Cisco VFrame Third Party インテグレーション ガイド Release 3.1.1
CLI による EMC Clariion ストレージの 設定
CLI による EMC Clariion ストレージの設定
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

CLI による EMC Clariion ストレージの設定

概要

スイッチの I/O TimeOut 値の設定

ストレージ コンフィギュレーションのプランニング

使用しているストレージ デバイスの現在の容量の確認

コンフィギュレーションに必要なイニシエータの数の確認

全ストレージ グループでの WWPN 登録数の表示

ディレクタの WWN の検索と記録

ストレージ グループの作成

ストレージ グループへのディレクタ WWPN の追加

最初のディレクタ WWPN を 1 つの SP ポートに追加

ストレージ グループの WWPN 登録数の表示

最初のディレクタ WWPN を他の SP ポートに追加

(任意)冗長ディレクタの WWPN の追加

ストレージ デバイスへの仮想サーバの追加

概要

この章では、navicli による EMC Clariion ストレージ デバイスのストレージ コンフィギュレーション例について説明します。

スイッチの I/O TimeOut 値の設定

EMC ストレージをサーバ ファブリック スイッチと一緒に使用する場合は、スイッチのデフォルト タイムアウトの値を変更します。

LU(論理ユニット)が I/O トラフィックを受け入れるようにするためには、Element Manager を使用して、デフォルトの最大時間を変更します。EMC ストレージ デバイスを使用している場合は、このタイムアウトの値を増やします。

この値はデフォルト値(10 秒)から 1800 まで変更できます。


ステップ 1 Element Manager GUI を起動します。

CLI からも、fc srp lu logical-id min-io-timeout timeout コマンドを入力して実行できます。

ステップ 2 FibreChannel メニューをクリックし、SRP を選択します。SRP ウィンドウが開きます。

ステップ 3 Global タブをクリックします。

ステップ 4 DefaultItlMinIoTimeout フィールドに 1800 を入力して、ITL が I/O トラフィック(非順次アクセス ストレージ デバイス上)を受け入れる時間(秒)を指定します。

ステップ 5 Apply ボタンをクリックします。


 

ストレージ コンフィギュレーションのプランニング

ストレージのコンフィギュレーションを開始する前に、ストレージの使用方法をプランニングします。『 VFrame Site Planning Guide 』およびシスコの代理店が提供するトポロジを使用してください。

使用しているストレージ デバイスの現在の容量の確認

実現できるトポロジのタイプは、ストレージの量およびストレージ デバイスで使用可能な WWPN の登録数に応じて決定される場合があることを理解してください。これは重要です。


ステップ 1 最初のステップでは、デバイスに追加可能な World Wide Port Name(WWPN)の登録数を決定します。各ストレージ デバイスには、Storage Processor(SP)ポートおよびそのストレージ デバイス全体に登録できる WWPN の数に制限があるのでデバイスの仕様を調べて登録数の制限を確認します。

ステップ 2 次のステップでは、SP ポートにすでに登録されているイニシエータの数を確認し、残っている登録エントリの数を把握しておきます。


 

コンフィギュレーションに必要なイニシエータの数の確認

次の一般的なガイドラインを使用して、ストレージ デバイス上で使用する必要のあるイニシエータ数を決めます。

SP 1 つ当たりの登録数 = SP ポートを認識できるポート プール内の、仮想サーバ 1 台当たり ゲートウェイ ポート数図4-1 を参照)。

図4-1 イニシエータの登録数のプランニング

 

全ストレージ グループでの WWPN 登録数の表示

すべてのストレージ グループ上で、SP B に登録されている World Wide Port Name(WWPN)をすべて表示します。

./Navisphere/bin/navicli -h io-cx700-spa storagegroup -list | grep SP B.*3 | wc -l

ディレクタの WWN の検索と記録

ディレクタの WWN を検索して記録する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ディレクタの WWN を検索します。WWN は WWNN と WWPN の両方で構成される値です。

a. VFrame を起動していない場合は起動します。

b. ナビゲーション ツリーで VFrame Directors をクリックします。

c. Instances タブをクリックします。VFrame Director Instances ウィンドウが表示されます。

d. ディレクタの 名前 をクリックします。Director Instance Properties ウィンドウが表示されます。

e. WWNs タブをクリックします(図4-2 を参照)。

図4-2 ディレクタの WWPN

 

ステップ 2 あとで参照できるように、ディレクタの WWPN をテキスト ファイルにコピーします。


 

ストレージ グループの作成

ストレージ グループを作成する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 このディレクタおよびすべての仮想サーバに対するストレージ グループを 1 つ作成します。

./navicli -h 10.2.0.218 storagegroup -setpath -o -gname VF_Cluster
 


 

ストレージ グループへのディレクタ WWPN の追加

ストレージ グループには数多くの WWPN の中から 1 つ追加できます。

最初のディレクタ WWPN を 1 つの SP ポートに追加

ディレクタ WWPN を SP ポートに追加する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 図4-2 に示すように、最初のディレクタ WWPN(WWNN と WWPN の両方)を追加します。


) 同じ手順でほかのディレクタを追加します。


次の例に、SP B を介してストレージ グループ VF_Cluster に追加されているディレクタ WWN の 1 つを示します。この例でのノード名は vf_Director_1 です。

./navicli -h 10.3.1.130 storagegroup -setpath -o -gname VF_Cluster -hbauid 2f:ff:00:05:ad:01:82:29:2f:ff:00:05:ad:05:82:29 -sp B -spport 3 -type 0x03 -host vf_Director_1 -ip 1.1.1.1 -failovermode 1 -arraycommpath 0
 


 

ストレージ グループの WWPN 登録数の表示

WWPN を入力するごとに、そのエントリが正しく登録されたかどうか確認します。

次の例に、 VF_Cluster という名前のストレージ グループに対する SP b3 上での WWPN 数を示します。

./navicli -h io-cx700-spa storagegroup -list -gname VF_Cluster | grep SP B.*3 | wc -l

最初のディレクタ WWPN を他の SP ポートに追加

ほとんどのコンフィギュレーションで、ディレクタは VFrame 環境で使用されているすべての SP ポートにアクセスできますが、仮想サーバは特定の SP ポートにしかアクセスできない場合があります。


ステップ 1 複数のターゲット ポートを介してディレクタを LUN にアクセスさせる場合は、ほかの SP ポートを使用して WWPN を追加します。

次の例では、ディレクタは SP A へのアクセスが許可されています。

./navicli -h 10.3.1.130 storagegroup -setpath -o -gname VF_Cluster -hbauid 2f:ff:00:05:ad:01:82:29:2f:ff:00:05:ad:05:82:29 -sp A -spport 3 -type 0x03 -host vf_Director_1 -ip 1.1.1.1 -failovermode 1 -arraycommpath 0
 


 

(任意)冗長ディレクタの WWPN の追加


ステップ 1 スタンバイ ディレクタが設定されている場合は、上記のステップ 1 の手順に従ってその WWN を検索します。

ステップ 2 ホストが LUN にアクセスする際に使用するすべての SP ポートに、すべてのスタンバイ ディレクタを追加します。

a. ステップ 1 をスタンバイ ディレクタに対して繰り返します。


 

ストレージ デバイスへの仮想サーバの追加


ステップ 1 仮想サーバの WWN を検索し、それをステップ 1 で作成したストレージ グループに追加します。アクセスを許可するストレージ ターゲットについて間違いなくプランニングしたかどうか確認します。

ステップ 2 仮想サーバの WWPN をストレージ デバイスに登録する方法を、次のいずれかから選択します。

a. 「ストレージ グループへのディレクタ WWPN の追加」に記されている手順に従い、手動で WWPN をストレージに入力します。

b. ストレージで WWPN 値が検出されるように、仮想サーバをストレージ デバイスに永続的な形で強制的にログインさせます。この永続的ログインは仮想サーバの診断モードをイネーブルにすることで可能になります。

仮想サーバの診断モードは次の手順でイネーブルにします。

Virtual Server Group メニューの新しいグループをクリックします。VS Group の Virtual Servers タブが表示されます。

追加したい仮想サーバのボックスをオンにし、ドロップダウン メニューから Enable Diagnostic Mode for Selected Virtual Server(s) を選択します。Virtual Server General タブが表示されます。

一度に選択できる仮想サーバは 1 つだけであることに注意してください。

Virtual Server General タブで、Diagnostic Report ボタンをクリックします。

表示されるレポートには、仮想サーバに対して割り当てられたストレージ コンフィギュレーションが示されます。ストレージが正しく設定されていることを確認してください。

これで仮想サーバはストレージ デバイスにログインし、診断モードを終了するまでログインしたままになります。FC ゾーン分割の変更や SRP コンフィギュレーションの変更ができます。

仮想サーバを物理サーバに割り当てる前に、診断モードから仮想サーバを削除します。