可能です。 http://www.cisco.com/en/US/products/ps6535/prod_installation_guides_list.html

『User Guide for Cisco Network Analysis Module 5.1(2)』

製品イメージ内の PDF。

Cisco.com の次の URL で入手可能です。 http://www.cisco.com/en/US/products/ps6535/products_user_guide_list.html

『Context-sensitive Online Help』

ナビゲーション ツリーのオプションを選択し、次に [Help] をクリックします。

ページの [Help] ボタンをクリックします。

『Open Source Used in Cisco Network Analysis Module 5.1(2)

製品イメージ内の PDF。

Cisco.com の次の URL で入手可能です。 http://www.cisco.com/en/US/products/ps6535/products_licensing_information_listing.html

Network Analysis Module Traffic Analyzer ソフトウェアで動作する他のプラットフォームの詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/cscowork/ps5401/tsd_products_support_series_home.html

関連資料

Cisco IOS マニュアル セットには、次のマニュアルがあります。

『Configuration Fundamentals Configuration Guide』

『Command Reference Guide』

MIB の詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml

プラットフォームおよび Cisco IOS ソフトウェア イメージのサポート情報については、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator では、プラットフォームおよび Cisco IOS ソフトウェア イメージの各サポート情報を検索できます。 http://www.cisco.com/go/fn にある Cisco Feature Navigator にアクセスしてください。アクセスするには、Cisco.com のアカウントが必要です。アカウントをお持ちでない場合や、ユーザ名やパスワードを忘れた場合は、ログイン ダイアログボックスで [Cancel] をクリックし、表示される説明に従ってください。

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。