Cisco Virtual Network Management Center 2.0 CLI コンフィギュレーション ガイド
VNMC の管理
VNMC の管理
発行日;2012/11/14 | 英語版ドキュメント(2012/08/21 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

VNMC の管理

VNMC のリブート

システムの更新

ホスト名の設定

VNMC の復元

サービスの使用

データベースの再初期化

サービスの再起動

サービスの起動

サービスのステータスの表示

サービスの停止

ファイルおよびアプリケーションの管理

ファイルのコピー

ファイルの削除

ブートフラッシュおよび揮発性ディレクトリの管理

セキュリティの管理

共有シークレット パスワードの変更

ネットワーク インターフェイスの管理

IP アドレスの設定

ゲートウェイ アドレスの設定

ネットマスクの設定

ping コマンドの使用

ターミナル セッション パラメータの設定

ターミナルの長さの設定

セッション タイムアウトの設定

ターミナルの幅の設定

システム情報の表示

プロバイダーの表示

CLI 情報の表示

クロックの表示

設定情報の表示

ネットワーク インターフェイスの表示

システム情報の表示

バージョン番号の表示

テクニカルサポート情報の表示

更新履歴の表示

FSM の表示

VNMC のリブート

VNMC をリブートできます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ローカル管理

手順の概要

1. connect local-mgmt

2. reboot

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect local-mgmt

 

Example:

vnmc# connect local-mgmt

ローカル管理 CLI を開始します。

ステップ 2

reboot

 

Example:

vnmc(local-mgmt)# reboot

VNMC をリブートします。

次に、VNMC をリブートする例を示します。

vnmc# connect local-mgmt
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
vnmc(local-mgmt)# reboot
The VM will be rebooted. Are you sure? (yes/no): yes
Rebooting...
Broadcast message from root (pts/0) (Thu Sep 30 01:52:25 2010):
The system is going down for reboot NOW!
vnmc(local-mgmt)#

システムの更新

システムを更新できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ローカル管理

手順の概要

1. connect local-mgmt

2. update {bootflash: | ftp: | scp: | sftp: | volatile:} < uri >


) TFTP を使用してシステムを更新しないでください。


手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect local-mgmt

 

Example:

vnmc# connect local-mgmt

ローカル管理 CLI を開始します。

ステップ 2

update

 

Example:

vnmc(local-mgmt) # update bootflas h:/VNMC.2.0.bin

システムを更新します。

次の例は、システムを更新する方法を示します。

vnmc# connect local-mgmt
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(local-mgmt)# update bootflash:/VNMC.2.0.bin

) 前の例で使用したファイル VNMC.2.0.bin はリリース済み .bin ファイルです。


ホスト名の設定

ホスト名を設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。


注意 ホスト名を変更すると、変更の影響をユーザに警告することを目的に、新しい証明書が生成されます。VM Manager 拡張ファイルを再びエクスポートし、vCenter にインストールする必要があります。証明書がインストールされているすべての Web ブラウザ クライアントに、新しい証明書のプロンプトが表示されます。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope system

2. set hostname

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

set hostname

 

Example:

vnmc /system # set hostname testHost

ホスト名を設定します。

ステップ 3

commit-buffer

 

Example:

vnmc /system* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、ホスト名を設定する例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # set hostname testHost
vnmc /system* # commit-buffer
vnmc /system #

VNMC の復元

VNMC を復元できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ローカル管理

手順の概要

1. connect local-mgmt

2. restore { ftp: | scp: | sftp: } < uri - remote - file >


) TFTP を使用して VNMC を復元しないでください。


手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect local-mgmt

 

Example:

vnmc# connect local-mgmt

ローカル管理 CLI を開始します。

ステップ 2

restore

 

Example:

vnmc(local-mgmt)# restore scp://jsmith@171.71.171.100/ws/jsmith-sjc/483fullstatesftp

VNMC を復元します。

次に、VNMC を復元する例を示します。

vnmc# connect local-mgmt
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
vnmc(local-mgmt)# restore scp://jsmith@171.71.171.100/ws/jsmith-sjc/483fullstatesftp
Enter password:
Stopping services
Extracting files
Configuring network
NOTE - the IP address you're restoring from differs from your current IP, you might lose network connectivity
vnmc(local-mgmt)#

サービスの使用

データベースを再初期化して、サービスを開始および停止できます。

ここでは、次の内容について説明します。

「データベースの再初期化」

「サービスの再起動」

「サービスの起動」

「サービスのステータスの表示」

「サービスの停止」

データベースの再初期化

データベースを再初期化できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ローカル管理

手順の概要

1. connect local-mgmt

2. service reinit

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect local-mgmt

 

Example:

vnmc# connect local-mgmt

ローカル管理 CLI を開始します。

ステップ 2

service reinit

 

Example:

vnmc(local-mgmt)# service reinit

データベースを再初期化します。

次に、データベースを再初期化する例を示します。

vnmc# connect local-mgmt
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
vnmc(local-mgmt)# service reinit
The VNMC databases will be reinitialized. Are you sure? (yes/no): yes
Shutting down pmon: [ OK ]
Starting pmon: [ OK ]
vnmc(local-mgmt)#

サービスの再起動

サービスを再起動できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ローカル管理

手順の概要

1. connect local-mgmt

2. service restart

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect local-mgmt

 

Example:

vnmc# connect local-mgmt

ローカル管理 CLI を開始します。

ステップ 2

service restart

 

Example:

vnmc(local-mgmt)# service restart

サービスを再起動します。

次に、サービスを再起動する例を示します。

vnmc# connect local-mgmt
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
vnmc(local-mgmt)# service restart
Shutting down pmon: [ OK ]
Starting pmon: [ OK ]
vnmc(local-mgmt)#

サービスの起動

サービスを起動できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ローカル管理

手順の概要

1. connect local-mgmt

2. service start

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect local-mgmt

 

Example:

vnmc# connect local-mgmt

ローカル管理 CLI を開始します。

ステップ 2

service start

 

Example:

vnmc(local-mgmt)# service start

サービスを起動します。

次に、サービスを起動する例を示します。

vnmc# connect local-mgmt
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
vnmc(local-mgmt)# service start
Starting pmon: [ OK ]
vnmc(local-mgmt)#

サービスのステータスの表示

サービスのステータスを表示できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ローカル管理

手順の概要

1. connect local-mgmt

2. service status

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect local-mgmt

 

Example:

vnmc# connect local-mgmt

ローカル管理 CLI を開始します。

ステップ 2

service status

 

Example:

vnmc(local-mgmt)# service status

すべてのサービスのステータスを表示します。

vnmc# connect local-mgmt
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
vnmc(local-mgmt)# service status
 
SERVICE NAME STATE RETRY(MAX) CORE
------------ ----- ---------- ----
pmon running N/A N/A
core-svc_cor_dme running 0(4) no
service-reg-svc_reg_dme running 0(4) no
core-svc_cor_secAG running 0(4) no
resource-mgr-svc_res_dme running 0(4) no
policy-mgr-svc_pol_dme running 0(4) no
sam_cores_mon.sh running 0(4) no
vm-mgr-svc_vmm_dme running 0(4) no
core-svc_cor_controllerAG running 0(4) no
vm-mgr-svc_vmm_vmAG running 0(4) no
core-httpd.sh running 0(4) no
core-svc_cor_sessionmgrAG running 0(4) no
vnmc(local-mgmt)#

サービスの停止

サービスを停止できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ローカル管理

手順の概要

1. connect local-mgmt

2. service stop

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect local-mgmt

 

Example:

vnmc# connect local-mgmt

ローカル管理 CLI を開始します。

ステップ 2

service stop

 

Example:

vnmc(local-mgmt)# service stop

サービスを停止します。

次に、サービスを停止する例を示します。

vnmc# connect local-mgmt
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
vnmc(local-mgmt)# service stop
Shutting down pmon: [ OK ]
vnmcs(local-mgmt)#

ファイルおよびアプリケーションの管理

ここでは、次の内容について説明します。

「ファイルのコピー」

「ファイルの削除」

「ブートフラッシュおよび揮発性ディレクトリの管理」

ファイルのコピー

ファイルをコピーできます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ローカル管理

手順の概要

1. connect local-mgmt

2. copy {bootflash: | ftp: | scp: | stfp: | tftp: | volatile:} < uri - source - file > {bootflash: | ftp: | scp: | stfp: | tftp: | volatile:} < uri - destination - file >

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect local-mgmt

 

Example:

vnmc# connect local-mgmt

ローカル管理 CLI を開始します。

ステップ 2

copy

 

Example:

vnmc(local-mgmt)# copy scp://jsmith@171.71.171.100/ws/jsmith-sjc/vnmc.2.0.bin bootflash:/

ファイルをコピーします。

次に、ファイルをコピーする例を示します。

vnmc# connect local-mgmt
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
vnmc(local-mgmt)# copy scp://jsmith@171.71.171.100/ws/jsmith-sjc/vnmc.2.0.bin bootflash:/
 
Password:
vnmc(local-mgmt)#

ファイルの削除

ファイルを削除できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ローカル管理

手順の概要

1. connect local-mgmt

2. delete {bootflash: | volatile:} < uri - file >

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect local-mgmt

 

Example:

vnmc# connect local-mgmt

ローカル管理 CLI を開始します。

ステップ 2

delete

 

Example:

vnmc(local-mgmt)# delete bootflash:/vnmc.2.0.bin

ファイルを削除します。

次に、ファイルを削除する例を示します。

vnmc# connect local-mgmt
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
vnmc(local-mgmt)# delete bootflash:/vnmc.2.0.bin
Delete bootflash:///vnmc.2.0.bin? (yes/no): yes
Deleted
vnmc(local-mgmt)#

ブートフラッシュおよび揮発性ディレクトリの管理

ブートフラッシュおよび揮発性ディレクトリを管理できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ローカル管理

手順の概要

1. connect local-mgmt

2. dir {bootflash: | volatile:}

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect local-mgmt

 

Example:

vnmc# connect local-mgmt

ローカル管理 CLI を開始します。

ステップ 2

dir

 

Example:

vnmc(local-mgmt)# dir bootflash:

次に、ブートフラッシュ ディレクトリをモニタする例を示します。

vnmc# connect local-mgmt
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2012, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(local-mgmt)# dir bootflash:
19M Jul 28 2011 vnmc-vsgpa.1.2.1b.bin
19M Jul 28 2011 vnmc-vsmpa.1.2.1b.bin
431M Aug 8 23:36 vnmc.2.0.3f.bin
 
 
Usage for bootflash://
 
2694216 KB used
14554820 KB free
18187836 KB total
vnmc(local-mgmt)#
 

セキュリティの管理

ここでは、次の内容について説明します。

「共有シークレット パスワードの変更」

共有シークレット パスワードの変更

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ローカル管理

手順の概要

1. connect local-mgmt

2. modify shared-secret

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect local-mgmt

 

Example:

vnmc# connect local-mgmt

ローカル管理 CLI を開始します。

ステップ 2

modify shared-secret

 

Example:

vnmc(local-mgmt)# modify shared-secret

共有シークレット パスワードを変更します。

パスワードには少なくとも 8 文字必要です。

次に、共有シークレット パスワードを変更する例を示します。

vnmc# connect local-mgmt
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
vnmc(local-mgmt)# modify shared-secret
Enter the Shared Secret :
Confirm Shared Secret :
vnmc(local-mgmt)#

ネットワーク インターフェイスの管理

この項では、仮想マシン ネットワーク インターフェイスの管理手順を示します。

ここでは、次の内容について説明します。

「IP アドレスの設定」

「ゲートウェイ アドレスの設定」

「ネットマスクの設定」

「ping コマンドの使用」

IP アドレスの設定

はじめる前に


注意 この変更は、いったんコミットすると、現在の CLI セッションから切断される場合があります。

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope network-interface mgmt

2. set net ip < ip-address >

3. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope network-interface mgmt

 

Example:

vnmc# scope network-interface mgmt

ネットワークインターフェイス モードを開始します。

ステップ 2

set net ip

 

Example:

vnmc /network-interface # set net ip 209.165.200.230

IP アドレスを設定します。

引数の形式は A.B.C.D です。

ステップ 3

commit-buffer

 

Example:

vnmc /network-interface* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、IP アドレスを 209.165.200.230 に設定する例を示します。

vnmc# scope network-interface mgmt
vnmc /network-interface # set net ip 209.165.200.230
Warning: When committed, this change may disconnect the current CLI session.
vnmc /network-interface* # commit-buffer
vnmc /network-interface#

ゲートウェイ アドレスの設定

はじめる前に


注意 このプロパティをリセットするときに、何を実行していたかを明らかにしておく必要があります。いったんリセットすると、ネットワーク内のトラフィックがリセットされます。

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope network-interface mgmt

2. set net gw < gateway-address>

3. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope network-interface mgmt

 

Example:

vnmc# scope network-interface

ネットワークインターフェイス モードを開始します。

ステップ 2

set net gw

 

Example:

vnmc /network-interface # set net gw 209.165.200.225

ゲートウェイ アドレスを設定します。

引数の形式は A.B.C.D です。

ステップ 3

commit-buffer

 

Example:

vnmc /network-interface* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、ゲートウェイ アドレスを 209.165.200.225 に設定する例を示します。

vnmc# scope network-interface mgmt
vnmc /network-interface # set net gw 209.165.200.225
Warning: When committed, this change may disconnect the current CLI session.
vnmc /network-interface* # commit-buffer
vnmc /network-interface #

ネットマスクの設定

はじめる前に


注意 この変更は、いったんコミットすると、現在の CLI セッションから切断される場合があります。

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. scope network-interface mgmt

2. set net netmask < netmask >

3. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope network-interface mgmt

 

Example:

vnmc# scope network-interface

ネットワークインターフェイス モードを開始します。

ステップ 2

set net netmask

 

Example:

vnmc /network-interface # set net netmask 255.255.255.0

ネットマスクを設定します。

引数の形式は A.B.C.D です。

ステップ 3

commit-buffer

 

Example:

vnmc /network-interface* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、ネットマスクを 255.255.255.0 に設定する例を示します。

vnmc# scope network-interface mgmt
vnmc /network-interface # set net netmask 255.255.255.0
Warning: When committed, this change may disconnect the current CLI session.
vnmc /network-interface* # commit-buffer

vnmc /network-interface#

ping コマンドの使用

デバイスのホスト名または IP アドレスに ping を送信して、そのデバイスに接続できるかどうかを確認できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. connect local-mgmt

2. ping <hostname or ip-address>

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect local-mgmt

 

Example:

vnmc# connect local-mgmt

ローカル管理 CLI を開始します。

ステップ 2

ping <hostname or ip-address >

 

Example:

vnmc(local-mgmt)# ping 171.69.68.1

ホスト名または IP アドレスに ping を実行します。

次に、IP アドレス 171.69.68.1 に ping を実行する例を示します。

vnmc# connect local-mgmt
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2012, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(local-mgmt)# ping 171.69.68.1
PING 171.69.68.1 (171.69.68.1) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 171.69.68.1: icmp_seq=1 ttl=249 time=6.06 ms
64 bytes from 171.69.68.1: icmp_seq=2 ttl=249 time=1.55 ms
64 bytes from 171.69.68.1: icmp_seq=3 ttl=249 time=1.77 ms
 
--- 171.69.68.1 ping statistics ---
3 packets transmitted, 3 received, 0% packet loss, time 2000ms
rtt min/avg/max/mdev = 1.559/3.131/6.060/2.072 ms
vnmc(local-mgmt)#

ターミナル セッション パラメータの設定

ターミナル セッション パラメータを設定できます。

ここでは、次の内容について説明します。

「ターミナルの長さの設定」

「セッション タイムアウトの設定」

「ターミナルの幅の設定」

ターミナルの長さの設定

show コマンドの実行中にコンピュータ画面に表示する文字の行数を設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. terminal length < terminal length >

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

terminal length

 

Example:

vnmc# terminal length 46

表示する行数を設定します。

有効な値の範囲は、0 ~ 511 です。

次に、表示する行数を 46 に設定する例を示します。

vnmc# terminal length 46
vnmc#

セッション タイムアウトの設定

ターミナル セッション タイムアウトを設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. terminal session-timeout < terminal session timeout in minutes >

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

terminal session-timeout

 

Example:

vnmc# terminal session-timeout 100

ターミナル セッション タイムアウトを設定します。

有効な値の範囲は 0 ~ 525600 分です。

次に、ターミナル セッション タイムアウトを 100 分に設定する例を示します。

vnmc# terminal session-timeout 100
vnmc#

ターミナルの幅の設定

show コマンドの実行中にコンピュータ画面に表示する文字の列数を設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. terminal width <terminal width>

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

terminal width

 

Example:

vnmc# terminal width 46

表示する列数を設定します。

有効な値の範囲は、24 ~ 511 です。

次に、表示する列数を 46 に設定する例を示します。

vnmc# terminal width 46
vnmc#

システム情報の表示

システム情報を表示できます。

ここでは、次の内容について説明します。

「プロバイダーの表示」

「CLI 情報の表示」

「クロックの表示」

「設定情報の表示」

「ネットワーク インターフェイスの表示」

「システム情報の表示」

「バージョン番号の表示」

「テクニカルサポート情報の表示」

「更新履歴の表示」

「FSM の表示」

プロバイダーの表示

VNMC プロバイダーを表示できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

サービス レジストリ

手順の概要

1. connect service-reg

2. show providers

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect service-reg

 

Example:

vnmc# connect service-reg

サービス レジストリ CLI を開始します。

ステップ 2

show providers

 

Example:

vnmc(policy-mgr)# show providers

プロバイダーを表示します。

次に、プロバイダーを表示する例を示します。

vnmc# connect service-reg
vnmc(service-reg) # show providers
 
Registered Providers:
ID: 1001
Registered Provider IP: 209.165.200.230
Registered Provider Name: vnmc
Registered Provider Type: Policy Mgr
 
ID: 1002
Registered Provider IP: 209.165.200.230
Registered Provider Name: vnmc
Registered Provider Type: Resource Mgr
 
ID: 1004
Registered Provider IP: 209.165.200.230
Registered Provider Name: vnmc
Registered Provider Type: Vm Mgr

CLI 情報の表示

VNMC CLI に関する情報を表示できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. show cli {command-status | history | mode-info | shell-type}

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

show cli

 

Example:

vnmc# show cli mode-info

CLI 情報を表示します。

次に、CLI モードの情報を表示する例を示します。

vnmc# show cli mode-info
Mode: /
Mode Data:
vnmc#

クロックの表示

システム クロックを表示できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

ローカル管理

手順の概要

1. show clock

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

show clock

 

Example:

vnmc# show clock

クロックを表示します。

次に、クロックを表示する例を示します。

vnmc# show clock
Thu Nov 18 00:58:07 UTC 2010
vnmc#

設定情報の表示

設定情報を表示できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

ポリシー マネージャ

リソース マネージャ

サービス レジストリ

仮想マシン マネージャ

手順の概要

1. (任意)connect {policy-mgr | resource-mgr | service-reg | vm-mgr}

2. show configuration


) 手順 1 は任意です。管理コントローラ CLI で show configuration コマンドを実行することもできます。ログインした CLI に応じて、CLI ごとに異なる設定情報が返されます。


次に、管理コントローラの設定情報を表示する例を示します。

vnmc# show configuration
scope system
set hostname vnmc
exit
scope network-interface mgmt
set net ip 172.20.28.151 netmask 255.255.255.224 gw 172.20.28.129
exit
vnmc#

ネットワーク インターフェイスの表示

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. show network-interface [detail | fsm status | mgmt]

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

show network-interface

 

Example:

vnmc# show network-interface mgmt

ネットワーク インターフェイスを表示します。

次に、インターフェイス ID、IP アドレス、ゲートウェイ、およびネットマスクを表形式で表示する例を示します。

vnmc# show network-interface mgmt
 
VM IP interface:
ID OOB IP Addr OOB Gateway OOB Netmask
---- --------------- --------------- -----------
Mgmt 10.193.33.218 10.193.33.1 255.255.255.0
vnmc#
 

次に、インターフェイス ID、IP アドレス、ゲートウェイ、およびネットマスクをリスト形式で表示する例を示します。

vnmc# show network-interface detail
 
VM IP interface:
ID: Mgmt
OOB IP Addr: 10.193.33.218
OOB Gateway: 10.193.33.1
OOB Netmask: 255.255.255.0
Current Task:
vnmc#

システム情報の表示

システム情報を表示できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

手順の概要

1. show system [detail | fsm status]

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

show system

 

Example:

vnmc# show system detail

システム情報を表示します。

次に、システムの詳細情報を表示する例を示します。

vnmc# show system detail
 
Systems:
Hostname: vnmc
Address: 10.193.33.218
Current Task:
vnmc#

バージョン番号の表示

アプリケーションのバージョン番号を表示できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

管理コントローラ

ローカル管理

手順の概要

1. (任意)connect local-mgmt

2. show version


) 手順 1 は任意です。ローカル管理 CLI で、この show version コマンドを実行することもできます。


手順の詳細(local-mgmt)

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect local-mgmt

 

Example:

vnmc# local-mgmt

ローカル管理 CLI を開始します。

ステップ 2

show version

 

Example:

vnmc# show version

バージョン番号を表示します。

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

show version

 

Example:

vnmc# show version

バージョン番号を表示します。

次に、管理コントローラ CLI でバージョン番号を表示する例を示します。

vnmc# show version
 

Name Package Version GUI

---- ----------------- ------- ----

core Base System 2.0(0) 2.0(0)

service-reg Service Registry 2.0(0) 2.0(0)

policy-mgr Policy Manager 2.0(0) 2.0(0)

resource-mgr Resource Manager 2.0(0) 2.0(0)

vm-mgr VM manager 2.0(0) none

vnmc#

テクニカルサポート情報の表示

テクニカル サポート情報を表示できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ローカル管理

手順の概要

1. connect local-mgmt

2. show tech-support

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect local-mgmt

 

Example:

vnmc# connect local-mgmt

ローカル管理 CLI を開始します。

ステップ 2

show tech-support

 

Example:

vnmc# show tech-support

テクニカル サポート情報を表示します。

次に、テクニカル サポート情報を表示する例を示します。

vnmc# connect local-mgmt
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(local-mgmt)# show tech-support
Initiating tech-support information on VNMC-Tech-Docs.Cisco.com
All tech-support tasks are completed.
The detailed tech-support information is located at volatile:///20101130121144-V
NMC-Tech-Docs.Cisco.com-techsupport.tgz
vnmc(local-mgmt)#
 

更新履歴の表示

システム イメージの更新履歴を表示できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ローカル管理

手順の概要

1. connect local-mgmt

2. show update-history

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect local-mgmt

 

Example:

vnmc# connect local-mgmt

ローカル管理 CLI を開始します。

ステップ 2

show update-history

 

Example:

vnmc(local-mgmt)# show update-history

システム イメージの更新履歴を表示します。

次に、システム イメージの更新履歴を表示する例を示します。

vnmc# connect local-mgmt
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2012, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(local-mgmt)# show update-history
Thu Aug 9 02:05:01 UTC 2012 - --------------------------------------------------------------------
Thu Aug 9 02:05:01 UTC 2012 - Starting Apache Update
Thu Aug 9 02:05:01 UTC 2012 - --------------------------------------------------------------------
Thu Aug 9 02:05:01 UTC 2012 - found for httpsCert
Thu Aug 9 02:05:01 UTC 2012 - found for httpsCACert
Thu Aug 9 02:05:01 UTC 2012 - found for combinedCert
Thu Aug 9 02:05:01 UTC 2012 - found for keyFile
Thu Aug 9 02:05:01 UTC 2012 - found for unsecureport
Thu Aug 9 02:05:01 UTC 2012 - found for secureport
Thu Aug 9 02:05:01 UTC 2012 - found for commProto
Thu Aug 9 02:05:01 UTC 2012 - found for hn
Thu Aug 9 02:05:01 UTC 2012 - found for domain
Thu Aug 9 02:05:01 UTC 2012 - Cannot find necessary cert values, skipping until setup has been run
Thu Aug 9 02:05:01 UTC 2012 - --------------------------------------------------------------------
Thu Aug 9 02:05:01 UTC 2012 - Completed Apache Update
Thu Aug 9 02:05:01 UTC 2012 - --------------------------------------------------------------------
Thu Aug 9 02:06:30 UTC 2012 - Cleaning up extracted files
Thu Aug 9 02:06:30 UTC 2012 - Cleaning up bin file
Thu Aug 9 17:05:54 UTC 2012 - --------------------------------------------------------------------
Thu Aug 9 17:05:54 UTC 2012 - Starting Apache Update
Thu Aug 9 17:05:54 UTC 2012 - --------------------------------------------------------------------
Thu Aug 9 17:05:54 UTC 2012 - found /opt/cisco/cert/CACertificate.pem for httpsCert
Thu Aug 9 17:05:54 UTC 2012 - found /opt/cisco/cert/CACertificate.pem for httpsCACert
Thu Aug 9 17:05:54 UTC 2012 - found /opt/cisco/cert/Combined.pem for combinedCert
Thu Aug 9 17:05:54 UTC 2012 - found /opt/cisco/cert/privKey.pem for keyFile
Thu Aug 9 17:05:54 UTC 2012 - found 80 for unsecureport
Thu Aug 9 17:05:54 UTC 2012 - found 443 for secureport
Thu Aug 9 17:05:54 UTC 2012 - found HTTPS for commProto
Thu Aug 9 17:05:54 UTC 2012 - found vnmc for hn
Thu Aug 9 17:05:54 UTC 2012 - found cisco.com for domain
Thu Aug 9 17:05:54 UTC 2012 - Updating httpd.conf for core
dos2unix: converting file /opt/cisco/core/apache/conf/httpd.conf to UNIX format ...
dos2unix: converting file /opt/cisco/core/apache/conf/httpd.conf to UNIX format ...
Thu Aug 9 17:05:54 UTC 2012 - Updating httpd-ssl.conf for core
dos2unix: converting file /opt/cisco/core/apache/conf/extra/httpd-ssl.conf to UNIX format ...
dos2unix: converting file /opt/cisco/core/apache/conf/extra/httpd-ssl.conf to UNIX format ...
Thu Aug 9 17:05:54 UTC 2012 - --------------------------------------------------------------------
Thu Aug 9 17:05:54 UTC 2012 - Completed Apache Update
Thu Aug 9 17:05:54 UTC 2012 - --------------------------------------------------------------------
dos2unix: converting file /etc/sysconfig/iptables-config to UNIX format ...
dos2unix: converting file /etc/sysconfig/clock to UNIX format ...
Thu Aug 9 17:09:16 UTC 2012 - --------------------------------------------------------------------
Thu Aug 9 17:09:16 UTC 2012 - Starting logrotate mgmt: modify for syslog - filename = messages
Thu Aug 9 17:09:16 UTC 2012 - --------------------------------------------------------------------
dos2unix: converting file /etc/logrotate.d/syslog to UNIX format ...
Thu Aug 9 17:09:16 UTC 2012 - --------------------------------------------------------------------
Thu Aug 9 17:09:16 UTC 2012 - Finished logrotate mgmt
Thu Aug 9 17:09:16 UTC 2012 - --------------------------------------------------------------------
Thu Aug 9 17:09:16 UTC 2012 - --------------------------------------------------------------------
Thu Aug 9 17:09:16 UTC 2012 - Starting logrotate mgmt: modify for syslog - size = 4194303
Thu Aug 9 17:09:16 UTC 2012 - --------------------------------------------------------------------
dos2unix: converting file /etc/logrotate.d/syslog to UNIX format ...
Thu Aug 9 17:09:16 UTC 2012 - --------------------------------------------------------------------
Thu Aug 9 17:09:16 UTC 2012 - Finished logrotate mgmt
Thu Aug 9 17:09:16 UTC 2012 - --------------------------------------------------------------------
dos2unix: converting file /etc/sysconfig/clock to UNIX format ...
Thu Aug 9 18:05:57 UTC 2012 - --------------------------------------------------------------------
Thu Aug 9 18:05:57 UTC 2012 - Starting logrotate mgmt: modify for syslog - filename = messages
Thu Aug 9 18:05:57 UTC 2012 - --------------------------------------------------------------------
dos2unix: converting file /etc/logrotate.d/syslog to UNIX format ...
Thu Aug 9 18:05:57 UTC 2012 - --------------------------------------------------------------------
Thu Aug 9 18:05:57 UTC 2012 - Finished logrotate mgmt
Thu Aug 9 18:05:57 UTC 2012 - --------------------------------------------------------------------
Thu Aug 9 18:05:57 UTC 2012 - --------------------------------------------------------------------
Thu Aug 9 18:05:57 UTC 2012 - Starting logrotate mgmt: modify for syslog - size = 4194303
Thu Aug 9 18:05:57 UTC 2012 - --------------------------------------------------------------------
dos2unix: converting file /etc/logrotate.d/syslog to UNIX format ...
Thu Aug 9 18:05:57 UTC 2012 - --------------------------------------------------------------------
Thu Aug 9 18:05:57 UTC 2012 - Finished logrotate mgmt
Thu Aug 9 18:05:57 UTC 2012 - --------------------------------------------------------------------
dos2unix: converting file /etc/sysconfig/clock to UNIX format ...
Mon Aug 13 17:49:16 PDT 2012 - --------------------------------------------------------------------
Mon Aug 13 17:49:16 PDT 2012 - Starting logrotate mgmt: modify for syslog - filename = messages
Mon Aug 13 17:49:16 PDT 2012 - --------------------------------------------------------------------
dos2unix: converting file /etc/logrotate.d/syslog to UNIX format ...
Mon Aug 13 17:49:16 PDT 2012 - --------------------------------------------------------------------
Mon Aug 13 17:49:16 PDT 2012 - Finished logrotate mgmt
Mon Aug 13 17:49:16 PDT 2012 - --------------------------------------------------------------------
Mon Aug 13 17:49:16 PDT 2012 - --------------------------------------------------------------------
Mon Aug 13 17:49:16 PDT 2012 - Starting logrotate mgmt: modify for syslog - size = 4194303
Mon Aug 13 17:49:16 PDT 2012 - --------------------------------------------------------------------
dos2unix: converting file /etc/logrotate.d/syslog to UNIX format ...
Mon Aug 13 17:49:16 PDT 2012 - --------------------------------------------------------------------
Mon Aug 13 17:49:16 PDT 2012 - Finished logrotate mgmt
Mon Aug 13 17:49:16 PDT 2012 - --------------------------------------------------------------------
vnmc(local-mgmt)#

FSM の表示

FSM を表示できます。FSM とは、有限状態マシンのことです。FSM を使用して、設定またはインベントリ タスクの進捗状況やステータスを追跡します。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、を参照してください。

CLI

ローカル管理

手順の概要

1. scope system

2. show fsm {status | task}

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

scope system

 

Example:

vnmc# scope system

システム モードを開始します。

ステップ 2

show fsm

 

Example:

vnmc /system # show fsm status

FSM を表示します。

次に、FSM のステータスを表示する例を示します。

vnmc# scope system
vnmc /system # show fsm status
 
FSM 1:
Remote Result: Not Applicable
Remote Error Code: None
Remote Error Description:
Status: 0
Previous Status: 0
Timestamp: Never
Try: 0
Progress (%): 100
Current Task:
vnmc /system #