Cisco DCNM トラブルシューティング ガイド
Cisco DCNM 検出で発生する問題のトラブルシューティング
Cisco DCNM 検出で発生する問題のトラブルシューティング
発行日;2012/12/21   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

Cisco DCNM 検出で発生する問題のトラブルシューティング

この章の内容は、次のとおりです。

Cisco DCNM に必要なデフォルトのログ レベル

ここでは、Cisco Nexus シリーズ スイッチに必要なさまざまなログ レベルについて説明します。


(注)  


デフォルトの Cisco DCNM 動作を無効にするには、Cisco DCNM のカスタム ログ レベルの設定を参照してください。


表 1 Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチのデフォルト ログ レベル
機能 Cisco DCNM でのサポート デフォルト ログ レベル Cisco DCNM に必要なログ レベル
Ethpm Yes 5 5
インターフェイス VLAN Yes 2 5
Udld Yes 5 5
Port-channel Yes 5 6
モニタ Yes 3 6
CDP Yes 2 6
VpC Yes 2 6
STP Yes 3 6
ポート セキュリティ Yes 2 5
DHCP Yes 2 6
GLDB Yes 3 6
HSRP Yes 3 6
AAA Yes 3 5
RADIUS Yes 3 5
追跡 Yes 3 6
TACACS+ Yes 3 5
プラットフォーム Yes 5 5
Sysmgr Yes 3 3
モジュール Yes 5 5
FEX No - -
DOT1X Yes 2 5
VDCmgr Yes 6 6
LstSVC No - -
リンク ステータスが有効 Yes T T
リンク ステータスがデフォルト Yes F T
VIM No - -
VMS No - -
LLDP Yes 2 5
表 2 Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチのデフォルト ログ レベル
機能 Cisco DCNM でのサポート デフォルト ログ レベル DCNM に必要なログ レベル
Ethpm Yes 5 5
インターフェイス VLAN Yes 2 5
Udld Yes 5 5
Port-channel Yes 5 6
モニタ Yes 3 6
CDP Yes 2 6
VpC Yes 2 6
STP Yes 3 6
ポート セキュリティ No - -
DHCP No - -
GLDB No - -
HSRP No - -
AAA Yes 3 5
RADIUS Yes 3 5
追跡 No - -
TACACS+ Yes 3 5
プラットフォーム Yes 5 5
Sysmgr Yes 3 3
モジュール No - -
FEX Yes 2 5
DOT1X No - -
VDCmgr No - -
LstSVC No - -
リンク ステータスが有効 Yes T T
リンク ステータスがデフォルト Yes F T
VIM No - -
VMS No - -
LLDP No - -
表 3 Cisco Nexus 3000 シリーズ スイッチのデフォルト ログ レベル
機能 Cisco DCNM でのサポート デフォルト ログ レベル DCNM に必要なログ レベル
Ethpm Yes 5 5
インターフェイス VLAN Yes 2 5
Udld Yes 5 5
Port-channel Yes 5 6
モニタ Yes 3 6
CDP Yes 2 6
VpC No - -
STP Yes 3 6
ポート セキュリティ No - -
DHCP Yes 2 6
GLDB No - -
HSRP No - -
AAA Yes 3 5
RADIUS Yes 3 5
追跡 No - -
TACACS+ Yes 3 5
プラットフォーム Yes 5 5
Sysmgr Yes 3 3
モジュール No - -
FEX No - -
DOT1X No - -
VDCmgr No - -
LstSVC No - -
リンク ステータスが有効 No - -
リンク ステータスがデフォルト No - -
VIM No - -
VMS No - -
LLDP Yes 2 5
L2ISIS No - -
FP トポロジ No - -
FP リソース No - -
Nohms Yes 1 2
ポート プロファイル No - -
MSP No - -
Switchprofile Yes 2 6
FLOGI No - -
表 4 Cisco Nexus 4000 シリーズ スイッチのデフォルト ログ レベル
機能 Cisco DCNM でのサポート デフォルト ログ レベル Cisco DCNM に必要なログ レベル
Ethpm Yes 5 5
インターフェイス VLAN Yes 2 5
Udld Yes 5 5
ポート チャネル Yes 5 6
モニタ Yes 3 6
CDP Yes 2 6
VpC No - -
STP Yes 3 6
ポート セキュリティ No - -
DHCP No - -
GLDB No - -
HSRP No - -
AAA Yes 3 5
RADIUS Yes 3 5
追跡 No - -
TACACS+ Yes 3 5
プラットフォーム No - -
Sysmgr Yes 3 3
モジュール No - -
FEX No - -
DOT1X No - -
VDCmgr Yes 6 6
LstSVC Yes 2 4
リンク ステータスが有効 Yes T T
リンク ステータスがデフォルト Yes F T
VIM No - -
VMS No - -
LLDP No - -
表 5 Cisco Nexus 1000 シリーズ スイッチのデフォルト ログ レベル
機能 Cisco DCNM でのサポート デフォルト ログ レベル Cisco DCNM に必要なログ レベル
Ethpm Yes 5 5
インターフェイス VLAN No - -
Udld No - -
Port-channel Yes 5 6
モニタ Yes 3 6
CDP Yes 2 6
VpC No - -
STP No - -
ポート セキュリティ No - -
DHCP No - -
GLDB No - -
HSRP No - -
AAA Yes 3 5
RADIUS Yes 3 5
追跡 No - -
TACACS+ Yes 3 5
プラットフォーム Yes 5 5
Sysmgr Yes 3 3
モジュール Yes 5 5
FEX No - -
DOT1X No - -
VDCmgr No - -
LstSVC No - -
リンク ステータスが有効 No T T
リンク ステータスがデフォルト Yes F T
VIM Yes 5 5
VMS Yes 5 5
LLDP No - -

デフォルト キーワード

表 6 プラットフォーム タイプごとのデフォルト キーワード
キーワード プラットフォーム
dc3 Nexus 7000
n5k Nexus 5000、Nexus 5010、および Nexus 5020
n5500 Nexus 5500、Nexus 5548、および Nexus 5596
n4ki Nexus 4000 IBM ブレード サーバ
n1kv Nexus 1000
n1010 Nexus 1010
m9500 MDS 9500
m9200 MDS 9200
m9100 MDS 9100
表 7 機能名のデフォルト キーワード
キーワード 機能
module モジュール
interface-vlan インターフェイス VLAN
tacacs TACACS+
monitor モニタ
stp スパニングツリー
eth_port_channel ポート チャネル
udld UDLD
ethpm ETHPM
sysmgr システム マネージャ
platform プラットフォーム
cdp CDP
radius Radius
aaa AAA
dhcp DHCP
vdc_mgr VDC
gldp GLDP
port-security ポート セキュリティ
dot1x DOT1x
track オブジェクト トラッキング
vpc VPC
hsrp_engine HSRP
tunnel トンネル
fprsrc Fabricpath リソース
fptopo Fabricpath トポロジ
l2isis Fabricpath ISIS
fex ファブリック エクステンダ
nohms NOHMS
lldp LLDP
flogi FLOGI
fip-snooping FIP スヌーピング
lstsvc LSTSVC
port-profile ポート プロファイル
vim VIM
vms VMS
msp MSP

DCNM 検出に必要なコマンド

コマンド Nexus 7000 Nexus 5000 Nexus 4000 Nexus 3000 Nexus 1000v Nexus 1010 Catalyst 6500 FWSM UCS
show clock Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes
show version Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes
show inventory Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes   Yes
show cdp neighbors detail   Yes Yes Yes Yes   Yes   Yes
show lldp neighbors detail Yes Yes              
show spanning-tree internal info global | i mac   Yes Yes            
show feature-set | include fabricpath   Yes              
show context                  
show running-config                  
show logging level platform Yes       Yes Yes      
show logging level module Yes       Yes Yes      
show logging level sysmgr Yes   Yes   Yes Yes      
logging level platform 5 Yes Yes     Yes Yes      
logging level module 5 Yes       Yes Yes      
logging level sysmgr 3 Yes Yes Yes   Yes Yes      
show log level | egrep 'platform|sysmgr'                  
sh run | include admin-vdc Yes                
show virtual-service-blade           Yes      
sh run | include combined-hostname Yes                
show logging logfile last-index Yes                
show accounting log last-index Yes                
show wwn switch   Yes              
show npv flogi-table   Yes              
show topology   Yes              
show fcs database   Yes              
show fcns database local detail   Yes              
sh feature | include \fcoe\   Yes              
show interface portname | grep ignore-case bound command   Yes              
logging enable             Yes    
logging size 1000             Yes    
record rc             Yes    
show archive log config all             Yes    
show running-config | include record rc|service sequence-numbers|service timestamps log datetime localtime year|service timestamps log datetime localtime show-timezone year             Yes    
show logging | include buffer logging:             Yes    
service timestamps log datetime localtime year             Yes    
service sequence-numbers             Yes    
logging buffered             Yes    
show archive log config *             Yes    
show logging             Yes    
show context               Yes  
show hostname Yes             Yes  
show running-config expand-port-profile Yes       Yes Yes      
logging level Yes Yes Yes Yes Yes Yes      
show running-config   Yes Yes Yes     Yes Yes Yes
show mode               Yes  
show interface               Yes  
show failover               Yes  
show ip interface brief             Yes    
show interfaces | include line | Hardware             Yes    
show interfaces capabilities             Yes    
show interfaces status             Yes    
show interfaces flowcontrol             Yes    
show udld             Yes    
show interfaces status err-disabled             Yes    
show vtp status             Yes    
show vlan             Yes    
show spanning-tree             Yes    
show spanning-tree mst configuration digest             Yes    
show etherchannel summary             Yes    
show resource   Yes Yes Yes Yes Yes      
show vsan   Yes   Yes          
show interface brief   Yes   Yes          
show port-security address | begin Vlan Yes Yes     Yes Yes      
show san-port-channel database   Yes   Yes          
show clock utc Yes                
show vdc fcoe-vlan-range Yes                

DCNM 検出中の問題に対する推奨される解決策

次の表は、検出に関する問題と、その解決に役立つ推奨される解決策のリストを示します。 デバイスを検出するのに失敗した場合は、次の解決方法を実施する必要があります。


(注)  


Cisco DCNM は、Nexus スイッチの検出に SSH を使用し、非 Nexus スイッチの検出に Telnet を使用します。


問題 推奨される解決策
認証の失敗 デバイスにログイン中に有効なユーザ クレデンシャルが入力されていません。

次の方法が推奨されます。

  1. 外部 SSH または Telnet クライアントを介してデバイスにログインします。
  2. 検出時に提供されたユーザ名とパスワードを入力し、ログインが成功したかどうかを確認します。
データベース例外 検出は、データベースを照会する間のエラーまたは例外が原因で失敗しました。 デバイスをもう一度検出します。
デバイスの同期化失敗 デバイスは、自動同期エラーが原因で管理されていません。 デバイスをもう一度検出します。
デバイス同期化の手動による停止 自動同期化を手動でディセーブルにしたため、デバイスは管理されていません。 デバイスを管理するには、デバイスの自動同期化をイネーブルにします。
サーバの内部エラー サーバ内の検出中に発生した例外があります。 デバイスをもう一度検出します。
接続の失敗 アプリケーション プロトコルの接続(Telnet、SSH、または HTTP)が使用可能でないか、または接続がタイム アウトしました。

Nexus プラットフォームでは、サードパーティ製の SSH クライアントを介してデバイスの SSH サーバを接続します。 接続が確立しているかどうかを確認します。

Telnet を介してデバイスにログインし、次のコマンドを入力します。

Conf t;

Feature ssh;

非 Nexus プラットフォームでは、Windows、Linux、または Solaris で使用可能な Telnet クライアントを使用してデバイスを接続します。 接続が確立されていることを確認します。

到達不能 デバイスは検出時に到達不能です。 サードパーティの SSH クライアントを介して、デバイスの SSH サーバに接続します。 正常に接続されると、ユーザ クレデンシャルが要求されます。
検出されない これは、サーバが適切なエラーを報告しない場合のデフォルト エラーです。 デバイスをもう一度検出します。
ノードがダウンした デバイス ディスカバリの進行中に、サーバがシャット ダウンされました。 デバイスをもう一度検出します。
サポートされていないバージョン デバイス プラットフォームが DCNM でサポートされていません。 サポートされてるバージョンについては、『Cisco DCNM Compatibility Matrix』を参照してください。
アーカイブ ロギングがディセーブルになっている デバイスのアーカイブ ロギングがディセーブルです。 次の方法が推奨されます。
  1. SSH または Telnet クライアントを使用してデバイスにログインし、ユーザ クレデンシャルを入力します。
  2. 特権モードで、enable コマンドとパスワードを入力します。
  3. コンフィギュレーション モードで、config t コマンドを入力します。
  4. アーカイブ モードで、archive コマンドを入力します。
  5. ログ コンフィギュレーション モードで、log config コマンドを入力します。
  6. logging enable コマンドを入力して、ロギングをイネーブルにします。
  7. デバイスをもう一度検出します。
セカンダリ ノードのファブリック インターコネクトの検出 UCS Manager はセカンダリ ファブリック インターコネクトでは使用できません。 プライマリ ファブリック インター コネクトから UCS を検出します。
VTP バージョン 3 がサポートされない Cisco DCNM は、Catalyst 6500 スイッチ上で VTP バージョン 3 をサポートしていません。 次の方法が推奨されます。
  1. SSH または Telnet クライアントを使用してデバイスにログインし、ユーザ クレデンシャルを入力します。
  2. 次の 1 または 2 のいずれかに、VTP のバージョンを設定します。 cat6k(config)# vtp version 1 または cat6k(config)# vtp version 2
  3. デバイスをもう一度検出します。
認可の失敗 許可は、検出中に show コマンドのために拒否されました。 検出中にサポートされるコマンドの詳細については、検出によって送信されるコマンドの一覧を参照してください。
システム ログの不一致 システム ログの時間順に不一致が見つかりました。 次の方法が推奨されます。
  1. SSH または Telnet クライアントを使用してデバイスにログインし、ユーザ クレデンシャルを入力します。
  2. コンフィギュレーション モードで、configuration t clear logging log を入力します。
  3. logging enable コマンドを入力して、ロギングをイネーブルにします。
  4. デバイスをもう一度検出します。
アカウンティング ログの不一致 アカウンティング ログの時間順で不一致が見つかりました。 次の方法が推奨されます。
  1. SSH または Telnet クライアントを使用してデバイスにログインし、ユーザ クレデンシャルを入力します。
  2. コンフィギュレーション モードで、configuration t clear accounting log を入力します。
  3. デバイスをもう一度検出します。
ログ レベルの同期の失敗 必要な Cisco DCNM ログ レベルがデバイスで設定されていません。 次の方法が推奨されます。
  1. SSH または Telnet クライアントを使用してデバイスにログインし、ユーザ クレデンシャルを入力します。
  2. コンフィギュレーション モードで、conf t; logging level feature level を入力します。
  3. デバイスをもう一度検出します。
接続制限の超過 デバイスの接続数制限を超過したため、新しい接続を受け入れられません。 次の方法が推奨されます。
  1. SSH または Telnet クライアントを使用してデバイスにログインし、ユーザ クレデンシャルを入力します。
  2. 既存のアクティブな接続を表示します。 たとえば、Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチでは、show usersshow xml server status コマンドを入力して、アクティブなユーザのリストを表示します。 CLI および XML モードの両方の最大同時アクティブ接続については、デバイスの製品ページを参照してください。
  3. CLI または XML モードから不要な接続を削除します。 たとえば、Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチでは、show usersconfig t、および clear unwanted-line-number-seen-in-show-users-o/p を入力して、CLI 接続と、show xml server status および xml server terminate session session-number-to-terminate をクリアします。
  4. デバイスをもう一度検出します。
非 admin の FWSM コンテキストの検出がサポートされていない admin がサポートされるコンテキスト デバイスを検出します。
SSH 例外 デバイスで SSH を使用できません。 次の方法が推奨されます。
  1. Telnet クライアントを使用してデバイスにログインし、ユーザ クレデンシャルを入力します。
  2. config t を入力して、コンフィギュレーション モードを開始します。
  3. feature SSH を入力して、イネーブルにします。
  4. デバイスをもう一度検出します。
不十分なユーザ権限 一部のコマンドは検出時に拒否されます。 次の方法が推奨されます。
  1. SSH または Telnet クライアントを使用してデバイスにログインし、ユーザ クレデンシャルを入力します。
  2. config t を入力して、コンフィギュレーション モードを開始します。
  3. conf t; logging level feature level を入力して、イネーブルにします。
  4. 詳細については、デフォルトのロギング レベルを参照してください。
  5. デバイスをもう一度検出します。
NTP が設定されていない デバイスで NTP を設定し、そのデバイスを再検出します。
デバイスの時間が Cisco DCNM サーバ時刻よりも進んでいる NTP は Cisco DCNM サーバ マシンまたはデバイスでは設定されません。 NTP を両方のマシンで設定し、そのデバイスを再検出します。
デバイスの時間が設定されていない デバイスのクロックを設定し、デバイスをもう一度検出してみてください。
Cisco DCNM が UCS サーバ ブレードの検出をサポートしていない
  1. 仮想サーバが接続されている Nexus デバイスを検出する前に、VMware を使用して仮想サーバを検出します。
  2. Web クライアントを使用してサーバとデバイスを検出するには、次の手順に従います。
    1. サーバの [Admin] メニュー > [Data Sources] > [VMware] に移動します。
    2. Nexus デバイスの [Admin] メニュー > [Data Sources] > [LAN] に移動します。
  3. Nexus デバイス ポート サーバが起動したら、Cisco DCNM は自動的に検出し、サーバ検出をトリガーします。
  4. Cisco DCNM で show mac address-table コマンドを使用して、スイッチに接続されているホストを追跡します。
    (注)      トラフィック フローがない、またはサーバに接続されたポートが動作していない場合、スイッチの MAC アドレス テーブルにホストの MAC アドレスはありません。