CiscoWorks Network Compliance Manager ユーザ ガイド 1.2
第 14 章: テンプレートの作成
第 14 章:テンプレートの作成
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

第 14 章:テンプレートの作成

次の表を使用すると、情報をすぐに見つけることができます。

トピック
参照先
はじめに
テンプレートの表示
新しいテンプレートの作成
テンプレートへのナビゲート

 

はじめに

デバイス設定テンプレートを使用すると、新しいデバイス設定をすばやく簡単に展開できます。テンプレートの使用により、次のことができます。

  • エンジニアは、部署内の設定基準に準拠しながら、新しいデバイスまたはサービスを迅速に提供できる。
  • ネットワーク設計者は、テンプレート ユーザが空欄に値を入力して迅速に新しい設定を展開できるように、検証パラメータを備えたフレンドリーな GUI プロンプトを作成できる。

テンプレートを作成して設定コマンドを組み込んだら、テンプレートからスクリプトを作成できます。このスクリプトを実行すると、設定コマンドがフラグメントとして、または全体設定として、1 台以上のデバイスに展開されます。

テンプレートの表示

現在のテンプレートを表示するには、メニューバーの Devices の下で、Device Tools を選択して Templates をクリックします。Templates ページが開きます。このページを使用すると、ベンダーでソートされたテンプレートのリストが表示されます。

Templates ページのフィールド
フィールド
説明/アクション
New Template リンク
New Template ページが開きます。このページでは、新しいテンプレートを作成できます。詳細については、New Template ページのフィールドを参照してください。
チェックボックス
左側のチェックボックスを使用して、テンプレートを削除できます。テンプレートを選択したら、Actions ドロップダウン メニューをクリックし、Delete をクリックします。この操作により、選択したテンプレートが削除されます。隣接する Select ドロップダウン メニューを使用すると、すべてのテンプレートを選択または選択解除できます。
Vendor
このテンプレートを適用するデバイスのベンダーが表示されます。Vendor リンクをクリックすると、Templates ページが開きます。このページでは、このベンダーのテンプレートを表示できます。このページでは、次の作業を実行できます。
  • スクリプトにテンプレートを組み込み、フル スクリプトを作成する。
  • 新しいスクリプトを作成する。
Name
テンプレートの名前が表示されます。
Role
テンプレートのロールが表示されます。デフォルトのロールには、次のものがあります。
  • Any
  • Core
  • Border
  • Test
Model
このテンプレートを適用するデバイスのモデルが表示されます。
Processor/Component
このテンプレートを適用するデバイスのプロセッサが表示されます。
Drivers
このテンプレートを適用するデバイスに割り当てられたドライバが表示されます。
Actions
次のいずれかのオプションを選択できます。
  • View Details:View Template ページが開きます。このページでは、別のブラウザ ウィンドウにテンプレートを HTML として表示できます。詳細については、View Template ページのフィールドを参照してください。
  • View Text:テキスト ウィンドウが開きます。このウィンドウでは、別のブラウザ ウィンドウにテンプレートをテキストとして表示できます。詳細については、View Template ページのフィールドを参照してください。
  • Edit:Edit Template ページが開きます。このページでは、テンプレートを追加または編集できます。詳細については、New Template ページのフィールドを参照してください。
新しいテンプレートの作成

新しいテンプレートを作成するには、次の手順を実行します。

  1. Devices の下のメニューバーで、Device Tools を選択し、Templates をクリックします。Templates ページが開きます。
  2. ページの上部にある New Template リンクをクリックします。New Template ページが開きます。終了したら、必ず Save Template をクリックしてください。
New Template ページのフィールド

 

フィールド
説明/アクション
Templates リンク
Templates ページが開きます。このページでは、現在のすべてのテンプレートが表示されます。詳細については、Templates ページのフィールドを参照してください。
Name
テンプレートの名前を入力します。
Comments
テンプレートの説明を入力します。Comments はすべてのテーブルに組み込まれるので、重要な情報だけを入力します。
Role
テンプレートのロールを選択します。デフォルトのロールには、次のものがあります。
  • Any
  • Core
  • Border
  • Test
Model
このテンプレートを適用するデバイスのモデルを入力します。
Processor/Component
このテンプレートを適用するデバイスのプロセッサを入力します。
Mode
このテンプレートを実行するデバイスのコマンドライン インターフェイス(CLI)モードを選択します(注:コマンドで CLI プロンプトまたはモードを変更しないでください。変更した場合、スクリプトはそのコマンドの箇所で実行を停止し、エラーを返します)。
Driver
次のいずれかのオプションを選択します。
  • All applicable drivers(デフォルト)
  • Select specific drivers:このテンプレートを適用するデバイスに割り当てられているドライバを選択します。このリストには、選択したモードと互換性のあるドライバだけが表示されます。
Template
テンプレートに組み込む設定コマンドとコメントを入力します。入力する各行は、そのデバイスの完全なコマンドを表している必要があります。コマンドの後に、デバイスのプロンプトが再び表示される必要があります。テンプレートがデバイスに適用されると、その設定が展開されます。
変数名の先頭には tc_ を使用できないことに留意してください。この制限を除き、変数名には英大文字、英小文字、0 ~ 9、およびアンダースコアを自由に組み合せて使用できます。
View Template ページのフィールド

特定のテンプレートを表示するには、次の手順を実行します。

  1. Devices の下のメニューバーで、Device Tools を選択し、Templates をクリックします。Templates ページが開きます。
  2. 表示するテンプレートの Actions カラムで View Details オプションをクリックします。そのテンプレートの View Template ページが開きます。

 

フィールド
説明/アクション
Edit Template リンク
Edit Template ページが開きます。このページでは、新しいテンプレートを作成できます。詳細については、New Template ページのフィールドを参照してください。
Text Version リンク
テキスト ウィンドウが開きます。このウィンドウでは、別のブラウザ ウィンドウにテンプレートをテキストとして表示できます。テキストは、次のように表示されます。

 

sflow destination $dest_ip_1$ $dest_udp_port1$
sflow destination $dest_ip_2$ $dest_udp_port2$
Template リンク
Templates ページが開きます。このページでは、ベンダーでソートされたテンプレートのリストが表示されます。詳細については、Templates ページのフィールドを参照してください。
Comments
テンプレートの作者が入力したコメント、またはその後に編集されたコメントが表示されます(注:コメントが入力されていない場合、Comments ボックスは非表示になっています)。
Line
テンプレートの各行の番号が表示されます。
Template Text
テンプレートに組み込まれている設定コマンドとコメントが表示されます。
Name
テンプレートの名前が表示されます。
Model
このテンプレートを適用するデバイスのモデルが表示されます。
Role
テンプレートのロールが表示されます。デフォルトのロールには、次のものがあります。
  • Any
  • Core
  • Border
  • Test
Processor/Component
このテンプレートを適用するデバイスのプロセッサが表示されます。
Mode
このテンプレートを実行するデバイスのコマンドライン インターフェイス(CLI)モードが表示されます。
Drivers
このテンプレートを適用するデバイスに割り当てられたドライバが表示されます。