Cisco ネットワーク解析モジュール仮想ブレード ユーザ ガイド リリース 4.2
アラームの表示
アラームの表示
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2010/05/05 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

アラームの表示

NAM しきい値アラームの表示

アラームの表示

アラームとは、上昇データのしきい値、下降データのしきい値、またはその両方に基づいてあらかじめ定義された条件です。使用率の上昇、サーバ アプリケーション応答の遅延、音声品質の低下などの、さまざまなネットワーク パラメータに関してしきい値とアラームを設定でき、潜在的な問題にアラートを生成できます。


) NAM 4.1 はすべてのアラーム機能に対して IPv6 をサポートします。


図 6-1 [Alarms] ウィンドウ

 


) NAM-1 デバイスおよび NAM-2 デバイスは、管理デバイスに代わる第 2 のオプションとして、Chassis をリストに示し、Catalyst 6000 シリーズ スイッチ、Catalyst 6500 シリーズ スイッチ、および Cisco 7600 シリーズ ルータによって生成されるアラームを実行します。


設定できる項目は次のとおりです。

SNMP トラップ コミュニティ ストリングに基づくアラーム イベント

詳細については、「アラーム イベントの設定」を参照してください。

事前選択の変数リストからユーザが選択したパラメータに基づいたアラームしきい値

詳細については、「アラームしきい値の設定」を参照してください。


) NAM でアラームおよびイベント テーブルを設定することで、外部 SNMP マネージャを使用して NAM MIB 変数のしきい値を設定できます。


Syslog メッセージは、MIB しきい値イベントまたはシステム アラートに対して作成されます。

NAM しきい値アラームの表示

[NAM Threshold Alarms] ウィンドウに、NAM MIB しきい値および NAM 音声管理しきい値に対する、すべてのしきい値超過イベントが表示されます。


ステップ 1 [Alarms] > [NAM] を選択します。

ステップ 2 「NAM しきい値アラーム」 ウィンドウ( 表 6-1 )が表示されます。

 

表 6-1 NAM しきい値アラーム

フィールド
説明

[Date]

アラームの発生日付

[Time]

アラームの発生時刻

[Description]

アラームの説明

[Variable]

トリガーされたアラーム変数

[Alarm Value]

アラームの値

[Message]

アラーム メッセージ

ステップ 3 画面をクリアするには、[Clear] をクリックします。


 


ヒント 自動リフレッシュをオフにするには、[Auto Refresh] チェックボックスをオフにします。