Cisco VFrame Third Party インテグレーション ガイド Release 3.1.1
ECC による EMC Symmetrix ストレージ の設定
ECC による EMC Symmetrix ストレージの設定
発行日;2012/01/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

ECC による EMC Symmetrix ストレージの設定

概要

論理構成の例

セットアップ

スイッチの I/O TimeOut 値の設定

ファイバ チャネルのポート プールの作成

(任意)ポート LUN マスキングのディセーブル化

ストレージ デバイスへのディレクタの追加

ディレクタの WWPN を検索します。

ストレージに新しいホストの作成

ストレージにディレクタ WWPN を追加

ディレクタに対するポート マスキングの設定

ディレクタのストレージ コンフィギュレーションの表示

ストレージ デバイスへの仮想サーバの追加

仮想サーバの WWPN を検索します。

仮想サーバ ホストをストレージに作成

ストレージへの仮想サーバ WWPN の追加

仮想サーバに対するポート マスキングの設定

仮想サーバのストレージ コンフィギュレーションの表示

他の仮想サーバの追加

概要

この章では、SRP イニシエータと EMC ストレージ デバイスを接続するためのコンフィギュレーション例について説明します。このコンフィギュレーション例では、ユーザが SRP イニシエータ(つまり、IB 対応のホスト)を EMC ストレージ デバイスのコンフィギュレーションに追加する必要があります。

論理構成の例

図6-1 に、この章の手順で参照するトポロジの例を示します。

図6-1 トポロジの例

 

セットアップ

このセットアップの例には、次の状況が適用されます。

SRP ホストは IB ケーブルを介して Cisco 3012 Server Switchに接続されています。

各 SRP ホストの各 HCA には、Server Switchに接続されている 1 つのポートがあります。

各 FC ゲートウェイのポート 1 はストレージ システム上の Storage Processor SP A に接続されています。

各 FC ゲートウェイのポート 2 はストレージ システム上の SP B に接続されています。

SRP ホストにロードされている SRP ドライバはありません。

Cx200 または Cx200 の LU が設定されています。

このセクションで示される例には、2 つの FC ゲートウェイを備えた 1 台の Cisco 3012が含まれています。各ゲートウェイのポート 1 は 1 つの FC スイッチに接続され、各ゲートウェイ上のポート 2 はもう 1 つの FC スイッチに接続されています。各 FC スイッチは EMC Cx200/Cx700 ストレージ デバイス上の 1 つのポートに接続されています。

スイッチの I/O TimeOut 値の設定

EMC ストレージをサーバ ファブリック スイッチと一緒に使用する場合は、スイッチのデフォルト タイムアウトの値を変更します。

LU(論理ユニット)が I/O トラフィックを受け入れるようにするために、Element Manager を使用して、デフォルトの最大時間を変更します。EMC ストレージデバイスを使用している場合は、このタイムアウトの値を増やします。

この値はデフォルト値(10 秒)から 1800 まで変更できます。


ステップ 1 Element Manager GUI を起動します。

この手順は CLI からも、fc srp lu logical-id min-io-timeout timeout コマンドを使用して実行できます。

ステップ 2 FibreChannel メニューをクリックし、SRP を選択します。SRP ウィンドウが開きます。

ステップ 3 Global タブをクリックします。

ステップ 4 DefaultItlMinIoTimeout フィールドに 1800 を入力して、ITL が I/O トラフィック(非順次アクセス ストレージ デバイス上)を受け入れる時間(秒)を指定します。

ステップ 5 Apply ボタンをクリックします。


 

ファイバ チャネルのポート プールの作成

ここに示す例では、FC ポート プールは図6-2 のように設定されています。

図6-2 FC ポート グループの設定例

 

FC ポート プールを作成する手順については、『 Cisco VFrame InfiniBand Director User Guide 』を参照してください。

(任意)ポート LUN マスキングのディセーブル化

DMX ストレージ デバイスの LUN マスキングをディセーブルにすると、DMX ストレージ デバイスに仮想デバイスを割り当てる必要がなくなります。

ポート LUN マスキングをディセーブルにする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 EMC Control Center(ECC)アプリケーションを起動します。

ステップ 2 左のナビゲーション ウィンドウで適切なStorage System をクリックして開きます。

ステップ 3 Host Directors をクリックして開きます。

ステップ 4 VCM ビットをディセーブルにするポートのある FA をクリックして開きます。

ステップ 5 ポートを右クリックします。ポップアップ メニューが表示されます。

ステップ 6 Configure > Port Flag Settings を選択します。Port Flags Default Settings ウィンドウが表示されます。

ステップ 7 Next をクリックします。Fibre Flags タブが表示されます。

ステップ 8 VCM フィールドをクリックして、選択したポートの LUN マスキングの選択を解除します。

ステップ 9 Execute ボタンをクリックします。


 

ストレージ デバイスへのディレクタの追加

使用しているすべてのストレージ ポートで LUN マスキングをディセーブルにしていた場合は、新しいホストの追加や WWPN の入力を手動で行う必要はありません。詳細については、「(任意)ポート LUN マスキングのディセーブル化」を参照してください。

ディレクタの WWPN を検索します。


ステップ 1 VFrame を起動していない場合は起動します。

ステップ 2 ナビゲーション ツリーで VFrame Directors をクリックします。

ステップ 3 Instances タブをクリックします。VFrame Director Instances ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 ディレクタの 名前 をクリックします。Director Instance Properties ウィンドウが表示されます。

ステップ 5 WWNs タブをクリックします(図6-3 を参照)。

図6-3 ディレクタの WWPN

 

ステップ 6 あとで参照できるように、ディレクタの WWPN をテキストファイルにコピーします(図6-4 を参照)。

図6-4 ディレクタの WWPN

 


 

ストレージに新しいホストの作成

次に、ストレージ デバイスに FC ゲートウェイ ポートのグループを設定し、適切なストレージ ポートおよび LUN に FC ゲートウェイ ポートを割り当てる手順について説明します。


ステップ 1 ECC を起動していない場合は起動します。

ステップ 2 ナビゲーション ツリーで Hosts を右クリックします。

ステップ 3 New > Generic Host を選択します(図6-5 を参照)。

図6-5 ストレージ デバイスに新しいホストを追加

 

ステップ 4 ディレクタのホスト名と IP アドレスを入力します(図6-6 を参照)。

図6-6 新しいホストの定義

 

ステップ 5 Next をクリックします。Select Port ウィンドウが開きます。

ステップ 6 Next をクリックしてこのウィンドウを飛ばして進みます。この時点でホストのポートを選択する必要はありません。


) 選択されているポートは選択をすべて解除します。


ステップ 7 Create - Generic Host ウィンドウでクリックを繰り返して、このウィザードを終了します(図6-7 を参照)。

図6-7 Create Generic Host ウィンドウでクリックを繰り返す

 

ステップ 8 ナビゲーション ツリーで、新しく追加したホストを表示します。アダプターが表示されるまで、フォルダのクリックを繰り返します(図6-8 を参照)。

図6-8 使用可能なポートの表示

 


 

ストレージにディレクタ WWPN を追加

ディレクタ WWPN を追加する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ストレージ デバイスに新しいホストの WWPN を追加します。

次の例では、図6-9 の ECC トポロジ画面でわかるように、FC ポート プール(PP2)と対応付けられているポートを最初に追加しています。

図6-9 新しいホストの表示

 

ステップ 2 ナビゲーション ツリーで、ディレクタ名を右クリックします。

ステップ 3 New > Host Fibre Port を選択します(図6-10 を参照)。

図6-10 ECC トポロジの表示

 

ステップ 4 ステップ 6 で作成したテキスト ファイルを参照します。

ステップ 5 Port Name フィールドで、FC ポートに名前を割り当てます。この例では、関連付けられている FC ポート プールの名前と FC ゲートウェイの番号を使用しました(PortPool 2_GateWay 5)。

ステップ 6 Port WWN フィールドに、ディレクタの WWPN の 1 つを入力します(図6-11 を参照)。

図6-11 ホストへの FC ポートの割り当て

 

ステップ 7 WWPN の追加が終わるまで Next をクリックします。

ステップ 8 新しい WWPN を表示して確認します(図6-12 を参照)。

図6-12 FC ポートへの名前と WWPN の割り当て

 

ステップ 9 すべてのディレクタの WWPN に対してステップ 2 からステップ 8 を繰り返します(図6-13 を参照)。

図6-13 追加したポート WWN(WWPN)の表示

 

ステップ 10 ナビゲーション ツリーで、すべてのエントリを表示します(図6-14 を参照)。

図6-14 追加したポート WWN(WWPN)の表示

 

図6-16 に示すように、「ストレージにディレクタ WWPN を追加」の終了時点でディレクタ ホストに 2 組のポートが追加されています。

図6-15 ストレージに追加されたディレクタの WWPN

 

図6-16 に示すように、「ストレージにディレクタ WWPN を追加」の終了時点でディレクタ ホストに 2 組のポートが追加されています。


 

ディレクタに対するポート マスキングの設定

ディレクタに対するターゲット ポートおよび LUN を選択する必要があります。上記の図6-15 を参照してください。この図は次のことを示しています。

PP2 ポートはターゲット ポート 1 を介してすべての利用可能な LUN にアクセスします。

PP1 ポートはターゲット ポート 0 を介してすべての利用可能な LUN にアクセスします。

ポート マスキングを設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ナビゲーション ツリーで、ディレクタ名( vf-dir-1 )を右クリックします。

ステップ 2 Masking > Modify Masking Configurations... を選択します。Modify Masking Configuration ウィンドウが表示されます(図6-16 を参照)。

図6-16 ECC トポロジの表示

 

ステップ 3 1 つの FC ポート プールへのアクセスを許可します(この例では、 PP2 をストレージ ポート 1 に設定します。図6-17 を参照)。

図6-17 PP2 と PP1 ポートは異なるターゲット ポートを使用

 

ステップ 4 Check Hosts/Ports ボックスで、ディレクタの FC ゲートウェイ ポートをオンにします。これらはゲートウェイ上で FC ポート プールと対応付けられているポートです(図6-18 を参照)。

図6-18 ディレクタに対するポート マスキングの設定

 

c. Show All SAN Storage オプション ボタンをクリックして、ストレージ デバイスの使用可能なターゲット ポートを表示します。

d. Check Storage Array/Port ボックスで、このゲートウェイ ポートの組に対するターゲット ポートを選択します。これらはディレクタがアクセスするターゲット ポートです。

この例では、FC ポート プール PP2 をストレージの Port 1 FA-15C にバインドします( PP1 はあとの手順で PPort 0 FA-16C にバインドします。図6-19 を参照)。

図6-19 PP2 ポート グルーピングに対するストレージ ポート

 

e. Select Type of Device ドロップダウン メニューから All Devices を選択します。

f. Show Devices ボタンをクリックします。テーブル下部にデバイスが表示されます(図6-20 を参照)。

図6-20 ディレクタに対する FC ポート セットの割り当て

 

g. 図6-21 に示すように、適切な LUN へのアクセスを許可します。ディレクタのアクセス先の LUN をクリックします。

h. Grant ボタンをクリックします。

図6-21 ディレクタに対するストレージ ポートの割り当て

 

i. Continue ボタンをクリックします。

j. Execute ボタンをクリックします。

k. デバイス LUN とポートの割り当てを表示します(図6-22 を参照)。

図6-22 デバイスの表示

 

ステップ 5 2 番めの FC ポート プールへのアクセスを許可します(この例では、 PP1 を設定します。図6-23 を参照)。

図6-23 アクセス可能にする LUN の割り当て

 

a. FC ポート プール PP1 に対して、ステップ a ~ j の手順を繰り返します。

b. このコンフィギュレーションでは、 PP1 グループをストレージ デバイスの Port 0 FA-16C にバインドすることに注意してください(図6-24 で、 PP2 は Port 1 FA-15C に割り当てました)。

図6-24 アクセス可能な LUN の割り当て

 


 

ディレクタのストレージ コンフィギュレーションの表示

ストレージ コンフィギュレーションを表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ディレクタに対して作成したすべてのデバイス/LUN バインディングを次の手順で表示します。

a. ECC メニューの上部の Storage Allocation > Path Details をクリックします。

b. ナビゲーション ツリーで、ボックスをオンにしてディレクトリを選択します。Path Details ウィンドウが表示されます(図6-25 を参照)。

図6-25 PP2 と PP1 のポート グルーピングに対するストレージ ポート

 

c. Path Details ウィンドウの Select Object フィールドでディレクタをクリックします。

d. Show Device ボタンをクリックします。HBA for Symmetrix フィールドが表示されます(図6-26 を参照)。

図6-26 アクセス可能にする LUN の割り当て

 

e. ホストとストレージのバインディングを表示し、すべてのホスト ポートが適切なボリューム、ストレージ ポート、およびストレージ アダプタにアクセス可能であることを確認します(図6-27 を参照)。

図6-27 ディレクタの選択

 


 

ストレージ デバイスへの仮想サーバの追加

使用しているすべてのポートで LUN マスキングをディセーブルにしていた場合は、この手順を行いません。「(任意)ポート LUN マスキングのディセーブル化」を参照してください。

仮想サーバの WWPN を検索します。


ステップ 1 VFrame を起動していない場合は起動します。

ステップ 2 仮想サーバを作成していない場合は作成します。WWNN と WWPN は仮想サーバが作成されると VFrame により割り当てられます。

仮想サーバ グループおよび関連する仮想サーバの作成手順については、『 Cisco VFrame InfiniBand Director User Guide 』を参照してください。

ステップ 3 仮想サーバの WWPN を次の手順で検索します。

a. ナビゲーション ツリーで Virtual Server Groups をクリックします。Virtual Server Groups ウィンドウが表示されます。

b. ストレージに追加する仮想サーバ名をクリックします。

c. WWNs サブタブをクリックします。

d. 割り当てられている WWPN の数を確認します。表示されている WWPN の数とこの仮想サーバの使用する FC ポートの数が一致している必要があります。たとえば、4 つの FC ゲートウェイ ポートを介して仮想デバイスにストレージをアクセスさせる場合、WWN タブには 4 つの WWPN が表示されます。

アクセス可能な FC ポートの数を変更する場合は、Storage タブ > FC Ports タブをクリックします。

ステップ 4 ステップ 6 の手順に従い、WWPN をテキスト ファイルにコピーします。


 

仮想サーバ ホストをストレージに作成

仮想サーバの新しいホストをストレージ デバイスに作成する場合、2 つの異なる方法があります。

ステップ 1 では、自動で作成する方法を説明します。

ステップ 2 では、手動で作成する方法を説明します。


ステップ 1 ストレージで WWPN 値が検出されるように、仮想サーバをストレージ デバイスに永続的な形で強制的にログインさせます。この永続的ログインは仮想サーバの診断モードをイネーブルにすることで可能になります。

仮想サーバの診断モードは次の手順でイネーブルにします。

a. Virtual Server Group メニューの新しいグループをクリックします。VS Group の Virtual Servers タブが表示されます。

b. 追加したい仮想サーバのボックスをオンにし、ドロップダウン メニューから Enable Diagnostic Mode for Selected Virtual Server(s) を選択します。Virtual Server General タブが表示されます。

c. 一度に選択できる仮想サーバは 1 つだけであることに注意してください。

d. Virtual Server General タブで、Diagnostic Report ボタンをクリックします。

e. 表示されるレポートには、仮想サーバに対して割り当てられたストレージ コンフィギュレーションが示されます。ストレージが正しく設定されていることを確認してください。

f. これで仮想サーバはストレージ デバイスにログインし、診断モードを終了するまでログインしたままになります。FC ゾーン分割の変更や SRP コンフィギュレーションの変更ができます。

g. 仮想サーバを物理サーバに割り当てる前に、診断モードから仮想サーバを削除します。

ステップ 2 ステップ 1 からステップ 8 の手順に従い、ストレージ デバイスに仮想サーバの新しいホストを作成します。

a. ECC を起動していない場合は起動します。

b. ナビゲーション ツリーで Hosts を右クリックします。

c. New > Generic Host を選択します。

d. 仮想サーバの Host Name と IP address を入力します。仮想サーバの IP アドレスには、Eth0 アドレスを使用できます(新しい仮想サーバ ホストの作成 を参照)。

Ethe0 が設定されている場合には、仮想サーバの Network サブタブをクリックするとこのアドレスが表示されます。

図6-28 新しい仮想サーバ ホストの作成

 

e. Next をクリックします。Select Port ウィンドウが開きます。

f. Next をクリックしてこのウィンドウを飛ばして進みます。この時点でホストのポートを選択する必要はありません。

g. Create - Generic Host ウィンドウでクリックを繰り返して、このウィザードを終了します。

h. ナビゲーション ツリーで、新しく追加したホストを表示します。アダプターが表示されるまで、フォルダのクリックを繰り返します(図6-29 を参照)。

図6-29 仮想サーバ PP2 および PP1 ポート グルーピングの新しいホスト

 


 

ストレージへの仮想サーバ WWPN の追加

ストレージに仮想サーバの WWPN を追加する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ディレクタの WWPN を追加する場合と同じ手順で、仮想サーバの WWPN を追加します。

a. ナビゲーション ツリーで、仮想サーバ名を右クリックします。

b. New > Host Fibre Port を選択します。

c. ステップ 4 で作成したテキスト ファイルを参照します。

d. Port Name フィールドで、FC ポートに名前を割り当てます。この例では、関連する FC ポート プールの名前およびこの仮想サーバが使用している FC ポートの数を表す数値を使用しました(PP 2 _port1 - PP 2 _Port2 および PP 1 _port1 - PP 1 _Port2 の名前を使用)。

e. Port WWN フィールドに、仮想サーバの WWPN の 1 つを入力します。

f. WWPN の追加が終わるまで Next をクリックします。

g. 新しい WWPN を表示して確認します(図6-30 を参照)。

h. すべての仮想サーバの WWPN に対してa. からf. を繰り返します。

図6-30 仮想サーバ PP2 および PP1 ポート グルーピングの新しいホスト

ステップ 2 ナビゲーション ツリーで仮想サーバのすべてのエントリを表示します(図6-31 を参照)。

図6-31 仮想サーバのすべての WWPN がストレージに追加されたことの確認

 


 

仮想サーバに対するポート マスキングの設定

ステップ 1 からステップ 5 でディレクタに対して行った手順と同じ方法で、仮想デバイスに対するポート マスキングを設定できます。


ステップ 1 ナビゲーション ツリーで、仮想サーバ名を右クリックします。

ステップ 2 Masking > Modify Masking Configurations... を選択します。Modify Masking Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 1 つの FC ポート プールへのアクセスを許可します(図6-32 では、 PP2 を最初に設定します)。

図6-32 仮想サーバ PP2 および PP1 ポート グルーピングの新しいホスト

 

ステップ 4 Check Hosts/Ports ボックスで、仮想サーバの FC ゲートウェイ ポートをオンにします。これらはゲートウェイ上で FC ポート プールと対応付けられているポートです(図6-33 を参照)。

図6-33 ストレージに追加された仮想サーバの WWPN

 

i. Show All SAN Storage オプション ボタンをクリックして、ストレージ デバイスの使用可能なターゲット ポートを表示します。

j. Check Storage Array/Port ボックスで、この FC ゲートウェイ ポートの組に対するターゲット ポートを選択します。これらは仮想サーバがアクセスできるターゲット ポートです。図6-34 では、FC ポート プール PP2 は Port 0 FA-1C に割り当てられます。

図6-34 仮想サーバ PP2 および PP1 ポート グルーピングの新しいホスト

 

k. Select Type of Device ドロップダウン メニューから All Devices を選択します。

l. Show Devices ボタンをクリックします。テーブル下部にデバイスが表示されます。

m. 適切な LUN へのアクセスを許可します。ディレクタのアクセス先の LUN をクリックします。

n. Grant ボタンをクリックします(図6-35 を参照)。

図6-35 仮想デバイスに対する FC ポートの組の選択

 

o. Continue ボタンをクリックします。

p. Execute ボタンをクリックします。

q. デバイス LUN とポートの割り当てを表示します。

2 番めの FC ポート プールへのアクセスを許可します(この例では、 PP1 を設定します)。

r. FC ポート プール PP1 に対して、ステップ a ~ q の手順を繰り返します。


) この例では、PP1 グループをストレージ デバイスの Port 0 FA-15C に割り当てます(PP2図6-36 に示すように、Port 1 FA-15C に割り当てられました)。


図6-36 ストレージ ポートの表示と選択

 


 

仮想サーバのストレージ コンフィギュレーションの表示

ストレージ コンフィギュレーションを表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 仮想サーバに対して作成したすべてのデバイス/LUN バインディングを次の手順で表示します。

a. ECC メニューの上部の Storage Allocation > Path Details をクリックします。

b. ナビゲーション ツリーで、ボックスをオンにして仮想サーバを選択します。Path Details ウィンドウが表示されます。

c. Path Details ウィンドウの Select Object フィールドで仮想サーバをクリックします。

d. Show Device ボタンをクリックします。HBA for Symmetrix フィールドが表示されます。

ホストとストレージのバインディングを表示し、すべてのホスト ポートが適切なボリューム、ストレージ ポート、およびストレージ アダプタにアクセス可能であることを確認します(図6-37 を参照)。

図6-37 仮想サーバ ホストとストレージのバインディングの表示

 


 

他の仮想サーバの追加

他のサーバを追加するには、追加する仮想サーバごとに「ストレージ デバイスへの仮想サーバの追加」に記されている手順を繰り返します。