Cisco MDS 9000 Family Fabric Manager コンフィ ギュレーション ガイド 、Release 4.x
索引
Index
発行日;2012/01/30 | 英語版ドキュメント(2011/03/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 42MB) | フィードバック

Index

記号

*(アスタリスク)

自動学習済みエントリ 46-21

ポート セキュリティ ワイルドカード 46-17

数字

12 ポートの 4 Gbps スイッチング モジュール

BB_credit バッファ 22-20

設定に関する考慮事項 22-31

デフォルト設定 22-44

「スイッチング モジュール」も参照

16 ポート スイッチング モジュール

BB_credit の設定 20-26

LED 20-19

「スイッチング モジュール」も参照

24 ポートの 4 Gbps スイッチング モジュール

オーバーサブスクライブ 22-34

共有リソース 22-10

設定に関する考慮事項 22-30

設定例 22-19

帯域幅の公平割り当て 22-38

デフォルト設定 22-44

「スイッチング モジュール」も参照

24 ポートの 8 Gbps スイッチング モジュール

設定例 22-15

デフォルト設定 22-44

32 ポート スイッチング モジュール

BB_credit の設定 20-26

SPAN の注意事項 60-6

「スイッチング モジュール」も参照

3DES 暗号化

IKE 44-7

IPsec 44-6

4/44 ポートの 8 Gbps スイッチング モジュール

設定例 22-16

デフォルト設定 22-44

48 ポートの 4 Gbps スイッチング モジュール

オーバーサブスクライブ 22-34

共有リソース 22-10

設定に関する考慮事項 22-30

設定例 22-17

帯域幅の公平割り当て 22-38

デフォルト設定 22-44

「スイッチング モジュール」も参照

48 ポートの 8 Gbps スイッチング モジュール

設定例 22-14

デフォルト設定 22-44

「スイッチング モジュール」も参照

4 ポートの 10 Gbps スイッチング モジュール

BB_credit バッファ 22-21

設定に関する考慮事項 22-32

デフォルト設定 22-44

「スイッチング モジュール」も参照

A

AAA

CFS での配信(手順) 41-24

DHCHAP 認証 45-10

サーバへの配信のイネーブル化 41-22

サービス設定オプション 41-4

情報の設定 7-54

説明 41-1

デフォルト設定 41-30

認可プロセス 41-6

認証の設定 41-26

認証プロセス 41-6

配信セッションの開始 41-22

リモート サービス 41-4

ローカル サービス 41-26

AAA サーバ

グループ 41-4

モニタリング 41-5

リモート認証 41-4

AAA 認証

設定 50-28, 50-29

ACL

iSCSI の設定 50-26

ACL ベースのアクセス制御

iSCSI の設定 50-26

adminDown ツールチップ 67-15

Admin タブ

説明 7-45

Advanced Encrypted Standard 暗号化。「AES 暗号化」を参照

AES-XCBC-MAC

IPsec 44-6

AES 暗号化

IKE 44-7

IPsec 44-6

SNMP のサポート 40-5

説明 40-5

AES を使用する Message Authentication Code。「AES-XCBC-MAC」を参照

AFID

設定 29-12

説明 29-4, 29-7, 29-15

デフォルトの設定 29-12

ALPA キャッシュ

クリア B-2

説明 20-25

内容の表示 B-2

ANSI T11 FC-GS-3

サポート 2-16

ARP キャッシュ

クリア B-2

表示 B-2

Autonomous Fabric ID

「AFID」を参照

Autonomous Fabric Identifier。「AFID」を参照

AutoNotify

説明 62-4

B

BB_credit

FICON ポート スワッピング 36-32

設定 20-26

説明 20-26

理由コード 20-9, C-1

BB_credit バッファ

12 ポートの 4 Gbps スイッチング モジュールの考慮事項 22-20

12 ポートの 4 Gbps スイッチング モジュールの割り当て 22-20

24 ポートの 4 Gbps スイッチング モジュールの考慮事項 22-19, 22-20

24 ポートの 4 Gbps スイッチング モジュールの割り当て 22-19

24 ポートの 8 Gbps スイッチング モジュールの考慮事項 22-15

4/44 ポートの 8 Gbps スイッチング モジュールの考慮事項 22-16

48 ポートの 4 Gbps スイッチング モジュールの考慮事項 22-17

48 ポートの 8 Gbps スイッチング モジュールの考慮事項 22-14

4 ポートの 10 Gbps スイッチング モジュールの考慮事項 22-21, 22-22

4 ポートの 10 Gbps スイッチング モジュールの割り当て 22-21

割り当てデフォルト(表) 22-14, 22-15, 22-16, 22-17

Berkeley Packet Filter ライブラリ。「BPF ライブラリ」を参照

bitErrRTThresExceeded ツールチップ 67-15

bootflash:

スペース要件 15-3

説明 16-2

破損からの回復 B-1

ファイル システム 15-2

BPF ライブラリ

説明 66-21

「libpcap フリーウェア」も参照

Brocade

ネイティブ interop モード 37-9

Buffer-to-Buffer credit。「BB_credit」を参照

Build Fabric フレーム

説明 25-3

bundleMisCfg ツールチップ 67-15

B ポート

SAN エクステンダ 48-25

設定 48-26

相互運用性モード 48-24

B ポート モード

インターフェイス モード 20-7

説明 20-7

C

CA

Fabric Manager Web Service 7-5

アイデンティティ 43-2

カットアンドペースによる登録 43-4

最大限度 43-37

証明書のダウンロード例 43-19

設定 43-6 ~ 43-17

設定例 43-17 ~ 43-36

説明 43-1 ~ 43-5, 69-1

デジタル証明書の削除 43-16

デフォルト設定 43-37

トラスト ポイントの作成 43-8

認証 43-10

ピア証明書 43-5

複数 43-4

複数のトラスト ポイント 43-3

メンテナンス 43-14

目的 43-2

モニタリング 43-14

Call Home

AutoNotify 機能 62-4

CFS サポート 13-2

E メール オプションの設定 62-13

RMON ベースのアラート 62-12

Syslog ベースのアラート 62-11

宛先プロファイル 62-6 ~ 62-8

アラート グループ 62-8 ~ 62-10

イネーブル化 62-16

インベントリ通知 62-14

機能 62-2

重複メッセージの抑制 62-15

設定 62-4 ~ 62-18

設定の配信 62-17

説明 62-1

担当者情報 62-5

通信のテスト 62-18

データベース マージの注意事項 62-18

デフォルト設定 62-39

メッセージ形式オプション 62-2

Call Home 宛先プロファイル

アトリビュート 62-6

説明 62-6

Call Home アラート グループ

設定 62-8

説明 62-8

メッセージのカスタマイズ 62-9

Call Home 通知

XML 形式での RMON 62-26

XML 形式での Syslog 62-22

フルテキスト形式での Syslog 62-22

Call Home メッセージ

形式オプション 62-2

レベルの設定 62-10

CDP

インターフェイスでのディセーブル化 12-12

グローバルなディセーブル化 12-12

グローバルなリフレッシュ間隔の設定 12-13

設定 12-12 ~ 12-13

パケット送信間隔 12-12

保持時間の設定 12-13

Certificate Revocation List。「CRL」を参照

CFS

Device Manager を使用した設定例 13-23

Fabric Manager を使用した設定例 13-20

Fabric Manager を使用した例 12-8

IP を介した配信 13-10

iSLB 設定の配信 50-46

NTP 用の設定 12-8

アプリケーション要件 13-5

機能の説明 13-2

サポート対象の SAN-OS 機能 13-2

スイッチでのイネーブル化 13-4

スイッチでのディセーブル化 13-4

設定情報の表示 13-9

設定の保存 13-8

説明 13-1 ~ 13-4

デフォルト設定 13-23

配信範囲 13-3

配信モード 13-4

プロトコルの説明 13-3

マージ サポート(手順) 13-22

マージのサポート 13-9

CFS アプリケーション

イネーブル化 13-5

イネーブル化(手順) 13-6

セッション ロックのクリア 13-8

ファブリックのロック 13-6

変更のコミット 13-7

変更の廃棄 13-8

CFS 配信を使用した iSLB 50-36

CFS リージョン

Fabric Manager の使用 13-17

機能の移動 13-18

機能の削除 13-19

機能の割り当て 13-17

削除 13-19

作成 13-17

説明 13-16

channelAdminDown ツールチップ 67-15

channelConfigurationInProgress ツールチップ 67-15

channelOperSuspended ツールチップ 67-15

CHAP 応答 50-31

CHAP チャレンジ 50-31

CHAP 認証 50-28, 50-43, 50-57

CHAP ユーザ名 50-30

CIM

サポート 2-16

設定 37-1, B-3

説明 37-1

CIM サーバ

デフォルト設定 66-25

Cisco Access Control Server。「Cisco ACS」を参照

Cisco ACS

RADIUS に対する設定 41-26 ~ 41-30

TACACS+ に対する設定 41-26 ~ 41-30

cisco-av-pair

SNMPv3 への指定 41-14

Cisco Discovery Protocol。「CDP」を参照

Cisco Fabric Service。「CFS」を参照

Cisco MDS 9000 ファミリ

初回のセットアップ 2-12

初期設定 2-2

スイッチの起動 2-1

説明 1-1

端末の接続 12-11

Cisco MDS 9100 シリーズ

Cisco MDS 9120 スイッチ 1-4

Cisco MDS 9124 スイッチ 1-4

Cisco MDS 9140 スイッチ 1-4

概要 1-4

説明 1-4

ハイ アベイラビリティ 17-1

Cisco MDS 9200 シリーズ

Cisco MDS 9216A スイッチ 1-3

Cisco MDS 9216i スイッチ 1-3

説明 1-3

端末の接続 12-11

ハイ アベイラビリティ 17-1

Cisco MDS 9216

スーパーバイザ モジュール 19-2

Cisco MDS 9216A スイッチ

説明 1-3

Cisco MDS 9216i スイッチ

拡張 BB_credit の設定 20-28

説明 1-3

Cisco MDS 9500 シリーズ

Cisco MDS 9506 ディレクタ 1-2

Cisco MDS 9509 ディレクタ 1-2

Cisco MDS 9513 ディレクタ 1-2

説明 1-2

ハイ アベイラビリティ 17-1

Cisco MDS 9506 ディレクタ

説明 1-2

Cisco MDS 9509 ディレクタ

スーパーバイザ モジュール 19-1

説明 1-2

Cisco MDS 9513 ディレクタ

スーパーバイザ モジュール 19-1

説明 1-2

Cisco MDS SAN-OS

ソフトウェア イメージ 15-1

Cisco SAN-OS 機能

新機能(表) lvii

変更された機能(表) lvii

Cisco Traffic Analyzer

Fabric Manager での使用 9-2

Performance Manager と併用するための設定 58-9

インストール(手順) 9-3

説明 9-3

統計情報レポート 66-3

トラブルシューティング ツール 66-2

トラブルシューティングに使用 66-2

Cisco Transport Controller。「CTC」を参照

CLI

アクセス D-2

説明 1-5

代替としての Fabric Manager 1-6

ファイアウォール 4-2

COM1 ポート

設定 B-1

Common Information Model。「CIM」を参照

CompactFlash

slot0: 15-2

デバイス 16-2

Congestion Control Methods。「FCC」および「エッジ抑制輻輳制御」を参照

Control Unit Port。「CUP 帯域内管理」を参照

CRL

インポート例 43-36

失効チェック方式の設定 43-12

生成例 43-33

設定 43-16

説明 43-5

ダウンロード例 43-34

CTC

起動 48-17

説明 48-17

CUP 帯域内管理

説明 36-36

ブロックの制限 36-24

Custom タブ

説明 7-38

CWM

FCIP プロファイルでの設定 48-19

D

Data Encryption Standard 暗号化。「DES 暗号化」を参照

Deficit Weighted Round Robin スケジューラ。「DWRR スケジューラ」を参照

deniedDueToPortBinding ツールチップ 67-15

DES 暗号化

IKE 44-7

IPsec 44-6

Device Manager

FAQ 67-1

アイコン 6-4

アップグレード 67-4

アップグレードできない 67-5

色の定義 6-5

インストール エラー 67-7

インターフェイスの使用法(図) 6-2

起動(手順) 6-2

コンテキスト メニュー 6-6

システム メッセージの表示 61-10

スイッチ モジュールの表示 6-6

スーパーバイザ モジュールの表示 6-6

接続エラー 67-10

説明 1-6, 2-15, 6-1

ダウングレード 67-5

タブ 6-5

ディスク イメージが表示されない 67-8

トラブルシューティング ツール 66-1

トランキング 6-6

パフォーマンス モニタリング 58-1

プリファレンス 6-7

プリファレンスの設定 6-7

ポート ステータスの表示 6-5

ポートチャネル 6-6

ポートの管理 6-6

ライセンス情報の表示 10-17

ラベルの定義 6-5

ログイン エラー リカバリ 67-6

DH

IKE 44-7

DHCHAP

AAA 認証 45-10

AAA 認証の設定 45-10

イネーブル化 45-4

グループ設定 45-6

設定 45-2 ~ 45-10

説明 45-2

タイムアウト値 45-9

他の SAN-OS 機能との互換性 45-3

デフォルト設定 45-10

認証モード 45-4

ハッシュ アルゴリズム 45-6

ライセンス 45-2

リモート デバイスのパスワード 45-8

ローカル スイッチのパスワード 45-7

「FC-SP」も参照 45-1

Diffie-Hellman Challenge Handshake Authentication Protocol。「DHCHAP」を参照

Diffie-Hellman プロトコル。「DH」を参照

DiffServ コード ポイント。「DSCP」を参照

Digital Signature Algorithm。「DSA キー ペア」を参照

DirectX

インストール 67-7

Distributed Services Time Out Value。「D_S_TOV」を参照

DNS

IP アドレスの設定 2-7

設定 2-6, 2-10

デフォルト設定 51-13

DNS サーバ

設定 51-13

domainAddrAssignFailureIsolation ツールチップ 67-15

domainInvalidRCFReceived ツールチップ 67-15

Domain Manager

分離 20-10

domainManagerDisabled ツールチップ 67-15

domainMaxReTxFailure ツールチップ 67-15

domainOtherSideEportIsolation ツールチップ 67-15

domainOverlapIsolation ツールチップ 67-15

DPVM

CFS サポート 13-2

DPVM Setup Wizard の使用法(手順) 28-2

イネーブル化 28-2

ウィザード 5-34

説明 28-1

デフォルト設定 28-15

要件 28-2

DPVM データベース

autolearn のイネーブル化 28-9

CFS 配信の設定 28-10 ~ 28-13

クリア 28-9

コピー 28-14

差異の比較 28-14

自動学習済みエントリ 28-8

説明 28-5

マージに関する注意事項 28-13

DSA キー ペア

生成 39-15

DSCP

設定 48-27

D_S_TOV

設定時のエラー 67-8

デフォルト設定 66-25

変更 66-15

DWRR キュー

重量の変更 64-9

DWRR スケジューラ

説明 64-5

E

EBCDIC

FICON ストリングのフォーマット 36-19

E_D_TOV

設定時のエラー 67-8

デフォルト設定 66-25

変更 66-15

EFMD

ファブリック バインディング 47-1

EISL

ポートチャネルのリンク 23-2

ELP

Device Manager での確認(手順) 48-16

elpFailureClassFParamErr ツールチップ 67-15

elpFailureClassNParamErr ツールチップ 67-15

elpFailureInvalidFlowCTLParam ツールチップ 67-15

elpFailureInvalidPayloadSize ツールチップ 67-15

elpFailureInvalidPortName ツールチップ 67-15

elpFailureInvalidTxBBCredit ツールチップ 67-15

elpFailureIsolation ツールチップ 67-15

elpFailureLoopbackDetected ツールチップ 67-15

elpFailureRatovEdtovMismatch ツールチップ 67-16

elpFailureRevMismatch ツールチップ 67-16

elpFailureUnknownFlowCTLCode ツールチップ 67-16

ELP 障害

理由コード C-2

EPLD イメージ

設定 B-2

ePortProhibited ツールチップ 67-16

eppFailure ツールチップ 67-16

Error Detect Time Out Value。「E_D_TOV」を参照

errorDisabled ツールチップ 67-16

escFailureIsolation ツールチップ 67-16

ESC 障害

理由コード C-2

ESI

non-resp しきい値 50-73

ESI 再試行カウント 50-73

Ethereal フリーウェア

URL 66-17

アナライザ 66-18

Exchange Fabric Membership Data。「EFMD」を参照 47-1

Exchange ID

順序どおりの配信 32-16

パス選択 26-14

Exchange Link Parameter。「ELP」を参照

Exchange Link Parameter 障害。「ELP 障害」を参照

Extended Link Protocol。「ELP」を参照

E ポート

32 ポート スイッチング モジュール設定時の注意事項 23-8

32 ポート設定時の注意事項 20-3

FCS サポート 63-1

FSPF トポロジ 32-2

SPAN 発信元 60-3

設定 20-12, 48-27

ファブリック バインディング チェック 47-2

分離 20-10, C-2

リンク分離からの回復 30-28

E ポート モード

サービス クラス 20-4

説明 20-4

E メール アドレス

Call Home への割り当て 62-6

E メール通知

Call Home 62-1

F

fabricBindingDBMismatch ツールチップ 67-16

fabricBindingDomainInvalid ツールチップ 67-16

fabricBindingNoRspFromPeer ツールチップ 67-16

fabricBindingSWWNNotFound ツールチップ 67-16

Fabric Configuration Server。「FCS」を参照

Fabric-Device Management Interface。「FDMI」を参照

Fabric Manager

Cisco Traffic Analyzer 9-2

corrupted jar file エラー 67-23

FAQ 67-1

FCIP 67-20

Information ペインが表示されない 67-9

ISL 統計情報 58-3

Java のサポート 2-19

アップグレード 2-40, 67-4

アップグレードできない 67-5

アンインストール 2-45

インストール 2-18

インストール エラー 67-7

インストール前の作業 2-18

エラー リカバリ 67-7

オペレーティング システムのサポート 2-19

サービスがディセーブルと表示される 67-7

接続エラー 67-10

説明 1-6, 2-13

ソフトウェアの混在環境 67-23

ソフトウェアのダウンロード 2-19

ダウングレード 67-5

他のツールとの統合 2-42

デバイスの検索 67-24

トラブルシューティングの起動 67-3

認証 4-1

ネットワーク検出 5-32

ファイアウォールの背後での稼働 2-42

複数の NIC で実行 67-21

ブラウザのサポート 2-19

プリファレンスの設定 5-30

分離可能なテーブル 5-24

マップ変更時の問題 67-8

ライセンス情報の表示 10-16

ログイン エラー リカバリ 67-6

Fabric Manager Client

Fabric ペイン 5-24

Information ペイン 5-23

Physical Attributes の表示 5-20

インターフェイスの使用法(図) 5-12

ウィザード 5-34

拡張モード 5-2

起動 5-2

ステータス バー 5-30

説明 2-14, 5-1

ツールバーのアイコン(表) 5-17

トラブルシューティング ツール 5-35

フィルタリング 5-20

プリファレンスの設定 5-30

メイン メニュー 5-13

Fabric Manager Server

properties ファイル 3-4

Red Hat Linux サポート 3-1

Solaris サポート 3-1

Windows サポート 3-1

インストール 3-2

インストールの概要 3-2

管理作業の実行 7-45

機能 3-1

継続的モニタリング対象ファブリック 3-3

設定作業の実行 7-45

設定の変更 3-6

説明 2-14, 3-1

ディスク スペース要件 3-1

データベース起動エラー 67-11

トラブルシューティング ツール 66-1

認証 4-2

パスワード 3-7

ファブリック検出 4-3

プリファレンスの設定 7-52

フル ファブリック再検出 3-7

ポーリング時間 3-7

ユーザ名 3-7

ライセンス 3-3, 10-17

ローカル ホスト エラー メッセージ 67-21

ログの表示 7-63

Fabric Manager Server パッケージ ライセンス

説明 10-6

Fabric Manager Web Server

RADIUS 認証の設定 4-4

TACACS+ 認証の設定 4-5

システム メッセージの表示 61-10

説明 2-15

認証 4-4

Fabric Manager Web Service

SSL との併用 7-5

TCP ポート 7-4, 7-5

印刷 7-3

インストール 7-3

起動 7-7

コミュニティの設定 7-52

初期画面 7-9

説明 7-1

ナビゲート 7-2

パスワードの回復 7-46

パフォーマンス データのエクスポート 7-3

ユーザの設定 7-54

Fabric Manager 機能

新機能(表) lvii

変更された機能(表) lvii

Fabric Manager の認証

Web Server のサポート 4-4

最適な検出方法 4-3

説明 4-1

Fabric Shortest Path First。「FSPF」を参照

FabricWare

Fabric Manager Web Service のインストール 7-3

Fabric Manager のサポート(表) D-3

SNMP トラップ D-2

syslog トラップ D-2

イベント D-2

セキュリティ D-2

ゾーン分割のサポート D-2

ファイバ チャネル サポート D-1

ロール D-2

FAQ

Device Manager 67-1

Fabric Manager 67-1

FCC

イネーブル化 64-2

説明 64-1

デフォルト設定 64-12

プライオリティの割り当て 64-3

フレーム処理 64-2

プロセス 64-2

利点 64-1

ロギング ファシリティ 61-1

fcdomain

CFS 配信の設定 25-12 ~ 25-15

イネーブル化 25-6

オーバーラップ分離 20-10

結合ファブリックの自動再構成 25-7

再起動 25-3

自動再構成のイネーブル化 25-7

初期化 25-5

スイッチ プライオリティ 25-5

説明 25-2

着信 RCF 25-6

ディセーブル化 25-6

デフォルト設定 25-21

統計情報の表示 25-21

ドメイン ID 25-8

FC-GS-3 要求

デバイス グループ化のサポート 5-32

FC ID

FC エイリアス メンバーの設定 30-21

FICON の割り当て 36-14

HBA への割り当て 37-7

永続的 25-16

企業 ID の割り当て 66-24

説明 25-15

デフォルトの企業 ID リストの割り当て 37-8

割り当て 25-2, 37-7, 66-24

FC ID の割り当て

FICON の実装 36-14

FCIP 50-1

DHCHAP との互換性 45-3

ELP の確認(手順) 48-16

FCIP Wizard を使用した設定 48-8 ~ 48-15

FICON のサポート 36-5

FICON 用のポートの予約 36-13

IPS モジュール 48-2

IP ストレージ サービスのサポート 52-1

MPS-14/2 モジュール 48-2

TCP 接続数の指定 48-23

VE ポート 48-2

VRRP 48-6

圧縮 48-35

イネーブル化 48-8

インターフェイスの確認(手順) 48-16

書き込みアクセラレーション 48-28

拡張機能 48-28

仮想 ISL 48-2

ギガビット イーサネット ポート 52-4, 53-1

制約事項 67-20

設定 48-8

タイム スタンプ 48-23

テープ アクセラレーション 48-30

デフォルト パラメータ 48-36

トランク ステータスの確認(手順) 48-17

ハイ アベイラビリティ 48-4 ~ 48-7

パケットの廃棄 48-23

リンク障害 48-5

fcipPortAdminCfgChange ツールチップ 67-16

fcipPortKeepAliveTimerExpire ツールチップ 67-16

fcipPortMaxReTx ツールチップ 67-16

fcipPortPersistTimerExpire ツールチップ 67-16

fcipPortSrcAdminDown ツールチップ 67-16

fcipPortSrcLinkDown ツールチップ 67-16

fcipSrcModuleNotOnline ツールチップ 67-16

fcipSrcPortRemoved ツールチップ 67-16

FCIP TCP パラメータ

CWM の設定 48-19

PMTU の設定 48-19

SACK の設定 48-19

ウィンドウ管理の設定 48-19

キープアライブ タイムアウトの設定 48-18

最小再送信タイムアウトの設定 48-18

最大再送信回数の設定 48-18

最大ジッタの設定 48-20

バッファ サイズの設定 48-20

FCIP 圧縮

設定(手順) 48-12

説明 48-35

FCIP インターフェイス

QoS の設定 48-27

SPAN 発信元 60-3

拡張機能の設定 48-20

高度な機能の設定 48-27

作成 48-21

特殊フレームの設定 48-22

パラメータ 48-4

ピアの設定 48-21

FCIP 書き込みアクセラレーション

設定 48-30

設定(手順) 48-12

説明 48-28

FCIP テープ アクセラレーション

設定 48-35

説明 48-30, 48-35

FCIP ピア

IP アドレスの設定 48-21

特殊フレームのイネーブル化 48-22

FCIP プロファイル

TCP パラメータの設定 48-18

作成 48-15

説明 48-4

FCIP リンク

B ポート相互運用性モード 48-24

IP 接続の開始 48-23

QoS の設定 48-27

TCP 接続 48-3

エンドポイント 48-3

作成 48-16

設定 48-15

説明 48-3

ピアの設定 48-21

fcotChksumErr ツールチップ 67-16

fcotNotPresent ツールチップ 67-16

fcotVendorNotSupported ツールチップ 67-16

FCP

プロトコルの混在 36-5

要求のルーティング 50-3

fcping。「ping ツール」を参照

FCS

重要性 63-2

情報の表示 63-3

説明 63-1

デフォルト設定 63-6

ロギング ファシリティ 61-2

FC-SP

ISL 上でのイネーブル化 45-10

イネーブル化 45-4

認証 45-1

「DHCHAP」も参照 45-1

fcspAuthenfailure ツールチップ 67-17

fctimer

CFS サポート 13-2

CFS の設定 B-3

配信 37-4

fctrace。「traceroute」を参照

FC エイリアス

Fabric Manager での使用 3-7

コピー 30-35

作成 30-22

ゾーンに対する設定 30-21

名前の変更 30-34

メンバーの追加 30-23

FC 論理インターフェイス テーブル 50-21

FDMI

説明 34-4

データベース情報の表示 34-4

Fibre Channel Congestion Control。「FCC」を参照

Fibre Channel over IP。「FCIP」を参照

Fibre Channel Protocol。「FCP」を参照

Fibre Channel Security Protocol。「FC-SP」を参照

Fibre Connection。「FICON」を参照

FICON

CUP 帯域内管理 36-36

Fabric Manager Client のサポート 5-2

FC4 プロトコル 36-2

FC ID の割り当て 36-14

FCIP のサポート 36-5

MDS スイッチの利点 36-3 ~ 36-7

MDS でサポートされる機能 36-5

RLIR 36-27

VSAN オフライン ステート 36-18

VSAN の一時停止 36-18

インストレーション ポート 36-12

カスケード化 36-7

基本設定 36-16

コンフィギュレーション ファイル 36-28 ~ 36-31

実装ポート 36-11

自動設定保存 36-23

手動でのイネーブル化 36-17

情報の表示 36-39 ~ 36-41

設定 36-15 ~ 36-24

設定変更の保存 36-23

説明 36-1 ~ 36-8

テープ アクセラレーション 36-33 ~ 36-36

テキスト ストリングのフォーマット コード 36-19

デフォルト設定 36-41

非実装ポート 36-11

ファブリック バインディングの要件 47-4

ファブリック バインディング用の sWWN 47-4

フロー ロード バランスの計算(手順) 36-38

ポート スワッピング 36-31 ~ 36-32

ポートチャネルのサポート 36-5

ポートの設定 36-24 ~ 36-28

ポート番号 36-8

ポート番号設定 36-14

ホストのタイムスタンプ制御 36-21

ficonBeingEnabled ツールチップ 67-17

ficonNoPortnumber ツールチップ 67-17

ficonNotEnabled ツールチップ 67-17

ficonVsanDown ツールチップ 67-17

FICON コンフィギュレーション ファイル

コピー 36-30

最新情報の表示 36-29

実行コンフィギュレーションへの適用 36-29

説明 36-28

表示 36-30

編集 36-29

FICON テープ アクセラレーション

設定 36-34

設定に関する考慮事項 36-34

説明 36-33

FICON ポート

Device Manager を使用したアドレス名の割り当て 36-26

アドレス情報の表示 36-40

禁止 36-26

スワッピング設定 36-32

ブロック 36-24

FICON ポート スワッピング

設定(手順) 36-32

注意事項 36-32

FICON ポート番号

FCIP インターフェイス 36-13

インストレーション ポート 36-12

実装ポートのアドレス 36-11

スロットへの割り当て 36-13

デフォルトの番号設定方式 36-8

番号設定に関する注意事項 36-12

非インストレーション ポート 36-12

非実装ポートのアドレス 36-11

ポート スワッピング 36-11

ポートチャネル インターフェイス 36-13

予約済み番号設定方式 36-11

論理インターフェイス 36-13

FICP

ウィザード 5-34

Field Replaceable Unit。「FRU」を参照

File Transfer Protocol。「FTP」を参照

FIPS 38-1

設定に関する考慮事項 38-1

セルフテスト 38-3

firstPortNotUp ツールチップ 67-17

firstPortUpAsEport ツールチップ 67-17

FLOGI

詳細の表示 34-1

説明 34-1

ロギング ファシリティ 61-2

FL ポート

DPVM サポート 28-8

「Nonparticipating」コード 20-10, C-2

SPAN 発信元 60-3

永続的 FC ID 25-16

設定 20-12

説明 20-5

「Fx ポート」も参照

FL ポート モード

サービス クラス 20-5

説明 20-5

FPSF

ロード バランシング(例) 48-5

FSPF

Link State Record のデフォルト 32-5

インターフェイスでの設定 32-6 ~ 32-10

インターフェイスでのディセーブル化 32-10

グローバル設定 32-4 ~ 32-6

再コンバージェンス時間 32-2

再送信インターバル 32-9

サポート 2-16

順序どおりの配信 32-15 ~ 32-19

冗長リンク 32-3

説明 32-2

相互運用性 37-10

データベースの表示 32-10

デッド タイム インターバル 32-8

デフォルト設定 32-19

トポロジ例 32-2 ~ 32-4

パス選択プロトコル D-1

ハロー タイム インターバルの設定 32-8

フォールトトレラント ファブリック 32-2

フロー統計情報 8-6 ~ 32-19

ポートチャネルのフェールオーバー 32-3

マルチキャスト ルート スイッチ 32-15

リンク コストの計算 32-7

リンク コストの設定 32-7

ルーティング サービス 32-1

ルーティング プロトコルのディセーブル化 32-6

FSPF マルチキャスト ルート

スイッチの設定 32-15

FSPF ルーティング

マルチキャスト 32-14

FSPF ルート

設定 32-13

説明 32-12

FTP

サポート 2-16

ロギング ファシリティ 61-2

fWWN

FC エイリアス メンバーの設定 30-21

Fx ポート

32 ポートのデフォルト 20-3

FCS 63-1

FCS サポート 63-1

VSAN メンバシップ 26-4

インターフェイス モード 20-7

設定 20-12

説明 20-7

「F ポート」および「FL ポート」も参照 20-7

F ポート

DPVM サポート 28-8

SPAN 発信元 60-3

設定 20-12

説明 20-5

「Fx ポート」も参照

F ポート モード

サービス クラス 20-5

説明 20-5

H

HA ソリューションの例 50-52

HBA

FC ID の割り当て 37-7, 66-24

デバイス エイリアス 31-1

HBA ポート 50-15, 50-20

エリア FCID の設定 25-18

Health タブ

説明 7-9

HTTP

サポート 2-16

使用されるポート 2-43

HTTPS

サポート 2-16

HTTP プロキシ サーバ

設定 67-22

hwFailure ツールチップ 67-17

I

IBM PPRC

FICON のサポート 36-5

ICMP

IPv6 54-6

ICMP パケット

IPv6 のヘッダー形式、図 54-6

タイプの値 42-4

ID

契約 ID 62-31

サーバ ID 62-33

サイト ID 62-31

シスコのベンダー ID 41-13

シリアル ID 62-32, 62-33, 62-35, 62-37, 62-38

ログイン ID 2-5

IKE

SA のリフレッシュ 44-20

暗号化トランスフォーム 44-6

初期化 44-13

設定の表示(手順) 44-11

説明 44-3

デフォルト設定 43-37, 44-40

認証アルゴリズム 44-6

用語 44-5

IKE ドメイン

クリア 44-20

説明 44-13

IKE トンネル

クリア 44-20

説明 44-13

IKE 発信側

バージョンの設定 44-18

IKE ピア

キープアライブ タイムの設定 44-17

IKE ポリシー

ネゴシエーション 44-14

ネゴシエーション パラメータの設定 44-15

incomAdminRxBBCreditPerBuf ツールチップ 67-17

incompatibleAdminMode ツールチップ 67-17

incompatibleAdminRxBBCredit ツールチップ 67-17

incompatibleAdminRxBufferSize ツールチップ 67-17

incompatibleadminSpeed ツールチップ 67-17

initializing ツールチップ 67-17

install all コマンド

失敗するケース 15-7

interfaceRemoved ツールチップ 67-17

Internet Control Message Protocol。「ICMP」を参照

Internet Explorer

Fabric Manager のサポート 2-19

Internet Storage Name Service。「iSNS」を参照

interop モード

説明 37-9

デフォルト設定 37-13

モード 1 の設定 37-11

Inter-VSAN Routing。「IVR」を参照

Inter-VSAN Routing ゾーン。「IVR ゾーン」を参照

Inter-VSAN Routing ゾーン セット。「IVR ゾーン セット」を参照

invalidAttachment ツールチップ 67-17

invalidConfig ツールチップ 67-17

invalidFabricBindExh ツールチップ 67-17

Inventory タブ

説明 7-29

IOD。「順序どおりの配信」を参照

IP-ACL

ウィザード 5-35

「IPv4-ACL」および「IPv6-ACL」も参照

IPFC

設定が原因のエラー 67-9

設定に関する考慮事項 51-6

説明 51-5

帯域内アクセス 2-12

帯域内管理 2-18

ロギング ファシリティ 61-2

IPsec

FCIP Wizard でのイネーブル化(手順) 44-10

FCIP Wizard を使用した設定(手順) 48-9

RFC 実装 44-1

暗号化トランスフォーム 44-6

クリプト IPv4-ACL 44-21 ~ 44-25

グローバル ライフタイム値 44-38

サポートされていない機能 44-4

設定の表示(手順) 44-11

説明 44-2

前提条件 44-3

デジタル証明書のサポート 44-7 ~ 44-10

デフォルト設定 44-40

トランスフォーム セット 44-25

認証アルゴリズム 44-6

ハードウェアの互換性 44-4

ファブリック設定の要件 44-4

メンテナンス 44-38

用語 44-5

ライセンスの要件 44-3

IPS ポート 50-8

SPAN 発信元 60-3

複数の接続 50-54

モード 53-1

IPS ポート モード

説明 52-4

IPS モジュール

CDP のサポート 52-11

FCIP 48-2

コア ダンプ B-2

サポートされている機能 52-1

ソフトウェア アップグレード 52-3

ポート モード 52-4, 53-1

IPv4

IPv6 への移行 54-15

ギガビット イーサネット インターフェイスの設定 53-2

説明 53-1

デフォルト設定 53-7

IPv4-ACL

FabricWare のサポート D-2

IP-ACL Wizard を使用した作成(手順) 42-5

インターフェイスへの適用 42-10, 42-11

エントリの削除 42-8

エントリの追加 42-7

ギガビット イーサネット インターフェイスに関する注意事項 53-6

クリプト 44-21 ~ 44-25

クリプト マップ エントリ 44-28

設定に関する考慮事項 42-2

設定例 42-12

ダンプ ログの読み取り 42-9

複雑な IPv4-ACL の作成(手順) 42-6

IPv4 アドレス

FC エイリアス メンバーの設定 30-21

IPv6 および IPV6 プロトコル スタックの設定 54-13

IPv6 プロトコル スタック 54-10

IPv4 デフォルト ゲートウェイ

mgmt0 インターフェイスの設定 20-29

スタティック ルート(ヒント) 51-4

設定 2-10, 12-11, 51-4

説明 51-3

IPv4 デフォルト ネットワーク

説明 51-4

IPv6

ICMP 54-6

IPv4 アドレスと IPv6 アドレスの設定 54-13

IPv4 からの移行 54-15

IPv4 と IPv6 の二重プロトコル スタック 54-10

IPv4 と IPv6 の二重プロトコル スタック、図 54-10

IPv4 と IPv6 の二重プロトコル スタックをサポートするアプリケーション、図 54-11

IPv4 に対する改良点 54-1

IPv6-ACL に関する注意事項 54-14

アドレスの種類 54-3

アドレッシングの設定 54-11

管理インターフェイスの設定 51-3

近隣探索 54-7

スタティック ルート 54-13

ステートレス自動設定 54-9

説明 54-1 ~ 54-11

デフォルト設定 54-15

パス MTU 検出 54-7

ルータ アドバタイズメント メッセージ 54-9

ルータの検出 54-9

ルーティングのイネーブル化 54-11

IPv6-ACL

IPv6 に関する注意事項 54-14

IPv6 アドレス

FC エイリアス メンバーの設定 30-2, 30-22

IPv4 および IPv6 プロトコル スタックの設定 54-13

設定 54-11

フォーマット 54-2

プレフィクスの形式 54-3

マルチキャスト 54-5

ユニキャスト 54-3

リンクローカル 54-4

IPv6 近隣探索

アドバタイズメント メッセージ 54-7

説明 54-7

送信要求メッセージ 54-7

ネイバー送信要求メッセージ、図 54-8

IPv6 スタティック ルート

設定 54-13

IPv6 ルーティング

イネーブル化 54-11

IP アドレス

管理インターフェイス 2-2

IP ストレージ サービス

デフォルト パラメータ 52-11

IP ストレージ サービス モジュール。「IPS モジュール」を参照

IP セキュリティ。「IPsec」を参照

IP 接続

アクティブ モード 48-23

開始 48-23

パッシブ モード 48-23

IP ドメイン名

デジタル証明書の設定 43-6

IP フィルタ

IP-ACL Wizard の使用方法(手順) 42-5

IP トラフィックの制限 42-1

内容 42-2

IP ルーティング

イネーブル化 2-6, 2-10

IP を介した CFS

IP スタティック ピアの設定 13-11

説明 13-10

デフォルト設定 13-23

IQN

フォーマット 50-8

iSCSI

AAA 認証の設定 50-28, 50-29

ACL の設定 50-26

CHAP 認証で特定のユーザ名に発信側を制限 50-30

Device Manager でのターゲット 50-9

Fabric Manager Client のサポート 5-2

Fabric Manager 内のテーブル 50-19

GW フラグ、iSCSI

ゲートウェイ デバイス 50-16

IPS モジュールのサポート 52-2

IQN 50-14

iSCSI Wizard の使用法(手順) 50-5 ~ 50-7

iSCSI インターフェイスの VSAN メンバシップ 50-22, 50-23

MPS-14/2 モジュールのサポート 52-2

VRRP の設定 50-55

VSAN メンバシップ 50-22

VSAN メンバシップの例 50-23

WWN の衝突チェック 50-19

アクセス制御 50-24 ~ 50-28

アクセス制御の実行 50-27

イネーブル化 50-4

ウィザード 5-34

エラー 50-15

拡張 VSAN メンバシップ 50-24

仮想ターゲットの作成 50-10

ギガビット イーサネット ポート 52-4, 53-1

検出フェーズ 50-27

互換性のあるドライバ 50-2

スタティック マッピングの発信側 50-36

セッション限度 50-15

セッションの作成 50-27

設定 50-1, 50-4, 50-56

ゾーン データベースへの発信側の追加 50-25

ゾーン名 50-7

ターゲットの LUN マッピング 50-63

デフォルト パラメータ 50-76

透過型イニシエータ モード 50-15

透過型モード発信側 50-58

ドライバ 50-2

発信側アイドル タイムアウト

iSCS、発信側のアイドル タイムアウト

Fabric Manager による設定 50-16

発信側ターゲット 50-7

発信側の名前 50-30

ファイバ チャネル ターゲット 50-7, 50-14

複数の IPS ポート 50-54

プロトコル 50-2

ポートチャネル ベースのハイ アベイラビリティ 50-55

ポートチャネル ベースのハイ アベイラビリティ、イーサネット ポートチャネル ベースのハイ アベイラビリティ 50-55

マルチパス ソフトウェアのないホストでの HA 50-52

要求および応答 50-3

ルーティング 50-2

ルーティング モードのチャート、iSCSI のルーティング モードのチャート 50-34

ローカル認証のユーザ 50-30

ログイン リダイレクト 50-37

iscsi-gw 50-21

iSCSI LU 50-8

iSCSI インターフェイス

QoS の設定 50-33

SPAN 発信元 60-3

TCP 調整パラメータの設定 50-32

VSAN メンバシップ 50-23

作成 50-5

作成、iSCSI

インターフェイスの作成 50-5

設定 50-14

リスナー ポートの設定 50-32

リスナー ポートの設定、iSCSI

リスナー ポート 50-32

ルーティング モードの設定 50-33

ルーティング モードの設定、iSCS

ルーティング モードの設定、ルーティング モード 50-33

iSCSI サーバ ロード バランシング 50-35

iSCSI サーバ ロード バランシング。「iSLB」を参照

iSCSI セッション

認証、iSCSI

セッション認証、認証

iSCSI セッション 50-28

iSCSI ターゲット

アドバタイズ 50-12

スタティック インポート 50-10

スタティック インポート、スタティック マッピング、iSCSI ターゲット

スタティック マッピング 50-10

セカンダリ アクセス 50-52

ダイナミック インポート 50-8

ダイナミック マッピング 50-8

透過型フェールオーバー 50-50

50-12

iSCSI デバイス

VSAN メンバシップの例 50-23

iSCSI 認証

RADIUS の設定(手順) 50-31

外部 RADIUS サーバ 50-57

グローバルな上書き 50-29

シナリオ 50-56

設定 50-28, 50-43

設定時の注意事項 50-56

発信側の制限 50-30

メカニズム 50-29

ローカル認証 50-30

iSCSI ハイ アベイラビリティ

設定 50-50 ~ 50-56

iSCSI 発信側

IP アドレスのスタティック マッピングの設定 50-18

WWN 割り当て 50-17

アイドル タイムアウト 50-16

スタティック マッピング 50-17

スタティック マッピング(手順) 50-18

ダイナミック WWN マッピングをスタティックにする方法 50-19

ダイナミック マッピング 50-17

透過型モード 50-15

プロキシ モード 50-20

iSCSI プロトコル 50-1

iSCSI ベースのアクセス制御 50-26

iSCSI ホスト

VSAN メンバシップ 50-22

発信側提供モード 50-15

発信側の識別 50-14

ISL

過去 24 時間のパフォーマンスのグラフ 7-27

詳細なインベントリ情報の表示 7-35

統計情報 58-3

パフォーマンス情報の表示 7-17

パフォーマンス統計情報 8-1

ポートチャネルのリンク 23-2

iSLB

CFS サポート 13-2

CFS による設定の配信 50-46

Device Manager での設定 50-37

VRRP の設定 50-46

VSAN メンバシップ 50-40

自動ゾーン分割 50-47

スタティックな発信側設定、発信側設定

スタティック iSLB 50-36

設定 50-35

設定限度 50-36

設定の前提条件 50-37

設定の配信 50-46, 50-47

設定配信のイネーブル化 50-47

設定変更のコミット

iSLB 50-48

ゾーン セットのアクティブ化失敗 50-42

ゾーンのアクティブ化 50-41, 50-42

ゾーンの設定 50-41, 50-42

ダイナミック発信側マッピング 50-40

デフォルト設定 50-77

発信側 WWN 割り当て 50-35

発信側およびターゲットの設定 50-41

発信側の最大数 50-36

ロード バランシング アルゴリズム 50-45

iSlb

デフォルト設定 50-77

iSLB 自動ゾーン機能 50-37

iSLB セッション

IPS ポートごとの最大数、iSLB

IPS ポートごとの最大セッション数 50-36

認証 50-43

セッション認証 50-43

iSLB 発信側 50-37

VSAN メンバシップ 50-40

WWN の割り当て 50-40

設定 50-39 ~ 50-44

ゾーンのアクティブ化 50-42

ゾーンの設定 50-42

ダイナミック発信側マッピング 50-40

ロード バランシングのメトリック設定 50-41

iSLB 発信側ターゲット

説明 50-41

ゾーンのアクティブ化 50-42

ゾーンの設定 50-42

iSMS サーバ

イネーブル化 50-72

iSNS

CFS サポート 13-2

ESI 50-73

クライアント登録 50-73

クラウド検出 50-74

サーバの設定 50-71 ~ 50-74

設定 50-74

説明 50-67

iSNS クラウド検出

CFS 配信 50-76

イネーブル化 50-75

オンデマンドでの開始 50-75

自動 50-76

説明 50-74

iSNS サーバ

ESI 再試行カウントの設定 50-73

イネーブル化 50-72

シナリオの例 50-70

設定の配信 50-72

iSNS プロファイル

作成 50-68

IVR

AF ID 29-15

Fabric Manager Client のサポート 5-2

FICON のサポート B-2

IVR NAT を使用しない設定 29-13

SDV 制限 27-9

VSAN トポロジ 29-6

Zone Wizard 29-7

ウィザード 5-34

永続的 FC ID 29-19

エッジ VSAN 29-3

エッジ スイッチ 29-4

仮想ドメイン 29-18

機能 29-3

境界スイッチ 29-4

境界スイッチ設定時の注意事項 29-14

境界スイッチ、注意事項 29-14

現在の VSAN 29-3

サービス グループ B-2

自動トポロジ 29-6

自動トポロジを使用しない設定 29-13

設定(手順) 29-15

説明 29-2

相互運用性 29-7

ゾーン 29-3, 29-22

ゾーン セット 29-3

ゾーン通信 29-22

中継 VSAN 29-3

中継 VSAN の設定時の注意事項 29-14

データベース マージの注意事項 29-32

デフォルト設定 29-34

デフォルト ゾーン ポリシー 29-22

トポロジのアクティブ化 29-16

ドメイン ID 設定時の注意事項 29-14

ドメイン ID に関する注意事項 29-14

ネイティブ VSAN 29-3

パス 29-3

ファイバ チャネル ヘッダーの変更 29-4

変更 29-9

用語 29-3

読み取り専用ゾーン分割 29-31

リソースの共有 29-2

ロギング 29-21

ロギング レベルの設定 29-21

IVR NAT

境界スイッチ、注意事項 29-11

自動トポロジ 29-6

設定に関する考慮事項 29-10

説明 29-5

中継 VSAN、注意事項 29-10

変更(手順) 29-11

ロード バランシング 29-5

IVR 永続的 FC ID

永続的 29-19

設定 29-20

IVR 仮想ドメイン

設定 29-18

説明 29-18

IVR ゾーン

force オプションによるアクティブ化 29-26

IVR Zone Wizard での設定 29-8

LUN ゾーン分割 29-30

LUN の設定 29-30

QoS 属性の設定 29-30

自動作成 29-22

設定 29-23

説明 29-3, 29-21, 29-22

ゾーンとの相違点(表) 29-22

ゾーンの最大数 29-4

ダウンロードの考慮事項 29-32

データベースの削除 29-31

名前の変更 29-31

フル ゾーン データベースの回復 29-29

メンバーの最大数 29-4

IVR ゾーン セット

最大数 29-4

設定 29-23

説明 29-3, 29-21

ダウンロードの考慮事項 29-32

名前の変更 29-31

IVR データベース

マージに関する注意事項 29-32

IVR トポロジ

CFS サポート 13-2

回復 29-29

自動モードからユーザ設定モードへの移行 29-17

手動エントリの削除 29-17

手動作成 29-15

手動のアクティブ化 29-16

IVR ロギング

レベルの設定 29-21

J

Java

実行エラー 67-7

java.lang.ArrayIndexOutOfBoundsException errorArrayIndexOutOfBoundsException エラー 67-7

Java RMI

使用されるポート 2-43

Java Runtime Environment。「JRE」を参照

Java Web Start

*.jnlp ファイルに設定 67-6

Fabric Manager のサポート 2-19

not detected 67-4

インストールの確認 67-3

キャッシュのクリア 67-6

コマンドラインから実行 67-6

ダウンロード ダイアログで停止 67-5

JNLP

設定の確認 67-3

JRE

Fabric Manager の要件 7-4

K

Konqueror

Java Web Start に対する設定 67-5

L

LED

速度 20-20

標識モードの状態 20-19

linkFailCreditLossB2B ツールチップ 67-17

linkFailCreditLoss ツールチップ 67-17

linkFailDebounceTimeout ツールチップ 67-17

linkFailLineCardPortShutdown ツールチップ 67-17

linkFailLinkReset ツールチップ 67-17

linkFailLIPF8Rcvd ツールチップ 67-17

linkFailLIPRcvdB2B ツールチップ 67-17

linkFailLossOfSignal ツールチップ 67-17

linkFailLossOfSync ツールチップ 67-18

linkFailLRRcvdB2B ツールチップ 67-18

linkFailNOSRcvd ツールチップ 67-18

linkFailOLSRcvd ツールチップ 67-18

linkFailOPNyRETB2B ツールチップ 67-18

linkFailOPNyTMOB2B ツールチップ 67-18

linkFailPortInitFail ツールチップ 67-18

linkFailPortUnusable ツールチップ 67-18

linkFailRxQOverFlow ツールチップ 67-18

linkFailTooManyINTR ツールチップ 67-18

linkFailure ツールチップ 67-18

Link Incident Record。「LIR」を参照

Linux 2-36

Fabric Manager Web Service のインストール 7-4

Fabric Manager のサポート 2-19

インストール スクリプト 2-36

LIR

説明 36-27

Logical Unit Number。「LUN」を参照

loopbackDiagFailure ツールチップ 67-18

loopbackIsolation ツールチップ 67-18

LU 50-8

LUN 50-8

IVR ゾーン分割 29-30

ストレージ ポート フェールオーバー用のトレスパス 50-54

マッピングおよび割り当て 50-20

明示的アクセス制御 50-20

LUN ゾーン分割

設定 30-41

説明 30-41

LUN マッピング 50-52

iSCSI 50-63

M

MAC アドレス

セカンダリの設定 37-6, 66-23

McAfee Internet Suite 6.0 Professional

Device Manager インストール エラー 67-7

Fabric Manager インストール エラー 67-7

McData

ネイティブ interop モード 37-9

MD5 認証

IKE 44-7

IPsec 44-6

VRRP 51-12

Message Digest 5。「MD5 認証」を参照

mgmt0

帯域外管理 2-17

mgmt0 インターフェイス

機能 20-30

設定 12-10, 20-29, 20-30

帯域外アクセス 2-12

帯域外アクセスの設定 2-6

デフォルト設定 20-32

ローカル IPv4 ルーティング 51-5

Microsoft Challenge Handshake Authentication Protocol。「MSCHAP」を参照

Mozilla

Java Web Start に対する設定 67-5

MPS-14/2 モジュール 50-1, 50-2, 50-3, 50-5, 50-20, 50-27

CDP のサポート 52-11

FCIP 48-2

拡張 BB_credit の設定 20-28

サポートされている機能 52-1

ソフトウェア アップグレード 52-3

ポート モード 52-4, 53-1

MSCHAP

説明 41-25

MTU

IPv6 のパス MTU 検出 54-7

サイズの設定

フレーム サイズの設定 53-4

MTU フレーム サイズ

ギガビット イーサネット インターフェイスの設定 52-6

N

NAT。「IVR NAT」を参照

Network Time Protocol。「NTP」を参照

NIC

Device Manager に手動で指定 67-22

Fabric Manager Client に手動で指定 67-22

Fabric Manager Server に手動で指定 67-22

NL ポート

インターフェイス モード 20-7

ゾーンの適用 30-26

ハード ゾーン分割 30-27

「Nx ポート」も参照

Node World Wide Name。「nWWN」を参照

None 認証 50-28

「Nonparticipating」コード

説明 20-10

nonParticipating ツールチップ 67-18

NPIV

設定 B-2

NPV

ウィザード 5-34

NPV、設定 21-7

NPV の設定 21-7

NPV モード 21-3

NP ポート 21-3

NP リンク 21-3

ntop フリーウェア

起動スクリプトの変更 9-5

バッチ ファイル 9-5

NTP

CFS サポート 13-2

CFS 配信の設定 12-8

CFS を使用した設定 12-8

time-stamp オプション 48-24

設定 12-4 ~ 12-10

設定に関する考慮事項 12-5

ロギング ファシリティ 61-2

NTP サーバ

削除 12-7

設定 2-7

編集 12-7

NTP ピア

削除 12-7

編集 12-7

nWWN

DPVM 28-1

Nx ポート

FCS サポート 63-1

「N ポート」および「NL ポート」も参照

N ポート

ゾーンの適用 30-26

ゾーン メンバシップ 30-2

ハード ゾーン分割 30-27

「Nx ポート」も参照

N ポート ID バーチャライゼーション。「NPIV」を参照

O

offline ツールチップ 67-18

OHMS

設定 B-3

説明 68-6

ohmsExtLBTest ツールチップ 67-18

Online Certificate Status Protocol。「OCSP」を参照

Online Health Management System。「OHMS」を参照

Opera

Java Web Start に対する設定 67-5

OSCP

サポート 43-5

other ツールチップ 67-18

P

PAA

PAA-2 との比較 9-3

説明 66-2

トラブルシューティング ツール 66-2

PAA-2

Cisco Traffic Analyzer 9-4

説明 9-2

parentDown ツールチップ 67-18

pcAnyWhere

DirectX で置き換え 67-7

停止 67-7

PDU 50-33

peerFCIPPortClosedConnection ツールチップ 67-18

peerFCIPPortResetConnection ツールチップ 67-18

Performance Manager

Traffic Analyzer と併用するための設定 58-9

アーキテクチャ 8-1

サービスがディセーブルと表示される 67-7

しきい値 58-4

しきい値の使用法 8-2

収集の確認 3-3

収集の作成 58-4

設定ウィザード 58-5

説明 2-15

データ収集 8-2

データ収集の設定 8-3

データ補間 8-2

認証 4-4

フローの作成 58-4

フローの設定 8-3

レポートの表示 58-5

Performance Manager レポート

CSV 形式でエクスポート 58-8

XML 形式でエクスポート 58-7

イベントの表示 58-6

グラフの表示 58-6

サマリー レポートの表示 58-6

テーブルの表示 58-6

トップ 10 の生成 58-7

ホスト最適化ポート グループ パフォーマンスの表示 58-6

Performance タブ

説明 7-14

ping ツール

トラブルシューティング ツール 66-7

PKI

登録サポート 43-4

PLOGI

ネーム サーバ 34-3

PMTU

FCIP プロファイルでの設定 48-19

Port Analyzer Adapter。「PAA」を参照

Port Analyzer Adapters 2。「PAA-2」を参照

portBindFailure ツールチップ 67-18

portBlocked ツールチップ 67-19

portChannelMembersDown ツールチップ 67-19

portFabricBindFailure ツールチップ 67-19

portGracefulShutdown ツールチップ 67-19

portVsanMismatchIsolation ツールチップ 67-19

Port World Wide Name。「pWWN」を参照

port World Wide Name。「pWWN」を参照

Protocol Analyzer

説明 66-2

トラブルシューティング ツール 66-2

トラブルシューティングに使用 66-3

pWWN

DPVM 28-1

FC エイリアス メンバーの設定 30-21

重複の拒否 34-3

ゾーン メンバシップ 30-2

ダイナミックからスタティックへの変換 50-19

Q

QoS

DSCP 値 48-27

DWRR キュー 64-8

VSAN との比較 64-6

ウィザード 5-35

クラス マップ 64-6

クラス マップの作成 64-7

サービス ポリシー 64-8

制御トラフィック サポート 64-4

制御トラフィックのイネーブル化 64-4

説明 64-1

データ トラフィック サポート 64-4 ~ 64-10

データ トラフィックの設定例 64-10

デフォルト設定 64-12

ポート レート制限 64-11

ロギング ファシリティ 61-2

QoS 値

設定 50-33

R

RADIUS 50-57

AAA 認証 50-28, 50-43

AAA プロトコル 41-1

CFS サポート 13-2

CFS マージの注意事項 41-24

Cisco ACS の設定 41-26 ~ 41-30

FabricWare のサポート D-2

iSCSI RADIUS サーバの設定、iSCSI

RADIUS サーバの設定 50-31

事前共有鍵の設定 41-8

設定配信セッションの消去 41-24

設定配信のイネーブル化 41-22

設定配信の変更の廃棄 41-24

説明 41-8

タイムアウトの指定 41-9

テスト アイドル タイマーの設定 41-11

テスト ユーザ名の設定 41-11

デフォルト設定 41-30

配信セッションの開始 41-22

ユーザ ログイン時にサーバを指定 41-12

R_A_TOV

デフォルト設定 66-25

変更 66-15

RCF

説明 25-3

着信 25-6

着信の拒否 25-7

rcfInProgres ツールチップ 67-19

Red Hat Linux

Fabric Manager Server 3-1

Registered Link Incident Report。「RLIR」を参照

Registered State Change Notification。「RSCN」を参照

Remote Capture Protocol。「RPCAP」を参照

Resource Allocation Time Out Value。「R_A_TOV」を参照

Resource Manager Essentials。「RME」を参照

RLIR

情報の表示(手順) 36-27

説明 36-27

RME

サポート 1-6

RMON

Threshold Manager を使用した設定 59-2

アラーム 59-1

アラームのイネーブル化 59-2

アラームのイネーブル化(手順) 59-9, 59-13

アラームの設定(手順) 59-3, 59-4, 59-6

アラームの表示(手順) 59-15

イベント 59-1

イベントの定義(手順) 59-14

説明 59-1

デフォルト設定 59-16

ログの表示(手順) 59-16

RPCAP

Ethereal 通信 66-18

RRD

データベースの設定 7-61

RSA1 キー ペア

生成 39-15

RSA キーペア

インポート 43-5, 43-14

エクスポート 43-5, 43-14

削除 43-16

生成 39-15, 43-6

説明 43-2

複数 43-4

RSCN 50-16

情報の表示 34-5

説明 34-5

デフォルト設定 34-8

統計情報のクリア 34-7

複数ポート ID 34-6

ロギング ファシリティ 61-2

RSCN タイマー

CFS サポート 13-2

RSPAN

設定 B-2

S

SA

IPSec ピア間での確立 44-28

ライフタイム ネゴシエーション 44-31

ライフタイムの設定 44-31

リフレッシュ 44-20

SACK

FCIP プロファイルでの設定 48-19

SAN オペレーティング システム。「Cisco MDS SAN-OS」を参照

SAN 拡張チューナー

設定 49-2, B-2

説明 49-1

調整の注意事項 49-2

データ パターン 49-3

デフォルト設定 49-7

ライセンス要件 49-3

SAN 拡張パッケージ ライセンス

説明 10-4, 10-5

SCP

サポート 2-16

SCSI

1 秒間の I/O のモニタリング 9-3

LUN 検出結果の表示 35-3

トラフィック スループットのモニタリング 9-3

トラフィック レポート 66-3

フレーム数のモニタリング 9-3

要求のルーティング 50-2

読み取りスループットのモニタリング 9-3

SCSI Flow Configuration Client

説明 55-3

SCSI Flow Manager

説明 55-2

SCSI LUN

カスタマイズ検出 35-2

検出の開始 35-2

情報の表示 35-3

ターゲットの検出 35-1

SCSI セッション

ステータスのモニタリング 9-3

SCSI トラフィック

LUN レベルでの分析 66-2

分析 66-2

SCSI フロー サービス

CFS サポート 13-2

SCSI Flow Configuration Client 55-3

SCSI Flow Manager 55-2

SCSI フロー データ パス サポート 55-3

機能アーキテクチャ(図) 55-2

設定 55-3, 55-6

設定(手順) 55-4

説明 55-1

デフォルト設定 55-8

SCSI フロー データ パス サポート

説明 55-3

SCSI フロー統計情報

イネーブル化 55-7

クリア(手順) 55-8

説明 55-6

デフォルト設定 55-8

SDV

IVR 制限 27-9

SD ポート

Cisco Traffic Analyzer 9-4

SPAN モニタリングの設定 60-6

設定 20-12

双方向トラフィック 60-12

双方向トラフィックのモニタリング 60-12

特長 60-5

SD ポート モード

インターフェイス モード 20-6

説明 20-6

Secure Hash Algorithm。「SHA-1」を参照

Secure Shell Protocol

「SSH」を参照

Secure Shell Protocol。「SSH」を参照

setup コマンド

使用 2-12

SFP

存在しない理由コード C-1

トランスミッタ タイプ 20-21

トランスミッタ タイプの表示 20-22

SFTP

サポート 2-16

SHA-1

IKE 44-7

IPsec 44-6

Small Computer System Interface。「SCSI」を参照

SMTP

サーバ アドレス 62-13

担当者名の割り当て 62-6

SNMP

CLI によるユーザの同期 40-3

FICON 制御 36-22

SNMP 通知のイネーブル化 40-10

アクセス グループ 40-4

アクセス制御 40-2

アクセスのイネーブル化 2-7

暗号ベースの機密保全 40-5

イベント セキュリティの設定 40-12

イベント セキュリティの設定(手順) 40-12

イベント ログの表示 40-12

グループベースのアクセス 40-4

コミュニティ ストリングの削除(手順) 40-8

コミュニティの削除 40-7

コミュニティの追加 40-7

コンタクト情報の割り当て 40-2

サーバ担当者名 62-4

サポートされるバージョン 40-1

使用されるポート 2-43

セキュリティ機能 41-2

通知相手ユーザの設定 40-12

デフォルト設定 40-13

バージョン 3 セキュリティ機能 40-1, 40-2

プロキシ サービス 2-14

ユーザの作成 40-4

ユーザの変更 40-4

ユーザへの複数ロールの追加(手順) 40-6

読み取り専用アクセス権 40-7

読み取りと書き込みのアクセス権 40-7

ロケーション情報の割り当て 40-2

「SNMPv1」、「SNMPv2c」、「SNMPv3」も参照

SNMP_TRAP

使用されるポート 2-43

SNMPv1

FabricWare のサポート D-2

コミュニティ ストリング 40-2

サポート 2-16

説明 40-2

「SNMP」も参照

SNMPv2

FabricWare のサポート D-2

コミュニティ ストリング 40-2

SNMPv2c

サポート 2-16

説明 40-2

通知の設定 40-9

「SNMP」も参照

SNMPv3

cisco-av-pair の指定 41-14

CLI ユーザ管理、SNMPv3

AAA の統合 40-3

サポート 2-16

スイッチへのアクセス制限 40-3

セキュリティ機能 40-2

説明 40-2

通知の設定 40-10

複数ロールの割り当て 40-6

メッセージ暗号化の実施 40-5

「SNMP」も参照 40-2

SNMP 管理者

FCS 63-2

SNMP コミュニティ ストリング

設定 2-10

SNMP 設定

Enable Audible Alert when Event Received のデフォルト 5-31

Retry request 1 time(s) after 5 sec timeout のデフォルト 5-31

Trace SNMP packets in Log のデフォルト 5-31

Solaris 2-36

Fabric Manager Server 3-1

Fabric Manager Web Service のインストール 7-4

インストール スクリプト 2-36

SPAN

SD ポート 60-5

VSAN 発信元 60-3

出力発信元 60-2

スイッチ ポートでの設定 9-5

セッション 60-4

設定 60-6 ~ 60-10

設定に関する考慮事項 60-6

説明 60-1

デフォルト設定 60-12

トラフィックのモニタリング 9-1, 60-1

発信元 60-3

ファイバ チャネル アナライザ 60-10

ファイバ チャネル アナライザの設定 60-11

フィルタ 60-5

変換動作 60-9

モニタリングの発信元 60-2

SPAN 宛先ポート モード。「SD ポート モード」を参照

SPAN セッション

Device Manager を使用した削除 60-8

VSAN フィルタ 60-5

説明 60-4

SPAN トラフィック

リアルタイム分析 66-2

SPAN トンネル ポート モード。「ST ポート モード」を参照

SPAN 発信元

Device Manager を使用した編集 60-7

IPS ポート 60-3

VSAN 設定時の注意事項 60-3

インターフェイス タイプ 60-3

出力 60-2

入力 60-2

SPAN フィルタ

説明 60-5

注意事項 60-5

SPAN ポート

詳細なトラフィック情報の表示 7-25

SPF

計算ホールド タイム 32-4

SPI

仮想ルータの設定 51-12

srcPortNotBound ツールチップ 67-19

SSH

FabricWare のサポート D-2

イネーブル化 2-7, 2-11

サポート 2-16

使用されるポート 2-43

デフォルト サービス 39-17

ホスト キー ペア 39-15

ログイン 41-4

SSH キー ペア

上書き 39-17

SSH セッション

メッセージ ロギング 61-3

SSI ブート イメージ

設定 B-2

SSL 証明書

Fabric Manager Web Service との併用 7-5

SSM

SCSI フロー サービス 55-1 ~ 55-8

SCSI フロー統計情報 55-1 ~ 55-8

インテリジェント ストレージ サービスのイネーブル化(手順) 55-3

インテリジェント ストレージ サービスのディセーブル化(手順) 55-6

インテリジェント ストレージ サービスのプロビジョニング(手順) 55-3

管理 19-14, B-2

交換に関する考慮事項 19-14

デフォルト設定 19-14

ファイバ チャネル書き込みアクセラレーション 56-1 ~ 56-3

Storage Services Enabler パッケージ ライセンス

説明 10-6

ST ポート

インターフェイス モード 20-7

ST ポート モード

インターフェイス モード 20-7

制限 20-7

説明 20-7

Sun JRE

Fabric Manager のサポート 2-19

suspendedByMode ツールチップ 67-19

suspendedBySpeed ツールチップ 67-19

suspendedByWWN ツールチップ 67-19

swFailure ツールチップ 67-19

Switched Port Analyzer。「SPAN」を参照

sWWN

ファブリック バインディングの設定 47-3

syslog

CFS サポート 13-2

Events タブでの表示 7-9

使用されるポート 2-43

情報の表示 7-11

登録情報の表示 7-49

syslog サーバ

Fabric Manager Web Service を使用した確認 61-9

T

TACACS+

AAA 認証 50-43

AAA プロトコル 41-1

CFS サポート 13-2

CFS マージの注意事項 41-24

Cisco ACS の設定 41-26 ~ 41-30

グローバル キー 41-15

検証 41-18

サーバ統計情報の表示 41-18

事前共有鍵の設定 41-15

設定配信セッションの消去 41-24

設定配信のイネーブル化 41-22

設定配信の変更の廃棄 41-24

説明 41-15

デフォルト設定 41-31

デフォルトのサーバ タイムアウトの設定 41-16

デフォルトのサーバの暗号の設定 41-15

配信セッションの開始 41-22

ログイン時にサーバを指定 41-18

TCP 接続

FCIP プロファイル 48-4

数の指定 48-23

TCP 調整パラメータ 50-32

TCP パラメータ

FCIP プロファイルでの設定 48-18

TCP ポート

IPv4-ACL 42-3

Telnet

イネーブル化 2-7, 2-10

サポート 2-16

使用されるポート 2-43

デフォルト サービス 39-15

ログイン 41-4

Telnet サーバの接続

説明 12-11

ディセーブル化 12-11

telnet セッション

メッセージ ロギング 61-3

TE ポート

FCS サポート 63-1, 63-2

FSPF トポロジ 32-2

SPAN 発信元 60-3

相互運用性 37-10

トランキングの制約事項 24-3

ファブリック バインディング チェック 47-2

リンク分離からの回復 30-28

TE ポート モード

サービス クラス 20-6

説明 20-6

TFTP

サポート 2-16

使用されるポート 2-43

TF ポート モード

サービス クラス 20-6

説明 20-6

Threshold Manager

RMON の設定 59-2

Time Out Value。「TOV」を参照

TL ポート

ALPA キャッシュ 20-25

FCS 63-1, 63-2

FCS サポート 63-1, 63-2

SPAN 発信元 60-3

設定 20-12, 20-25

説明 20-23

ロギング ファシリティ 61-2

TL ポート モード

サービス クラス 20-5

説明 20-5

tooManyInvalidFLOGIs ツールチップ 67-19

TOV

VSAN に対する設定 37-3

すべての VSAN の設定 37-2

相互運用性 37-9

デフォルト設定 37-13, 66-25

範囲 37-2, 66-14

tovMismatch ツールチップ 67-19

traceroute

接続のトラブルシューティング 66-8

説明 66-7

Traffic Analyzer。「Cisco Traffic Analyzer」を参照

Triple DES。「3DEC 暗号化」を参照

trunkNotFullyActive ツールチップ 67-19

U

UDP トラフィック

ブロック 2-14

UDP ポート

IPv4-ACL 42-3

UNIX

Fabric Manager Web Service の起動 7-8

インストール スクリプト 2-36

UNIX の問題

too many open files エラー 67-13

親メニューが表示されない 67-12

ブラウザで Web サーバを検出できない 67-13

upgradeInProgress ツールチップ 67-19

V

VE ポート

FCIP 48-2

説明 48-2

Virtual Router Redundancy Protocol。「VRRP」を参照

Visio 図

マップの保存 5-27

VLAN

ギガビット イーサネット サブインターフェイスでの設定 53-5

説明 52-6, 53-5

volatile:

説明 16-2

VR ID

説明 51-9

マッピング 51-9

VRRP 50-35

IQN フォーマット 50-8

iSCSI パラメータの変更が与える影響 50-45

iSLB 50-44

iSLB 用の設定 50-46

MD5 認証 51-12

アドバタイズのタイム インターバルの設定 51-12

仮想ルータの起動 51-11

仮想ルータの設定 51-11

ギガビット イーサネット インターフェイスに対する設定 52-9

ギガビット イーサネット インターフェイスを選択するアルゴリズム 50-45

グループ メンバー 52-9

セキュリティ認証 51-12

説明 51-9, 52-8

単純なテキスト認証 51-12

デフォルト設定 51-13

バックアップ スイッチ 51-9

プライオリティの設定 51-12

プライオリティのプリエンプト 51-12

プライマリ IP アドレス 51-11

マスター スイッチ 51-9

ロギング ファシリティ 61-2

VRRP、iSCSI ログイン リダイレクト 50-37

VRRP グループ 50-23

VSA

属性の通信 41-13

プロトコル オプション 41-13

VSAN

DHCHAP との互換性 45-3

FC ID 26-1

FCS 63-1

FCS サポート 63-1

FICON 対応 26-15

FICON の一時停止 36-18

FICON のためのファブリックの最適化 36-3

FSPF 接続 32-2

FSPF の設定 32-4

interop モード 37-10

IPv4 スタティック ルーティング 51-6

IP ルーティング 42-1

iSCSI デバイスのメンバシップの例 50-23

iSLB 50-40

iSLB 発信側 50-40

QoS との比較 64-6

SPAN 発信元 60-3

SPAN フィルタ 60-5

TE ポート モード 20-6

TF ポート モード 20-6

VLAN へのマッピング 26-10

Device Manager の使用 26-11

Fabric Manager の使用 26-10

VRRP 51-9

ウィザード 5-34

オーバーレイ ルート 51-6

機能 26-1

許可アクティブ 24-4

許可アクティブ リストの設定 24-11

許可リスト 60-3

クロック 36-21

ゲートウェイ スイッチ 51-4

削除 26-12

ステート 26-5

設定 26-6

説明 26-1 ~ 26-5

ゾーンとの比較(表) 26-4

タイマー設定 37-3

中継 29-16

デフォルト VSAN 26-8

デフォルト設定 26-15

動作ステート 26-9

ドメイン ID 自動再構成 25-7

トラフィックの分離 26-3

トラフィック ルーティング 51-1

トランキング ポート 26-8

トランク許可 24-4

トランク許可リストの設定 24-9 ~ 24-11

名前 26-5

ネーム サーバ 34-2

不一致 20-10, C-2

複数の IPv4 サブネットの設定 51-7

複数のゾーン 30-4

フロー統計情報 8-6

ブロードキャスト アドレス 32-14

分離 26-9

ポート トラッキング 65-6

ポート メンバシップ 26-8

利点 26-4

ルールと機能 39-4

ロード バランシング 26-14

ロード バランシング属性 26-6

VSAN ID

VSAN メンバシップ 26-4

許可リスト 24-12

説明 26-5

トラフィックの多重化 20-6

範囲 26-4

vsanInactive ツールチップ 67-19

vsanMismatchIsolation ツールチップ 67-19

VSAN インターフェイス

作成 20-31

設定 20-30

説明 20-30

VSAN トランキング。「トランキング」を参照

VSAN メンバシップ

iSCSI インターフェイス 50-23

iSCSI ホスト 50-22

iSCSI ホスト、iSCSI

ホストの VSAN メンバシップ 50-22

W

Windows

Fabric Manager Server 3-1

Fabric Manager Web Service のインストール 7-4

Fabric Manager のサポート 2-19

Windows の問題

Device Manager ウィンドウの内容が表示されない 67-12

Fabric Manager ウィンドウの内容が表示されない 67-12

SCP/SFTP に失敗 67-12

Windows XP の停止 67-12

アイコンがデスクトップに表示されない 67-12

印刷するとアプリケーションがクラッシュする 67-11

テキスト フィールドが小さすぎる 67-11

ブルー画面 67-12

Windows ワークステーション

変更 2-14

World Wide Name。「WWN」を参照

WWN

情報の表示 37-6

スタティック バインディング 50-20

セカンダリ MAC アドレス 37-6

設定 37-5, 66-23

設定の表示 66-24

中断された接続 20-10, C-2

ポート セキュリティ 46-17

リンク初期化 37-6

X

XML

サポート 2-16

XRC

FICON のサポート 36-5

Z

zoneMergeFailureIsolation ツールチップ 67-19

zoneRemoteNoRespIsolation ツールチップ 67-19

アイコン

Device Manager 6-4

アウトオブサービス インターフェイス

説明 22-10

アカウンティング

リストの表示 7-10

アクセス コントロール リスト。「IPv4-ACL」および「IPv6-ACL」を参照

アクセス制御

iSCSI 50-26

実行、iSCSI

アクセス制御の実行 50-27

アクセス制御、ゾーン分割ベースのアクセス制御、iSCSI

ゾーン分割ベースのアクセス制御 50-27

アクセスの管理

説明 2-12

帯域外 2-4

帯域外の設定 2-4 ~ 2-9

帯域内 2-4

帯域内の設定 2-9 ~ 2-12

アクティブ ゾーン セット

考慮事項 30-4

配信のイネーブル化 30-27

アダプタ

ファイバ チャネル/イーサネット 9-2

アップグレード。「中断を伴うアップグレード」、「中断のないアップグレード」、「ソフトウェア アップグレード」を参照

宛先 ID

順序どおりの配信 32-16

パス選択 26-14

フロー ベース 23-4

やり取りベース 23-5

アドバタイズされたインターフェイス 50-12

アドバタイズ パケット

タイム インターバルの設定 51-12

アプリケーション

管理 2-17

イーサネット

トラフィックの削減 66-2

イーサネット インターフェイス

パフォーマンス情報の表示 7-24

イーサネット ポートチャネル

iSCSI 50-55

ギガビット イーサネット インターフェイスの追加 52-11

冗長性 48-6

設定 52-11

説明 52-10

一時的な障害 50-16

イベント

Device Manager を使用した表示 57-5

Fabric Manager Web Service を使用した表示 57-5

Fabric Manager を使用した表示 57-5

表示 7-10

イメージ

Software Install Wizard 15-8

「キックスタート イメージ」、「ソフトウェア イメージ」、「システム イメージ」を参照

イメージ。「キックスタート イメージ」、「ソフトウェア イメージ」、「システム イメージ」を参照

インターネット キー エクスチェンジ。「IKE」を参照

インターフェイス

FC エイリアス メンバーの設定 30-22

SFP タイプ 20-22

VSAN への割り当て 26-8

VSAN メンバシップ 26-8

一時停止状態 23-18

データ フィールド サイズの設定 20-18

デフォルト設定 20-32

動作不能理由コード C-1

分離状態 23-18

ポートチャネルからの削除 23-20

ポートチャネルへの強制追加 23-19

ポートチャネルへの追加 23-17, 23-18

理由コード C-1

インターフェイスの統計情報

収集 20-22

説明 20-22

インテリジェント ストレージ サービス

force オプションによるディセーブル化 55-6

SCSI フロー サービス 55-1 ~ 55-8

SCSI フロー統計情報 55-1 ~ 55-8

イネーブル化(手順) 55-3

ディセーブル化(手順) 55-6

ファイバ チャネル書き込みアクセラレーション 56-1 ~ 56-3

インベントリ

ISL 情報の表示 7-35

VSAN の詳細の表示 7-31

管理 57-4

情報の表示 7-29

スイッチの詳細の表示 7-31

ゾーン情報の表示 7-37

モジュールの詳細の表示 7-33

ウィザード

DPVM Wizard 5-34

FCIP Wizard 5-34

IP ACL Wizard 5-35

iSCSI Wizard 5-34

IVR Zone Wizard 5-34

License Install Wizard 5-35

NPV Wizard 5-34

PortChannel Wizard 5-34

Port Security Wizard 5-34

QoS Wizard 5-35

Quick Config Wizard 30-7

Software Install Wizard 5-35

VSAN Wizard 5-34

Zone Edit Tool Wizard 5-34

ウィンドウ管理

FCIP プロファイルでの設定 48-19

永続的 FC ID

イネーブル化 25-17

消去 25-20

設定 25-17

説明 25-16, 29-19

永続的ドメイン ID

FICON VSAN 47-4

エイリアス

Fabric Manager での使用 3-7

グローバル デバイス エイリアスと FC エイリアスの切り替え 3-7, 31-8

ラック名としての使用 5-33

エッジ VSAN

説明 29-3

エッジ スイッチ

説明 29-4

エッジ抑制輻輳制御

説明 64-2

エラー メッセージ

gen エラー メッセージ 67-8

エラー レポート

以前のレポートの消去 B-3

エンタープライズ パッケージ ライセンス

説明 10-4

エンティティ ステータス照会。「ESI」を参照

エンドツーエンド接続

トラブルシューティング 66-5

エンド デバイス

ストレージ ポートのトラフィックとエラーの表示 7-16

オーバーサブスクライブ

Device Manager を使用して診断 66-14

制限のイネーブル化 22-37

制限のディセーブル化 22-36

第 2 世代スイッチング モジュール 22-34

比率 22-34

オーバーレイ VSAN

設定 51-7

説明 51-6

オンデマンド ポート アクティベーション ライセンス

設定 11-4

説明 11-1

ポートの取得 11-6

ポート命名規則 11-2

ポート ライセンス 11-2

ライセンス ステータスの確認 11-4

ライセンスを受信するためのポートの設定 11-5

温度

ハードウェアのモニタリング 18-10

表示 18-11

マイナーしきい値 18-10

メジャーしきい値 18-10

カーネル コア ダンプ

設定 B-3

外部 CompactFlash

フォーマット B-2

外部 RADIUS サーバ

CHAP 50-57

回復

ダウン状態からの 22-26

パスワード 7-46

外部ループバック テスト

実行 68-7

説明 68-7

拡張 2 進化 10 進コード。「EBCDIC」を参照 36-19

拡張 BB_credit

設定 20-29

説明 20-27

第 2 世代スイッチング モジュール 22-23

ライセンス 22-24

拡張 ISL。「EISL」を参照

拡張ゾーン

イネーブル化 30-46

基本ゾーンからの変更 30-45

基本ゾーンと比較しての利点 30-44

説明 30-44

属性グループの作成 30-46

データベースのマージ 30-46

デフォルト設定 30-49

拡張ポート モード。「E ポート モード」を参照

カスタム レポート

テンプレートの作成 7-39

テンプレートの修正 7-42

仮想 E ポート。「VE ポート」を参照

仮想 ISL

説明 48-2

仮想 LAN。「VLAN」を参照

仮想 SAN。「VSAN」を参照

仮想ファイバ チャネル ホスト 50-3

仮想ルータ

開始 51-11

削除 51-11

追加 51-11

デフォルト設定 51-13

認証 51-12

プライオリティの設定 51-12

プライマリ IP アドレスの追加 51-11

仮想ルータ ID。「VR ID」を参照

仮想ルータ冗長プロトコル、プロトコル

仮想ルータ冗長 50-35

カットスルー ルーティング モード 50-34, 50-35

間接リンク障害

回復 65-1

管理

ロールベース 5-34

管理インターフェイス

IPv6 用の設定 51-3

IP アドレス 2-2

機能 20-30

設定 20-29, 20-30, 51-3

デフォルト設定 20-32

「mgmt0 インターフェイス」も参照

管理者パスワード

回復 39-19

デフォルト 2-5

管理ステート

設定 20-11

説明 20-8

管理速度

設定 20-12

管理プロトコル

サポート対象(表) 2-15

キープアライブ タイムアウト

FCIP プロファイルでの設定 48-18

ギガビット イーサネット

IPv4 での設定例 52-4

ギガビット イーサネット インターフェイス

CDP の設定 12-12

IPv4-ACL に関する注意事項 53-6

IPv4 の設定 53-2

IPv6 アドレスの設定 54-12

MTU フレーム サイズの設定 52-6, 53-4

VRRP の設定 52-9

サブインターフェイス 52-7, 53-5

サブネットの要件 52-7, 53-5

自動ネゴシエーションの設定 52-6, 53-3

設定 52-4 ~ 52-11

デフォルト パラメータ 53-7

ハイ アベイラビリティの設定 52-8 ~ 52-11

パフォーマンス情報の表示 7-24

無差別モードの設定 52-6, 53-4

ギガビット イーサネット インターフェイスの例 50-54

ギガビット イーサネット サブインターフェイス

VLAN の設定 53-5

期間のアラート

ライセンス 10-15

企業 ID

FC ID の割り当て 37-7, 66-24

キックスタート イメージ

KICKSTART 変数 15-1

スーパーバイザ モジュールの選択 15-2

説明 15-2

境界スイッチ

IVR 設定時の注意事項 29-14

説明 29-4

共通ロール

削除(手順) 39-3

共有レート モード

オーバーサブスクライブ 22-34

説明 22-7

専用レート モードからの移行 22-29, 22-31

専用レート モードへの移行 22-29, 22-30

クライアント

切断 7-51

表示 7-51

クラウド検出。「iSNS クラウド検出」を参照

クラス マップ

作成 64-7

データ トラフィック用の設定 64-6

クリプト IPv4-ACL

any キーワード 44-25

作成 44-25

設定に関する考慮事項 44-22

ミラー イメージ 44-24

クリプト マップ

auto-peer オプション 44-33

IPv4-ACL のエントリ 44-28

PFS(完全転送秘密) 44-35

PFS の設定 44-36

SA ライフタイム ネゴシエーション 44-31

設定に関する考慮事項 44-29

ピア間の SA 44-28

クリプト マップ エントリ

SA ライフタイムの設定 44-31

グローバル ライフタイム値 44-38

クリプト マップ セット

インターフェイスへの適用 44-37

グローバル キー

RADIUS への割り当て 41-8

クロスバー

管理 18-7

説明 18-8

第 1 世代モジュールとの互換性 18-10

取り外す際の考慮事項 18-8

クロック モジュール

管理 B-2

契約 ID

説明 62-31

結合ファブリック

自動再構成 25-7

現在の VSAN

説明 29-3

限度

説明(表) E-1

コア ダンプ

IPS モジュール B-2

コア ファイル

CompactFlash への保存 B-3

情報の表示 68-3

ディレクトリのクリア 68-4

公開鍵インフラストラクチャ。「PKI」を参照

更新

スイッチ B-1

コード ページ

FICON テキスト ストリングのフォーマット 36-19

コマンド スクリプト

実行 B-2

コマンド スケジューラ

設定 B-2

コマンドライン インターフェイス。「CLI」を参照

コミュニティ

削除 7-53

追加 7-52

固有エリア FC ID

設定 25-18

説明 25-18

コンソール セッション

メッセージ ロギングの重大度 61-4

コンソール設定値

設定 B-1

コンソール ポート

パラメータ 2-2

コンソール ロギング

設定 61-4

コンフィギュレーション ファイル

FICON 36-29

コピー(手順) 16-8

ダウンロード 16-7

バックアップ 16-9

表示 B-2

ファブリックでの保存 16-9

保存(手順) 16-8

サーバ グループ

設定 41-20

サービス

起動 7-46

再開 7-46

停止 7-46

サービス ポリシー

実行 64-8

定義 64-8

サービス モジュール

管理 19-1

交換 15-18

ステータスの確認 19-4

ステートの説明 19-5

説明 19-3

電源の再投入 19-7

リセット 19-6

最小再送信タイムアウト

FCIP プロファイルでの設定 48-18

再送信インターバル

FSPF の設定 32-9

説明 32-9

最大再送信回数

FCIP プロファイルでの設定 48-18

サイト ID

説明 62-31

サブネット

要件 52-7, 53-5

サブネット マスク

mgmt0 インターフェイスの設定 20-29

初期設定 2-6, 2-10

スイッチの設定 2-2

デフォルト設定 19-14

サマリー レポート

説明 7-1

シェル スクリプト

$HOME/.cisco_mds9000/bin ディレクトリ 67-4

DeviceManager.sh 67-4

FabricManager.sh 67-4

Fabric Manager のアンインストール用 2-46

時間帯

設定 12-3

時間遅延

設定 B-2

しきい値

パフォーマンスの基準 8-2

時刻

設定 12-3

シスコのベンダー ID

説明 41-13

システム イメージ

SYSTEM 変数 15-1

スーパーバイザ モジュールの選択 15-2

説明 15-2

システム プロセス

表示 68-1

システム ヘルス

開始 B-3

デフォルト設定 68-7

システム メッセージ

Device Manager での表示 61-10

Device Manager による表示 57-4

Events タブでの表示 7-9

Fabric Manager Web Server での表示 61-10

Fabric Manager Web Server を使用した表示 57-4

重大度 61-3

デフォルト設定 61-11

表示 7-11

モニタリング 61-1

ロギング サーバの設定 61-7

ロギングの設定 61-3

ログ ファイルの設定 61-6

事前共有鍵

RADIUS 41-8

TACACS+ 41-15

実行コンフィギュレーション ファイル

スタートアップ コンフィギュレーション ファイルへの保存 16-8

実行時チェック

スタティック ルート 32-13

ジッタ

FCIP プロファイルでの推定最大値の設定 48-20

自動生成の iSCSI ターゲット、iSCSI

自動生成のターゲット 50-28

自動トポロジ

IVR 29-6

設定に関する考慮事項 29-10

変更(手順) 29-11

自動ネゴシエーション

ギガビット イーサネット インターフェイスの設定 52-6, 53-3

自動ポート モード

インターフェイス設定 20-3

説明 20-7

ジャンボ フレーム。「MTU」を参照

受信データ フィールド サイズ

設定 20-18

受信バッファ グループ。「バッファ グループ」を参照

主要スイッチ

ドメイン ID の割り当て 25-9

順序どおりの配信

VSAN に対するイネーブル化 32-18

グローバルなイネーブル化 32-18

注意事項 32-17

ネットワーク フレームの順番再設定 32-16

廃棄遅延時間の設定 32-18

ポートチャネル フレームの順番再設定 32-16

冗長ステート

値の説明 17-4

冗長性

VRRP 48-6

VSAN 26-4

イーサネット ポートチャネル 48-6, 48-7

ファイバ チャネル ポートチャネル 48-7

冗長物理リンク

例(図) 32-3

ショートカット

デスクトップに表示されない 67-4

初期化文字列

設定 B-1

シリアル ID

説明 62-32

シリアル コンソール ポート

スイッチへのアクセス 2-12

シリアル番号

表示 18-1, 18-3

資料

関連資料 lxvii

その他の資料 lxvii

スイッチ

アクセス 2-12

起動 2-1

始動 B-1

初期設定 2-2

シリアル番号の表示 18-3

設定の比較 66-4

デバイス ヘルスの状態 66-3

デュアル スーパーバイザでの更新 B-1

電源消費量の表示 18-3

内部ステート 17-4

ライセンス情報の表示 7-32

リロード 19-6

スイッチオーバー

VRRP 48-6

手動で開始 17-2

スーパーバイザ モジュール 17-1

注意事項 17-3

特長 17-2

スイッチオーバー メカニズム

ウォーム ステート 19-5

スイッチ管理

アーキテクチャ 2-16

帯域外 2-17

帯域内 2-17, 51-5

スイッチ セキュリティ

デフォルト設定 39-23, 41-30

スイッチ プライオリティ

設定 25-5

説明 25-5

デフォルト 25-5

スイッチ ポート

アトリビュートのデフォルト値の設定 20-21

トランク モードの設定 2-11

スイッチ ポート インターフェイス

デフォルトの設定 2-11

スイッチ名

割り当て 12-1

スイッチング モジュール

Device Manager による表示 6-6

管理 19-1

交換 15-18

ステータスの確認 19-4

ステートの説明 19-5

設定の維持 19-8

説明 19-3

電源の再投入 19-7

電源の切断 19-9

リセット 19-6

スーパーバイザ 1 モジュール

スーパーバイザ 2 モジュールからの移行(注意) 15-16

ソフトウェア イメージの選択 15-2

スーパーバイザ 2 モジュール

USB ポート 1-2

スーパーバイザ 1 モジュールからの移行 15-16

説明 1-2

ソフトウェア イメージの選択 15-2

第 1 世代シャーシ 15-17

スーパーバイザ モジュール

Device Manager による表示 6-6

standby ステート 17-5, 19-5

アクティブ ステート 19-5

交換 15-16, 15-18

交換に関する考慮事項 19-14

手動のスイッチオーバー 17-2

障害後のスイッチオーバー 17-1

冗長性 17-1

スイッチオーバー メカニズム 17-2

スーパーバイザ 2 モジュールへの移行 15-16

スタンバイ bootflash: の管理 15-17

スタンバイ スーパーバイザのブート変数バージョン 15-16

スタンバイのブート アラート 15-17

ステータスの確認 19-4

ステートの説明 17-4, 19-5

説明 1-2, 19-1

デフォルト設定 19-14

デュアル スーパーバイザ スイッチの更新 B-1

同期化 17-4

統計情報 19-4

ハイ アベイラビリティ 17-2

リセット 19-6

ローカル トラフィックのキャプチャ 66-18

「スーパーバイザ 1 モジュール」および「スーパーバイザ 2 モジュール」も参照

スクリプト

FMServer.sh 2-36

スケーラビリティ

VSAN 26-4

スケジューラ。「コマンド スケジューラ」を参照

スタートアップ コンフィギュレーション ファイル

実行コンフィギュレーション ファイルの保存 16-8

ロック解除 B-2

スタティック iSLB 発信側

変換 50-40

スタティック WWN マッピング 50-25

スタティックにインポートされた iSCSI ターゲット 50-52

スタティック マッピング 50-40

スタティック マッピングの iSCSI ターゲット、iSCSI

スタティック マッピングのターゲット 50-28

スタティック ルート

実行時チェック 32-13

設定 2-6

スタンバイ スーパーバイザ モジュール

bootflash: の管理 15-17

イメージのコピー B-2

同期化 17-4

ブート アラート 15-17

ブート変数バージョン 15-16

モニタリング 17-2

ストア アンド フォワード ルーティング モード 50-33, 50-35

ストレージ デバイス

アクセス制御 30-1

一時的 16-2

永続的 16-2

パフォーマンス統計情報 8-1

ストレージ トラフィック

パフォーマンス情報の表示 7-23

制御トラフィック

QoS のディセーブル化 64-4

QoS 用のイネーブル化 64-4

製品 ID

表示 18-1

セカンダリ MAC アドレス

設定 37-6

セキュリティ

アカウンティング 41-4

スイッチ上での管理 41-1

セキュリティ アソシエーション。「SA」を参照

セキュリティ制御

リモート 41-2, 41-14

リモート AAA サーバ 41-8

ローカル 41-2

セキュリティ パラメータ インデックス。「SPI」を参照

接続

確認 66-7

トラブルシューティング ツール 5-35

設定

FICON の自動保存 36-23

NVRAM への保存 16-8

概要 1-6 ~ 1-9

初回の設定の変更 2-12

ソフトウェア ツール 1-5

設定限度

説明(表) E-1

センサ

温度のモニタリング 18-10

選択的確認応答。「SACK」を参照

専用レート モード

共有レート モードからの移行 22-29, 22-30

共有レート モードへの移行 22-29, 22-31

説明 22-6

相互 CHAP 認証

iSCSI の設定 50-31

iSLBI 用の設定 50-43

iSLB 用の設定 50-43

相互運用性

interop モード 1 の設定 37-11

VSAN 26-15

ステータスの確認 37-12

説明 37-8

送信元 ID

Call Home イベント フォーマット 62-32

順序どおりの配信 32-16

パス選択 26-14

フロー ベース 23-4

やり取りベース 23-5

ゾーン

FC エイリアスの設定 30-21

iSLB 50-41, 50-42

iSLB のための設定およびアクティブ化 50-41

IVR ゾーンとの相違点(表) 29-22

IVR 通信 29-22

IVR の読み取り専用 29-31

LUN ベース 30-41

pWWN を使用したメンバシップ 26-4

VSAN との比較(表) 26-4

アクセス制御 30-16

インベントリ情報の表示 7-37

ウィザード 5-34

エイリアスの設定 30-21

拡張ゾーンからの変更 30-45

機能 30-1, 30-3

コピー 30-35

情報の表示 30-43

ストレージ サブシステムへの LUN の割り当て 30-42

制限の実行 30-26

設定 30-10 ~ 30-25

ゾーン メンバーの追加 30-14

ダウングレードのためのコンパクト化 30-48

データベースのインポート 30-29

データベースのエクスポート 30-29

デバイス エイリアスとの比較(表) 31-4

デフォルト設定 30-49

デフォルト ポリシー 30-2

トラブルシューティング ツール 5-35

名前の変更 30-34

バックアップ(手順) 30-31

復元(手順) 30-31

太字で表示 67-10

フル ゾーン データベースの編集 30-11

ブロードキャストの設定 30-39

マージ障害 20-10

マージの分析 66-8

ロギング ファシリティ 61-3

「LUN ゾーン分割」も参照

「拡張ゾーン」も参照

「ゾーン分割」および「ゾーン セット」も参照

「デフォルト ゾーン」も参照

「ハード ゾーン分割」および「ソフト ゾーン分割」も参照

「読み取り専用ゾーン」も参照

ゾーン エイリアス

デバイス エイリアスへの変換 31-7

ゾーン サーバ データベース

クリア 30-36

ゾーン セット

アクティブ化 30-17

インポート 30-29

エクスポート 30-29

機能 30-1

考慮事項 30-4

コピー 30-30, 30-35

作成 30-16

情報の表示 30-43

設定 30-15 ~ 30-21

設定の配信 30-27

データベースのインポート 30-29

データベースのエクスポート 30-29

デフォルト設定 30-49

名前の変更 30-34

配信のイネーブル化 30-27

リンク分離からの回復 30-28

ワンタイム配信 30-28

「アクティブ ゾーン セット」および「フル ゾーン セット」も参照

「アクティブ ゾーン セット」も参照

「ゾーン」および「ゾーン分割」も参照

ゾーン属性グループ

コピー 30-35

ゾーン データベース

MDS 以外のデータベースの移行 30-36

ゾーン トラフィック プライオリティ

説明 30-37

ゾーンの設定

互換性のテスト 66-8

ゾーン分割

FabricWare のサポート D-2

Quick Config Wizard 30-7 ~ 30-10

実装 30-3

説明 30-1

ブロードキャストの設定 30-39

30-3

「LUN ゾーン分割」も参照

「ゾーン」および「ゾーン セット」も参照

ゾーン分割ベースのアクセス制御

iSCSI の設定 50-25

iSCSI の設定、iSCSI

ゾーン分割ベースのアクセス制御設定 50-25

ゾーン ポリシー

設定 2-11

ゾーン メンバー

pWWN メンバーへの変換 30-25

情報の表示 30-20

ゾーンへの追加 30-14

速度の自動検知

第 2 世代スイッチング モジュール 20-13

ソフトウェア アップグレード

Software Install Wizard 15-8

中断を伴う 15-5

中断を伴わない 17-1

メカニズム 15-5

ソフトウェア イメージ

SAN-OS イメージのアップグレード 15-1

アップグレード要件 15-3 ~ 15-5

スーパーバイザ モジュールの選択 15-2

スペース要件 15-4

デフォルト設定 15-19

同期化 17-4

変数 15-1

ソフトウェア インストール

Software Install Wizard 15-8

ソフトウェアの設定

概要 1-6 ~ 1-9

ソフト ゾーン分割

説明 30-26

「ゾーン分割」も参照

ターゲットの検出 50-73

第 1 世代スイッチング モジュール

QoS 動作 64-9

拡張 BB_credit 20-27

第 2 世代スイッチング モジュールとの組み合わせ 22-28

ポート インデックス割り当て 22-25

第 2 世代スイッチング モジュール

QoS 動作 64-9

アウトオブサービス インターフェイス 22-10

インターフェイスのアウトオブサービス化 22-40

拡張 BB_credit 20-29, 22-23

共有リソースの解放 22-41

設定 22-28

説明 22-1

第 1 世代シャーシへの設置 15-17

第 1 世代スイッチング モジュールとの組み合わせ 22-28

ダイナミック帯域幅管理 22-9

ダウン状態からの回復 22-26

デフォルト設定 22-44

バッファ グループ 22-10 ~ 22-22

ポート インデックス割り当て 22-25

ポート グループ 22-3

ポート速度の設定 22-32

ポート レート モード 22-4

レート モードの設定 22-33

第 3 世代スイッチング モジュール

デフォルト設定 22-44

帯域外アクセス

mgmt0 インターフェイス 2-12

帯域外管理

イーサネット接続 2-17

設定 2-4, 2-10

帯域内アクセス

IPFC 2-12

設定 2-9

帯域内管理

CUP 36-36

IPFC 51-5

IPFC 接続 2-18

イーサネット接続 2-17

設定 2-9, 2-10

論理インターフェイス 2-9

帯域幅の公平割り当て

イネーブル化 22-38

第 2 世代スイッチング モジュール 22-38

ディセーブル化 22-40

ダイナミック iSCSI 発信側

スタティックへの変換、iSCSI

ダイナミック発信側のスタティックへの変換 50-19

変換 50-40

ダイナミック帯域幅管理

説明 22-9

ダイナミック ポート VSAN メンバシップ。「DPVM」を参照

ダイナミック マッピング 50-8, 50-40

ダイナミック マッピング、iSCSI

ダイナミック マッピング、iSCSI

スタティック マッピング 50-7

タイマー

設定 66-15

タイマー値

変更 66-14

タイムアウト

Fabric Manager による設定 66-15

タイムスタンプ

FICON ホスト制御 36-21

端末

設定値の設定 B-1

遅延

転送 50-33

中継 VSAN

IVR 設定時の注意事項 29-14

設定に関する考慮事項 29-10

説明 29-3, 29-16

中断のないアップグレード

方法 15-5

通知

送信条件 7-60

転送の削除 7-51

転送の追加 7-50

ツール

ソフトウェアの設定 1-5

データ

管理 2-17

データ トラフィック

DWRR キュー 64-8

VSAN と QoS の比較 64-6

クラス マップ 64-6

サービス ポリシーの実行 64-8

サービス ポリシーの定義 64-8

設定例 64-10

データベース ファイル

ロック エラーの解決 7-46

テープ アクセラレーション

FICON 36-33 ~ 36-36

テーブル

情報の検索 7-3

ナビゲート 7-3

フィルタリング 7-3

デジタル証明書

CA からの削除 43-16

IPsec 44-7 ~ 44-10

アイデンティティ証明書のインストール 43-13

アイデンティティ証明書の要求例 43-23

アイデンティティ証明書要求の生成 43-12

インポート 43-5, 43-14

エクスポート 43-5, 43-14

最大限度 43-37

失効例 43-30

設定 43-6 ~ 43-17

設定例 43-17 ~ 43-19

説明 43-1 ~ 43-5, 69-1

デフォルト設定 43-37

ピア 43-5

メンテナンス 43-14

目的 43-2

モニタリング 43-14

デスクトップ

ショートカットが表示されない 67-4

デッド タイム インターバル

FSPF の設定 32-8

説明 32-8

デバイス

Fabric Manager の検索 67-24

管理 2-17

グループの変更(手順) 5-32

検出 57-1

デバイス ID

Call Home フォーマット 62-32

デバイス エイリアス

CFS サポート 13-2

機能 31-3

説明 31-1

ゾーン エイリアスの変換 31-7

ゾーンとの比較(表) 31-4

データベースの変更 31-4

デフォルト設定 31-9

統計情報のクリア 31-8

要件 31-4

デバイス エイリアス データベース

ファブリックへの配信 31-5

変更のコミット 31-7

変更の廃棄 31-7

マージ 31-9

デフォルト VSAN

説明 26-8

デフォルト ゲートウェイ。「IPv4 デフォルト ゲートウェイ」を参照

デフォルト ゾーン

QoS プライオリティの設定 30-38

設定 30-21

説明 30-20

相互運用性 37-10

ポリシー 30-21

ポリシーの設定 30-39

デフォルト ネットワーク

設定 2-6, 2-10

デフォルト ネットワーク。「IPv4 デフォルト ネットワーク」を参照

デフォルト ユーザ

説明 2-3

電源

設定時の注意事項 18-5 ~ 18-7

設定の表示 18-5

デフォルト ステート 18-12

電源アトリビュートの設定 18-5

モードの設定 18-4

電源消費量

表示 18-3

電源の再投入

モジュール 19-7

電源の切断

スイッチング モジュール 19-9

テンプレート

カスタム レポート テンプレートの修正 7-42

カスタム レポートの作成 7-39

透過型イニシエータ モード 50-15

透過型イニシエータ モード、iSCSI

透過型イニシエータ モード 50-20

統計情報

SCSI I/O 9-3

スーパーバイザ モジュール 19-4

動作ステート

説明 20-8

ファイバ チャネル インターフェイスでの設定 20-12

特殊フレーム

FCIP 対応 48-22

トポロジ

マッピング 57-2

マップのクリア 67-23

トポロジ マップ

カスタム 57-2

カスタム レイアウトの保存(手順) 57-2

説明 57-2

複数ファブリックのマッピング 57-3

ラック 57-3

ドメイン

オーバーラップ分離 C-2

ドメイン ID

CFS サポート 13-2

CFS 配信の設定 25-12 ~ 25-15

FC エイリアス メンバーの設定 30-21

IVR 設定時の注意事項 29-14

一意 29-14

一意でない IVR NAT 29-5

許可リスト 25-11

許可リストの設定 25-11

重複によるエラーの発生 67-14

障害 C-2

スタティック 25-10

説明 25-8

相互運用性 37-9

配信 25-2

優先 25-10

連続割り当て 25-15

連続割り当てのイネーブル化 25-15

割り当て障害 20-10

ドメイン名

設定 2-6

ドライバ

iSCSI 50-2

トラスト ポイント

作成 43-8

説明 43-2

複数 43-3

リブート後の設定の保存 43-14

トラッキング対象ポート

動作のバインディング 65-3

トラップ

登録情報の表示 7-49

トラフィック

Cisco Traffic Analyzer による管理 9-2

Cisco Traffic Analyzer によるモニタリング 9-2

キャプチャされたフレームの表示 66-20

テキストベース キャプチャ 66-18

リモート キャプチャ 66-18, 66-19

ローカル キャプチャ 66-19

トラフィックの分離

VSAN 26-4

トラフィックのモニタリング

SPAN 60-6

トラブルシューティング

Cisco Traffic Analyzer の使用 66-2

CTC 48-17

Fabric Configuration ツールの使用(手順) 66-4

Fabric Manager のツール 5-35

ping ツールの使用 66-7

Protocol Analyzer の使用 66-3

show tech コマンド 66-9

traceroute の使用方法(手順) 66-8

エンドツーエンド接続のテスト 66-5

オーバーサブスクライブの判別 66-14

スイッチ ヘルスの分析 66-3

ゾーン マージの分析 66-8

その他のスイッチの検索 66-12

ツール 66-1

トラブルシューティング レポート

Cisco Traffic Analyzer 66-2

トランキング

Device Manager による設定 6-6

制約事項 24-3, 24-4

設定に関する考慮事項 24-4

説明 24-1

相互運用性 37-9

デフォルト設定 24-11

トラフィックのマージ 24-4

ポートチャネルとの比較 23-3

モードの設定 24-7

リンク ステート 24-7

トランキング E ポート モード。「TE ポート モード」を参照

トランキング F ポート モード。「TF ポート モード」を参照

トランキング プロトコル

イネーブル化 24-7

説明 24-6

ディセーブル化 24-7

デフォルト ステート 24-6

デフォルト設定 24-11, 24-12

ポート分離の検出 24-4

トランキング ポート

VSAN との対応 26-8

トランキング モード

FCIP インターフェイス 48-4

トランク許可 VSAN リスト

説明 24-9 ~ 24-11

トランク モード

ステータス 24-7

設定 24-7, 24-8

デフォルト設定 24-11

トランスレーティブ ループ ポート モード。「TL ポート モード」を参照

ドリル ダウン レポート

説明 7-1

内蔵 bootflash:

フラッシュ デバイス 16-2

内部ループバック テスト

実行 68-6

説明 68-6

夏時間

調整 B-1

認証

CHAP オプション 50-57

Device Manager でのローカル設定 50-30

Fabric Manager Web Service 4-4

iSCSI 設定 50-56

iSLB 発信側認証の制限、発信側認証

制限、iSLB

iSLB 発信側の制限 50-43

MD5 51-12

相互 CHAP、相互 CHAP 認証 50-31

単純なテキスト 51-12

注意事項 41-4

ファブリック セキュリティ 45-1

メカニズム 50-29

ユーザ ID 41-3

リモート 41-3, 41-4

ローカル 41-3, 50-30

「MD5 認証」も参照

「単純なテキスト認証」も参照

認証局。「CA」を参照

認証、認可、アカウンティング。「AAA」を参照

ネイティブ VSAN

説明 29-3

ネーム サーバ

LUN 情報 35-1

重複 pWWN の拒否 34-3

相互運用性 37-10

データベース エントリの表示 34-3

プロキシ機能 34-2

プロキシ登録 34-2

ネットワーク アドレス変換。「IVR NAT」を参照

ネットワーク オペレータのロール

FabricWare D-2

ネットワーク管理者

権限 41-3

追加のロール 41-3

ネットワーク管理者のロール

FabricWare D-2

ネットワーク モニタリング

デバイスの検出 57-1

トポロジのマッピング 57-2

ハードウェア

インベントリの表示 18-1

温度の表示 18-11

概要 1-1

デフォルト設定 18-12

リストの表示 7-10

ハードウェア障害

アクションの設定 B-3

ハード ゾーン分割

説明 30-27

ハイ アベイラビリティ

DHCHAP との互換性 45-3

VRRP 48-6, 50-55

VRRP、VRRP ベース ハイ アベイラビリティ 50-55

イーサネット ポートチャネル 48-6, 50-56

自動同期化 17-4

スイッチオーバーの特長 17-2

スーパーバイザ モジュールのスイッチオーバー メカニズム 17-2

スーパーバイザ モジュールの同期化 17-4

説明 17-1

ソフトウェア アップグレード 15-5

ファイバ チャネル ポートチャネル 48-7

プロセスの再開 17-3

ライセンス 10-8

リンク障害から保護 17-1

廃棄遅延時間

設定 32-18

パケット

FCIP での廃棄 48-23

パス MTU。「PMTU」を参照

パススルー ルーティング モード 50-33, 50-35

パスワード

DHCHAP 45-7, 45-8

Fabric Manager を使用した割り当て 5-34

回復 7-46

管理者 2-2

管理者用のデフォルトの設定 2-9

パスワードの回復 39-19

発信側

スタティック マッピングの iSCSI 50-36

バッファ サイズ

FCIP プロファイルでの設定 48-20

バッファ プール

第 2 世代スイッチング モジュール 22-10

パフォーマンス

Device Manager でのモニタリング(手順) 58-1

ISL 統計情報(手順) 58-3

イベント トリガー 8-2

カスタム モニタリング 7-27

グラフ 58-6

サマリーの表示 7-14

サマリー レポート 58-6

しきい値の使用法 8-2, 58-4

収集の設定 7-57

データ 8-3

テーブル 58-6

ポート単位のモニタリング(手順) 58-2

ホスト最適化ポート グループ 58-6

モニタリング 8-1

予測の表示 7-26

リアルタイム モニタリング 58-1

履歴のモニタリング 58-4

レポートのカスタマイズ 7-38

パフォーマンスの収集

削除 7-58

しきい値の設定 7-60

追加 7-57

パフォーマンス バッファ

設定 20-27

説明 20-27

ハロー タイム インターバル

FSPF の設定 32-8

説明 32-8

日付

設定 12-3

ビット エラー

理由 20-20

ビット エラーしきい値

設定 20-20

説明 20-20

評価

Device Manager での停止 10-17

標識モード

LED の識別 20-19

設定 20-20

説明 20-20

ファイアウォール

Fabric Manager での稼働 2-42

設定 2-14

ファイバ チャネル 50-1

iSCSI ターゲット 50-7 ~ 50-14

Time Out Value 37-2 ~ 37-5

TOV 37-3

タイムアウト値の設定 66-15

ファブリック バインディング用の sWWN 47-4

ファイバ チャネル アナライザ

SPAN を使用した設定 60-11

SPAN を使用せずにモニタリング 60-10

設定した情報のクリア B-3

フレームをリモート IP アドレスに送信 B-3

フレームをローカルでキャプチャ B-3

ファイバ チャネル インターフェイス

BB_credit 20-26

イネーブル化 20-11

拡張 BB_credit 20-27

管理ステート 20-8

受信データ フィールド サイズの設定 20-18

ステート 20-8

正常なシャットダウン 20-11

速度の設定 20-12

第 2 世代スイッチング モジュールでのアウトオブサービス化 22-40

ディセーブル化 20-11

デフォルト設定 20-32

動作ステート 20-8

動作ステートのトラブルシューティング 20-9

特性 20-2 ~ 20-11

パフォーマンス バッファ 20-27

ビット エラーしきい値の設定 20-20

標識モードの設定 20-20

フレームのカプセル化の設定 20-18

ポートチャネルからの削除 23-20

ポート モードの設定 20-12

モード 20-3 ~ 20-7

理由コード 20-8

「インターフェイス」も参照 20-8

ファイバ チャネル書き込みアクセラレーション

イネーブル化 56-2

書き込みバッファ数の変更 56-2

書き込みバッファ数の見積もり 56-1

説明 56-1

デフォルト設定 56-3

ライセンス 56-1

ファイバ チャネル ゾーン分割ベースのアクセス制御 50-27

ファイバ チャネル ターゲット

ダイナミック インポート 50-9

ダイナミック マッピング 50-9

ファイバ チャネル ドメイン。「fcdomain」を参照

ファイバ チャネル トラフィック

SPAN 発信元 60-3

統計情報 66-3

分析 66-2

ファイル

圧縮 B-2

圧縮解除 B-2

最終行の表示 B-2

内容の表示 B-1

ファイル システム

volatile: 16-2

フォーマット 16-2

ファブリック

管理 2-17

検出 5-32

モニタリング 3-3

モニタリングの編集 7-49

「Build Fabric フレーム」も参照

ファブリック pWWN

ゾーン メンバシップ 30-2

ファブリック。「RCF」および「Build Fabric フレーム」を参照

ファブリック WWN。「fWWN」を参照

ファブリック アナライザ

Ethereal フリーウェア 66-17

libpcap フリーウェア 66-17

設定 66-19

説明 66-17

ディスプレイ フィルタの使用 B-3

ファブリック セキュリティ

デフォルト設定 45-10

認証 45-1

ファブリックの再設定

fcdomain のフェーズ 25-2

ファブリック バインディング

DHCHAP との互換性 45-3

EFMD 47-1

Ex ポートの確認 47-2

アクティブ化 47-5

強制的なアクティブ化 47-5

実行 47-2

設定 47-3 ~ 47-6

設定の確認 47-6 ~ 47-10

設定の保存 47-6

説明 47-1 ~ 47-2

データベースの削除 47-6

デフォルト設定 47-10

統計情報のクリア 47-6

ポート セキュリティとの比較 47-1

ライセンスの要件 47-1

ファブリック フレームの再設定。「RCF」を参照

ファブリック ポート モード。「F ポート モード」を参照

ファブリック ループ ポート モード。「FL ポート モード」を参照

ファブリック ログイン。「FLOGI」を参照

ファブリック ロック

解除 50-49

ファン モジュール

障害 18-11

ステータスの表示 18-12

説明 18-11

ファン モジュール LED

障害ステータス 18-11

フィルタ

キャプチャ 66-21

許可 66-22

選択的表示 66-20

表示の定義 66-21

フィルタリング

エンド ポート グループ 5-28

スイッチ グループ 5-28

ブート変数

同期化 17-4

フォールトトレラント ファブリック

例(図) 32-2

不揮発性ストレージ

bootflash: 16-2

複数の VSAN

設定 51-8

複数のファブリック 57-3

管理 67-26

輻輳ウィンドウ モニタリング。「CWM」を参照

フラッシュ デバイス

bootflash: 16-2

概要 16-1

フォーマット 16-2

ブリッジ ポート。「B ポート」を参照

ブリッジ ポート モード。「B ポート モード」を参照

プリファレンス

Confirm Deletion のデフォルト 5-31

Device Manager 6-7

Export Tables with Format のデフォルト 5-31

Fabric Manager Client 5-30

Show CFS Warnings のデフォルト 5-31

Show End Device Using のデフォルト 5-30

Show Shortened iSCSI Names のデフォルト 5-30

Show Timestamps as Date/Time のデフォルト 5-30

Show WorldWideName(WWN)Vendor のデフォルト 5-30

Telnet Path のデフォルト 5-30

Use Secure Shell instead of Telnet のデフォルト 5-31

デフォルト 5-30

デフォルトの Show Device Name 5-30

フル ゾーン セット

考慮事項 30-4

配信のイネーブル化 30-27

フレーム

MTU サイズの設定 52-6, 53-4

表示 66-20

フレームのカプセル化

設定 20-18

フロー

パフォーマンス情報の表示 7-23

パフォーマンス統計情報 8-1

フロー統計情報

説明 8-6

ブロードキャスト

帯域内アドレスのデフォルト 19-14

ルーティング 32-14

プロキシ

ネーム サーバの登録 34-2

プロキシ イニシエータ

設定、iSCSI

プロキシ イニシエータの設定 50-21

プロキシ イニシエータ モード 50-15, 50-25

設定 50-20

ゾーン分割 50-22

プロキシ イニシエータ モード、iSCSI

プロキシ イニシエータ モード 50-20

プロセス

再開 17-3

中断を伴わない再起動 17-1

プロトコル 50-1

VRRP 50-8

分析 66-17

分離された VSAN

説明 26-9

メンバシップの表示 26-9

ベンダー固有属性。「VSA」を参照

ポート

Device Manager によるイネーブル化 6-6

Device Manager によるディセーブル化 6-6

VSAN メンバシップ 26-8

オンデマンド ポート アクティベーション ライセンス 11-1

仮想 E 48-2

集約 17-1

ポート アドレス

FICON 36-11

ポート インデックス

説明 22-25

ポート グループ

拡張 BB_credit の割り当て 20-28

説明 22-3

第 2 世代ファイバ チャネル スイッチング モジュール 22-3

第 3 世代ファイバ チャネル スイッチング モジュール 22-7

ホスト最適化パフォーマンス 58-6

ポート スワッピング。「FICON ポート スワッピング」を参照

ポート セキュリティ

CFS サポート 13-2

CFS 配信の設定 46-19 ~ 46-21

DHCHAP との互換性 45-3

WWN の識別 46-17

アクティブ化 46-3, 46-10

アクティブ化の拒否 46-11

イネーブル化 46-9

ウィザード 5-34

強制的なアクティブ化 46-11

実行メカニズム 46-2

自動学習 46-2

手動設定時の注意事項 46-5

設定に関する考慮事項 46-3

設定の表示(手順) 46-13

阻止された不正アクセス 46-1

ディセーブル化 46-9

データベースからのエントリの削除(手順) 46-19

データベースの消去 46-25

デフォルト設定 46-25

統計情報の表示(手順) 46-13

非アクティブ化 46-10

ファブリック バインディングとの比較 47-1

不正アクセスの防止 46-1

ライセンス要件 46-2

ポート セキュリティ自動学習

CFS 使用時の設定の注意事項 46-4

CFS を使用しない設定の注意事項 46-4

イネーブル化 46-14

設定の配信 46-20

説明 46-2

ディセーブル化 46-15

デバイスの許可 46-15

ポート セキュリティ データベース

コピー 46-23

コンフィギュレーション データベースへのアクティブ データベースのコピー(手順) 46-12

再アクティブ化 46-12

削除 46-24

シナリオ 46-22

手動設定時の注意事項 46-5

消去 46-25

相互作用 46-22

マージに関する注意事項 46-22

ポート速度

設定 20-12

第 2 世代スイッチング モジュール インターフェイスでの設定 22-32

ポートチャネル

Device Manager による設定 6-6

DHCHAP との互換性 45-3

FCIP ハイ アベイラビリティに対する設定 48-5

FICON のサポート 36-5

FICON 用のポートの予約 36-13

IQN フォーマット 50-8

SPAN 発信元 60-3

インターフェイス 50-12

インターフェイスの強制追加 23-19

インターフェイスの削除 23-20

インターフェイスのステート 23-18

インターフェイスの追加 23-17, 23-18

ウィザード 5-34

管理上のダウン状態 20-10

互換性チェック 23-18

互換性のない速度 C-2

互換性のないモード C-2

互換性のないリモート スイッチ C-2

誤設定エラー検出 23-11

削除 23-16

作成 23-16

作成ダイアログボックスの大きさ 67-8

サブインターフェイス 50-12

順序保証 32-17

冗長性 48-7

設定 23-9

設定に関する考慮事項 23-10

設定の確認 23-25

説明 23-1

相互運用性 37-10

第 2 世代スイッチング モジュール インターフェイス 22-26

ダウン状態 C-2

デフォルト設定 23-25

トランキングとの比較 23-3

ハイ アベイラビリティ 17-1

メンバーの組み合わせ 52-10

リンク障害 32-3

リンク変更 32-17

23-2

ロード バランシング 23-4

ロード バランシング(例) 48-5

ロギング ファシリティ 61-2

ポートチャネル プロトコル

自動作成 23-23

自動作成のイネーブル化 23-23

自動作成の設定 23-23

手動設定への自動作成グループの変換 23-24

説明 23-20

チャネル グループの作成 23-21

ポートチャネル モード

説明 23-6

ポート トラッキング

VSAN 内のポートのモニタリング 65-6

イネーブル化 65-3

説明 65-1

注意事項 65-2

デフォルト設定 65-6

複数ポート 65-5

ポートを強制的にシャットダウン 65-6

ポート モード

IPS 52-4, 53-1

自動 20-7

説明 20-3 ~ 20-7

ポート レート制限

設定 64-11

説明 64-11

デフォルト 64-12

ハードウェアの制約事項 64-11

ポート レート モード

オーバーサブスクライブ 22-7

共有 22-7

設定 22-33

説明 22-4

専用 22-6

「レート モード」も参照

ポーリング時間

変更 3-7

ホスト

パフォーマンス統計情報 8-1

ホスト制御

FICON 36-20

ホスト名

デジタル証明書の設定 43-6

マージ ステータスの矛盾、iSLB

マージ ステータスの矛盾、CFS

マージ ステータスの矛盾 50-50

マップ

1 つしかないスイッチが 2 つ表示される 67-14

Visio 図 5-27

アイコンの説明 5-24

色の定義 67-14

エンド デバイスのグループ化 5-32

大きい表示 5-26

オレンジの十字 67-14

強調表示 5-26

スイッチ内のレッドの線 67-14

正方形なし 67-14

タブの説明 5-26

デフォルト設定 5-31

トポロジのクリア 67-23

ブラウンの正方形 67-14

ブラックの正方形 67-14

保存 5-27

マップ設定を保持したままソフトウェアをアップグレード 67-19

モードの付いたオレンジの正方形 67-14

モードの付いたグリーンの正方形 67-14

モジュール警告 67-14

要素の消去 5-27

ライセンス オレンジ X のクリア 67-26

ライト グレーの正方形 67-14

リフレッシュ 5-27

レイアウト表示の保持 67-13

レッドの十字 67-14

レッドの正方形 67-14

マップ設定

Automatically Save Layout のデフォルト 5-32

Detach Overview Window のデフォルト 5-32

Display End Device Labels のデフォルト 5-31

Display End Devices のデフォルト 5-31

Display Unselected VSAN Members のデフォルト 5-31

Expand Loops のデフォルト 5-31

Expand Multiple Links のデフォルト 5-31

Layout New Devices Automatically のデフォルト 5-31

Open New Device Manager Each Time のデフォルト 5-31

Override Preferences for Non-default Layout のデフォルト 5-31

Select Switch or Link from Table のデフォルト 5-31

Use Quick Layout when Switch has >=30 End Devices のデフォルト 5-31

マップ モジュール エラーマップ

ファン エラーマップ

電源モジュール エラー 67-14

マルチキャスト アドレス

IPv6 形式、図 54-5

IPv6 送信要求ノード形式、図 54-6

ブロードキャスト アドレスに代わる IPv6 の機能 54-6

マルチキャスト ルート スイッチ

設定 32-15

説明 32-15

マルチパス ソフトウェアの例 50-51

マルチプロトコル サービス モジュール。「MPS-14/2 モジュール」を参照

無差別モード

ギガビット イーサネット インターフェイスの設定 52-6, 53-4

明示的ファブリック ログアウト 50-16

メインフレーム

FICON パラメータ 36-21

VSAN クロック 36-21

メインフレーム パッケージ ライセンス

説明 10-5

メッセージ

重大度の選択 7-51

モジュール

温度の表示 18-11

温度のモニタリング 18-10

交換 15-18

ステータスの確認 12-2, 19-4

ステートの説明 19-5

接続 B-2

設定の維持 19-7

メッセージ ロギングの設定 61-5

リセット 19-6

モジュール設定

NVRAM への保存 19-8

維持 B-2

消去 B-2

モジュール テスト

設定 B-3

モデム

設定値の設定 B-1

ユーザ

CFS サポート 13-2

SNMP のサポート 40-4

削除 7-55

削除(手順) 39-14

追加 7-54

デフォルト 2-3

ユーザ ID

認証 41-3

ユーザ アカウント

セットアップ時の追加作成 2-5

ユーザ プロファイル

ロール情報 41-3

ユーザベースのロール

FabricWare のサポート D-2

よくある質問。「FAQ」を参照

読み取り専用ゾーン

設定 30-43

設定に関する考慮事項 30-42

説明 30-42

デフォルト設定 30-49

ライセンス

Claim Certificate 10-2

Device Manager での表示 10-17

Device Manager を使用したインストール 10-12

Fabric Manager 67-25

Fabric Manager Server 10-17

Fabric Manager Server パッケージ 10-6

Fabric Manager Web Server での表示(手順) 10-17

Fabric Manager Web Service での表示 10-17

Fabric Manager での表示 10-16

License Wizard License Wizard を使用したインストール 10-10

License Wizard を使用したインストール 10-10

One-Click License Install が実行されない 67-10

PAK 10-2

SAN 拡張パッケージ 10-4, 10-5

Storage Services Enabler パッケージ 10-6

アンインストール 10-14

インストール オプション 10-8

ウィザード 5-35

エンタープライズ パッケージ 10-4

オンデマンド ポート アクティベーション 11-1

拡張 BB_credit 20-28, 22-24

キー ファイル 10-9 ~ 10-13

期間のアラート 10-15

機能ベース 10-3

更新 10-15

サポートされていない機能 B-1

サポート対象の機能(表) 10-4

出荷時にインストールされた 10-8

手動によるインストール 10-9

使用中の機能の識別 10-13

情報の表示 10-16

スイッチ間の移動 10-16, B-1

スイッチ情報の表示 7-32

説明 10-1

入手 10-8

ハイ アベイラビリティ 10-8

ファイルのバック アップ B-1

メインフレーム パッケージ 10-5

モジュールベース 10-3

猶予期間のアラート 10-15

猶予期間の終了 10-15

用語 10-1

ライセンス キー ファイル

インストール 10-10

更新 10-9

説明 10-2

入手 10-9

ライン カード。「スイッチング モジュール」および「サービス モジュール」を参照

ラウンドトリップ応答時間

モニタリング 9-3

ラック名

エイリアス 5-33

リソース

管理 2-17

リモート AAA サーバ

認証の遅延 4-2

リモート SPAN

設定 B-2

リモート ファイル システム

アクセス B-2

理由コード

説明 20-8

説明(表) C-1

履歴データ

維持 67-20

リロード

スイッチ 19-6

リンク コスト

FSPF の設定 32-7

説明 32-7

リンク障害

回復 65-1

保護 17-1

理由コード C-1

リンク冗長性

イーサネット ポートチャネルの集約 52-10

リンクローカル アドレス

形式、図 54-4

説明 54-4

ルータの検出

IPv6 54-9

ルーティング

マルチキャスト 32-14

「IP ルーティング」も参照

「ブロードキャスト アドレス」も参照

ルート コスト

計算 32-7

ループ

モニタリング B-3

ループバック テスト

外部 68-6, 68-7

間隔の設定 B-3

レート制限

デフォルト設定 64-12

レート モード

第 2 世代スイッチング モジュール インターフェイスでの設定 22-33

「ポート レート モード」も参照

連続ドメイン ID 割り当て

概要 25-15

連邦情報処理標準規格。「FIPS」を参照

ロード バランシング 50-35, 50-37

FSPF(例) 48-5

VSAN の属性 26-6

アトリビュート 26-14

重み付け 50-41

設定 26-14

説明 23-4, 26-14

ポートチャネル 23-2

ポートチャネル(例) 48-5

ロード メトリック 50-41

ロール

CFS サポート 13-2

Web Service のロールの削除 7-56

Web Service のロールの追加 7-55

権限 5-34

削除(手順) 39-3

デフォルト権限 41-3

ユーザ プロファイル 41-3

ロールベースの管理

アクセス制御 5-34

ロギング

イネーブル化 61-3

ディセーブル化 61-3

デフォルト設定 61-11

メッセージの重大度 61-3

ログ

Device Manager による表示 57-4

Fabric Manager Web Server を使用した表示 57-4

RMON 59-16

SNMP イベント 40-12

情報の表示 7-63

ログ ウィンドウ サイズの拡大 67-10

ログイン

SSH 41-4

Telnet 41-4

エラー リカバリ 67-6

ログ ファイル

サイズ 61-6

設定 61-6

説明 68-3

デフォルト名 61-6

ロック、ファブリック 50-48