Cisco DCNM for LAN Release 6.x FabricPath コンフィギュレーション ガイド
FabricPath インターフェイス
FabricPath インターフェイス
発行日;2012/09/27 | 英語版ドキュメント(2012/06/28 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

FabricPath インターフェイス

FabricPath インターフェイスについて

FabricPath インターフェイス

STP および FabricPath ネットワーク

ハイ アベイラビリティ

FabricPath インターフェイスのライセンス要件

プラットフォーム サポート

FabricPath インターフェイスの設定

DCNM を使用した FabricPath の設定に関する機能の履歴

FabricPath インターフェイス

この章では、Cisco Nexus 7000 シリーズ NX-OS デバイス上の FabricPath(FP)インターフェイスの設定方法について説明します。

この章の内容は、次のとおりです。

「FabricPath インターフェイスについて」

「FabricPath インターフェイスのライセンス要件」

「プラットフォーム サポート」

「FabricPath インターフェイスの設定」

FabricPath インターフェイスについて

この項の内容は、次のとおりです。

「FabricPath インターフェイス」

「STP および FabricPath ネットワーク」

「ハイ アベイラビリティ」


) FabricPath を実行するには、Cisco Nexus 7000 シリーズ デバイスに F シリーズ モジュールを取り付けている必要があります。


FabricPath インターフェイス

使用しているデバイスで FabricPath をイネーブルにすると、イーサネット インターフェイスまたはポートチャネル インターフェイスを FabricPath インターフェイスとして設定できます。ポート チャネルの 1 つのメンバが FabricPath モードである場合、その他のメンバもすべて FabricPath モードになります。インターフェイスを FabricPath インターフェイスとして設定すると、インターフェイスは自動的にトランク ポートになり、複数の VLAN のトラフィックを伝送できます。また、F シリーズ モジュールのすべてのポートを同時に FabricPath インターフェイスとして設定することもできます。

次のように、インターフェイス モードよって異なるタイプの VLAN のトラフィックが伝送されます。

FabricPath インターフェイスとして設定されている F シリーズ モジュールのインターフェイスが伝送するトラフィック:

FP VLAN のトラフィック のみ

FabricPath インターフェイスとして設定されていない F シリーズ モジュールのインターフェイスが伝送するトラフィック:

FP VLAN

クラシカル イーサネット(CE)VLAN

M シリーズ モジュールのインターフェイスが伝送するトラフィック:

CE VLAN のトラフィック のみ


) FP および CE VLAN の詳細については、「FabricPath フォワーディング」を参照してください。


FabricPath インターフェイスは、FabricPath ネットワーク内の他の FabricPath インターフェイスだけに接続します。これらの FabricPath ポートは、FabricPath ヘッダーの情報とレイヤ 2 Intermediate System-to-Intermediate System(IS-IS)に対してのみ動作し、STP は実行しません。これらのポートは、FP VLAN だけを認識し、CE VLAN は認識しません。デフォルトでは、トランク ポートですべての VLAN が許可されるので、FabricPath インターフェイスはすべての FP VLAN のトラフィックを伝送します。


) FabricPath インターフェイスを共有インターフェイスとして設定することはできません。共有インターフェイスの詳細については、『Cisco NX-OS FCoE Configuration Guide for Cisco Nexus 7000 and Cisco MDS 9500』を参照してください。


STP および FabricPath ネットワーク


) CE と FabricPath ネットワーク間のエッジにあるレイヤ 2 ゲートウェイ スイッチは、FabricPath ネットワークに接続されているすべての STP ドメインのルートである必要があります。


スパニングツリー プロトコル(STP)ドメインは、FabricPath ネットワークの中には入りません(図 3-1 を参照)。

図 3-1 FabricPath ネットワーク ボーダーで終了する STP 境界

 

FabricPath レイヤ 2 ゲートウェイ デバイスでは、STP プライオリティが、接続する STP ドメイン内のすべてのデバイスの中で最も低くなるよう設定する必要があります。また、1 つの FabricPath ネットワークに接続されたすべての FabricPath レイヤ 2 ゲートウェイ デバイスが 同じ プライオリティを持つよう設定する必要があります。予約された MAC アドレスのプールからレイヤ 2 ゲートウェイ デバイスのブリッジ ID が割り当てられます。

CE/FabricPath ハイブリッド ネットワーク対応のループフリー トポロジを実現するために、FabricPath ネットワークは接続されているすべての CE デバイスへの 1 つのブリッジとして自動的に設定されます。


) すべての FabricPath レイヤ 2 ゲートウェイ スイッチで、接続するすべての STP ドメインのルートになるように、STP プライオリティの値を十分に低く設定する必要があります。


STP を FabricPath ネットワークとシームレスに連携させるために、FabricPath レイヤ 2 ゲートウェイ スイッチの STP プライオリティ以外の設定を行う必要はありません。接続されている CE デバイスだけで、1 つの STP ドメインが形成されます。相互接続していない CE デバイスは、別個の STP ドメインを形成します(図 3-1 を参照)。

すべての CE インターフェイスは指定ポートである必要があります。これらのポートは自動的に設定されるか、アクティブな STP トポロジからプルーニングされます。ポートがプルーニングされると、syslog メッセージが返されます。ポートが優位 BPDU を受信しなくなった場合のみ、ポートは再びクリアされます。

また、FabricPath レイヤ 2 ゲートウェイ スイッチは、そのすべての CE インターフェイスにトポロジ変更通知(TCN)を伝播します。

FabricPath レイヤ 2 ゲートウェイ スイッチは STP を終了します。STP により接続された FabricPath レイヤ 2 ゲートウェイ スイッチは STP ドメインを形成します。1 つの FabricPath ネットワークに多数の FabricPath レイヤ 2 ゲートウェイ スイッチが接続されている可能性があるので、異なる STP ドメインが多数存在することもあります(図 3-1 を参照)。別個の STP ドメイン内のデバイスは、それらが属するドメインについての TCN 情報だけを知る必要があります。同一の FabricPath ネットワークに接続されている異なる STP ドメインごとに一意の STP ドメイン ID を設定できます。レイヤ 2 IS-IS メッセージによって、FabricPath ネットワーク上に TCN が伝送されます。TCN メッセージと同じ STP ドメインの FabricPath レイヤ 2 ゲートウェイ スイッチだけが動作し、接続されている CE デバイスにメッセージを伝播する必要があります。

FabricPath レイヤ 2 ゲートウェイ スイッチは、それが属する STP ドメインの TCN を受信すると、次の処理を行います。

その STP ドメインのすべてのリモート MAC アドレスと、指定ポート上の MAC アドレスを消去します。

指定された STP ドメイン内のその他のデバイスに TCN を伝播します。

個々の STP ドメインのデバイスは TCN 情報を受信し、次の処理を行う必要があります。

TCN 情報を生成した STP ドメインが到達可能なすべてのリモート MAC アドレスを消去します。

ハイ アベイラビリティ

FabricPath トポロジでは、ISSU を介して設定が保持されます。

ハイ アベイラビリティの詳細については、『 Cisco Nexus 7000 Series NX-OS High Availability and Redundancy Guide, Release 5.x 』を参照してください。

FabricPath インターフェイスのライセンス要件

次の表に、この機能のライセンス要件を示します。

 

製品
ライセンス要件

Cisco NX-OS

FabricPath には、拡張レイヤ 2 ライセンスが必要です。Cisco NX-OS のライセンス スキームの詳細については、『 Cisco Nexus 7000 Series Licensing Guide 』を参照してください。

Cisco DCNMS

FabricPath にはライセンスは不要です。ライセンス パッケージに含まれていない機能は Cisco DCNM にバンドルされており、無料で提供されます。Cisco DCNM ライセンス スキームについては、『 Cisco DCNM Installation and Licensing Guide 』を参照してください。

プラットフォーム サポート

この機能は、次のプラットフォームでサポートされています。注意事項や制約事項、システムのデフォルト値、コンフィギュレーションの制限などに関するプラットフォーム固有の情報については、対応するマニュアルを参照してください。

プラットフォーム
マニュアル

Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチ

Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチのマニュアル

 

FabricPath インターフェイスの設定

DCNM を使用した FabricPath インターフェイスの設定については、『 Interfaces Configuration Guide, Cisco DCNM for LAN, Release 6.x 』を参照してください。

STP の設定については、『 Layer 2 Switching Configuration Guide, Cisco DCNM for LAN, Release 6.x 』を参照してください。

 

 

DCNM を使用した FabricPath の設定に関する機能の履歴

表 3-1 に、この機能のリリース履歴を示します。

 

表 3-1 FabricPath スイッチング機能の履歴

機能名
リリース
機能情報

FabricPath

5.1(1)

これらの機能が導入されました。