Cisco DCNM for SAN インテリジェント ストレージ サービス コンフィギュレーション ガイド Cisco DCNM for SAN, Release 6.x
インテリジェント ストレージ サービスの概要
インテリジェント ストレージ サービスの概要
発行日;2012/09/18 | 英語版ドキュメント(2012/06/28 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 521KB) | フィードバック

目次

インテリジェント ストレージ サービスの概要

SCSI

ファイバ チャネル書き込みアクセラレーション

インテリジェント ストレージ サービスの概要

Cisco MDS 9000 NX-OS ソフトウェアは、効率的なストレージ エリア ネットワークの管理を可能にするインテリジェント ストレージ サービスをサポートします。インテリジェント ストレージ サービスは、Small Computer System Interface(SCSI)フロー サービス、SCSI フロー統計情報、および Fibre Channel Write Acceleration(FC-WA; ファイバ チャネル書き込みアクセラレーション)などの Storage Services Module(SSM; ストレージ サービス モジュール)で利用できます。

これらの機能は、特定の発信側とターゲットのペアについて SCSI 入出力のフローを識別します。FC-WA 機能は、この情報を使用して特定の発信側とターゲットのペアについて高度な入出力の統計情報を収集します。FC-WA 機能によって、長距離の入出力の遅延が減少します。収集された高度な入出力の統計情報は、発信側とターゲットのペアのストレージ パフォーマンスの評価に使用されます。

インテリジェント ストレージ サービスは、Storage Services Module(SSM)でサポートされている機能です。インテリジェント ストレージ サービスは、Cisco MDS SAN-OS Release 2.0(2b) 以降でサポートされています。

Cisco MDS SAN-OS Release 2.1(1a) 以降、または Cisco NX-OS 5.0 (1) では、SSM 機能用のポートのサブセットをプロビジョニングできます。ポート範囲は 4 の倍数(fc4/1 ~ fc4-12 など)で設定する必要があります。SCSI フロー サービスは、SSM 全体または 4 つのインターフェイスのグループでイネーブルにできます。

この章の内容は、次のとおりです。

「SCSI」

「ファイバ チャネル書き込みアクセラレーション」

SCSI

Small Computer System Interface(SCSI)機能によって、ストレージ ネットワーク リソースをよりよく利用できるようになり、別個の WAN および MAN インフラストラクチャを並列させる必要がなくなります。ホストを既存の IP ネットワーク上のストレージ ネットワークに接続できます。この機能はデータ転送に TCP/IP を使用しているため、データは、イーサネットなどの既存の IP ベースのホスト接続で転送されます。

このマニュアルの各章では、次の機能について説明します。

SCSI フロー サービス:SCSI 発信側とターゲットによって使用される SCSI フロー サービス。SCSI フロー サービスは、SSM で収集された統計情報の書き込みアクセラレーションやフロー モニタリングなど、SCSI フローに関する拡張機能を提供します。

SCSI フロー統計情報:これらは、SCSI 発信側とターゲットのどのような組み合わせについても収集可能な統計情報です。収集の対象となる統計情報には、SCSI 読み取り、SCSI 書き込み、SCSI コマンド、およびエラー統計情報があります。

SCSI フロー サービスの設定方法については、「SCSI フロー サービスの設定」 を参照してください。

SCSI フロー統計情報の設定方法については、「SCSI フロー統計情報の設定」を参照してください。

ファイバ チャネル書き込みアクセラレーション

ファイバ チャネル書き込みアクセラレーション(FC-WA)は、アプリケーション遅延を最小にしたり、長距離の 1 秒間のトランザクション数を削減します。同期データ レプリケーションを行う場合に FC-WA を使用すると、レプリケーション距離が伸び、有効遅延が短縮されて、パフォーマンスが向上します。この機能を利用するには、発信側およびターゲット デバイスを SSM に直接接続する必要があります。

ファイバ チャネル書き込みアクセラレーションの設定については、「ファイバ チャネル書き込みアクセラレーションの設定」 を参照してください