Cisco DCNM Web サービス API ガイド リリース 5.1(1a)
SecurityApp サービス
SecurityApp サービス
発行日;2012/02/02 | 英語版ドキュメント(2011/07/18 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

SecurityApp サービス

SecurityApp サービスについて

createSessionId

getAuthorizedInterfaces

getAuthorizedOperations

getAuthorizedVrfs

SecurityApp サービス

この章では、DCNM Web サービスの、SecurityApp サービスに対応する API メソッドについて説明します。

SecurityApp サービスについて

セキュリティ サービスは、DCNM サーバ アクセス コントロールに関連するさまざまな機能を提供します。アクセス コントロールを使用すると、DCNM サーバ リソースにアクセスできるユーザやアクセスを許可するサービスを制御できます。一般的に、ユーザには、情報へのアクセスや権限内での操作実行を許可する ID 番号(セッション ID)とパスワードが割り当てられます。API カテゴリは次のとおりです。

Query/Get API:永続的なデータベースからセキュリティ関連情報(許可された操作)を照会します。

Create API:新しいアプリケーション ユーザを作成します。

Modify API:既存のアプリケーション ユーザの基本アトリビュートを変更します。

Delete API:既存のアプリケーション ユーザを削除します。

createSessionId

この操作は、現在のユーザのセッション ID を作成して戻します。このメソッドは、Cisco NX-OS Release 5.0(3) 以降を実行する Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチで使用可能です。

パラメータ

aOpContext:動作コンテキスト。

戻り値

セッション ID 文字列。

getAuthorizedInterfaces

このメソッドは、Cisco NX-OS Release 5.0(3) 以降を実行する Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチで使用可能です。

パラメータ

戻り値

getAuthorizedOperations

指定アプリケーション ユーザの許可された操作、インターフェイス名およびネットワーク要素のリストを戻します。このメソッドは、Cisco NX-OS Release 5.0(3) 以降を実行する Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチで使用可能です。

パラメータ

aApplicationUserNameId:アプリケーション ユーザのインスタンス名 ID。

aNeNameIds:ネットワーク要素のインスタンス名 ID のリスト。

aInterfaceName:インターフェイス名。たとえば、AAA インターフェイスの com.cisco.dcbu.dcm.app.ethernet.aaa.AaaApp です。

戻り値

指定アプリケーション ユーザのリスト動作シグニチャ、インターフェイス名、およびネットワーク要素のリスト。

getAuthorizedVrfs

このメソッドは、Cisco NX-OS Release 5.0(3) 以降を実行する Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチで使用可能です。

パラメータ

戻り値