Cisco Virtual Network Management Center CLI コンフィギュレーション ガイド リリース 1.2
ログ、イベント、および障害の管理
ログ、イベント、および障害の管理
発行日;2012/03/26 | 英語版ドキュメント(2011/08/10 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

ログ、イベント、および障害の管理

管理ログの使用

セキュリティ レベルおよびログ サイズの設定

管理ログ レベルのリセット

管理ログ パラメータの保存

管理ログの表示

障害の確認応答

監査ログの表示

イベントの表示

障害の表示

ログ、イベント、および障害の管理

この章では、VNMC 管理ロギングの管理手順を示します。

この章の内容は、次のとおりです。

「管理ログの使用」

「障害の確認応答」

「監査ログの表示」

「イベントの表示」

「障害の表示」

管理ログの使用

この項の内容は、次のとおりです。

「セキュリティ レベルおよびログ サイズの設定」

「管理ログ レベルのリセット」

「管理ログ パラメータの保存」

「管理ログの表示」

セキュリティ レベルおよびログ サイズの設定

セキュリティ レベルとログ サイズを設定できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、「VNMC CLI の基本的なコマンド」を参照してください。

CLI

管理コントローラ

ポリシー マネージャ

リソース マネージャ

サービル レジストリ

仮想マシン マネージャ

手順の概要

1. (任意)connect {policy-mgr | resource-mgr | service-reg | vm-mgr}


) 手順 1 は任意です。管理コントローラ CLI で、set コマンドを実行することもできます。


2. scope monitoring

3. scope sysdebug

4. scope mgmt-logging

5. set {all | file | module}

次に、リソース マネージャ CLI ですべてのロギング ファイルに critical 重大度レベルを割り当てる例を示します。

vnmc# connect resource-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(resource-mgr)# scope monitoring
vnmc(resource-mgr) /monitoring # scope sysdebug
vnmc(resource-mgr) /monitoring/sysdebug # scope mgmt-logging
vnmc(resource-mgr) /monitoring/sysdebug/mgmt-logging # set all crit
vnmc(resource-mgr) /monitoring/sysdebug/mgmt-logging #

管理ログ レベルのリセット

管理ログ レベルをリセットできます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、「VNMC CLI の基本的なコマンド」を参照してください。

CLI

管理コントローラ

ポリシー マネージャ

リソース マネージャ

サービル レジストリ

仮想マシン マネージャ

手順の概要

1. (任意)connect {policy-mgr | resource-mgr | service-reg | vm-mgr}


) 手順 1 は任意です。管理コントローラ CLI で、reset コマンドを実行することもできます。


2. scope monitoring

3. scope sysdebug

4. scope mgmt-logging

5. reset

次に、リソース マネージャ CLI でリセットする例を示します。

vnmc# connect resource-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(resource-mgr)# scope monitoring
vnmc(resource-mgr) /monitoring # scope sysdebug
vnmc(resource-mgr) /monitoring/sysdebug # scope mgmt-logging
vnmc(resource-mgr) /monitoring/sysdebug/mgmt-logging # reset
vnmc(resource-mgr) /monitoring/sysdebug/mgmt-logging #

管理ログ パラメータの保存

管理ログ パラメータを保存できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、「VNMC CLI の基本的なコマンド」を参照してください。

CLI

管理コントローラ

ポリシー マネージャ

リソース マネージャ

サービル レジストリ

仮想マシン マネージャ

手順の概要

1. (任意)connect {policy-mgr | resource-mgr | service-reg | vm-mgr}


) 手順 1 は任意です。管理コントローラ CLI で、save コマンドを実行することもできます。


2. scope monitoring

3. scope sysdebug

4. scope mgmt-logging

5. save

次に、リソース マネージャ CLI で保存する例を示します。

vnmc# connect resource-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(resource-mgr)# scope monitoring
vnmc(resource-mgr) /monitoring # scope sysdebug
vnmc(resource-mgr) /monitoring/sysdebug # scope mgmt-logging
vnmc(resource-mgr) /monitoring/sysdebug/mgmt-logging # save
vnmc(resource-mgr) /monitoring/sysdebug/mgmt-logging #

管理ログの表示

管理ログを表示できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、「VNMC CLI の基本的なコマンド」を参照してください。

CLI

管理コントローラ

ポリシー マネージャ

リソース マネージャ

サービル レジストリ

仮想マシン マネージャ

手順の概要

1. (任意)connect {policy-mgr | resource-mgr | service-reg | vm-mgr}


) 手順 1 は任意です。管理コントローラ CLI で、show コマンドを実行することもできます。


2. scope monitoring

3. scope sysdebug

4. scope mgmt-logging

5. show

次に、リソース マネージャ CLI ですべてのログ ファイルを表示する例を示します。

vnmc# connect resource-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(resource-mgr)# scope monitoring
vnmc(resource-mgr) /monitoring # scope sysdebug
vnmc(resource-mgr) /monitoring/sysdebug # scope mgmt-logging
vnmc(resource-mgr) /monitoring/sysdebug/mgmt-logging # show
 
Log File Size Limit: 10000000
 
Name Level Default Level
--------------------- ------ -------------
agdriver Crit Debug1
ape Crit Debug1
app_sam_cim Crit Debug1
app_sam_dme Crit Debug1
app_sam_ucsmAG Crit Debug1
app_unittest_testsvc Crit Debug1
auth Crit Debug1
autocond Crit Debug1
bio_stream Crit Debug1
callhome Crit Debug1
catalog Crit Debug1
char_stream Crit Debug1
core_transactor Crit Debug1
core_utils Crit Debug1
doer Crit Debug1
event_ Crit Debug1
event_channel Crit Debug1
exception_handling Crit Debug1
fault Crit Debug1
filter Crit Debug1
fsm Crit Debug1
http_client Crit Debug1
log Crit Debug1
meta Crit Debug1
method Crit Debug1
mgmt Crit Debug1
mgmtif Crit Debug1
mit_init Crit Debug1
mo Crit Debug1
mo_qualifier Crit Debug1
mod_nuova Crit Debug1
net Crit Debug1
org Crit Debug1
os Crit Debug1
pam_proxy Crit Debug1
pool Crit Debug1
proc_app Crit Debug1
prt Crit Debug1
sam_extXMLApi_ Crit Debug1
sam_sec Crit Debug1
sam_sessionmgrAG Crit Debug1
sam_ucssh Crit Debug1
smbios Crit Debug1
snmp Crit Debug1
solprot Crit Debug1
stats Crit Debug1
sysdebug Crit Debug1
top Crit Debug1
tx Crit Debug1
xml_parser Crit Debug1
vnmc(resource-mgr) /monitoring/sysdebug/mgmt-logging #

障害の確認応答

障害の確認応答を行えます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、「VNMC CLI の基本的なコマンド」を参照してください。

CLI

管理コントローラ

ポリシー マネージャ

リソース マネージャ

サービル レジストリ

仮想マシン マネージャ

手順の概要

1. (任意)connect {policy-mgr | resource-mgr | service-reg | vm-mgr}


) 手順 1 は任意です。acknowledge コマンドは、管理コントローラ CLI で実行できます。


1. scope monitoring

2. acknowledge fault

3. commit-buffer

次に、管理コントローラ CLI で障害の確認応答を行う例を示します。

vnmc# scope monitoring
vnmc /monitoring # acknowledge fault 10194
vnmc /monitoring* # commit-buffer
vnmc /monitoring #

監査ログの表示

監査ログのリストを表示できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、「VNMC CLI の基本的なコマンド」を参照してください。

CLI

管理コントローラ

ポリシー マネージャ

リソース マネージャ

サービル レジストリ

仮想マシン マネージャ

手順の概要

1. (任意)connect {policy-mgr | resource-mgr | service-reg | vm-mgr}


) 手順 1 は任意です。この show コマンドは、管理コントローラ CLI で実行できます。


2. scope monitoring

3. show audit-logs

次に、ポリシー マネージャ CLI で監査ログのリストを表示する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(resource-mgr)# scope monitoring
vnmc(policy-mgr) /monitoring # show audit-logs
 
Audit trail logs:
Creation Time User ID Action Description
-------------------- ---------- -------- ---------------- -----------
2010-11-29T14:56:29.195
admin 10615 Modification sysdebug mgmt log
control module
2010-11-29T14:56:29.195
admin 10616 Modification sysdebug mgmt log
control module
2010-11-29T14:56:29.195
admin 10617 Modification sysdebug mgmt log
control module
2010-11-29T14:56:29.194
admin 10607 Modification sysdebug mgmt log
control module
2010-11-29T14:56:29.194
admin 10608 Modification sysdebug mgmt log
control module
2010-11-29T14:56:29.194
admin 10609 Modification sysdebug mgmt log
control module
2010-11-29T14:56:29.194
admin 10610 Modification sysdebug mgmt log
control module
2010-11-29T14:56:29.194
admin 10611 Modification sysdebug mgmt log
control module
2010-11-29T14:56:29.194
admin 10612 Modification sysdebug mgmt log
control module
2010-11-29T14:56:29.194
admin 10613 Modification sysdebug mgmt log
control module
2010-11-29T14:56:29.194
admin 10614 Modification sysdebug mgmt log
vnmc(policy-mgr) /monitoring #

イベントの表示

イベントのリストを表示できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、「VNMC CLI の基本的なコマンド」を参照してください。

CLI

管理コントローラ

ポリシー マネージャ

リソース マネージャ

サービル レジストリ

仮想マシン マネージャ

手順の概要

1. (任意)connect {policy-mgr | resource-mgr | service-reg | vm-mgr}


) 手順 1 は任意です。この show コマンドは、管理コントローラ CLI で実行できます。


2. scope monitoring

3. show events

次に、ポリシー マネージャ CLI でイベントのリストを表示する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc(resource-mgr)# scope monitoring
vnmc(policy-mgr) /monitoring # show event
 
Creation Time ID Code Description
------------------------ -------- -------- -----------
2010-11-22T12:09:26.369 10161 E4194467 [FSM:END]: Resolve Mgmt Controller Fs
m(FSM:sam:dme:ObserveObservedResolveControllerFsm)
2010-11-22T12:09:26.368 10160 E4194465 [FSM:STAGE:END]: Resolve Mgmt Control
ler FSM Execute(FSM-STAGE:sam:dme:ObserveObservedResolveControllerFsm:Execute)
2010-11-22T12:09:26.367 10158 E4194465 [FSM:STAGE:STALE-SUCCESS]: Resolve Mg
mt Controller FSM Execute(FSM-STAGE:sam:dme:ObserveObservedResolveControllerFsm:
Execute)
2010-11-22T12:09:26.018 10156 E4194465 [FSM:STAGE:ASYNC]: Resolve Mgmt Contr
oller FSM Execute(FSM-STAGE:sam:dme:ObserveObservedResolveControllerFsm:Execute)
2010-11-22T12:09:26.017 10153 E4194447 [FSM:END]: Service Registration Fsm(F
SM:sam:dme:ExtpolEpRegisterFsm)
2010-11-22T12:09:26.017 10154 E4194464 [FSM:BEGIN]: Resolve Mgmt Controller
Fsm(FSM:sam:dme:ObserveObservedResolveControllerFsm)
2010-11-22T12:09:26.017 10155 E4194464 [FSM:STAGE:END]: (FSM-STAGE:sam:dme:O
bserveObservedResolveControllerFsm:begin)
2010-11-22T12:09:26.014 10148 E4194445 [FSM:STAGE:END]: Register FSM Execute
(FSM-STAGE:sam:dme:ExtpolEpRegisterFsm:Execute)
2010-11-22T12:09:25.991 10144 E4194445 [FSM:STAGE:STALE-SUCCESS]: Register F
SM Execute(FSM-STAGE:sam:dme:ExtpolEpRegisterFsm:Execute)
2010-11-22T12:09:25.558 10143 E4194445 [FSM:STAGE:ASYNC]: Register FSM Execu
te(FSM-STAGE:sam:dme:ExtpolEpRegisterFsm:Execute)
2010-11-22T12:09:25.557 10141 E4194444 [FSM:BEGIN]: Service Registration Fsm
(FSM:sam:dme:ExtpolEpRegisterFsm)
2010-11-22T12:09:25.557 10142 E4194444 [FSM:STAGE:END]: (FSM-STAGE:sam:dme:E
xtpolEpRegisterFsm:begin)
vnmc(policy-mgr) /monitoring #

障害の表示

障害のリストを表示できます。

はじめる前に

VNMC CLI の基本情報については、「VNMC CLI の基本的なコマンド」を参照してください。

CLI

管理コントローラ

ポリシー マネージャ

リソース マネージャ

サービル レジストリ

仮想マシン マネージャ

手順の概要

1. (任意)connect {policy-mgr | resource-mgr | service-reg | vm-mgr}


) 手順 1 は任意です。管理コントローラ CLI で、show コマンドを実行することもできます。


2. scope monitoring

3. show fault

次に、障害のリストを表示する例を示します。

vnmc# connect policy-mgr
Cisco Virtual Network Management Center
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
vnmc# scope monitoring
vnmc /monitoring # show fault
 
Severity Code Last Transition Time ID Description
--------- -------- ------------------------ -------- -----------
Critical F999556 2010-11-24T18:38:17.345 20133 [FSM:FAILED]: internal system backup(FSM:sam:dme:MgmtBackupBackup)
Warning F16516 2010-11-24T18:38:17.344 20131 [FSM:STAGE:FAILED]: internal system backup(FSM-STAGE:sam:dme:MgmtBackupBackup:upload)
Warning F77956 2010-11-24T18:38:17.344 20129 [FSM:STAGE:REMOTE-ERROR]: Result: end-point-failed Code: unspecified Message: Permission denied
(sam:dme:MgmtBackupBackup:upload)
vnmc /monitoring #