Network Analysis Module Traffic Analyzer Release 3.6 ユーザ ガイド
索引
A
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

A

Applications Cumulative Data テーブル、使用  4-12, 4-17

収集したパケット数とバイト数  4-12, 4-17

詳細  4-18

Applications Current Rates テーブル、使用  4-9, 4-14

アプリケーション プロトコル データのキャプチャ  4-11, 4-15

特定のプロトコルの詳細、表示  4-10, 4-15

リアルタイム データ、表示  4-11, 4-16

レポート  4-11, 4-16

Applications TopN Chart、使用  4-11, 4-16

ART  4-69

C

Capture Analysis

ドリル ダウン  6-16

Catalyst 6500 の NAM のバージョン  3-8

Client/Server Response Time Top N Chart、使用  4-77

Client/Server Response Time テーブル、使用  4-74

詳細  4-76, 4-79

データ、キャプチャ  4-76, 4-79

レポート  4-76, 4-79

D

Diagnostics Tech Support ウィンドウ(図)  2-27

Differentiated Services レポート

作成  5-4

DiffServ Application Statistics Cumulative Data テーブル、使用  4-61

DiffServ Application Statistics Current Rates テーブル、使用  4-58

アプリケーション会話の詳細  4-59

グラフ形式のリアルタイムの統計情報  4-59

レポート  4-60

DiffServ Application Statistics Top N Chart、使用  4-60

DiffServ Host Statistics Cumulative Data テーブル、使用  4-65

DiffServ Host Statistics Current Rates テーブル、使用  4-62

ホスト会話の詳細  4-63

リアルタイム データをグラフ形式で  4-63

レポート  4-64

DiffServ Host Statistics Top N Chart、使用  4-64

DiffServ Traffic Statistics Cumulative Data テーブル、使用  4-58

DiffServ Traffic Statistics Current Rates テーブル、使用  4-55

DiffServ Traffic Statistics Top N Chart、使用  4-57

DiffServ Traffic Statistics テーブル、使用

リアルタイム トラフィック統計情報をグラフ形式で  4-56

レポート  4-57

DiffServ データ、表示  4-55

アプリケーション会話の詳細  4-59

特定のアプリケーション プロトコルのリアルタイム トラフィック  4-59

特定の集約グループのリアルタイム トラフィック  4-56

特定のホストのリアルタイム データ  4-63

ホスト会話の詳細  4-63

役立つテーブルとチャート

DiffServ Application Statistics Cumulative Data テーブル  4-61

DiffServ Application Statistics Current Rates テーブル  4-58

DiffServ Application Statistics Top N Chart  4-60

DiffServ Host Statistics Cumulative Data テーブル  4-65

DiffServ Host Statistics Current Rates テーブル  4-62

DiffServ Host Statistics Top N Chart  4-64

DiffServ Traffic Statistics Cumulative Data テーブル  4-58

DiffServ Traffic Statistics Current Rates テーブル  4-55

DiffServ Traffic Top N Chart  4-57

レポート

Application Statistics  4-60

Host Statistics  4-64

Traffic Statistics  4-57

DiffServe プロファイル、管理

削除  3-41, 3-50

作成  3-40, 3-49

セットアップ  3-40

編集  3-41, 3-50

Drill-Down ボタン  6-16

DSMON のデータ収集、セットアップ  3-39

E

E メール アラーム  3-67

H

H.323

音声アラーム  3-60

音声監視  3-37

HTTPS/セキュリティ証明書、トラブルシューティング  A-21

I

Interface Stats Current Rates テーブル、使用  4-82, 4-98

Interface Top N Chart、使用  4-86

IP ホスト名の解決、応答時間の低下、トラブルシューティング  3-68

L

LastN Calls テーブル、通話の詳細の表示  4-25

M

MAC ステーション、データの監視

TopN  4-38

現在のレート  4-37

累積  4-40

MAC ステーションの会話、監視

TopN  4-46

現在のレート  4-46

累積  4-48

MGCP

音声アラーム  3-60

音声監視  3-37

MGCP ゲートウェイ、表現方法  4-24

Monitor Overview チャート、表示  4-6

MPLS インポート ログ  3-33

MPLS トラフィック統計情報  4-101

N

NAM

MIB アラームしきい値

削除  3-60

作成  3-57

設定  3-56

編集  3-59

MIB アラーム変数、選択  3-57

SNMP システム グループ、設定と表示  2-12

コミュニティ ストリング、使用  2-13

削除  2-14

作成  2-13

システム時刻、設定  2-14

NTP サーバによる設定  2-15

スイッチまたはルータとの同期  2-15

スイッチの日付/時刻の同期、~と、トラブルシューティング  A-18

トラップ

削除  3-67

作成  3-66

設定  3-66

編集  3-66

バージョン  3-8

リスニング モード、使用  3-24

NAM Traffic Analyzer の GUI、ナビゲート  1-2

NAM Traffic Analyzer の概要  1-1

GUI  1-2

アラーム ログ  7-1

データ ソース  4-2

データ収集  4-2

ナビゲーションおよび制御要素  1-4

ユーザ インターフェイス コンポーネント  1-3

NAM Traffic Analyzer の設定  3-1

コミュニティ スイッチ ストリング、設定と表示  3-26

データ ソース、セットアップ  3-8

データ収集、セットアップ  3-34

DiffServe プロファイル、セットアップ  3-40

DSMON データ、監視  3-39

応答時間データ、監視  3-37

音声データ、収集  3-36

コア データ、収集  3-34

トラフィック、スパニング用の方向指定  3-8

NDE の収集タイプ(表)  3-9

NetFlow インターフェイス、~について  3-13

NetFlow デバイス、管理  3-19

NetFlow、デバイスでの設定  3-15

NetFlow レコード、~について  3-14

SPAN セッションの削除  3-13

SPAN セッションの作成  3-10

SPAN セッションの編集  3-12

SPAN ソース(表)  3-9

VACL、LAN の VLAN での設定  3-18

VACL、WAN インターフェイスでの設定  3-17

カスタム NetFlow データ ソース、作成  3-21

トラフィックの方向指定の方法(表)  3-8

リスニング モード、使用  3-24

ルータのパラメータ、表示  3-7

NAM Traffic Manager のアカウント、管理  1-6

NDE フロー マスク、と V8 集約キャッシュ  4-5

NetFlow

インターフェイス、~について  3-13

監視の問題、トラブルシューティング  A-11

データ ソース、管理

NetFlow デバイス、選択  3-22

インターフェイス、選択  3-22

削除  3-23

作成  3-21

ソース情報、確認  3-23

編集  3-23

デバイス、管理  3-19

削除  3-20

作成  3-19

テスト  3-21

編集  3-20

デバイスでの設定  3-15

Catalyst OS  3-16

Cisco IOS  3-15

NDE v8 集約  3-16

NDE のエクスポート  3-17

デバイス スロットにある NAM  3-17

マルチレイヤ スイッチングのキャッシュ  3-15

レコード、~について  3-14

NetFlow データ ソース情報の確認  3-23

NetFlow デバイスのテスト  3-21

NFS サーバ

キャプチャ データ ストレージの設定  2-18

NM-NAM デバイス

Router Parameters オプション、および  1-6

VLAN データ、および  1-7

サポートされている NAM のバージョン  3-8

P

Port Stats Current Rates テーブル、使用  4-81

詳細  4-83, 4-99

リアルタイム データをグラフ形式で  4-83

レポート  4-84

Port Stats Top N Chart、使用  4-84, 4-99

詳細  4-89

累積データ  4-87, 4-100

R

Refresh ボタン

SPAN セッションの作成  3-11

RMON

ログ テーブル、表示  7-3

S

SCCP

音声アラーム  3-60

音声監視  3-37

Server Response Time Top N Chart、使用  4-73

Server Response Time テーブル、使用

詳細  4-72

データ、キャプチャ  4-73

レポート  4-70, 4-73

SIP

音声アラーム  3-60

音声監視  3-37

SNMP

トラブルシューティング  A-22

SPAN

関連する問題、トラブルシューティング  A-7

セッション

削除  3-13

作成  3-10

編集  3-12

syslog アラームしきい値、セットアップ  3-61

System Config Log  5-19

T

TAC(Technical Assistance Center)

(「トラブルシューティング」も参照)  A-1

TACACS+

サーバ、NAM サポートの設定  2-7

秘密鍵、必要なこと  2-7

認証と認可、規定  2-5

TopN レポート  5-18

V

V8 集約キャッシュ、と NDE フロー マスク  4-5

VACL、設定

LAN の VLAN  3-18

WAN インターフェイス  3-17

VC 統計情報  4-102

VLAN Priority (COS) Statistics

Cumulative Data テーブル、使用  4-54

Current Rates テーブル、使用  4-52

TopN Chart、使用  4-53

VLAN Traffic Statistics

Cumulative Data テーブル、使用  4-51

Current Rates テーブル、使用  4-49

TopN Chart、使用  4-50

VLAN データ、表示  4-49

VLAN ID ごとの累積データ  4-51

データ ソースごとのユーザ プライオリティ分布

現在のレート  4-52

累積  4-54

役立つテーブルとチャート

VLAN Priority (COS) Statistics Cumulative Data テーブル  4-54

VLAN Priority (COS) Statistics Current Rates テーブル  4-52

VLAN Priority (COS) Statistics Top N Chart  4-53

VLAN Traffic Statistics Cumulative Data テーブル  4-51

VLAN Traffic Statistics Current Rates テーブル  4-49

VLAN Traffic Statistics Top N Chart  4-50

ユーザ プライオリティ分布をグラフ形式で  4-53

レポート  4-50

VLAN レポート

作成  5-4

VPN ルーティング/転送テーブル  3-28

VRF 統計情報  4-102

W

WAN インターフェイス  3-27

WS-SVC-NAM-1  3-8

WS-SVC-NAM-2  3-8

アドレス フィルタ、使用したキャプチャ設定  6-8

アプリケーション データ、表示  4-9

アプリケーション プロトコル、データのキャプチャ  4-11, 4-15

収集したパケット数とバイト数

プロトコルごと  4-9, 4-14

累積  4-12, 4-17

詳細

プロトコルごと  4-10, 4-15

累積  4-18

役立つテーブルとチャート

Applications Cumulative Data テーブル  4-12, 4-17

Applications Current Rates テーブル  4-9, 4-14

ApplicationsTopN Chart  4-11, 4-16

リアルタイム データをグラフ形式で  4-11, 4-16

レポート

Application テーブルのレポート  4-11, 4-16

Application レポート、作成  5-4

アプリケーション応答時間レポート

作成  5-4

アラーム

E メール アドレス  3-67

アラーム、表示  7-1

NAM ログ、表示  7-2

アラーム ログ、概要  7-1

スイッチ ログ、表示  7-3

アラームしきい値、設定  3-56

NAM MIB 変数、選択  3-57

NAM の MIB しきい値  3-56

削除  3-60

作成  3-57

編集  3-59

syslog、セットアップ  3-61

音声しきい値  3-60

スイッチしきい値  3-63

削除  3-65

作成  3-63

編集  3-65

イネーブル化

監査証跡  3-69

イメージのアップグレード、トラブルシューティング  A-16

インターフェイス データ、表示

詳細  4-89

エラー メッセージ(「トラブルシューティング」を参照)  A-18

応答時間データ、表示  4-67

詳細

クライアント/サーバ  4-76, 4-79

サーバ  4-72

役立つテーブルとチャート

Client/Server Response Time Top N Chart  4-77

Client/Server Response Time テーブル  4-74

Server Response Time Top N Chart  4-73

レポート

クライアント/サーバ  4-76, 4-79

サーバ  4-70, 4-73

応答時間データの収集、管理

削除  3-39

作成  3-38

セットアップ  3-37

編集  3-38

音声アラーム  3-60

音声アラームしきい値、設定  3-60

音声監視  3-37

音声監視、トラブルシューティング  A-24

音声データ

収集  3-36

表示  4-19

アクティブな通話  4-30

音声プロトコルの概要  4-22

既知の電話機  4-24

回復、パスワードの  2-2

会話データ、表示  4-41

MAC ステーション会話で収集されたパケット数とバイト数  4-46

TopN ホスト会話のパケット数とバイト数  4-44

ホスト会話ごとのパケット数とバイト数  4-41

詳細  4-42

データのキャプチャ  4-43

リアルタイム トラフィック統計情報をグラフ形式で  4-43

レポート  4-43

ホスト会話ごとの累積データ  4-45

役立つテーブルとチャート

MAC Conversations Top N Chart  4-46

MAC Station Conversations Cumulative Data テーブル  4-48

Network Host Conversations Cumulative Data テーブル  4-45

Network Host Conversations Current Rates テーブルの表示  4-41

Network Host Conversations Top N Chart  4-44

カスタム キャプチャ  6-21

カスタム キャプチャ フィルタ

管理

削除  6-24

作成  6-21

セットアップ  6-21

編集  6-24

作成  6-21

使用方法  6-10

カスタム デコード フィルタ、管理

削除  6-28

作成  6-25

セットアップ  6-25

編集  6-28

カスタム フィルタ  6-21

カスタム レポート  5-21

新しいフォルダの作成  5-22

削除  5-22

表示  5-22

別のフォルダへの移動  5-23

編集  5-22

仮想回線  3-28

監査証跡  2-23

監査証跡の表示  2-23

監視

アプリケーション応答時間  4-69

管理(「システム管理」を参照)  2-1

キャプチャ データ

ストレージ  2-17

キャプチャ ファイル

Analyze ボタン  6-16

共通のナビゲーションおよび制御要素(表)  1-4

グローバル プリファレンス、設定  3-68

コア データ、収集  3-34

コア モニタリング

スイッチ  3-35

ルータ  3-35

コミュニティ スイッチ ストリング、設定と表示  3-26

削除

DiffServe プロファイル  3-41, 3-50

NAM Traffic Analyzer アカウント  1-6

NAM トラップ  3-67

NAM の MIB しきい値  3-60

NetFlow デバイス  3-20

SPAN セッション  3-13

カスタム NetFlow データ ソース  3-23

カスタム キャプチャ フィルタ  6-24

カスタム デコード フィルタ  6-28

カスタム レポート  5-22

基本レポート  5-20

スイッチしきい値  3-65

プロトコル  3-48

作成

NAM Traffic Analyzer アカウント  1-6

NAM トラップ  3-66

NetFlow デバイス  3-19

SPAN セッション  3-10

カスタム NetFlow データ ソース  3-21

NetFlow デバイス、選択  3-22

インターフェイス、選択  3-22

データ ソース、削除  3-23

データ ソース、編集  3-23

データ ソース情報、確認  3-23

カスタム キャプチャ フィルタ  6-21

カスタム デコード フィルタ  6-25

カスタム レポート  5-21

基本レポート  5-4

スイッチしきい値  3-63

プロトコル  3-46

システム アラート  2-23

キャプチャ  2-26

表示  2-23

システム イベント  5-19

システム イベント ログ

表示  5-19

システム管理  2-1

システム リソース、表示  2-10

システム管理作業の概要  2-10

NAM SNMP システム グループ、設定と表示  2-12

NAM コミュニティ ストリング、使用  2-13

NAM システム時刻、設定  2-14

システム リソース、表示  2-10

ネットワーク パラメータ、設定と表示  2-11

診断、テクニカル サポートのための生成  2-23

ユーザ管理作業の概要  2-2

TACACS+ サーバ、NAM サポートの設定  2-7

TACACS+ 認証と認可、規定  2-5

User Sessions テーブル、表示  2-9

定義済みの NAM ユーザ アカウント、変更  2-3

パスワード、回復  2-2

ユーザ、削除  2-5

ユーザ、新規作成  2-3

ユーザ、編集  2-4

ユーザの特権(表)  2-2

収集(「データ収集」の「セットアップ」を参照)  1-6

診断、生成  2-23

システム アラート、キャプチャ  2-26

システム アラート、表示  2-23

設定情報、監視とキャプチャ  2-25

診断エラー メッセージ(「トラブルシューティング」を参照)  A-18

スイッチ

NAM の日付/時刻の同期の問題、~と、トラブルシューティング  A-18

アラームしきい値

削除  3-65

作成  3-63

設定  3-63

編集  3-65

アラームとポート統計情報の問題、トラブルシューティング  A-10

スイッチ ポート レポート

作成  5-4

スケジュールされたレポート  5-24

スパニング、トラフィックの方向指定  3-8

NDE の収集タイプ(表)  3-9

NetFlow デバイス、管理  3-19

削除  3-20

作成  3-19

テスト  3-21

編集  3-20

NetFlow、デバイスでの設定  3-15

Catalyst OS  3-16

Cisco IOS  3-15

NDE v8 集約  3-16

NDE のエクスポート  3-17

デバイス スロットにある NAM  3-17

マルチレイヤ スイッチングのキャッシュ  3-15

SPAN セッション

削除  3-13

作成  3-10

編集  3-12

SPAN ソース(表)  3-9

VACL、設定

LAN の VLAN  3-18

WAN インターフェイス  3-17

カスタム NetFlow データ ソース、作成  3-21

NetFlow デバイス、選択  3-22

インターフェイス、選択  3-22

データ ソース、削除  3-23

データ ソース、編集  3-23

データ ソース情報、確認  3-23

方法(表)  3-8

リスニング モード、使用  3-24

スパニング、トラブルシューティング  A-8

スパニング用のトラフィックの方向指定  3-8

NDE の収集タイプ(表)  3-9

NetFlow デバイス、管理  3-19

削除  3-20

作成  3-19

テスト  3-21

編集  3-20

NetFlow、デバイスでの設定  3-15

Catalyst OS が稼動するデバイス  3-16

Cisco IOS が稼動するデバイス  3-15

NDE v8 の集約をサポートするデバイス  3-16

NDE のエクスポートをサポートするデバイス  3-17

vi 集約をサポートするデバイス  3-16

デバイス スロットにある NAM  3-17

マルチレイヤ スイッチングのキャッシュをサポートするデバイス  3-15

SPAN セッション

削除  3-13

作成  3-10

編集  3-12

SPAN ソース(表)  3-9

VACL、LAN の VLAN での設定  3-18

VACL、WAN インターフェイスでの設定  3-17

カスタム NetFlow データ ソース、作成  3-21

NetFlow デバイス、選択  3-22

インターフェイス、選択  3-22

データ ソース、削除  3-23

データ ソース、選択  3-23

データ ソース、編集  3-23

データ ソース情報、確認  3-23

方法(表)  3-8

リスニング モード、使用  3-24

設定

NAM SNMP システム グループ  2-12

アラームしきい値  3-56

NAM の MIB しきい値  3-56

syslog  3-61

音声しきい値  3-60

スイッチしきい値  3-63

コミュニティ スイッチ ストリング  3-26

ネットワーク パラメータ  2-11

対象読者、このマニュアルの  xiv

注意

意味  xiv

~について

NAM コミュニティ ストリング、削除  2-14

スイッチのストリングとリード/ライト コミュニティ ストリングが一致  3-26

ローカル データベース Web ユーザ、すべてを削除  A-3

データ ソース

コア モニタリング  3-35

持続性  4-8

データ ソース、概要  4-2

NDE フロー マスク、と V8 集約キャッシュ  4-5

複数の収集、設定  4-3

プロトコル自動検出  4-5

データ ソース、セットアップ  3-8

データ収集

概要  4-2

セットアップ  3-34

DiffServe プロファイル データ  3-40

DSMON データ  3-39

応答時間データ  3-37

音声データ  3-36

コア データ収集  3-34

データソース

サポートされる最大数  3-27

データの監視  4-1

DSMON  3-39

Monitor Overview チャート、表示  4-6

アプリケーション  4-9

アプリケーション プロトコルごとのパケット数とバイト数  4-9, 4-14

リアルタイム データをグラフ形式で  4-11, 4-16

レポート  4-11, 4-16

応答時間  3-37

データ収集、削除  3-39

データ収集、作成  3-38

データ収集、編集  3-38

音声  4-19

アクティブな通話  4-30

音声プロトコルの概要  4-22

既知の電話機  4-24

データ ソース、概要  4-2

NDE フロー マスク、と V8 集約キャッシュ  4-5

複数の収集、設定  4-3

プロトコル自動検出  4-5

データ収集、概要  4-2

ホスト  4-32

MAC ステーション  4-38

累積データ  4-37

データのキャプチャ  6-1

アプリケーション プロトコル  4-11, 4-15

応答時間  4-76, 4-79

カスタム キャプチャ フィルタ、セットアップ  6-21

削除  6-24

作成  6-21

編集  6-24

カスタム デコード フィルタ、セットアップ  6-25

削除  6-28

作成  6-25

編集  6-28

キャプチャ バッファ

データの表示  1-8

ファイルへのダウンロード  6-15

キャプチャ設定、構成  6-3

アドレス フィルタの使用  6-8

カスタム フィルタの使用  6-10

プロトコル フィルタの使用  6-9

クライアント/サーバ応答時間  4-76, 4-79

サーバの応答時間  4-73

サーバの詳細  4-73

ネットワーク ホストの現在のレート  4-35

パケット デコード情報、表示  6-11

プロトコル デコード情報、表示  6-14

ホスト会話  4-43

データ不一致、トラブルシューティング  A-20

テクニカル サポート、取得

診断、生成  2-23

システム アラート、キャプチャ  2-26

システム アラート、表示  2-23

設定情報、監視とキャプチャ  2-25

(「トラブルシューティング」も参照)  A-1

統計情報

VRF/VC の表示  4-102

トラブルシューティング  A-1

HTTPS/セキュリティ証明書の問題  A-21

NAM とスイッチの日付/時刻の同期の問題  A-18

NetFlow 監視の問題  A-11

SNMP の問題  A-22

SPAN に関連する問題  A-7

Web ブラウザの応答時間と表示の問題  A-17

イメージの アップグレードおよびパッチの問題  A-16

応答時間の低下  3-68

音声監視の問題  A-24

診断エラー メッセージの問題  A-18

スイッチ アラームとポート統計情報の問題  A-10

スイッチ、通信できない  3-26

データ不一致の問題  A-20

パケットのキャプチャとスパニングの問題  A-8

プロトコル サポートの問題  A-23

ホスト名解決の問題  A-19

ユーザ名とパスワードの問題  A-3

すべてのローカル データベース Web ユーザの削除に関する注意  A-3

レポートの問題  A-15

ログインの問題  A-5

ナビゲーションおよび制御要素  1-4

ネームサーバ、応答時間の低下、トラブルシューティング、  3-68

ネットワーク トラフィック データ、保存および取得  1-8

ネットワーク トラフィック データ履歴、保存および取得  1-8

ネットワーク パラメータ、設定と表示  2-11

ネットワーク ホスト データのチャートとテーブル、使用

Network Host Current Rates

グラフ形式のリアルタイムの統計情報  4-35

Network Host Conversations Cumulative Data テーブル、使用  4-45

Network Host Current Rates  4-35

詳細  4-33

特定のホストのデータ、キャプチャ  4-35

Network Host TopN Chart  4-36

ハードウェア、NAM 組み込み、およびCatalyst 6000 および 6500 シリーズ スイッチ  1-1

Cisco 2600、3660、および 3700 シリーズ ルータ  1-1

パケットのキャプチャ、トラブルシューティング  A-8

パスワード、回復  2-2

パッチ、トラブルシューティング  A-16

表記法、このマニュアルで使用されている  xiv

表示

DiffServ データ  4-55

ホスト会話の詳細  4-63

ホスト統計情報  4-64

リアルタイム データをグラフ形式で  4-63

リアルタイム トラフィック統計情報をグラフ形式で  4-56

レポート  4-57

MAC ステーション会話ごとのパケット数とバイト数  4-48

Monitor Overview チャート  4-6

MPLS トラフィック統計情報  4-101

NAM SNMP システム グループ  2-12

NAM の MIB アラームの詳細  3-59

NAM ログ  7-2

RMON ログ テーブル  7-3

TopN MAC ステーション会話で収集されたパケット数とバイト数  4-46

User Sessions テーブル  2-9

VLAN データ  4-49

TopN VLAN ID ごとに収集、グラフ形式で  4-50

VLAN ID ごとの累積データ  4-51

データ ソースごとのユーザ プライオリティ分布  4-52, 4-54

ユーザ プライオリティ分布をグラフ形式で  4-53

レポート  4-50

アクティブな通話データ  4-30

アプリケーション データ  4-9

キャプチャ、特定のプロトコル  4-11, 4-15

収集したパケット数とバイト数  4-12, 4-17

特定のプロトコルの詳細  4-18

リアルタイム データをグラフ形式で  4-11, 4-16

レポート  4-11, 4-16

アラーム  1-9

応答時間データ  4-67

クライアント/サーバ  4-76, 4-79

クライアント/サーバの詳細  4-76, 4-79

サーバ  4-70, 4-73

サーバの詳細  4-72

音声データ  4-19

アクティブな通話  4-30

音声プロトコルの概要  4-22

既知の電話機  4-24

会話データ  4-41

ホスト会話ごとのパケット数とバイト数  4-41

カスタム レポート  5-22

キャプチャ バッファ データ  1-8

コミュニティ スイッチ ストリング  3-26

システム アラート  2-23

システム リソース  2-10

スイッチ

ログ  7-3

ネットワーク トラフィック データ  1-8

ネットワーク パラメータ  2-11

ポート統計情報データ  4-81, 4-90

詳細  4-83, 4-99

リアルタイム データをグラフ形式で  4-83

累積  4-87, 4-100

レポート  4-84

ホスト データ  4-32

MAC ステーションの現在のレート  4-37

グラフ形式のリアルタイムの統計情報  4-35

直前のインターバルで収集  4-32

特定のホスト、キャプチャ  4-35

累積 MAC ステーション データ  4-40

レポート  4-35

ルータ パラメータ  3-7

レポート  1-8

フィルタリング

監査証跡  2-24

フォルダ、カスタム レポートの移動  5-23

ブラウザの応答時間と表示、トラブルシューティング  A-17

プロトコル サポート、トラブルシューティング  A-23

プロトコル ディレクトリ

管理

プロトコルの削除  3-48

プロトコルの作成  3-46

プロトコルの編集  3-47

セットアップ  3-45

プロトコル データ、キャプチャ

クライアント/サーバ データ  4-76, 4-79

サーバ データ  4-73

プロトコル フィルタ、キャプチャ設定  6-9

ヘルプ

診断、テクニカル サポートのための生成  2-23

システム アラート、キャプチャ  2-26

システム アラート、表示  2-23

設定情報、監視とキャプチャ  2-25

(「トラブルシューティング」も参照)  A-1

編集

DiffServe プロファイル  3-41, 3-50

NAM Traffic Analyzer アカウント  1-6

NAM トラップ  3-66

NAM の MIB しきい値  3-59

NetFlow デバイス  3-20

SPAN セッション  3-12

カスタム キャプチャ フィルタ  6-24

カスタム デコード フィルタ  6-28

カスタム レポート  5-22

スイッチしきい値  3-65

プロトコル  3-47

ポート統計情報データ、表示  4-81, 4-90

詳細  4-83, 4-99

役立つテーブルとチャート

Interface Stats Current Rates テーブル  4-82, 4-98

Interface Stats Top N Chart  4-86

Port Stats Current Rates テーブル  4-81

Port Stats Top N Chart  4-84, 4-99

リアルタイム データをグラフ形式で  4-83

累積データ  4-87, 4-100

レポート  4-84

ポート統計情報の問題、トラブルシューティング  A-10

ホスト データ、表示  4-32

MAC ステーションの累積データ  4-40

Network Hosts テーブルのレポート  4-35

TopN MAC ステーションのデータ  4-38

グラフ形式のリアルタイムの統計情報  4-35

詳細  4-33

特定のホストのデータ、キャプチャ  4-35

ホスト会話レポート

作成  5-4

ホストごとの累積データ  4-37

役立つテーブルとチャート

MAC Stations Current Rates テーブル  4-37

MAC Stations Top N Chart  4-38

Network Hosts Cumulative Data テーブル  4-37

Network Hosts Current Rates テーブル  4-32

Network Hosts Top N Chart  4-36

ホスト名解決、トラブルシューティング  A-19

マニュアル

使用されている表記法  xiv

対象読者  xiv

表記法  xiv

ユーザ

Sessions テーブル、表示  2-9

Users テーブル(図)  2-3

管理(「システム管理」を参照)  2-1

特権(表)  2-2

ユーザ名とパスワードの問題、トラブルシューティング  A-3

リアルタイム データ表示、設定  1-7

リスニング モード(NAM)、使用  3-24

ルータ パラメータの表示  3-7

レポート

TopN  5-18

アクセス  1-8

エラー状態  5-19

カスタム

削除  5-22

作成  5-21

表示  5-22

フォルダ間の移動  5-23

編集  5-22

基本レポートのタイプの管理  5-2

イネーブル化  5-20

削除  5-20

作成  5-4

ディセーブル化  5-20

テーブル、表示  5-17

名前の変更  5-20

削除  5-20

カスタム  5-22

基本  5-20

作成  5-1

カスタム  5-21

基本  5-4

ディセーブル化  5-20

トラブルシューティング  A-15

表示  5-1

カスタム レポート  5-22

レポートのエクスポート

スケジューリング  5-24

編集  5-26

レポートの詳細

表示  5-18

レポート名の変更  5-20

連続キャプチャ  6-5

ログ

MPLS インポート  3-33

ログイン

トラブルシューティング  A-5