Cisco MDS 9000 ファミリ Fabric Manager コンフィギュレーション ガイド Release 3.x Cisco MDS SAN-OS Release 3.0(3) ~ 3.3(3) Cisco MDS 9000 FabricWare Release 2.x
FCS の設定
FCS の設定
発行日;2013/09/18 | 英語版ドキュメント(2009/04/06 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 39MB) | フィードバック

目次

FCS の設定

FCS の概要

FCS の重要性

FCS 検出情報の表示

FCS 要素の表示

FCS プラットフォームの作成

FCS Fabric Port の表示

デフォルト設定

FCS の設定

この章では、Cisco MDS 9000 ファミリのディレクタとスイッチで提供されている Fabric Configuration Server(FCS)機能について説明します。内容は次のとおりです。

「FCS の概要」

「FCS 検出情報の表示」

「FCS 要素の表示」

「FCS プラットフォームの作成」

「FCS Fabric Port の表示」

「デフォルト設定」

FCS の概要

Fabric Configuration Server(FCS)を使用すると、トポロジ属性を検出したり、ファブリック要素の設定情報リポジトリを維持したりすることができます。通常、管理アプリケーションは N ポートを通してスイッチの FCS に接続されます。FCS は次のオブジェクトに基づいて、ファブリック全体を表示します。

Interconnect Element(IE)オブジェクト:ファブリック内の各スイッチは IE オブジェクトに対応しています。ファブリックは 1 つまたは複数の IE オブジェクトで構成されます。

ポート オブジェクト:IE の各物理ポートはポート オブジェクトに対応しています。ポート オブジェクトにはスイッチ ポート(xE、Fx、および TL ポート)および接続された Nx ポートが含まれます。

プラットフォーム オブジェクト:一連のノードをプラットフォーム オブジェクトとして定義して、管理可能な単一のエンティティにできます。これらのノードはファブリックに接続されたエンドデバイス(ホスト システム、ストレージ サブシステム)です。プラットフォーム オブジェクトは、ファブリックのエッジ スイッチ上にあります。

各オブジェクトには、それぞれ独自の属性および値のセットがあります。一部の属性にはヌル値も定義できます。

Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチ環境では、複数の VSAN がファブリックを構成し、VSAN ごとに 1 つの FCS インスタンスが存在します。

Cisco SAN-OS Release 3.1(2) から、FCS は仮想デバイスの検出をサポートしています。FCS コンフィギュレーション サブモードで fcs virtual-device-add コマンドを実行すると、特定の VSAN またはすべての VSAN で仮想デバイスを検出できます。IVR 用にゾーン分割されたデバイスは、IVR ゾーン セットをアクティブ化する前に、このコマンドで検出し、Request Domain ID(RDI)をイネーブルにする必要があります。

スイッチに管理アプリケーションが接続されている場合、スイッチの FCS に転送されるすべてのフレームは、スイッチ ポート(Fx ポート)のポート VSAN に属します。そのため、管理アプリケーションの表示対象はこの VSAN に限定されます。ただし、このスイッチが属する他の VSAN に関する情報は、SNMP または CLI を使用して取得できます。

図 65-1 では、管理アプリケーション 1(M1)は、ポート VSAN ID が 1 の F ポートを介して接続され、管理アプリケーション 2(M2)はポート VSAN ID が 2 の F ポートを介して接続されています。M1 はスイッチ S1 および S3 の FCS 情報を、M2 はスイッチ S3 および S4 の FCS 情報をそれぞれ問い合わせることができます。スイッチ S2 の情報はどちらにも提供されません。FCS は、VSAN で表示可能なこれらのスイッチ上でだけ動作します。なお、S3 は VSAN 1 にも属していますが、M2 は VSAN 2 にだけ FCS 要求を送信できます。

図 65-1 VSAN 環境における FCS

 

 

 

FCS の重要性

ここでは、FCS の重要性について説明します。

FCS は次のようなネットワーク管理をサポートします。

N ポート管理アプリケーションはファブリック要素に関する情報を問い合わせて、取得できます。

SNMP マネージャは FCS 管理情報ベース(MIB)を使用して、ファブリック トポロジ情報の検出を開始して、取得できます。

FCS は、標準の F ポートおよび E ポートだけでなく、TE ポートと TL ポートもサポートします。

FCS は、プラットフォームに登録された論理名および管理アドレスを使用して、一連のモードを維持することができます。FCS はすべての登録情報のバックアップをセカンダリ ストレージに維持し、変更があるたびに更新します。再起動またはスイッチオーバーが発生すると、FCS はセカンダリ ストレージ情報を取得し、データベースを再構築します。

SNMP マネージャは FCS に、ファブリック内のすべての IE、ポート、およびプラットフォームについて問い合わせることができます。

FCS 検出情報の表示

Device Manager を使用して FCS 検出情報を表示するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [FC] > [Advanced] > [Fabric Config Server] を選択します。

[Fabric Config Server] ダイアログボックスが表示されます(図 65-2 を参照)。

図 65-2 [Fabric Config Server] ダイアログボックス

 

ステップ 2 [Discovery] タブをクリックします。

ステップ 3 [Discover] をクリックしてファブリックを再検出し、[Refresh] をクリックして表示内容を更新します。


 

FCS 要素の表示

Device Manager を使用して FCS Interconnect Element 情報を表示するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [FC] > [Advanced] > [Fabric Config Server] を選択します。

[Fabric Config Server] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 [Interconnect Elements] タブをクリックします。

図 65-3 のようなダイアログボックスが表示されます。

図 65-3 FCS の [Interconnect Elements] タブ

 

ステップ 3 [Close] をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。


 


 

FCS プラットフォームの作成

Device Manager を使用して FCS プラットフォームを作成するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [FC] > [Advanced] > [Fabric Config Server] を選択します。

[Fabric Config Server] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 [Platforms (Enclosures)] タブをクリックします。

ステップ 3 [Create] をクリックします。

[Create Fabric Config Server] ダイアログボックスが表示されます(図 65-4 を参照)。

図 65-4 [Create Fabric Config Server] ダイアログボックス

 

ステップ 4 VSAN ID を入力します。または利用可能な VSAN ID のドロップダウン リストから ID を選択します。

ステップ 5 [Name] フィールドに、Fabric Configuration Server の名前を入力します。

ステップ 6 サーバの種類を選択します( Gateway Host Storage )。

ステップ 7 サーバの WWN を入力します。

ステップ 8 サーバの管理アドレスを入力します。

ステップ 9 [Create] をクリックしてサーバを作成します。または、[Close] をクリックし、変更を廃棄して [Fabric Config Server] ダイアログボックスに戻ります。


 

FCS Fabric Port の表示

Device Manager を使用して FCS 検出情報を表示するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [FC] > [Advanced] > [Fabric Config Server] を選択します。

[Fabric Config Server] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 [Fabric Ports] タブをクリックします。

ファブリック ポートの一覧が表示されます(図 65-5 を参照)。

図 65-5 FCS の [Fabric Ports] タブ

 

ステップ 3 [Refresh] をクリックして表示内容を更新します。


 

デフォルト設定

表 65-1 FCS のデフォルト設定値を示します。

 

表 65-1 FCS のデフォルト設定値

パラメータ
デフォルト

プラットフォーム名のグローバル チェック

ディセーブル

プラットフォームのノード タイプ

不明