CiscoWorks Network Compliance Manager アドミニストレーション ガイド
12 新しいデータベースの場所に接続する場合の NCM クレデンシャルの変更
12 新しいデータベースの場所に接続する場合の NCM クレデンシャルの変更
発行日;2012/11/19 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

新しいデータベースの場所に接続する場合の NCM クレデンシャルの変更

NCM データベースが他のサーバに移動された場合、tc_tools ユーティリティを使用して NCM が新しいデータベースの場所に接続するように設定します。この場所は、有効な NCM データベースを含まなければなりません。NCM データベースのインストールの詳細については、『 Installation and Upgrade Guide for CiscoWorks Network Compliance Manager 1.8 』 を参照するか、データベース管理者にご相談ください。

tc_tools ユーティリティは、NCM サーバ上の次の情報を更新します。

  • データベース サーバ名
  • データベースのポート
  • データベース名
  • データベース ユーザ名
  • データベース ユーザのパスワード

NCM を他の NCM データベースに接続するには、次の手順に従います。

コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。
  • Windows: <installdir> \client\tc_tools.bat
  • UNIX: <installdir> /client/tc_tools.sh
  • 1 」と入力し、データベース接続情報を変更します。
  • 各プロンプトで、次の いずれか を実行します。
  • プロンプトの新しい値を入力します。
  • Enter キーを押して角カッコ([ ])に囲まれた値を保持します。
  • 操作を選択するプロンプトで、「 4 」と入力し、ユーティリティを終了します。
  • NCM 管理エンジンを再起動します。