Cisco DCNM インターフェイス コンフィギュ レーション ガイド リリース 5.x
索引
Index
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2011/08/24 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

Index

数字

10 ギガビット イーサネット インターフェイス 9-4

1 GBaseT イーサネット インターフェイス 9-4

A

ACL

IPv4 10-24

MAC 10-25

ARP 検査

ポート プロファイルでの設定 10-20

C

CDP

設定 2-24

CFSoE

vPC 6-19

定義 6-7, 6-19

CLI

ポート プロファイル設定 10-25

D

DHCP スヌーピング

ポート プロファイルでの設定 10-19

F

Fabric Extender 1-5, 9-1

イーサネット インターフェイス 9-4

イメージ管理 9-3

リンクの再配布 9-8

H

HSRP

vPC 6-8

I

IEEE 802.1Q

STP 3-7

アクセス ポート 3-4

制約事項 3-7

注意事項 3-7

トランク ポート 3-3

IEEE 802.3ad

LACP 5-2

IPv4 ACL

vEthernet インターフェイスでの設定 8-9

ポート プロファイルでの設定 10-24

IP アドレス

ポート チャネル 5-19

IP ソース ガード

ポート プロファイルでの設定 10-20

iSCSI のマルチパス 10-7

L

LACP

MAC アドレス 5-10

Marker Protocol 5-11

VDC 5-12

vPC 6-30, 6-33

イネーブル化 5-24

管理キー 5-11

グレースフル コンバージェンス 5-27

個別一時停止 5-29

作成 5-16

システム ID 5-11, 5-26

システム プライオリティ 5-10, 5-26

制約事項 5-14

説明 5-8 ~ 5-12

チャネル グループ 5-9

チャネルごとのメンバ数 5-8

チャネル モード 5-9 ~ 5-10

注意事項 5-14

ディセーブル化 5-9

統計情報 5-30

トラブルシューティング 5-9

フィールドの説明 5-31

ポート チャネル 5-9

ポート プライオリティ 5-26

他の機能との相互運用性 5-14

ライセンス 5-13

Link Aggregation Control Protocol。「LACP」を参照

M

MAC ACL

vEthernet インターフェイスでの設定 8-9

ポート プロファイルでの設定 10-25

MAC アドレス

vPC 6-7

ポート プロファイルでのエージングのタイプと期間の設定 10-23

ポート プロファイルでの最大数の設定 10-22

ポート プロファイルでのスティッキ MAC アドレスのイネーブル化 10-22

ポート プロファイルでのスティッキ MAC アドレスのディセーブル化 10-22

MAC ピン接続 10-5

MDIX

設定 2-16

定義 2-2

Medium 2-2

MIB 3-13, 5-38

MTU

設定 2-20

定義 2-5

P

PAgP、サポート対象外 5-3

[Port Channel] ペイン

アイコン 6-21, 6-33

PVLAN

PVLAN としてのポート プロファイルの設定 10-18

S

SFP+ 9-4

インターフェイス アダプタ 9-4

SPAN

vEthernet インターフェイスでの設定 8-10

STP

EtherChannel 5-2

vPC 6-8, 6-16

トランク 3-7

SVI

「VLAN インターフェイス」を参照

switchport コマンド 2-10

U

UDLD

vPC 6-8

設定 2-25

定義 2-7

メッセージの間隔 2-7

V

VDC

LACP 5-12

VEM

統計情報 8-12

vEthernet インターフェイス

IPv4 ACL による設定 8-9

MAC ACL による設定 8-9

SPAN による設定 8-10

VMware DVPort ID の設定 8-4

アクセス インターフェイスとしての設定 8-6

イネーブル化 8-11

概要情報の表示 8-11

関連資料 8-15

グローバル設定の設定 8-3

自動削除 8-3

自動設定 8-3

静的ピン接続による設定 8-5

説明 8-1

説明の設定 8-3

重複しているインターフェイスの接続解除 8-3

ディセーブル化 8-11

トラフィック統計情報の表示 8-12

トランク インターフェイスとしての設定 8-7

標準規格 8-16

プライベート VLAN による設定 8-8

ポート ステータスの表示 8-12

VLAN

デフォルト 3-5

VLAN インターフェイス

削除 4-15

作成 4-14

VLAN ネットワーク インターフェイス

キャリア遅延 2-9

VLAN、プライベート

「PVLAN」を参照

VMware DVPort ID

vEthernet インターフェイスでの設定 8-4

vPC

Auto-Resolve オプション 6-28, 6-33

CFSoE 6-16, 6-19

GLBP 6-18

HSRP 6-8, 6-18

IGMP スヌーピング 6-18

LACP 6-25, 6-30, 6-33

MAC アドレス 6-7

MST および Rapid PVST+ を使用 6-16

PVST シミュレーション 6-16

STP 6-8, 6-16

[Topology] タブ 6-21, 6-33

UDLD 6-8

VLAN 6-13

VLAN インターフェイス 6-9

VLAN ネットワーク インターフェイス 6-8, 6-18

vPC ウィザード 6-23, 6-33

vPC システム プライオリティ

設定 6-30, 6-33

vPC の同期 6-28, 6-33

vPC ピア リンクの同期 6-28, 6-33

vPC ロール 6-7

VRRP 6-18

アイコン 6-21, 6-33

イネーブル化 6-33

キープアライブ メッセージ 6-9, 6-16, 6-33

互換性のある設定 6-28, 6-33

互換パラメータ 6-12

コンフィギュレーション モード 6-5, 6-11

削除 6-33

作成 6-23, 6-33

サスペンド モード 6-12

システム MAC アドレス 6-25, 6-33

システム プライオリティ 6-12, 6-16, 6-25, 6-33

推奨される VRF 6-5

セカンダリ デバイス 6-7, 6-9

セカンダリ ピア デバイスの設定 6-25, 6-33

設定の同期 6-13, 6-33

前提条件 6-3

タイマー 6-9

タイムアウト 6-10

ダウンストリーム ポート チャネル 6-33

単一モジュール上 6-3, 6-15

ディセーブル化 6-33

統計情報 6-33

トラブルシューティング 6-3, 6-8, 6-9, 6-12, 6-14, 6-21, 6-25, 6-28, 6-29, 6-33

ピア キープアライブ メッセージ 6-5, 6-9

ピアキープアライブ リンク 6-5, 6-9

設定 6-25, 6-29, 6-33

ピア デバイス 6-5, 6-6

ピア リンク 6-3, 6-5

冗長性 6-6

必要なライセンス 6-20

フィールドの説明 6-33

フェールオーバー 6-7, 6-9

プライマリ デバイス 6-7, 6-9

プライマリ ピア デバイスの設定 6-25, 6-33

変更 6-23, 6-33

ポート チャネル 6-25, 6-33

ポート モード 6-3, 6-6

ホールドタイムアウト 6-9

要求される設定の一貫性 6-12, 6-13, 6-33

要求される設定の一致 6-12

レイヤ 3 接続 6-8

ロード バランシング 6-7

ロール プライオリティ 6-25, 6-30, 6-33

ログ レベル 6-1

vPC-HM

CDP 10-4

概要 10-3

手動で作成されたサブグループ 10-4

vPC ピア リンク

設定の同期 6-13, 6-33

トラフィック パターン 6-7

トラブルシューティング 6-3, 6-7

アクセス ポート

VLAN 3-2, 3-4

アクセス VLAN 3-4

設定 3-8

ホスト ポート 3-3

アクセス モード

vEthernet インターフェイスでの設定 8-6

イーサネット インターフェイス 9-4

イネーブル化

vEthernet インターフェイス 8-11

イメージ管理 9-3

インターフェイス

CDP

設定 2-24

Error Disabled 2-3

LACP 5-8

MDIX

設定 2-16

定義 2-2

MTU

設定 2-20

定義 2-5

no shutdown 2-23

SFP ステータスおよび診断 2-12

UDLD

設定 2-25

定義 2-7

VLAN インターフェイスの削除 4-15

VLAN インターフェイスの設定 4-14

アクセス ポート 3-8

仮想イーサネット。「vEthernet インターフェイス」を参照

管理 1-3

管理ステータス

設定 2-23

定義 2-6

共有ポート 2-15

再起動 2-23

サブインターフェイス、設定 4-9

サブインターフェイスの削除 4-11

指定 2-12

シャットダウン 2-23

ジャンボ MTU の設定 2-21

スループット遅延

設定 2-22

定義 2-6

セカンダリ IPv4 アドレスの設定 4-8

セカンダリ IPv6 アドレスの設定 4-9

設定 2-12

説明

定義 2-2

専用ポート 2-15

速度

設定 2-17

定義 2-4

帯域幅 4-13

設定 2-22

定義 2-6

帯域幅、設定 4-13

帯域幅レートモード 2-15

タイプ、指定 2-12

デバウンス タイマー

設定 2-17

定義 2-2

デュプレックス モード

設定 2-17

定義 2-4

統計情報 3-11

トランク ポート

事前プロビジョニング 3-9

タグ付きネイティブ VLAN トラフィック 3-10

ビーコン モード

設定 2-15

定義 2-2

フィールドの説明 3-11

フロー制御

設定 2-18

注意事項 2-10

定義 2-5

ポート チャネル 5-4

ポート チャネル サブインターフェイスの削除 4-12

ポート チャネル サブインターフェイスの作成 4-11

ポート モード 4-7

ルーテッド 4-7

ルーテッドとして設定 4-7

ループバック 4-4

ループバック、設定 4-15

ループバックの削除 4-16

レイヤ 2 3-1

レイヤ 2 とレイヤ 3 を切り替え 2-10

レート モード

定義 2-3

オーバーサブスクリプション

比率 9-2

概要情報

vEthernet インターフェイスの概要情報の表示 8-11

仮想イーサネット インターフェイス。「vEthernet インターフェイス」を参照

仮想イーサネット モジュール

統計情報 8-12

仮想デバイス コンテキスト。「VDC」を参照

仮想ポート チャネル ホスト モード

「vPC-HM」を参照 10-3

管理ステータス

設定 2-23

定義 2-6

管理ポート 1-3

関連資料 xviii, xix

キャリア遅延 2-9

許容 VLAN

トランク ポート 3-5

継承

ポート プロファイル 10-2

コミュニティ ポート 10-18, 10-29

最大伝送ユニット。「MTU」を参照

サブインターフェイス

物理インターフェイスからの削除 4-11

物理インターフェイス上の設定 4-9

ポート チャネル上の削除 4-12

ポート チャネル上の作成 4-11

システム ポート プロファイル 10-2, 10-10

ジャンボ MTU、設定 2-21

資料

その他の資料 xviii, xix

表記法 xviii

スパニング ツリー プロトコル。「STP」を参照

スループット遅延

設定 2-22

定義 2-6

制限

説明(表) B-1

静的ピン接続 10-5

vEthernet インターフェイスでの設定 8-5

パケット VLAN 上の設定 10-17

コントロール VLAN 上の設定 10-17

ポート プロファイル 10-16

制約事項

ポート チャネル 5-14

セキュリティ違反

処理の設定 10-24

設定制限

説明(表) B-1

設定データ 9-3

設定変更管理

ポート プロファイルを複数デバイスにコピーするために使用 10-26

説明

vEthernet インターフェイスでの設定 8-3

定義 2-2

速度

設定 2-17

定義 2-4

帯域幅

設定 2-22, 4-13

定義 2-6

レート モード

定義 2-3

単方向リンク検出。「UDLD」を参照 2-7

着脱可能小型フォームファクタ トランシーバ、「SFP+」を参照

チャネル モード

active 5-25

LACP 5-9

passive 5-25

アクティブ モード 5-10

設定 5-25

デフォルト設定 5-10

パッシブ モード 5-10

ポート チャネル 5-9

注意事項

ポート チャネル 5-14

ディセーブル化

vEthernet インターフェイス 8-11

デバウンス タイマー

定義 2-2

デフォルト設定

VLAN 3-5

ポート チャネル 5-10

デュプレックス モード

設定 2-17

定義 2-4

統計情報

LACP 5-30

VEM 8-12

インターフェイス 3-11

仮想イーサネット モジュール 8-12

ポート チャネル 5-30

独立ポート 10-18, 10-29

トラフィック統計情報

vEthernet インターフェイスのトラフィック統計情報の表示 8-12

トラブルシューティング

vPC 6-3, 6-9, 6-12, 6-14, 6-21, 6-33

vPC ピア リンク 6-3

トランク ポート

802.1X 3-8

STP 3-7

VLAN 3-2

許容 VLAN 3-5

制約事項 3-7

設定 3-9

タギング VLAN 3-3

タグなしトラフィック 3-5

注意事項 3-7

トラブルシューティング 3-6

ネイティブ VLAN

タギング トラフィック 3-5

定義 3-5

ポート チャネル 3-7

トランク モード

vEthernet インターフェイスでの設定 8-7

トランシーバ

シスコがサポートするトランシーバを使用 2-10

トンネル

VDC 7-2

ビーコン モード

設定 2-15

定義 2-2

非対称ポート チャネル 10-3

ピン接続

MAC 10-5

静的 10-5

フィールドの説明

LACP 5-31

vPC 6-33

インターフェイス 3-11

ポート チャネル 5-31

プライベート VLAN

「PVLAN」を参照

vEthernet インターフェイスでの設定 8-8

フロー制御

注意事項 2-10

定義 2-5

ポート

複数の VLAN 3-1

レイヤ 2 3-1, 3-2

ポート管理

ポート プロファイルでの設定 10-17

ポート グループ 10-2

ポート集約プロトコル。「PAgP」を参照

ポート ステータス

vEthernet インターフェイスのポート ステータスの表示 8-12

ポート セキュリティ

ポート プロファイルでのイネーブル化 10-21

ポート プロファイルでのディセーブル化 10-21

ポート チャネル

CDP 5-21

IP アドレス 5-19

LACP 5-9

passive 5-25

STP 5-2

アクティブ モード 5-25

管理アップ 5-20

強制 5-21

互換性要件 5-5 ~ 5-6, 5-18

削除 5-17

作成 5-16

サブインターフェイス 5-2, 5-3, 5-19

システムあたり最大 5-12

スイッチド 5-16

制約事項 5-14

設定 5-3

説明 5-2 ~ 5-13, 5-22

速度 5-23

速度とデュプレックスの設定 5-23

チャネル モード 5-5, 5-25

注意事項 5-14

統計情報 5-30

動作している 5-2

トラブルシューティング 5-24

トランク ポート 3-7

フィールドの説明 5-31

ポートの削除 5-20

ポート モード 5-25

ポートを強制的に参加 5-5

他の機能との相互運用性 5-14

ホスト モード 10-3

メンバ ポート、設定 5-5

メンバ ポート設定 5-5

目的 5-3

ライセンス 5-13

リンクの削除 5-22

ルーテッド 5-16

レイヤ 2 5-16

レイヤ 2 ポート チャネル 5-2

レイヤ 2 ポート チャネル、ポートの追加 5-18

レイヤ 2 ポートの追加 5-18

レイヤ 3 5-16

レイヤ 3 ポート チャネル 5-2

レイヤ 3 ポート チャネル、ポートの追加 5-19

レイヤ 3 ポートの追加 5-19

ロード バランシング 5-6, 5-24

ポート プロファイルでの設定 10-15

ポート プロファイル

ARP 検査の設定 10-20

CLI の表示 10-25

DHCP スヌーピングの設定 10-19

IPv4 ACL の設定 10-24

IP ソース ガードの設定 10-20

iSCSI のマルチパス 10-7

iSCSI のマルチパス用の設定 10-13

MAC ACL の設定 10-25

MAC アドレス エージングのタイプと期間の設定 10-23

MAC アドレスの最大数の設定 10-22

MAC ピン接続 10-5

VMware ポート グループとしての設定 10-14

VSD での設定 10-11

イネーブル化 10-9

関連資料 10-32

機能履歴 10-32

継承 10-2, 10-10

削除 10-9

作成 10-8

システム 10-2

システム ポート プロファイルの設定 10-10

状態 10-2

スティッキ MAC アドレスのイネーブル化 10-22

スティッキ MAC アドレスのディセーブル化 10-22

静的ピン接続 10-5

静的ピン接続の設定 10-16

セキュリティ違反時の処理の設定 10-24

設定変更管理の使用 10-26

説明 10-1

ディセーブル化 10-9

特性 10-3

標準規格 10-32

フィールドの説明 10-26

複数デバイスへのコピー 10-26

プライベート VLAN としての設定 10-18

ポート管理の設定 10-17

ポート グループ 10-2

ポート セキュリティのイネーブル化 10-21

ポート セキュリティのディセーブル化 10-21

ポート チャネルの設定 10-15

レイヤ 3 制御 10-6

レイヤ 3 制御用の設定 10-11

ポート、プライベート VLAN 10-18, 10-29

ホスト ポート 10-18, 10-29

マルチキャスト トラフィック

ポート チャネルを使用したロード バランシング 5-7

無差別モード ポート 10-18, 10-29

メディア依存インターフェイス クロスオーバー

「MDIX」を参照

ライセンス

LACP 5-13

vPC 6-20

ポート チャネル 5-13

レイヤ 2 ポート モード 3-6

リンクの再配布 9-8

ループバック

削除 4-16

設定 4-15

レイヤ 2 インターフェイス

概要 3-1

レイヤ 2 ポート

アクセス 3-1

注意事項 3-7

トラブルシューティング 3-3

トランク 3-1

ライセンス 3-6

レイヤ 3 制御

ポート プロファイル 10-6

レート モード

定義 2-3

ロード バランシング

MPLS トラフィック 5-7

vPC 6-7

アルゴリズム 5-7

設定 5-24

デフォルトのアルゴリズム 5-7

ポート チャネル 5-6 ~ 5-7, 5-24

マルチキャスト トラフィック 5-7

モジュールごと 5-6