Cisco ネットワーク解析モジュール仮想ブレード ユーザ ガイド リリース 4.2
このマニュアルについて
このマニュアルについて
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2010/05/05 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

このマニュアルについて

章の概要

対象読者

表記法

通告

OpenSSL/Open SSL Project

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

このマニュアルについて

このマニュアルでは、ネットワーク解析モジュール Release 4.2 ソフトウェアを Cisco Wide Area Application Services(WAAS)アプライアンスと Cisco Nexus 1010 Virtual Services Appliance で使用する方法について説明します。Cisco NAM VSB(仮想サービス ブレード)ソフトウェアでは、次のプラットフォームをサポートします。

WAVE-574

WAE-674

N1K-C1010

ここでは、次の内容について説明します。

「章の概要」

「対象読者」

「表記法」

「通告」

「OpenSSL/Open SSL Project」

「マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート」

章の概要

このマニュアルは、次の章と付録で構成されています。

第 1 章「Cisco ネットワーク解析モジュール(NAM)仮想サービス ブレード(VSB)の概要」 では、NAM Traffic Analyzer の概要と GUI について説明し、NAM Traffic Analyzer の各種コンポーネントの使用方法について説明します。

第 2 章「ユーザおよびシステム管理」 では、ユーザとシステムの管理作業を実行する方法およびテクニカル サポートを受けるために診断情報を生成する方法について説明します。

第 3 章「アプリケーションのセットアップ」 では、NAM Traffic Analyzer アプリケーションを設定する方法について説明します。

第 4 章「データのモニタリング」 では、各種データを表示およびモニタリングするためのオプションについて説明します。

第 5 章「レポートの作成と表示」 では、NAM によってモニタリングされているネットワーク トラフィックの短期と中期の履歴データを保存および取得できる NAM Traffic Analyzer のレポート機能について説明します。

第 6 章「アラームの表示」 では、上昇データのしきい値、下降データのしきい値、またはその両方に基づいて定義済みの状態を通知するアラームを設定する方法について説明します。しきい値は、NAM MIB、NAM 音声モニタリング、およびスイッチのしきい値について設定できます。

付録 A「トラブルシューティング」 では、NAM Traffic Analyzer の使用中に発生する可能性があるいくつかの一般的な問題をトラブルシューティングする方法について説明します。

付録 B「サポートされている管理情報ベース(MIB)オブジェクト」 では、NAM Traffic Analyzer でサポートされる MIB オブジェクトについて説明します。

対象読者

このマニュアルは、ネットワーク解析モジュール(NAM)を設定して、ネットワーク セグメント上のトラフィックをモニタリングし、問題を予防的に検出する必要があるネットワーク管理者を対象としています。ネットワーク管理者として、次の項目について理解しておく必要があります。

インターネットワーキングで使用される基本的な概念と用語

ネットワーク トポロジとプロトコル

基本的な UNIX コマンドまたは基本的な Windows 操作

表記法

このマニュアルでは、次の表記法を使用しています。

 

項目
表記法

コマンドおよびキーワード

太字

ユーザが値を指定する変数

イタリック体

セッション情報およびシステム情報の表示出力

screen フォント

ユーザが入力する情報

太字の screen フォント

ユーザが入力する変数

イタリック体の screen フォント

メニュー項目およびボタン名

太字

本文中のメニュー項目の選択

[Option] > [Network Preferences]

表中のメニュー項目の選択

[Option] > [Network Preferences]


) 「注釈」です。役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



注意要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。

通告

本ソフトウェア ライセンスに関連する通知内容を以下に示します。

OpenSSL/Open SSL Project

This product includes software developed by the OpenSSL Project for use in the OpenSSL Toolkit ( http://www.openssl.org/ ).

This product includes cryptographic software written by Eric Young (eay@cryptsoft.com).

This product includes software written by Tim Hudson (tjh@cryptsoft.com).

License Issues

The OpenSSL toolkit stays under a dual license, i.e. both the conditions of the OpenSSL License and the original SSLeay license apply to the toolkit. See below for the actual license texts. Actually both licenses are BSD-style Open Source licenses. In case of any license issues related to OpenSSL please contact openssl-core@openssl.org.

OpenSSL License:

Copyright © 1998-2007 The OpenSSL Project. All rights reserved.

Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided that the following conditions are met:

1. Redistributions of source code must retain the copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer.

2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice, this list of conditions, and the following disclaimer in the documentation and/or other materials provided with the distribution.

3. All advertising materials mentioning features or use of this software must display the following acknowledgment: "This product includes software developed by the OpenSSL Project for use in the OpenSSL Toolkit ( http://www.openssl.org/ )".

4. The names "OpenSSL Toolkit" and "OpenSSL Project" must not be used to endorse or promote products derived from this software without prior written permission. For written permission, please contact openssl-core@openssl.org.

5. Products derived from this software may not be called "OpenSSL" nor may "OpenSSL" appear in their names without prior written permission of the OpenSSL Project.

6. Redistributions of any form whatsoever must retain the following acknowledgment:

"This product includes software developed by the OpenSSL Project for use in the OpenSSL Toolkit ( http://www.openssl.org/ )".

THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE OpenSSL PROJECT "AS IS"' AND ANY EXPRESSED OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED. IN NO EVENT SHALL THE OpenSSL PROJECT OR ITS CONTRIBUTORS BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.

This product includes cryptographic software written by Eric Young (eay@cryptsoft.com). This product includes software written by Tim Hudson (tjh@cryptsoft.com).

Original SSLeay License:

Copyright © 1995-1998 Eric Young (eay@cryptsoft.com). All rights reserved.

This package is an SSL implementation written by Eric Young (eay@cryptsoft.com).

The implementation was written so as to conform with Netscapes SSL.

This library is free for commercial and non-commercial use as long as the following conditions are adhered to. The following conditions apply to all code found in this distribution, be it the RC4, RSA, lhash, DES, etc., code; not just the SSL code. The SSL documentation included with this distribution is covered by the same copyright terms except that the holder is Tim Hudson (tjh@cryptsoft.com).

Copyright remains Eric Young's, and as such any Copyright notices in the code are not to be removed. If this package is used in a product, Eric Young should be given attribution as the author of the parts of the library used. This can be in the form of a textual message at program startup or in documentation (online or textual) provided with the package.

Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided that the following conditions are met:

1. Redistributions of source code must retain the copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer.

2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer in the documentation and/or other materials provided with the distribution.

3. All advertising materials mentioning features or use of this software must display the following acknowledgement:

"This product includes cryptographic software written by Eric Young (eay@cryptsoft.com)".

The word 'cryptographic' can be left out if the routines from the library being used are not cryptography-related.

4. If you include any Windows specific code (or a derivative thereof) from the apps directory (application code) you must include an acknowledgement: "This product includes software written by Tim Hudson (tjh@cryptsoft.com)".

THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY ERIC YOUNG "AS IS" AND ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED. IN NO EVENT SHALL THE AUTHOR OR CONTRIBUTORS BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.

The license and distribution terms for any publicly available version or derivative of this code cannot be changed.i.e. this code cannot simply be copied and put under another distribution license [including the GNU Public License].

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。