Cisco DCNM for SAN、Release 5.x システム管理コンフィギュ レーション ガイド
新機能および変更情報
新機能および変更情報
発行日;2012/06/19 | 英語版ドキュメント(2011/07/17 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

新機能および変更情報

新機能および変更情報

Cisco DCNM Release 5.2 以降、Cisco Fabric Manager と Cisco Data Center Network Manager for LAN は、Cisco Data Center Network Manager(DCNM)と呼ばれる 1 つの製品に統合されており、LAN 環境と SAN 環境の両方を管理できるようになっています。この製品統合に伴い、Cisco Fabric Manager の名称は、Cisco DCNM for SAN という名称に変更されています。

次のマニュアルの変更は、統合された Cisco DCNM 製品に対応しています。

Cisco DCNM Release 5.2 の Cisco DCNM 製品のマニュアルは、Cisco DCNM for LAN という名称でタイトルが変更されています。

Cisco DCNM Release 5.2 の Cisco Fabric Manager 製品のマニュアルは、Cisco DCNM for SAN という名称でタイトルが変更されています。

Cisco DCNM for SAN 製品のマニュアルは、Cisco.com の http://www.cisco.com/en/US/products/ps9369/tsd_products_support_configure.html にある Data Center Network Manager の一覧ページで現在公開されています。

この URL は、Cisco DCNM for LAN 製品のマニュアルの一覧ページでもあります。

Cisco DCNM Release 5.2 よりも前のソフトウェア リリースに対する Cisco Fabric Manager のマニュアルは、Cisco Fabric Manager という名称のままであり、現行の Cisco.com の一覧ページからまだ入手できます。
http://www.cisco.com/en/US/products/ps10495/tsd_products_support_configure.html

Cisco DCNM Release 5.2 よりも前の Cisco Fabric Manager ソフトウェアのリリースを使用している場合は、引き続き Cisco Fabric Manager のマニュアルを使用する必要があります。

DCNM-SAN という名称が、Cisco Data Center Network Manager のユーザ インターフェイスにおいて Cisco DCNM for SAN の代わりに使用されます。同様に、DCNM-LAN という名称が、ユーザ インターフェイスにおいて Cisco DCNM for LAN の代わりに使用されます。ユーザ インターフェイスと一致させるために、製品マニュアルでも DCNM-SAN と DCNM-LAN の名称が使用されています。

次の新しい資料は、Cisco DCNM for LAN と DCNM for SAN の両方に対応しており、Cisco DCNM の新しいライセンス モデル、新しいインストール プロセス、および新しい機能が説明されています。

『Cisco DCNM Installation and Licensing Guide』

『Cisco DCNM Release Notes』

Cisco DCNM マニュアルの全リストについては、「はじめに」の「関連資料」を参照してください。

Cisco MDS NX-OS Release 4.2(1) より、新機能に固有のコンフィギュレーション ガイドでソフトウェア設定に関する次の情報を入手できます。

システム管理

インターフェイス

ファブリック

Quality of Service

セキュリティ

IP サービス

ハイ アベイラビリティおよび冗長性

これらの新しいガイドの情報は、以前は『 Cisco MDS 9000 Family CLI Configuration Guide 』および『 Cisco MDS 9000 Family Fabric Manager Configuration Guide 』に記載されていました。これらのコンフィギュレーション ガイドは、Cisco.com に用意されており、MDS NX-OS Release 4.2(1) 以前のすべてのソフトウェア リリース用に参照できます。各ガイドには、特定のリリースで導入された機能や使用可能な機能が記載されています。ご使用のスイッチにインストールされているソフトウェアに対応したコンフィギュレーション ガイドを選択して参照してください。

Cisco MDS 9000 Family CLI Configuration Guide 』と『 Cisco MDS 9000 Family Fabric Manager Configuration Guide は、現在、Nexus オペレーティング システムを実行する製品で共通の次のガイドにあります。

Cisco NX-OS Family Licensing Guide 』:ライセンス モデルと機能ライセンスについて説明します。

Cisco NX-OS Fundamentals Configuration Guide 』:スイッチ セットアップ ユーティリティについて説明し、一般的な CLI、ファイル システム、およびコンフィギュレーション情報について説明します。

資料のタイトルの一覧表については、「はじめに」の「関連資料」を参照してください。

Cisco MDS NX-OS Release 4.2(x) に関する詳細については、『 Cisco MDS 9000 Family Release Notes 』を次のシスコ Web サイトから入手して参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps5989/prod_release_notes_list.htm

このマニュアルについて

新しい『 Cisco Fabric Manager System Management Configuration Guide 』の情報は、以前は『 Cisco MDS 9000 Family Fabric Manager Configuration Guide 』の次の場所にありました。

Part 2:「Installation and Switch Management」

Part 5:「Security」

Part 8:「Network and Switch Monitoring」

Part 9:「Troubleshooting」

表 1 に、このガイドで取り上げる MDS NX-OS Release 4.2(1) 以降の新機能および変更された機能を示します。

表 1 新機能および変更された機能

機能
追加または変更された内容
変更されたリリース
参照先

Call Home HTTP プロキシ サーバ

Cisco DCNM-SAN を使用して Call Home HTTP プロキシ サーバを設定する方法についての情報が追加されました。

5.2(1)

Call Home ウィザード

Cisco DCNM-SAN を使用して Call Home ウィザードを設定する方法についての情報が追加されました。

5.2(1)

通知の拡張

Device Manager を使用したイベント フィルタの通知の拡張が追加されました。

5.0(1a)

Syslog の拡張

Fabric Manager からの Syslog のモニタリングが追加されました。

5.0(1a)

「システム メッセージ ロギングの設定」

システム メッセージ ロギング情報が追加されました。

CFS の保留の差異

CFS の保留の差異のスクリーン ショットが新しく追加されました。

5.0(1a)

「CFS インフラストラクチャの使用」

[Call Home Destination] タブ

[Destination] タブの拡張を追加。

4.2(1)

Call Home HTTP のサポート

Call Home HTTP 拡張を追加。

4.2(1)

[SNMP Trap] の [Control] タブ

NX-OS Release 4.2(1) で追加された新しい [Control] タブの詳細を追加。

4.2(1)

「SNMP の設定」

Domain Manager のターボ モード

Domain Manager のターボ モードの設定手順を追加。

4.2(1)

「ドメイン パラメータの設定」