Cisco Network Analysis Module アプライアンス インストレーション/コンフィギュレーション ノート 5.1(2220)
ハードウェア オプションの取り付けと交換
ハードウェア オプションの取り付けと交換
発行日;2012/07/23 | 英語版ドキュメント(2011/08/04 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

ハードウェア オプションの取り付けと交換

はじめに

正しく取り付けるための準備

交換の完了

現場交換可能ユニット

XFP トランシーバ モジュールの取り付けと交換

XFP の装着

XFP の交換

ハード ディスク ドライブの取り外しおよび交換

ハード ディスクの設定

ハード ディスク ドライブの交換

RAID1 ディスク ドライブの交換

RAID0 ディスク ドライブの交換

電源装置の取り付けまたは交換

冗長電源の交換

非冗長電源の交換

新しい冗長電源の追加

2 支柱ラックへの の搭載

2 支柱ラックマウント ハードウェア キット

2 支柱ラックのミッドマウント

アプライアンスへの L 字金具の取り付け

アプライアンスのラックへの取り付け

ハードウェア オプションの取り付けと交換

この章では、Cisco NAM 2220 アプライアンスのハードウェア コンポーネントおよび現場交換可能ユニット(FRU)の取り付けおよび交換方法について説明します。

この手順は、電子デバイスのハードウェア コンポーネントの取り付け、交換、取り外しの経験があり、Cisco NAM 2220 アプライアンスに精通している技術者を対象としています。この章は、設置場所の計画者、ネットワーク管理者、および設備メンテナンス担当者にとっても有益です。

この章の内容は、次のとおりです。

「はじめに」

「現場交換可能ユニット」

「XFP トランシーバ モジュールの取り付けと交換」

「XFP の装着」

「XFP の交換」

「ハード ディスク ドライブの取り外しおよび交換」

「ハード ディスクの設定」

「ハード ディスク ドライブの交換」

「電源装置の取り付けまたは交換」

「冗長電源の交換」

「非冗長電源の交換」

「2 支柱ラックへの Cisco NAM 2220 アプライアンスの搭載」

はじめに

開始する前に、アプライアンスに付属の『 Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco NAM 2200 Series Appliance 』を参照してください。次の URL にこのマニュアルのオンライン ドキュメントがあります。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps10113/prod_installation_guides_list.html


警告 この装置の設置、交換、またはメンテナンスは、訓練を受けた相応の資格のある人が行ってください。ステートメント 1030



) 取り付けまたは取り外し作業の順番は異なる場合があります。この章では、取り付けまたは取り外しのためのベスト プラクティスを構成する順に作業を示します。


この章で示す左および右の方向は、設置者から見た左および右を意味します。これらの方向は、アプライアンスに正対して取り付けまたは取り外しを行うことを指します。

正しく取り付けるための準備

Cisco NAM 2220 アプライアンスのハードウェア コンポーネントの取り付けおよび交換は複数の手順で行い、手順のほとんどはここに記載されている順に行う必要があります。各項では、その次の項の作業の基になる作業の関連グループ 1 つについて説明します。

交換の完了

FRU の交換を完了するには、すべての外部ケーブルおよび AC 電源コードを再接続して、NAM アプライアンスの電源を投入します。

現場交換可能ユニット

表 4-1 に、Cisco NAM 2220 アプライアンスの FRU およびハードウェア オプションを示します。

 

表 4-1 Cisco NAM 2220 アプライアンスの FRU

説明
シスコの予備部品の番号
メモ

Cisco NAM 2220 アプライアンス

NAM2220

 

XFP、10GE、ショート レンジ

XFP-10GBASE-SR

「XFP トランシーバ モジュールの取り付けと交換」を参照してください。

XFP、10GE、ロング レンジ

XFP-10GBASE-LR

ハード ディスク ドライブ、146 GB

NAM2220-HDD-6X146G

「ハード ディスク ドライブの取り外しおよび交換」を参照してください。

AC 冗長電源

NAM2220-AC-PS(=)

「電源装置の取り付けまたは交換」を参照してください。

4 支柱レール キット

NAM2220-RAILS=

「4 支柱ラックへの Cisco NAM 2220 アプライアンスの取り付け」を参照してください。

2 支柱レール キット

NAM2220-BRKTS=

「2 支柱ラックへの Cisco NAM 2220 アプライアンスの搭載」を参照してください。

XFP トランシーバ モジュールの取り付けと交換

Cisco NAM 2220 アプライアンスは、1 つまたは 2 つの 10 ギガビット イーサネット XFP トランシーバ モジュールを使用して、データ入力ソースとして光ファイバ ケーブルを接続します。XFP は、両方をロング レンジまたはショート レンジにできます。または、どちらか一方を取り付けることができます。使用する XFP のタイプに応じて、適切な光ファイバ ケーブルを使用する必要があります。詳細については、 付録 B「モニタ ポートの要件」 を参照してください。

XFP は Cisco NAM 2220 アプライアンスの背面パネルのスロットに取り付けます。図 4-20 Cisco NAM 2220 アプライアンスの背面パネルの 7 番を参照してください。右側のスロットはアプライアンスの論理 DataPort 1 への入力、左側のスロットは論理 DataPort 2 への入力です。図 4-1 に、XFP トランシーバ モジュールの取り付けの詳細図を示します。

図 4-1 XFP トランシーバ モジュールの取り付け

 

 

1

背面パネルの XFP スロット

2

背面パネルのスロットに配置された XFP

XFP はレシーバおよび送信パスを統合します。送信側では、10 Gbps シリアル データの回復と時間再調整を行った後、データをレーザー ドライバに渡します。レーザー ドライバは 1310 nm DFB(分散フィードバック)レーザーにバイアスをかけて変調します。これにより SMF 上で LC コネクタ経由でのデータ伝送ができるようになります。受信側では、Positive-Intrinsic-Negative(PIN)フォト検出器、トランスインピーダンス増幅器からの 10 Gbps 光データ ストリームの回復と時間再調整を行った後、ストリームを出力ドライバに渡します。

XFP モジュールには、図 4-2 に示すラッチなしと図 4-3 に示すラッチ付きのベイル クラスプ ラッチ メカニズムが使用されます。製品のタイプおよびモデルについては、XFP のラベルを参照してください。

XFP の寸法は次のとおりです。

高さ 0.33 インチ(8.5 mm)

幅 0.72 インチ(18.3 mm)

奥行 3.1 インチ(78 mm)

XFP の温度範囲は次のとおりです。

COM:23 ~ 158 °F(-5 ~ 70 °C)の商用動作温度範囲

EXT:23 ~ 185 °F(-5 ~ 85 °C)の拡張動作温度範囲

IND:-40 ~ 185 °F(-40 ~ 85 °C)の産業用動作温度範囲


注意 XFP にラベルまたはマーキングを追加しないでください。

XFP はハードウェア オプションとして発注可能です。または、「XFP モジュール」に示す仕様を満たしている、すでに所有している XFP を使用できます。XFP は精密なデバイスであるため、別個に梱包され、出荷前にはアプライアンスに取り付けられていません。

XFP の装着

XFP を Cisco NAM 2220 アプライアンスに装着するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 装着する XFP を取り出し、保護パッケージを外します。

ステップ 2 2 つのスロットのどちらに XFP を装着するかを決めます。

ステップ 3 ラッチが開いた状態で、手応えを感じるまで XFP をスロットにスライドさせ、ソケットに固定された音が聞こえる(または感触がある)まで XFP をさらに強く押します。

図 4-2 に、ラッチが開いた XFP の例を示します。

図 4-2 XFP(ラッチなし)

 

ステップ 4 指でラッチを上方に引き出し、スロットに XFP をロックします。

図 4-3 XFP(ラッチ付き)

 

これで、XFP は光ファイバ ケーブルの入力を受信できます。


 

XFP の交換

Cisco NAM 2220 アプライアンスの XFP を交換するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 装着する新しい XFP を取り出し、保護パッケージを外します。損傷の兆候がないかどうか XFP を調べます。

ステップ 2 Cisco NAM 2220 アプライアンスの背面パネルで交換する XFP を特定します。

ステップ 3 XFP から光ファイバ ケーブルを取り外します。

ステップ 4 指でラッチを下方に押し、固定位置から XFP を取り外します。

図 4-2を参照してください。

ステップ 5 ラッチを使用して、XFP をアプライアンスから引き出し、安全な場所に置きます。

ステップ 6 新しい XFP をスロットに挿入し、手応えを感じるまでスライドさせ、ソケットに固定された音が聞こえる(または感触がある)までさらに強く押します。

ステップ 7 指でラッチを上方に引き出し、スロットに XFP をロックします。

ステップ 8 光ファイバ ケーブルを取り付けます。


 

ハード ディスク ドライブの取り外しおよび交換

Cisco NAM 2220 アプライアンスには、6 台のハード ディスク ドライブ(HDD)が搭載されています。ハード ドライブ ベイは、アプライアンス シャーシの左側の DVD-ROM ドライブの下にあります。

図 4-4 Cisco NAM 2220 アプライアンスの前面パネル

 

ドライブ ベイのハード ドライブ トレイは、ベイの左側に 1、3、5、ベイの右側に 0、2、4 と表示されています(図 4-5 を参照)。

ハード ドライブ トレイのそれぞれに 2 つの小さな LED があります。グリーンの LED(下)は対応するディスク ドライブの準備状態および読み取り/書き込みアクティビティを示します。オレンジの LED(上)は障害を示します。スイッチおよびコントロール パネルの電源ボタンおよびリセット ボタンの近くに、6 台のハード ディスク ドライブすべての総合的な状態を示す別の 2 個の LED インジケータがあります。

音響アラーム(ビープ音)もハード ディスク ドライブの障害を示します。たとえば、1 秒間オンになった後 1 秒間オフになる繰り返しトーンは、RAID またはディスク グループの劣化を示します。このトーンは、ディスクの再ビルド中オンのままです。再ビルドが完了したら、別のトーンのアラームが鳴ります。

ハード ディスクの設定

Cisco NAM 2220 アプライアンスでは、2 個の論理 RAID ディスク ドライブとして 6 台のハード ディスク ドライブを設定します。

ドライブ 0 およびドライブ 1 は RAID1 ディスクとして設定し、システム イメージ、NAM 設定、およびレポート データを保存するために使用します。

両方の RAID1 ディスク ドライブで障害が発生しない限り、NAM 2220 システムは RAID1 ディスク ドライブのデータ冗長性により機能し続けます。両方の RAID1 ディスク ドライブで障害が発生した場合、両方のドライブを交換する必要があり、システム リカバリも実行する必要があります。

ドライブ 2 ~ 5 は RAID0 ディスクとして設定し、キャプチャ データを保存するために使用します。

RAID0 ディスク ドライブはディスクの速度とスペースの点で有利になるように最適化されているので、データの冗長性機能はありません。RAID システムは自動的に不良ディスク セクタを検出し、スキップします。RAID0 ハード ディスク ドライブのいずれかに障害が発生すると、障害が発生したドライブを交換するまでキャプチャ データを保存したり、アクセスしたりできません。


) RAID0 ディスク ドライブを交換する際は、システム リカバリは必要ありません。


ハード ディスク ドライブの交換

ハード ドライブを交換する必要がある場合、RAID0 ディスクの交換または RAID1 ディスクの交換という 2 つの作業のいずれかを実行します。RAID1 ディスクを交換する方が比較的簡単です。障害が発生したドライブを見つけ、トレイから取り外し、新しいドライブを取り付けて、トレイをスライドさせてアプライアンスに戻します。RAID0 ディスクの交換は少し複雑です。


) RAID1 ディスク(ディスク 0 および 1)はホットスワップ可能です。RAID0 ディスク(ディスク 2 ~ 5)はホットスワップ可能ではありません。


実際のハードウェアの取り外しおよび交換を行う前に、交換するディスクのタイプに応じた手順を確認してハードウェアを交換するタイミングを確かめます。

「RAID1 ディスク ドライブの交換」

RAID1 ディスク ドライブ(ディスク 0 とディスク 1)は、ホット スワップ可能で、NAM アプライアンスをシャット ダウンする必要がありません。

「RAID0 ディスク ドライブの交換」

RAID0 ディスク ドライブを交換するには、NAM アプライアンスをシャット ダウンし、一時的に VGA モニタ、キーボード、マウスを接続する必要があります。


) 始める前に、新しいディスク ドライブに損傷の兆候がないかどうかを検査します。


Cisco NAM 2220 アプライアンスのハード ディスク ドライブを取り外して交換するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 「安全上の警告」および「安全に関する注意事項」の情報を確認します。

ステップ 2 アプライアンスおよびすべての外部デバイスの電源を切ります。AC 電源コードおよびすべての外部ケーブルを外します。

(注) RAID0 ディスク(ディスク 0 または 1)を交換する場合、この手順は不要です。

ステップ 3 静電気防止用リスト ストラップを手首に取り付けて、アプライアンス前面の上部左側にある ESD ソケットにストラップのコードを接続します。

ステップ 4 ドライブを交換するドライブ ベイを選択します。

ステップ 5 ブルーのボタンを押してドライブ トレイを取り外し、レバーを開いて、トレイを引き出します。(図 4-5 の 1 番を参照)。

図 4-5 ハード ドライブ トレイの取り外し

 

 

1

ブルーのボタン

 

) ドライブ トレイ番号は図 4-5 に示されています。


ハード ドライブがハード ドライブ トレイにすでに取り付けられている場合は、ドライブ トレイにハード ドライブを固定している 4 本のネジを No.2 プラス ドライバを使用して緩め、取り外します。

ステップ 6 新しいドライブをドライブ トレイに取り付けて、No.2 プラス ドライバを使用して 4 本のネジでドライブを固定します。

ステップ 7 ドライブ トレイを再度取り付けるには、ドライブ トレイのロック レバーを開いて、止まるまでドライブ トレイをドライブ ベイに押し込みます。(図 4-6 の 1 番を参照)。

図 4-6 ハード ドライブ トレイの取り付け

 

 

1

ドライブ トレイ

 

ステップ 8 レバーが閉じてドライブ ベイにドライブが固定されるまで、レバーを押します。


 

RAID1 ディスク ドライブの交換

この手順では、RAID1 設定の 2 台のハード ディスク ドライブの 1 台に障害が発生した場合に、障害が発生した RAID1 ディスク ドライブを交換する方法について説明します。Cisco NAM 2220 アプライアンスの稼働中に、障害が発生したドライブの ホットスワップ を実行できます。


警告 ハード ディスク ドライブを扱う際は、ESD か静電気防止用リスト ストラップ、静電気防止用フォーム パッドまたはマット(推奨)を使用し、必要なすべての静電気防止規格に従ってください。



ステップ 1 LED ステータス インジケータを確認して、障害が発生したディスク ドライブを識別します。

オレンジの LED が点灯すると、ディスク ドライブに障害が発生していることを示します。

ステップ 2 障害が発生したディスク ドライブを取り外します。

ディスク ドライブの取り外しおよび交換方法の詳細については、「ハード ディスク ドライブの交換」を参照してください。

ステップ 3 ディスク トレイ内の障害が発生したディスク ドライブを新しい機能するディスク ドライブと交換するか、またはディスク トレイを良好な機能するディスク ドライブを搭載した新しいディスク トレイと交換します。


) Cisco NAM 2220 アプライアンスのディスク ドライブのシスコ製品番号は NAM2220-HDD-6X146G です。


ディスク ドライブの取り外し方法の詳細については、「ハード ディスク ドライブの交換」を参照してください。

ステップ 4 RAID ディスクの再ビルド プロセスは数秒後に自動的に開始します。再ビルド プロセスが 1 分たっても開始しない場合は、ディスク トレイを取り外し、もう一度挿入してみてください。

再ビルド プロセス全体は数時間かかることがあります。再ビルド中は、可聴アラーム(弱い断続音)がオンになります。交換したディスクのオレンジの LED が点滅し続ける場合がありますが、再ビルド プロセスが完了したら消灯します。


) 再ビルド プロセスが完了するまで、Cisco NAM 2220 アプライアンスを再起動しないでください。



 

RAID0 ディスク ドライブの交換


) この手順では、一時的に Cisco NAM 2220 アプライアンスに VGA モニタ、キーボード、およびマウスを接続する必要があります。


RAID0 設定の 4 台のハード ディスク ドライブのいずれかに障害が発生すると、Cisco NAM 2220 アプライアンスはキャプチャ データを書き込んだり、アクセスしたりできなくなります。

ハード ディスク ドライブを扱う際には、すべての必要な静電気防止規格に従ってください。


警告 ハード ディスク ドライブを扱う際は、ESD か静電気防止用リスト ストラップ、静電気防止用フォーム パッドまたはマット(推奨)を使用し、必要なすべての静電気防止規格に従ってください。


RAID0 ハード ディスク ドライブを交換するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 LED ステータス インジケータを確認して、障害が発生したディスク ドライブを識別します。

オレンジの LED が点灯すると、ディスク ドライブに障害が発生していることを示します。

ステップ 2 CLI コマンド shutdown を使用して、NAM 2220 をシャット ダウンします。

ステップ 3 障害が発生したディスク ドライブを取り外します。

Cisco NAM 2220 アプライアンスの電源が切れるまで、先に進まないでください。ディスク ドライブの取り外しおよび交換方法の詳細については、「ハード ディスク ドライブの交換」を参照してください。

ステップ 4 ディスク トレイ内の障害が発生したディスク ドライブを新しい機能するディスク ドライブと交換するか、またはディスク トレイを良好な機能するディスク ドライブを搭載した新しいディスク トレイと交換します。


) Cisco NAM 2220 アプライアンスのディスク ドライブのシスコ製品番号は NAM2220-HDD-6X146G です。


ステップ 5 Cisco NAM 2220 アプライアンスに VGA モニタ、キーボード、およびマウスを接続します。

ステップ 6 前面パネルの電源ボタンを押して、NAM 2220 の電源を投入します。

ステップ 7 次のウィンドウが表示されるまで NAM アプライアンスのモニタを監視し、RAID BIOS コンソールに入ったことが表示されたら Ctrl+G を押します。

RAID Controller BIOS Version MT38 (Build Jan 05, 2007)
 
HA -0 (Bus 4 Dev 14) MegaRAID SAS PCI Express (TM) ROMB
FW package: 5.1-1-0838
 
Foreign configuration(s) found on adapter
Press any key ton contine, or ‘C’ to load the configuration utility.
 
Some configured disks have been removed from your system, or are no longer
accessible. Please check your cables and also ensure all disks are present.
Press any key to continue, or ‘C’ to lod the configuration utility.
 
 
>>>>>> Press <Ctrl><G> to enter the RAID BIUOS Consoled <<<<<<
Copyright (c) 2006 LSI LOgic Corp. All rights reserved !
 

ステップ 8 次の 2 つのウィンドウのいずれかが表示されるまで、NAM アプライアンスのモニタをモニタします。

[RAID BIOS Console Foreign Configuration] ウィンドウ図 4-7)が表示される場合は、[Cancel] をクリックします。

図 4-7 [RAID BIOS Console Foreign Configuration] ウィンドウ

 

[Adapter Selection] ウィンドウ図 4-8)が表示される場合は、[Start] をクリックします。

図 4-8 [Adapter Selection] ウィンドウ

 

ステップ 9 NAM アプライアンスのモニタに [RAID BIOS Console Virtual Configuration] ウィンドウ図 4-9)が表示されたら、[Virtual Drives] セクションから [DG1] の [VD1] を選択して Enter を押すか、ウィンドウ内の [VD1: RAID0: 556944 MB: Offline] をダブルクリックします。

図 4-9 [RAID BIOS Console Virtual Configuration] ウィンドウ

 

ステップ 10 [RAID BIOS Console Virtual Disk 1] ウィンドウ図 4-10)から、 [RAID BIOS Console Virtual Disk 1] ウィンドウの [Operations] セクションで [Del] を選択し、[GO] をクリックして削除します。

図 4-10 [RAID BIOS Console Virtual Disk 1] ウィンドウ

 

ステップ 11 次のウィンドウのオプション [Yes] を選択して、ディスク グループ 1(DG1)の削除を確認します。

図 4-11 RAID BIOS Console Confirm Page

 

ステップ 12 更新された [RAID BIOS Virtual Configuration] ウィンドウ図 4-12)が表示されたら、左側にあるメニューから [Configuration Wizard] を選択します。

図 4-12 更新された [RAID BIOS Virtual Configuration] ウィンドウ

 


) ディスク番号(PDxx)は、図 4-12 に表示される番号と異なります。


ステップ 13 RAID BIOS Console Configuration Wizard図 4-13)から、[Add Configuration] を選択して、[Next] をクリックします。

図 4-13 RAID BIOS Console Configuration Wizard

 

ステップ 14 [Console Configuration Wizard] の続き で、[Custom Configuration] をクリックし、[Next] をクリックします。

図 4-14 [Console Configuration Wizard] の続き

 

ステップ 15 [Disk Group Definition] ウィンドウ図 4-15)で、Ctrl または Shift キーとマウスを使用して 4 つの UNCONF GOOD ディスクを選択(強調表示)して、次のウィンドウで [Accept DG] を選択します(4 つの UNCONF GOOD ディスクは ONLINE ディスクとインターリーブされている場合があります)。

図 4-15 [Disk Group Definition] ウィンドウ

 

ステップ 16 ディスク グループ定義を続行するには、次の [DG Definition] ウィンドウ(図 4-16)が表示されたら、(右下隅にある)[Next] をクリックします。

図 4-16 [Disk Group Definition] の続き

 

ステップ 17 Virtual Disk Configuration Wizard図 4-17)で、図 4-17 に示されているパラメータをすべて使用して DG1 を RAID0 として設定し、[Accept] をクリックして設定を確定し、[Next] をクリックします。

図 4-17 Virtual Disk Configuration Wizard

 

ステップ 18 [Configuration Wizard Preview] ウィンドウ図 4-18)で、[Accept] をクリックして設定を保存します。

図 4-18 [Configuration Wizard Preview] ウィンドウ

 

ステップ 19 次のウィンドウで [Yes] をクリックして、設定の保存を確認します。

ステップ 20 次のウィンドウで [Yes] をクリックして、ディスクの初期化を確認します。

 

ステップ 21 [Home] をクリックして、ホーム ウィンドウに戻ります。

ステップ 22 左側のメニューで [Exit] をクリックして、RAID BIOS コンソールを終了します。

図 4-19 [RAID BIOS Console] メニュー

 

ステップ 23 [Exit Confirmation] ウィンドウで [Yes] をクリックして、終了を確認します。

ステップ 24 [Reset Page] ウィンドウが表示されたら、Ctrl+Alt+Del キーの組み合わせを押して、NAM 2220 を再起動します。

これで、Cisco NAM 2220 アプライアンスは通常どおり再起動します。

ステップ 25 ディスクの交換が正常に行われた確証が得られる場合、NAM コマンド ラインを使用して shutdown コマンドを発行します。

ステップ 26 Cisco NAM 2220 アプライアンスの電源が切れたら、VGA モニタ、キーボード、およびマウスを取り外します。

ステップ 27 Cisco NAM 2220 アプライアンスの前面パネルの電源ボタンを使用して NAM アプライアンスの電源を投入し、NAM アプリケーションを再起動します。


 

電源装置の取り付けまたは交換

Cisco NAM 2220 アプライアンスの電源装置のシスコ製品番号は NAM2220-AC-PS です。


注意 オプションで 2 台目の電源装置を購入していない場合は、Cisco NAM 2220 アプライアンスには冗長電源装置はありません。2 台目の電源装置がない場合は、既存の電源装置を交換する前に、まずアプライアンスを非稼働状態にする必要があります。これには、アプライアンスに接続されているすべての外部デバイスの電源を切り、電源ボタンを押してアプライアンスの電源を切ってから、AC 電源コードを取り外します。

図 4-20 Cisco NAM 2220 アプライアンスの背面パネル

 

Cisco NAM 2220 アプライアンスには、1 台または 2 台の AC 電源装置を搭載できます。2 台の AC 電源装置がある場合、電源装置によりアプライアンスの冗長性が作成され、障害時に一方が他方のバックアップになります。

また、冗長電源は、電源装置を交換する必要がある場合に「ホットスワップ」を可能にします。つまり、アプライアンスが稼働中に電源を交換できます。ホットスワップ機能を維持するには、電源装置を交換(ホットスワップ)する前に両方のアプライアンスのスロットにアクティブな電源装置があることを確認します。

AC 電源装置にはアプライアンスの背面からアクセスできます。アプライアンスに電源装置が 1 台だけ装備されている場合は、モジュールが挿入されている隣のスペースにブランク フィラー パネルを取り付けます。(図 4-20 の 11 番を参照)。


注意 電源装置を 1 台だけ取り付ける場合は、適切な冷却効果を得るために、電源装置は右側のスロットに、電源ブランク フィラー パネルは左側のスロットに取り付ける必要があります。

この項は、次の内容で構成されています。

「冗長電源の交換」

「非冗長電源の交換」

「新しい冗長電源の追加」

冗長電源の交換

Cisco NAM 2220 アプライアンスに 2 台の電源装置が搭載されている場合、モジュールの 1 つが冗長になり、電源装置の 1 台を交換する必要がある場合、電源モジュールの 1 つをホットスワップできます(システムの電源を切らずにモジュールを交換できます)。

冗長電源を交換するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 電源装置のステータス LED を確認して(図 4-21 の 2 番参照)、どの電源装置に障害が発生したかを判別します。

ステップ 2 適切な AC 電源を切断します。

図 4-21 AC 電源モジュール

 

 

1

安全ロック(グリーン)

3

ハンドル部分

2

ステータス LED

 

ステップ 3 グリーンの安全ロック(図 4-21 の 1 番を参照)を下に押しながら、電源装置を外します。

ステップ 4 ハンドル(図 4-21 の 3 番を参照)を握り、アプライアンスのシャーシから電源モジュールを引き出します。

ステップ 5 カチッという音がするまで、アプライアンスのシャーシに新しい電源装置をスライドさせます。


 

非冗長電源の交換

Cisco NAM 2220 アプライアンスに 1 台の電源装置が搭載されている場合、アプライアンスの電源が安全に切断されている場合にのみ、この電源装置を交換できます。

非冗長電源モジュールを交換するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 アプライアンスに接続されているすべての外部デバイスの電源を切り、電源ボタンを押してアプライアンスの電源を切ってから、AC 電源を取り外します。

ステップ 2 グリーンの安全ロック(図 4-21 の 1 番を参照)を下に押しながら、電源装置を外します。

ステップ 3 ハンドル(図 4-21 の 3 番を参照)を握り、アプライアンスのシャーシから電源モジュールを引き出します。

ステップ 4 カチッという音がするまで、アプライアンスのシャーシに新しい電源装置をスライドさせます。


 

新しい冗長電源の追加


) 冗長電源を Cisco NAM 2220 アプライアンスに追加する場合は、追加の電源モジュールは既存の電源装置と同じタイプである必要があります。


追加の電源モジュールを 1 台の電源装置が搭載されたアプライアンスに追加するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 2 つのリリース タブを相互に向けて押して、背面パネルからブランク フィラー パネルを取り外します(図 4-22 の 1 番を参照)。

ステップ 2 アプライアンスのシャーシからブランク フィラー パネルを取り外します。

図 4-22 ブランク フィラー パネルと AC 電源モジュール

 

 

1

リリース タブ

 

ステップ 3 カチッという音がするまで、アプライアンスのシャーシに新しい電源装置をスライドさせます。

ステップ 4 後日使用する必要がある場合に備えて、ブランク フィラー パネルを保存します。


 

2 支柱ラックへの Cisco NAM 2220 アプライアンスの搭載

通常、Cisco NAM 2220 アプライアンスは、アプライアンスの前面に取り付けるラックマウント ブラケットを使用して 19 インチ(48.3 cm)2 支柱装置ラックに搭載します。2 本の支柱またはマウント ストリップ(左右)の内側の幅は、少なくとも 17.5 インチ(44.45 cm)である必要があります。装置ラックのタイプに関する情報については「設置場所の準備」を参照してください。

アプライアンスの前面および背面それぞれに冷気の吸気口と排気口がある場合でも、複数のアプライアンスをラックに搭載する際はアプライアンスの上下に 1.5 インチ(3.81 cm)以上の空間を確保することを推奨します。


注意 アプライアンスの損傷を防ぐために、アプライアンスを設置する場合はシスコが提供するハードウェアとネジだけを使用してください。

装置ラックにアプライアンスを固定するために、各側面に 10-32 x 1/2 インチ ラック用ネジ 2 本を使用するか(図 4-23 および表 4-2 を参照)、装置ラックにアプライアンスを設置するための各地の慣習に従う必要があります。ラックマウント ブラケットがしっかりと留められていることを確認してください。詳細については、「アプライアンスへの L 字金具の取り付け」を参照してください。

次の手順は、装置ラックにアプライアンスを搭載するための概要を説明します。


注意 けがを防ぐために、装置ラックにアプライアンスを設置する前に「ラックマウント構成時の注意事項」および「安全に関する注意事項」を確認してください。


ステップ 1 アプライアンスを設置する装置ラックの位置を確認します。

ステップ 2 障害物がないことを確認し、装置ラックが安定していることを確認します。

ステップ 3 装置ラック内のアプライアンスの位置を決め、アプライアンスのブラケットの穴をラックの穴と合わせ、10-32 x 1/2 インチ ラック用ネジ 2 本で固定します(各側面)。ラックにアプライアンスを設置するには、2 人必要です。1 人がアプライアンスを持ち上げ、もう 1 人がラックにアプライアンスを固定します。


) 装置ラックの上下のスペースは 1.75 インチ(4.44 cm)以上、取り付け穴の間隔は 1.5 インチ(3.81 cm)です。


ステップ 4 No.2 プラス ドライバを使用して、ネジを締めます(各側面)。


 

2 支柱ラックマウント ハードウェア キット

図 4-23 に、2 支柱ラックに Cisco NAM 2220 アプライアンスを設置するのに必要なブラケットとネジを示します。 表 4-2 に、ラックマウント ハードウェア キット(シスコ製品番号 NAM2220-BRKTS)の内容を示します。

図 4-23 2 支柱ラックマウント キット

 

2 支柱ラックのミッドマウント

表 4-2 2 支柱ラックマウント キット

番号
説明
数量
1

ラック用ネジ、10-32 x 1/2 インチ(1.27 cm)

4

2

ネジ、六角

6

3

L 字金具

2

ここでは、次の内容について説明します。

「アプライアンスへの L 字金具の取り付け」

「アプライアンスのラックへの取り付け」

アプライアンスへの L 字金具の取り付け

ブラケットをアプライアンスに取り付けるには、次の手順を実行します。


ステップ 1 L 字金具(図 4-24 を参照)を、アプライアンスの片側のミッドマウント位置(アプライアンスの穴 4、5、および 6)に配置します。

図 4-24 L 字金具の取り付け

 

ステップ 2 六角ネジを挿入し(図 4-24を参照)、No.2 プラス ドライバを使用してアプライアンスに L 字金具を固定します。

ステップ 3 他の L 字金具について、ステップ 1 および 2 を繰り返します。

ステップ 4 これで、2 支柱ラックにアプライアンスを設置する準備ができました。


 

設置を続行するには、次の項「 アプライアンスのラックへの取り付け」に進みます。

アプライアンスのラックへの取り付け


注意 アプライアンスを持ち上げ、ラックに取り付けるときは 2 人で行います。必要に応じて、適切な吊り上げ装置を使用します。フル装備の Cisco NAM 2220 アプライアンスの重量は約 51.5 ポンド(23.4 kg)です。

始める前に、2 支柱ラック マウント キットに含まれている 10-32 x 1/2 インチ ネジ(表 4-2 を参照)がラック用の適切なサイズであることを確認します。そうでない場合は、ラック用ネジが必要な手順で使用する正しいネジを用意します。

アプライアンスをラックに取り付けるには、次の手順を実行します。


ステップ 1 ラックの前面に 1 人、背面にもう 1 人が立ちます。

ステップ 2 中央の支柱の前面で L 字金具の位置を決めます(図 4-25 を参照)。

図 4-25 中央の支柱への L 字金具の取り付け

 

 

ステップ 3 10-32 x 1/2 インチ ラック用ネジを使用して、中央の支柱に L 字金具を取り付けます(図 4-25 を参照)。この時点では、完全にネジを締めないでください。

ステップ 4 他の L 字金具について、ステップ 2 および 3 を繰り返します。

ステップ 5 ラック両側のすべての 10-32 x 1.2 インチ ラック用ネジを締めます。