Cisco Configuration Assistant スタートアップ ガイド Version 1.5
インストール、接続、およびセットアップ
インストール、接続、およびセットアップ
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 339KB) | フィードバック

目次

インストール、接続、およびセットアップ

インストールの要件

Configuration Assistant のインストール

Configuration Assistant の接続

デバイスのセットアップ

イベント通知

インストール、接続、およびセットアップ

この章では、Configuration Assistant のインストールの要件、インストール方法、デバイスまたは既存のコミュニティへの接続方法、およびデバイス管理のためのセットアップ方法について説明します。

インストールの要件

Configuration Assistant をインストールする PC は、次の最小要件を満たしている必要があります。

プロセッサ速度:1 GHz

DRAM :最小 512 MB、良好なパフォーマンスを得るには 1,024 MB を推奨

ハードディスクの空き容量:アプリケーション自体に必要な容量は 150 MB、300 MB を推奨

色数: 65,536

解像度:1,024 x 768

フォント サイズ:小

Configuration Assistant は、次のオペレーティング システムでサポートされます。

Windows Vista Ultimate

Windows XP Service Pack 1 以降

64 ビット版 Windows ではテストされておらず、正式にはサポートされていません。Configuration Assistant で必要なログ ファイルやプリファレンス ファイルを作成できるように、ユーザのホーム ディレクトリや Configuration Assistant インストール ディレクトリへの書き込み権限が必要になります。

Configuration Assistant のインストール

Configuration Assistant を PC にインストールするには、次の手順に従います。

1. 次の Web サイトにアクセスします。 http://www.cisco.com/go/configassist

Cisco.com の登録ユーザである必要がありますが、その他のアクセス権は必要ありません。

2. Configuration Assistant のインストールファイルを見つけます。

3. Configuration Assistant インストーラをダウンロードし、実行します(Web サイトから直接実行するという方法がブラウザで提示された場合は、その方法を選択できます)。

Configuration Assistant は無料です。ダウンロード、インストール、使用のいずれにも料金はかかりません。

インストーラを実行するときは、表示される指示に従います。最後の画面で、[終了]をクリックして、Configuration Assistant のインストールを完了します。

Configuration Assistant をインストールすると、デスクトップに Configuration Assistant のアイコン、[スタート]メニューに Configuration Assistant のショートカット、および[スタート]>[プログラム]の下に Configuration Assistant のエントリがそれぞれ作成されます。これらのいずれかをクリックすると、Configuration Assistant の GUI の一部分と[接続]ウィンドウが表示されます。

非接続モードでは、Configuration Assistant はデバイスまたはコミュニティに接続されず、スタンドアロン デバイスまたはコミュニティを管理できません。メニューバーおよびツールバーでサポートされるのは、Configuration Assistant 自体をカスタマイズするためのタスクのみです。通常はデバイスの機能が表示される機能バーには、何も表示されません。

Configuration Assistant の接続

Configuration Assistant をスタンドアロン デバイス、既存のコミュニティ、または新規のコミュニティに接続できます。これらの接続すべてに対し、図3-1 に示す[接続]ウィンドウを使用します。[接続先:]ボタンおよびそのプルダウン メニューは、デバイスおよび既存のコミュニティへの接続に使用します。コミュニティの作成方法の詳細は、「コミュニティの作成」を参照してください。

図3-1 [接続]ウィンドウ

 

接続が確立されると、Configuration Assistant のウィンドウは接続モードになります。ツールバーには、デバイスの機能を示すアイコンが追加されます。同様に機能バーには、Configuration Assistant が提供するイーサネット機能のメニューが表示されます。

デバイスのセットアップ

新しいデバイスや、工場出荷時のデフォルト設定にリセットされたデバイスは、セットアップする必要があります。この作業には、デバイスの設定ウィザードを使用します。これにより、Configuration Assistant での管理のためにデバイスを準備できます。ウィザードを起動するには、機能バーの[セットアップ]を選択して、[デバイスの設定ウィザード]をクリックします。

このウィザードは、未接続モードでも機能バーから選択できます。

イベント通知

Configuration Assistant は、ステータスバーとトポロジ ビューのデバイスの下にイベント アイコンを表示することにより、検出したイベントをユーザに通知します。イベント アイコンをクリックすると[イベント通知]ウィンドウが表示されます。イベントの説明が表示され、可能な場合には必要な処置を施すためのウィンドウに移動できるようになります。

未接続モードでイベントの通知があった場合は、機能バーの[モニタ]を選択して[イベント通知]をクリックすることで、[イベント通知]ウィンドウを開くことができます。