Cisco DCNM Web サービス API ガイド リリース 5.1(1a)
FcoeApp サービス
FcoeApp サービス
発行日;2012/02/02 | 英語版ドキュメント(2011/07/18 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

FcoeApp サービス

FcoeApp サービスについて

getVlansMappedToVsans

getVsansMappedToVlans

FcoeApp サービス

この章では、DCNM Web サービスの、FcoeApp サービスに対応する API メソッドについて説明します。この API は、Cisco NX-OS Release 5.1(1) 以降を実行する Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチで使用可能です。

FcoeApp サービスについて

Fibre Channel over Ethernet(FCoE)は、選択した全二重 IEEE 802.3 ネットワーク上でのファイバ チャネルのマッピングです。目的は、イーサネット上で I/O の統合を実現し、データ センターでのネットワークの複雑さを軽減することです。FCoE は、物理イーサネット接続上でファイバ チャネル トラフィックを転送するメソッドを提供します。FCoE では、基礎となるイーサネットを全二重にして、ファイバ チャネル トラフィックのロスレス動作を提供する必要があります。

このインターフェイスは、FCoE 機能サービス ファサードが公開しているすべての API を定義しています。API は次のカテゴリで定義されます。

Query API または Get API:永続的データベースのデータを照会するために使用します。

getVlansMappedToVsans

渡した VSAN ID にマッピングされている VLAN ID のリストを戻します。

ValidationException は、次のいずれかの状況が発生した場合にスローされます。

渡された neInstanceNameIdCol 引数がヌルまたは空の場合、あるいはこのコレクション内の要素がネットワーク要素の有効な InstanceNameId ではない場合。

vsans の ID が有効な範囲以外の場合。

パラメータ

opContext:動作コンテキスト

neInstanceNameIdCol:FCoE をサポートするネットワーク要素の InstanceNameId のコレクション

vsans:VSAN ID のリスト。

戻り値

FCoE イネーブル デバイスの VSAN ID にマッピングされている VLAN ID のリスト。

getVsansMappedToVlans

渡した VLAN ID にマッピングされている VSAN ID のリストを戻します。

ValidationException は、次のいずれかの状況が発生した場合にスローされます。

渡された neInstanceNameIdCol 引数がヌルまたは空の場合、あるいはこのコレクション内の要素がネットワーク要素の有効な InstanceNameId ではない場合。

vsans の ID が有効な範囲以外の場合。

パラメータ

opContext:動作コンテキスト

neInstanceNameIdCol:FCoE をサポートするネットワーク要素の InstanceNameId のコレクション

vsans:VSAN ID のリスト。

戻り値

FCoE イネーブル デバイスの VLAN ID にマッピングされている VSAN ID のリストのリスト。