Cisco MDS 9000 ファミリ Fabric Manager コンフィギュレーション ガイド Release 3.x Cisco MDS SAN-OS Release 3.0(3) ~ 3.3(3) Cisco MDS 9000 FabricWare Release 2.x
Cisco Fabric Manager でサポートされない機能のリスト
Cisco Fabric Manager でサポートされない機能のリスト
発行日;2013/09/18 | 英語版ドキュメント(2009/04/06 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 39MB) | フィードバック

目次

Cisco Fabric Manager でサポートされない機能のリスト

Cisco Fabric Manager でサポートされない機能のリスト

ここでは、Cisco Fabric Manager または Device Manager によってサポートされない機能がリストにまとめられています。機能はサポートされている場合に記載箇所となる章の順に並べられています。( 表 B-1 を参照)。これらの機能については、『 Cisco MDS 9000 Family CLI Configuration Guide 』を参照してください。

 

表 B-1 Cisco Fabric Manager または Device Manage でサポートされない機能

パート
章/カテゴリ
手順

2 Cisco MDS SAN-OS のインストールとスイッチ管理

ライセンスの入手とインストール

ライセンス ファイルのバックアップ

スイッチ間のライセンスの移動

初期設定

スイッチの起動(初期設定)

コンソール設定の変更

COM1 およびモデム設定の変更

夏時間の調整

初期化ストリングの設定

基本的なスイッチ設定

端末設定値

ファイル システム コマンド

ファイル内容の表示

ソフトウェア イメージ

デュアル スーパーバイザ スイッチの手動アップグレード

破損したブートフラッシュの復旧

コンフィギュレーション ファイルの操作

外部コンパクト フラッシュのフォーマット

ファイルの圧縮および圧縮解除

ファイルの最終行の表示

スクリプトで指定されたコマンドの実行

遅延時間の設定

設定ファイルの表示

スタートアップ コンフィギュレーション ファイルのロック解除

リモート ファイル システムへのアクセス

ハイ アベイラビリティの設定

スタンバイ スーパーバイザへのイメージのコピー

システム ハードウェアの管理

クロック モジュール

モジュールの管理

モジュールへの接続

モジュール設定の保存

モジュール設定の消去

EPLD 設定

SSI ブート イメージの設定

SSM の管理

3 スイッチ設定

インターフェイスの設定

ALPA キャッシュ コンテンツの表示

ALPA キャッシュの消去

N ポート ID バーチャライゼーション(NPIV)

タスクのスケジューリング

スケジュール設定

4 ファブリック設定

VSAN 間ルーティングの設定

VSAN 間ルーティング(IVR)の FICON サポート

IVR サービス グループ

6 IP サービス

FCIP の設定

ARP キャッシュの表示と削除

SAN Extension Tuner の設定

チューナ設定

IP ストレージの設定

IPS モジュールのコア ダンプ

8 ネットワークとスイッチのモニタリング

SPAN を使用したネットワーク トラフィックのモニタリング

リモート SPAN

10 トラブルシューティング

ファブリックのトラブルシューティング

ループ モニタリング

CIM の設定

FC タイマー用 CFS

ローカル テキスト ベース キャプチャ

FC Analyzer フレームのローカル キャプチャ

キャプチャした FC Analyzer フレームをリモート IP アドレスに送信する

設定された FC Analyzer 情報の消去

リモート キャプチャに設定されたホスト リストの表示

ファブリック アナライザのディスプレイ フィルタの使用

システム プロセスおよびログのモニタ

最後のコアをフラッシュに保存する

カーネル コアのダンプ

システム ヘルスの開始

ループバック テストの頻度の設定

ハードウェアの障害処理

指定モジュールのテスト

古いエラー通知のクリア

オンライン ヘルス管理システム(OHMS)

OHMS のイネーブル化とディセーブル化

ハードウェア障害時の処理のイネーブル化とディセーブル化

オンボード障害ロギングの設定

古いエラー通知のクリア

特定モジュールのテストの実行

自動ループバック テストの設定

SERDES ループバック テストの実行