Cisco MDS 9000 ファミリ Fabric Manager コンフィギュレーション ガイド Release 3.x Cisco MDS SAN-OS Release 3.0(3) ~ 3.3(3) Cisco MDS 9000 FabricWare Release 2.x
Cisco MDS SAN-OS および Fabric Manager のインストール
Cisco MDS SAN-OS および Fabric Manager のインストール
発行日;2013/09/18 | 英語版ドキュメント(2010/01/28 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 39MB) | フィードバック

目次

Cisco MDS SAN-OS および Fabric Manager のインストール

Cisco MDS 9000 ファミリのスイッチの始動

初回のセットアップ ルーチン

スイッチを設定するための準備

デフォルト ログイン

セットアップ オプション

セットアップ情報の指定

帯域外管理の設定

帯域内管理の設定

setup コマンドの使用方法

スイッチへのアクセス

次の作業

Cisco Fabric Manager の概要

Fabric Manager Server

Fabric Manager Client

Fabric Manager Server プロキシ サービス

Device Manager

Performance Manager

Fabric Manager Web Server

Cisco MDS 9000 スイッチの管理

ストレージ管理ソリューションのアーキテクチャ

帯域内管理および帯域外管理

mgmt0

IPFC

管理ソフトウェアのインストール

インストールを開始する前に

サポート対象のソフトウェア

最小ハードウェア要件

Cisco SAN-OS Release 3.1(2b) よりも前のリリースでの Fabric Manager のアップグレード

Cisco SAN-OS Release 3.1(2b) 以降の Fabric Manager から 3.2(1) へのアップグレード

データベースのインストール

Oracle のインストール

PostgreSQL のインストール

UDP バッファ サイズの拡張

データベースのバックアップと復元:Postgres

バックアップ

復元

PM 統計データの Fabric Manager へのインポート

Fabric Manager のインストール

Solaris でのスタートアップ ファイルの作成

Device Manager のインストール

FM/DM ショートカットの手動作成

管理ソフトウェアのアップグレード

Fabric Manager Update Installer を使用した Fabric Manager Server および Fabric Manager Standalone バージョンのアップグレード

Cisco Fabric Manager とその他の管理ツールとの統合

ファイアウォールの背後での Fabric Manager の稼働

管理ソフトウェアのアンインストール

Cisco MDS SAN-OS および Fabric Manager のインストール

Cisco Fabric Manager は Secure Simple Network Management Protocol version 3(SNMPv3)をサポートする一連のネットワーク管理ツールです。ネットワーク ファブリックをリアルタイムに表示するグラフィカル ユーザ インターフェイス(GUI)を備えており、ユーザは Cisco MDS 9000 ファミリ デバイスおよびサードパーティ製スイッチの設定を管理することができます。

この章の内容は、次のとおりです。

「Cisco MDS 9000 ファミリのスイッチの始動」

「初回のセットアップ ルーチン」

「スイッチへのアクセス」

「次の作業」

「Cisco Fabric Manager の概要」

「管理ソフトウェアのインストール」

「管理ソフトウェアのアップグレード」

「Fabric Manager Update Installer を使用した Fabric Manager Server および Fabric Manager Standalone バージョンのアップグレード」

「Cisco Fabric Manager とその他の管理ツールとの統合」

「ファイアウォールの背後での Fabric Manager の稼働」

「管理ソフトウェアのアンインストール」

Cisco MDS 9000 ファミリのスイッチの始動

ここでは、スイッチの始動など、ハードウェア インストレーション時に完了しておく必要のある作業手順をまとめます。これらの作業を完了しないと、スイッチを設定できません。


) 初回のスイッチ始動時には CLI を使用する必要があります。


次の手順を実行したあとに、スイッチを設定できます。


ステップ 1 新しい Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチの物理的な接続を確認します。次の接続を確認してください。

コンピュータ端末(または端末サーバ)にコンソール ポートが物理的に接続されている。

管理 10/100 イーサネット ポート(mgmt0)が外部ハブ、スイッチ、またはルータに接続されている。

詳細については、(該当製品の)『 Cisco MDS 9000 Family Hardware Installation Guide 』を参照してください。


ヒント 後で使用するためにホスト ID 情報を控えておいてください(たとえば、ライセンス機能をイネーブルにする場合など)。ホスト ID 情報は、スイッチに同梱されている Proof of Purchase 文書に記載されています。


ステップ 2 デフォルトのコンソール パラメータが、スイッチのコンソール ポートに接続されているコンピュータ ターミナル(またはターミナル サーバ)と値が同じであることを確認します。

9600 ボー

8 データ ビット

1 ストップ ビット

パリティなし

ステップ 3 スイッチの電源を入れます。スイッチは自動的にブートし、ターミナル ウィンドウに switch# プロンプトが表示されます。


 

初回のセットアップ ルーチン

CLI を使用して Cisco MDS 9000 ファミリのスイッチに初めてアクセスすると、セットアップ プログラムが実行され、IP アドレスや、スイッチがスーパーバイザ モジュールのイーサネット インターフェイスを通じて通信するために必要なその他の設定情報を求めるプロンプトが表示されます。この情報は、スイッチを設定および管理するために必要です。


) IP アドレスは、CLI からだけ設定できます。初回のスイッチ始動時に、IP アドレスを割り当ててください。この手順を実行すると、Cisco MDS 9000 Family Fabric Manager は管理ポートを通じてスイッチに到達できるようになります。


スイッチを設定するための準備

Cisco MDS 9000 ファミリのスイッチを初めて設定する際には、事前に次の情報を用意しておく必要があります。

次に示す管理者パスワード

管理者パスワードの作成(必須)

その他のログイン アカウントおよびパスワードの作成(任意)

スイッチ管理インターフェイスの IP アドレス:管理インターフェイスには、帯域外イーサネット インターフェイスまたは帯域内のファイバ チャネル インターフェイス(推奨)を使用できます。

スイッチ管理インターフェイスのサブネット マスク(任意)

次の IP アドレス

送信先プレフィックス、送信先プレフィックスのサブネット マスク、およびネクスト ホップの IP アドレス(IP ルーティングをイネーブルにする場合)。さらに、デフォルト ネットワークの IP アドレスも用意します(任意)。

あるいは、デフォルト ネットワークの IP アドレスも用意します(任意)。

スイッチの SSH サービス:この任意のサービスをイネーブルにする場合は、SSH キーのタイプ(dsa/rsa/rsa1)とキー ビット数(768 ~ 2048)を選択します。

DNS IP アドレス(任意)

デフォルト ドメイン名(任意)

NTP サーバの IP アドレス(任意)

SNMP コミュニティ ストリング(任意)

スイッチ名:これは、スイッチ プロンプトに使用されます(任意)。


) SNMP アクセスをイネーブルにする場合は、必ず IP ルート、IP デフォルト ネットワーク アドレス、および IP デフォルト ゲートウェイ アドレスを設定してください。IP ルーティングがイネーブルの場合、スイッチは IP ルートとデフォルト ネットワーク IP アドレスを使用します。IP ルーティングがディセーブルの場合、スイッチはデフォルト ゲートウェイ IP アドレスを使用します。



) Fabric Manager Server がインストール時に特定のインターフェイスにバインドするように設定されている場合を除き、Fabric Manager Server のホスト名エントリが DNS サーバに存在していることを確認します。


デフォルト ログイン

すべての Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチにおいて、デフォルト ユーザはネットワーク管理者(admin)です。デフォルト ユーザはいかなる場合も変更できません(「ロール ベースの許可」を参照)。

Cisco MDS 9000 ファミリのすべてのスイッチに、強固なパスワードを明示的に設定する必要があります。パスワードが簡潔である場合(短く、解読しやすい場合)、パスワード設定は拒否されます。強固なパスワードを設定するようにしてください(「ユーザ アカウント」を参照)。設定した新しいパスワードを忘れた場合に、パスワードを回復する方法があります(「管理者パスワードの回復」を参照)。

セットアップ オプション

セットアップ方法は、新しいスイッチを追加するサブネットによって異なります。スイッチ外からの管理接続を可能にするには、Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチに IP アドレスを設定する必要があります。


) ここでは、帯域外管理や帯域内管理など、いくつかの概念について簡単に説明します。これらの概念については、以降の章でも詳しく説明します。


帯域外管理:スーパーバイザ モジュールの前面パネルのイーサネット ポートを通じたネットワーク接続を提供します(図 2-1 を参照)。

帯域内管理:スイッチ管理用の IP over Fibre Channel(IPFC)を提供します。帯域内管理機能はネットワーク管理システム(Network Management System)に透過的です。Cisco MDS 9000 ファミリのスイッチは、従来のイーサネット物理メディアの代わりに、トランスポート メカニズムとして IPFC を使用します(図 2-1 および「IP サービスの設定」を参照)。

図 2-1 スイッチへの管理者アクセス

 

セットアップ情報の指定

ここでは、帯域外と帯域内の両方の管理について、初回のスイッチ設定方法を説明します。


) 任意のプロンプトで Ctrl+C キーを押すと、残りの設定オプションを飛ばして、設定手順を先に進めることができます。 管理者用の新規パスワードの入力は必須で、省略はできません。



ヒント 以前に設定した項目の値を再度入力しない場合や、入力を省略する場合は、Enter キーを押します。 デフォルトの回答が見つからない場合(たとえば、スイッチ名)、スイッチは以前の設定を使用して、次の質問にスキップします。

帯域外管理の設定


) 以降に説明する手順のステップ 11c およびステップ 11d の両方で、Yes を入力すると、帯域内管理と帯域外管理の両方を設定できます。


スイッチに初めて帯域外アクセスを設定する場合の手順は、次のとおりです。


ステップ 1 スイッチの電源を入れます。Cisco MDS 9000 ファミリのスイッチは自動的にブートします。

ステップ 2 管理者用の新しいパスワードを入力します。

Enter the password for admin: 2004asdf*lkjh18

ヒント パスワードが簡潔である場合(短く、解読しやすい場合)、パスワード設定は拒否されます。サンプル設定のように、強力なパスワードを設定してください。パスワードでは大文字と小文字が区別されます。「ユーザ アカウント」に示されている要件を満たすパスワードを明示的に設定する必要があります。


ステップ 3 yes と入力すると、セットアップ モードが開始されます。

This setup utility will guide you through the basic configuration of the system. Setup configures only enough connectivity for management of the system.
 
Please register Cisco MDS 9000 Family devices promptly with your supplier.Failure to register may affect response times for initial service calls.MDS devices must be registered to receive entitled support services.
 
Press Enter incase you want to skip any dialog.Use ctrl-c at anytime to skip away remaining dialogs.
 
Would you like to enter the basic configuration dialog (yes/no): yes
 

セットアップ ユーティリティでは、手順に従って、基本的な設定プロセスを完了できます。どのプロンプトでも、Ctrl を押した状態で C を押すと、設定プロセスが終了します。

ステップ 4 管理者用の新しいパスワードを入力します(デフォルトは admin)。

Enter the password for admin: admin
 

ステップ 5 yes を入力して、追加のアカウントを作成します(デフォルトは no)。

Create another login account (yes/no) [n]: yes
 

初回のセットアップ時に、管理者のアカウントのほかにもう 1 つユーザ アカウント(network-admin ロール)を作成できます。デフォルトのロールおよび権限については、「ロール ベースの許可」を参照してください。


) ユーザ ログイン ID には、数字以外の文字を含める必要があります。


a. ユーザ ログイン ID を入力します。

Enter the user login ID: user_name
 

b. ユーザ パスワードを入力します。

Enter the password for user_name: user-password
 

ステップ 6 yes を入力して SNMPv3 アカウントを作成します(デフォルトは yes)。

Configure SNMPv3 Management parameters (yes/no) [y]: yes
 

a. ユーザ名を入力します(デフォルトは admin)。

SNMPv3 user name [admin]: admin
 

b. SNMPv3 パスワードを入力します(8 文字以上)。デフォルトは admin123 です。

SNMPv3 user authentication password: admin_pass
 

ステップ 7 yes を入力して、読み取り専用または読み取り書き込みの SNMP コミュニティ ストリングを設定します(デフォルトは no)。

Configure read-only SNMP community string (yes/no) [n]: yes
 

a. SNMP コミュニティ ストリングを入力します。

SNMP community string: snmp_community
 

ステップ 8 スイッチの名前を入力します。


) スイッチの名前は、英数字 32 文字以内で指定してください。デフォルトは switch です。


Enter the switch name: switch_name
 

ステップ 9 yes と入力し(デフォルトは yes)、帯域外管理を設定します。

Continue with Out-of-band (mgmt0) management configuration?[yes/no]: yes
 

a. mgmt0 IP アドレスを入力します。

Mgmt0 IP address: ip_address
 

b. mgmt0 サブネット マスクを入力します。

Mgmt0 IP netmask: subnet_mask
 

ステップ 10 yes を入力して、デフォルト ゲートウェイを設定します(推奨)(yes がデフォルト)。

Configure the default-gateway: (yes/no) [y]: yes
 

a. デフォルト ゲートウェイ IP アドレスを入力します。

IP address of the default-gateway: default_gateway
 

ステップ 11 yes を入力して、帯域内管理、スタティック ルート、デフォルト ネットワーク、DNS、ドメイン名などの拡張 IP オプションを設定します(デフォルトは no )。

Configure Advanced IP options (yes/no)?[n]: yes
 

a. 帯域内管理の設定プロンプトに no を入力します(no がデフォルト)。

Continue with in-band (VSAN1) management configuration?(yes/no) [no]: no
 

b. yes を入力して、IP ルーティング機能をイネーブルにします(デフォルトは yes)。

Enable the ip routing?(yes/no) [y]: yes
 

c. yes を入力して、スタティック ルートを設定します(推奨)(デフォルトは yes)。

Configure static route: (yes/no) [y]: yes
 

送信先プレフィックスを入力します。

Destination prefix: dest_prefix
 

送信先プレフィックス マスクを入力します。

Destination prefix mask: dest_mask
 

ネクスト ホップ IP アドレスを入力します。

Next hop ip address: next_hop_address
 

SNMP アクセスをイネーブルにする場合は、必ず IP ルート、デフォルト ネットワーク IP アドレス、およびデフォルト ゲートウェイ IP アドレスを設定してください。IP ルーティングがイネーブルの場合、スイッチは IP ルートとデフォルト ネットワーク IP アドレスを使用します。IP ルーティングがディセーブルの場合、スイッチはデフォルト ゲートウェイ IP アドレスを使用します。


d. yes を入力して、デフォルト ネットワークを設定します(推奨)(デフォルトは yes)。

Configure the default network: (yes/no) [y]: yes
 

デフォルト ネットワーク IP アドレスを入力します。


) デフォルト ネットワーク IP アドレスは、ステップ 11cで入力した送信先プレフィックスです。


Default network IP address [dest_prefix]: dest_prefix
 

e. yes を入力して、DNS IP アドレスを設定します(デフォルトは yes)。

Configure the DNS IP address?(yes/no) [y]: yes
 

DNS IP アドレスを入力します。

DNS IP address: name_server
 

f. yes を入力して、デフォルト ドメイン名を設定します(デフォルトは no)。

Configure the default domain name?(yes/no) [n]: yes
 

デフォルト ドメイン名を入力します。

Default domain name: domain_name
 

ステップ 12 yes を入力して、Telnet サービスをイネーブルにします(デフォルトは yes)。

Enable the telnet service?(yes/no) [y]: yes
 

ステップ 13 yes を入力して、SSH サービスをイネーブルにします(no がデフォルト)。

Enabled SSH service?(yes/no) [n]: yes
 

ステップ 14 生成する SSH キーのタイプを入力します(「SSH サーバ キー ペアの生成」を参照)。

Type the SSH key you would like to generate (dsa/rsa/rsa1)?dsa
 

ステップ 15 指定範囲内でキーのビット数を入力します。

Enter the number of key bits?(768 to 2048): 768
 

ステップ 16 yes を入力して、NTP サーバを設定します(デフォルトは no)。

Configure NTP server?(yes/no) [n]: yes
 

a. NTP サーバの IP アドレスを入力します。

NTP server IP address: ntp_server_IP_address
 

ステップ 17 noshut を入力して、デフォルト スイッチ ポート インターフェイスを noshut 状態にします(デフォルトは shut)。

Configure default switchport interface state (shut/noshut) [shut]: noshut
 

ステップ 18 on と入力して(デフォルトは on)、スイッチ ポート トランク モードを設定します。

Configure default switchport trunk mode (on/off/auto) [on]: on
 

ステップ 19 on と入力して、PortChannel 自動作成状態を設定します(デフォルトは off)。

Configure default port-channel auto-create state (on/off) [off]: on
 

ステップ 20 permit と入力して(デフォルトは deny)、デフォルトのゾーン ポリシー設定を拒否します。

Configure default zone policy (permit/deny) [deny]: permit
 

デフォルト ゾーンのすべてのメンバへのトラフィック フローを許可します。

ステップ 21 yes を入力して、フル ゾーン セットの配信をディセーブルにします(no がデフォルト)。「ゾーン セット配信」を参照してください。

Enable full zoneset distribution (yes/no) [n]: yes
 

フル ゾーン セット配布機能について、スイッチ全体のデフォルトをディセーブルにします。

新しい設定を参照します。ここまでに入力した設定を確認して修正します。

ステップ 22 設定に問題がなければ、no と入力します(デフォルトは no)。

The following configuration will be applied:
username admin password admin_pass role network-admin
username user_name password user_pass role network-admin
snmp-server community snmp_community ro
switchname switch
interface mgmt0
ip address ip_address subnet_mask
no shutdown
ip routing
ip route dest_prefix dest_mask dest_address
ip default-network dest_prefix
ip default-gateway default_gateway
ip name-server name_server
ip domain-name domain_name
telnet server enable
ssh key dsa 768 force
ssh server enable
ntp server ipaddr ntp_server
system default switchport shutdown
system default switchport trunk mode on
system default port-channel auto-create
zone default-zone permit vsan 1-4093
zoneset distribute full vsan 1-4093
 
Would you like to edit the configuration?(yes/no) [n]: no
 

ステップ 23 yes と入力すると、この設定を保存して使用できます(デフォルトは yes)。

Use this configuration and save it?(yes/no) [y]: yes
 

注意 ここで、設定を保存しておかないと、次回のスイッチ再起動時に設定が更新されません。yes と入力して新しい設定を保存します。これによって、キックスタート イメージとシステム イメージも自動的に設定されます(「ソフトウェア イメージ」を参照)。


 

帯域内管理の設定

帯域内管理の論理インターフェイスは VSAN 1 です。この管理インターフェイスはファイバ チャネル インフラストラクチャを使用して IP トラフィックを伝送します。VSAN 1 のインターフェイスはファブリック内のすべてのスイッチで作成されます。スイッチにはそれぞれ同じサブネットワークの IP アドレスが設定された VSAN 1 インターフェイスを割り当てる必要があります。ファイバ チャネル ファブリック内の各スイッチに、IP ネットワークへのアクセスを提供するスイッチへのデフォルト ルートを設定する必要があります(「VSAN の設定と管理」を参照)。


) 次に説明する手順のステップ 9c およびステップ 9d の両方に Yes を入力すると、帯域内管理と帯域外管理の両方を設定できます。


スイッチに初めて帯域内アクセスを設定する場合の手順は、次のとおりです。


ステップ 1 スイッチの電源を入れます。Cisco MDS 9000 ファミリのスイッチは自動的にブートします。

ステップ 2 管理者用の新しいパスワードを入力します。

Enter the password for admin: 2004asdf*lkjh18
 

ヒント パスワードが簡潔である場合(短く、解読しやすい場合)、パスワード設定は拒否されます。サンプル設定のように、強力なパスワードを設定してください。パスワードでは大文字と小文字が区別されます。「ユーザ アカウント」に示されている要件を満たすパスワードを明示的に設定する必要があります。


ステップ 3 yes と入力すると、セットアップ モードが開始されます。

This setup utility will guide you through the basic configuration of the system. Setup configures only enough connectivity for management of the system.
 
Please register Cisco MDS 9000 Family devices promptly with your supplier.Failure to register may affect response times for initial service calls.MDS devices must be registered to receive entitled support services.
 
Press Enter incase you want to skip any dialog.Use ctrl-c at anytime to skip away remaining dialogs.
 
Would you like to enter the basic configuration dialog (yes/no): yes
 

セットアップ ユーティリティでは、手順に従って、基本的な設定プロセスを完了できます。どのプロンプトでも、Ctrl を押した状態で C を押すと、設定プロセスが終了します。

ステップ 4 追加のアカウントを作成しない場合は、 no を入力します(no がデフォルト)。

Create another login account (yes/no) [no]: no
 

ステップ 5 読み取り専用または読み取り書き込みの SNMP コミュニティ ストリングを設定します。

a. no を入力して読み取り専用の SNMP コミュニティ ストリングの設定を回避します(デフォルトは no)。

Configure read-only SNMP community string (yes/no) [n]: no
 

b. no を入力して読み取り専用の SNMP コミュニティ ストリングを設定します(デフォルトは no)。

Configure read-only SNMP community string (yes/no) [n]: yes
 

c. SNMP コミュニティ ストリングを入力します。

SNMP community string: snmp_community
 

ステップ 6 スイッチの名前を入力します。


) スイッチの名前は、英数字 32 文字以内で指定してください。デフォルトは switch です。


Enter the switch name: switch_name
 

ステップ 7 帯域外管理を設定する設定プロンプトに no を入力します(デフォルトは yes)。

Continue with Out-of-band (mgmt0) management configuration?[yes/no]: no
 

ステップ 8 デフォルト ゲートウェイの設定に yes を入力します(yes がデフォルト)。

Configure the default-gateway: (yes/no) [y]: yes
 

a. デフォルト ゲートウェイ IP アドレスを入力します。

IP address of the default gateway: default_gateway
 

ステップ 9 yes を入力して、インバンド管理、スタティック ルート、デフォルト ネットワーク、DNS、ドメイン名などの拡張 IP オプションを設定します(デフォルトは no )。

Configure Advanced IP options (yes/no)?[n]: yes
 

a. 帯域内管理の設定プロンプトに yes を入力します(デフォルトは no)。

Continue with in-band (VSAN1) management configuration?(yes/no) [no]: yes
 

VSAN 1 IP アドレスを入力します。

VSAN1 IP address: ip_address
 

サブネット マスクを入力します。

VSAN1 IP net mask: subnet_mask
 

b. no を入力して IP ルーティング機能をイネーブルにします(yes がデフォルト)。

Enable ip routing capabilities?(yes/no) [y]: no
 

c. スタティック ルートの設定に no を入力します(デフォルトは yes)。

Configure static route: (yes/no) [y]: no
 

d. デフォルト ネットワークの設定に no を入力します(デフォルトは yes)。

Configure the default-network: (yes/no) [y]: no
 

e. DNS IP アドレスの設定に no を入力します(デフォルトは yes)。

Configure the DNS IP address?(yes/no) [y]: no
 

f. no を入力して、デフォルト ドメイン名の設定を省略します(no がデフォルト)。

Configure the default domain name?(yes/no) [n]: no
 

ステップ 10 no を入力して、Telnet サービスをディセーブルにします(デフォルトは yes)。

Enable the telnet service?(yes/no) [y]: no
 

ステップ 11 yes を入力して、SSH サービスをイネーブルにします(no がデフォルト)。

Enabled SSH service?(yes/no) [n]: yes
 

ステップ 12 生成する SSH キーのタイプを入力します(「SSH サーバ キー ペアの生成」を参照)。

Type the SSH key you would like to generate (dsa/rsa/rsa1)?rsa
 

ステップ 13 指定範囲内でキーのビット数を入力します。

Enter the number of key bits?(768 to 1024): 1024
 

ステップ 14 NTP サーバの設定に no を入力します(no がデフォルト)。

Configure NTP server?(yes/no) [n]: no
 

ステップ 15 shut を入力して、デフォルト スイッチ ポート インターフェイスを shut 状態にします(shut がデフォルト)。

Configure default switchport interface state (shut/noshut) [shut]: shut
 

) 管理イーサネット インターフェイスはこの時点ではシャットダウンされません。シャットダウンされるのはファイバ チャネル、iSCSI、FCIP、およびギガビット イーサネット インターフェイスだけです。


ステップ 16 スイッチ ポート トランク モードの設定に auto を入力します(デフォルトは off)。

Configure default switchport trunk mode (on/off/auto) [off]: auto
 

ステップ 17 off と入力して、PortChannel 自動作成状態を設定します(デフォルトは off)。

Configure default port-channel auto-create state (on/off) [off]: off
 

ステップ 18 deny を入力して、デフォルト ゾーン ポリシーの設定を拒否します(deny がデフォルト)。

Configure default zone policy (permit/deny) [deny]: deny
 

デフォルト ゾーンのすべてのメンバーへのトラフィック フローを拒否します。

ステップ 19 no を入力して、フル ゾーン セットの配信をディセーブルにします(no がデフォルト)。「ゾーン セット配信」を参照してください。

Enable full zoneset distribution (yes/no) [n]: no
 

フル ゾーン セット配布機能について、スイッチ全体のデフォルトをディセーブルにします。

新しい設定を参照します。ここまでに入力した設定を確認して修正します。

ステップ 20 設定に問題がなければ、no と入力します(デフォルトは no)。

The following configuration will be applied:
username admin password admin_pass role network-admin
snmp-server community snmp_community rw
switchname switch
interface vsan1
ip address ip_address subnet_mask
no shutdown
ip default-gateway default_gateway
no telnet server enable
ssh key rsa 1024 force
ssh server enable
no system default switchport shutdown
system default switchport trunk mode auto
no zone default-zone permit vsan 1-4093
no zoneset distribute full vsan 1-4093
 
Would you like to edit the configuration?(yes/no) [n]: no
 

ステップ 21 yes と入力すると、この設定を保存して使用できます(yes がデフォルト)。

Use this configuration and save it?(yes/no) [y]: yes
 

注意 ここで、設定を保存しておかないと、次回のスイッチ再起動時に設定が更新されません。yes と入力して新しい設定を保存します。これによって、キックスタート イメージとシステム イメージも自動的に設定されます(「ソフトウェア イメージ」を参照)。


 

setup コマンドの使用方法

あとで初回の設定を変更する場合は、EXEC モードで setup コマンドを実行します。

switch# setup
---- Basic System Configuration Dialog ----
This setup utility will guide you through the basic configuration of
the system.Setup configures only enough connectivity for management
of the system.
*Note: setup always assumes a predefined defaults irrespective
of the current system configuration when invoked from CLI.
 
Press Enter incase you want to skip any dialog.Use ctrl-c at anytime
to skip away remaining dialogs.
 
Would you like to enter the basic configuration dialog (yes/no): yes
 

セットアップ ユーティリティでは、手順に従って、基本的な設定プロセスを完了できます。

スイッチへのアクセス

初回の設定後は、次の 3 つのいずれかの方法でスイッチにアクセスできます図 2-2 を参照)。

シリアル コンソール アクセス:シリアル ポート接続を使用して CLI にアクセスできます。

帯域内 IP(IPFC)アクセス:Telnet または SSH を使用して Cisco MDS 9000 ファミリのスイッチにアクセスできます。または Cisco MDS 9000 Fabric Manager を使用してスイッチにアクセスできます。

帯域外(10/100BASE-T イーサネット)アクセス:Telnet または SSH を使用して Cisco MDS 9000 ファミリのスイッチにアクセスできます。または Cisco MDS 9000 Fabric Manager を使用してスイッチにアクセスできます。

図 2-2 スイッチ アクセスのオプション

 

次の作業

デフォルト設定の検討後、その設定の変更や、他の設定または管理作業を実行できます。初回の設定に使用できるのは、CLI だけです。ただし、続けて他のソフトウェア機能を設定したり、初回の設定後にスイッチにアクセスする際には、CLI または Device Manager および Fabric Manager アプリケーションを使用できます。

CLI の使用方法については、『 Cisco MDS 9000 Family CLI Configuration Guide 』を参照してください。

Cisco Fabric Manager の概要

Cisco Fabric Manager を使用すると、コマンドライン インターフェイス(CLI)を使用しなくても、一般的なスイッチ コンフィギュレーション コマンドの機能を実行できます。CLI を使用して Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチを設定する方法については、『 Cisco MDS 9000 Family CLI Configuration Guide 』または『Cisco MDS 9020 Switch Configuration Guide and Command Reference Guide』を参照してください。 Cisco FabricWare が稼働しているスイッチの管理に関する詳細は、「Fabric Manager を使用した Cisco FabricWare メッセージ送信」を参照してください。

Fabric Manager には、Cisco MDS 9000 スイッチの完全な設定機能およびステータス モニタリング機能の他に、強力なファイバ チャネル トラブルシューティング ツールもあります。これらの詳細な状況分析機能および設定分析機能には、MDS 9000 固有のスイッチ機能であるファイバ チャネル ping および traceroute が利用されます。

Cisco Fabric Manager は次に示す管理アプリケーションで構成されます。

Fabric Manager(Client および Server)

Device Manager

Performance Manager

Fabric Manager Web Server

Fabric Manager Server

Fabric Manager Server コンポーネントは、Fabric Manager を実行する前に起動しておく必要があります。Windows PC では、Fabric Manager Server はサービスとしてインストールされます。このサービスを管理するには、[Control Panel] の [Windows Services] を使用します。Fabric Manager Server は物理および論理ファブリックの検出や、SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)トラップ、Syslog メッセージ、および Performance Manager しきい値イベントを受信します。詳細については、「Fabric Manager Server」を参照してください。

Fabric Manager Client

Fabric Manager Client コンポーネントでは、Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチ、サードパーティ製スイッチ、ホスト、ストレージ デバイスなど、ネットワーク ファブリックのマップが表示されます。Fabric Manager Client には、Fabric Manager Server の機能にアクセスするためのメニューが複数用意されています。詳細については、「Fabric Manager Client」を参照してください。

Fabric Manager Server プロキシ サービス

Fabric Manager Client および Device Manager は、SNMP を使用して Fabric Manager Server と通信します。通常の設定では、Fabric Manager Server がファイアウォールの背後にインストールされることがあります。Cisco Fabric Manager Release 2.1(1a) 以降で使用可能な SNMP プロキシ サービスは、これらの SNMP 要求に対して、TCP ベースのトランスポート プロキシを提供します。SNMP プロキシ サービスを使用すると、ファイアウォールで UDP トラフィックをすべてブロックしたり、設定された TCP ポートを介して通信するように Fabric Manager Client を設定することができます。

Fabric Manager は、スイッチの一部の機能の管理に CLI を使用します。これらの管理作業は、Fabric Manager で使用され、プロキシ サービスは使用されません。CLI で次にアクセスするには、ご使用のファイアウォールが開かれている必要があります。

外部および内部のループバック テスト

ファイルの消去

CLI ユーザの作成

セキュリティ:ISCSI ユーザ

イメージのバージョンの表示

tech の表示

スイッチ保管レポート(Syslog、アカウンティング)

ゾーンの移行

コアの表示

SNMP プロキシ サービスを使用していて、サーバ上の別のアプリケーションがポート 9198 を使用している場合は、ワークステーションの設定値を変更する必要があります。


) MDS スイッチは、CLI とは異なり、常に、リモート AAA ユーザよりも先にローカル SNMP ユーザを確認します。


Windows ワークステーションを変更する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Internet Explorer を開き、[Tools] > [Internet Options] を選択します。

[Internet Options] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 [Connections] タブを選択し、[LAN Settings] をクリックします。

[LAN Settings] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 3 [Use a Proxy Server for your LAN] チェックボックスをオンにして、[Advanced] をクリックします。

ステップ 4 [Exceptions] セクションに、サーバ IP アドレスまたはローカル ホストを追加します。

ステップ 5 [OK] をクリックして変更を保存します。


 

「ファイアウォールの背後での Fabric Manager の稼働」を参照してください。

Device Manager

Device Manager は、1 台のスイッチに対し 2 つのビューを表示します。

Device View:スイッチ コンフィギュレーションがグラフィック表示され、統計情報および設定情報にアクセスできます。

Summary View:スイッチの xE ポート(ISL [スイッチ間リンク])、Fx ポート(ファブリック ポート)、Nx ポート(接続先ホストおよびストレージ)や、ファイバ チャネルおよび IP ネイバー デバイスのサマリーが表示されます。サマリーまたは詳細統計情報は図示したり、印刷したり、タブ区切りフォーマットでファイルに保存したりできます。「Device Manager」を参照してください。

Performance Manager

Performance Manager は SNMP を使用してデータを取り込み、詳細なトラフィック分析を行います。このデータはさまざまなグラフおよびチャートに変換され、あらゆる Web ブラウザで表示できます。「パフォーマンス モニタリング」を参照してください。

Fabric Manager Web Server

Fabric Manager Web Server を使用すると、オペレータは Web ブラウザを使用して、離れた場所から MDS イベント、パフォーマンス、およびインベントリを監視したり、レポートを取得したりできます。Fabric Manager Web Server のインストール方法および使用方法については、「Fabric Manager Web Server」を参照してください。

Cisco MDS 9000 スイッチの管理

Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチはさまざまな方法でアクセスおよび設定でき、標準管理プロトコルをサポートしています。 表 2-1 に、Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチに対するアクセス、モニタリング、および設定用に Fabric Manager がサポートしている管理プロトコルを示します。

 

表 2-1 サポート対象の管理プロトコル

管理プロトコル
目的

Telnet/SSH

Cisco MDS 9000 スイッチの CLI へのリモート アクセスを実現します。

FTP/SFTP/TFTP、SCP

コンフィギュレーション イメージおよびソフトウェア イメージをデバイス間でコピーします。

SNMPv1、v2c、および v3

80 個を超える異なる MIB(管理情報ベース)を含みます。Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチは SNMP バージョン 1、2、3、および RMON V1、V2 をサポートします。RMON は、デバイスまたはネットワーク動作の変化に基づいて、しきい値の設定や通知の送信を含む、高度なアラームおよびイベント管理を行います。

デフォルトでは、Cisco Fabric Manager は Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチとの通信に SNMPv3 を使用します。SNMPv3 は暗号化されたユーザ名およびパスワードを使用して、安全な認証を実現します。SNMPv3 にはすべての管理トラフィックを暗号化する機能もあります。

HTTP/HTTPS

Fabric Manager Web Server との通信や、Cisco Fabric Manager ソフトウェアの配布およびインストールに使用される Web ブラウザの HTTP および HTTPS を含みます。HTTP は、Cisco Fabric Manager Server と Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチ間の通信には使用されません。

XML/CIM over HTTP/HTTPS

Cisco SAN-OS で稼働するストレージ エリア ネットワーク管理アプリケーションを設計する場合の CIM サーバのサポートを含みます。

ANSI T11 FC-GS-3

Fabric Configuration Server(FCS)で管理サーバを定義する際に、Fibre Channel-Generic Services(FC-GS-3)を提供します。 Fabric Manager はネーム サーバ データベースおよび Fibre Channel Shortest Path First(FSPF)トポロジ データベースに格納された情報の上部に位置する、FCS が提供する情報を使用して、詳細なトポロジ ビューを作成し、ファブリックを構成するすべてのデバイスの情報を収集します。

ストレージ管理ソリューションのアーキテクチャ

ストレージ環境に必要な管理サービスは、物理ストレージ ネットワーク デバイスに近い下部レイヤから、アプリケーションとストレージ リソース間のインターフェイスを管理する上部レイヤまで、5 つのレイヤで構成されます。

Cisco Fabric Manager が提供するツールは、ストレージ ネットワーク管理の 5 つのレイヤの中のデバイス(エレメント)管理およびファブリック管理に対応します。一般に、デバイス管理(1 台のスイッチの管理)には Device Manager が便利です。一方、複数のスイッチが関連するファブリック管理処理を実行するには Fabric Manager が便利です。

上位層管理タスクには、シスコ製またはサードパーティ製のストレージ/ネットワーク管理アプリケーションが提供するツールを使用できます。ストレージ ネットワーク管理の各レイヤの目的および機能の概要を次に示します。

デバイス管理:システムまたはファブリック内のデバイスを設定および管理するためのツールを提供します。デバイス管理ツールは、初期デバイス設定、しきい値の設定やモニタリング、およびデバイス システムのイメージまたはファームウェアの管理などの作業を、一度に 1 台のデバイスで実行する場合に使用します。

ファブリック管理:ファブリック全体およびデバイスを表示します。ファブリック管理アプリケーションは、ファブリックの検出、モニタリング、レポート、設定を行います。

リソース管理:ファブリック帯域幅、接続パス、ディスク、I/O Operations Per Second(IOPS)、CPU、メモリなどのリソース管理ツールを提供します。Fabric Manager を使用すると、これらのタスクの一部を実行できます。

データ管理:データの完全性、アベイラビリティ、およびパフォーマンスを確保するためのツールを提供します。データ管理サービスには、Redundant Array of Independent Disks(RAID)方式、データ レプリケーション方式、バックアップまたはリカバリ要件、およびデータ マイグレーションなどがあります。データ管理機能には、サードパーティ製ツールを使用してください。

アプリケーション管理:デバイス、ファブリック、リソース、およびアプリケーション データを含むシステム全体の管理ツールを提供します。アプリケーション管理は上記のすべてのコンポーネントを、ストレージ ネットワークを使用するアプリケーションと統合します。アプリケーション管理機能には、サードパーティ製ツールを使用してください。

帯域内管理および帯域外管理

Cisco Fabric Manager を使用するには、少なくとも 1 つの Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチに帯域外(イーサネット)接続を行う必要があります。ファブリックを管理するには、mgmt0 または IP over Fibre Channel(IPFC)のいずれかが必要です。

mgmt0

帯域外管理接続は、スーパーバイザ モジュールの 10/100 Mbps イーサネット インターフェイス(mgmt0 のラベル)です。mgmt0 インターフェイスを管理ネットワークに接続すると、イーサネット上で IP を介してスイッチにアクセスできます。そのためには、ファブリック内の少なくとも 1 台の Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチに、イーサネット管理ポートを通して接続する必要があります。その後は、この接続を使用して、帯域内(ファイバ チャネル)接続によるその他のスイッチの管理を実行できます。この接続を使用しない場合は、各スイッチの mgmt0 ポートをイーサネット ネットワークに接続する必要があります。

各スーパーバイザ モジュールは独自にイーサネット接続されますが、冗長スーパーバイザ システム内の 2 つのイーサネット接続は、アクティブまたはスタンバイ モードで動作します。アクティブ スーパーバイザ モジュールは、アクティブな mgmt0 接続のホストとしても機能します。スタンバイ スーパーバイザ モジュールへのフェールオーバー イベントが発生すると、アクティブ イーサネット接続の IP アドレスおよび MAC(メディア アクセス コントロール)アドレスがスタンバイ イーサネット接続に移動します。

IPFC

帯域内 IP 接続を使用して、ファイバ チャネル ネットワーク上のスイッチを管理することもできます。Cisco MDS 9000 ファミリは、IPFC ネットワークをトランスポートするためのカプセル化方式を定義する RFC 2625 IPFC をサポートします。

IPFC は IP パケットをファイバ チャネル フレームにカプセル化します。これにより、スイッチごとに専用のイーサネット接続を確立しなくても、ファイバ チャネル ネットワーク上で管理情報を伝達できるようになります。この機能を使用すると、帯域内管理ソリューションを完全に構築できます。

管理ソフトウェアのインストール

ソフトウェアを最初にインストールする場合、またはソフトウェアを更新あるいは再インストールする場合は、Web ブラウザを介してスーパーバイザ モジュールにアクセスします。表示された Web ページの [Install] リンクをクリックします。ワークステーションで稼働しているソフトウェアが、最新バージョンであるかどうかが確認されます。最新バージョンでない場合は、最新バージョンがダウンロードされ、ワークステーションにインストールされます。


) Fabric Manager または Device Manager をアップグレードまたはアンインストールする前に、これらのアプリケーションのインスタンスがシャットダウンしているかどうかを確認します。


インストール オプションは次のとおりです。

Upgrade:インストーラは Fabric Manager および Device Manager の最新バージョンを検出し、アップグレードを選択するオプションを表示します。デフォルトでは Fabric Manager または Device Manager の最新バージョンにアップグレードします。

Uninstall:Fabric Manager 2.x 以降から Fabric Manager 1.3x 以前にダウングレードする場合は、Uninstall バッチ ファイルまたはシェル スクリプトを使用します。今後のアップグレードのインストールが妨げられる可能性があるため、MDS 9000 フォルダは削除しないでください。


) 最新バージョンの Fabric Manager アプリケーションをインストールすることを推奨します。Fabric Manager はスイッチで稼働する Cisco MDS SAN-OS および Cisco FabricWare ソフトウェアと下位互換性があります。アップグレードするときは、まず Fabric Manager ソフトウェアをアップグレードしてから、スイッチの Cisco MDS SAN-OS ソフトウェアまたは Cisco FabricWare ソフトウェアをアップグレードします。


インストールを開始する前に

Cisco Fabric Manager にアクセスする前に、次の作業を実行する必要があります。

管理するスイッチごとに、スーパーバイザ モジュールを搭載します。

スーパーバイザ モジュールには、セットアップ ルーチンまたは CLI を使用して次の値を設定します。

mgmt0 インターフェイスに割り当てられる IP アドレス

SNMP クレデンシャル(v3 ユーザ名およびパスワードまたは v1/v2 コミュニティ) - ファブリック内のすべてのスイッチに対して同じユーザ名およびパスワードを維持します。

Cisco MDS SAN-OS Release 2.1(1a) 以降では、RADIUS、TACACS、またはローカル SNMP ユーザを使用した AAA 認証をサポートします。

Cisco Fabric Manager ソフトウェアの実行可能ファイルは、ネットワーク内で Cisco MDS SAN-OS ソフトウェアを実行している各 Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチのスーパーバイザ モジュールごとに配置されます。スーパーバイザ モジュールは、ブラウザ要求への応答、および Windows または UNIX ネットワーク管理ステーションへのソフトウェア配布を行う HTTP サーバを提供します。Cisco.com の次の Web サイトにも Cisco Fabric Manager があります。

http://cisco.com/cgi-bin/tablebuild.pl/mds-fm

サポート対象のソフトウェア


) ソフトウェア サポートに関する最新情報は、『Cisco MDS 9000 Family Release Notes for Cisco MDS SAN-OS Release 3.2(1)』を参照してください。


Cisco Fabric Manager は次のソフトウェアを使用してテストされました。

オペレーティング システム

Windows 2000 SP4、2003 SP2、XP SP2

Red Hat Enterprise Linux AS Release 4

Solaris(SPARC)8、9 および 10

VMWare Server 1.0、VMWare ESX Server 3.5

 

表 2-2 VMWare Server

基本オペレーティング システム
仮想オペレーティング システム

Windows 2000 SP4

Windows XP SP2

Windows 2000 SP4

Windows 2000 SP4

Java

Sun JRE と JDK 1.5(x) はサポートされています

Java Web Start 1.2、1.0.1 および 1.5

ブラウザ

Internet Explorer 6.x および 7.0


) Internet Explorer 7.0 は Windows 2000 SP4 ではサポートされていません。


Firefox 1.5 および 2.0

Mozilla 1.7(Solaris 9 のパッケージ)

データベース

Oracle Database 10g Express、Oracle Enterprise Edition 10g

PostgreSQL 8.2(Windows および Red Hat Enterprise Linux AS Release 4)

PostgreSQL 8.1(Solaris 8、9 および 10)

セキュリティ

Cisco ACS 3.1 および 4.0

PIX ファイアウォール

IP テーブル

SSH v2

Global Enforce SNMP Privacy Encryption

HTTPS

最小ハードウェア要件

大規模ファブリック(1000 以上のエンド デバイス)で Fabric Manager Server が稼働している PC では、2 GB のメモリおよび 10 GB の空きディスク容量を備えた Dual Core/Dual CPU 高速システムの使用を推奨します。

Cisco SAN-OS Release 3.1(2b) よりも前のリリースでの Fabric Manager のアップグレード

Cisco SAN-OS 3.2(1) をインストールすると、インストール中にデータが Hypersonic HSQL データベースから PostgreSQL データベースまたは Oracle Database 10g Express に移行されます。Windows に PostgreSQL データベースをインストールするには、CD の [FM Installer] リンクをクリックします。Oracle Database 10g Express をインストールするには、「Oracle のインストール」の手順に従います。


) すでにインストールされている Fabric Manager Server をアップグレードする場合は、以前にインストールしたデータベースが稼働していることを確認してください。以前のバージョンをアンインストールしないでください。以前のバージョンがアンインストールされると、データベースは移行されず、サーバの設定値が維持されません。以前インストールしたデータベースの稼働を確認後、「Fabric Manager のインストール」に示されている手順を実行します。アップグレードを開始する前に、Fabric Manager と Device Manager を終了する必要があります。


Cisco SAN-OS Release 3.1(2b) 以降の Fabric Manager から 3.2(1) へのアップグレード

Cisco SAN-OS 3.2(1) をインストールすると、インストール中にデータが Hypersonic HSQL データベースから PostgreSQL データベースまたは Oracle Database 10g Express に移行されます。また、Oracle から Oracle へもデータが移行されます。


) Oracle から Oracle へデータベースを移行した場合、Cisco SAN-OS 3.2(1) の必要に応じてスキーマがアップデートされます。


Windows に PostgreSQL データベースをインストールするには、CD の [FM Installer] リンクをクリックします。Oracle Database 10g Express をインストールするには、「Oracle のインストール」の手順に従います。

データベースのインストール

Fabric Manager をインストールする前に、データベースをインストールする必要があります。Cisco SAN-OS Release 3.1(2b) では、Oracle Database 10g Express を使用できます。これ以外の選択肢は、PostgreSQL です。アップグレードを開始する前に、$INSTALL/pm/db にあるすべての RRD ファイルをバックアップすることを推奨します。


) アップグレードを開始する前に、$INSTALL/pm/db にあるすべての RRD ファイルをバックアップすることを推奨します。


Oracle のインストール


) Oracle Database 10g Express を使用する場合は、Fabric Manager のインストールを続行する前に、データベースをインストールして、ユーザ名とパスワードを作成する必要があります。



) 大規模ファブリック(1000 以上のエンド デバイス)で Performance Manager を稼働しているユーザの場合は、Oracle Database 10g Express オプションを推奨します。


Oracle データベースのインストール手順は、次のとおりです。


ステップ 1 次のリンクをクリックし、Oracle Database 10g Express をインストールします。

http://www.oracle.com/technology/software/products/database/xe/index.html


) PC にすでに別の Oracle インスタンスがインストールされている場合は、同じ PC に Oracle データベースをインストールしないことを推奨します。このような場合、Fabric Manager が使用できるのは PostgreSQL データベースだけです。


ステップ 2 OracleXE.exe を実行して、Oracle データベースをインストールします。システム ユーザのパスワードを設定します。Oracle インストーラによって Oracle Database 10g Express サーバがインストールされ、データベース管理者がこのサーバを管理する際は、パスワードを使用します。

ステップ 3 インストールを完了し、[Services] ウィンドウで両方のサービス(OracleServiceXE および OracleXETNSListener)が稼働していることを確認します。

ステップ 4 次のスクリプトを実行してデフォルトの Oracle admin ポートを変更し、データベース アカウントを作成します。

C:\> cd c:\oraclexe\app\oracle\product\10.2.0\server\bin
C:\oraclexe\app\oracle\product\10.2.0\server\bin>sqlplus / as sysdba
SQL> exec dbms_xdb.sethttpport(8082);
SQL> GRANT CONNECT,RESOURCE,UNLIMITED TABLESPACE TO SCOTT IDENTIFIED BY
TIGER;
SQL> EXIT;
 

) Oracle Database 10g Express オプションを使用できるのは、Microsoft Windows の場合だけです。UNIX システムでは使用できません。



 


) Oracle データベースのバックアップについては、次のリンク http://download.oracle.com/docs/cd/B25329_01/doc/admin.102/b25107/backrest.htm#i1004902 をクリックしてください。または、http://download.oracle.com/docs/cd/B25329_01/doc/admin.102/b25107/impexp.htm#BCEEDCIB にある exp/imp ユーティリティを使用します。



) PostgreSQL データベースのバックアップには、pg_dump ユーティリティを使用します。次のリンク http://www.postgresql.org/docs/8.1/static/app-pgdump.html をクリックしてください。


PostgreSQL のインストール


) PostgreSQL のインストールを選択した場合、Secondary Logon サービスが実行されていることを確認し、稼働中のすべてのセキュリティ ソフトウェアをディセーブルにする必要があります。そうしないと、一部のフォルダやユーザがインストールされないことがあります。


Windows に PostgreSQL データベースをインストールするには、「Fabric Manager のインストール」の手順に従います。

Solaris 8 に PostgreSQL をインストールする前に、PostgreSQL を正しくインストールするために次の手順を完了しなければならない可能性があります。


ステップ 1 ロード ライブラリ パスを設定します。

crle -c /var/ld/ld.config -l /lib:/usr/lib/:/usr/local/lib:/{pg_install_dir}/usr/local/pgsql/lib:/{pg_install_dir}/usr/local/lib
 

ステップ 2 /etc/system で次の 2 つのプロパティを設定します。

set semsys:seminfo_semmni=512
set semsys:seminfo_semmns=512
 

ステップ 3 ステップ 2 を完了したら、同期後に Solaris ワーク ステーションをリブートします。

ステップ 4 インストーラ スクリプトを起動します。

./install.sh {pg_install_dir}

) Solaris で大規模のファブリックをモニタする場合は、$INSTALLDIR/conf/postgresql_sol_big.conf を手動で $INSTALLDIR/db/data/postgresql.conf にコピーし、新しい設定を使用して Postgres サーバを再起動します。



) インストールを開始する前に、スーパーユーザとしてログインしていることを確認します。


Solaris に PostgreSQL データベースをインストールするには、次の手順に従います。


ステップ 1 PostgreSQL をインストールするには、次のコマンドを実行します。

cd /tmp/pginstall
./install.sh
 

ステップ 2 PostgreSQL をインストールしたら、/usr/local/lib のすべてのライブラリと pgsql は /usr/local/bin に保存されます。PostgreSQL の不正確または不完全なインストールを引き起こす可能性がある競合ライブラリまたは依存関係が存在する場合があります。詳細については、 http://www.postgresql.org を参照してください。

ステップ 3 インストールが終了したら、データベースにログインするデータベース ユーザを作成する必要があります。データベース ユーザを作成するには、次のコマンドを実行します。

createuser -s -d -r -l -P -U postgres admin
 

ステップ 4 [DB User] フィールドにデータベース ユーザを入力します。

ステップ 5 [DB Password] フィールドに新しいロールのデータベース パスワード を入力します

ステップ 6 [Confirm DB Password] フィールドにパスワードをもう一度入力します。


) インストーラは 6 文字未満のパスワードを許可しません。大文字と小文字、特殊文字、数字を含む強固なパスワードを選択します。たとえば、testABC#136 などがあります。


UDP バッファ サイズの拡張

Fabric Manager SNMP パケット ログに SNMP VarBind デコード エラーが示されている場合、UDP バッファ サイズが少ないため、拡張する必要があります。

UDP バッファ サイズを拡張するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Solaris 8 の場合、UDP バッファ サイズを最低 64 K にします。

ndd -set /dev/udp udp_recv_hiwat 65535
ndd -set /dev/udp udp_xmit_hiwat 65535
 

ステップ 2 /etc/system に次の設定を追加し、リブートするとバッファ サイズが適用されます。

set ndd:udp_recv_hiwat=65535
set ndd:udp_xmit_hiwat=65535

) インストールを開始する前に、スーパーユーザでログインしていることを確認します。


Linux に PostgreSQL データベースをインストールするには、次の手順に従います。


ステップ 1 PostgreSQL をインストールするには、次のコマンドを実行します。

cd /tmp/pginstall
./install.sh
 

ステップ 2 PostgreSQL をインストールすると、すべてのライブラリとバイナリは、/usr/lib および /usr/bin に個別に保存されます。PostgreSQL の不正確または不完全なインストールを引き起こす可能性がある競合ライブラリまたは依存関係が存在する場合があります。詳細については、 http://www.postgresql.org を参照してください。

ステップ 3 インストールが終了したら、データベースにログインするデータベース ユーザを作成する必要があります。データベース ユーザを作成するには、次のコマンドを実行します。

createuser -s -d -r -l -P -U postgres admin
 

ステップ 4 新しいロールの パスワード を入力します。

ステップ 5 パスワード を再入力します。

データベース ユーザ ID は Fabric Manager インストーラで指定する必要があります。

ステップ 6 ポストマスタ(PostgreSQL データベース サーバ)を停止および起動するには、次のコマンドを実行します。

/etc/init.d/postgresql [stop|start]

データベースのバックアップと復元:Postgres

Fabric Manager ではデフォルト データベースに Postgres データベースを使用しています。Fabric Manager バックアップ ユーティリティは、データベース コンテンツをすべて ASCII ダンプ ファイルにダンプするのに Postgres pg_dump ユーティリティを使用します。復元ユーティリティは、ダンプ ファイルを使用したデータの再作成に psql を使用します。

http://www.postgresql.org/docs/current/interactive/app-pgdump.html

バックアップ ダンプ ファイルは、バックアップ時のデータベースのスナップショットに相当します。

バックアップ

FM データベースをバックアップするには、Linux/Solaris で次のコマンドを実行します。(ここでは、Fabric Manager のインストールでは、INSTALLDIR が最上位ディレクトリであると想定します)。

cd $INSTALLDIR/bin
./pgbackup.sh 02252008.data
 

$INSTALLDIR/bin ディレクトリにバックアップ ファイル 02252008.data が作成されます。このファイルを標準のバックアップ ディレクトリに作成する場合は、ダンプ ファイルのフル パス名を指定します。

復元

FM データベースを復元するには、正常なバックアップ ファイルを用意し、復元を開始する前に FMServer を停止します。復元を実行し、Linux Solaris で次のコマンドを実行します。(ここでは、Fabric Manager のインストールでは、INSTALLDIR が最上位ディレクトリであると想定します)。

cd $INSTALLDIR/bin
./FMServer.sh stop
./pgrestore.sh 02252008.data
./FMServer.sh start

PM 統計データの Fabric Manager へのインポート

既存の PM 統計データを手動で Fabric Manager にインポートするには、次の手順に従います。


ステップ 1 Fabric Manger Server を停止します。

ステップ 2 既存の 」RRD ファイル(以前のインストレーションの)を $INSTALLDIR/pm/db にコピーします。

ステップ 3 "$INSTALLDIR/bin/pm.bat s" を実行します。

ステップ 4 Fabric Manager Server を再起動します。

ステップ 5 WebClient を使用してファブリックを PM の収集に追加します。

PM 履歴統計は、1 時間実行後に WebClient で利用可能になります。

Fabric Manager のインストール

Cisco SAN-OS Release 3.2(1) 以降、Fabric Manager は Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチのパッケージには含まれていません。CD-ROM または Cisco.com から Fabric Manager をインストールする必要があります。


) Fabric Manager をインストールするユーザには、ユーザ アカウントを作成し、サービスを起動するためのすべての管理権限が必要です。また、すべてのポートへのアクセス権も必要です。Fabric Manager Server と PostgreSQL データベースが使用するポートは次のとおりです。1098、1099、4444、4445、8009、8083、8090、8092、8093、514、5432。


Cisco MDS 9000 FabricWare で実行されているスイッチでは、スイッチに同梱されている CD-ROM から Fabric Manager をインストールするか、Cisco.com から Fabric Manager をダウンロードします。

Cisco.com からソフトウェアをダウンロードする場合は、次の Web サイトにアクセスしてください。

http://cisco.com/cgi-bin/tablebuild.pl/mds-fm

Solaris に Fabric Manager をインストールするには、次の手順に従います。


ステップ 1 Fabric Manager のインストールに使用するパスに Java 1.5 を設定します。

ステップ 2 「データベースのインストール」の手順に従って、Fabric Manager で使用するデータベースをインストールします。

ステップ 3 Fabric Manager の jar ファイル、m9000-fm-3.2.0.136.jar を、CD-ROM から Solaris ワークステーション上のフォルダにコピーします。

ステップ 4 次のコマンドを使用して、インストーラを起動します。

java -Xms512m-Xmx512m -jar m9000-fm-3.2.0.136 -jar
 

ステップ 5 Fabric Manager 管理ソフトウェア セットアップ ウィザードの画面に表示される指示に従います。


 

サーバの初回の接続時に、ワークステーションにインストールされている Sun Java Virtual Machine バージョンが正しいかどうか、Fabric Manager から確認を求められます。Fabric Manager はインストール中にバージョン 1.5(x) を検索します。必要な場合は、Sun Java Virtual Machine ソフトウェアをインストールします。


) Java 要件が異なっている場合でも、Fabric Manager と同じ PC 上で CiscoWorks を実行できます。Fabric Manager 用に新しい Java バージョンをインストールする場合は、CiscoWorks に必要な古い Java バージョンを上書きしないようにしてください。両方の Java バージョンは PC上 で共存できます。



) Windows において、Fabric Manager をリモートでインストールまたはアップグレードする場合、VNC を使用したコンソールか、Remote Desktop Client(RDC)のコンソール モードによって行う必要があります(RDC が /Console オプションで使用されていることを確認します)。このデータベースのインストールおよびアップグレードすべてでローカル コンソールが必要であるため、これは、デフォルト PostgreSQL を Fabric Manager と一緒に使用する場合に非常に重要です。


Windows に Fabric Manager をインストールするには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Install Management Software] リンクをクリックします。

ステップ 2 [Management Software] > [Cisco Fabric Manager] を選択します。

ステップ 3 [Installing Fabric Manager] リンクをクリックします。

ステップ 4 [FM Installer] リンクをクリックします。

[Cisco Fabric Manager Installer] ウィンドウに、管理ソフトウェア セットアップ ウィザードのウェルカム メッセージが表示されます(図 2-3 を参照)。

図 2-3 管理ソフトウェア セットアップ ウィザードのウェルカム メッセージ

 

ステップ 5 [Next] をクリックしてインストールを開始します。

ステップ 6 [I accept the terms of the License Agreement] チェックボックスをオンにして、[Next] をクリックします。

[Install Options] ダイアログボックスが表示されます(図 2-4 を参照)。

図 2-4 [Install Options] ダイアログボックス

 

ステップ 7 次のいずれかのオプション ボタンをクリックします。

a. Fabric Manager Server (Licensed):Fabric Manager Server のサーバ コンポーネントをインストールします。

b. Fabric Manager Standalone:Fabric Manager のスタンドアロン バージョンをインストールします。


) Fabric Manager Server がインストール時に特定のインターフェイスにバインドするように設定されている場合を除き、Fabric Manager Server のホスト名エントリが DNS サーバに存在していることを確認します。



) Fabric Manager Standalone は、Fabric Manager Client と、これにバンドルされているローカル バージョンの Fabric Manager Server からなる単一アプリケーションです。Fabric Manager Standalone では、隣接したファブリックの検出と監視を行うことができます。


ステップ 8 Fabric Manager のインストール用にワークステーション上のフォルダを選択します。Windows では、デフォルトのロケーションは C:\Program Files\Cisco Systems\MDS 9000 です。UNIX(Solaris または Linux)マシンでは、インストール パス名は、インストールを実行するユーザの権限に応じて、 /usr/local/cisco_mds9000 または $HOME/cisco_mds9000 になります。

ステップ 9 [Next] をクリックします。

[Database Options] ダイアログボックスが表示されます(図 2-5 を参照)。

図 2-5 [Database Options] ダイアログボックス

 

ステップ 10 [Install PostgreSQL] または [Use existing DB] オプション ボタンをクリックして、使用するデータベースを指定します。

Install PostgreSQL を選択した場合は、デフォルトを受け入れ、パスワードを入力します。PostgreSQL データベースがインストールされます。


) PostgreSQL のインストールを選択した場合は、稼働中のすべてのセキュリティ ソフトウェアをディセーブルにする必要があります。そうしないと、一部のフォルダやユーザがインストールされないことがあります。



) ご使用のシステムで Cygwin が稼働している場合は、PostgreSQL をインストールする前に、環境変数パスから cygwin/bin を削除してください。


ステップ 11 [Use existing DB] を選択した場合は、[PostgreSQL 8.1/8.2] オプション ボタンまたは [Oracle10g] オプション ボタンをクリックします。

ステップ 12 [Database Options] ダイアログボックスで、[Next] をクリックします。

[User Options] ダイアログボックスが表示されます(図 2-6 を参照)。

図 2-6 [User Options] ダイアログボックス

 

ステップ 13 ユーザ名およびパスワードを入力し、[Next] をクリックします。

[Authentication Options] ダイアログボックスが表示されます(図 2-7 を参照)。

図 2-7 [Authentication Options] ダイアログボックス

 

ステップ 14 認証モード(Local、RADIUS、TACACS、または MDS)を選択して、[Next] をクリックします。


) [MDS] オプション ボタンを選択すると、FM 認証には、スイッチのユーザ データベースが使用されます。


ステップ 15 [Verify] をクリックして、ログインをテストします。

Fabric Manager Standalone の場合は、[Configuration Options] ダイアログボックスが表示されます(図 2-8 を参照)。

図 2-8 Fabric Manager Standalone の [Configuration Options] ダイアログボックス

 

ステップ 16 Fabric Manager Standalone をインストールする場合は、必要に応じて、FC Alias および SNMPv3 のチェックボックスをオンにしてから、[Install] をクリックします。

Fabric Manager Server の場合は、[Configuration Options] ダイアログボックスが表示されます(図 2-9 を参照)。

図 2-9 Fabric Manager Server の [Configuration Options] ダイアログボックス

 

ステップ 17 Fabric Manager Server をインストールする場合、ローカル インターフェイス、Web サーバ ポートまたは fm サーバ ポートを選択し、必要に応じて FC Alias および SNMPv3 のチェックボックスをオンにし、[Install] をクリックします。 インストールの進行状況が [Cisco Fabric Manager Installer] ウィンドウに表示されます(図 2-10 を参照)。


FM Server ポート番号は、他のアプリケーションによって使用されていないポート番号に変更できます。



) Fabric Manager Server がインストール時に特定のインターフェイスにバインドするように設定されている場合を除き、Fabric Manager Server のホスト名エントリが DNS サーバに存在していることを確認します。



) [Use HTTPS Web Server] チェックボックスをオンにした場合、[Web Server Port] フィールドはグレー表示になり、デフォルト ポートは 443 です。



) インストール中に特定の IP アドレスを指定し、サーバ ホストの IP アドレスを変更した場合は、次の 2 つのファイル(どちらも $INSTALL/conf ディレクトリにあります)を修正する必要があります。server.properties ファイルの server.bindaddrs を新しい IP アドレスに変更し、FMServer.conf ファイルの wrapper.app.parameter.4 を新しい IP アドレスに変更します。


図 2-10 インストールの進行状況

 

インストールが完了すると、インストール完了メッセージが [Cisco Fabric Manager Installer] ウィンドウに表示されます(図 2-11 を参照)。

図 2-11 インストールの完了

 


) Fabric Manager Standalone をインストールした場合は、[Launch Fabric Manager] または [Launch Device Manager] のチェックボックスをオンにすることによって、Fabric Manager または Device Manager の起動を選択できます。Fabric Manager および Device Manager のアイコンがデスクトップに自動的に作成されます。


ステップ 18 [Finish] をクリックすると、[Cisco Fabric Manager Installer] ウィンドウが閉じます。

Fabric Manager Server をインストールした場合、Fabric Manager Client を起動するまで、Fabric Manager と Device Manager のアイコンはデスクトップに作成されません。「Cisco SAN-OS Release 3.2(1) 以降で Fabric Manager Client を起動する」の手順に従って、Fabric Manager Client を起動します。


 

Create shortcuts チェックボックスをオンにした場合は、Windows の [Start] > [Programs] に Cisco MDS 9000 プログラム グループが作成されます。このプログラム グループには、インストール ディレクトリ内のバッチ ファイルへのショートカットが格納されます。Fabric Manager Server、データベース、および Web Server の 3 つのサービスが開始されます。Performance Manager サーバがインストールされますが、特定のセットアップ手順を最初に実行する必要があるため、このサービスはインストール時に開始されません。

UNIX(Solaris または Linux)マシンでは、インストール ディレクトリ内にシェル スクリプトが作成されます。Windows サービスと同等のプログラムを実行するシェル スクリプトは FMServer.sh で、すべてのサーバサイド データおよび Performance Manager データはインストール ディレクトリに格納されています。

Fabric Manager Client は、Fabric Manager Server がないと実行できません。このサーバ コンポーネントは、Fabric Manager をダウンロードしてインストールするときに、同時にダウンロードおよびインストールされます。Windows マシンでは、Fabric Manager Server はサービスとしてインストールされます。このサービスを管理するには、Microsoft Windows のコントロール パネルのサービスを使用します。Fabric Manager Server サービスは、デフォルト設定では、マシンを再起動するときに自動起動されます。この動作を変更するには、サービスのプロパティを変更します。

Solaris でのスタートアップ ファイルの作成

Postgre SQL および Fabric Manager はインストール後に Solaris で自動的に起動しません。init ファイルは /etc/init.d に作成し、次のコマンドが、ファイルに含まれている必要があります。

Postgre SQL および FM を起動する場合:

$INSTALL/db/bin/DB start

$INSTALL/bin/FMServer.sh start

Postgre SQL および FM を停止する場合:

$INSTALL/db/bin/DB stop

$INSTALL/bin/FMServer.sh stop

Device Manager のインストール

Device Manager をワークステーションにインストールするには、次の手順に従います。


ステップ 1 ブラウザの Address フィールドにスイッチの IP アドレスを入力します。

Device Manager の [Installation] ウィンドウが表示されます(図 2-12 を参照)。

図 2-12 Device Manager の [Installation] ウィンドウ

 

ステップ 2 [Cisco Device Manager] リンクをクリックします。

[Cisco Device Manager Installer] ウィンドウに、管理ソフトウェア セットアップ ウィザードのウェルカム メッセージが表示されます(図 2-13 を参照)。

図 2-13 管理ソフトウェア セットアップ ウィザードのウェルカム メッセージ

 

ステップ 3 [Next] をクリックするとインストールが開始されます。

ステップ 4 [I accept the terms of the License Agreement] チェックボックスをオンにして、[Next] をクリックします。

ステップ 5 Device Manager のインストール用としてワークステーション上のフォルダを選択します。Windows では、デフォルトのロケーションは C:\Program Files\Cisco Systems\MDS 9000 です。UNIX(Solaris または Linux)マシンでは、インストール パス名は、インストールを実行するユーザの権限に応じて、 /usr/local/cisco_mds9000 または $HOME/cisco_mds9000 になります。

ステップ 6 [Install] をクリックします。

インストールの進行状況が [Cisco Device Manager Installer] ウィンドウに表示されます(図 2-14 を参照)。

図 2-14 インストールの進行状況

 

インストールが完了すると、インストール完了メッセージが [Cisco Device Manager Installer] ウィンドウに表示されます(図 2-15 を参照)。

図 2-15 インストールの完了

 

ステップ 7 [Finish] をクリックすると、[Cisco Device Manager Installer] ウィンドウが閉じます。


 

FM/DM ショートカットの手動作成

FM/DM ショートカットは、アプリケーションを初めて起動する場合にだけデスクトップで利用できます。また、ショートカットは、Fabric Manager を FM ダウンロード ページから起動した場合には利用できません。

FM/DM ショートカットをデスクトップに作成するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [Control Panel] > [Java] に移動します

[Java] をダブルクリックします。

[Java Control Panel] パネルが表示されます(図 2-16 を参照)

図 2-16 [Java Control Panel] ダイアログボックス

 

 

ステップ 2 [Temporary Internet Files] 領域で [View] をクリックします(図 2-17 を参照)

[Java Cache Viewer] ダイアログボックスが表示されます。

図 2-17 [Java Cache Viewer] ダイアログボックス


 

ステップ 3 ショートカットを再作成するために、アプリケーションを右クリックして、ショートカット メニューから [Install Shortcuts] を選択します(図 2-18 を参照)。

図 2-18 ショートカット メニュー

 

管理ソフトウェアのアップグレード

Cisco MDS SAN-OS で Device Manager が稼働しているスイッチにログインし、そのスイッチの方が管理ソフトウェアのバージョンが高い場合は、上位バージョンをインストールするように要求されます。Cisco MDS Fabric Manager ソフトウェアをアップグレードする場合は、「管理ソフトウェアのインストール」に記載された手順に従ってください。Device Manager は任意のタイミングでアップグレードすることもできます。その場合は、ブラウザのアドレス フィールドに、上位バージョンのソフトウェアがインストールされたスーパーバイザ モジュールの IP アドレスまたはホスト名を入力します。Fabric Manager のアップグレードには、新しい CD が必要です。


) Cisco MDS SAN-OS Release 3.x 以降では、インストーラによるダウングレードはサポートされていません。Fabric Manager または Device Manager を旧リリースにダウングレードするには、手動でアンインストールしてから、前のバージョンの Fabric Manager または Device Manager をインストールする必要があります。


Fabric Manager Update Installer を使用した Fabric Manager Server および Fabric Manager Standalone バージョンのアップグレード

リリース 3.3.1a 以降では、Cisco MDS 9000 Fabric Manager Update Installer を使用して次のことを実行できます。

Fabric Manager Server のアップグレード

Fabric Manager Standalone のアップグレード

Fabric Manager Update Installer は Fabric Manager インストーラよりサイズが小さいので、手軽にダウンロードできます。このインストーラは Fabric Manager Server または Fabric Manager Standalone バージョンのアップグレードに機能が制限されており、データベースまたは Fabric Manager Server infrastructure(JBoss)はインストールできません。 表 2-3 に、推奨される Fabric Manager のアップグレード パスを示します。

 

表 2-3 java -Xmx512m -jar jar_file_name を使用した Fabric Manager アップグレード パス

現在のバージョン
アップグレードするバージョン:
アップグレード パス

3.0(x)1

3.3(1a) 以上

1. 3.1(x) にアップグレードします

2. 3.2(x) にアップグレードします

3. 3.3(x) 以降にアップグレードします。軽量インストーラ { java -Xmx512m -jar jar_file_name } を起動し、Fabric Manager のアップグレード手順に従います。


) 手順 2 でリリース 3.2(2c) からアップグレードしない場合は、サーバ ポートを 9099 に変更します。


3.1(x) 1

3.3(1a) 以上

1. 3.2(x) にアップグレードします

2. 3.3(x) 以降にアップグレードします。軽量インストーラ { java -Xmx512m -jar jar_file_name } を起動し、Fabric Manager のアップグレード手順に従います。


) 手順 1 でリリース 3.2(2c) からアップグレードしない場合は、サーバ ポートを 9099 に変更します。


3.2(x)

3.3(1a) 以上

1. 3.3(x) 以降にアップグレードします。軽量インストーラ { java -Xmx512m -jar jar_file_name } を起動し、Fabric Manager のアップグレード手順に従います。


) リリース 3.2(2c) からアップグレードしない場合は、サーバ ポートを 9099 に変更します。


1.HSQL データベースのデータは新しいデータベースに移行できないため、ゲートウェイをアップグレードする必要があります。

Cisco Fabric Manager とその他の管理ツールとの統合

Fabric Manager、Device Manager、および Performance Manager はその他の管理ツールと併用することができます。これらのツールの概要を示します。これらのツールの詳細、および Cisco Fabric Manager 管理アプリケーションとの連携方法については、「ファブリックのトラブルシューティング」を参照してください。

Cisco Traffic Analyzer :VSAN およびプロトコル別にトラフィックを分類して、Logical Unit Number(LUN)レベルで SCSI トラフィックを調査することができます。

Cisco Protocol Analyzer :ファイバ チャネルおよび Ethereal 用にシスコが開発した SCSI デコーダを使用して、ファイバ チャネル フレームの実際のシーケンスを簡単に調査できます。

Cisco Port Analyzer Adapter 2 :SPAN(スイッチド ポート アナライザ)トラフィック(ファイバ チャネル制御とデータ プレーン トラフィックの両方)をイーサネット ヘッダーにカプセル化して、分析のために Windows PC またはワークステーションにトランスポートすることができます。Cisco Traffic Analyzer および Cisco Protocol Analyzer では、MDS SPAN トラフィックを Windows PC またはワークステーションに伝送するために PAA が必要です。

ファイアウォールの背後での Fabric Manager の稼働

Fabric Manager、Device Manager、および Performance Manager が稼働している Windows PC がファイアウォールの背後に置かれている場合は、特定のポートが使用可能でなければなりません。

デフォルトでは、Fabric Manager Client および Device Manager は、使用可能な最初の UDP ポートを使用して、SNMP 応答を送受信します。UDP SNMP トラップ ローカル ポートは、Fabric Manager の場合は 1162、Device Manager の場合は 1163 または 1164 です。Fabric Manager Server は TCP RMI ポート 9099 も開きます。

Fabric Manager Release 2.1(2) 以降では、次のステートメントのアンコメントによって、Fabric Manager Client または Device Manager が SNMP 応答に使用する UDP ポートを選択できます。

Windows デスクトップでは、C:\Program Files\Cisco Systems\MDS9000\bin ディレクトリの FabricManager.bat ファイルまたは DeviceManager.bat ファイル内の次のステートメントをアンコメントします。

rem JVMARGS=%JVMARGS% -Dsnmp.localport=9001
 

UNIX デスクトップでは、$HOME/.cisco_mds9000/bin ディレクトリの FabricManager.sh ファイルまたは DeviceManager.sh ファイル内の次のステートメントをアンコメントします。

# JVMARGS=$JVMARGS -Dsnmp.localport=9001
 

Fabric Manager Release 3.2(1) 以降では、Fabric Manager Client では、Java Naming Directory Interface(JNDI)検出で Fabric Manager Server との通信にポート 9099 を使用します。Fabric Manager Server によってクライアントが 1098 にリダイレクトされ、JBoss によって要求が適切なサービスにダイレクトされます。

Fabric Manager Server プロキシ サービスは、Fabric Manager Client または Device Manager と Fabric Manager Server の間の SNMP 通信に設定可能な TCP ポート(デフォルトは 9198)を使用します。

Fabric Manager Server コンポーネントの場合は、着信接続用に、ファイアウォール上で予測可能な 2 つの TCP ポートを開く必要があります。

server.port = 9099

server.data.port = 9100

これらの 2 つのポートがオープンであるかぎり、Fabric Manager Client はサーバに接続できます。Fabric Manager Client に接続されているその他の TCP ポートは、ファイアウォールの背後にあるサーバによって開始されます。

次の表に、Fabric Manager アプリケーションが使用するすべてのポートを示します。

通信 タイプ
使用ポート
すべてのアプリケーションが使用するポート

SSH

ポート 22(TCP)

Telnet

ポート 23(TCP)

HTTP

ポート 80(TCP)

TFTP

ポート 69(UDP)

SNMP

ポート 161(UDP)

Syslog

ポート 514(UDP)

Fabric Manager Server および Performance Manager が使用するポート

SNMP_TRAP

ポート 2162(UDP)

SNMP

SNMP プロキシが使用可能な場合は空いているローカル ポート(UDP)または 9198(TCP)をランダムに選択。server.properties で変更可能。

Java RMI

ポート 9099、9100(TCP)

Fabric Manager Client が使用するポート

SNMP

SNMP プロキシが使用可能な場合は空いているローカル ポート(UDP)をランダムに選択。クライアントの -Dsnmp.localport オプションで変更可能。

Java RMI

19199 ~ 19399(TCP)の空いているローカル ポートを選択。クライアントの -Dclient.portStart および -Dclient.portEnd オプションで変更可能。たとえば、-Dclient.portStart = 19199 -Dclient.portEnd = 19399。

Device Manager が使用

SNMP_TRAP

1163 ~ 1170(UDP)の空いているローカル ポートを選択。

SNMP

SNMP プロキシが使用可能な場合は空いているローカル ポート(UDP)または 9198(TCP)をランダムに選択。 server.properties で変更可能。

 

使用ポート/種類
サービス記述語
サービス名
属性名

1098(TCP)

conf/jboss-service.xml

jboss:service=Naming

RmiPort

9099(TCP)

conf/jboss-service.xml

jboss:service=Naming

Port(FM では 1099 から 9099 に変更)

4444(TCP)

conf/jboss-service.xml

jboss:service=invoker,type=jrmp

RMIObjectPort

 

4445(TCP)

conf/jboss-service.xml

jboss:service=invoker,type=pooled

ServerBindPort

 

8009(TCP)

deploy/jbossweb-tomcat41.sar/META-INF/jboss-service.xml

jboss.web:service=WebServer?

port on AJP Connector

8083(TCP)

conf/jboss-service.xml

jboss:service=WebService

Port

8092(TCP)

deploy/jms/oil2-service.xml

jboss.mq:service=InvocationLayer?,type=OIL2

ServerBindPort

8093(TCP)

deploy/jms/uil2-service.xml

jboss.mq:service=InvocationLayer?,type=UIL2

ServerBindPort

3873(TCP)

EJB3 アスペクト サービスのサービス エンド ポイント

JBoss EJB3 Aspect Service Deployer

JBoss EJB3 Invoker

管理ソフトウェアのアンインストール

Windows PC の Fabric Manager アプリケーションをアンインストールする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 稼働中の Fabric Manager および Device Manager のインスタンスをすべて閉じます。

ステップ 2 [Start] > [Programs] > [Cisco MDS 9000] > [Uninstall] を選択して、uninstall.bat スクリプトを実行します。

コマンド ラインからバッチ ファイル(デフォルトでは C:\Program Files\Cisco Systems\MDS 9000 フォルダ内)を直接実行することもできます。


) 旧バージョンの場合、.cisco_mds9000 フォルダを削除します。デスクトップ アイコンおよびプログラム メニュー アイテムすべては手動で削除してください。

Windows PC では、このフォルダは Documents and Settings フォルダ(例:ユーザ管理者としてインストールした場合、d:\Documents and Settings\Administrator\.cisco_mds9000)に作成されます。UNIX マシンでは、デフォルトのインストール フォルダは /usr/bin です。



) Fabric Manager Client がアンインストールに失敗し、エラー メッセージが表示された場合は、Java Cache Viewer を使用して Fabric Manager Client をキャッシュから削除する必要が生じる場合があります。キャッシュから Fabric Manager Client を削除するには、[Start] > [Run] を選択し、javaws -viewer と入力します。Java Cache Viewer で Fabric Manager Client を選択し、[Delete] をクリックします。


UNIX マシンの Fabric Manager アプリケーションをアンインストールする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 リリース 2.x 以降では、Fabric Manager のインストール場所に応じて次のシェル スクリプトを実行します。$HOME/cisco_mds9000/Uninstall.sh または /usr/local/cisco_mds9000/uninstall.sh

ステップ 2 リリース 1.3(1) 以降では、Fabric Manager のインストール場所に応じて次のシェル スクリプトを実行します。$HOME/.cisco_mds9000/Uninstall.sh または /usr/local/.cisco_mds9000/uninstall.sh

ステップ 3 それ以前のリリースでは、$HOME/.cisco_mds9000 フォルダを削除します。