Cisco Virtual Network Management Center GUI コンフィギュレーション ガイド リリース 2.0
VM Manager の設定
VM Manager の設定
発行日;2013/04/19   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

VM Manager の設定

この項では、次のトピックについて取り上げます。

VM Manager の概要

VNMC VM Manager は、ポート 80 で vCenter と接続します。 VM Manager と vCenter の接続を確立するには、vCenter 拡張ファイルが必要です。 拡張ファイルは VNMC からエクスポートされ、[VM Managers] タブでリンクされます。 vCenter 拡張ファイルをプラグインとして、接続するすべての vCenter サーバにインストールします。

ご使用の環境と要件に応じて、[Administration] または [Resource Management] で VNMC に VM Manager をインストールできます。 詳細については、次のトピックを参照してください。

(注)  


VMware では、VM はリソース内で入れ子にできます。 たとえば、VM は仮想アプリケーション(vApp)に常駐するリソース プールの一部になることができます。 ただし、VM プロパティを表示する場合([Resource Management] > [Resources] > [Virtual Machines] > [VM Managers] > [vm-manager] > [vm])、最上部のリソースのみ表示されます。 この例では、リソース プールの名前ではなく vApp 名だけが表示されます。


[Administration] での VM Manager の設定

[Administration] での VM Manager の追加

[Resource Management] または [Administration] で VM Manager を VNMC に追加できます。 この手順では、[Administration] で VM Manager を追加する方法について説明します。 [Resource Management] で VM Manager を追加する方法については、[Resource Management] での VM Manager の追加を参照してください。

はじめる前に

vCenter と VM Manager 間の安全な接続を確立するには、vCenter 拡張ファイルが必要です。 [Export vCenter Extension] をクリックし、vCenter 拡張ファイルをすべての vCenter サーバにプラグインとしてインストールして、vCenter 拡張ファイルをエクスポートします。

次の場所から [Export vCenter Extension] オプションを探します。
  • [Resource Management] > [Resources] > [Virtual Machines] > [VM Managers] を選択し、[VM Managers] タブをクリックします。
  • [Administration] > [VM Managers] > [VM Managers] を選択し、[VM Managers] タブをクリックします。

(注)  


vCenter の [Plug-In Manager] ページで、ページの最後までスクロールし、右クリックして [New Plug-in] メニューを表示します。


手順
    ステップ 1   [Administration] > [VM Managers] > [VM Managers] を選択します。
    ステップ 2   [VM Managers] タブで、[Add VM Manager] をクリックします。
    ステップ 3   [Add VM Manager] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力し、[OK] をクリックします。
    フィールド 説明

    Name

    VM Manager 名。

    この名前には、ID となる 1 ~ 256 文字を使用できます。 ハイフン、アンダースコア、ドット、コロンを含む英数文字を使用できます。 保存後は、この説明を変更できません。

    Description

    VM Manager の簡単な説明。

    この説明には、ID となる 1 ~ 256 文字を使用できます。 ハイフン、アンダースコア、ドット、コロンを含む英数文字を使用できます。

    Hostname/IP Address

    VM Manager のホスト名または IP アドレス。

    Port Number

    VM Manager との通信に使用するポート。

    VM Manager を追加すると、VNMC が Nexus 1000V ポート プロファイルが添付された、vCenter で利用可能な VM を取得し、それらを [Resource Management] > [Resources] > [Virtual Machines] に表示します。


    VM Manager の編集

    手順
      ステップ 1   [Administration] > [VM Managers] > [VM Managers] を選択します。
      ステップ 2   [VM Managers] タブで、編集する VM Manager をクリックし、[Edit] をクリックします。
      ステップ 3   [Edit VM Manager] ダイアログボックスで、必要に応じて情報を編集し、[OK] をクリックします。
      名前 説明

      Name

      VM Manager 名(読み取り専用)。

      Description

      VM Manager の説明。

      Hostname/IP Address

      VM Manager のホスト名または IP アドレス(読み取り専用)。

      Port Number

      VM Manager との通信に使用するポート(読み取り専用)。

      Admin State

      VM Manager の次のいずれかの管理状態。
      • [enable]:管理状態がイネーブルで vCenter を VNMC に追加した場合、システムはすべての VM インベントリを vCenter から取得します。 vCenter で発生した VM のすべての変更も取得されます。
      • [disable]:管理状態がディセーブルの VNMC に vCenter を追加した場合に、vCenter から検出されたすべての VM が表示されます。 vCenter で発生した VM の変更は取得されません。 管理状態をイネーブルに変更すると、VNMC によって変更が取得されます。
      VM Manager の管理状態は、システムの動作状態に応じて変更します。
      • システムの管理状態をイネーブルに変更するには、動作状態を down にしておく必要があります。
      • システムの管理状態をディセーブルに変更するには、動作状態を up にしておく必要があります。

      管理状態を変更する要求に失敗する場合は、正しいシステムの動作状態で要求を再送信します。

      Type

      VM Manager ベンダー(読み取り専用)。

      Version

      VM Manager のバージョン(読み取り専用)。

      Operational State

      次のいずれかの動作状態(読み取り専用)。
      • up
      • unreachable
      • bad-credentials
      • comm-error
      • admin-down
      • unknown

      Operational State Reason

      動作状態が up でない場合の動作状態の原因を表示します(読み取り専用)。


      VM Manager の削除

      手順
        ステップ 1   [Administration] > [VM Managers] > [VM Managers] を選択します。
        ステップ 2   [VM Managers] タブで、削除する VM Manager をクリックし、[Delete] をクリックします。
        ステップ 3   確認の画面が表示されたら、削除を確認します。

        [Resource Management] での VM Manager の設定

        [Resource Management] での VM Manager の追加

        [Resource Management] または [Administration] で VM Manager を VNMC に追加できます。 この手順では、[Resource Management] で VM Manager を追加する方法について説明します。 [Administration] で VM Manager をインストールする方法については、[Administration] での VM Manager の追加を参照してください。

        はじめる前に

        vCenter と VM Manager 間の安全な接続を確立するには、vCenter 拡張ファイルが必要です。 [Export vCenter Extension] をクリックし、vCenter 拡張ファイルをすべての vCenter サーバにプラグインとしてインストールして、vCenter 拡張ファイルをエクスポートします。

        次の場所から [Export vCenter Extension] オプションを探します。
        • [Resource Management] > [Resources] > [Virtual Machines] > [VM Managers] を選択し、[VM Managers] タブをクリックします。
        • [Administration] > [VM Managers] > [VM Managers] を選択し、[VM Managers] タブをクリックします。

        (注)  


        [vCenter Plug-In Manager] ページで、ページの最後までスクロールし、右クリックして [New Plug-in] メニューを表示します。


        手順
          ステップ 1   [Resource Management] > [Resources] > [Virtual Machines] > [VM Managers] を選択します。
          ステップ 2   [VM Managers] タブで、[Add VM Manager] をクリックします。
          ステップ 3   [Add VM Manager] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力し、[OK] をクリックします。
          フィールド 説明

          Name

          VM Manager 名。

          この名前には、ID となる 1 ~ 256 文字を使用できます。 ハイフン、アンダースコア、ドット、コロンを含む英数文字を使用できます。 保存後は、この説明を変更できません。

          Description

          VM Manager の簡単な説明。

          この説明には、ID となる 1 ~ 256 文字を使用できます。 ハイフン、アンダースコア、ドット、コロンを含む英数文字を使用できます。

          Hostname/IP Address

          VM Manager のホスト名または IP アドレス。

          Port Number

          VM Manager との通信に使用するポート。

          VM Manager を追加すると、VNMC が Nexus 1000V ポート プロファイルが添付された、vCenter で利用可能な VM を取得し、それらを [Resource Management] > [Resources] > [Virtual Machines] に表示します。


          VM Manager の編集

          手順
            ステップ 1   [Resource Management] > [Resources] > [Virtual Machines] > [VM Managers] を選択します。
            ステップ 2   [VM Managers] タブで、編集する VM Manager をクリックし、[Edit] をクリックします。
            ステップ 3   [Edit VM Manager] ダイアログボックスで、必要に応じて情報を編集し、[OK] をクリックします。
            名前 説明

            Name

            VM Manager 名(読み取り専用)。

            Description

            VM Manager の説明。

            Hostname/IP Address

            VM Manager のホスト名または IP アドレス(読み取り専用)。

            Port Number

            VM Manager との通信に使用するポート(読み取り専用)。

            Admin State

            VM Manager の次のいずれかの管理状態。
            • [enable]:管理状態がイネーブルで vCenter を VNMC に追加した場合、システムはすべての VM インベントリを vCenter から取得します。 vCenter で発生した VM のすべての変更も取得されます。
            • [disable]:管理状態がディセーブルの VNMC に vCenter を追加した場合に、vCenter から検出されたすべての VM が表示されます。 vCenter で発生した VM の変更は取得されません。 管理状態をイネーブルに変更すると、VNMC によって変更が取得されます。
            VM Manager の管理状態は、システムの動作状態に応じて変更します。
            • システムの管理状態をイネーブルに変更するには、動作状態を down にしておく必要があります。
            • システムの管理状態をディセーブルに変更するには、動作状態を up にしておく必要があります。

            管理状態を変更する要求に失敗する場合は、正しいシステムの動作状態で要求を再送信します。

            Type

            VM Manager ベンダー(読み取り専用)。

            Version

            VM Manager のバージョン(読み取り専用)。

            Operational State

            次のいずれかの動作状態(読み取り専用)。
            • up
            • unreachable
            • bad-credentials
            • comm-error
            • admin-down
            • unknown

            Operational State Reason

            動作状態が up でない場合の動作状態の原因を表示します(読み取り専用)。


            VM Manager の削除

            手順
              ステップ 1   [Navigation] ペインの [Resource Management] タブをクリックします。
              ステップ 2   [Navigation] ペインの [Resources] サブタブをクリックします。
              ステップ 3   [Navigation] ペインで、[Virtual Machines] をクリックします。
              ステップ 4   [Work] ペインで、[VM Managers] タブをクリックします。
              ステップ 5   [VM Managers] テーブルで、削除する VM Manager をクリックします。
              ステップ 6   [Delete] をクリックします。
              ステップ 7   [Confirm] ダイアログボックスで、[Yes] をクリックします。