Cisco Prime Network Analysis Module コマンド リファレンス ガイド 5.1(2)
NAM CLI コマンド show password strong-policy ~ web user
NAM CLI コマンド show password strong-policy ~ web user
発行日;2012/08/07 | 英語版ドキュメント(2012/06/04 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

NAM CLI コマンド

show password strong-policy

show patches

show pkt-drop counters

show preferences

show protocol-feature

show remote-storage

show rxcounters

show snmp

show syslog-settings

show system-alerts

show tech-support

show time

show time ptp

show trap-dest

show version

show waas data-source

show waas device

show waas server filter

show web-publication

show web-user

shutdown

snmp

syslog

syslog remote-server

terminal

time

traceroute

trap-dest

upgrade

waas export server-filter-list

waas import server-filter-list

waas server filter

web-publication

web-user

NAM CLI コマンド
show password strong-policy ~ web user

この章では、次の NAM CLI コマンドについて説明します。

show password strong-policy

show patches

show pkt-drop counters

show preferences

show protocol-feature

show remote-storage

show rxcounters

show snmp

show syslog-settings

show system-alerts

show tech-support

show time

show time ptp

show trap-dest

show version

show waas data-source

show waas device

show waas server filter

show web-publication

show web-user

shutdown

snmp

syslog

syslog remote-server

terminal

time

traceroute

trap-dest

upgrade

waas export server-filter-list

waas import server-filter-list

waas server filter

web-publication

web-user

show password strong-policy

ユーザ名に対する強力なパスワード ポリシーの設定を表示するには、 show password strong-policy コマンドを使用します。

show password strong-policy

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

有効なユーザ名は、root と guest の 2 つだけです。

次に、パスワードを設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# show password strong-policy

Strong password policy is enabled.

show patches

インストールされたすべてのパッチを表示するには、 show patches コマンドを使用します。

show patches

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、インストールされたすべてのパッチを表示する例を示します。

Root@localhost# show patches

 
関連コマンド

patch

show pkt-drop counters

NAM ハードウェア、フロー マネージャ、およびメトリック エンジン ドロップを表示するには、 show pkt-drop counters コマンドを使用します。

show pkt-drop counters

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM ハードウェア、フロー マネージャ、およびメトリック エンジン ドロップを表示する例を示します。

Root@localhost# show pkt-drop-counters
Hour-0 - show the current hour pkts drop counter
Hour-1 - show the last hour pkts drop counter
Hour-10 - show the last 10th hour pkts drop counter
Hour-11 - show the last 11th hour pkts drop counter
Hour-12 - show the last 12th hour pkts drop counter
Hour-13 - show the last 13th hour pkts drop counter
Hour-14 - show the last 14th hour pkts drop counter
Hour-15 - show the last 15th hour pkts drop counter
Hour-16 - show the last 16th hour pkts drop counter
Hour-17 - show the last 17th hour pkts drop counter
Hour-18 - show the last 18th hour pkts drop counter
Hour-19 - show the last 19th hour pkts drop counter
Hour-2 - show the last 2nd hour pkts drop counter
Hour-20 - show the last 20th hour pkts drop counter
Hour-21 - show the last 21st hour pkts drop counter
Hour-22 - show the last 22nd hour pkts drop counter
Hour-23 - show the last 23rd hour pkts drop counter
Hour-3 - show the last 3rd hour pkts drop counter
Hour-4 - show the last 4th hour pkts drop counter
Hour-5 - show the last 5th hour pkts drop counter
Hour-6 - show the last 6th hour pkts drop counter
Hour-7 - show the last 7th hour pkts drop counter
Hour-8 - show the last 8th hour pkts drop counter
Hour-9 - show the last 9th hour pkts drop counter

show preferences

設定された画面プリファレンスを表示するには、 show preferences コマンドを使用します。

show preferences

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、設定された画面プリファレンスを表示する例を示します。

root@localhost.cisco.com# show preferences
Entries per screen: 15
Refresh interval: 60 secs
Number of graph bars: 10
Hostname resolution: Disabled
Data displayed in: Bytes
Format large number: No
Number notation: Commas-dot
root@localhost.cisco.com#
 

 
関連コマンド

preferences

show protocol-feature

解析プロトコル機能を表示するには、show protocol-feature コマンドを使用します。

show protocol-feature

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、解析プロトコル機能を表示する例を示します。

root@NAM.cisco.com# show protocol-feature

show remote-storage

レポートおよびキャプチャの日付のネットワーク ストレージ ターゲットを表示するには、 show remote-storage コマンドを使用します。

show remote-storage

 
構文の説明

このコマンドにはキーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、Web ユーザ情報を表示する例を示します。

root@localhost.cisco.com# show remote-storage

 

show rxcounters

NAM データ ポートで受信したパケットの数を表示するには、 show rxcounters コマンドを使用します。

show rxcounters

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM データ ポートで受信したパケットの数を表示する例を示します。

root@nam235Cat6k.cisco.com# show rxcounters
data port 1 rx pkt count: 193327281
data port 2 rx pkt count: 1164
root@nam235Cat6k.cisco.com#
 

show snmp

SNMP パラメータを表示するには、 show snmp コマンドを使用します。

show snmp

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、SNMP パラメータを表示する例を示します。

Root@localhost# show snmp
SNMP Agent: mynam.cisco.com 209.265.200.225
 
SNMPv1: Enabled
SNMPv2C: Enabled
SNMPv3: Disabled
 
community private write
community public read
 
trap community public 112.10.17.237
trap community public 112.10.17.244
 
sysDescr Cisco Catalyst 6500 Series Network Analysis Module (WS-SVC-NAM-3-K9) Console, 5.0(1T.45)
Copyright (c) 1999-2011 by Cisco Systems, Inc.
 
sysObjectID workgroup.1.3.1.1.2.291
sysContact engineer
sysName mynam
sysLocation RMON Lab

 
関連コマンド

snmp

show syslog-settings

NAM システム ログ設定を表示するには、 show syslog-settings コマンドを使用します。

show syslog-settings

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM システム ログ設定を表示する例を示します。

root@localhost# show syslog-settings
Remote server 1: 172.20.98.177
Remote server 2: 10.0.0.12
root@localhost#

 
関連コマンド

syslog

show system-alerts

NAM の障害または問題を表示するには、 show system-alerts コマンドを使用します。

show system-alerts

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM のシステム アラートを表示する例を示します。

Root@localhost# show system-alerts
Jan 1 15:07:31 mynam scpd: scpd: 0x10/44 -> 0x15/0, len 18, op 0x14a, len
2, flags 0(), seq 65443, ver 0
Jan 1 15:07:31 mynam scpd: scpd: SCP PC Blade REQ from 0x10/44.
Jan 1 15:07:31 mynam scpd: scpd: sub-opcode 6, status 45.
Jan 1 15:07:31 mynam scpd: scpd: SCP PC Shutdown.
Jan 1 15:07:33 mynam scpd: scpd: shutdown of NAM!
Jan 1 15:07:35 mynam rmond[595]: rmond: received QUIT signal! Exiting!
Jan 1 15:07:38 mynam polld: Terminating polld.
Jan 1 15:07:42 mynam configd: SIGTERM recieved.
Jan 1 15:07:42 mynam configd: Terminating with success.
Jan 1 00:02:43 mynam scpd: scpd: 0x10/1 -> 0x15/0, len 18, op 0x14a, len

 

show tech-support

テクニカル サポート情報を表示するには、 show tech-support コマンドを使用します。

show tech-support

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM テクニカル サポート情報を表示する例を示します。

Root@localhost# show tech-support
PID TTY STAT TIME COMMAND
1 ? S 0:08 init
2 ? SW 0:00 [keventd]
3 ? SWN 0:00 [ksoftirqd_CPU0]
4 ? SWN 0:00 [ksoftirqd_CPU1]
5 ? SW 0:00 [kswapd]
6 ? SW 0:00 [bdflush]
7 ? SW 0:05 [kupdated]
238 ? S 0:00 /usr/local/nam/bin/scpd -l -d/var/log/scpd
246 ? SW 0:10 [kjournald]
474 ? S 0:01 syslogd -m 0
477 ? S 0:00 klogd -2
501 ? S 0:00 /usr/sbin/atd

show time

NAM のタイム ゾーンまたは時刻同期設定を表示するには、 show time コマンドを使用します。

show time

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM の時間設定を表示する例を示します。

Root@localhost# show time
NAM synchronize time to: Switch
Timezone configured on the switch: PDT
Current system time: Thu May 1 09:29:49 GMT+8 2003

 
関連コマンド

time

show time ptp

PTP 固有の時間設定を表示するには、 show time ptp コマンドを使用します。

show time ptp

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

コマンドを入力すると、次のコマンドを使用できます。

clock :PTP のクロック情報を表示します。

foreign-master-record :PTP の外部マスター レコードを表示します。

parent:PTP の親プロパティを表示します。

time-property: PTP のクロック タイム プロパティを表示します。

次に、時間設定を表示する例を示します。

Root@localhost# show time ptp

clock - show ptp clock information
foreign-master-record - show ptp foreign master records
parent - show ptp parent properties
time-property - show ptp clock time property
 

 

show trap-dest

すべての NAM トラップの宛先を表示するには、 show trap-dest コマンドを使用します。

show trap-dest [ trap-index]

 
構文の説明

trap-index

(任意)指定したトラップ インデックスによるトラップの宛先を表示します。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM トラップの宛先を表示する例を示します。

Root@localhost# show trap-dest
Trap index: 23370
Community: public
Address: 172.20.98.136
UDP port: 162 (00a2)
Owner: LocalMgr
Root@localhost#
 

 
関連コマンド

trap-dest

show version

NAM のバージョン情報を表示するには、 show version コマンドを使用します。

show version

 
構文の説明

このコマンドにはキーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM のバージョン情報を表示する例を示します。

Root@localhost# show version
NAM application image version: 5.0(1T.45) INTERIM SOFTWARE
Helper Version: 1.1(0.19)
Gold Helper Version: 1.1(0.19)
 
PID: WS-SVC-NAM-3-K9
Memory size: 23 GB
Disk 0 size: 8 GB
Disk 1 size: 600 GB
Installed patches:
 
No patches are installed on this system.
Root@localhost#

 
関連コマンド

config clear

show waas data-source

NAM デバイスに設定されている WAAS デバイスを表示するには、 show waas data-source コマンドを使用します。

show waas data-source [ datasrc-index ]

 
構文の説明

datasrc-index

(任意)データ ソース インデックスを表示します

 
デフォルト

デフォルトの動作では、特定のソース インデックスを指定しない限り、すべての WAAS データ ソース インデックスが表示されます。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、すべての NAM プラットフォームでサポートされます。

show waas data-source コマンドを入力すると、現在 NAM に設定されている WAAS データ ソースに関する情報が表示されます。

次に、システム インベントリ情報の例を示します。

root@nam.cisco.com# show waas data-source
root@nam.cisco.com#
 

show waas device

NAM デバイスに設定されている WAAS デバイスを表示するには、 show waas device コマンドを使用します。

show waas device [ ip-address ]

 
構文の説明

ip-address

WAAS デバイスの IP アドレス(任意)

 
デフォルト

デフォルトの動作では、IP アドレスを指定しない限り、すべての WAAS デバイスが表示されます。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、すべての NAM プラットフォームでサポートされます。

次に、システム インベントリ情報の例を示します。

root@nam.cisco.com# show waas device
root@nam.cisco.com#
 

show waas server filter

WAAS サーバ フィルタのリストを表示するには、 show waas server filter コマンドを使用します。

show waas server filter

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、WAAS サーバ フィルタを表示する例を示します。

root@nam.cisco.com# show waas server filter
10.0.0.2
 

show web-publication

Web パブリッシング ホスト コンフィギュレーション情報を表示するには、 show web-publication コマンドを使用します。

show web-publication

 
構文の説明

このコマンドにはキーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、Web ユーザ情報を表示する例を示します。

Root@localhost# show web-publication
Web publication: enabled
Allowed hosts:
Access code:
Alarm screens: disabled
Report screens: enabled
Voice screens: enabled
RMON screens: enabled
 

 
関連コマンド

web-publication

show web-user

Web ユーザ情報を表示するには、 show web-user コマンドを使用します。

show web-user [ username]

 
構文の説明

username

(任意)指定したユーザ名の情報を表示します。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、Web ユーザ情報を表示する例を示します。

Root@localhost# show web-user admin
User: admin
----------------------------
Account management: Enabled
System config: Enabled
Capture: Enabled
Alarm config: Enabled
Collection config: Enabled
Collection view: Enabled
Console
 

 
関連コマンド

web-user

shutdown

NAM をシャットダウンするには、 shutdown コマンドを使用します。

shutdown

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM をシャット ダウンする例を示します。

Root@localhost# shutdown
Shut down the NAM? (y/n) [n]: n

 
関連コマンド

exit
logout
preferences

snmp

NAM システム MIB オブジェクトを設定するには、 snmp コマンドを使用します。

snmp communit y community-string { ro | rw }

snmp delete community community-string

snmp contact contact-string

snmp location location-string

snmp name name-string

 
構文の説明

community community-string ro | rw

デバイス コミュニティ ストリングを設定します。

delete community-string

デバイス コミュニティ ストリングを削除します。

contact contact-string

デバイス コンタクト ストリングを設定します。

location location-string

デバイスの場所を設定します。

name name-string

デバイス名を設定します。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM システム MIB オブジェクトを設定する例を示します。

Root@localhost# snmp community askdfhtjlks.01‘ contact george location frisco, name al

 
関連コマンド

show snmp

syslog

システム ログ サブコマンド モードを開始し、NAM のシステム ロギングを設定するには、 syslog コマンドを使用します。

syslog

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

システム ログ サブコマンド モードを開始すると、次のコマンドを使用できます。

cancel :変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

exit :変更を保存し、サブコマンド モードを終了します。 exit コマンドを参照してください。

help:ヘルプを表示します。

remote-server (任意)リモート ロギング用のシステム ログを設定します。

次に、NAM のシステム ロギングを設定する例を示します。

Root@localhost# syslog
root@localhost.cisco.com(sub-syslog)#

 
関連コマンド

show syslog-settings

syslog remote-server

NAM リモート サーバ アラームをキャプチャするには、syslog サブコマンド モードで remote-server サブコマンドを使用します。

remote-server disable | [server1 [server2] [server3] [server4] [server5]

 
構文の説明

disable

リモート サーバ イベント ロギングをディセーブルにします。

server1 server2 server3 server4 server5

(任意)リモート サーバを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

syslog サブコマンド モード

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、すべての NAM プラットフォームでサポートされます。

次に、リモート サーバ アラームをキャプチャするように NAM を設定する例を示します。

root@localhost# syslog
Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to apply changes and come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and come out of this mode.
root@localhost(sub-syslog)# remote-server 10.0.0.7 10.0.0.40
root@localhost(sub-syslog)# exit
NAM syslog settings updated successfully..
 

terminal

このセッションの画面に表示する行数を設定するには、 terminal コマンドを使用します。

terminal editor [enable | d isable]

terminal length length

terminal mode { 0 | 1}

 
構文の説明

editor [enable | d isable]

(任意)NAM CLI コマンドの編集をイネーブルまたはディセーブルにします。

length length

セッションの各画面に表示する行数を設定します。

mode { 0 | 1}

ターミナル モードを設定します。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、セッションの画面に表示する行数を設定する例を示します。

root@localhost# terminal length 24
Terminal length for this session set to 24.
 

 
関連コマンド

config clear

time

タイム コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、NAM システムの時間設定を設定するには、 time コマンドを使用します。

time

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

特権

 
使用上のガイドライン

タイム コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始すると、次のコマンドを使用できます。

cancel :変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

exit :変更を保存し、サブコマンド モードを終了します。 exit コマンドを参照してください。

sync ntp | switch (任意)NAM のシステム時刻をネットワーク タイム プロトコル(NTP)、またはスイッチと同期させます。

zone --region-name [ zone-name ] NTP を使用するために、タイム ゾーンを NAM と同期させます。

ptp-ip-address :PTP インターフェイスの IP アドレスを設定します。

次に、NAM のシステム時刻設定をスイッチの時刻と同期するように設定する例を示します。

root@hostname.cisco.com# time
Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@hostname.cisco.com(sub-time)# ?
? - display help
cancel - discard changes and exit from subcommand mode
exit - exit from subcommand mode
help - display help
ptp-ip-address - set the ip address of the ptp interface
sync - synchronize NAM system time with switch or ntp
root@hostname.cisco.com(sub-time)# sync switch
root@hostname.cisco.com(sub-time)# exit
Successfully updated NAM system time settings.
NOTE:You have configured the NAM synchronize time to the switch.
For this change to take effect, set the time from the switch or
reset the NAM.
root@hostname.cisco.com# show time
NAM synchronize time to: Switch
Timezone configured on the switch:PST
Switch time offset to UTC: 0
Current system time: Thu Mar 20 09:23:14 GMT 2003
 

次に、NAM のシステム時刻設定を NTP の時刻と同期するように設定する例を示します。

root@hostname.cisco.com# time
Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@hostname.cisco.com(sub-time)# sync ntp ntp01.cisco.com ntp02.cisco.com
root@hostname.cisco.com(sub-time)# exit
Successfully updated NAM system time settings.
root@hostname.cisco.com# show time
NAM synchronize time to: NTP
NTP server1: ntp01.cisco.com
NTP server2: ntp02.cisco.com
Current system time: Thu Mar 20 09:23:36 GMT 2003
root@hostname.cisco.com#
 

 
関連コマンド

show time

traceroute

ネットワーク デバイスへのルートを追跡するには、 traceroute コマンドを使用します。

traceroute [-I | n | v] [-f first_ttl] [-m max_ttl] [-p port] [-s src_addr] [-t tos] [-w waittime] destination host name | IP address [packetlen]

 
構文の説明

-I

(任意)UDP データグラムの代わりに ICMP ECHO が使用されるように指定します。

-n

(任意)ホップ アドレスを数値で表示します。

-v

(任意)詳細な出力を設定します。

-f first_ttl

(任意)最初の発信パケットで使用される初期の存続可能時間を設定します。

-m max_ttl

(任意)使用する最大の存続可能時間(最大ホップ数)を設定します。

-p port

(任意)プローブで使用されるベース UDP ポート番号を設定します。

-s src_addr

(任意)送信元アドレスを、パケットが送信されるインターフェイスの IP アドレス以外にします。

-t tos

(任意)パケットのタイプ オブ サービスを次の値に設定します。

-w waittime

(任意)プローブへの応答を待機する時間(秒)を設定します。

destination

パケットの宛先を設定します。

host

ホストを設定します。

name

ホスト名を設定します。

IP address

IP アドレスを設定します。

packetlen

(任意)パケットの長さを設定します。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、aragon という名前のネットワーク デバイスへのルートを追跡する例を示します。

root@localhost.cisco.com# traceroute -I -n -v -f first_ttl -p 5 -w 10 aragon 123.34.54.12
root@localhost.cisco.com#

trap-dest

トラップ宛先サブコマンド モードを開始し、NAM のトラップ宛先を作成または編集するには、 trap-dest コマンドを使用します。トラップ宛先エントリを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

trap-dest

no trap-dest [ control-index ]

 
構文の説明

control-index

(任意)収集コントロール インデックスを指定します。範囲は 1 ~ 65535 です。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

トラップ宛先サブコマンド モードを開始すると、次のコマンドを使用できます。

address :トラップ宛先 IP アドレスを設定します。

cancel :変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。 autocreate-data-source の項を参照してください。

community community_string: コミュニティ ストリングを設定します。

exit :変更を保存し、サブコマンド モードを終了します。 exit コマンドを参照してください。

index index: (任意)トラップ インデックスを設定します。 範囲は 1 ~ 65535 です。デフォルトはランダムです。

owner string: (任意)収集オーナーを指定します。デフォルトは monitor です。


) CLI で設定した収集は、GUI では表示されません。GUI 画面を使用する収集の場合、オーナー ストリング「LocalMgr」を使用すれば収集を GUI で表示できます。


port (任意)UDP ポートを設定します。デフォルトは 162 です。

次に、NAM のトラップを設定する例を示します。

root@hostname.cisco.com# trap-dest
Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@hostname.cisco.com(sub-trap-dest)# ?
? - display help
address - set IP address (*)
cancel - discard changes and exit from subcommand mode
community - set community string (*)
exit - exit from subcommand mode
help - display help
index - set trap index
owner - set owner string
port - set UDP port
 
(*) - denotes a mandatory field for this configuration.
root@hostname.cisco.com(sub-trap-dest)# address 10.0.0.1
root@hostname.cisco.com(sub-trap-dest)# community public
root@hostname.cisco.com(sub-trap-dest)# exit
Trap created successfully.
root@hostname.cisco.com# show trap-dest
Trap index:48981
Community: public
Address: 10.0.0.1
UDP port: 162 (00a2)
Owner: monitor
 
root@hostname.cisco.com#

upgrade

NAM に新しいメンテナンス イメージをダウンロードおよびインストールするには、 upgrade コマンドを使用します。

upgrade ftp://user:passwd@host/full-path/filename

 
構文の説明

ftp://user:passwd@host/full-path/filename

アップグレード メンテナンス イメージの場所へのパス。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、新しいメンテナンス イメージをダウンロードおよびインストールする例を示します。

Root@localhost# upgrade ftp://alamo:ljljsdf@milton/dir65/abracadabr/dir65/upgrade_now
Root@localhost#

 
関連コマンド

show patches
show version

waas export server-filter-list

WAAS サーバのフィルタ リストをリモート ホストにエクスポートするには、 waas export server-filter-list コマンドを使用します。

waas export server-filter-list ftp://<username:<password>@<host>/<path>

 
構文の説明

ftp://<username:<password>@<host>/<path>

FTP によって到達できるリモート ロケーションを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、WAAS サーバのフィルタ リストをリモート ホストにエクスポートする例を示します。

root@nam.cisco.com# waas export server-filter-list ftp://joe@company.com//waas/configs
root@nam.cisco.com#
 

waas import server-filter-list

リモート ホストから WAAS サーバのフィルタ リストをインポートするには、 waas import server-filter-list コマンドを使用します。

waas import server-filter-list ftp://<username:<password>@<host>/<path>/<file>

 
構文の説明

ftp://<username:<password>@<host>/<path>

FTP によって到達できるリモート ロケーションを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、リモート ホストから WAAS サーバのフィルタ リストをインポートする例を示します。

root@nam.cisco.com#
waas import server-filter-list ftp://joe@company.com//waas/config/svrlist
root@nam.cisco.com#
 

waas server filter

WAAS サーバのフィルタを追加するには、 waas import server-filter コマンドを使用します。サーバのフィルタを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

waas server filter <ip-address>

no waas server filter <ip-address>

 
構文の説明

ip-address

WAAS サーバの IPV4 を指定します

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、WAAS サーバのフィルタを追加する例、および WAAS サーバのフィルタを削除する例を示します。

root@nam.cisco.com# waas server filter 10.0.0.2
Successfully added server filter.
root@nam.cisco.com# no waas server filter 10.0.0.2
root@nam.cisco.com#
 

web-publication

NAM にログインせずに、NAM GUI モニタリング表示を表示できるホストのリストをイネーブルにして設定するには、 web-publication コマンドを使用します。設定から Web パブリッシングを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

web-publication username

no web-publication

 
構文の説明

username

ユーザ名を設定します。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

Web ユーザ サブコマンド モードを開始すると、次のコマンドを使用できます。

? または help :ヘルプを表示します。 help コマンド を参照してください。

cancel :変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

exit :変更を保存し、サブコマンド モードを終了します。 exit コマンドを参照してください。

alarm enable | disable: (任意)アラーム表示の Web パブリッシングをイネーブルまたはディセーブルにします。

allow-hosts WORD:Web パブリッシングされたモニタリング表示を表示できるホストを設定します。

code WORD:ホストが Web パブリッシングされたモニタリング表示を表示できるようにするコードを設定します。

report enable | disable: (任意)Web パブリッシング レポート表示をイネーブルまたはディセーブルにします。

rmon enable | disable: (任意)Web パブリッシング RMON モニタリング表示をイネーブルまたはディセーブルにします。

voice enable | disable: (任意)Web パブリッシング音声モニタリング表示をイネーブルまたはディセーブルにします。

次に、ホストを設定して Web パブリッシングされたレポートを NAM から受信する例を示します。

root@hostname.cisco.com# web-publication
Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@hostname.cisco.com(sub-web-publication)# ?
 
root@hostname.cisco.com#

 
関連コマンド

show web-publication

web-user

Web ユーザ コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、NAM のローカル Web ユーザを設定するには、 web-user コマンドを使用します。設定から Web ユーザを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

web-user

no web-user username

 
構文の説明

username

ユーザ名を設定します。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

Web ユーザ サブコマンド モードを開始すると、次のコマンドを使用できます。

account-mgmt enable | disable (任意)アカウント管理権限をイネーブルまたはディセーブルにします。

alarm-config enable | disable (任意)アラーム コンフィギュレーション権限をイネーブルまたはディセーブルにします。

cancel :変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

capture enable | disable (任意)パケット キャプチャおよびデコード権限をイネーブルまたはディセーブルにします。

collection-config enable | disable (任意)収集コンフィギュレーション権限をイネーブルまたはディセーブルにします。

exit :変更を保存し、サブコマンド モードを終了します。 exit コマンドを参照してください。

system-config enable | disable (任意)システム コンフィギュレーション権限をイネーブルまたはディセーブルにします。

user-name username: ユーザ名を設定します。

次に、NAM の Web ユーザを設定する例を示します。

root@hostname.cisco.com# web-user
Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@hostname.cisco.com(sub-web-user)# ?
? - display help
account-mgmt - enable/disable account management privilege
alarm-config - enable/disable alarm configuration privilege
cancel - discard changes and exit from subcommand mode
capture - enable/disable packet capture/decode privilege
collection-config - enable/disable collection configuration privilege
exit - exit from subcommand mode
help - display help
system-config - enable/disable system configuration privilege
user-name - set username (*)
 
(*) - denotes a mandatory field for this configuration.
root@hostname.cisco.com(sub-web-user)# user-name foo
root@hostname.cisco.com(sub-web-user)# account-mgmt enable
root@hostname.cisco.com(sub-web-user)# exit
No password specified.
Do you want specify password now (y/n) [n] y
Enter password:
Confirm password:
User 'foo' created successfully.
root@hostname.cisco.com# show web-users foo
User name: foo
Account management:Enabled
System config: Disabled
Capture: Disabled
Alarm config: Disabled
Collection config: Disabled
Collection view: Enabled
 
root@hostname.cisco.com#

 
関連コマンド