Cisco MDS 9000 ファミリ Fabric Manager コンフィギュレーション ガイド Release 3.x Cisco MDS SAN-OS Release 3.0(3) ~ 3.3(3) Cisco MDS 9000 FabricWare Release 2.x
ドメイン パラメータの設定
ドメイン パラメータの設定
発行日;2013/09/18 | 英語版ドキュメント(2009/04/06 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 39MB) | フィードバック

目次

ドメイン パラメータの設定

ファイバ チャネル ドメイン

ドメインの再起動の概要

ドメインの再起動

スイッチ プライオリティの概要

スイッチ プライオリティの設定

fcdomain の初期化の概要

fcdomain のイネーブル化またはディセーブル化

ファブリック名の設定

着信 RCF の概要

着信 RCF の拒否

結合ファブリックの自動再構成の概要

自動再構成のイネーブル化

ドメイン ID

ドメイン ID の概要

スタティック ドメイン ID または優先ドメイン ID の指定

許可ドメイン ID リストの概要

許可ドメイン ID リストの設定

許可ドメイン ID リストの CFS 配信の概要

配信のイネーブル化

ファブリックのロック

変更のコミット

変更の廃棄

ファブリックのロックのクリア

保留中の変更の表示

セッション ステータスの表示

連続ドメイン ID 割り当ての概要

連続ドメイン ID 割り当てのイネーブル化

FC ID

固定的 FC ID の概要

固定的 FC ID 機能のイネーブル化

固定的 FC ID 設定の概要

固定的 FC ID の設定

HBA の固有エリア FC ID の概要

HBA の固有エリア FC ID の設定

固定的 FC ID の選択消去の概要

固定的 FC ID の消去

fcdomain の統計情報の表示

デフォルト設定

ドメイン パラメータの設定

ファイバ チャネル ドメイン(fcdomain)機能では、FC-SW-2 標準で記述されているように、主要スイッチ選択、ドメイン ID 配信、FC ID 割り当て、ファブリック再設定機能が実行されます。ドメインは VSAN 単位で設定されます。ドメイン ID を設定しない場合、ローカル スイッチはランダムな ID を使用します。


注意 fcdomain パラメータは、通常変更しないでください。これらの変更は、管理者が行うか、スイッチ操作を熟知している人が行ってください。


ヒント 設定を変更した場合は、必ず実行コンフィギュレーションを保存してください。次回にスイッチを再起動したときに、保存された設定が使用されます。設定を保存しない場合は、前回保存されたスタートアップ コンフィギュレーションが使用されます。

この章は、次の項で構成されています。

「ファイバ チャネル ドメイン」

「ドメイン ID」

「FC ID」

「fcdomain の統計情報の表示」

「デフォルト設定」

ファイバ チャネル ドメイン

ここでは、fcdomain の各フェーズについて説明します。

主要スイッチの選択:このフェーズでは、ファブリック内で一意の主要スイッチを選択できます。

ドメイン ID の配信:このフェーズでは、ファブリック内のスイッチごとに、一意のドメイン ID を取得できます。

FC ID の割り当て:このフェーズでは、ファブリック内の対応するスイッチに接続された各デバイスに、一意の FC ID を割り当てることができます。

ファブリックの再設定:このフェーズでは、ファブリック内のすべてのスイッチを再同期化して、新しい主要スイッチ選択フェーズを同時に再開できるようにします。

図 25-1を参照してください。

図 25-1 fcdomain の設定例

 


) すべての手順で使用されるドメイン ID および VSAN 値は、単なる例です。必ずご使用の設定に適用される ID および値を使用してください。


ここでは、fcdomain 機能について説明します。ここで説明する内容は、次のとおりです。

「ドメインの再起動の概要」

「ドメインの再起動」

「スイッチ プライオリティの概要」

「スイッチ プライオリティの設定」

「fcdomain の初期化の概要」

「fcdomain のイネーブル化またはディセーブル化」

「ファブリック名の設定」

「着信 RCF の概要」

「着信 RCF の拒否」

「結合ファブリックの自動再構成の概要」

「自動再構成のイネーブル化」

ドメインの再起動の概要

ファイバ チャネル ドメインは、中断を伴う方法または中断を伴わない方法で起動できます。中断を伴う再起動を実行すると、Reconfigure Fabric(RCF)フレームがファブリックのその他のスイッチに送信され、VSAN のすべてのスイッチでデータ トラフィックが中断されます(リモートでセグメント化されている ISL を含む)。中断を伴わない再起動を実行すると、Build Fabric(BF)フレームがファブリックのその他のスイッチに送信され、そのスイッチだけでデータ トラフィックが中断されます。

ドメイン ID の競合を解消するには、手動でドメイン ID を割り当てる必要があります。手動で割り当てたドメイン ID など、多くの設定変更を適用するには、中断を伴う再起動が必要です。ドメインの非中断再起動は、優先ドメイン ID をスタティック ドメイン ID(実ドメイン ID は変更なし)に変更する場合にかぎり実行できます。


) スタティック ドメインはユーザによって固有に設定されるため、実行時のドメインと異なることがあります。ドメイン ID が異なる場合は、次回の中断または非中断再起動後にスタティック ドメイン ID を使用するように、ランタイム ドメイン ID が変更されます。



ヒント VSAN が INTEROP モードである場合は、その VSAN の fcdomain で中断を伴う再起動を実行できません。

ほとんどの設定は、対応する実行時の値に適用できます。ここでは、実行時の値に fcdomain パラメータを適用する方法について詳細に説明します。

ドメインの再起動

Fabric Manager を使用して中断を伴うファブリックの再起動、または中断を伴わない再起動を行うには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Logical Domains] ペインで [Fabricxx] > [VSANxx] と展開して [Domain Manager] を選択し、再起動するファブリックおよび VSAN を表示します。

[Information] ペインにドメインの [Running] タブの設定が表示されます

図 25-2 実行中ドメインの設定

 

ステップ 2 [Configuration] タブをクリックします。

図 25-3 に示すスイッチ設定が表示されます。

図 25-3 ドメインの設定

 

ステップ 3 ファブリック内の fcdomain を再起動するすべてのスイッチに対し、[Restart] ドロップダウン メニューを [disruptive] または [nonDisruptive] に設定します。

ステップ 4 [Apply Changes] アイコンをクリックし、この fcdomain を再起動します。


 

スイッチ プライオリティの概要

デフォルトでプライオリティ 128 が設定されています。プライオリティの有効設定範囲は 1 ~ 254 です。プライオリティ 1 が最高のプライオリティです。値 255 は、他のスイッチからは受け入れられますが、ローカルには設定できません。

新しいスイッチは、安定したファブリックに参加する場合、主要スイッチになることがあります。主要スイッチ選択フェーズ中に、最高のプライオリティを持つスイッチが主要スイッチになります。2 つのスイッチに同じプライオリティが設定されている場合は、WWN が小さいスイッチが主要スイッチになります。

プライオリティ設定は、fcdomain の再起動の実行時に適用されます(「ドメインの再起動の概要」を参照)。この設定は、中断再起動および非中断再起動のどちらにも適用できます。

スイッチ プライオリティの設定

Fabric Manager を使用して主要スイッチのプライオリティを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Logical Domains] ペインで [Fabricxx] > [VSANxx] と展開して [Domain Manager] を選択し、主要スイッチのプライオリティを設定するファブリックおよび VSAN を表示します。

図 25-4 のように、[Information] ペインにドメインの実行コンフィギュレーションが表示されます。

図 25-4 実行中ドメインの設定

 

ステップ 2 ファブリック内で主要スイッチにするスイッチの [Priority] を高い値に設定します。

ステップ 3 [Apply Changes] アイコンをクリックして、これらの変更を保存します。


 

fcdomain の初期化の概要

デフォルトでは、fcdomain 機能は各スイッチ上でイネーブルになっています。スイッチ内で fcdomain 機能をディセーブルにすると、そのスイッチはファブリック内のその他のスイッチと共存できなくなります。fcdomain 設定は中断再起動の実行時に適用されます。

fcdomain のイネーブル化またはディセーブル化

Fabric Manager を使用して、単一の VSAN またはある範囲の VSAN で fcdomain をディセーブルにするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Logical Domains] ペインで [Fabricxx] > [VSANxx] と展開して [Domain Manager] を選択し、fcdomain をディセーブルにするファブリックおよび VSAN を表示します。

[Information] ペインにドメインの実行コンフィギュレーションが表示されます。

ステップ 2 [Configuration] タブをクリックし、fcdomain をディセーブルにするファブリックのスイッチごとに、[Enable] チェックボックスをオフにします(図 25-5 を参照)。

図 25-5 ドメインの設定

 

ステップ 3 [Apply Changes] アイコンをクリックして、これらの変更を保存します。


 

ファブリック名の設定

Fabric Manager を使用して、ディセーブルになっている fcdomain のファブリック名の値を設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Fabricxx] > [VSANxx] と展開し、ファブリック名を設定するファブリックおよび VSAN の [Logical Domains] ペインで [Domain Manager] を選択します。

[Information] ペインにドメインの実行コンフィギュレーションが表示されます。

ステップ 2 [Configuration] タブをクリックし、ファブリックのスイッチごとにファブリック名を設定します。

ステップ 3 [Apply Changes] アイコンをクリックして、これらの変更を保存します。


 

着信 RCF の概要

インターフェイスや VSAN ごとに、RCF 要求フレームの拒否を選択できます。 RCF 拒否 オプションはデフォルトでディセーブルになっています(つまり、RCF 要求フレームは自動的に拒否されません)。

RCF 拒否 オプションは、中断を伴う再起動によってすぐにランタイムで有効になります(「ドメインの再起動の概要」を参照)。

着信 RCF の拒否

Fabric Manager を使用して着信 RCF 要求フレームを拒否するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Switches] > [Interfaces] の順に展開し、[Physical Attributes] ペインで [FC Physical] を選択します。

[Information] ペインにファイバ チャネル設定が表示されます。

ステップ 2 [Domain Mgr] タブをクリックします。

図 25-6 の情報が表示されます。

図 25-6 着信 RCF 要求フレームの拒否

 

ステップ 3 RCF 要求フレームを拒否するインターフェイスごとに、[RcfReject] チェックボックスをオンにします。

ステップ 4 [Apply Changes] アイコンをクリックして、これらの変更を保存します。


 

結合ファブリックの自動再構成の概要

デフォルトでは、autoreconfigure オプションはディセーブルです。ドメインが重なる別々の安定ファブリックに属する 2 つのスイッチを結合する場合は、次のような状況になる可能性があります。

両方のスイッチで autoreconfigure オプションがイネーブルの場合、中断再設定フェーズが開始します。

いずれかまたは両方のスイッチで autoreconfigure オプションがディセーブルの場合は、2 つのスイッチ間のリンクが隔離されます。

autoreconfigure オプションは実行時に即座に有効になります。fcdomain を再起動する必要はありません。ドメインが重複によって現在隔離されており、後で両方のスイッチの autoreconfigure オプションをイネーブルにする場合は、ファブリックは隔離状態のままです。ファブリックを接続する前に両方のスイッチで autoreconfigure オプションをイネーブルにした場合、中断再設定(RCF)が発生します。中断再設定が発生すると、データ トラフィックが影響を受けることがあります。重複リンクで構成されているドメインを変更して、ドメインのオーバーラップを解消することにより、中断を伴わない fcdomain の再構成を実行できます。

自動再構成のイネーブル化

Fabric Manager を使用して特定の VSAN(またはある範囲の VSAN)で自動再構成をイネーブルにするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Fabricxx] > [VSANxx] の順に展開し、自動再構成をイネーブルにするファブリックおよび VSAN の [Logical Domains] ペインで [Domain Manager] を選択します。

[Information] ペインにドメインの実行コンフィギュレーションが表示されます。

ステップ 2 [Configuration] タブをクリックし、自動的に再構成するファブリックのスイッチごとに [Auto Reconfigure] チェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [Apply Changes] アイコンをクリックして、これらの変更を保存します。


 

ドメイン ID

ドメイン ID は VSAN 内のスイッチを一意に識別します。スイッチは異なる VSAN に異なるドメイン ID を持つことがあります。ドメイン ID は FC ID 全体の一部です。

ここでは、ドメイン ID の設定方法について説明します。具体的な内容は次のとおりです。

「ドメイン ID の概要」

「スタティック ドメイン ID または優先ドメイン ID の指定」

「許可ドメイン ID リストの概要」

「許可ドメイン ID リストの設定」

「許可ドメイン ID リストの CFS 配信の概要」

「配信のイネーブル化」

「ファブリックのロック」

「変更のコミット」

「変更の廃棄」

「ファブリックのロックのクリア」

「保留中の変更の表示」

「セッション ステータスの表示」

「連続ドメイン ID 割り当ての概要」

「連続ドメイン ID 割り当てのイネーブル化」

ドメイン ID の概要

設定済みドメイン ID のタイプは優先またはスタティックになります。デフォルトで、設定済みドメイン ID は 0(ゼロ)、設定タイプは優先です。


) 値 0(ゼロ)を設定できるのは、優先オプションを使用した場合だけです。


ドメイン ID を設定しない場合、ローカル スイッチは要求内でランダムな ID を送信します。スタティック ドメイン ID を使用することを推奨します。

下位スイッチがドメインを要求する場合は、次のプロセスが実行されます(図 25-7 を参照)。

1. ローカル スイッチは主要スイッチに設定済みドメイン ID 要求を送信します。

2. 要求されたドメイン ID が使用可能な場合、主要スイッチはこの ID を割り当てます。使用不可能な場合は、使用可能な別のドメイン ID を割り当てます。

図 25-7 優先オプションを使用した設定プロセス

 

下位スイッチの動作は、次の要因によって変化します。

許可ドメイン ID リスト。

設定済みドメイン ID。

主要スイッチが要求元スイッチに割り当てたドメイン ID。

状況に応じて、次のように変更されます。

受信されたドメイン ID が許可リストに含まれない場合は、要求されたドメイン ID が実行時ドメイン ID になり、該当する VSAN のすべてのインターフェイスが隔離されます。

割り当てられたドメイン ID と要求されたドメイン ID が同じである場合は、優先およびスタティック オプションは関係せず、割り当てられたドメイン ID が実行時ドメイン ID になります。

割り当てられたドメイン ID と要求されたドメイン ID が異なる場合は、次のようになります。

設定タイプがスタティックの場合は、割り当てられたドメイン ID が廃棄され、すべてのローカル インターフェイスは隔離され、ローカル スイッチには設定済みのドメイン ID が自動的に割り当てられます(この ID が実行時ドメイン ID になります)。

設定されているタイプが優先の場合、ローカル スイッチは主要スイッチによって割り当てられたドメイン ID を受け入れて、割り当てられたドメイン ID がランタイム ドメイン ID になります。

設定済みドメイン ID を変更したときに、変更が受け入れられるのは、新しいドメイン ID が、VSAN 内に現在設定されているすべての許可ドメイン ID リストに含まれている場合だけです。または、ドメイン ID を 0 の優先に設定することもできます。


ヒント 特定の VSAN で FICON 機能がイネーブルになっている場合、その VSAN のドメイン ID はスタティックな状態のままになります。スタティック ID 値は変更できますが、優先オプションには変更できません。


) NAT 構成のない IVR では、IVR トポロジ内の 1 つの VSAN でスタティック ドメイン ID が設定されている場合、トポロジ内の他の VSAN(エッジまたは中継)にもスタティック ドメイン ID を設定する必要があります。

IVR NAT 設定で、IVR トポロジ内の 1 つの VSAN に静的ドメイン ID が設定されている場合は、その VSAN にエクスポート可能な IVR ドメインにも静的ドメインを割り当てる必要があります。



注意 設定したドメインの変更をランタイム ドメインに適用する場合は、fcdomain を再起動する必要があります。


) 許可ドメイン ID リストを設定した場合、追加するドメイン ID は VSAN のその範囲内にある必要があります。「許可ドメイン ID リストの概要」を参照してください。


スタティック ドメイン ID または優先ドメイン ID の指定

スタティック ドメイン ID タイプを割り当てる場合、特定のドメイン ID を要求します。スイッチは、要求したアドレスを取得できなかった場合、自分自身をファブリックから分離します。優先ドメイン ID を指定した場合も特定のドメイン ID を要求しますが、要求したドメイン ID を取得できない場合スイッチは、別のドメイン ID を受け入れます。

中断を伴う再起動または中断を伴わない再起動のあとでスタティック オプションをランタイムに適用できる間は、中断を伴う再起動のあとにかぎって優先オプションがランタイムに適用されます(「ドメインの再起動の概要」を参照)。


) 1 つの VSAN 内のスイッチは、すべて同じドメイン ID タイプ(スタティックまたは優先)を持っている必要があります。あるスイッチがスタティック ドメイン タイプで、別のスイッチが優先ドメイン タイプであるというように、設定が混在している場合は、リンクが分離されることがあります。


Fabric Manager を使用してスタティックまたは優先のドメイン ID を指定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Logical Domains] ペインで [Fabricxx] > [VSANxx] と展開して [Domain Manager] を選択し、ドメイン ID を設定するファブリックおよび VSAN を表示します。

[Information] ペインにドメインの実行コンフィギュレーションが表示されます。

ステップ 2 [Config DomainID] に値を入力し、[Config Type] ドロップダウン メニューから [static] または [preferred] をクリックし、ファブリックのスイッチにドメイン ID を設定します。

ステップ 3 [Apply Changes] アイコンをクリックして、これらの変更を保存します。


 

許可ドメイン ID リストの概要

デフォルトでは、割り当て済みのドメイン ID リストの有効範囲は 1 ~ 239 です。許可ドメイン ID リストに複数の範囲を指定し、各範囲をカンマで区切れます。主要スイッチは、ローカルに設定された許可ドメイン リストで使用可能なドメイン ID を割り当てます。

重複しないドメイン ID で VSAN を設計するには、許可ドメイン ID リストを使用します。このリストは将来 NAT 機能を使用しない IVR を実装する必要がある場合に役立ちます。


ヒント ファブリックの 1 つのスイッチで許可リストを設定する場合は、ファブリックの他の全スイッチで同じリストを設定して一貫性を保つか、Cisco Fabric Service(CFS)を使用して設定を配信することを推奨します。

許可ドメイン ID リストは、次の条件を満たす必要があります。

スイッチが主要スイッチである場合は、現在割り当てられているすべてのドメイン ID が許可リストに含まれている必要があります。

このスイッチが下位スイッチである場合は、ローカル実行時ドメイン ID が許可リストに含まれている必要があります。

ローカルに設定されたスイッチのドメイン ID が許可リスト内に含まれている必要があります。

割り当てられたドメイン ID の一部が、その他の設定済みドメイン ID のリストのいずれかに含まれている必要があります。

許可ドメイン ID リストの設定

Fabric Manager を使用して許可ドメイン ID リストを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Logical Domains] ペインで [Fabricxx] > [VSANxx] > [Domain Manager] と展開して [Allowed] を選択し、許可ドメイン ID リストを設定するファブリックおよび VSAN を表示します。

[Information] ペインに CFS 設定が表示されます(図 25-8 を参照)。

図 25-8 許可 CFS 設定情報

 

ステップ 2 [Admin] ドロップダウン メニューを [enable] に設定し、[Global] ドロップダウン メニューを [enable] に設定します。

ステップ 3 [Apply Changes] をクリックし、CFS による許可ドメイン ID リストの配信をイネーブルにします。

ステップ 4 [Allowed DomainIds] タブを選択します。

図 25-9に示す [Allowed Domain ID] 画面が表示されます。

図 25-9 許可ドメイン ID リスト

 

ステップ 5 このドメインの許可ドメイン ID リストに list を設定します。

ステップ 6 [CFS] タブを選択し、[Config Action] を [commit] に設定します。

ステップ 7 [Apply Changes] アイコンをクリックしてこの許可ドメイン ID リストを確定し、VSAN で配信します。


 

許可ドメイン ID リストの CFS 配信の概要

Cisco Fabric Service(CFS)インフラストラクチャを使用し、ファブリックのすべての Cisco MDS スイッチに許可ドメイン ID リストの設定情報を配信することをイネーブルにすることができます。この機能により、1 つの MDS スイッチのコンソールからファブリック全体の設定を同期できます。同じ設定が VSAN 全体に配信されるため、発生する可能性がある設定ミスや、同一 VSAN の 2 つのスイッチで互換性がない許可ドメインを設定する可能性を回避できます。


) CFS を使用して許可ドメイン ID リストを配信するには、ファブリック内のすべてのスイッチは Cisco SAN-OS Release 3.0(1) 以降を実行している必要があります。


CFS を使用して許可ドメイン ID リストを配信し、VSAN 内のすべてのスイッチで許可ドメイン ID リストの整合性をとるようにします。


) 許可ドメイン ID リストを設定し、主要スイッチで確定することを推奨します。


CFS の詳細については、「CFS インフラストラクチャの使用」を参照してください。

配信のイネーブル化

許可ドメイン ID リストの CFS 配信はデフォルトではディセーブルになっています。許可ドメイン ID リストを配信するすべてのスイッチで配信をイネーブルにする必要があります。

Fabric Manager を使用して許可ドメイン ID リスト設定の配信をイネーブルにする(またはディセーブルにする)には、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Logical Domains] ペインで [Fabricxx] > [VSANxx] > [Domain Manager] と展開して [Allowed] を選択し、許可ドメイン ID リストを設定するファブリックおよび VSAN を表示します。

[Information] ペインに CFS 設定が表示されます。

ステップ 2 許可ドメイン ID リストの CFS 配信をイネーブルにするには、[Admin] ドロップダウン メニューを [enable] に、[Global] ドロップダウン メニューを [enable] に設定します。

ステップ 3 [Apply Changes] アイコンをクリックし、CFS による許可ドメイン ID リストの配信をイネーブルにします。


 

ファブリックのロック

既存の設定を変更するときの最初のアクションによって、保留中の設定が作成され、ファブリック内の機能がロックされます。ファブリックをロックすると、次の条件が適用されます。

他のユーザがこの機能の設定に変更を加えることができなくなります。

アクティブな設定をコピーすると保留中の設定が作成されます。これ以後の変更は保留設定に対して行われ、アクティブな設定(およびファブリック内の他のスイッチ)に変更をコミットするか、または変更を廃棄するまで、保留設定にとどまります。

変更のコミット

保留されているドメイン設定の変更を VSAN のその他の MDS スイッチに適用するには、変更を確定する必要があります。保留中の設定変更が配信され、正常に確定された時点で、設定変更は VSAN 全体の MDS スイッチでアクティブな設定に適用されて、ファブリックのロックが解除されます。

Fabric Manager を使用して保留中のドメイン設定変更を確定し、ロックを解除するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Logical Domains] ペインで [Fabricxx] > [VSANxx] > [Domain Manager] と展開して [Allowed] を選択し、許可ドメイン ID リストを設定するファブリックおよび VSAN を表示します。

[Information] ペインに CFS 設定が表示されます。

ステップ 2 [Config Action] ドロップダウン メニューを [commit] に設定します。

ステップ 3 [Apply Changes] アイコンをクリックしてこの許可ドメイン ID リストを確定し、VSAN で配信します。


 

変更の廃棄

いつでもドメイン設定への保留変更を廃棄して、ファブリックのロックを解除できます。保留中の変更を廃棄(中断)する場合、設定には影響せずに、ロックが解除されます。

Fabric Manager を使用して保留中のドメイン設定変更を廃棄し、ロックを解除するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Logical Domains] ペインで [Fabricxx] > [VSANxx] > [Domain Manager] と展開して [Allowed] を選択し、許可ドメイン ID リストを設定するファブリックおよび VSAN を表示します。

[Information] ペインに CFS 設定が表示されます。

ステップ 2 [Config Action] ドロップダウン メニューを [abort] に設定します。

ステップ 3 [Apply Changes] アイコンをクリックし、許可ドメイン ID リストに対する保留中の変更を廃棄します。


 

ファブリックのロックのクリア

ドメイン設定作業を実行し、変更をコミットまたは廃棄してロックを解除していない場合、管理者はファブリック内の任意のスイッチからロックを解除できます。管理者がこのタスクを実行すると、保留中の変更は廃棄され、ファブリック ロックが解除されます。


ヒント 保留中の変更は volatile ディレクトリだけで使用でき、スイッチを再起動すると廃棄されます。

Fabric Manager を使用してファブリックのロックを解除するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Logical Domains] ペインで [Fabricxx] > [VSANxx] > [Domain Manager] と展開して [AllowedId] を選択し、許可ドメイン ID リストが必要なファブリックおよび VSAN を表示します。

[Information] ペインに CFS 設定が表示されます。

ステップ 2 [Config Action] ドロップダウン メニューを [clear] に設定します。

ステップ 3 [Apply Changes] アイコンをクリックし、ファブリックのロックをクリアします。


 

保留中の変更の表示

Fabric Manager を使用して保留中の設定変更を表示するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Logical Domains] ペインで、[Fabricxx] > [VSANxx] > [Domain Manager] > [Allowed] と展開し、許可ドメイン ID リストを設定するファブリックおよび VSAN を表示します。

[Information] ペインに CFS 設定が表示されます。

ステップ 2 [Config View As] ドロップダウン メニューを [pending] に設定します。

ステップ 3 [Apply Changes] アイコンをクリックし、ファブリックのロックをクリアします。

ステップ 4 [AllowedDomainIds] タブを選択します。

許可ドメイン ID リストの保留中の設定が表示されます。


 

セッション ステータスの表示

Fabric Manager を使用して配信セッションのステータスを表示するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Logical Domains] ペインで [Fabricxx] > [VSANxx] > [Domain Manager] と展開して [Allowed] を選択し、許可ドメイン ID リストを設定するファブリックおよび VSAN を表示します。

ステップ 2 CFS 設定およびセッション ステータスが [Information] ペインに表示されます。


 

連続ドメイン ID 割り当ての概要

デフォルトでは、連続ドメイン割り当てはディセーブルです。下位スイッチが複数のドメインを主要スイッチに要求し、ドメインが連続していない場合は、次のような状況になる可能性があります。

主要スイッチで連続ドメイン割り当てがイネーブルの場合、主要スイッチは連続ドメインを特定し、それらを下位スイッチに割り当てます。連続ドメインが使用できない場合、SAN-OS ソフトウェアはこの要求を却下します。

主要スイッチで連続ドメイン割り当てがディセーブルの場合、主要スイッチは使用可能なドメインを下位スイッチに割り当てます。

連続ドメイン ID 割り当てのイネーブル化

Fabric Manager を使用して特定の VSAN(またはある範囲の VSAN)で連続ドメインをイネーブルにするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Fabricxx] > [VSANxx] と展開し、連続ドメインをイネーブルにするファブリックおよび VSAN の [Logical Domains] ペインで [Domain Manager] を選択します。

[Information] ペインにドメインの実行コンフィギュレーションが表示されます。

ステップ 2 [Configuration] タブを選択し、連続割り当てをイネーブルにするファブリックのスイッチごとに [Contiguous Allocation] チェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [Apply Changes] アイコンをクリックして、これらの変更を保存します。


 

FC ID

Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチに N または NL ポートがログインする場合、FC ID が割り当てられます。デフォルトでは、固定的 FC ID 機能はイネーブルです。この機能をディセーブルにした場合、次の結果になります。

N ポートまたは NL ポートが Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチにログインします。要求側の N ポートまたは NL ポートの WWN、および割り当てられた FC ID は保持され、揮発性キャッシュに保存されます。この揮発性キャッシュの内容は、再起動時に保存されません。

スイッチは、FC ID と WWN のバインディングをベストエフォート方式で保持するように設計されています。たとえば、スイッチから 1 つの N ポートを切断したあとに、別のデバイスから FC ID が要求されると、この要求が許可されて、WWN と初期 FC ID の関連付けが解除されます。

揮発性キャッシュには、WWN と FC ID のバインディングのエントリを 4000 まで格納できます。このキャッシュが満杯になると、新しい(より最近の)エントリによって、キャッシュ内の最も古いエントリが上書きされます。この場合、最も古いエントリの対応する WWN と FC ID の関連付けが失われます。

スイッチ接続動作は、N ポートと NL ポートで異なります。

N ポートを取り外し、同じスイッチの任意のポートに接続すると、(このポートが同じ VSAN に属するかぎり)この N ポートには同じ FC ID が割り当てられます。

NL ポートが同じ FC ID になるのは、スイッチ上の以前接続されていたポートと同じポートに再度接続された場合だけです。

ここでは FC ID の設定について説明します。具体的な内容は次のとおりです。

「固定的 FC ID の概要」

「固定的 FC ID 機能のイネーブル化」

「固定的 FC ID 設定の概要」

「固定的 FC ID の設定」

「HBA の固有エリア FC ID の概要」

「HBA の固有エリア FC ID の設定」

「固定的 FC ID の選択消去の概要」

「固定的 FC ID の消去」

固定的 FC ID の概要

固定的 FC ID がイネーブルである場合は、次のようになります。

fcdomain 内の現在 使用中の FC ID は、リブートしても保持されます。

fcdomain は、デバイス(ホストまたはディスク)をポート インターフェイスに接続したあとに学習されたダイナミック エントリを、自動的にデータベースに入力します。


) AIX または HP-UX ホストからスイッチに接続する場合は、それらのホストに接続する VSAN で固定的 FC ID 機能をイネーブルにする必要があります。



) FC ID はデフォルトでイネーブルになっています。このデフォルト動作は、Cisco MDS SAN-OS Release 2.0(1b) よりも前のリリースから変更されており、リブートした後で FC ID が変更されなくなります。このオプションは、VSAN ごとにディセーブルにできます。


F ポートに割り当てられた固定的 FC ID は、インターフェイス間を移動させることができ、同じ固定的 FC ID をそのまま維持することができます。


) ループ接続デバイス(FL ポート)を使用した固定的 FC ID は、設定されたポートと同じポートに接続され続ける必要があります。



) デバイス上の Arbitrated Loop Physical Address(ALPA)のサポートの違いにより、ループ接続デバイスの FC ID の固定化は保証されません。


固定的 FC ID 機能のイネーブル化

Fabric Manager を使用して固定的 FC ID 機能をイネーブルにするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Logical Domains] ペインで [Fabricxx] > [VSANxx] と展開して [Domain Manager] を選択し、永続的 FC ID 機能をイネーブルにするファブリックおよび VSAN を表示します。

[Information] ペインにドメインの実行コンフィギュレーションが表示されます。

ステップ 2 [Persistent Setup] タブを選択し、固定的 FC ID をイネーブルにするファブリックのスイッチごとに [enable] チェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [Apply Changes] アイコンをクリックして、これらの変更を保存します。


 

固定的 FC ID 設定の概要

固定的 FC ID 機能をイネーブルにすると、固定的 FC ID サブモードを開始して、FC ID データベースにスタティックまたはダイナミック エントリを追加できるようになります。デフォルトでは、追加されたすべてのエントリはスタティックです。固定的 FC ID は VSAN 単位で設定します。固定的 FC ID を手動で設定するには、次の要件に従ってください。

必要な VSAN 内で固定的 FC ID 機能がイネーブルになっていることを確認します。

必要な VSAN がアクティブ VSAN であることを確認してください。固定的 FC ID は、アクティブな VSAN に対してだけ設定できます。

FC ID のドメイン部分が必要な VSAN 内の実行時ドメイン ID と同じであることを確認します。ソフトウェアがドメインの不一致を検出した場合、コマンドは拒否されます。

エリアを設定するときに、FC ID のポート フィールドが 0(ゼロ)であることを確認します。


) FICON は、前面パネルのポート番号に基づき、異なる方式を使用して FC ID を割り当てます。この方式は、FICON VSAN における FC ID の固定化よりも優先されます。


固定的 FC ID の設定

Fabric Manager を使用して固定的 FC ID を設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Fabricxx] > [VSANxx] の順に展開し、固定的 FC ID リストを設定するファブリックおよび VSAN の [Logical Domains] ペインで [Domain Manager] を選択します。

[Information] ペインにドメインの実行コンフィギュレーションが表示されます。

ステップ 2 [Persistent FcIds] タブを選択し、[Create Row] をクリックします。

図 25-10 に示す [Create Persistent FC ID] ダイアログボックスが表示されます。

図 25-10 [Create Persistent FC ID] ダイアログボックス

 

ステップ 3 スイッチ、WWN、固定にする FC ID を選択します。

ステップ 4 [Mask] オプション ボタンを [single] または [area] に設定します。

ステップ 5 [Assignment] オプション ボタンを [static] または [dynamic] に設定します。

ステップ 6 [Apply Changes] アイコンをクリックして、これらの変更を保存します。


 

HBA の固有エリア FC ID の概要


) HBA ポートおよびストレージ ポートを同一スイッチに接続している場合に限り、このセクションを読んでください。


HBA ポートとストレージ ポートを両方とも同一スイッチに接続している場合、一部の HBA ポートにはストレージ ポートとは別のエリア ID が必要となります。たとえば、ストレージ ポート FC ID が 0x6f7704 の場合、このポートのエリアは 77 です。この場合、HBA ポートのエリアには 77 以外の値を設定できます。HBA ポートの FC ID は、ストレージ ポートの FC ID と異なる値に手動で設定する必要があります。

Cisco MDS 9000 ファミリのスイッチでは、FC ID の固定化機能により、この要件への準拠が容易になります。この機能を使用すると、ストレージ ポートまたは HBA ポートに異なるエリアを持つ FC ID を事前に割り当てることができます。この例の手順では、スイッチ ドメイン 111(16 進法では 6f)を使用しています。HBA ポートはインターフェイス fc1/9 に、ストレージ ポートは同じスイッチのインターフェイス 1/10 に接続します。

HBA の固有エリア FC ID の設定

Fabric Manager を使用して HBA ポートに別のエリア ID を設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Physical Attributes] ペインの [End Device] を展開し、[Information] ペインの [FLOGI] タブを選択して、HBA のポート WWN([Port Name] フィールド)を取得します(図 25-11 を参照)。

図 25-11 Fabric Manager の FLOGI データベース情報

 


) この設定では、両方の FC ID に同じエリア 00 が割り当てられています。


ステップ 2 [Physical Attributes] ペインで [Switches] > [Interfaces] と展開し、[FC Physical] を選択します。

ステップ 3 HBA が接続されているインターフェイスで、[Status Admin] ドロップダウン メニューを [down] に設定します。

MDS スイッチで HBA インターフェイスがシャットダウンされます。

ステップ 4 [Fabricxx] > [VSANxx] の順に展開し、[Domain Manager] を選択します。

ステップ 5 [Information] ペインの [Persistent Setup] タブをクリックし、FC ID 機能がイネーブルであることを確認します(図 25-12 を参照)。

図 25-12 Fabric Manager の固定的 FC ID 情報

 

この機能がディセーブルである場合は、この手順を続けて固定的 FC ID をイネーブルにします。

この機能がすでにイネーブルの場合は、ステップ 7 に進みます。

ステップ 6 Cisco MDS スイッチで固定的 FC ID 機能をイネーブルにするには、[Enable] チェックボックスをオンにします(図 25-13 を参照)。

ステップ 7 [Persistent FcIds] タブを選択し、エリア割り当てが異なる新しい FC ID を [FcId] フィールドで割り当てます。この例では、 00 ee に置き換えました(図 25-13 を参照)。

図 25-13 Fabric Manager での FC ID の設定

 

ステップ 8 [Apply Changes] をクリックし、新しい FC ID を保存します。

ステップ 9 FC ID の値を比較し、HBA の FC ID を確認します。


) これで、両方の FC ID にそれぞれ異なるエリアが割り当てられました。


ステップ 10 [Physical Attributes] ペインで [Switches] > [Interfaces] と展開し、[FC Physical] を選択します。HBA が接続されているインターフェイスで、[Status Admin] ドロップダウン メニューを [up] に設定します。

ステップ 11 MDS スイッチで HBA インターフェイスがイネーブルになります。


 

固定的 FC ID の選択消去の概要

固定的 FC ID は、選択的に消去できます。現在使用中のスタティック エントリおよび FC ID は、削除できません。 表 25-1 に、固定的 FC ID の消去時に削除または保持される FC ID エントリを示します。

 

表 25-1 消去される FC ID

固定的 FC ID の状態
固定的 FC ID の使用状態
アクション

スタティック

使用中

削除されない

スタティック

使用中でない

削除されない

ダイナミック

使用中

削除されない

ダイナミック

使用中でない

削除される

固定的 FC ID の消去

Fabric Manager を使用して固定的 FC ID を削除するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Logical Domains] ペインで [Fabricxx] > [All VSANs] > [Domain Manager] と展開し、永続的 FC ID を消去するファブリックを表示します。[Information] ペインにドメインの実行コンフィギュレーションが表示されます。

ステップ 2 [Persistent Setup] タブをクリックします。

図 25-14 のように、[Information] ペインに固定的 FC ID 設定が表示されます。

図 25-14 Fabric Manager の固定的 FC ID 情報

 

ステップ 3 固定的 FC ID を消去するスイッチの [Purge] チェックボックスをオンにします(図 25-14 を参照)。

ステップ 4 [Apply Changes] アイコンをクリックして、これらの変更を保存します。


 

fcdomain の統計情報の表示

Fabric Manager は fcdomain の統計情報を収集し、[Information] ペインに表示します。

Fabric Manager を使用して fcdomain 統計情報を表示するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Logical Domains] ペインで [Fabricxx] > [All VSANs] と展開して [Domain Manager] を選択し、統計情報を表示するファブリックを表示します。

[Information] ペインにドメインの実行コンフィギュレーションが表示されます。

ステップ 2 [Statistics] タブをクリックします。[Information] ペインに FC ID の統計情報が表示されます。


 

デフォルト設定

表 25-2 に、すべての fcdomain パラメータのデフォルト設定の一覧を示します。

 

表 25-2 デフォルト fcdomain パラメータ

パラメータ
デフォルト

fcdomain 機能

イネーブル

設定済みドメイン ID

0(ゼロ)

設定済みドメイン

優先

自動再構成 オプション

ディセーブル

連続割り当て オプション

ディセーブル

プライオリティ

128

許可リスト

1 ~ 239

ファブリック名

20:01:00:05:30:00:28:df

rcf-reject

ディセーブル

固定的 FC ID

イネーブル

許可ドメイン ID リスト設定の配信

ディセーブル