Cisco Virtual Network Management Center 2.0 CLI コンフィギュレーション ガイド
ファイル バックアップと管理データのエクスポートおよびインポートの管理
ファイル バックアップと管理データのエクスポートおよびインポートの管理
発行日;2012/11/14 | 英語版ドキュメント(2012/08/21 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

ファイル バックアップと管理データのエクスポートおよびインポートの管理

Cisco VNMC ソフトウェアのバックアップ設定への復元

ファイルのバックアップの操作

ファイルのバックアップの作成

ファイル バックアップの削除

ファイル バックアップの表示

ファイル バックアップのイネーブル化

ファイル バックアップのディセーブル化

ファイル バックアップの属性の使用

ファイル バックアップの説明属性の設定

ファイル バックアップに対するパスワード属性の設定

ファイル バックアップに対するプロトコル属性の設定

ファイル バックアップのリモート ファイル属性の設定

ファイル バックアップに対するタイプ属性の設定

ファイル バックアップに対するユーザ属性の設定

管理データのエクスポートおよびインポートの使用

管理データのエクスポート サービスの作成

管理データのエクスポート サービスの削除

管理データのエクスポート サービスの表示

管理データのエクスポート サービスのイネーブル化

管理データのエクスポート サービスのディセーブル化

管理データのインポート サービスの作成

管理データのインポート サービスの削除

管理データのインポート サービスの表示

管理データのインポート サービスのイネーブル化

管理データのインポート サービスのディセーブル化

管理データの属性の使用

インポートに対するアクション属性の設定

エクスポートおよびインポートに対する説明属性の設定

エクスポートおよびインポートに対するパスワード属性の設定

エクスポートおよびインポートに対するプロトコル属性の設定

エクスポートおよびインポートに対するリモート ファイル プレフィックス属性の設定

エクスポートのタイプ属性の設定

エクスポートおよびインポートに対するユーザ属性の設定

ファイル バックアップと管理データのエクスポートおよびインポートの管理

この章では、ファイル バックアップと管理データの管理手順を示します。

この章の内容は、次のとおりです。

「Cisco VNMC ソフトウェアのバックアップ設定への復元」

「ファイルのバックアップの操作」

「管理データのエクスポートおよびインポートの使用」

Cisco VNMC ソフトウェアのバックアップ設定への復元

バックアップ設定には、設定とそれに関連する詳細などのすべてのバックアップが含まれています。これは、バイナリ バックアップです。

Cisco VNMC ソフトウェアをバックアップ設定に復元するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Cisco VNMC 仮想マシン(VM)をインストールします。

詳細については、『 Cisco Virtual Security Gateway, Release 4.2(1)VSG1(1) 』および『 Cisco Virtual Network Management Center, Release 2.0 Installation Guide 』を参照してください。


) 既存の VNMC ソフトウェアを復元する場合、手順 1 の実行は任意です。


ステップ 2 Cisco VSG ポリシー エージェントをアンインストールします。

このタスク用の Cisco VSG コンソールにセキュア シェルを接続します。このステップではトラフィックが中断されることはありません。

vsg# conf t
vsg (config)# vnm-policy-agent
vsg (config-vnm-policy-agent)# no policy-agent-image

) 復元する Cisco VNMC に関連付けたすべての Cisco VSG で、この手順を実行します。


ステップ 3 ASA 1000V ポリシー エージェントをディセーブルにします。

このタスク用の ASA 1000V コンソールにセキュア シェルを接続します。

ciscoasa> enable
Password:
ciscoasa# configure terminal
ciscoasa(config)# no vnmc policy-agent
 

) 復元する Cisco VNMC に関連付けたすべての ASA 1000V で、この手順を実行します。


ステップ 4 VSM ポリシー エージェントをアンインストールします。

このタスク用の VSM コンソールにセキュア シェルを接続します。このステップではトラフィックが中断されることはありません。

vsm# conf t
vsm (config)# vnm-policy-agent

vsm (config-vnm-policy-agent)# no policy-agent-image


) 復元する Cisco VNMC に関連するすべての Cisco VSM に対して次の手順を実行します。


ステップ 5 Cisco VNMC データベースを復元します。

このタスク用の Cisco VNMC CLI にセキュア シェルを接続します。Cisco VNMC バックアップの場所に応じて、ファイル転送プロトコル(FTP)、セキュア コピー(SCP)、またはセキュア ファイル転送プロトコル(SFTP)を使用して復元します。

vnmc# connect local-mgmt
vnmc(local-mgmt)# restore scp://username@server/pathtofile
 

) TFTP を使用してバックアップおよび復元の操作を実行しないでください。


 

ステップ 6 Cisco VNMC GUI で、[Administration] > [Service Registry] > [Clients] を選択し、[Work] ペインで次の手順に進みます。

a. 登録された各 VSM で、動作ステータスに lost-visibility と表示されるまで待ちます。

b. 各 VSM を選択し、[Delete Client] アイコンをクリックします。

ステップ 7 Cisco VNMC GUI で [Resource Management] > [Resources] > [Virtual Supervisor Modules] を選択し、削除した VSM が表示されていないことを確認します。

ステップ 8 VSM ポリシー エージェントを再インストールします。


) VSM ポリシー エージェントをアップグレードする必要がある場合は、新しいソフトウェアをインストールしてください。


VSM# conf t
VSM (config)# vnm-policy-agent
VSM (config-vnm-policy-agent)# policy-agent-image bootflash:vnmc-vsmpa.2.0.1g.bin
 

ステップ 9 すべての VSM がサービス レジストリに登録され、[Resource Management] > [Resources] > [Virtual Supervisor Modules] に表示されるまで待ちます。

ステップ 10 Cisco VSG ポリシー エージェントを再インストールします。


) Cisco VSG ポリシー エージェントをアップグレードする必要がある場合は、ここで新しいソフトウェアをインストールします。


VSG# conf t
VSG (config)# vnm-policy-agent
VSG (config-vnm-policy-agent)# policy-agent-image bootflash:vnmc-vsgpa.1.3.1c.bin
 

ステップ 11 ASA 1000V ポリシー エージェントをイネーブルにします。

ciscoasa> enable
Password:
ciscoasa# configure terminal
ciscoasa(config)# vnmc policy-agent
ciscoasa(config-vnmc-policy-agent)# registration host n.n.n.n
ciscoasa(config-vnmc-policy-agent)# shared-secret MySharedSecret
 

ステップ 12 復元プロセスの完了後、次のステートを確認します。


) セットアップ環境により、復元プロセスに数分を要する場合があります。


a. Cisco VSG CLI で、設定が以前の状態に復元されていることを確認します。

b. Cisco ASA 1000V で、設定が以前の状態に復元されていることを確認します。

c. Cisco VNMC GUI で、オブジェクトおよびポリシーが以前の状態に復元されていることを確認します。


 

ファイルのバックアップの操作

ここでは、次の内容について説明します。

「ファイルのバックアップの作成」

「ファイル バックアップの削除」

「ファイル バックアップの表示」

「ファイル バックアップのイネーブル化」

「ファイル バックアップのディセーブル化」

「ファイル バックアップの属性の使用」

ファイルのバックアップの作成

ファイルのバックアップを作成できます。


) TFTP を使用してデータをバックアップしないでください。


はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. create backup { ftp: < //user@location/file > | scp: < //user@location/file > | sftp: < //user@location/file > } full-state {disabled | enabled}

3. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

create backup

 

Example:

vnmc /system # create backup ftp://de@testhostname/testfile full-state enabled

ファイル バックアップを作成します。

ステップ 3

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/backup* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、ファイル バックアップを作成する例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # create backup ftp://de@testhostname/testfile full-state enabled
 
Password:
vnmc /system/backup* # commit-buffer
vnmc /system/backup #

ファイル バックアップの削除

ファイルのバックアップを削除できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. delete backup < hostname or ip-address >

3. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

delete backup

 

Example:

vnmc /system # delete backup testhostname

ファイル バックアップを削除します。

ステップ 3

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、ファイル バックアップを削除する例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # delete backup testhostname
vnmc /system* # commit-buffer
vnmc /system #

ファイル バックアップの表示

ファイル バックアップのリストを表示できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. show backup

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

show backup

 

Example:

vnmc /system # show backup

ファイル バックアップのリストを表示します。

次に、ファイル バックアップのリストを表示する例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # show backup
 
Backup:
Hostname Type User Protocol Administrative State Description
------------- ------------ -------- -------- -------------------- ---------
testhostname Full State testOne Ftp Enabled
testhostname2 Full State testTwo Ftp Enabled
vnmc /system #

ファイル バックアップのイネーブル化

ファイルのバックアップをイネーブルにできます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. scope backup < hostname or ip-address >

3. enable

4. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

scope backup

 

Example:

vnmc /system # scope backup testhostname

バックアップ モードを開始します。

ステップ 3

enable

 

Example:

vnmc /system/backup # enable

バックアップをイネーブルにします。

ステップ 4

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/backup* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、ファイル バックアップをイネーブルにする例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # scope backup testhostname
vnmc /system/backup # enable
 
Password:
vnmc /system/backup* # commit-buffer
vnmc /system/backup #

ファイル バックアップのディセーブル化

ファイルのバックアップをディセーブルにできます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. scope backup < hostname or ip-address >

3. disable

4. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

scope backup

 

Example:

vnmc /system # scope backup test hostname

バックアップ モードを開始します。

ステップ 3

disable

 

Example:

vnmc /system/backup # disable

バックアップをディセーブルにします。

ステップ 4

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/backup* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、ファイル バックアップをディセーブルにする例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # scope backup testhostname
vnmc /system/backup # disable
 
Password:
vnmc /system/backup* # commit-buffer
vnmc /system/backup #

ファイル バックアップの説明属性の設定

説明属性を設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. scope backup < hostname or ip-address >

3. set descr < description >

4. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

scope backup

 

Example:

vnmc /system # scope backup testhostname

バックアップ モードを開始します。

ステップ 3

set descr

 

Example:

vnmc /system/backup # set des cr testAll

説明属性を設定します。

ステップ 4

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/backup* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、説明属性を設定する例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # scope backup testhostname
vnmc /system/backup # set descr testAll
vnmc /system/backup* # commit-buffer
vnmc /system/backup #

ファイル バックアップに対するパスワード属性の設定

パスワード属性を設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. scope backup < hostname or ip-address >

3. set password

4. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

scope backup

 

Example:

vnmc /system # scope backup testhostname

バックアップ モードを開始します。

ステップ 3

set password

 

Example:

vnmc /system/backup # set password

パスワード属性を設定します。

ステップ 4

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/backup* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、パスワード属性を設定する例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # scope backup testhostname
vnmc /system/backup # set password
 
Password:
vnmc /system/backup* # commit-buffer
vnmc /system/backup #

ファイル バックアップに対するプロトコル属性の設定

リモート ファイル名を設定できます。


) TFTP を使用してデータをバックアップしないでください。


はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. scope backup < hostname or ip-address >

3. set protocol {ftp | scp | sftp}

4. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

scope backup

 

Example:

vnmc /system # scope backup testhostname

バックアップ モードを開始します。

ステップ 3

set protocol

 

Example:

vnmc /system/backup # set protocol scp

プロトコル属性を設定します。

ステップ 4

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/backup* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、プロトコル属性を設定する例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # scope backup testhostname
vnmc /system/backup # set protocol scp
vnmc /system/backup* # commit-buffer
vnmc /system/backup #

ファイル バックアップのリモート ファイル属性の設定

リモート ファイル属性を設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. scope backup < hostname or ip-address >

3. set remote-file <remote file full path>

4. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

scope backup

 

Example:

vnmc /system # scope backup testhostname

バックアップ モードを開始します。

ステップ 3

set remote-file

 

Example:

vnmc /system/backup # set remote-file /directory/file_a

リモート ファイル属性を設定します。

ステップ 4

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/backup* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、リモート ファイル属性を設定する例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # scope backup testhostname
vnmc /system/backup # set remote-file /directory/file_a
vnmc /system/backup* # commit-buffer
vnmc /system/backup #

ファイル バックアップに対するタイプ属性の設定

タイプ属性を設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. scope backup < hostname or ip-address >

3. set type {full-state}

4. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

scope backup

 

Example:

vnmc /system # scope backup testhostname

バックアップ モードを開始します。

ステップ 3

set type

 

Example:

vnmc /system/backup # set type full-state

タイプ属性を設定します。

ステップ 4

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/backup* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、タイプ属性を設定する例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # scope backup testhostname
vnmc /system/backup # set type full-state
vnmc /system/backup* # commit-buffer
vnmc /system/backup #

ファイル バックアップに対するユーザ属性の設定

ユーザ属性を設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. scope backup < hostname or ip-address >

3. set user <user-name>

4. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

scope backup

 

Example:

vnmc /system # scope backup testhostname

バックアップ モードを開始します。

ステップ 3

set user

 

Example:

vnmc /system/backup # set user techs

ユーザ属性を設定します。

ステップ 4

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/backup* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、ユーザ属性を設定する例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # scope backup testhostname
vnmc /system/backup # set user techs
vnmc /system/backup* # commit-buffer
vnmc /system/backup #

管理データのエクスポートおよびインポートの使用

データ エクスポートには設定だけが含まれます。

ここでは、次の内容について説明します。

「管理データのエクスポート サービスの作成」

「管理データのエクスポート サービスの削除」

「管理データのエクスポート サービスの表示」

「管理データのエクスポート サービスのイネーブル化」

「管理データのエクスポート サービスのディセーブル化」

「管理データのインポート サービスの作成」

「管理データのインポート サービスの削除」

「管理データのインポート サービスの表示」

「管理データのインポート サービスのイネーブル化」

「管理データの属性の使用」

管理データのエクスポート サービスの作成

VNMC 管理データのエクスポート サービスを作成できます。


) TFTP を使用してエクスポートおよびインポートの操作を実行しないでください。


はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. create export {ftp: < //user@location/file > | scp: < //user@location/file > | sftp: < //user@location/file > } { config-all | config- logical | config-s ystem} {disabled | enabled}

3. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

create export

 

Example:

vnmc /system # create export ftp://de@testhostname/PA12 config-all enabled

管理データのエクスポート サービスをイネーブルにします。

ステップ 3

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/export* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、管理データのエクスポート サービスを作成する例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # create export ftp://de@testhostname/PA12 config-all enabled
 
Password:
vnmc /system/export* # commit-buffer
vnmc /system/export #
 

管理データのエクスポート サービスの削除

管理データのエクスポート サービスを削除できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. delete export < hostname or ip-address >

3. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

delete export

 

Example:

vnmc /system # delete export testhostname

エクスポート サービスを削除します。

ステップ 3

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、管理データのエクスポート サービスを削除する例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # delete export testhostname
vnmc /system* # commit-buffer
vnmc /system #

管理データのエクスポート サービスの表示

エクスポート サービスのリストを表示できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. show export

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

show export

 

Example:

vnmc /system # show export

エクスポート サービスのリストを表示します。

次に、エクスポート サービスのリストを表示する例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # show export
 
Management Data Export:
Hostname User Protocol Data Export Type Administrative State Description
---------- ---------- -------- ---------------- -------------------- -----------
testhostname test Ftp Config All Enabled
testhostname2 test Ftp Config System Enabled
vnmc /system #

管理データのエクスポート サービスのイネーブル化

管理データのエクスポート サービスをイネーブルにできます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. scope export < hostname or ip-address >

3. enable

4. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

scope export

 

Example:

vnmc /system # scop e export testhostname

エクスポート モードを開始します。

ステップ 3

enable

 

Example:

vnmc /system/export # enable

管理データのエクスポート サービスをイネーブルにします。

ステップ 4

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/export* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、管理データのエクスポート サービスをイネーブルにする例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # scope export testhostname
vnmc /system/export # enable
 
Password:
vnmc /system/export* # commit-buffer
vnmc /system/export #

管理データのエクスポート サービスのディセーブル化

管理データのエクスポート サービスをディセーブルにできます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. scope export < hostname or ip-address >

3. disable

4. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

scope export

 

Example:

vnmc /system # scope export testhostname

エクスポート モードを開始します。

ステップ 3

disable

 

Example:

vnmc /system/export # disable

管理データのエクスポート サービスをディセーブルにします。

ステップ 4

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/export* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、管理データのエクスポート サービスをイネーブルにする例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # scope export testhostname
vnmc /system/export # disable
 
Password:
vnmc /system/export* # commit-buffer
vnmc /system/export #

管理データのインポート サービスの作成

VNMC 管理データのインポート サービスを作成できます。


) TFTP を使用してエクスポートおよびインポートの操作を実行しないでください。


はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. create import {ftp: < //user@location/file > | scp: < //user@location/file > | sftp: < //user@location/file > } { merge} {disabled | enabled}

3. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

create import

 

Example:

vnmc /system # create import ftp://de@testhostname/PA12 merge enabled

管理データのインポート サービスをイネーブルにします。

ステップ 3

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/import* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、管理データのインポート サービスを作成する例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # create import ftp:/de@testhostname/PA12 merge enabled
 
Password:
vnmc /system/import* # commit-buffer
vnmc /system/import #

管理データのインポート サービスの削除

管理データのインポート サービスを削除できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. delete import < hostname or ip-address >

3. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

delete import

 

Example:

vnmc /system # delete import testhostname

インポート サービスを削除します。

ステップ 3

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、インポート サービスを削除する例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # delete import testhostname
vnmc /system* # commit-buffer
vnmc /system #

管理データのインポート サービスの表示

インポート サービスのリストを表示できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. show import

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

show import

 

Example:

vnmc /system # show import

インポート サービスのリストを表示します。

次に、インポート サービスのリストを表示する例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # show import
 
Management Data Import:
Hostname User Protocol Data Import Action Administrative State Description
------------- ------ -------- ------------------ -------------------- -----------
testhostname test Ftp Replace Enabled
testhostname2 test Ftp Replace Enabled
vnmc /system #

管理データのインポート サービスのイネーブル化

管理データのインポート サービスをイネーブルにできます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. scope import < hostname or ip-address >

3. enable

4. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

scope import

 

Example:

vnmc /system # scope import testhostname

インポート モードを開始します。

ステップ 3

enable

 

Example:

vnmc /system/import # enable

管理データのインポート サービスをイネーブルにします。

ステップ 4

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/import* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、管理データのインポート サービスをイネーブルにする例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # scope import testhostname
vnmc /system/import # enable
 
Password:
vnmc /system/import* # commit-buffer
vnmc /system/import #

管理データのインポート サービスのディセーブル化

管理データのインポート サービスをディセーブルにできます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. scope import < hostname or ip-address >

3. disable

4. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

scope import

 

Example:

vnmc /system # scope import testhostname

インポート モードを開始します。

ステップ 3

disable

 

Example:

vnmc /system/import # disable

管理データのインポート サービスをディセーブルにします。

ステップ 4

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/import* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、管理データのインポート サービスをディセーブルにする例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # scope import testhostname
vnmc /system/import # disable
 
Password:
vnmc /system/import* # commit-buffer
vnmc /system/import #

インポートに対するアクション属性の設定

アクション属性を設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. scope import < hostname or ip-address >

3. set action { merge }

4. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

scope import

 

Example:

vnmc /system # scope import testhostname

インポート モードを開始します。

ステップ 3

set action

 

Example:

vnmc /system/import # set action merge

アクション属性を設定します。

ステップ 4

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/import* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、アクション属性を設定する例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # scope import testhostname
vnmc /system/import # set action merge
vnmc /system/import* # commit-buffer
vnmc /system/import #

エクスポートおよびインポートに対する説明属性の設定

説明属性を設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. scope export < hostname or ip-address > | scope import < hostname or ip-address >

3. set descr < description >

4. commit- buffer

手順の詳細(エクスポート モード)

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

scope export

 

Example:

vnmc /system # scope export testhostname

エクスポート モードを開始します。

ステップ 3

set descr

 

Example:

vnmc /system/export # set des cr testA

説明属性を設定します。

ステップ 4

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/export* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

手順の詳細(インポート モード)

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

scope import

 

Example:

vnmc /system # scope import testhostname

インポート モードを開始します。

ステップ 3

set descr

 

Example:

vnmc /system/import # set descr testA

説明属性を設定します。

ステップ 4

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/import* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、エクスポート モードで説明属性を設定する例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # scope export testhostname
vnmc /system/backup # set descr testA
vnmc /system/backup* # commit-buffer
vnmc /system/backup* #

エクスポートおよびインポートに対するパスワード属性の設定

パスワード属性を設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. scope export < hostname or ip-address > | scope import < hostname or ip-address >

3. set password

4. commit-buffer

手順の詳細(エクスポート モード)

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

scope export

 

Example:

vnmc /system # scope export testhostname

エクスポート モードを開始します。

ステップ 3

set password

 

Example:

vnmc /system/export # set password

パスワード属性を設定します。

ステップ 4

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/export* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

手順の詳細(インポート モード)

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

scope import

 

Example:

vnmc /system # scope import testhostname

インポート モードを開始します。

ステップ 3

set password

 

Example:

vnmc /system/import # set password

パスワード属性を設定します。

ステップ 4

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/import* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、インポート モードでパスワード属性を設定する例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # scope import testhostname
vnmc /system/import # set password
 
Password:
vnmc /system/import #

エクスポートおよびインポートに対するプロトコル属性の設定

プロトコル属性を設定できます。


) TFTP を使用してエクスポートおよびインポートの操作を実行しないでください。


はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. scope export < hostname or ip-address > | scope import < hostname or ip-address >

3. set protocol {ftp | scp | sftp}

4. commit-buffer

手順の詳細(エクスポート モード)

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

scope export

 

Example:

vnmc /system # scope export testhostname

エクスポート モードを開始します。

ステップ 3

set protocol

 

Example:

vnmc /system/export # set protocol ftp

パスワード属性を設定します。

ステップ 4

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/export* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

手順の詳細(インポート モード)

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

scope import

 

Example:

vnmc /system # scope import testhostname

インポート モードを開始します。

ステップ 3

set protocol

 

Example:

vnmc /system/import # set protocol ftp

プロトコル属性を設定します。

ステップ 4

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/import* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、インポート モードでプロトコル属性を設定する例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # scope import testhostname
vnmc /system/import # set protocol ftp
vnmc /system/import* # commit-buffer
vnmc /system/import #

エクスポートおよびインポートに対するリモート ファイル プレフィックス属性の設定

リモート ファイルのプレフィックス属性を、そのリモート ファイルのプレフィックス( /pathtofile/file )またはフル パス( /pathtofile/file.tgz )に設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. scope export < hostname or ip-address > | scope import < hostname or ip-address >

3. set remote-file-prefix < /path/filename> | </path/filename.tgz >

4. commit-buffer

手順の詳細(エクスポート モード)

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

scope export

 

Example:

vnmc /system # scope export testhostname

エクスポート モードを開始します。

ステップ 3

set remote-file-prefix

 

Example:

vnmc /system/export # set remote-file-prefix /test

リモート ファイル プレフィックス属性を設定します。

ステップ 4

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/export* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

手順の詳細(インポート モード)

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

scope import

 

Example:

vnmc /system # scope import testhostname

インポート モードを開始します。

ステップ 3

set remote-file-prefix

 

Example:

vnmc /system/import # set remote-file-prefix /test

リモート ファイル プレフィックス属性を設定します。

ステップ 4

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/import* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、エクスポート モードでリモート ファイル プレフィックス属性を設定する例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # scope export testhostname
vnmc /system/export # set remote-file-prefix /test
vnmc /system/export* # commit-buffer
vnmc /system/export #

エクスポートのタイプ属性の設定

タイプ属性を設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. scope export < hostname or ip-address >

3. set type <hostname or ip-address> {config-all | config-logical | config-system}

4. commit-buffer

手順の詳細(エクスポート モード)

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

scope export

 

Example:

vnmc /system # scope export testhostname

エクスポート モードを開始します。

ステップ 3

set type

 

Example:

vnmc /system/export # set type config-all

タイプ属性を設定します。

ステップ 4

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/export* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、エクスポート モードでタイプ属性を設定する例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # scope export testhostname
vnmc /system/export # set type config-all
vnmc /system/export* # commit-buffer
vnmc /system/export #

エクスポートおよびインポートに対するユーザ属性の設定

ユーザ属性を設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. scope export < hostname or ip-address > | scope import < hostname or ip-address >

3. set user < user-name >

4. commit-buffer

手順の詳細(エクスポート モード)

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

scope export

 

Example:

vnmc /system # scope export testhostname

エクスポート モードを開始します。

ステップ 3

set user

 

Example:

vnmc /system/export # set user techs

ユーザ属性を設定します。

ステップ 4

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/export* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

手順の詳細(インポート モード)

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

scope import

 

Example:

vnmc /system # scope import testhostname

インポート モードを開始します。

ステップ 3

set user

 

Example:

vnmc /system/import # set user techs

ユーザ属性を設定します。

ステップ 4

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system/import* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、インポート モードでユーザ属性を設定する例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # scope import testhostname
vnmc /system/import # set user techs
vnmc /system/import* # commit-buffer
vnmc /system/import #