Oracle ハイ アベイラビリティ分散システム コンフィギュレーション ガイド
C NCM データベースからのデータの抽出
C NCM データベースからのデータの抽出
発行日;2012/11/14 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

NCM データベースからのデータの抽出

この付録では、NCM データベースからマルチマスター メッシュに関する情報を抽出するためのステップについて説明します。

 

この情報は該当する [Edit Core] ページでも利用できます。詳細については、を参照してください。

NCM データベースからこのデータを抽出するには、NCM データベースに対して次の SQL クエリーを実行します。クエリーは、データベース コアごとに 1 行ずつ、複数の行を返します。

NCM アプリケーション サーバのホスト名の場合は、次を実行します。

SELECT CoreHostname FROM RN_CORE;

NCM アプリケーション サーバ RMI リスニング ポートの場合は、次を実行します。

SELECT CoreRMIPort FROM RN_CORE;

データベース ID(SID)の場合は、次を実行します。

SELECT DatabaseIdentifier FROM RN_CORE;

NCM データベース サーバのホスト名の場合は、次を実行します。

SELECT DatabaseHostname FROM RN_CORE;

NCM データベース サーバのリスニング ポートの場合は、次を実行します。

SELECT DatabasePort FROM RN_CORE;

時間帯のオフセットの場合は、次を実行します。

SELECT TimezoneOffset FROM RN_CORE;

複製ユーザ名の場合は、次を実行します。

SELECT ReplicationAdminUser FROM RN_CORE;

たとえば、NCM コアが 2 個のマルチマスター メッシュで、次のクエリーを実行します。
SELECT CoreHostname FROM RN_CORE;
SELECT CoreRMIPort FROM RN_CORE;
SELECT DatabaseIdentifier FROM RN_CORE;
SELECT DatabaseHostname FROM RN_CORE;
SELECT DatabasePort FROM RN_CORE;
SELECT TimezoneOffset FROM RN_CORE;
SELECT ReplicationAdminUser FROM RN_CORE;

次が表示されます。

SQL> SELECT CoreHostname FROM RN_CORE;
COREHOSTNAME
----------------------------
10.255.132.177
10.255.136.203
SQL> SELECT CoreRMIPort FROM RN_CORE;
CORERMIPORT
----------------------------
1099
1099
SQL> SELECT DatabaseIdentifier FROM RN_CORE;
DATABASEIDENTIFIER
-----------------------------
core1
core2
SQL> SELECT DatabaseHostname FROM RN_CORE;
DATABASEHOSTNAME
-----------------------------
10.255.55.30
10.255.56.30
SQL> SELECT DatabasePort FROM RN_CORE;
DATABASEPORT
-----------------------------
1521
1521
SQL> SELECT TimezoneOffset FROM RN_CORE;
TIMEZONEOFFSET
-----------------------------
-8
-8
SQL> SELECT ReplicationAdminUser FROM RN_CORE;
REPLICATIONADMINUSER
-----------------------------
repadmin
repadmin

このデータから、次のように ReplicationScriptTool.properties ファイルに入力を開始できます。

# この .0 サーバはマスター定義サイトで、デフォルト
# 初期コアがインストール済みです。
db.server.0=10.255.55.30
db.port.0=1521
db.name.0=core1
db.username.0=admin
db.password.0=rendition
app.server.0=10.255.132.177
app.rmiport.0=1099
app.corename.0=Core 1

# 第 2 マスター サイト
db.server.1=10.255.56.30
db.port.1=1521
db.name.1=core2
db.username.1=admin
db.password.1=rendition
app.server.1=10.255.136.203
app.rmiport.1=1099
app.corename.1=Core 2

# UTC から
timezone_offset=-8
replication_user=repadmin
replication_password=<DBA から情報を取得する必要があります>
replication_group_name=<DBA から情報を取得する必要があります>