Cisco Prime Network Analysis Module コマンド リファレンス ガイド 5.1(2)
NAM CLI コマンド show clock details ~ show monitor urlfilter
NAM CLI コマンド show clock details ~ show monitor urlfilter
発行日;2012/08/07 | 英語版ドキュメント(2012/06/04 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

NAM CLI コマンド

show clock details

show configuration

show counters

show cpu

show data-source

show date

show debug log-levels

show debug messages

show debug metric-engine

show debug online-diag-stats

show device

show email

show entity

show ftp

show hosts

show inventory

show ip

show license

show log config

show log patch

show log report

show log upgrade

show memory

show metric export

show monitor protocol encapsulation

show monitor protocol all

show monitor rtp-stream

show monitor rtp-stream filter

show monitor urlcollection

show monitor urlfilter

NAM CLI コマンド
show clock details ~ show monitor urlfilter

この章では、次の NAM CLI コマンドについて説明します。

show clock details

show configuration

show counters

show cpu

show data-source

show date

show debug log-levels

show debug messages

show debug metric-engine

show debug online-diag-stats

show device

show email

show entity

show ftp

show hosts

show inventory

show ip

show license

show log config

show log patch

show log report

show log upgrade

show memory

show metric export

show monitor protocol encapsulation

show monitor protocol all

show monitor rtp-stream

show monitor rtp-stream filter

show monitor urlcollection

show monitor urlfilter

show clock details

NAM のクロックの詳細を表示するには、 show clock details コマンドを使用します。

show clock details

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、クロックの設定を表示する例を示します。

root@nam.cisco.com# show clock details
System Time: Thu Nov 4 18:25:41 PDT 2010
 

show configuration

NAM の実行コンフィギュレーションを表示するには、 show configuration コマンドを使用します。

show configuration

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

次の設定は、生成された設定ファイルに含まれません。

レポート

CLI ユーザ

スーパーバイザ エンジン コミュニティ ストリング

次に、NAM の実行コンフィギュレーションを表示する例を示します。

Root@localhost# show configuration
 
***** NAM configuration *****
Time: Tue Apr 26 00:10:31 2011
 
preferences
entries-per-screen 15
refresh-interval 60
graph-bars 0
resolve-hostname disable
data-displayed bits
format-large-number disable
number-notation commas-dot
csv-export all
exit
!
monitor art response-times
report-interval 1800
rsp-time1 1
rsp-time2 5
rsp-time3 10
rsp-time4 50
rsp-time5 100
rsp-time6 500
rsp-timeout 1000
exit
!

show counters

データ集約テーブルのカウンタを表示するには、 show counters コマンドを使用します。

show counters

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、データ集約テーブルのカウンタを表示する例を示します。

root@nam235Cat6k.cisco.com# show counters ?
long-term - show long-term collection counters
nde-export - show collection counters for NDE export
short-term - show short-term collection counters

show cpu

中央処理装置(CPU)の使用率を表示するには、 show cpu コマンドを使用します。

show cpu

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、CPU の使用率を表示する例を示します。

root@nam235Cat6k.cisco.com# show cpu
 
NOTE: For more details on system resources including CPU
utilization, visit the Administration -> System -> Resources
page in the NAM Traffic Analyzer web application.
root@nam235Cat6k.cisco.com#

show data-source

データソースを表示するには、 show data-source コマンドを使用します。

show data-source

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、データソースを表示する例を示します。

root@nam235Cat6k.cisco.com# show data-source
 
DATA SOURCE ID : 1
DATA SOURCE NAME : DATA PORT 1
TYPE : Data Port
PORT NUMBER : 1
-----------
 
DATA SOURCE ID : 2
DATA SOURCE NAME : DATA PORT 2
TYPE : Data Port
PORT NUMBER : 2
-----------

show date

現在の日時を表示するには、 show date コマンドを使用します。

show date

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、現在の日時を表示する例を示します。

Root@localhost# show date
Tue Apr 26 00:14:18 2011

 
関連コマンド

show time
time

show debug log-levels

ログ レベル設定を表示するには、 show debug log-levels コマンドを使用します。

show debug log-levels

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルトの動作または設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、ログ レベル設定の例を示します。

root@nam.cisco.com# show debug log-levels
Debug Logging: enabled
Feature OTHER (1): error (1)
Feature POLLD (3): error (1)
Feature SWPOLLD (4): error (1)
Feature TREND_DAEMON (5): error (1)
Feature TREND_RPC (6): error (1)
Feature TREND_SNMP (7): error (1)
Feature MAIN (8): error (1)
Feature MISC (9): error (1)
Feature SNMP (10): error (1)
Feature SRSNMP (11): error (1)
Feature ENTITY (12): error (1)
Feature RMON (13): error (1)
Feature RPC (14): error (1)
Feature DSRC (15): error (1)
Feature WAAS (16): error (1)
Feature PARSER (17): error (1)
Feature PPROC (18): error (1)
Feature FM (19): error (1)
Feature FR (20): error (1)
Feature COLL_SHARED (21): error (1)
Feature RTP (22): error (1)
Feature METRIC_ENGINE (23): error (1)
Feature ART (24): error (1)
Feature URL_COLLECTION (25): error (1)
Feature PORT_TABLE (26): error (1)
Feature MPLS_STATS (27): error (1)
Feature ETHERSTATS (28): error (1)
Feature CAPTURE (29): error (1)
Feature RMON1_HOST (30): error (1)
Feature RMON1_MATRIX (31): error (1)
Feature RMON2_ADDRMAP (32): error (1)
Feature RMON2_PDIST (33): error (1)
Feature RMON2_HOST (34): error (1)
Feature RMON2_MATRIX (35): error (1)
Feature DSMON_STATS (36): error (1)
Feature DSMON_PDIST (37): error (1)
Feature DSMON_HOST (38): error (1)
Feature DSMON_MATRIX (39): error (1)
Feature SMON_PRIO (40): error (1)
Feature SMON_VLAN (41): error (1)
 

show debug messages

NAM ログ ファイルの内容を表示するには、 show debug messages コマンドを使用します。

show debug messages

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルトの動作または設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、ログ ファイルの内容の例を示します。

root@nam.cisco.com# show debug messages
2008-10-14 00:07:11 *** FM Metric Engine 1 created (iThread 3)
2008-10-14 00:07:11 MAIN: Flow reaper starting, LWP = 1381
2008-10-14 00:07:11 Packet data and flow processing layers started successfully.
2008-10-14 00:07:11 WAAS: Load autoconfig: enables:1 client:1 cltwan:0 svrwan:0 server:0 passthru:0
2008-10-14 00:07:11 *** WAAS Flow Agent (FA) manager module initialized ***
2008-10-14 00:07:11 Load SA Export config SA_EXPORT_ENABLED = 0
2008-10-14 00:07:11 *** Configure SuperAgent export: export disabled
2008-10-14 00:07:11 *** ART Metric Engine post initialization done. ***
2008-10-14 00:07:11 MAIN: dbgport_init: No cfg file!
2008-10-14 00:07:11 MAIN: Offtime LWP = 1382
2008-10-14 00:07:11 RPC: RPC LWP = 1383
2008-10-14 00:16:19 mond: exiting on signal 15.
2008-10-14 00:19:21 mond starting.
2008-10-14 00:19:21 MAIN: Timer LWP = 1570
2008-10-14 00:19:21 MAIN: Timekeeping LWP = 1571
 

show debug metric-engine

メトリックエンジンのログ ファイルを表示するには、 show debug metric-engine コマンドを使用します。

show debug metric-engine

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、メトリックエンジンのログ ファイルを表示する例を示します。

root@nam235Cat6k.cisco.com# show debug metric-engine

show debug online-diag-stats

オンライン診断ステータスのログ ファイルを表示するには、 show debug online-diag-stats コマンドを使用します。

show debug online-diag-stats

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、オンライン診断ステータスのログ ファイルを表示する例を示します。

root@nam235Cat6k.cisco.com# show debug online-diag-stats
Opcode/Subopcode RX TX Description
mgmt port 1 mgmt port 2 data port 1 data port 2
0 0 0 0
root@nam235Cat6k.cisco.com#

show device

ERSPAN、NetFlow、WAAS などのリモート デバイスを表示するには、 show device コマンドを使用します。

show device

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、リモート デバイスを表示する例を示します。

root@localhost# show device

 

show email

電子メール アラーム メッセージまたはスケジューリングされたレポートで使用される電子メールの設定を表示するには、 email コマンドを使用します。

show email

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、電子メールの値を表示する例を示します。

root@localhost# show email
Email
Server: example-email.domain.com
Mail Alarm: enabled
Alarm Recipients: admin@domain.com another_admin@domain.com
root@localhost#
 

 
関連コマンド

device erspan
email

show entity

シリアル番号とエンティティ MIB entPhysicalAlias および entPhysicalAssetID の値を表示するには、 show entity コマンドを使用します。

show entity

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、エンティティの値を表示する例を示します。

root@localhost# show entity
Serial Number : SAD061506JU
Alias :
Asset ID :

 
関連コマンド

entity alias
entity assetid

show ftp

スケジューリングされたレポートの設定を保管するための FTP サーバおよびディレクトリを表示するには、 show ftp コマンドを使用します。

show ftp

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、FTP サーバ設定を表示する例を示します。

root@localhost# show ftp
FTP settings:
Server: my.ftp-server.com
Directory: /my/directory

User: myUserName

show hosts

ホスト エントリを表示するには、 show hosts コマンドを使用します。

show hosts

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、ホスト エントリを表示する例を示します。

Root@localhost# show hosts
# $Id: hosts,v 1.5 2003/08/07 01:47:51 pwildi Exp $
#
127.0.0.1 localhost localhost.localdomain
 
 
10.10.10.2 trifecta-p2c-30.cisco.com trifecta-p2c-30
1.1.1.1 trifecta-p2c-30.cisco.com trifecta-p2c-30
10.0.0.0 trifecta-p2c-30.cisco.com trifecta-p2c-30
 

show inventory

NAM デバイスのシステム インベントリ情報を表示するには、 show inventory コマンドを使用します。

show inventory

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

show inventory コマンドを入力すると、NAM デバイスの UDI を表示できます。この ID 情報は NAM デバイスの不揮発性メモリに保存されます。

PID:デバイスの製品 ID 番号

VID:デバイスのバージョン ID。バージョン番号が使用できない場合は、0 と表示されます。

SN:デバイスのシリアル番号。

次に、システム インベントリ情報の例を示します。

root@nam.cisco.com# show inventory
PID:WS-SVC-NAM-3-K9 VID:v01 SN:SAL1444YBFU
 

show ip

NAM IP パラメータを表示するには、 show ip コマンドを使用します。

show ip

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM IP パラメータを表示する例を示します。

Root@localhost# show ip
IP address: 101.10.11.189
Subnet mask: 255.255.255.255
IP Broadcast: 111.20.255.255
DNS Name: namlab-kom9.cisco.com
Default Gateway: 111.20.98.125
Nameserver(s): 111.69.2.135
HTTP server: Enabled
HTTP secure server: Disabled
HTTP port: 80
HTTP secure port: 443
TACACS+ configured: No
Telnet: Enabled
SSH: Disabled

show license

WAE デバイスにインストールされているライセンスに関する情報を表示します。

show license


) このコマンドは、NAM-1、NAM-2、NME-NAM-80S、NME-NAM-120S、または Cisco NAM 2200 シリーズ アプライアンスには無効です。


 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、NAM 仮想ブレードでのみ有効です。

次に、WAE デバイス用の NAM 仮想ブレードのライセンス情報を表示する例を示します。

Root@localhost# show license
 
 

 
関連コマンド

license install
config upload

show log config

メンテナンス イメージのコンフィギュレーション インポート ログ エントリを表示するには、 show log config コマンドを使用します。

show log config

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、メンテナンス イメージのインポート ログ エントリを表示する例を示します。

Root@localhost# show log config
 

show log patch

パッチ ログ エントリを表示するには、 show log patch コマンドを使用します。

show log patch

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、メンテナンス イメージのインポート ログ エントリを表示する例を示します。

Root@localhost# show log patch

show log report

インポート ログ エントリを表示するには、 show log report コマンドを使用します。

show log report

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、インポート ログ エントリを表示する例を示します。

Root@localhost# show log report
 

 
関連コマンド

show log config

show log upgrade

メンテナンス イメージのアップグレード ログ エントリを表示するには、 show log upgrade コマンドを使用します。

show log upgrade

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、メンテナンス イメージのアップグレード エントリを表示する例を示します。

Root@localhost# show log upgrade
Fri Aug 23 10:32:27 2002 : path: ftp://namlab-pc1/pub/rmon/MP-KPLUS
Fri Aug 23 10:32:27 2002 : file: mp-dev.1-2-0-5.bin
Fri Aug 23 10:32:27 2002 : extn: .gz
Fri Aug 23 10:32:27 2002 : Downloading the image...
Fri Aug 23 10:32:28 2002 : Successfully downloaded the image...
Fri Aug 23 10:32:28 2002 : Uncompressing the image...
Fri Aug 23 10:32:29 2002 : Finished uncompressing the file /tmp/mp-dev.1-2-0-5. bin.gz.
Fri Aug 23 10:32:29 2002 : Successfully uncompressed the image.
Fri Aug 23 10:32:29 2002 : Verifying the image...
Fri Aug 23 10:32:29 2002 : opening file /tmp/mp-dev.1-2-0-5.bin.ver
Fri Aug 23 10:32:30 2002 : Successfully verified the image.
Fri Aug 23 10:32:30 2002 : Partition '/dev/hda1' unmounted.
Fri Aug 23 10:32:30 2002 : Applying the Maintenance image.
Fri Aug 23 10:32:30 2002 : This process may take several minutes...
Fri Aug 23 10:32:30 2002 : Writing mbr...
Fri Aug 23 10:32:30 2002 : Successfully wrote mbr.
Fri Aug 23 10:32:30 2002 : Number of Sectors: 31
Fri Aug 23 10:32:30 2002 : Writing grub and maint image.
Fri Aug 23 10:33:18 2002 : Successfully wrote the maint image.
Fri Aug 23 10:33:18 2002 : Partition '/dev/hda1' mounted.
Fri Aug 23 10:33:18 2002 : Performing post install...
Fri Aug 23 10:33:18 2002 : File /usr/local/nam/falcon_version copied to /mnt/mp /boot/appl/daughter_card.info.
Fri Aug 23 10:33:18 2002 : Maintenance image upgrade completed successfully.

 
関連コマンド

 

 

show memory

インストールされたメモリ、利用可能なメモリ、システムが使用しているメモリを表示するには、 show memory コマンドを使用します。

show memory

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM メモリを表示する例を示します。

Root@localhost# show memory
Installed: 858 MB
Available: 240 MB
System Usage: 617 MB

 
関連コマンド

show cdb

show metric export

メトリック エクスポート コンフィギュレーションを表示するには、 show metric export コマンドを使用します。

show metric export

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、メトリック エクスポート コンフィギュレーションの例を示します。

root@nam.cisco.com# show metric export
Metric export: enabled
Host: 10.0.0.1
Port: 9995
Export non-WAAS traffic: enabled
 

 

show monitor protocol encapsulation

カプセル化設定を表示するには、show monitor protocol encapsulation コマンドを使用します。

show monitor protocol encapsulation

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、カプセル化設定を表示する例を示します。

root@nam.cisco.com# show monitor protocol encapsulation

 
関連コマンド

monitor protocol encapsulation

show monitor protocol all

プロトコル ディレクトリにあるすべてのプロトコルを表示するには、 show monitor protocol all コマンドを使用します。

show monitor protocol all

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、すべての NAM プラットフォームでサポートされます。

次に、すべてのプロトコル コンフィギュレーションを表示する例を示します。

Root@localhost# show monitor protocol all
Control Index: 46232
Data Source: dataport1
Owner: LocalMgr
Status: 1
Root@localhost#

 

show monitor rtp-stream

RTP モニタリングおよびアラームしきい値の設定を表示するには、 show monitor rtp-stream コマンドを使用します。

show monitor rtp-stream

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、RTP ストリーム モニタリングの設定とアラームしきい値を表示する例を示します。

root@localhost# show monitor rtp-stream
root@localhost#
 

show monitor rtp-stream filter

URL 収集コンフィギュレーションを表示するには、 show monitor rtp-stream filter コマンドを使用します。

show monitor rtp-stream filter

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、URL 収集統計情報を表示する例を示します。

root@localhost# show monitor rtp-stream filter
root@localhost#

 
関連コマンド

monitor rtp-stream filter

show monitor urlcollection

URL 収集コンフィギュレーションを表示するには、 show monitor urlcollection コマンドを使用します。

show monitor urlcollection

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、URL 収集統計情報を表示する例を示します。

root@localhost# show monitor urlcollection
root@localhost#

 
関連コマンド

monitor urlcollection

show monitor urlfilter

URL フィルタ コンフィギュレーションを表示するには、 show monitor urlfilter コマンドを使用します。

show monitor urlfilter [ control-index ]

 
構文の説明

control-index

(任意)URL フィルタ コントロール インデックスを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、URL フィルタ コンフィギュレーションを表示する例を示します。

root@localhost# show monitor urlfilter
root@localhost#

 
関連コマンド

monitor urlfilter