Cisco Fabric Manager 基本コンフィギュレーション ガイド
ネットワーク モニタリング
ネットワーク モニタリング
発行日;2012/02/03 | 英語版ドキュメント(2009/08/22 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 10MB) | フィードバック

目次

ネットワーク モニタリング

SAN 検出およびトポロジ マッピング

デバイスの検出

トポロジ マッピング

トポロジ マップの使用方法

カスタマイズしたトポロジ マップ レイアウトの保存

Fabric Manager トポロジ マップでのラックの使用

複数ファブリックのマッピング

コンポーネント管理

Fabric Manager Web Server からの [Inventory] タブの使用方法

Device Manager からのログの表示

ヘルスおよびイベント モニタリング

[Fabric Manager Events] タブ

Fabric Manager Web Server Report のイベント情報

Device Manager のイベント

ネットワーク モニタリング

Fabric Manager の主な目的は、ネットワークを管理することです。特に重要なネットワーク管理機能は、Storage Area Network(SAN; ストレージ エリア ネットワーク)の検出およびネットワーク モニタリングの 2 つです。

この章の内容は、次のとおりです。

「SAN 検出およびトポロジ マッピング」

「ヘルスおよびイベント モニタリング」

SAN 検出およびトポロジ マッピング

Fabric Manager には、広範囲の SAN 検出、トポロジ マッピング、および情報表示機能があります。Fabric Manager は、接続先スイッチへの SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)クエリーによって、ファブリック トポロジ上の情報を収集します。そしてファブリック トポロジを再作成し、カスタマイズ可能なマップで提示し、複数の表示オプションにより、コンポーネントおよび設定情報を提供します。

デバイスの検出

Fabric Manager を起動すると、SAN 検出プロセスが開始されます。ネーム サーバ レジストレーション、Fibre Channel Generic Services(FC-GS)、Fabric Shortest Path First(FSPF)、および SCSI-3 など、シード Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチからポーリングした情報を使用して、Fabric Manager は 1 つまたは複数のファブリック上の全デバイスおよび相互接続を自動的に検出します。すべての使用可能なスイッチ、Host Bus Adapter(HBA)、およびストレージ デバイスが検出されます。Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチは、Fabric Device Management Interface(FDMI)を使用して、ホストのエージェントを使用せずに、HBA のモデル、シリアル番号、ファームウェア バージョン、およびホスト オペレーティング システムのタイプおよびバージョンを検出します。この情報は、各スイッチへの SNMP クエリーによって収集されます。検出されるデバイス情報は、デバイス名、ソフトウェア リビジョン レベル、ベンダー、ISL(スイッチ間リンク)、PortChannels、VSAN などです。

サードパーティ製スイッチが関連する VSAN の変更では、混合 VSAN 環境での依存関係を検出して正しいトポロジを示すため、Fabric Manager で 2 回検出を実行する必要があります。1 回目の検出ではサードパーティ製スイッチが検出され、2 回目の検出ではスイッチが参加する VSAN と VSAN に接続されたエンド デバイスが検出されます。2 回目の検出が自動的に開始するのを待つことも、手動検出をトリガーすることもできます。

トポロジ マッピング

Fabric Manager は、ファブリックのトポロジ表示を基盤にしています。デバイス検出情報に基づくトポロジ マップを表示することにより、Fabric Manager では、単一ウィンドウに複数のファブリックが正確に表示されます。トポロジ マップのアイコン レイアウトは、ドラッグアンドドロップ方式のインターフェイスにより簡単に変更できます。トポロジ マップにはデバイスの相互接続が図示されるほか、使用しきい値を超えているゾーン、VSAN、ISL などの設定情報がハイライト表示されます。また、CLI(コマンドライン インターフェイス)セッションの起動、PortChannels の設定、Device Manager のオープンのビジュアル コンテキストも用意されています。

トポロジ マップの使用方法

Fabric Manager のトポロジ マップのファブリック表示は、すべてのスイッチ、エンド デバイス、およびリンクの表示から、スイッチ間の複数リンクを単一の太線で示したコア スイッチだけの表示まで、任意にカスタマイズできます。表示を変更するには、トポロジ マップの左側にあるアイコンを使用するか、トポロジ マップ内の任意の場所を右クリックして表示されるマップ コントロールを使用します。

トポロジ マップを拡大または縮小して、SAN の全体図を表示したり、重要な領域だけを拡大して表示できます。また、ファブリック全体を示すオーバービュー ウィンドウを開くこともできます。このウィンドウ内を右クリックし、表示したい領域をボックスで囲んで指定すれば、その領域をメインのトポロジ マップ ビューに表示できます。

Logical Domains ペインからファブリックまたは VSAN を選択し、トポロジ表示の範囲を限定することもできます。選択したファブリックまたは VSAN だけがトポロジ マップに表示されます。

リンクまたはスイッチ上にマウス ポインタを移動すると、その SAN コンポーネントの簡単な説明がステータス情報とともに表示されます。コンポーネント上を右クリックすると、ポップアップ メニューが表示されます。コンポーネントの詳細情報を表示したり、コンポーネントの設定を聞いたり、そのコンポーネントの機能をテストすることができます。

リンクをダブルクリックすると、Information ペインにリンクのステータスおよび設定情報が表示されます。スイッチをダブルクリックすると、そのスイッチの Device Manager が起動します。

カスタマイズしたトポロジ マップ レイアウトの保存

トポロジ マップの変更を保存しておくと、特定のファブリックの Fabric Manager クライアントの起動時に、いつでもカスタマイズしたビューを表示できます。

Fabric Manager で、カスタマイズしたレイアウトを保存する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 [File] > [Preferences] を選択し、[Fabric Manager preferences] ダイアログボックスを開きます。

ステップ 2 [Map] タブをクリックし、[Automatically Save Layout] チェックボックスをオンにして、トポロジ マップの変更を保存します(図 10-1 を参照)。

図 10-1 Fabric Manager のプリファレンス

 

ステップ 3 [Apply] をクリックし、次に [OK] をクリックして変更を保存します。


 

Fabric Manager トポロジ マップでのラックの使用

すべてのデバイスが FC-GS-3 リクエストに応答できるわけではないので、単一のサーバまたはストレージ サブシステム上の異なるポートが、トポロジ マップ上に個々のエンド デバイスとして表示されることがあります。これらのポートを Fabric Manager 用の単一ラックにグループ化する方法については、「デバイス グループの変更」を参照してください。

[Alias] ->[Enclosure] を選択すると、ホストおよびストレージ エレメントが [Information] ペインに表示されます。これはラックの名前を指定するためのショートカットです。このショートカットを使用するには、ホストまたはストレージのテーブルで単一ラックとしてグループ化する各行をハイライト表示し、[Alias] -> [Enclosure] を選択します。選択した各行のラック名として、エイリアスの最初のトークンが自動的に設定されます。

複数ファブリックのマッピング

複数のファブリックにログインするには、同じユーザ名およびパスワードを使用する必要があります。シード スイッチを選択しなくても、両方のファブリックの情報が表示されます。ファブリックの詳細を表示するには、Fabric ペインの下部で、そのファブリックのタブを選択するか、またはファブリックのクラウド アイコンをダブルクリックします。

引き続き Fabric Manager を使用してファブリックを管理するには、「Fabric Manager Server ファブリックの管理」の手順に従います。

コンポーネント管理

Fabric Manager の [Information] ペインには、ファブリック内のすべてのスイッチ、リンク、およびホストのコンポーネント、設定、およびステータス情報が表示されます。コンポーネント管理には、ベンダーの名前とモデル、およびソフトウェアまたはファームウェアのバージョンが含まれます。ファブリック内の VSAN、スイッチ、ホスト、およびストレージ エレメントの数を表示するには、[Logical Domains] ペインでファブリックまたは VSAN を選択し、[Information] ペインで [Summary] タブを選択します。Fabric Manager のユーザ インターフェイスの詳細は、「Fabric Manager Client の概観: 管理者画面」を参照してください。

Fabric Manager Web Server からの [Inventory] タブの使用方法

Fabric Manager Web Server が設定されていれば、このアプリケーションを起動して [Inventory] タブを選択し、Fabric Manager Server が管理しているファブリックのサマリーを表示できます。[Inventory] タブには、選択した SAN、ファブリック、またはスイッチのコンポーネントが表示されます。

Fabric Manager Web Server の設定および使用方法の詳細は、「Fabric Manager Web Client」を参照してください。

Fabric Manager Web Server を使用してシステム メッセージをリモートで表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Fabric Manager Web Server で使用するブラウザを指定します。「Fabric Manager Web Client の起動」を参照してください。

ステップ 2 [Events] タブをクリックし、次に [Details] をクリックするとシステム メッセージが表示されます。イベント テーブル内のカラムはソートできます。また、[Filter] ボタンを使用して、テーブル内のメッセージの範囲を制限できます。


 

Device Manager からのログの表示

Fabric Manager Server と同じワークステーションから Device Manager を実行している場合には、Device Manager からシステム メッセージを表示できます。Device Manager で [Logs] > [Events] > [current] を選択すると、システム メッセージが表示されます。イベント テーブル内のカラムはソートできます。また、[Find] ボタンを使用して、テーブル内のテキストを検索できます。

スイッチに保存されているログは、ローカル Syslog サーバが設定されていなくても、またはスイッチの Syslog サーバ リストにローカル PC が含まれていなくても表示できます。ただし、メモリに制限があるので、特定のサイズに達すると古いログは消去されます。スイッチの Syslog には、2 つのログがあります。Critical 以上の重大度のメッセージが限定数だけ保存される NVRAM(不揮発性メモリ)ログ、および Notice 以上の重大度のメッセージが保存される非永続的なログです。ハードウェア メッセージは、これらのログに含まれます。


) Syslog のローカル ログを参照するには、Syslog ホストにある Fabric Manager Server の IP アドレスを設定します。


ヘルスおよびイベント モニタリング

Fabric Manager では、Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチと連動して、ファブリックおよびスイッチのヘルスおよびステータスを表示できます。ファブリックおよびコンポーネントの情報は、Online System Health Management、Call Home、システム メッセージ、および SNMP 通知など、複数の情報源から収集されます。これらの情報は、Fabric Manager または Device Manager の複数のメニューから表示できます。

[Fabric Manager Events] タブ

[topology] ウィンドウから使用できる [Fabric Manager Events] タブには、Fabric Manager がファブリック内の情報源から受信したイベントが表示されます。情報源には、SNMP イベント、RMON イベント、システム メッセージ、システム ヘルス メッセージが含まれます。[Events] タブには、イベント名、イベントの発信元および時刻、重大度、イベントの説明を含むイベント テーブルが表示されます。テーブルは、任意のカラムのヘッダーによりソートできます。

Fabric Manager Web Server Report のイベント情報

Fabric Manager Web Server のクライアントに、Performance Manager により収集された情報を表示できます。この情報には、ファブリックから Fabric Manager Server に送信されたイベントが含まれています。レポートを表示するには、[Performance Manager] > [Reports] を選択します。ブラウザ上に Web クライアントが開き、Fabric Manager Server がモニタしているすべてのファブリックのサマリーが表示されます。ファブリックを選択して [Events] タブをクリックすると、選択したファブリックで発生したイベントのサマリーまたは詳細レポートを表示できます。サマリーには、ファブリック上でダウンしているスイッチ数、ISL 数、ホスト数、またはストレージ エレメント数、およびその SAN エンティティに対してロギングされた警告メッセージ数が表示されます。詳細ビューには、ファブリックからロギングされたすべてのイベントのリストが表示されます。表示するイベントは重大度、時刻範囲、タイプによって制限できます。

Device Manager のイベント

Device Manager で [Logs] > [Events]を選択すると、イベントが表示されます。Device Manager では、現在のイベントのリスト、または Fabric Manager のホストに保管されている古いイベント リストを表示できます。イベント テーブルには、時刻、情報源、重大度、簡単な説明を含む各イベントの詳細が表示されます。