CiscoWorks Network Compliance Manager Alert Center 1.3.1 インストレーション コンフィギュ レーション ガイド
CiscoWorks NCM Alert Center 1.3.1 の操作
CiscoWorks NCM Alert Center 1.3.1 の操作
発行日;2012/02/03 | 英語版ドキュメント(2010/06/15 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 409KB) | フィードバック

目次

CiscoWorks NCM Alert Center 1.3.1 の操作

CiscoWorks NCM Alert Center の起動

コマンド オプション

コマンド ライン オプション

内容のインポート

CiscoWorks NCM Alert Center のログ ファイル

CiscoWorks NCM Alert Center 1.3.1 の既知の問題

CiscoWorks NCM Alert Center の起動

Windows プラットフォームで CiscoWorks NCM Alert Center を起動するには、次の手順に従います。


ステップ 1 コマンド プロンプトを開き、< Alert Center Install Directory> ¥accc¥bin ディレクトリに移動します。

ステップ 2 次のコマンドを実行します。

alert-center-content-cache

内容が CiscoWorks NCM にポリシーとしてインポートされます。ポリシーの一覧を表示するには、[Policies] > [Policy List] を選択します。


 

Linux または Solaris プラットフォームで CiscoWorks NCM Alert Center を起動するには、次の手順に従います。


ステップ 1 ターミナル ウィンドウを開き、/opt/cisco/< Alert Center Install Directory> /accc/bin ディレクトリに移動します。

ステップ 2 次のコマンドを実行します。

./alert-center-content-cache

内容が CiscoWorks NCM にポリシーとしてインポートされます。ポリシーの一覧を表示するには、[Policies] > [Policy List] を選択します。


 

デフォルトでは、CiscoWorks NCM Alert Center は次のことを行います。

SSL で接続する。

以前に失敗したダウンロードを再試行する。

ダウンロードが成功したファイルを、それらがサーバ上で更新されるまでキャッシュに保持する。

最初の更新にはかなり時間がかかる場合があります。

コマンド オプション

Windows プラットフォームで使用可能なすべてのコマンドの一覧とオンライン ヘルプを表示するには、次の手順に従います。


ステップ 1 コマンド プロンプトを開き、< Alert Center Install Directory> ¥accc¥bin ディレクトリに移動します。

ステップ 2 次のコマンドを実行します。

alert-center-content-cache --help

または

alert-center-content-cache.bat --help


 

Linux または Solaris プラットフォームで使用可能なすべてのコマンドの一覧とオンライン ヘルプを表示するには、次の手順に従います。


ステップ 1 ターミナル ウィンドウを開き、/opt/cisco/< Alert Center Install Directory> /accc/bin ディレクトリに移動します。

ステップ 2 次のコマンドを実行します。

./alert-center-content-cache --help


 

コマンド ライン オプション

次に、CiscoWorks NCM Alert Center の起動中にコマンド ラインで使用できるオプションの一部を示します。

download :CiscoWorks NCM Alert Center で設定されたサービスおよびストリームの内容をダウンロードします。

download-import :CiscoWorks NCM Alert Center で設定されたサービスおよびストリームの内容をダウンロードしてインポートします。CiscoWorks NCM Alert Center の実行中にコマンドを指定しない場合は、このコマンドが自動的に実行されます。

import :download コマンドを使用してダウンロードした内容をインポートします。

list-streams :使用可能なサービスとストリームを表示します。

read-config :CiscoWorks NCM Alert Center 設定ファイル内の設定パラメータの値を表示します。

たとえば次のコマンドは、CiscoWorks NCM Alert Center 設定ファイル内の username の値を表示します。

/opt/cisco/alert-center-content-cache/accc/bin/alert-center-content-cache read-config --username

write-config :設定ファイル内の設定パラメータの値を設定します。

たとえば次のコマンドは、設定ファイル内の username の値を設定します。

/opt/cisco/alert-center-content-cache/accc/bin/alert-center-content-cache write-config --username=<user_name>

特定のコマンドで使用できるコマンドライン オプションを表示するには、次のコマンドを実行します。

opt/cisco/alert-center-content-cache/accc/bin/alert-center-content-cache <command> --help

たとえば、download-import コマンドで使用できるコマンドライン オプションを表示するには、次のコマンドを実行します。

/opt/cisco/alert-center-content-cache/accc/bin/alert-center-content-cache download-import --help

--http-proxy、--http-proxy-user、--http-proxy-pass の各オプション:HTTP プロキシ設定を設定します。

--export-to-directory :内容をディレクトリにダウンロードします。

--import-from-directory :ディレクトリから内容をインポートします。

--product :内容が特定の製品にダウンロードされるよう制限します。

内容のインポート

CiscoWorks NCM Alert Center は、ダウンロードした内容を検証するため、ダウンロード ファイルの SHA256 チェックサムを計算し、その結果をストリームに含まれるそのファイルの SHA256 チェックサムと照合してチェックします。ダウンロードが成功した場合はキャッシュ ファイルが更新され、設定ファイル内の retain_files の値が 1 に設定されている場合は、ファイルがキャッシュに保持されます。この値が 0 に設定されている場合は、正常にインポートされた後、キャッシュ内のファイルは削除されます。

CiscoWorks NCM Alert Center は、インポート コマンドの戻りステータスをチェックして、インポートが成功したかどうかを確認します。インポートが成功した場合は、そのファイルをインポート済みとしてマークし、情報をキャッシュします。ユーザはログ ファイルをチェックして、内容が正常にインポートされたことを確認できます。

CiscoWorks NCM Alert Center のログ ファイル

デフォルトでは、CiscoWorks NCM Alert Center のログ ファイルは、alert-center-content-cache.log のファイル名で次のディレクトリに作成されます。

Windows の場合:< Alert Center Install Directory >¥accc¥log

Linux または Solaris の場合:/opt/cisco/< Alert Center Install Directory >/accc/log

このデフォルト値を変更するには、次のコマンドを実行します。

alert-center-content-cache write-config --log-file=PATH

CiscoWorks NCM Alert Center 1.3.1 の既知の問題

バグ ID:QCCR1D 79571

説明:--setting オプションと --stream オプションを同じコマンドで使用した場合の制限。これはすべてのプラットフォーム(Windows、Solaris、Linux)で発生します。

--setting オプションと --stream オプションを同じコマンドで使用した場合、CiscoWorks NCM Alert Center は --stream パラメータのみに基づいて動作します。--setting パラメータは無視されます。

回避策:なし。