Cisco DCNM Unicast Routing コンフィギュレーション ガイド Release 4.0
オブジェクト トラッキングの設定
オブジェクト トラッキングの設定
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

オブジェクト トラッキングの設定

オブジェクト トラッキング情報

オブジェクト トラッキングの概要

ハイ アベイラビリティ

仮想化サポート

オブジェクト トラッキングのライセンス要件

オブジェクト トラッキングの前提条件

注意事項および制約事項

オブジェクト トラッキングの設定

インターフェイスのオブジェクト トラッキング設定

ルート到達可能性のオブジェクト トラッキング設定

クライアントの詳細の表示

関連資料

Object Tracking フィールドの説明

Object Tracking:Details タブ:Object Tracking Details セクション

Object Tracking:Details タブ:Client Details セクション

その他の関連資料

関連資料

規格

オブジェクト トラッキングの設定

この章では、Cisco NX-OS デバイス上でオブジェクト トラッキングを設定する方法について説明します。

ここでは、次の内容を説明します。

「オブジェクト トラッキング情報」

「オブジェクト トラッキングのライセンス要件」

「オブジェクト トラッキングの前提条件」

「注意事項および制約事項」

「オブジェクト トラッキングの設定」

「クライアントの詳細の表示」

「関連資料」

「Object Tracking フィールドの説明」

「その他の関連資料」

オブジェクト トラッキング情報

オブジェクト トラッキングを使用すると、インターフェイス ライン プロトコル ステート、IP ルーティング、ルータ到達可能性など、ネットワーク上の特定のオブジェクトをトラッキングし、トラッキング対象オブジェクトのステートが変化したときに対処できます。この機能により、ネットワークのアベイラビリティの向上し、オブジェクトがダウン状態となった場合の回復時間が短縮されます。

ここでは、次の内容について説明します。

「オブジェクト トラッキングの概要」

「ハイ アベイラビリティ」

「仮想化サポート」

オブジェクト トラッキングの概要

オブジェクト トラッキング機能を使用すると、トラッキング対象オブジェクトを作成できます。複数のクライアントでこのオブジェクトを使用し、トラッキング対象オブジェクトが変化したときのクライアント動作を変更できます。複数のクライアントがそれぞれの関心をトラッキング プロセスに登録し、同じオブジェクトをトラッキングしますが、オブジェクトのステートが変化したときに取るアクションはクライアントごとに異なります。

クライアントには次の機能が含まれます。

HSRP(ホットスタンバイ冗長プロトコル)

Gateway Load Balancing Protocol(GLBP)

Embedded Event Manager(EEM)

オブジェクト トラッキングは、トラッキング対象オブジェクトのステータスを監視し、変更があった場合は関係クライアントに伝えます。各トラッキング対象オブジェクトは、一意の番号で識別します。クライアントはこの番号を使用して、トラッキング対象オブジェクトのステートが変化したときに実行するアクションを設定できます。

Cisco NX-OS がトラッキングするオブジェクト タイプは、次のとおりです。

インターフェイス ライン プロトコル ステート ― ライン プロトコル ステートがアップまたはダウンかどうかをトラッキングします。

インターフェイス IP ルーティング ステート ― インターフェイスに IP アドレスが設定されていて、IP ルーティングがイネーブルでアクティブかどうかをトラッキングします。

IP ルート到達可能性 ― ルートが存在していて、ローカル デバイスから到達可能かどうかをトラッキングします。

たとえば、HSRP を設定すると、冗長ルータの 1 つをネットワークの他の部分に接続するインターフェイスのライン プロトコルをトラッキングできます。リンク プロトコルがダウンした場合、影響を受ける HSRP ルータのプライオリティを変更し、よりすぐれたネットワーク接続が得られるバックアップ ルータにスイッチオーバーされるようにできます。

ハイ アベイラビリティ

オブジェクト トラッキングは、ステートフル リスタートを通じてハイ アベイラビリティをサポートします。ステートフル リスタートが実行されるのは、オブジェクト トラッキング プロセスがクラッシュした場合です。オブジェクト トラッキングは、デュアル スーパーバイザ システムでのステートフル スイッチオーバーもサポートします。スイッチオーバー後に Cisco NX-OS が実行コンフィギュレーションを適用します。

オブジェクト トラッキングを使用して、ネットワーク全体の可用性が向上するように、クライアントの動作を変更することもできます。

仮想化サポート

オブジェクト トラッキングは VRF(仮想ルーティングおよびフォワーディング)インスタンスをサポートします。VRF は Virtual Device Contexts(VDC; 仮想化デバイス コンテキスト)内にあります。特に VDC および VRF を設定しないかぎり、デフォルトで、Cisco NX-OS はユーザにデフォルト VDC およびデフォルト VRF を使用させます。Cisco NX-OS はデフォルトで、デフォルト VRF のオブジェクトのルート到達可能ステートをトラッキングします。別の VRF のオブジェクトをトラッキングする場合は、その VRF のメンバとしてオブジェクトを設定する必要があります。

詳細については、『 Cisco NX-OS Virtual Device Context Configuration Guide 』を参照してください。

オブジェクト トラッキングのライセンス要件

次の表に、この機能のライセンス要件を示します。

 

製品
ライセンス要件

DCNM

オブジェクト トラッキングには、LAN Enterprise ライセンスが必要です。DCNM ライセンス方式の詳細、ライセンスを取得して適用する方法については、『 Cisco DCNM Licensing Guide 』を参照してください。

NX-OS

オブジェクト トラッキングにライセンスは不要です。ライセンス パッケージに含まれていない機能は、Cisco NX-OS システム イメージにバンドルされて提供されます。追加料金は発生しません。NX-OS ライセンス方式の詳細については、『 Cisco NX-OS Licensing Guide 』を参照してください。

オブジェクト トラッキングの前提条件

オブジェクト トラッキングの前提条件は、次のとおりです。

DCNM を使用して GLBP を設定するデバイスごとに、GLBP のロギング レベルを 5(情報)以上に設定する必要があります。必要最低限のロギング レベルにデバイスを設定するには、デバイスにコマンドライン インターフェイス(CLI)でログインし、次のコマンドを使用します。

logging event link-status default
logging level track 5
logging logfile messages 5
 

VDC を設定する場合は、Advanced Services ライセンスをインストールし、所定の VDCを開始してください(『 Cisco NX-OS Virtual Device Context Configuration Guide 』を参照)。

注意事項および制約事項

オブジェクト トラッキングに関する注意事項および制約事項は、次のとおりです。

VDC ごとに最大 500 のトラッキング対象オブジェクトをサポートします。

サポートするのは、IPv4 アドレスに限られます。

イーサネット、サブインターフェイス、ポート チャネル、ループバック インターフェイス、および VLAN インターフェイスをサポートします。

1 つの HSRP グループまたは GLBP グループでサポートするトラッキング対象オブジェクトは 1 つです。

オブジェクト トラッキングの設定

Routing 機能選択からオブジェクト トラッキングにアクセスできます。図5-1 にオブジェクト トラッキングの設定方法を示します。

図5-1 オブジェクト トラッキングの設定

 

Data Center Network Manager 機能の詳細については、『Cisco Data Center Network Manager Fundamentals Guide』を参照してください。

ここでは、次の内容について説明します。

「インターフェイスのオブジェクト トラッキング設定」

「ルート到達可能性のオブジェクト トラッキング設定」

インターフェイスのオブジェクト トラッキング設定

インターフェイスのライン プロトコルまたは IP ルーティングのステートをトラッキングするように Cisco NX-OS を設定できます。

操作の前に

オブジェクト トラッキングのロギング レベルを 5(情報)以上に設定する必要があります。必要最低限のロギング レベルにデバイスを設定するには、デバイスにコマンドライン インターフェイス(CLI)でログインし、次のコマンドを使用します。

logging event link-status default
logging level track 5
logging logfile messages 5
 

詳細な手順

インターフェイスのトラッキング対象オブジェクトを作成するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Feature Selector ペインで、 Routing > Gateway Redundancy > Object Tracking の順に選択します。

Summary ペインに使用できるデバイスが表示されます。

ステップ 2 Summary ペインで、オブジェクト トラッキングを設定したいデバイスをクリックします。

ステップ 3 メニュー バーから、 Object Tracking > New > Track Object を選択します。

Summary ペインの新しいトラッキング対象オブジェクトが強調表示され、Details ペインでタブが更新されます。

ステップ 4 強調表示された Track Object ID フィールドで、オブジェクト ID を入力します。

ステップ 5 Details ペインで、 Object Tracking Details タブをクリックします。

Object Tracking Details タブが表示されます。

ステップ 6 Object Tracking Details タブで、Tracking Object Type ドロップダウン リストから Interface を選択します。

ステップ 7 Instance ドロップダウン リストから、追跡したいインターフェイスを選択します。

ステップ 8 Parameter ドロップダウン リストから、 IP routing または Line Protocol を選択します。

ステップ 9 メニュー バーから File > Deploy を選択して、デバイスに変更を適用します。


 

ルート到達可能性のオブジェクト トラッキング設定

IP ルートの存在および到達可能性をトラッキングするように Cisco NX-OS を設定できます。

操作の前に

オブジェクト トラッキングのロギング レベルを 5(情報)以上に設定する必要があります。必要最低限のロギング レベルにデバイスを設定するには、デバイスにコマンドライン インターフェイス(CLI)でログインし、次のコマンドを使用します。

logging event link-status default
logging level track 5
logging logfile messages 5

詳細な手順

ルート到達可能性のトラッキング対象オブジェクトを作成するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Feature Selector ペインで、 Routing > Gateway Redundancy > Object Tracking の順に選択します。

Summary ペインに使用できるデバイスが表示されます。

ステップ 2 Summary ペインで、オブジェクト トラッキングを設定したいデバイスをクリックします。

ステップ 3 メニュー バーから、 Object Tracking > New > Track Object を選択します。

Summary ペインの新しいトラッキング対象オブジェクトが強調表示され、Details ペインでタブが更新されます。

ステップ 4 強調表示された Track Object ID フィールドで、オブジェクト ID を入力します。

ステップ 5 Details ペインで、 Object Tracking Details タブをクリックします。

Object Tracking Details タブが表示されます。

ステップ 6 Object Tracking Details タブで、Tracking Object Type ドロップダウン リストから IP Route を選択します。

ステップ 7 Instance フィールドで、追跡したい IP プレフィクスとネットワーク マスク長を入力します。

フォーマットは A.B.C.D/長さです。

ステップ 8 (任意)VRF name ドロップダウン リストから、このルートが存在する VRF を選択します。

デフォルトは、デフォルト設定の VRF です。

ステップ 9 メニュー バーから File > Deploy を選択して、デバイスに変更を適用します。


 

クライアントの詳細の表示

トラッキング対象オブジェクトを使用しているクライアントを表示できます。

詳細な手順

トラッキング対象オブジェクトを使用するクライアントの詳細を表示するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Feature Selector ペインで、 Routing > Gateway Redundancy > Object Tracking の順に選択します。

Summary ペインに使用できるデバイスが表示されます。

ステップ 2 Summary ペインで、トラッキング対象オブジェクトを表示したいデバイスをクリックします。

ステップ 3 クライアントを表示したいトラッキング対象オブジェクトをクリックします。

Summary ペインのトラッキング対象オブジェクトが強調表示され、Details ペインでタブが更新されます。

ステップ 4 Details ペインで、 Object Tracking Details タブをクリックします。

Object Tracking Details タブが表示されます。

ステップ 5 Object Tracking Details タブで、 Client Details セクションをクリックします。

クライアントの詳細が表示されます。


 

関連資料

オブジェクト トラッキングの関連情報については、次の項目を参照してください。

「GLBP の設定」

Object Tracking フィールドの説明

ここでは、Object Tracking のフィールドについて説明します。内容は次のとおりです。

「Object Tracking:Details タブ:Object Tracking Details セクション」

「Object Tracking:Details タブ:Client Details セクション」

Object Tracking:Details タブ:Object Tracking Details セクション

 

表5-1 Object Tracking:Details:Object Tracking Details

フィールド
説明

Track Object ID

表示のみ。 トラッキング対象オブジェクトのオブジェクト番号

Tracking Object Type

トラッキングするオブジェクトのタイプ

Instance

オブジェクトをトラッキングするための IP アドレスまたはインターフェイス

VRF

トラッキング対象インターフェイスのある VRF

Parameter

オブジェクトをトラッキングするためのパラメータ タイプ

Tracking Status

表示のみ。 トラッキング対象オブジェクト パラメータのステータス

Last status Change Time

表示のみ。 パラメータが最後にオブジェクトのステータスを変更した時刻

Object Tracking:Details タブ:Client Details セクション

 

表5-2 Object Tracking:Details:Client Details

フィールド
説明

Client Name

表示のみ。 トラッキング対象オブジェクトを使用する機能の名前

Client Interface

命名されたクライアント機能のトラッキング対象オブジェクトを使用するインターフェイス

Client Group-ID

表示のみ。 命名されたクライアント機能のトラッキング対象オブジェクトを使用するグループ ID

その他の関連資料

オブジェクト トラッキングの実装に関連する詳細情報については、次の項を参照してください。

「関連資料」

「規格」

関連資料

関連項目
マニュアル名

オブジェクト トラッキング CLI コマンド

Cisco NX-OS Unicast Routing Command Reference, Release 4.0

Embedded Event Manager の設定

Cisco NX-OS System Management Configuration Guide, Release 4.0

規格

規格
タイトル

この機能がサポートする新しい規格または変更された規格はありません。また、この機能で変更された既存規格のサポートはありません。

--