Cisco VFrame Third Party インテグレーション ガイド Release 3.1.1
Navisphere による EMC Connextrix ストレージの設定
Navisphere による EMC Connextrix ストレージの設定
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Navisphere による EMC Connextrix ストレージの設定

概要

トポロジの例

セットアップ

スイッチの I/O TimeOut 値の設定

ストレージ グループの作成と LUN の追加

ストレージ グループの作成

LUN の選択

LUN が所属する SP の決定

ストレージへのホストの登録

ディレクタの登録

SP A へのディレクタの登録

SP B へのディレクタの登録

仮想サーバの登録

SP A への仮想サーバの登録

SP B への仮想サーバの登録

SP A と B への他の仮想サーバの登録

ホストとの接続

ホスト アクセスの設定

ゲートウェイと LUN へのホスト アクセスの確認

Navisphere による EMC Connextrix ストレージの設定

この章の内容は次のとおりです。

「概要」

「トポロジの例」

「ストレージ グループの作成と LUN の追加」

「ストレージへのホストの登録」

「ホストとの接続」

「ホスト アクセスの設定」

概要

この章では、SRP イニシエータと EMC ストレージ デバイスを接続するためのコンフィギュレーション例について説明します。このコンフィギュレーション例では、ユーザが SRP イニシエータ(つまり、IB 対応のホスト)を EMC ストレージ デバイスのコンフィギュレーションに追加する必要があります。

SRP ホストを含む EMC ストレージ グループと EMC LU を作成すると、ホストとストレージの間をトラフィックが通過できます。この章ではトポロジの例を示し、使用環境を正常に設定するうえで役立つように手順を追って説明します。

トポロジの例

図3-1 に、ファイバ チャネル ストレージ エリア ネットワーク(SAN)に接続されたファイバ チャネル ゲートウェイを持つサーバ スイッチのトポロジの例を示します。

図3-1 トポロジの例

 

セットアップ

このセットアップの例には、次の状況が適用されます。

SRP ホストは IB ケーブルを介して Cisco 3012 Server Switchに接続されています。

各 SRP ホストには 2 つの HCA があり、各 HCA の 1 つのポートはServer Switchに接続されています。

各 FC ゲートウェイのポート 1 はストレージ システム上の Storage Processor(SP)A に接続されています。

各 FC ゲートウェイのポート 2 はストレージ システム上の SP B に接続されています。

SRP ホストにロードされている SRP ドライバはありません。

Cx200 または Cx200 の LU が設定されています。

このセクションに示す例には、1 台の Cisco 3012 と 2 つの FC ゲートウェイが含まれています。各ゲートウェイのポート 1 は 1 つの FC スイッチに接続され、各ゲートウェイ上のポート 2 はもう 1 つの FC スイッチに接続されています。各 FC スイッチは EMC Cx200/Cx700 ストレージ デバイス上の 1 つのポートに接続されています。

スイッチの I/O TimeOut 値の設定

EMC ストレージをサーバ ファブリック スイッチと一緒に使用する場合は、スイッチのデフォルト タイムアウトの値を変更します。


) EMC ストレージ デバイス使用している場合、LU(論理ユニット)が I/O トラフィックを受け入れられるようにデフォルトの最大時間を変更するには、Element Manager を使用してこのタイムアウトの値を増やします。この値はデフォルト値(10 秒)から 1800 まで変更できます。


I/O TimeOut 値を設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Element Manager GUI を起動します。

この手順は CLI からも、fc srp lu logical-id min-io-timeout timeout コマンドを使用して実行できます。

ステップ 2 FibreChannel メニューをクリックし、SRP を選択します。SRP ウィンドウが開きます。

ステップ 3 Global タブをクリックします。

ステップ 4 DefaultItlMinIoTimeout フィールドに 1800 を入力して、ITL が I/O トラフィック(非順次アクセス ストレージ デバイス上)を受け入れる時間(秒)を指定します。

ステップ 5 Apply をクリックします。


 

ストレージ グループの作成と LUN の追加

VFrame コンフィギュレーションでは、すべての管理対象デバイスは 1 つのストレージ グループ内に存在する必要があります。

ストレージ グループの作成

ストレージ グループを作成する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 アドレス バーに EMC ストレージ デバイス(Cx200 や Cx700 など)の IP アドレスを入力し、Enter キーを押して Navisphere を起動します。


) ここでの手順は、NaviSphere の前提条件をすべて満たしていることを想定しています。


ステップ 2 ストレージ システムを右クリックし、右クリック メニューの Create Storage Group... をクリックします。Create Storage Group ウィンドウが開きます(図3-2 を参照)。

図3-2 新しいストレージ グループの作成

 

ステップ 3 Storage Group Name フィールドにグループの名前を入力したあと、OK をクリックし、必要に応じてダイアログボックスの内容を確定します(図3-3 を参照)。

図3-3 ストレージ グループ名の作成

 


 

LUN の選択

LUN を選択する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ストレージ システムを展開したあと、Storage Groups を展開します。作成したストレージ グループを右クリックし、右クリック メニューから Select LUNs... を選択します。

ステップ 2 Available LUNs フィールドで、新しいストレージ グループに所属させる LUN を Ctrl キーを押しながらクリックしたあと、右矢印をクリックします(図3-4 を参照)。


) 単一プロセッサ(SP A など)のみを使用している場合、SP A に所属する LUN のみを選択するようにします。詳細については、「LUN が所属する SP の決定」を参照してください。


図3-4 ストレージ グループへの LUN の追加

 

ステップ 3 OK をクリックしたあと、必要に応じてダイアログボックスの内容を確定します。


 

LUN が所属する SP の決定

単一プロセッサ(SP A など)を使用している場合、ストレージ グループに追加する LUN がその SP に所属していることを確認する必要があります。

LUN が所属する SP を確定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Navisphere ウィンドウを開きます。

ステップ 2 ナビゲーション ツリーのストレージ デバイスを展開します。

ステップ 3 使用している SP を展開します。

ステップ 4 表示したい LUN を右クリックします(図3-5 を参照)。

図3-5 LUN Properties の検索

 

LUN Properties ウィンドウが開きます(図3-6 を参照)。

図3-6 LUN Properties

 

ステップ 5 次のように Ownership フィールドを表示します。

a. Current Owner を表示して、使用しているプロセッサがこの LUN を所有していることを確認します。

b. Default Owner 設定を表示します。LUN が最初に設定されたときに Default Owner が決まります。Default Owner が Current Owner と異なる場合は、Default Owner を変更します。


 

ストレージへのホストの登録

ホストはストレージ グループに登録しないと認識されません。ホストがストレージに登録されると、ストレージ グループに接続されます。

VFrame コンフィギュレーションの場合、次のデバイスをホストとして追加します。

ディレクタ ホスト

すべての仮想サーバ

ディレクタの登録

ディレクタを登録する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ディレクタの WWN と WWPN を検索します。

ステップ 2 ディレクタの WWNN と WWPN を次の手順で検索します。

a. VFrame ディレクタを起動していない場合は起動します。

b. ナビゲーション ツリーで VFrame Directors をクリックします。

c. メイン ウィンドウで Instances タブをクリックします。

d. 表示したいディレクタのハイパーリンク名をクリックします。

e. WWNs サブタブをクリックします(図3-7 を参照)。

図3-7 単一ディレクタの WWNN と WWPN

 

ステップ 3 Navisphere に戻ります。


 

SP A へのディレクタの登録


) ここでの手順は、SP A と SP B の両方が使用されていることを想定しています。


ディレクタを SP A に登録する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ストレージ システムを右クリックし、右クリック メニューの Connectivity Status... をクリックします(図3-8 を参照)。

図3-8 ホストのイニシエータの作成

 

ステップ 2 Connectivity Status ウィンドウが開きます。New... ボタンをクリックします。Create Initiator Record ウィンドウが開きます。

ステップ 3 HBA WWN フィールドに、ディレクタの World Wide Node Name(WWNN)と World Wide Port Name(WWPN)を入力します。

SRP ホストの WWNN とコロン(:)を入力したあと、ホストとストレージを接続する際に経由させる FC ゲートウェイの仮想ポート 1 の WWPN を入力します(図3-9 を参照)。

図3-9 SRP ホスト(ディレクタ)の登録

 

ステップ 4 SP プルダウン メニューから、A を選択します。

ステップ 5 FC ゲートウェイの接続先のストレージ ポートを、SP Port プルダウン メニューから選択します。

ステップ 6 (任意ですが推奨します)Failover Mode プルダウン メニューから、1 を選択します。

ステップ 7 Host Name に、ディレクタ ホストを特定するホスト名を指定します。

ステップ 8 IP Address フィールドに、IP アドレスを入力します。ゲートウェイ ポートのServer Switchの IP アドレスを使用することを推奨します。

ステップ 9 OK をクリックしたあと、すべてのダイアログボックスの内容を確定して Connectivity Status ウィンドウに戻ります。


 

SP B へのディレクタの登録

ストレージ デバイスで両方のサービス プロセッサを使用している場合は、SP B で登録を繰り返します。


) 両方のサービス プロセッサを使用していない場合は、「SP B へのディレクタの登録」を飛ばして進みます。ストレージ グループに割り当てた LUN が、使用している SP に実際に所属していることを確認します。詳細については、「LUN が所属する SP の決定」を参照してください。


ディレクタを SP B に登録する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ストレージ システムを右クリックし、右クリック メニューの Connectivity Status... をクリックします。

ステップ 2 Connectivity Status ウィンドウが開きます。New... ボタンをクリックします。Create Initiator Record ウィンドウが開きます。

ステップ 3 HBA WWN フィールドに、ディレクタの World Wide Node Name(WWNN)と World Wide Port Name(WWPN)を入力します。

ステップ 4 SP プルダウン メニューから、B を選択します。

ステップ 5 FC ゲートウェイの接続先のストレージ ポートを、SP Port プルダウン メニューから選択します。

ステップ 6 (任意ですが推奨します)Failover Mode プルダウン メニューから、1 を選択します。

ステップ 7 Host Name に、ディレクタ ホストを特定するホスト名を指定します。

ステップ 8 IP Address フィールドに、IP アドレスを入力します。ゲートウェイ ポートのServer Switchの IP アドレスを使用することを推奨します。

ステップ 9 OK をクリックしたあと、すべてのダイアログボックスの内容を確定して Connectivity Status ウィンドウに戻ります。


) VFrame ハイ アベイラビリティのために冗長ディレクタを使用している場合、「ディレクタの登録」に記されている手順を繰り返してもう 1 つのディレクタを追加します。



 

仮想サーバの登録

仮想サーバを登録する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 仮想サーバの WWNN と WWPN を検索します。

a. VFrame ウィンドウに戻ります。VFrame は仮想サーバが作成されると WWNN と WWPN を割り当てます。

b. ナビゲーション ツリーで Virtual Server Groups をクリックします。

c. メイン ウィンドウで仮想サーバ名をクリックします。

d. WWNs サブタブをクリックします(図3-10 を参照)。

図3-10 仮想サーバの WWNN と WWPN

 

ステップ 2 ストレージ デバイスに追加する必要のある WWPN をメモに取ります。

ステップ 3 WWPN をストレージ デバイスに登録する方法を、次のいずれかから選択します。

a. 「SP A への仮想サーバの登録」に記されている手順に従い、手動で WWPN をストレージに入力します。

b. ストレージで WWPN 値が検出されるように、仮想サーバをストレージ デバイスに永続的な形で強制的にログインさせます。この永続的ログインは仮想サーバの診断モードをイネーブルにすることで可能になります。

仮想サーバの診断モードは次の手順でイネーブルにします。

Virtual Server Group メニューの新しいグループをクリックします。Virtual Server Group の Virtual Servers タブが表示されます。

追加したい仮想サーバのボックスをオンにし、ドロップダウン メニューから Enable Diagnostic Mode for Selected Virtual Server(s) を選択します。Virtual Server General タブが表示されます。

一度に選択できる仮想サーバは 1 つのみであることに注意してください。

Virtual Server General タブで、Diagnostic Report ボタンをクリックします。

表示されるレポートには、仮想サーバに対して割り当てられたストレージ コンフィギュレーションが示されます。ストレージが正しく設定されていることを確認してください。

これで仮想サーバはストレージ デバイスにログインし、診断モードを終了するまでログインしたままになります。FC ゾーン分割の変更や SRP コンフィギュレーションの変更ができます。

仮想サーバを物理サーバに割り当てる前に、診断モードから仮想サーバを削除します。


 

SP A への仮想サーバの登録

仮想サーバを SP A に登録する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Navisphere に戻ります。


) ここでの手順は、SP A と SP B の両方が使用されていることを想定しています。


ステップ 2 ストレージ システムを右クリックし、右クリック メニューの Connectivity Status... をクリックします(図3-11 を参照)。

図3-11 ホストのイニシエータの作成

 

ステップ 3 Connectivity Status ウィンドウが開きます。New... ボタンをクリックします。Create Initiator Record ウィンドウが開きます。

ステップ 4 HBA WWN フィールドに、SRP ホストの WWNN とコロン(:)を入力したあと、ホストとストレージを接続する際に経由させる FC ゲートウェイの仮想ポート 1 の WWPN を入力します(図3-12 を参照)。

図3-12 ストレージへの仮想サーバの登録

 

ステップ 5 SP プルダウン メニューから、A を選択します。

ステップ 6 FC ゲートウェイの接続先のストレージ ポートを、SP Port プルダウン メニューから選択します。

ステップ 7 (任意ですが推奨します)Failover Mode プルダウン メニューから、1 を選択します。

ステップ 8 Host Name フィールドに、仮想サーバを特定するホスト名を入力します。

ステップ 9 IP Address フィールドに任意の IP アドレスを入力します。

ステップ 10 OK をクリックしたあと、必要に応じてダイアログボックスの内容を確定します。

ステップ 11 (任意)仮想サーバの 2 番めのポートについて、「仮想サーバの登録」に記されている手順を繰り返して、1 つの仮想サーバから冗長イニシエータを設定します。

ステップ 12 ほかの仮想サーバについて、「仮想サーバの登録」に記されている手順を繰り返します。


 

SP B への仮想サーバの登録

ストレージ デバイスで両方のサービス プロセッサを使用している場合は、SP B で登録を繰り返します。


) 両方のサービス プロセッサを使用していない場合は、「SP B へのディレクタの登録」を飛ばして進みます。


SP A と B への他の仮想サーバの登録

すべての仮想サーバについて、「仮想サーバの登録」に記されている手順を繰り返します。

ホストとの接続

ホストに接続する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 作成したストレージ グループを右クリックし、右クリック メニューから Connect Hosts...を選択します。Storage Group Properties ウィンドウが開き、設定済みのゲートウェイ ポートが Available Hosts フィールドに表示されます(図3-13 を参照)。

図3-13 ストレージ グループとホストの接続

 

ステップ 2 Available Hosts フィールドで、ディレクタと仮想サーバの 2 つの新しいエントリを Ctrl キーを押しながらクリックしたあと、右矢印をクリックします(図3-14 を参照)。


) Connectivity Status ウィンドウに表示されるイニシエータが、必ずしもストレージ デバイスにアクセスする必要はありません。このウィンドウはストレージが検出したイニシエータを表示しているにすぎません。SRP ホストは必要に応じてストレージにログインしますが、ログインしたままではないため、画面に connected と表示されることはありません。


図3-14 新しく登録したホストの接続

 

ステップ 3 OK をクリックしたあと、必要に応じてダイアログボックスの内容を確定します。


 

ホスト アクセスの設定

ここでは、ホスト アクセスの設定手順について説明します。

ゲートウェイと LUN へのホスト アクセスの確認

ファイバ チャネル ゲートウェイ上でデフォルトのアクセス コンフィギュレーションが変更されていないことを確認します。この場合、ホストはゲートウェイに無制限にアクセスできますが、LUN に対しては制限があります。

ホスト アクセスを確認する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Element Manager を起動し、SRP ホストとストレージを接続しているServer Switchを開きます。

ステップ 2 Fibre Channel > Storage Manager を選択します。

ステップ 3 Gateway Port Access フィールドの Restricted チェックボックスを オフ にします。

ステップ 4 LUN Access フィールドの Restricted チェックボックスを オン にします(図3-15 を参照)。

図3-15 Restricted チェックボックスのオン

 

ステップ 5 ゲートウェイと LUN へのホスト アクセスを設定します。