Cisco Virtual Network Management Center CLI コンフィギュレーション ガイド リリース 1.2
ポリシーの管理
ポリシーの管理
発行日;2012/03/26 | 英語版ドキュメント(2011/08/10 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

ポリシーの管理

コア ファイル ポリシーの使用

コア ファイル ポリシーの作成

コア ファイル ポリシーの削除

コア ファイル ポリシーの表示

障害ポリシーの使用

障害ポリシーの作成

障害ポリシーの削除

障害ポリシーの表示

ログ ポリシーの使用

ログ ポリシーの作成

ログ ポリシーの削除

ログ ポリシーの表示

syslog ポリシーの使用

syslog ポリシーの作成

syslog ポリシーの削除

syslog ポリシーの表示

ポリシーの管理

この章では、ポリシーの管理に関する情報を示します。

この章の内容は、次のとおりです。

「コア ファイル ポリシーの使用」

「障害ポリシーの使用」

「ログ ポリシーの使用」

「syslog ポリシーの使用」

コア ファイル ポリシーの使用

この項の内容は、次のとおりです。

「コア ファイル ポリシーの作成」

「コア ファイル ポリシーの削除」

「コア ファイル ポリシーの表示」

コア ファイル ポリシーの作成

コア ファイル ポリシーを作成できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、「VNMC CLI の基本的なコマンド」を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. create corefile < policy-name > < transfer-host-name > <policy-path> { disabled | enabled }

5. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

例:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

例:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

例:

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

create corefile

 

vnmc(policy-mgr) /org/policy # create corefile EaCoreP12 P1 P2 /test enabled

コア ファイル ポリシーを作成します。

ポリシー名の最大文字数は 511 です。

ステップ 5

commit-buffer

 

例:

vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、コア ファイル ポリシーを作成する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # create corefile EaCoreP12 P1 P2 /test enabled
vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/corefile #

コア ファイル ポリシーの削除

コア ファイル ポリシーを削除できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、「VNMC CLI の基本的なコマンド」を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. delete corefile < policy-name >

5. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

例:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

例:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

例:

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

delete corefile

 

vnmc(policy-mgr) /org/policy # delete corefile EaCoreP12

コア ファイル ポリシーを削除します。

ステップ 5

commit-buffer

 

例:

vnmc(policy-mgr) /org/policy * # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、コア ファイルを削除する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr)# scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # delete corefile EaCoreP12
vnmc(policy-mgr) /org/policy* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy #

コア ファイル ポリシーの表示

コア ファイル ポリシーを表示できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、「VNMC CLI の基本的なコマンド」を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. show corefile

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

例:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

例:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

例:

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

show corefile

 

vnmc(policy-mgr) /org/policy # show corefile

コア ファイル ポリシーを表示します。

次に、すべてのコア ファイル ポリシーをリスト形式で表示する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # show corefile
 
Core File Policy:
Core File Policy Name: local
Core File Transfer Host Name: nexthost
Core File Policy Path: /test
Core File Policy Admin State: Enabled
 
Core File Policy Name: host
Core File Transfer Host Name: nexthost
Core File Policy Path: /test
Core File Policy Admin State: Enabled
vnmc(policy-mgr) /org/policy #

障害ポリシーの使用

この項の内容は、次のとおりです。

「障害ポリシーの作成」

「障害ポリシーの削除」

「障害ポリシーの表示」

障害ポリシーの作成

障害ポリシーを作成できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、「VNMC CLI の基本的なコマンド」を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. create faultpolicy < policy-name > < flap-interval > { delete | retain} { < number-of-days> | forever} { disabled | enabled }

5. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

例:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

例:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

例:

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

create faultpolicy

 

vnmc(policy-mgr) /org/policy # create faultpolicy EaFaultPA13 10 retain forever enabled

障害ポリシーを作成します。

ポリシー名の最大文字数は 511 です。

ステップ 5

commit-buffer

 

例:

vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、EaFaultPA13 という名前の障害ポリシーを作成する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # create faultpolicy EaFaultPA13 10 retain forever enabled
vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/faultpolicy #

障害ポリシーの削除

障害ポリシーを削除できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、「VNMC CLI の基本的なコマンド」を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. delete faultpolicy < policy-name >

5. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

例:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

例:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

例:

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

delete faultpolicy

 

vnmc(policy-mgr) /org/policy # delete faultpolicy EaFaultPA13

障害ポリシーを削除します。

ステップ 5

commit-buffer

 

例:

vnmc(policy-mgr) /org/policy* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、sysfault という名前の障害ポリシーを削除する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # delete faultpolicy EaFaultPA13
vnmc(policy-mgr) /org/policy* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy #

障害ポリシーの表示

障害ポリシーを表示できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、「VNMC CLI の基本的なコマンド」を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. show faultpolicy

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

例:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

例:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

例:

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

show faultpolicy

 

vnmc(policy-mgr) /org/policy # show faultpolicy

障害ポリシーを表示します。

次に、すべての障害ポリシーをリスト形式で表示する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # show faultpolicy
 
Fault Policy:
Fault Policy Name: default
Fault Policy Clear Action: Retain
Fault Policy Flap Interval (dd:hh:mm:ss): 00:00:00:10
Fault Policy Retention Interval (dd:hh:mm:ss): 10:00:00:00
Fault Policy Admin State: Enabled
 
Fault Policy Name: EaFaultPA13
Fault Policy Clear Action: Retain
Fault Policy Flap Interval (dd:hh:mm:ss): 00:00:00:05
Fault Policy Retention Interval (dd:hh:mm:ss): 100:00:00:00
Fault Policy Admin State: Enabled

ログ ポリシーの使用

この項の内容は、次のとおりです。

「ログ ポリシーの作成」

「ログ ポリシーの削除」

「ログ ポリシーの表示」

ログ ポリシーの作成

ログ ポリシーを作成できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、「VNMC CLI の基本的なコマンド」を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. create log < policy-name > < log-policy-backup-count > { crit | debug0 | debug1 | debug3 | debug4 | info | major | minor | warn } < log-policy-size >

5. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

例:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

例:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

例:

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

create log

 

vnmc(policy-mgr) /org/policy # create log EaLogP13 9 crit 10000000

ログ ポリシーを作成します。

ポリシー名の最大文字数は 511 です。

ステップ 5

commit-buffer

 

例:

vnmc(policy-mgr) /org/policy/log* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、EaLogP13 という名前のログ ポリシーを作成する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # create log EaLogP13 9 crit 10000000
vnmc(policy-mgr) /org/policy/log* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy/log #

ログ ポリシーの削除

障害ポリシーを削除できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、「VNMC CLI の基本的なコマンド」を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. delete log < policy - name >

5. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

例:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

例:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

例:

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

delete log

 

vnmc(policy-mgr) /org/policy # delete log EaLogP13

ログ ポリシーを削除します。

ステップ 5

commit-buffer

 

例:

vnmc(policy-mgr) /org/policy* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、EaLogP13 という名前のログ ポリシーを削除する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # delete log EaLogP13
vnmc(policy-mgr) /org/policy* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy #

ログ ポリシーの表示

ログ ポリシーを表示できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、「VNMC CLI の基本的なコマンド」を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. show log

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

例:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

例:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

例:

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

show log

 

vnmc(policy-mgr) /org/policy # show log

ログ ポリシーを表示します。

次に、すべてのログ ポリシーをリスト形式で表示する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # show log
 
Logging Policy:
Logging Policy Name: LogPA1
Logging Policy Backup Count: 2
Logging Policy Level: Debug1
Logging Policy Size: 10000000
Logging Policy Admin State: Enabled
 
Logging Policy Name: LogPA2
Logging Policy Backup Count: 1
Logging Policy Level: Crit
Logging Policy Size: 1000000
Logging Policy Admin State: Enabled
vnmc(policy-mgr) /org/policy #

syslog ポリシーの使用

この項の内容は、次のとおりです。

「syslog ポリシーの作成」

「syslog ポリシーの削除」

「syslog ポリシーの表示」

syslog ポリシーの作成

syslog ポリシーを作成できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、「VNMC CLI の基本的なコマンド」を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. create syslog < policy - name >

5. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

例:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

例:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

例:

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

create syslog

 

vnmc(policy-mgr) /org/policy # create syslog EaSysPA13

syslog ポリシーを作成します。

ポリシー名の最大文字数は 511 です。

ステップ 5

commit-buffer

 

例:

vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、EaSysPA13 という名前のログ ポリシーを作成する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # create syslog EaSysPA13
vnmc(policy-mgr) /org/policy/syslog* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policysyslog #

syslog ポリシーの削除

syslog ポリシーを削除できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、「VNMC CLI の基本的なコマンド」を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. delete syslog < policy - name >

5. commit-buffer

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

例:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

例:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

例:

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

delete syslog

 

vnmc(policy-mgr) /org/policy # delete syslog EaSysPA13

syslog ポリシーを削除します。

ステップ 5

commit-buffer

 

例:

vnmc(policy-mgr) /org/policy* # commit-buffer

設定をコミット(保存)します。

次に、EaSysPA13 という名前のログ ポリシーを削除する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr)# scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # delete syslog EaSysPA13
vnmc(policy-mgr) /org/policy* # commit-buffer
vnmc(policy-mgr) /org/policy #

syslog ポリシーの表示

syslog ポリシーを表示できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、「VNMC CLI の基本的なコマンド」を参照してください。

CLI

ポリシー マネージャ

手順の概要

1. connect policy-mgr

2. scope org

3. scope policy

4. show syslog

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

connect policy-mgr

 

例:

vnmc# connect policy-mgr

ポリシー マネージャ CLI を開始します。

ステップ 2

scope org

 

例:

vnmc(policy-mgr)# scope org

組織モードを開始します。

ステップ 3

scope policy

 

例:

vnmc(policy-mgr) /org # scope policy

ポリシー モードを開始します。

ステップ 4

show syslog

 

vnmc(policy-mgr) /org/policy # show syslog

syslog ポリシーを表示します。

次に、すべてのログ ポリシーをリスト形式で表示する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(policy-mgr)# scope org
vnmc(policy-mgr) /org # scope policy
vnmc(policy-mgr) /org/policy # show syslog
 
name: default
description: Syslog Service
name: EaSysPA13
description: Syslog Service
vnmc(policy-mgr) /org/policy #