Inter-VSAN ルーティング コンフィギュレーション ガイド、Cisco DCNM for SAN Cisco DCNM for SAN, Release 6.x
高度な Inter-VSAN Routing の設定
高度な Inter-VSAN Routing の設定
発行日;2012/09/18 | 英語版ドキュメント(2012/06/28 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 963KB) | フィードバック

目次

高度な Inter-VSAN Routing の設定

高度な Inter-VSAN Routing について

IVR サービス グループ

デフォルト サービス グループ

サービス グループのアクティベーション

Autonomous Fabric ID

FC ID の機能とメリット

高度な IVR ゾーンと IVR ゾーン セット

IVR CFS リージョン

IVR フローにおける高度なファブリック サービス

注意事項と制限

サービス グループに関するガイドライン

Autonomous Fabric ID に関するガイドライン

IVR NAT または IVR 自動トポロジを使用しない IVR に関するガイドライン

ドメイン ID に関するガイドライン

中継 VSAN に関するガイドライン

境界スイッチに関するガイドライン

手動での IVR トポロジ設定に関するガイドライン

FC ID に関するガイドライン

IVR ゾーン設定に関するガイドライン

高度なファブリック サービスに関する注意事項および制約事項

高度な Inter-VSAN Routing の設定

高度な Inter-VSAN Routing の設定のタスク フロー

IVR サービス グループの設定

デフォルト AFID の設定

個別の AFID の設定

NAT を使用しない IVR の設定

IVR トポロジの手動設定

手動で設定された IVR トポロジのアクティベーション

手動で設定された IVR トポロジ データベースの削除

IVR 自動トポロジ モードから IVR 手動トポロジ モードへの移行

IVR の永続的 FC ID の設定

IVR ゾーン分割における LUN の設定

IVR ゾーンの QoS の設定

IVR ゾーンと IVR ゾーン セットの名前の変更

IVR CFS リージョン ID の設定

読み取り専用ゾーン分割を使用した IVR の設定

高度な Inter-VSAN Routing の設定

この章では、高度な設定に関する情報と手順について説明します。高度な IVR 設定をセットアップする前に、「基本的な Inter-VSAN Routing の設定」 「」 で基本的な設定手順と IVR 機能の説明、制限事項、および用語を参照してください。

この章の内容は、次のとおりです。

「高度な Inter-VSAN Routing について」

「注意事項と制限」

「高度な Inter-VSAN Routing の設定」

高度な Inter-VSAN Routing について

ここでは、次の内容について説明します。

「IVR サービス グループ」

「デフォルト サービス グループ」

「サービス グループのアクティベーション」

「Autonomous Fabric ID」

「FC ID の機能とメリット」

「高度な IVR ゾーンと IVR ゾーン セット」

「IVR フローにおける高度なファブリック サービス」

IVR サービス グループ

複雑なネットワーク トポロジ内に、いくつかの IVR 対応 VSAN だけが存在するものとします。非 IVR 対応 VSAN へのトラフィック量を削らすには、IVR 対応 VSAN へのトラフィックを制限するサービス グループを設定する必要があります。ネットワーク上では、最大 16 個の IVR サービス グループが許可されます。新しい IVR 対応スイッチをネットワークに追加した場合は、新しい VSAN を含むようにサービス グループを更新する必要があります。

デフォルト サービス グループ

IVR VSAN トポロジの一部であるが、ユーザ定義のサービス グループの一部ではないすべての AFID と VSAN の組み合わせが、デフォルト サービス グループのメンバーです。デフォルト サービス グループの識別番号は 0 です。

デフォルトで、デフォルト サービス グループのメンバー間の IVR 通信が許可されます。デフォルト ポリシーを deny に変更できます。デフォルト ポリシーを変更するには、 IVR サービス グループの設定 を参照してください。デフォルト ポリシーは ASCII 設定の一部ではありません。

サービス グループのアクティベーション

設定したサービス グループはアクティブにする必要があります。ゾーン セットのアクティベーションや VSAN トポロジのアクティベーションと同様に、設定したサービス グループをアクティブにすると、現在アクティブなサービス グループが、もしあれば、設定したサービス グループに置き換えられます。設定済みのサービス グループ データベースとアクティブなサービス グループ データベースは 1 つずつしか存在しません。これらのデータベースのそれぞれに最大 16 個のサービス グループを設定できます。

Autonomous Fabric ID

Autonomous Fabric ID(AFID)は、セグメント化された VSAN(たとえば、論理的にも物理的にも分離しているが、同じ VSAN 番号を持つ 2 つの VSAN)を区別するためのものです。Cisco Fabric Manager Release 4.2(1) は、AFID の 1 ~ 64 をサポートします。AFID を IVR 自動トポロジ モードと組み合わせて使用すれば、IVR VSAN トポロジ データベース内でセグメント化された VSAN を使用できます。

FC ID の機能とメリット

FC ID の永続性によって、IVR 管理を容易にする次の機能が提供されます。

ネイティブ VSAN で使用する仮想ドメインを割り当てて管理することができます。

デバイス専用の仮想 FC ID を割り当てて管理することができます。

IVR の永続的 FC ID のメリットを以下に示します。

ホスト デバイスは、常に、同じ FC ID でターゲットを識別できます。

IVR が使用する仮想ドメインを割り当てることで、SAN レイアウトをより適切に計画できます。

SAN モニタリングと管理が容易になります。一貫して同じドメインまたは FC ID が割り当てられていれば、それが参照するネイティブ VSAN やデバイスを容易に識別できます。

高度な IVR ゾーンIVR ゾーン セット

ここでは、IVR ゾーンと IVR ゾーン セットに関する高度な設定について説明します。IVR ゾーンとゾーン セットの設定に関する基本的な情報については、 IVR ゾーンと IVR ゾーン セットの設定 を参照してください。

IVR 設定の一部として、1 つ以上の IVR ゾーンを設定して、VSAN 間通信をイネーブルにする必要があります。そのためには、各 IVR ゾーンを(pWWN、VSAN)エントリの集合として指定する必要があります。IVR ゾーンは 1 つ以上の IVR ゾーン セットのメンバーにすることができるため、複数の IVR ゾーン セットに同じ IVR ゾーンを含めることができます。


) 同じ IVR ゾーン セットは、すべての IVR 対応スイッチ上でアクティブにする必要があります。



注意 Cisco SAN-OS Release 3.0(3) よりも前のリリースでは、ネットワーク内のスイッチ上に合計で最大 10,000 のゾーン メンバーしか設定できません。Cisco SAN-OS Release 3.0(3) 以降のリリースでは、ネットワーク内のスイッチ上に合計で最大 20,000 のゾーン メンバーを設定できます。1 つのゾーン メンバーが 2 つのゾーンに存在する場合は、2 回カウントされます。 データベース マージに関する注意事項 を参照してください。

IVR CFS リージョン

IVR は、異なる VSAN のデバイスが相互に通信するために使用されます。ファブリック サイズの増大に合わせて、IVR アイランドを作成する必要があります。IVR データ通信は、アイランド内に制限されます。さまざまな IVR CFS リージョンを作成して、データ通信をリージョン内に制限することができます。

現在、DCNM-SAN は単一の IVR CFS リージョンのみをサポートします。

Release 5.2 から、DCNM-SAN は複数の IVR リージョンをサポートし、次の機能が搭載されます。

複数の IVR 適用ゾーン セットと、IVR マスター スイッチのサポート(リージョン単位)。

DCNM-SAN テーブルのすべてのスイッチに対するアクティブでローカルなトポロジの表示。各リージョンのトポロジを変更するには、マスター スイッチを選択する必要があります。

CFS IVR リージョンが設定されていない場合、スイッチはデフォルト リージョンに属します。

DCNM-SAN は、各スイッチのリージョン、リージョン ID、および IVR CFS ステートによって、複数の適用 IVR ゾーンを検出します。

クライアント イベントまたはサーバ イベントは、(各リージョンの)IVR CFS ステート、リージョン ID、および適用 IVR ゾーンの変更を考慮して修正されます。

DCNM-SAN クライアントのログ ウィンドウには、IVR のすべてのリージョン情報が反映されます。

現在、DCNM-SAN クライアントは、CFS リージョンのゾーン分割をサポートしています。

IVR フローにおける高度なファブリック サービス

高度なファブリック サービス(SME や IOA など)は、ファブリック全体の FC リダイレクト インフラストラクチャを使用して、トラフィック フローをリダイレクトします。これらのサービスは、内部機能の Abstract ACL Manager(AAM)を使用して IVR フロー上でイネーブルにできるようになりました。

注意事項と制限

ここでは、次の内容について説明します。

「サービス グループに関するガイドライン」

「Autonomous Fabric ID に関するガイドライン」

「IVR NAT または IVR 自動トポロジを使用しない IVR に関するガイドライン」

「手動での IVR トポロジ設定に関するガイドライン」

「FC ID に関するガイドライン」

「IVR ゾーン設定に関するガイドライン」

「高度なファブリック サービスに関する注意事項および制約事項」

サービス グループに関するガイドライン

IVR サービス グループを設定する場合は、次のガイドラインについて考慮してください。

IVR 自動トポロジ モードと一緒にサービス グループを使用する場合は、IVR をイネーブルにしてサービス グループを設定し、それらを CFS を使用して配信してから、IVR 自動トポロジ モードを設定します。

IVR VSAN トポロジが IVR 自動トポロジ モードの場合にのみ、CFS 配信がサービス グループ内に制限されます。 IVR VSAN のトポロジ を参照してください。

ネットワーク上には、最大 16 個のサービス グループを設定できます。

新しい IVR 対応スイッチをネットワークに追加した場合は、新しい VSAN を含むようにサービス グループを更新する必要があります。

同じ VSAN と AFID の組み合わせを複数のサービス グループのメンバーにはできません。そうした場合は、CFS マージが失敗します。

すべてのサービス グループ内の AFID と VSAN の組み合わせの総数は 128 以下にする必要があります。1 つのサービス グループ内の AFID と VSAN の組み合わせの最大数は 128 です。

IVR サービス グループ設定は、すべての IVR 対応スイッチに配信されます。同じサービス グループに属している 2 つのエンド デバイス間の IVR データ トラフィックは、そのサービス グループ以外には配信されません。たとえば、2 つのメンバー(pWWN 1 と pWWN 2 など)が同じ IVR ゾーンに属しているが、サービス グループが異なる場合は、通信することができません。

CFS マージでは、他のサービス グループと競合しない限り、同じ名前のサービス グループがマージされます。

CFS マージ中にサービス グループの総数が 16 を超えた場合は、CFS マージが失敗します。

CFS から到達可能なすべての SAN にサービス グループの設定情報が配信されます。CFS 配信をイネーブルにしない場合は、すべての VSAN 内のすべての IVR 対応スイッチ上でサービス グループ設定が同じであることを保証する必要があります。

ある IVR サービス グループに属している IVR エンド デバイスは、他のサービス グループに属している AFID または VSAN にエクスポートされません。

1 つ以上のサービス グループが定義されており、ある IVR ゾーン メンバーがどのサービス グループにも属していない場合、その IVR ゾーン メンバーは他のどのデバイスとも通信できません。

デフォルト サービス グループ ID はゼロ(0)です。

Autonomous Fabric ID に関するガイドライン

各 VSAN に AFID を個別に設定するか、またはすべての VSAN に対応したデフォルト AFID を特定のスイッチに設定できます。デフォルトの AFID を持つスイッチ上の VSAN のサブセットに対して個別の AFID を設定した場合は、そのサブセットでは設定した AFID が使用されますが、そのスイッチ上の他の VSAN ではデフォルトの AFID が使用されます。

VSAN トポロジが IVR 自動トポロジ モードの場合は、1 つの AFID 設定しか使用できません。IVR 手動トポロジ モードでは、VSAN トポロジ設定自体で AFID が指定されるため、個別に AFID を設定する必要がありません。


) VSAN 番号は同じだが、AFID が異なる 2 つの VSAN は、ファブリック内で許可された全部で 128 個の VSAN 以外の 2 つの VSAN としてカウントされます。


複数のスイッチに接続されたデバイスが 1 つの VSAN に属している場合は、AFID が異なるため、標準ゾーン セットを設定しても相互通信はできません。ファブリックごとに AFID を変えることを検討することができます。つまり、3 つのスイッチは 3 つの異なるファブリックを意味します。

IVR NAT または IVR 自動トポロジを使用しない IVR に関するガイドライン

NAT モード、または IVR 自動トポロジ モードの IVR を使用しない IVR SAN ファブリックを設定する前に、次の一般的なガイドラインを考慮してください。

必須の Enterprise License Package または SAN-EXTENSION ライセンス パッケージとこの機能に使用可能な IPS カードを調達します。

FSPF リンク コストを変更した場合は、すべての IVR パスの FSPF パス距離(パスのリンク コストの合計)が 30,000 未満であるか確認します。

interop モードがイネーブルでもディセーブルでも、IVR 対応 VSAN を設定できます。

ここでは次の項目についても説明します。

「ドメイン ID に関するガイドライン」

「中継 VSAN に関するガイドライン」

「境界スイッチに関するガイドライン」

ドメイン ID に関するガイドライン

ドメイン ID を設定する前に、次のガイドラインを考慮してください。

IVR NAT を使用しない場合は、IVR 動作に関与するすべての VSAN とスイッチを通して一意のドメイン ID を設定します。次のスイッチが IVR 動作に関与します。

エッジ VSAN 内のすべてのエッジ スイッチ(送信元と送信先)

中継 VSAN 内のすべてのスイッチ

ドメイン ID 割り当てが必要なスイッチ数を最小にします。これによって、トラフィック中断が最小限に抑えられます。

SAN を初めて設定する場合と新しいスイッチを追加する場合に、相互接続された VSAN 間の調整を最小にします。

ドメイン ID を設定するには、次の 2 つのオプションのどちらかを使用します。

関与するすべてのスイッチと VSAN 上で、異なる VSAN 内のドメインが重複しないように、許可ドメイン リストを設定します。

関与するスイッチと VSAN ごとに、重複していない静的なドメインを設定します。


) NAT を使用しない IVR に関する設定で、IVR トポロジ内の 1 つの VSAN が静的なドメイン ID で設定されている場合は、そのトポロジ内の他の VSAN(エッジまたは中継)を静的なドメイン ID で設定する必要があります。


中継 VSAN に関するガイドライン

中継 VSAN を設定する前に、次のガイドラインを考慮してください。

IVR ゾーン メンバーシップを定義するほかに、一連の中継 VSAN を指定して、2 つのエッジ VSAN を接続することもできます。

IVR ゾーン内の 2 つのエッジ VSAN が重複している場合は、中継 VSAN がなくても接続できます(ただし、禁止されるわけではありません)。

IVR ゾーン内の 2 つのエッジ VSAN が重複していない場合は、1 つ以上の中継 VSAN がなければ接続できません。送信元と送信先の両方のエッジ VSAN に属しているスイッチ上で IVR がイネーブルになっていない場合は、IVR ゾーン内の 2 つのエッジ VSAN が重複することはありません。

エッジ VSAN 間のトラフィックは、必ず最短の IVR パスを経由します。

中継 VSAN 情報は、すべての IVR ゾーン セットで共通です。場合によっては、中継 VSAN が別の IVR ゾーン内のエッジ VSAN として機能することもできます。

境界スイッチに関するガイドライン

境界スイッチを設定する前に、次のガイドラインを考慮してください。

関連する境界スイッチ以外で IVR を設定しないようにします。

境界スイッチには Cisco MDS SAN-OS Release 1.3(1) 以降が必要です。

境界スイッチは複数の VSAN のメンバーにする必要があります。

IVR 通信を実行する境界スイッチは IVR に対応している必要があります。

追加の境界スイッチ上で IVR をイネーブルにして、アクティブな IVR ゾーン メンバー間に冗長パスを提供することもできます。

境界スイッチを追加または削除する前に、VSAN トポロジ設定を更新する必要があります。

手動での IVR トポロジ設定に関するガイドライン

IVR 自動トポロジ モードをイネーブルにしなかった場合は、ファブリック内のすべての IVR 対応スイッチ上で IVR トポロジを作成する必要があります。IVR 手動トポロジ モードを使用する場合は、次のガイドラインを考慮してください。

1 つの IVR トポロジ内に設定できるのは、最大 128 台の IVR 対応スイッチと 128 個の異なる VSAN です( データベース マージに関する注意事項 を参照)。

次の情報を使用して、IVR トポロジを指定する必要があります。

IVR 対応スイッチのスイッチ WWN

IVR 対応スイッチが属する 2 つ以上の VSAN

論理的にも物理的にも分離されているが、VSAN 番号が同じ 2 つの VSAN を区別する AFID。最大 64 個の AFID を指定できます。図 2-1 を参照してください。

図 2-1 AFID を使用し、一意ではない VSAN ID を持つ IVR トポロジの例

 

1 つの IVR トポロジ内の 2 つの VSAN が VSAN ID は同じだが AFID が異なる場合、それらは IVR の 128 VSAN 制限に対して、2 つの VSAN としてカウントされます。

単一の AFID を使用している場合は、VSAN 間ルーティング トポロジ内で VSAN を分割できません。

FC ID に関するガイドライン

永続的 FC ID を設定する前に、次のガイドラインを考慮してください。

永続的 IVR FC ID に対して、次の 2 種類のデータベース エントリを設定できます。

仮想ドメイン エントリ:特定の VSAN(現在の VSAN)内のネイティブ VSAN を表すために使用すべき仮想ドメインが格納されます。仮想ドメイン エントリには、次の情報が格納されます。

ネイティブ AFID

ネイティブ VSAN

現在の AFID

現在の VSAN

現在の AFID および VSAN 内のネイティブ AFID および VSAN で使用する仮想ドメイン

仮想 FC ID エントリ:特定の VSAN(現在の VSAN)内のデバイスを表すために使用すべき仮想 FC ID が格納されます。仮想 FC ID エントリには、次の情報が格納されます。

ポート WWN

現在の AFID

現在の VSAN

現在の AFID および VSAN 内で特定の pWWN のデバイスを表すために使用する仮想 FC ID

IVR の永続的 FC ID を使用する場合は、IVR ゾーン セット内のすべてのデバイスに対して永続的 FC ID を使用することをお勧めします。一部の IVR デバイスに対して永続的 FC ID を使用し、その他のデバイスに対して自動割り当てを使用することはお勧めできません。

IVR 永続的 FC ID を使用するには、IVR NAT をイネーブルにする必要があります。

IVR NAT 設定で、IVR トポロジ内の 1 つの VSAN に静的ドメイン ID が設定されている場合は、その VSAN にエクスポート可能な IVR ドメインにも静的ドメインを割り当てる必要があります。

IVR ゾーン設定に関するガイドライン

interop モードがイネーブルになっている場合は、次の IVR 設定に関するガイドラインを考慮してください。

メンバーのネイティブ VSAN が interop モードの場合(interop モードが 2、3、または 4 の場合)は、ReadOnly、QoS 属性、および LUN ゾーン分割が許可されません。

メンバーの VSAN がすでに interop モードになっている状態で、ReadOnly、QoS 属性、または LUN ゾーン分割を設定しようとすると、その設定が許可されていないことを示す警告メッセージが表示されます。

ReadOnly、QoS 属性、または LUN ゾーン分割を設定してから、メンバーの VSAN interop モードを変更した場合は、その設定が許可されていないことを示す警告メッセージが表示されます。その後で設定を変更するように促されます。

高度なファブリック サービスに関する注意事項および制約事項

IVR に対して AAM をイネーブルにする前に、次の注意事項および制約事項について考慮する必要があります。

IVR に対して CFS 配信をイネーブルにする必要がある。

AAM は IVR-NAT モードだけでサポートされている。

ファブリック サービス(SME や IOA など)がイネーブルになっているスイッチは、NX-OS Release 5.0(1) 以降でサポートされている AAM を実行する必要がある。

FC リダイレクトは、バージョン 1 またはバージョン 2 のモードで実行できる。

FCR に対する IVR サポートをイネーブルにする前に、IVR に対する AAM サポートをイネーブルにしておく必要がある。

FCR に対して IVR サポートがイネーブルになっている場合、第 1 世代のモジュールはサポートされない。特に、ISL は第 1 世代のモジュールには設定できません。また、FCR に対して IVR をサポートしているデバイスは、第 1 世代のモジュールに接続できません。

IVR に対して AAM がイネーブルになっている場合、LUN ゾーン分割はサポートされない。

IVR マージは、両方のファブリックで AMM がイネーブルになっているか、または両方のファブリックで AAM がディセーブルになっている場合のみサポートされる。一方のファブリックで AAM がイネーブルになっていて、もう一方のファブリックでは AAM がディセーブルになっている場合、IVR マージは失敗します。

IVR に対する AMM サポートをディセーブルにする前に、IVR デバイスに対する高度なファブリック サービス(SME や IOA)の設定をすべて削除し、その後で FCR に対する IVR サポートをディセーブルにする必要がある。

MDS NX-OS Release 5.0(1) 以前のリリースにダウングレードする場合、その前に、IVR デバイスに対する高度なファブリック サービス(SME や IOA)の設定をすべて削除し、FCR に対する IVR のサポートをディセーブルにしたうえで、IVR に対する AAM サポートをディセーブルにする必要がある。

高度な Inter-VSAN Routing の設定

ここでは、次の内容について説明します。

「高度な Inter-VSAN Routing の設定のタスク フロー」

「IVR サービス グループの設定」

「デフォルト AFID の設定」

「個別の AFID の設定」

「NAT を使用しない IVR の設定」

「IVR トポロジの手動設定」

「手動で設定された IVR トポロジのアクティベーション」

「手動で設定された IVR トポロジ データベースの削除」

「IVR 自動トポロジ モードから IVR 手動トポロジ モードへの移行」

「IVR の永続的 FC ID の設定」

「IVR ゾーン分割における LUN の設定」

「IVR ゾーンの QoS の設定」

「IVR ゾーンと IVR ゾーン セットの名前の変更」

「読み取り専用ゾーン分割を使用した IVR の設定」

高度な Inter-VSAN Routing の設定のタスク フロー

SAN ファブリック内で高度な IVR トポロジを設定するには、次の手順を実行します。

 

設定作業
リソース

ステップ 1

IVR Network Address Translation(NAT; ネットワーク アドレス変換)を使用すべきかどうかを判断します。

IVR ネットワーク アドレス変換 および IVR NAT の要件とガイドライン を参照してください。

ステップ 2

IVR NAT を使用しない場合は、IVR に関与するすべてのスイッチと VSAN に一意のドメイン ID が設定されていることを確認します。

ドメイン ID に関するガイドライン を参照してください。

ステップ 3

境界スイッチで IVR をイネーブルにします。

IVR Zone Wizard を使用した IVR と IVR ゾーンの設定を参照してください。

ステップ 4

必要に応じて、サービス グループを設定します。

IVR サービス グループ を参照してください。

ステップ 5

必要に応じて、IVR 配信を設定します。

ステップ 6

手動または自動で IVR トポロジを設定します。

IVR トポロジの手動設定 基本的な Inter-VSAN Routing の設定 を参照してください。

ステップ 7

手動で、またはファブリック配信を使用して、 すべて の IVR 対応境界スイッチで IVR ゾーン セットを作成してアクティブにします。

高度な IVR ゾーンと IVR ゾーン セット を参照してください。

IVR サービス グループの設定

手順の詳細

IVR サービス グループを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Logical Domains] ペインで、[All VSANs] を開き、[IVR] を選択します。

[Information] ペインに IVR 設定が表示されます。

ステップ 2 [Service Group] タブをクリックして、既存のサービス グループを表示します。

ステップ 3 [Create Row] アイコンをクリックして、新しいサービス グループを作成します。

サービス グループのダイアログ ボックスが表示されます。

ステップ 4 IVR に関与するスイッチに対応するチェックボックスをオンにします。

ステップ 5 サービス グループの [Name] フィールドにデータを入力し、対応する [Fabric ID] フィールドにデータを入力します。

ステップ 6 [VSAN List] テキスト ボックスに、VSAN ID のカンマ区切りのリストを入力します。

ステップ 7 この入力を作成する場合は [Create] をクリックし、すべての変更を破棄する場合は [Cancel] をクリックします。

ステップ 8 IVR トポロジに関連するすべてのスイッチと AFID に対してステップ 1 からステップ 7 までを繰り返します。


 

デフォルト AFID の設定

手順の詳細

デフォルト AFID を設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Logical Domains] ペインで、[All VSANs] を開き、[IVR] を選択します。

[Information] ペインに IVR 設定が表示されます。

ステップ 2 [Default Fabric ID] タブをクリックして、既存のデフォルト AFID を表示します。

ステップ 3 [Create Row] アイコンをクリックして、デフォルト AFID を作成します。

ステップ 4 このデフォルト AFID を使用する IVR に関与するスイッチの横のチェック ボックスをオンにします。

ステップ 5 各スイッチ WWN の名前を入力して、デフォルト ファブリック ID を設定します。

ステップ 6 [Create] をクリックして、このエントリを作成します。

ステップ 7 IVR トポロジ内に設定するすべてのデフォルト AFID に対してステップ 1ステップ 6 を繰り返します。


 

個別の AFID の設定

手順の詳細

個別の AFID を設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Logical Domains] ペインで、[All VSANs] を開き、[IVR] を選択します。

[Information] ペインに IVR 設定が表示されます。

ステップ 2 [Fabric ID] タブをクリックして、既存の AFID を表示します。

ステップ 3 [Create Row] アイコンをクリックして、AFID を作成します。

ステップ 4 このデフォルトの AFID を使用する IVR に関与するスイッチの横のチェック ボックスをオンにします。

ステップ 5 各スイッチ WWN の名前を入力して、ファブリック ID を設定します。

ステップ 6 [VSAN List] テキスト ボックスに、VSAN ID のカンマ区切りのリストを入力します。

ステップ 7 [Create] をクリックして、このエントリを作成します。

ステップ 8 IVR トポロジ内に設定するすべてのスイッチと AFID に対してステップ 1ステップ 6 を繰り返します。


 

NAT を使用しない IVR の設定

手順の詳細

NAT を使用しない IVR をイネーブルにするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Logical Domains] ペインで、[All VSANs] を開き、[IVR] を選択します。

[Information] ペインに IVR 設定が表示されます。

ステップ 2 [Action] タブをクリックします。

ステップ 3 [Enable IVR NAT] チェックボックスをオフにします。

ステップ 4 [Apply Changes] アイコンをクリックして、この変更をファブリック内のすべてのスイッチに配信します。


 

IVR トポロジの手動設定

制約事項

中継 VSAN はユーザ設定に基づいて決定されます。IVR には中継 VSAN の明示的な設定機能がありません。

CFS を使用している機能の [Information] ペインのほとんどのタブは、[CFS] タブをクリックするまで薄く表示されます。[CFS] タブには、CFS がイネーブルになっているスイッチと、この機能のマスター スイッチが表示されます。[CFS] タブをクリックすると、[Information] ペインのその他のタブがアクティブになります。

DCNM-SAN の [Information] ペインの IVR テーブルを使用して IVR を設定できます。このテーブルは、IVR の概念を完全に理解した上で使用してください。IVR の設定には、IVR Wizard の使用をお勧めします。 IVR Zone Wizard を使用した IVR と IVR ゾーンの設定 を参照してください。

手順の詳細

IVR トポロジを手動で設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Logical Domains] ペインで、[All VSANs] を開き、[IVR] を選択します。

[Information] ペインに IVR 設定が表示されます。

ステップ 2 [Local Topology] タブをクリックして、既存の IVR トポロジを表示します。

ステップ 3 [Create Row] アイコンをクリックして、IVR トポロジに行を作成します。

ステップ 4 このトポロジのスイッチ、スイッチ WWN、および VSAN ID のカンマ区切りリストを選択します。

ステップ 5 [Create] をクリックして新しい行を作成します。

ステップ 6 [Apply Changes] アイコンをクリックして IVR トポロジを作成します。


 

すべての IVR 対応スイッチ上でこの設定を繰り返すか、CFS を使用して IVR 設定を配信します。

手動で設定された IVR トポロジのアクティベーション

IVR トポロジは手動で設定した後にアクティブにする必要があります。

制約事項

アクティブな IVR トポロジは非アクティブにできません。IVR 自動トポロジ モードに切り替えることはできます。

手順の詳細

手動で設定された IVR トポロジをアクティブにするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Logical Domains] ペインで、[All VSANs] を開き、[IVR] を選択します。

[Information] ペインに IVR 設定が表示されます。

ステップ 2 [Action] タブをクリックして、既存の IVR トポロジを表示します。

ステップ 3 [Activate Local Topology] チェックボックスをオンにします。

ステップ 4 [Apply Changes] アイコンをクリックして IVR トポロジをアクティブ化します。


 

手動で設定された IVR トポロジ データベースの削除

手順の詳細

手動で作成された IVR トポロジ データベースを削除するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Logical Domains] ペインで、[All VSANs] を開き、[IVR] を選択します。

ステップ 2 [Control] タブが表示されていない場合は、クリックします。

ステップ 3 IVR トポロジから削除する行を強調表示します。

ステップ 4 [Delete Row] アイコンをクリックして、IVR トポロジからこの行を削除します。

ステップ 5 [Apply Changes] アイコンをクリックして IVR トポロジを削除します。


 

IVR 自動トポロジ モードから IVR 手動トポロジ モードへの移行

前提条件

IVR 自動トポロジ モードから IVR 手動トポロジ モードに移行する場合は、アクティブな IVR VSAN トポロジ データベースをユーザ設定 IVR VSAN トポロジ データベースにコピーしてから、モードを切り替えます。

手順の詳細

IVR 自動トポロジ モードから IVR 手動トポロジ モードへ移行するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Logical Domains] ペインで、[All VSANs] を開き、[IVR] を選択します。

[Information] ペインに IVR 設定が表示されます。

ステップ 2 [Action] タブをクリックします。

ステップ 3 IVR 自動トポロジ モードをディセーブルにするスイッチを強調表示します。

ステップ 4 [Auto Discover Topology] チェックボックスをオフにします。

ステップ 5 [Apply Changes] アイコンをクリックします。


 

IVR の永続的 FC ID の設定

手順の詳細

IVR の永続的 FC ID を設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Logical Domains] ペインで、[All VSANs] を開き、[IVR] を選択します。

[Information] ペインに IVR 設定が表示されます。

ステップ 2 [FCID] タブをクリックします。

ステップ 3 [Create Row] アイコンをクリックして、FC ID を作成します。

ステップ 4 特定の VSAN(現在の VSAN)内のデバイスを表すための仮想 FC ID を設定しているスイッチを選択します。

ステップ 5 fcdomain データベースの [Current Fabric ID] フィールドに現在のファブリックを入力します。

ステップ 6 fcdomain データベースの [Current VSAN ID] フィールドに現在の VSAN を入力します。

ステップ 7 [pWWN] を入力します。

ステップ 8 ドロップダウン メニューをクリックして FC ID を選択し、選択した pWWN にマップします。

ステップ 9 [Create] をクリックして新しい行を作成します。


 

IVR ゾーン分割における LUN の設定

LUN ゾーン分割は、アクティブな IVR のメンバー間で使用できます。サービスを設定するには、ゾーン分割インターフェイスを使用して、関連するすべてのエッジ VSAN において必要な IVR ゾーン メンバー間で LUN ゾーンを作成してアクティブにするか、または IVR によって直接サポートされている LUN ゾーン分割を使用します。LUN ゾーン分割の利点の詳細については、『 Cisco MDS 9000 Family NX-OS Fabric Configuration Guide 』または『 Fabric Configuration Guide, Cisco DCNM for SAN 』を参照してください。


) LUN のゾーン分割は、IVR ゾーン セットのセットアップで設定できます。


IVR ゾーンの QoS の設定


) デフォルトの QoS 属性の設定値は low です。


手順の詳細

IVR ゾーンの QoS を設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Zone] > [Edit Local Full Zone Database] を選択します。

選択した VSAN に関する [Edit Local Full Zone Database] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 [Zones] またはゾーン セットを選択します。

ステップ 3 [QoS] チェックボックスをオンにして、QoS プライオリティを設定します。

ステップ 4 [Activate] をクリックして変更を行います。


 

IVR ゾーンと IVR ゾーン セットの名前の変更

手順の詳細

IVR ゾーンと IVR ゾーン セットの名前を変更するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Zone] > [Edit Local Full Zone Database] を選択します。

選択した VSAN に関する [Edit Local Full Zone Database] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 左側のペインでゾーンまたはゾーン セットをクリックします。

ステップ 3 [Edit] > [Rename] を選択します。

ゾーンまたはゾーン セット名の周囲にエディット ボックスが表示されます。

ステップ 4 新しい名前を入力します。

ステップ 5 [Activate] または [Commit Changes] をクリックします。


 

IVR CFS リージョン ID の設定

IVR CFS リージョンを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Logical Domains] ペインで、[All VSANs] を開き、[IVR] を選択します。

[Information] ペインに IVR 設定が表示されます。

ステップ 2 [Control] タブをクリックして、スイッチでこの機能をイネーブルにします。

選択したリージョンのスイッチだけが表示されます。IVR リージョンが設定されていないスイッチはすべて、デフォルト リージョンの一部になります。

ステップ 3 [Physical Attributes] ペインで、[Switches] を展開し、[CFS] を選択します。

機能が正常にイネーブルになっていれば、[CFS] タブにスイッチが表示されます。

ステップ 4 [All Regions] を選択して、[Create Row] をクリックします。

ステップ 5 [Region ID] にスイッチのリージョン ID を入力します。

ステップ 6 [Activate] または [Commit Changes] をクリックします。


 

読み取り専用ゾーン分割を使用した IVR の設定

読み取り専用ゾーン分割(LUN を使用する場合としない場合がある)は、アクティブな IVR ゾーンのメンバー間で使用できます。このサービスを設定するには、ゾーン分割インターフェイスを使用して、関連するすべてのエッジ VSAN 上で必要な IVR ゾーン メンバー間の読み取り専用ゾーンを作成してアクティブにする必要があります。


) 読み取り専用ゾーン分割は、IVR ゾーン セットのセットアップ時には設定できません。