Cisco Virtual Network Management Center 2.0 CLI コンフィギュレーション ガイド
コア ファイル ポリシー、障害ポリシー、およびログ ポリシーの属性の設定
コア ファイル ポリシー、障害ポリシー、およびログ ポリシーの属性の設定
発行日;2012/11/14 | 英語版ドキュメント(2012/08/21 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

コア ファイル ポリシー、障害ポリシー、およびログ ポリシーの属性の設定

コア ファイル ポリシーの属性の設定

管理状態の設定

説明の設定

ホスト名の設定

パスの設定

ポートの設定

障害ポリシーの属性の設定

管理状態の設定

クリア処理の設定

説明の設定

フラッピング間隔の設定

保持間隔の設定

ログ ポリシーの属性の設定

バックアップ カウントの設定

説明の設定

レベルの設定

サイズの設定

コア ファイル ポリシー、障害ポリシー、およびログ ポリシーの属性の設定

この章では、コア ファイル、障害、およびログ ポリシーの属性に関する情報を示します。

 

コア ファイル ポリシーの属性
障害ポリシーの属性
ログ ポリシーの属性

管理状態

説明

ホスト名

パス

ポート

管理状態

クリア処理

説明

フラッピング間隔

保持期間

バックアップ カウント

説明

レベル

サイズ

この章の内容は、次のとおりです。

「コア ファイル ポリシーの属性の設定」

「障害ポリシーの属性の設定」

「ログ ポリシーの属性の設定」

コア ファイル ポリシーの属性の設定

ここでは、次の内容について説明します。

「管理状態の設定」

「説明の設定」

「ホスト名の設定」

「パスの設定」

「ポートの設定」

管理状態の設定

管理状態を設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope corefile < policy - name >

5. set adminstate { disabled | enabled }

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope corefile

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope corefile EaCorePA10

コア ファイル モードを開始します。

ステップ 5

set adminstate

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile # set adminstate enabled

管理状態を設定します。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、管理状態を設定する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr)# scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope corefile EaCorePA10
vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile # set adminstate enabled
vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile #

説明の設定

説明を設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope corefile < policy - name >

5. set descr < description >

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope corefile

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope corefile EaCorePA10

コア ファイル モードを開始します。

ステップ 5

set descr

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile # set descr CoreFilePolicyAgent10

説明を設定します。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、コア ポリシー EaCorePA10 に説明を追加する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr)# scope policy
vnmc(policy-mgr) /org # scope corefile EaCorePA10
vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile # set descr CoreFilePolicyAgent10
vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile #

ホスト名の設定

コア ファイル転送ホスト名を設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope corefile < policy - name >

5. set hostname < host - name >

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope corefile

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope corefile EaCorePA10

コア ファイル モードを開始します。

ステップ 5

set hostname

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile # set hostname policy10

ホスト名を設定します。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、コア ファイル転送ホスト名を設定する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr)# scope policy
vnmc(policy-mgr) /org # scope corefile EaCorePA10
vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile # set hostname policy10
vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile #

パスの設定

コア ファイル ポリシーのパスを設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope corefile < policy - name >

5. set path < core - file - policy - path >

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope corefile

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope corefile EaCorePA10

コア ファイル モードを開始します。

ステップ 5

set path

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile # set path /test

パスを設定します。

最大文字数は 512 です。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、コア ファイル ポリシーのパスを設定する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr)# scope policy
vnmc(policy-mgr) /org # scope corefile EaCorePA10
vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile # set path /test
vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile #

ポートの設定

コア ファイル ポリシーのポート番号を設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope corefile < policy - name >

5. set port < port - number >

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope corefile

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope corefile EaCorePA10

コア ファイル モードを開始します。

ステップ 5

set port

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile # set port 10

ポート番号を設定します。

有効な値の範囲は 1 ~ 65535 です。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、コア ファイル ポリシーのポート番号を設定する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr)# scope policy
vnmc(policy-mgr) /org # scope corefile EaCorePA10
vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile # set port 10
vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile #

障害ポリシーの属性の設定

ここでは、次の内容について説明します。

「管理状態の設定」

「クリア処理の設定」

「説明の設定」

「フラッピング間隔の設定」

「保持間隔の設定」

管理状態の設定

管理状態を設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope faultpolicy < policy - name >

5. set adminstate { disabled | enabled }

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example:

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope faultpolicy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope faultpolicy EaFaultPA12

faultpolicy モードを開始します。

ステップ 5

set adminstate

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy # set adminstate enabled

管理状態を設定します。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、管理状態を設定する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope faultpolicy EaFaultPA12
vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy # set adminstate enabled
vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy #

クリア処理の設定

クリア処理を設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope faultpolicy < policy - name >

5. set clearaction { delete | retain }

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example:

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope faultpolicy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope faultpolicy EaFaultPA12

faultpolicy モードを開始します。

ステップ 5

set clearaction

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy # set clearaction retain

クリア処理を設定します。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

この例は、クリア処理を設定する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope faultpolicy EaFaultPA12
vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy # set clearaction retain
vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy #

説明の設定

説明を設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope faultpolic y < policy - name >

5. set descr < description >

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example:

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope faultpolicy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope faultpolicy EaFaultPA12

faultpolicy モードを開始します。

ステップ 5

set descr

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy # set descr FaultPolicy1

説明を設定します。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、障害ポリシー EaFaultPA12 に説明を追加する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope faultpolicy EaFaultPA12
vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy # set descr FaultPolicy1
vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy #

フラッピング間隔の設定

障害ポリシーにフラッピング間隔を設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope faultpolicy < policy - name >

5. set flapinterval < interval >

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example:

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope faultpolicy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope faultpolicy EaFaultPA12

faultpolicy モードを開始します。

ステップ 5

set flapinterval

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy # set flapinterval 3500

フラッピング間隔を設定します。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、障害ポリシーのフラッピング間隔を 3500 秒に設定する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope faultpolicy EaFaultPA12
vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy # set flapinterval 3500
vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy #

保持間隔の設定

障害ポリシーに保持間隔を設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope faultpolicy < policy - name >

5. set retentioninterval { <number of days> <number of hours> <number of minutes> <number of seconds> | forever } 各引数には、次に示す範囲で値を指定する必要があります。

Days(日数):0~24854

Hours(時間数):0~23

Minutes(分数):0~59

Seconds(秒数):0~59


) VNMC CLI で指定する保持間隔の有効範囲は 0~24854 です。CLI で値を設定すると、VNMC GUI にはその値と同じ値が表示されます。この値を VNMC GUI で編集する場合は 0~99 の範囲とする必要があります。


6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example:

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope faultpolicy

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope faultpolicy EaFaultPA12

faultpolicy モードを開始します。

ステップ 5

set retentioninterval

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy # set retentioninterval 10 00 00 00

保持間隔を設定します。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、障害ポリシーの保持間隔を 10 日に設定する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope faultpolicy EaFaultPA12
vvnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy # set retentioninterval 10 00 00 00
vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy #
 

ログ ポリシーの属性の設定

ここでは、次の内容について説明します。

「バックアップ カウントの設定」

「説明の設定」

「レベルの設定」

「サイズの設定」

バックアップ カウントの設定

ログ ポリシーにバックアップ カウントを設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope log < policy - name >

5. set backup-count {1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9}

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example:

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope log

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope log EaLogPA11

ログ モードを開始します。

ステップ 5

set backup-count

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/log # set backup-count 9

バックアップ カウントを設定します。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/log* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、バックアップ カウントを設定する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope log EaLogPA11
vnmc(policy-mgr) /org/policy/log # set backup-count 9
vnmc(policy-mgr) /org/policy/log* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/log #

説明の設定

ログ ポリシーに説明を設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope log < policy - name >

5. set descr < policy - description >

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example:

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope log

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope log EaLogPA11

ログ モードを開始します。

ステップ 5

set descr

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/log # set descr LogPolicy11

説明を設定します。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/log* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、説明を設定する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope log EaLogPA11
vnmc(policy-mgr) /org/policy/log # set descr LogPolicy11
vnmc(policy-mgr) /org/policy/log* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/log #

レベルの設定

ログ ポリシーにレベルを設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope log < policy - name >

5. set level {critical | debug0 | debug1 | debug2 | debug3 | debug4 | info | major | minor | warning}

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example:

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope log

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope log EaLogPA11

ログ モードを開始します。

ステップ 5

set level

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/log # set level critical

レベルを設定します。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/log* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、レベルを設定する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope log EaLogPA11
vnmc(policy-mgr) /org/policy/log # set level critical
vnmc(policy-mgr) /org/policy/log* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/log #

サイズの設定

ログ ポリシーにサイズを設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. scope log < policy - name >

5. set size < size >

6. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

Example:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

Example:

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

scope log

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope log EaLogPA11

ログ モードを開始します。

ステップ 5

set size

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/log # set size 104857599

サイズを設定します。

有効な値の範囲は 1048576 ~ 104857600 です。

ステップ 6

commit-buffer

 

Example

vnmc(policy-mgr) /org/policy/log* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、サイズを設定する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # scope log EaLogPA11
vnmc(policy-mgr) /org/policy/log # set size 104857599
vnmc(policy-mgr) /org/policy/log* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/log #