CiscoWorks Network Compliance Manager アドミニストレーション ガイド
16 データベースの復元
16 データベースの復元
発行日;2012/11/19 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

データベースの復元

Oracle

Oracle データベースの復元については、Oracle データベース管理者にお問い合わせください。

SQL Server

Microsoft SQL Server データベースを復元するには、次野手順に従います。

復元しようとするデータベースのバックアップを作成します。
  1. SQL Server Management Studio を起動します。
  2. SQL Server データベース サーバに接続し、使用するデータベースに移動します。
  3. データベースを右クリックし、[Tasks] > [Restore] > [Database] を選択します。
  4. [Restore: From Device] ボタンをクリックします。
  5. [Select Devices] をクリックします。
  6. [Add] をクリックします。
  7. [File name] でファイル ブラウザを開き、復元するファイル名を選択します。
  8. [OK] を 3 回クリックします。
  9. [Options] タブをクリックします。
  10. [Force restore over existing database] を選択します。
  11. [OK] をクリックします。これでデータベースが復元されます。

「Database is in use」などのエラー メッセージが表示されたら、そのデータベースへの接続を終了(JBoss サーバを停止)するか、または [Options] タブで表示されている物理ファイル名を別の名前に変更します。「sa」ログインを使用してデータベースに接続していない場合は、データベースのログインを変更する必要があります。

これを行うには、SQL Server Management Studio から Query Analyzer を起動します。ここで復元したデータベースで、次のコマンドを入力します。

SQL コマンド「sp_change_users_login 'auto_fix' 'username'」

コマンドの説明:username とは、JBOSS が SQL Server と通信するのに使用している名前です。

MySQL

MySQL データベースを復元する方法は 2 つあります。

コピーしたファイルを使用して復元すると、NCM データベースだけでなくバックアップ時にサーバ上にあったすべての MySQL データベースが復元されます。この方法は、NCM がデータベース サーバを使用する唯一のアプリケーションである場合のみ使用してください。

MySQL のバックアップを作成します。
  1. MySQL サービスを停止します([My Computer] > [Control Panel] > [Administrative Tools] > [Services])。
  2. mysql\data ディレクトリからバックアップしたすべてのファイルを元の mysql\data ディレクトリにコピーします。
  3. MySQL サービスを再起動します。

.sql バックアップ ファイルを使用して MySQL データベースを復元するには、次の操作を実行します。

MySQL データベースのバックアップを作成します。
  1. .sql ファイルを編集します。ファイルの先頭に次の行を追加します。
    SET FOREIGN_KEY_CHECKS=0;
  2.  

    別のデータベース名で復元する場合、ダンプ ファイル内の外部キー制約がデータベース名を含む '<Database_Name>.RN_DEVICE' ('DeviceID') を参照します。これを別のデータベース名で復元すると、実際には FOREIGN_KEY チェックにはデータベース <Database_Name> を参照します。これは mysqldump とそれが InnoDB テーブル タイプとやりとりする方法におけるバグです。解決策としては、「<Database_Name>」を削除します。

  3. mysql\bin ディレクトリに移動し、次のコマンドを入力して mysql コマンド インターフェイスに入ります。
    mysql -h <hostname> -u <username> -p <password>
  4. mysql コマンド インターフェイスで次のコマンドを入力します (mysql は、パス名にスラッシュ「/」が必要です)。
    drop database <DatabaseName>;
    create database <DatabaseName>;
    use <DatabaseName>;
    source <BackupFileName>.sql;
    grant all privileges on <DatabaseName>.* TO <username> identified by '<password>';

    コマンドの内容:username とは、NCM がデータベースに接続するのに使用するユーザ名で、password とはユーザのパスワードです。

    grant all privileges on <DatabaseName>.* TO <username>@localhost identified by '<password>';

    コマンドの内容:username とは、NCM がデータベースに接続するのに使用するユーザ名で、password とはユーザのパスワードです。