Cisco Virtual Network Management Center 2.0 CLI コンフィギュレーション ガイド
syslog ポリシーの属性の設定
syslog ポリシーの属性の設定
発行日;2012/11/14 | 英語版ドキュメント(2012/08/21 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

syslog ポリシーの属性の設定

syslog ポリシーへの説明の割り当て

syslog アラートの送信

コンソール属性の使用

コンソール属性の作成

コンソール属性のイネーブル化

コンソール属性のディセーブル化

コンソール属性の設定

ファイル属性の使用

ファイルの作成

ファイルのイネーブル化

ファイルのディセーブル化

ファイルの設定

モニタ属性の使用

モニタの作成

モニタのイネーブル化

モニタのディセーブル化

モニタの設定

リモート宛先属性の使用

リモート宛先の作成

リモート宛先のイネーブル化

リモート宛先のディセーブル化

リモート宛先の設定

syslog ポリシーの属性の設定

この章では、syslog ポリシーおよび syslog ポリシー属性への説明の割り当てに関する情報を示します。

syslog ポリシーは属性の集合です。次の 4 つの syslog ポリシー属性があります。

console:コンソール属性を作成、イネーブル化、ディセーブル化、および設定できます。

file:ファイル属性を作成、イネーブル化、ディセーブル化、および設定できます。

monitor:モニタ属性を作成、イネーブル化、ディセーブル化、および設定できます。

remote destination:リモート属性を作成、イネーブル化、ディセーブル化、および設定できます。

属性の作成、イネーブル化、ディセーブル化、および設定の詳細については、以下から該当する項を参照してください。

この章の内容は、次のとおりです。

「syslog ポリシーへの説明の割り当て」

「syslog アラートの送信」

「コンソール属性の使用」

「ファイル属性の使用」

「モニタ属性の使用」

「リモート宛先属性の使用」

syslog ポリシーへの説明の割り当て

syslog ポリシーにポリシーの説明を割り当てることができます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope syslog < policy - name >

5. set descr < policy - description >

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope syslog

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12

syslog モードを開始します。

ステップ 5

set descr

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # set descr syslogPolicy12

ポリシーの説明を設定します。

syslog ポリシーの説明に使用できる最大文字数は 256 です。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、説明 syslogPolicy12 を syslog ポリシー EaSysPA12 に割り当てる例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # set descr syslogPolicy12
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog #

syslog アラートの送信

syslog メッセージを送信できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope syslog < policy - name >

5. send-syslog { alerts | critical | debugging | emergencies | errors | information | notifcations | warnings} { syslog-message }

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope syslog

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12

syslog モードを開始します。

ステップ 5

send-syslog

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # send-syslog critical messagetext

syslog メッセージを送信します。

次に、syslog メッセージを送信する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # send-syslog critical messagetext
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog #

コンソール属性の使用

コンソール属性を作成します。作成してからイネーブルやディセーブルにすることができます。コンソール属性の設定も可能です。設定するときに、属性に重大度レベルを割り当てます。

ここでは、次の内容について説明します。

「コンソール属性の作成」

「コンソール属性のイネーブル化」

「コンソール属性のディセーブル化」

「コンソール属性の設定」

コンソール属性の作成

コンソール属性を作成できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope syslog < policy - name >

5. create console

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope syslog

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12

syslog モードを開始します。

ステップ 5

create console

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # create console

コンソールを作成します。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、コンソールを作成する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # create console
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog #

コンソール属性のイネーブル化

コンソール属性をイネーブルにできます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope syslog < policy - name >

5. enable console

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope syslog

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12

syslog モードを開始します。

ステップ 5

enable console

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # enable console

コンソールをイネーブルにします。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、コンソール属性をイネーブルにする例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # enable console
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog #

コンソール属性のディセーブル化

コンソール属性をディセーブルにできます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope syslog < policy - name >

5. disable console

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope syslog

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12

syslog モードを開始します。

ステップ 5

disable console

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # disable console

コンソールをディセーブルにします。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、コンソール属性をディセーブルにする例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # disable console
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog #

コンソール属性の設定

コンソール属性に重大度レベルを割り当てることができます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope syslog < policy - name >

5. set console level { alerts | critical | emergencies }

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope syslog

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12

syslog モードを開始します。

ステップ 5

set console level

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # set console level critical

レベルを設定します。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、レベルを設定する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # set console level critical
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog #

ファイル属性の使用

ファイル属性を作成します。作成してからイネーブルやディセーブルにすることができます。ファイル属性の設定も可能です。設定するときに、属性に重大度レベル、名前、およびファイル サイズを割り当てます。

ここでは、次の内容について説明します。

「ファイルの作成」

「ファイルのイネーブル化」

「ファイルのディセーブル化」

「ファイルの設定」

ファイルの作成

ファイルを作成できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope syslog < policy - name >

5. create file

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope syslog

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12

syslog モードを開始します。

ステップ 5

create file

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # create file

ファイルを作成します。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、ファイルを作成する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # create file
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog #

ファイルのイネーブル化

ファイルをイネーブルにできます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope syslog < policy - name >

5. enable file

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope syslog

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12

syslog モードを開始します。

ステップ 5

enable file

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # enable file

ファイルをイネーブルにします。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、ファイルをイネーブルにする例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # enable file
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog #

ファイルのディセーブル化

ファイルをディセーブルにできます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope syslog < policy - name >

5. disable file

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope syslog

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12

syslog モードを開始します。

ステップ 5

disable file

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # disable file

ファイルをディセーブルにします。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、ファイルをディセーブルにする例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # disable file
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog #

ファイルの設定

ファイル属性に重大度レベル、名前、およびファイル サイズを割り当てることができます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope syslog < policy - name >

5. set file level { alerts | critical | debugging | emergencies | errors | information | notifications | warnings } | name <file-name> | size <file-size>


) 同じコマンドの中でファイルに 1 つ以上のオプション(重大度レベル、名前、またはファイル サイズ、あるいはこれらの組み合わせ)を指定できます。また、このコマンドの中で重大度レベル、名前、およびファイル サイズを記述する順序は任意です。


6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope syslog

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12

syslog モードを開始します。

ステップ 5

set file level

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # set file level alerts

ファイルを設定します。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、ファイル属性の重大度レベルを alerts に設定する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # set file level alerts
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog #

モニタ属性の使用

モニタ属性を作成します。作成してからイネーブルやディセーブルにすることができます。モニタ属性の設定も可能です。設定するときに、属性に重大度レベルを割り当てます。

ここでは、次の内容について説明します。

「モニタの作成」

「モニタのイネーブル化」

「モニタのディセーブル化」

「モニタの設定」

モニタの作成

モニタを作成できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope syslog < policy - name >

5. create monitor

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope syslog

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12

syslog モードを開始します。

ステップ 5

create monitor

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # create monitor

モニタを作成します。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、モニタを作成する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # create monitor
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog #

モニタのイネーブル化

モニタをイネーブルにできます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope syslog < policy - name >

5. enable monitor

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope syslog

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12

syslog モードを開始します。

ステップ 5

enable monitor

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # enable monitor

モニタをイネーブルにします。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、モニタをイネーブルにする例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # enable monitor
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog #

モニタのディセーブル化

モニタをディセーブルにできます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope syslog < policy - name >

5. disable monitor

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope syslog

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12

syslog モードを開始します。

ステップ 5

disable monitor

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # disable monitor

モニタをディセーブルにします。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、モニタをディセーブルにする例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # disable monitor
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog #

モニタの設定

モニタを設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope syslog < policy - name >

5. set monitor { level } { alerts | critical | debugging | emergencies | errors | information | notifications | warnings }

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope syslog

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12

syslog モードを開始します。

ステップ 5

set monitor level

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # set monitor level critical

モニタを設定します。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、モニタを設定する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # set monitor level critical
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog #

リモート宛先属性の使用

ここでは、次の内容について説明します。

「リモート宛先の作成」

「リモート宛先のイネーブル化」

「リモート宛先のディセーブル化」

「リモート宛先の設定」

リモート宛先の作成

リモート宛先を作成できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope syslog < policy - name >

5. create remote-destination { server-1 | server-2 | server-3 } < server - name >

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope syslog

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12

syslog モードを開始します。

ステップ 5

create remote-destination

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # create remote-destination server-1 test

リモート宛先を作成します。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、リモート宛先を作成する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # create remote-destination server-1 test
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog #

リモート宛先のイネーブル化

リモート宛先をイネーブルにできます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope syslog < policy - name >

5. enable remote-destination { server-1 | server-2 | server-3 }

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope syslog

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12

syslog モードを開始します。

ステップ 5

enable

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # enable remote-destination server-1

リモート宛先をイネーブルにします。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、リモート宛先をイネーブルにする例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # enable remote-destination server-1
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog #

リモート宛先のディセーブル化

リモート宛先をディセーブルにできます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope syslog < policy - name >

5. disable remote-destination { server-1 | server-2 | server-3 }

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope syslog

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12

syslog モードを開始します。

ステップ 5

disable

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # disable remote-destination server-1

リモート宛先をディセーブルにします。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、リモート宛先をディセーブルにする例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # disable remote-destination server-1
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog #

リモート宛先の設定

リモート宛先を設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope syslog < policy - name >

5. set remote-destination {server-1 | server-2 | server-3} {facility {auth | authpriv | cron | daemon | ftp | kernel | local0 | local1 | local2 | local3 | local4 | local5 | local6 | local7 | lpr | mail | news | syslog | user | uucp} | hostname <host-name> | level {alerts | critical | debugging | emergencies | errors | information | notifications | warnings}}


) コマンド set remote-destination {server-1 | server-2 | server-3} の後に facility、hostname、または level を入力できます。同じコマンドの中で 1 つ以上のオプション(facility、hostname、および level)を任意の順序で指定できます。


6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope syslog

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12

syslog モードを開始します。

ステップ 5

set remote-destination

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # set remote-destination server-2 level critical

リモート宛先を設定します。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、リモート宛先を設定する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope syslog EaSysPA12
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog # set remote-destination server-2 level critical
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog #