Microsoft SQL サーバ ハイ アベイラビリティ分散システム コンフィギュレーション ガイド
1 スタートアップ ガイド
1 スタートアップ ガイド
発行日;2012/11/14 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 941KB) | フィードバック

スタートアップ ガイド

この章は、次の内容で構成されています。

用語

このガイドでは次の用語が使用されています。

  • NCM コア:単一の NCM Management Engine、関連付けられたサービス(Syslog および TFTP)、および単一のデータベース。NCM コアは、複数のパーティションを管理できます。
  • パーティション:一連の一意の IP アドレスを持つデバイス。パーティションは 1 つ(および 1 のみ)の NCM コアによって管理されます。複数のパーティションを、単一の NCM コアで管理できます。デバイスの分割の詳細については、『 User Guide for CiscoWorks Network Compliance Manager 』を参照してください。
  • NCM メッシュ:マルチマスター複製を使用して接続された複数の NCM コア。
  • パブリッシャ:どのデータが複製されるかを定義し、NCM メッシュ内の他のデータベースに対する変更済みデータの転送を処理する SQL サーバ データベース。
  • サブスクライバ:複製データを送受信できるが、複製プロセスの制御は行わない NCM メッシュ内のデータベース。
  •  

    パブリッシャとサブスクライバは両方とも同じデータを持ちます(複製によるタイムラグについてのみ影響を受けます)。

概要

Microsoft ® SQL サーバ上の NCM 分散システムはマルチマスター システムであり、NCM メッシュの各 NCM コアからのデータは他のすべての NCM コアにアクセスできます。これにより、データに対する包括的なビューが提供され、単一の NCM コアに問題が生じた場合に、冗長データとフェールオーバーを考慮に入れることができます。マルチマスター機能には、ソフトウェア イメージやデバイス ドライバ パッケージなど、データベース データと特定のファイル システム データの両方が含まれます。ソフトウェア イメージとデバイス ドライバ パッケージも NCM のメッシュ全体で複製されることに注意してください。

NCM 分散システムは次で構成されます。

  • NCM コアとパーティション
  • デバイスは、単一のパーティションに関連付けられます。
  • パーティションは単一の NCM コアに関連付けられます。
  • タスクは特定の NCM コアに関連付けられます。
  • SQL サーバでのマージ複製
  • データの同じ部分が 2 台の別個の NCM コアでほぼ同時に変更される場合の競合解決。通常、この競合は最新のタイムスタンプ方式を使用して解決されます。
  • 複製のモニタリングおよび競合の通知は NCM に組み込まれています。NCM コンソール 内から SQL サーバの複製競合を管理し、マージ エージェントのジョブのステータスを表示できます。
  • NCM スケジューラは、マルチコアを認識します。異なる NCM コアに関連付けられたデバイスを含むグループ タスクをスケジュールできます。システムは正しい NCM コアでこれらのタスクを実行します。適切な NCM コアにタスクをスケジュールする必要はありません。

システムを設定するには、SQL サーバと NCM を完全に理解しておく必要があります。インストールには、さまざまなサーバで実行する必要がある多数の手順が含まれます。また、サーバ間で通信できるようにするために、特定のネットワークの変更が必要になる場合があります。設定が完了すると、デバイスを複数のパーティションに分割して、適切な NCM コアがデバイスにアクセスするように設定する必要があります。デバイスの分割の詳細については、『 User Guide for CiscoWorks Network Compliance Manager 』を参照してください。

アーキテクチャ

次の図に、一般的な 2 つの NCM コア Multimaster の分散システムのインストールを示しています。このインストールにより、ある NCM コアから別の NCM コアへのフェールオーバーを行えるようになり、その間、残りの NCM コアはすべてのデバイスを管理し続けます。

一部のインストールでは、非管理 NCM コアからアクセスできない 2 台の異なるネットワーク デバイス収集がある可能性があることに注意してください。ただし、これらのインストールは、データの冗長性と拡張に関する利点をもたらします。

データベースのデータ転送では標準 SQL サーバのマージ複製を使用します。複製どのように機能するかについての詳細は、を参照してください。

NCM コア間の通信は、Java の Remote Method Invocation(RMI)を使用して実行されます。RMI を使用して、次が行われます。

  • ソフトウェア イメージやドライバ パッケージなど、特定のファイル システム オブジェクトが同期されます。
  • NCM タスクがスケジュールされ、正しい NCM コアで実行されます。

NCM は NCM コア固有のオプションを複製しません。たとえば、次のようなオプションです。

  • TFTP サーバ情報
  • TACACS サーバ情報
  • スクリプト言語の設定
  • ホップ ボックスの定義
  • ドライバ ディレクトリ
  • インストール ディレクトリ
  • ローカル ゲートウェイの情報
  • SWIM プロキシ サーバ
  • Active Directory の設定
  • スケジューラ(同時実行タスクの制限)

水平スケーラビリティとは

水平スケーラビリティはシステム全体のパフォーマンスを向上させるために単一の論理ユニットとして機能するように、複数の NCM コアを単一のデータベースに結合する機能です。NCM 水平スケーラビリティは、システムの使用方法や、ボトルネックがどこで発生する傾向があるかに応じて、異なる方法で設定できます。インストールと設定の詳細については、『 Horizontal Scalability User Guide for CiscoWorks Network Compliance Manager 』を参照してください。

NCM の内部モニタリング:SQL サーバのマージ複製

SQL サーバのマージ複製を設定して、特定のタイプの競合を自動的に処理できます。可能であれば、NCM は SQL サーバの組み込み競合処理ソフトウェアを使用します。たとえば、更新/更新競合のある大部分のテーブルの場合、NCM はデフォルトの SQL サーバの最新タイムスタンプ WINS ハンドラをインストールします。

SQL サーバのデフォルト ハンドラを使用できない場合、通常、NCM にはエラーの修正を試行する論理を使用するアプリケーション内に追加コードがあります。その論理を使用してエラーが修正されない場合、NCM は NCM の標準のイベント通知電子メール機能を使用して、NCM 管理者に問題を警告します。メール通知の設定の詳細については、『 User Guide for CiscoWorks Network Compliance Manager 』を参照してください。

 

2 番目の NCM コアが、通常の操作ではなく、フェールオーバーのためのスタンバイとして使用される場合、更新/更新の競合が発生することはありません。

NCM のモニタの詳細については、を参照してください。

また SQL サーバで、NCM はデータベース転送(つまり、複製)用の各 NCM コアに対して定期的に次の項目をモニタします。

  • マージ エージェントのステータス:チェックが失敗し、マージのエージェントが停止する場合、NCM はエージェントの再起動を試行します。
  • マージ エージェントの遅延:マージ エージェントの同期が遅れると、NCM は NCM 管理者に電子メール通知を介して警告します。
  • 回復不能な一意性の競合:回復不能な一意性の競合が生じた場合、NCM は NCM を管理者に警告します。通常、これらの種類の問題を自動的に修正する方法はありません。
  •  

    メール通知の設定の詳細については、『 User Guide for CiscoWorks Network Compliance Manager 』を参照してください。

NCM の内部モニタリング:NCM コア間の通信

複製のモニタリングに加えて、NCM は各 NCM コア間で次をモニタします。

  • RMI 接続
  • NCM サーバのタイムスタンプの差

これらのモニタはエラー状態のときにイベントを生成します。イベントは NCM の標準のイベント ルールを使用して NCM の管理者または SQL Server DBA に電子メールで送信できます。メール通知の設定の詳細については、『 User Guide for CiscoWorks Network Compliance Manager 』を参照してください。NCM のシステム イベントに関する詳細については、を参照してください。

 

NCM には、必要に応じて更新できるサンプルのイベントの規則が含まれています。