クラウドおよびシステム管理 : CiscoWorks Network Compliance Manager 1.7

CiscoWorks NCM 1.7 End of Sale/End of Life レポート ツールの使用方法

CiscoWorks NCM 1.7 End of Sale/End of Life レポート ツールの使用方法
発行日;2012/04/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

CiscoWorks NCM 1.7 End of Sale/End of Life レポート ツールの使用方法

End of Sale/End of Life レポート ツールの使用方法

End of Sale/End of Life レポートのコマンド オプション

End of Sale/End of Life レポート ツールの出力例

End of Sale/End of Life レポートのテーブルのフィールド

CiscoWorks NCM マニュアル セットへのアクセス

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

CiscoWorks NCM 1.7 End of Sale/End of Life レポート ツールの使用方法

2010 年 10 月、OL-23602-01-J

 

このマニュアルでは、CiscoWorks Network Compliance Manager (NCM) 1.7 の End of Sale/End of Life レポート ツールの使用方法について説明します。End of Sale/End of Life レポート ツールを使用すると、ネットワーク内のデバイスおよびモジュールに関連する販売終了(End of Sale)またはサポート終了(End of Life)の詳細を確認できます。

End of Sale/End of Life レポート ツールは、ネットワーク内の該当デバイスおよびモジュールに関する情報を取得し、販売終了またはサポート終了の日付に達したデバイスを示す End of Sale/End of Life レポートを生成します。

デバイスの End of Sale 情報とは、デバイスまたはハードウェアの販売終了に関する Cisco.com からの通知のことです。

End of Life 情報とは、デバイスまたはハードウェアのサポートの終了に関する Cisco.com からの通知のことです。

このマニュアルの内容は、次のとおりです。

「End of Sale/End of Life レポート ツールの使用方法」

「End of Sale/End of Life レポートのコマンド オプション」

「End of Sale/End of Life レポート ツールの出力例」

「CiscoWorks NCM マニュアル セットへのアクセス」

「マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート」

End of Sale/End of Life レポート ツールの使用方法

End of Sale/End of Life レポートは、HTML 形式またはカンマ区切り値(CSV)形式で生成できます。


) HTML 形式および CSV 形式の End of Sale/End of Life レポートを同時に生成することはできません。


また、End of Sale/End of Life レポートは、Cisco IOS コマンドライン インターフェイス(CLI)を使用して生成できます。CLI を使用してレポートを生成するには、 < install_dir >¥addins¥cisco¥eox に移動し、必要なコマンド オプションを使用して適切なスクリプトを実行します。次に例を示します。

Windows の場合: EoxReportGenerator.bat -u admin -p admin -cu catos -cp catpass を入力します。

Solaris および Linux の場合: EoxReportGenerator.sh -u admin -p admin -cu catos -cp catpass を入力します。


) CLI を使用してレポートをスケジューリングすることはできません。


End of Sale/End of Life レポートを生成するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 管理者として CiscoWorks NCM 1.7 にログインします。

ステップ 2 [Tasks] > [New Task] > [Run External Application] を選択します。

[New Task - Run External Application] ページが表示されます。

 

ステップ 3 [Task Name] および [Start Date] に入力します。必要に応じて、[Comments] フィールドにコメントを入力します。

ステップ 4 [Run] フィールドに、CiscoWorks NCM が実行されているプラットフォームに適した、End of Sale/End of Life レポート ツールのスクリプトを入力します。

Windows の場合: EoxReportGenerator.bat

Solaris の場合: EoxReportGenerator.sh

Linux の場合: EoxReportGenerator.sh

ステップ 5 [Run] フィールドのスクリプトの後に、必要なコマンド オプションを入力します。次に例を示します。

Windows の場合: <install_dir>¥addins¥cisco¥eox¥EoxReportGenerator.bat -u admin -p admin -cu catos -cp catpass

Solaris および Linux の場合: <install_dir>¥addins¥cisco¥eox¥EoxReportGenerator.sh -u admin -p admin -cu catos -cp catpass

End of Sale/End of Life レポート ツールで使用可能なコマンド オプションの完全なリストについては、 表 1 を参照してください。

ステップ 6 [Start in] フィールドに、スクリプトがあるディレクトリのパスを入力します。

<install_dir>¥addins¥cisco¥eox

ステップ 7 [Save Task] をクリックします。

HTML 形式または CSV 形式の End of Sale/End of Life レポートが、 < install_dir >/addins/cisco/eox/reports/<username>/eoxReport.<html/csv> に保存されます。


 

End of Sale/End of Life レポートのコマンド オプション

表 1 に、必要なEnd of Sale/End of Life レポートの生成に使用できるコマンド オプションを示します。

 

表 1 End of Sale/End of Life レポートのコマンド オプション

オプション名
短い形式
長い形式
引数名
オプション
依存関係
説明

CWNCM Username

-u

cwncmUsername

username

No

CiscoWorks NCM へのログインに使用するユーザ名。

CWNCM Password

-p

cwncmPassword

password

No

CiscoWorks NCM へのログインに使用するパスワード。

Cisco.com Username

-cu

ciscoComUsername

username

No

http://www.cisco.com へのログインに使用するユーザ名。

Cisco.com Password

-cp

ciscoComPassword

password

No

http://www.cisco.com へのログインに使用するパスワード。

Proxy Server IP Address

-psi

proxyServer

ipaddress

Yes

http://www.cisco.com などの外部 Web サイトに接続するプロキシ サーバの IP アドレス。

Proxy Server Username

-pu

proxyServerUsername

username

Yes

プロキシ サーバに接続するためのユーザ名。

Proxy Server Password

-pp

proxyServerPassword

password

Yes

プロキシ サーバで認証を行うためのパスワード。

Proxy Server Port

-psp

proxyPort

port number

Yes

プロキシ サーバ ポート。

Generate report for only the active devices

-active

active

Yes

アクティブ デバイスに関してのみ End of Sale/End of Life レポートを生成します(非アクティブ デバイスは無視されます)。

Generate End of Sale/End of Life report offline using the Eox Source file

-off

offline

Yes

End of Sale/End of Life レポートがオフラインで生成されます(Cisco.com にアクセスしません)。

このオプションを使用する前に、次の手順を実行する必要があります。

1. http://www.cisco.com/cisco/software/navigator.html に移動します。

2. [Products] > [Network Management and Automation] > [Configuration and Change Management] > [Ciscoworks Network Compliance Manager] > [Ciscoworks Network Compliance Manager 1.7] > [Network Compliance Manager (NCM) Core Application Software] を選択します。

3. EOX_OFFLINE.zip ファイルをダウンロードします。

4. このファイルを解凍して、xml ファイルを $CWNCM_HOME¥addins¥cisco¥eox¥conf フォルダにコピーします。

Sort Report by IPAddress

-s

sortIPAddress

Yes

IP アドレスでレポートをソートします。デフォルト:デバイス名でソート。

CSV Report format

-csv

csvReport

filename

Yes

レポートを CSV 形式で作成します。任意で、CSV ファイル名を指定できます。

デフォルト:HTML 形式でレポートを作成。

Email report

-e

emailTo

emailTo

Yes

指定された電子メール アドレスに電子メールを送信します。

Attach report in the email

-a

Yes

-e および -csv

レポートを電子メールに添付します。このオプションは、CSV 形式のレポート(-csv)の場合にのみ使用できます。

Display Help

-h

コマンド ヘルプを表示します。

Encrypted Password

-encrypt

Yes

-p、-cp、および -pp

すべてのパスワード(-p、-cp、-pp)が暗号化されます。

ConnectorTool ユーティリティを使用してパスワードを暗号化するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 <CWNCM_Install_directory>/client に移動します。

ステップ 2 次のコマンドを実行します。

$CWNCM_HOME/jre/bin/java -cp truecontrol-client.jar com.rendition.tools.ConnectorTool -encrypt <clear-password>

次の例は、Windows プラットフォームでのパスワードの暗号化方法を示しています。

c:/$CWNCM_HOME/jre/bin/java -cp truecontrol-client.jar com.rendition.tools.ConnectorTool -encrypt Admin123

文字列「Admin123」が、一重引用符で囲まれ暗号化されます。たとえば、'EeZDE2yqmvP4b8q91RqYYQ==' となります。


 

End of Sale/End of Life レポート ツールの出力例

図 1 に、End of Sale/End of Life レポート ツールを実行したときの出力例を示します。

図 1 End of Sale/End of Life レポート ツールの出力例

 

このレポートでは、End of Sale 情報が黄色で、End of Life 情報が赤色で示されます。

End of Sale/End of Life レポートには、次の情報が含まれます。

レポートが生成された日付。

CiscoWorks NCM で管理されているシスコ デバイスの合計数。

[Affected Devices] テーブル:End of Sale/End of Life 通知に該当するデバイスに関する情報が含まれます。この情報はデバイス数に基づきます。各デバイスは 1 回だけカウントされます。

[Affected Modules] テーブル:End of Sale/End of Life 通知に該当するモジュールに関する情報が含まれます。

[Affected Device Inventory] テーブル:End of Sale/End of Life 通知に該当するデバイス/モジュールに関する情報が含まれます。単一のデバイスには複数のモジュールを含めることができ、そのうちの一部が End of Sale/End of Life 通知に該当する場合があります。

End of Sale/End of Life レポートのテーブルのフィールド

表 2 に、End of Sale/End of Life レポートの [Affected Devices] テーブルのフィールドを示します。

 

表 2 [Affected Devices] テーブルのフィールド

フィールド
説明

Bulletin Number

Cisco.com でのデバイスの End of Sale/End of Life 通知の速報番号。

Cisco.com で速報番号リンクをクリックすると、そのデバイスの End of Sale/End of Life 通知の詳細が表示されます。

1 つのデバイスに対して複数の通知がある場合があります。また、複数のデバイスに同じ速報が適用されることがあります。

Device Model

デバイスのモデル。デバイス モデルには、Cisco Catalyst 4507R スイッチなどがあります。

Device Count

該当デバイスの数。

EOS Date

Cisco 販売時点管理メカニズムを介して製品を注文可能な最終日。この日付を過ぎると、この製品は販売されません。

EOL Date

製品のサポートを受けることが可能な最終日。この日付を過ぎると、この製品のすべてのサポートを利用することができなくなり、製品は廃止となります。

Notes

該当デバイスに関する重要な情報が表示されます。

表 3 に、End of Sale/End of Life レポートの [Affected Modules] テーブルのフィールドを示します。

 

表 3 [Affected Modules] テーブルのフィールド

フィールド
説明

Bulletin Number

Cisco.com でのモジュールの End of Sale/End of Life 通知の速報番号。

Cisco.com で速報番号リンクをクリックすると、そのモジュールの End of Sale/End of Life 通知の詳細が表示されます。

1 つのモジュールに対して複数の通知がある場合があります。また、複数のモジュールに同じ速報が適用されることがあります。

Module Type

モジュールのタイプ。

Module Count

該当モジュールの数。

EOS Date

Cisco 販売時点管理メカニズムを介して製品を注文可能な最終日。この日付を過ぎると、この製品は販売されません。

EOL Date

製品のサポートを受けることが可能な最終日。この日付を過ぎると、この製品のすべてのサポートを利用することができなくなり、製品は廃止となります。

Notes

該当モジュールに関する重要な情報が表示されます。

表 4 に、End of Sale/End of Life レポートの [Affected Device Inventory] テーブルのフィールドを示します。

 

表 4 [Affected Device Inventory] テーブルのフィールド

フィールド
説明

Device Name

デバイスの名前。デバイス名をクリックすると、そのデバイスの詳細情報が表示されます。

IP Address

デバイスの IP アドレス。

Device Model

デバイスのモデル。Cisco Catalyst 6513 スイッチなどがあります。

Module Type

モジュールのタイプ。

Module Model

モジュールのモデル。

Location

ネットワーク上でのデバイスの物理的な場所。

Bulletin Number

Cisco.com でのモジュールの End of Sale/End of Life 通知の速報番号。

Cisco.com で速報番号リンクをクリックすると、そのモジュールの End of Sale/End of Life 通知の詳細が表示されます。

1 つのモジュールに対して複数の通知がある場合があります。また、複数のモジュールに同じ速報が適用されることがあります。

CiscoWorks NCM マニュアル セットへのアクセス

このマニュアルを含む CiscoWorks NCM マニュアル セットのすべてまたは一部は、時間の経過とともにアップグレードされることがあります。したがって、次の URL を使用して CiscoWorks NCM のマニュアルにアクセスすることをお勧めします。 http://www.cisco.com/en/US/products/ps6923/tsd_products_support_series_home.html


ヒント 2 行の URL をブラウザのアドレス フィールドにカット アンド ペーストする場合は、改行を含まない URL 全体を得るために各行を別々にカット アンド ペーストしてください。

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。