クラウドおよびシステム管理 : Cisco netManager Unified Communications

Cisco netManager - Unified Communications 1.0 クイック スタート ガイド

Cisco netManager - Unified Communications 1.0 クイック スタート ガイド
発行日;2012/01/21 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco netManager - Unified Communications 1.0

使用許諾契約補則

Cisco netManager 1.0 の概要

ライセンス

ライセンス用語について

インストール時の製品ライセンス処理

インストール済み Cisco netManager へのライセンスの追加

Cisco netManager パッケージの内容

サーバとクライアントのシステム要件

Cisco netManager のインストール

Cisco netManager をインストールする前に

インストールの実行

Cisco netManager のアンインストール

システムを SNMP 対応に設定

データベースのバックアップと復元

関連情報

関連資料

技術情報の入手方法、サポートの利用方法、およびセキュリティ ガイドライン

Cisco netManager - Unified Communications 1.0
クイック スタート ガイド

 

使用許諾契約補則

シスコシステムズ製ネットワーク管理ソフトウェア(CISCO NETMANAGER - UNIFIED COMMUNICATIONS 1.0)に関する使用許諾契約補則

重要(よくお読みください) :この使用許諾契約補則(以下 SLA)は、お客様とシスコとの間で締結されるエンド ユーザ使用許諾契約に基づいて、お客様に提供される本ソフトウェアのライセンスに付随する制限条項の補則となるものです。本 SLA において使用されるイタリック体の用語は、本 SLA で別途定義されない限り、エンド ユーザ使用許諾契約内で定義されている意味を有するものとします。本ソフトウェアに適用される条件のいずれかに矛盾がある場合は、本 SLA に記載する条件を優先するものとします。

本ソフトウェアのインストール、ダウンロード、本ソフトウェアへのアクセス、またはそれ以外の方法による本ソフトウェアの使用を行った時点で、お客様は、本 SLA の条件に拘束されることに同意することになります。お客様は、本 SLA の条件に同意しない場合、本ソフトウェアをインストール、ダウンロード、およびそれ以外の方法で使用することができないものとします。

ライセンス制限条項補則

インストールと使用 :ソフトウェア コンポーネントは、適用可能なネットワーク管理ソフトウェア製品の既存機能のインストール、アップデート、補完、または交換の目的でのみお客様に提供されます。お客様は、お客様のネットワーク管理環境において、Cisco netManager 1.0 を 1 台のサーバにインストールできます。

認可されたソフトウェア ライセンス 1 本ごとに、ソフトウェアとともに提供されたライセンス ファイルで指定されている数の IP Phone、またはソフトウェア ライセンス権利証明書で指定されている数の IP Phone を管理する目的で、1 台のサーバにソフトウェアをインストールし、実行できます。制限された数を超える IP Phone が必要な場合は、アップグレード ライセンスまたはソフトウェアの追加コピーを購入する必要があります。IP Phone の数の制限は、ライセンス登録によって実施されます。

複製と配布 :お客様は、本ソフトウェアを複製または配布してはならないものとします。

その他の権利および制限条項の説明

米国シスコシステムズ社のエンド ユーザ使用許諾契約を参照してください。

Cisco netManager 1.0 の概要

Cisco netManager 1.0(Cisco netManager)は、データおよび IP 通信のネットワーク監視ソリューションであり、ネットワークのデバイス、サービス、またはアプリケーションの監視機能を備えています。Cisco netManager 1.0 では、データおよび IP 通信の構成に関するデータ ステータスの視覚化、監視、診断、およびレポートが可能です。

Cisco netManager 1.0 では、ネットワーク内のデバイスを監視し、デバイス ステータスの変化に応じて処理を実行できます。そのため、ネットワークの障害を手遅れにならないうちに識別できます。

ライセンス

Cisco netManager は、ソフトウェアベースの製品登録とライセンス キー テクノロジーを備えています。ライセンス処理によって、ライセンス許可された Cisco netManager 1.0 のコピーを実行できます。

単一のライセンスには、使用可能な Cisco netManager のエディションと、監視可能な電話数の両方が含まれます。


) ライセンス処理では、ノードロック テクノロジーが使用されます。ライセンス ファイルは、指定した MAC アドレスでのみ使用できます。


ライセンス用語について

表1 で、PAK、ライセンス ファイル、およびこれらの用語の用法について説明します。

 

表1 PAK およびライセンス ファイルについて

ライセンス用語
説明

Product Authorization Key(PAK)

PAK は、ソフトウェア権利証明書に印刷されています。Cisco netManager をインストールしたサーバの PAK と MAC アドレスを使用して、Cisco.com からライセンス ファイルを取得します。ライセンス ファイルは、製品のインストール時でなくても、Cisco netManager の使用中にいつでも取得し、インストールできます。Cisco netManager ライセンス ファイルには、最大で 500 台までの電話機および 100 台までのデータ デバイスのサポートが含まれます。

追加のデバイスをサポートするための増分ライセンスを購入して、最大で 30,000 台までの電話機を単一の Cisco netManager に登録できます。購入した増分ライセンスごとに PAK を受け取ります。ライセンス ファイルを取得するには、その PAK を使用する必要があります。

ライセンス ファイル

PAK を登録し、ライセンス ファイルを取得するには、次の URL で Cisco.com の製品ライセンス領域に移動します。

http://www.cisco.com/go/license

ログインすると、製品登録フィールドの多くは、Cisco ユーザ プロファイル情報が自動的に読み込まれます。ログインでは、大文字と小文字が区別されます。

次の種類のライセンスを購入できます。

a. 50 台のデータ デバイス、250 台の電話機(1 年間有効)

b. 50 台のデータ デバイス、250 台の電話機(無期限)

c. 100 台のデータ デバイス、500 台の電話機(1 年間有効)

d. 100 台のデータ デバイス、500 台の電話機(無期限)

e. 50 台のデータ デバイス、250 台の電話機(無期限。ライセンス b からライセンス d へのアップグレード)

インストール時の製品ライセンス処理


ステップ1 Cisco netManager 1.0 をインストールするサーバの MAC アドレスと PAK を使用して、Cisco netManager を Cisco.com に登録します。

PAK は、ソフトウェア権利証明書に印刷されています。ライセンス ファイルは、
http://www.cisco.com/go/license から取得します。


) ログインを要求されます。ログインするには、Cisco.com へのユーザ登録が必要です。


ステップ2 Cisco netManager 1.0 をインストールします。インストール中にライセンス情報を要求されるので、次のように操作します。

a. ライセンス ファイルの選択を要求されたら、Next をクリックします。File Browser ウィンドウが表示されます。

b. ライセンス ファイルの場所に移動し、ライセンス ファイルを選択します。

c. Open をクリックします。ライセンス ファイルの有効性がチェックされ、リソース数(Resource Count)と有効期限(Expiry Dates)の要約が表示されます。

d. OK をクリックします。

e. 最初のオプション ボタンを選択します。

f. ライセンス ファイルを選択し、 Next をクリックしてインストールを開始します。

Cisco netManager をインストールした後で、ライセンス ファイルを追加して、デバイス サポートを増やすことができます( 「インストール済み Cisco netManager へのライセンスの追加」 を参照)。


 

インストール済み Cisco netManager へのライセンスの追加

Cisco netManager をインストールした後で、追加のデバイスをサポートするために購入した増分ライセンスを追加します。増分ライセンスを購入するときに、PAK を受け取ります。この PAK を使用してライセンス ファイルを取得し、ライセンスをインストールする必要があります。

評価版ライセンスで Cisco netManager をインストールした場合、製品版ライセンスにアップグレードできます。Cisco netManager を購入するときに、PAK を受け取ります。これを使用してライセンス ファイルを取得し、インストールします。

デバイス サポートを Cisco netManager に追加したり、評価版ライセンスを製品版ライセンスにアップグレードしたりするには、次の手順を実行する必要があります。


ステップ1 Cisco netManager 1.0 をインストールしたサーバの MAC アドレスと、ライセンスを購入したときに受け取った PAK を使用して、ライセンス ファイルを取得します。ライセンス ファイルは、 http://www.cisco.com/go/license から取得します。


) ログインを要求されます。ログインするには、Cisco.com へのユーザ登録が必要です。


ステップ2 新しいライセンス ファイルを Cisco netManager サーバの <インストール フォルダ>/etc/license にコピーします。

ステップ3 Start > Programs > Cisco netManager 1.0 > Upgrade License を選択します。新しいウィンドウに、リソース数(Resource Count)と有効期限(Expiry Dates)の要約が表示されます。

ステップ4 OK をクリックします。

ステップ5 次の手順で、サービスを再起動します。

a. Start > Run Programs > Cisco netManager 1.0 > Daemons > Stop を選択して、サービスを停止します。

b. Start > Run Programs > Cisco netManager > Daemons > Start を選択して、サービスを再起動します。


 

Cisco netManager パッケージの内容

表2 に、Cisco netManager 1.0 パッケージの内容を示します。製品には、元の印刷マニュアルおよび電子マニュアルが付属しています。元のマニュアルが発行された後で行われた変更は Cisco.com に反映されるので、Cisco.com で最新のマニュアルを入手できます。

 

表2 Cisco netManager 1.0 パッケージの内容

製品
内容

Cisco netManager 1.0

Cisco netManager 1.0 製品インストール CD-ROM

PDF 版 1

Quick Start Guide for Cisco netManager 1.0

Release Notes for Cisco netManager 1.0

User Guide for Cisco netManager 1.0

1.PDF 版のサポート マニュアルは、製品 CD-ROM の Documentation フォルダにあります。

サーバとクライアントのシステム要件

Cisco netManager 1.0(Cisco netManager)は、Windows 2003 および Windows XP システムにインストールするように意図されています。 表3 で、サーバのシステム要件を説明します。また、 表4 で、クライアントのシステム要件を説明します。

インストールに関する注意:

Cisco netManager には、専用システムが必要です。次のものと同じシステムにはインストールしないでください。

McAfee ウイルス検出ソフトウェア

サードパーティの管理ソフトウェア(HP OpenView、NetView など)

Cisco Secure Access Control Server(ACS)

他のシスコ アプリケーション

Cisco netManager をインストールするシステムは、DNS に対応するように設定する必要があります。

Cisco netManager のインストールに、リモート デスクトップ(Windows 2000 Server 以降の機能)を使用しないでください。MSDE には、リモート デスクトップとの互換性に既知の問題があります。Cisco netManager のインストールに、セッションを使用するリモート管理ソフトウェアは使用しないでください。

サードパーティ製 SNMP 管理ツールを使用して、Cisco netManager がインストールされているサーバに SNMP クエリーを行う場合は、Windows SNMP サービスをインストールする必要があります。「システムを SNMP 対応に設定」を参照してください。

次のシステムには、Cisco netManager をインストールしないでください。

Primary Domain Controller(PDC; プライマリ ドメイン コントローラ)または Backup Domain Controller(BDC; バックアップ ドメイン コントローラ)

FAT ファイル システム

ターミナル サービスがアプリケーション サーバ モードでイネーブルになっている Windows Advanced Server

Internet Information Services(IIS)がイネーブルになっているシステム

正引き機能がないシステム

暗号化されたディレクトリを選択しないでください。Cisco netManager はディレクトリの暗号化をサポートしません。

音声アプリケーション サーバまたは Cisco Unified CallManager サーバにインストールしないでください。

システムの日付と時刻が正しく設定されていることを確認してください。

インストールの速度を上げるために、インストール中は、すべてのウイルススキャン ソフトウェアをディセーブルにしてください。

システムの IP アドレスおよびホスト名は、インストール前に設定しておく必要があります。

 

表3 サーバ ハードウェアとソフトウェアの最小要件の要約

要件の種類
最小要件

システム ハードウェア

2.0 GHz 以上の Intel または AMD プロセッサを搭載した任意の PC またはサーバ プラットフォーム

カラー モニタ

CD-ROM ドライブ

メモリ(RAM)

1 GB

スワップ ファイル領域

1.5 GB

ドライブ空き領域 2

30 GB のハードディスク領域

NTFS ファイル システム(安全なオペレーションのために必須)

Windows 一時ディレクトリ(%TEMP%)に 16 MB 以上の空き領域

システム ソフトウェア 34

ODBC Driver Manager 5 3.5.10 以降

Service Pack 1 および Service Pack 2 を適用した Windows Server 2003 Standard Edition および Enterprise Edition

2.Cisco netManager は、FAT ファイル システムにインストールしないでください。

3.Cisco netManager は、専用システムにインストールする必要があります。プライマリ ドメイン コントローラ(PDC)またはバックアップ ドメイン コントローラ(BDC)に Cisco netManager をインストールしないでください。暗号化されたディレクトリに Cisco netManager をインストールしないでください。Cisco netManager はディレクトリの暗号化をサポートしません。

4.Windows オペレーティング システムのデフォルト ロケールは、米国英語または日本語に設定する必要があります。

5.ODBC Driver Manager のバージョンを確認するには、Windows のデスクトップから Start > Settings > Control Panel > Administrative Tools > Data Sources (ODBC) を選択します。About タブを選択します。必要に応じて、Microsoft Data Access Component(MDAC)2.5 以降をインストールします。

 

表4 クライアント ハードウェアとソフトウェアの最小要件の要約

要件の種類
最小要件

システム ハードウェア

1.0 GHz を超える Intel または AMD プロセッサを搭載した任意の PC またはサーバ プラットフォーム

ビデオ カード付きカラー モニタ(24 ビット色深度に設定)

1024 × 768 dpi の画面解像度


) 一部の LCD プロジェクタまたはモニタでは、最小解像度で明瞭な表示が得られない場合があります。LCD プロジェクタおよびモニタでは、ドット ピッチが画面の見やすさに影響を与えます。


システム ソフトウェア

クライアントでは、次のいずれかを実行できます。

Service Pack 1 を適用した Windows XP

Windows ターミナル サービスを使用しない Windows Server 2003 Standard Edition または Enterprise Edition

Internet Explorer 6.0

メモリ(RAM)

1 GB

スワップ ファイル領域

1 GB

環境

クライアントは Cisco netManager にアクセスできる必要があります。

ファイアウォールの外から:クライアント アクセスの設定方法について、ファイアウォールのマニュアルを参照してください。

Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)を経由して:VPN トンネルで、クライアントと VPN ルータまたは類似のデバイスを接続する必要があります。

Cisco netManager のインストール

この項は、次の内容で構成されています。

「Cisco netManager をインストールする前に」

「インストールの実行」

「システムを SNMP 対応に設定」

「データベースのバックアップと復元」

Cisco netManager をインストールする前に

インストールを開始する前に、「インストールに関する注意:」の内容を確認してください。

Cisco netManager のインストール中に、必要に応じて次の情報を指定します。

ユーザ admin のパスワード。

システム アイデンティティ アカウント パスワード。

ライセンス情報:ライセンス ファイルの場所。すでにライセンス ファイルを取得している場合は、パスを指定します。まだ取得していない場合は、取得します。ライセンスの取得は、Cisco netManager をインストールする前でも後でも可能です。「ライセンス」を参照してください。


) Cisco netManager 1.0 CD-ROM には、評価版ライセンス ファイルが収録されています。


インストールの実行


ステップ1 システムが、次の前提条件を満たしていることを確認します。

必要な(または望ましい)オペレーティング システムのアップグレードが実行されている。

必要なサービス パックがインストールされている。

システム要件については、「サーバとクライアントのシステム要件」を参照してください。

ステップ2 開いているプログラムまたはアクティブなプログラムをすべて閉じます。インストール プロセス中に他のプログラムを実行しないでください。

ステップ3 Cisco netManager ソフトウェアをインストールするマシンにローカル管理者としてログインし、CD-ROM ドライブに Cisco netManager 1.0 CD-ROM を挿入します。Cisco netManager 1.0 Setup Program ウィンドウが開きます。

ステップ4 Next をクリックします。Software License Agreement ウィンドウが表示されます。

ステップ5 ライセンスの条件に同意するオプションを選択し、Next をクリックします。Customer Information ウィンドウが表示されます。

ステップ6 所定のフィールドにユーザ名と会社名を入力します。

ステップ7 Next をクリックします。Installation Directory ウィンドウが表示されます。

ステップ8 次のいずれかを実行します。

Next をクリックして、デフォルト インストール ディレクトリを使用します。

Cisco netManager をインストールするフォルダを参照し、 Next をクリックします。

ステップ9 ライセンス ファイルの場所に移動し、ライセンス ファイルを選択します。


) Cisco netManager により、Cisco netManager/etc/license フォルダが自動的に開きます。


ステップ10 Next をクリックします。選択したライセンスの種類が記載された確認ウィンドウが表示されます。

ステップ11 次のいずれかを実行します。

このライセンスでインストールを続行する場合は、Yes をクリックします。

間違ったライセンス ファイルが選択されている場合は、No をクリックします。ステップ 8 および 9 を繰り返して、正しいライセンス ファイルを選択します。

ステップ12 ポート番号を入力します。デフォルトのポート番号は 80 です。

ステップ13 Next をクリックします。バックアップから復元するかどうかを確認するウィンドウが表示されます。

ステップ14 次のいずれかを実行します。

初めてインストールする場合、またはバックアップからデータを復元しない場合は、No をクリックします。

既存の Cisco netManager データベースを復元する場合は、Yes をクリックします。Yes をクリックすると、データベース ファイルが格納されているフォルダを指定するためのウィンドウが表示されます。Next をクリックして、インストールを開始します。

ステップ15 Install を選択して、Cisco netManager 1.0 の完全パッケージをインストールします。

インストール プログラムにより、依存関係とシステム要件がチェックされます。

System Requirements ウィンドウで、要件チェックの結果が表示され、インストールを続行できるかどうかが通知されます。次のいずれかの処理が行われることもあります。

インストールするために十分なディスク スペースがない場合、または、メモリ要件が満たされていない場合は、インストール プログラムはエラー メッセージを表示し、インストールを停止します(「サーバとクライアントのシステム要件」を参照)。

最小推奨要件が満たされていない場合は、インストール プログラムはエラー メッセージを表示し、インストールを続行します。

ステップ16 Next をクリックします。

ステップ17 セットアップが完了したら、 Finish をクリックします。

ステップ18 インストールが完了したら、Cisco netManager を起動して、正常にインストールされたことを確認します。Windows デスクトップで、 Start > Programs > Cisco netManager を選択します。


) Windows 2003 システムで Enhanced Security がイネーブルになっている場合、Cisco netManager ホームページを Internet Explorer の信頼済みサイト ゾーンに追加する必要があります。信頼済みサイトに追加しないと、Cisco netManager 1.0 ホームページにアクセスできません。



 

インストール中にエラーが発生した場合は、ドライブのルート ディレクトリにあるインストール ログを調べてください。Cisco Technical Assistance Center(TAC)から、インストール ログを送信するように依頼されることもあります。

Cisco netManager のアンインストール

Cisco netManager を削除したり、すべての機能コンポーネントを再インストールして Cisco netManager を修復したりするには、次の手順を実行します。


ステップ1 Windows デスクトップで、 Start > Programs > Cisco netManager > Uninstall を選択します。Setup ウィンドウが表示されます。

ステップ2 次のいずれかを実行します。

すべての機能コンポーネントを再インストールして Cisco netManager を修復するには、最初のオプションを選択します。

Next をクリックし、データベース ファイルが格納されているフォルダに移動します。

Next をクリックします。Cisco netManager は、すべての機能コンポーネントの再インストールを開始します。

セットアップが完了したら、Finish をクリックします。

Cisco netManager を削除するには、2 番目のオプションを選択します。

Next をクリックします。

Yes をクリックして、アンインストールすることを確認します。データベースのバックアップを保存するかどうかを確認するウィンドウが表示されます。

次のいずれかを実行します。

バックアップを作成する場合は、Yes をクリックし、バックアップを保存するフォルダに移動します。

データベースのバックアップを作成しない場合は、No をクリックします。

Next をクリックします。

サーバを今すぐ再起動するかどうかを選択し、Finish をクリックします。


 

システムを SNMP 対応に設定

Cisco netManager は、システム アプリケーション MIB を実装します。サードパーティ製 SNMP 管理ツールを使用して、Cisco netManager がインストールされているサーバに SNMP クエリーを行う場合は、Windows SNMP サービスをインストールする必要があります。


) セキュリティを強化するために、システム アプリケーション MIB のどの object ID(OID; オブジェクト ID)に対しても SNMP set 操作は許可されていません。Cisco netManager をインストールした後、デフォルトまたはよく知られたコミュニティ ストリングを使用しないように、Windows SNMP サービスのクレデンシャルを変更する必要があります。


Cisco netManager をインストールする前に、Windows SNMP サービスをインストールすることをお勧めします。

次の手順で、Windows SNMP サービスがインストールされているかどうかを判断します。


ステップ1 Cisco netManager をインストールするサーバに Windows SNMP サービスがインストールされていることを確認します。次の手順を実行します。

a. Windows 管理ツールの Services ウィンドウを開きます。

b. 次のことを確認します。

SNMP サービスが、Windows 管理ツールの Services ウィンドウに表示されていること。表示されている場合、Windows SNMP サービスはインストールされています。

SNMP サービス ステータスが Started であること。Started である場合、SNMP サービスは稼働しています。

ステップ2 Windows SNMP サービスがインストールされていない場合は、インストールします。


) Windows オンライン ヘルプで、Windows SNMP サービスなどの Windows コンポーネントを追加および削除する手順を参照できます。手順を検索するには、Windows オンライン ヘルプの Index タブを選択し、「SNMP サービス インストール」などのキーワードまたはフレーズを入力します。



 

データベースのバックアップと復元

データベースのバックアップと復元は、製品のアンインストールおよび再インストールの際にのみ実行できます。バックアップと復元のオプションの詳細については、 「インストールの実行」 および 「Cisco netManager のアンインストール」 の該当するステップを参照してください。

関連情報

製品をインストールし、インストール後の必要な作業を実行すると、IP テレフォニー環境を監視する準備ができます。詳細については、『 User Guide for Cisco_netManager - Unified Communications 1.0 』を参照してください。

このマニュアルは次の場所から入手できます。

各製品 CD-ROM の Documentation ディレクトリにある PDF 形式

製品に組み込まれているオンライン ヘルプ

Cisco.com の HTML および PDF

a. http:www.cisco.com で Cisco.com にログインします。

b. 該当する製品のリンクを選択します。

c. 製品のユーザ ガイドのリンクを選択します。

関連資料


) 印刷物または電子マニュアルに記載する情報の正確性には万全を期しておりますが、マニュアルのアップデートについては、Cisco.com でも確認してください。


Cisco netManager 1.0 のアプリケーションとツールのインストール、トラブルシューティング、および使用方法については、 表5 に示す情報源を参照してください。


) 文書を Adobe Portable Document Format(PDF)形式で表示するには、Adobe Acrobat 4.0 以降が必要です。


 

表5 関連マニュアル

対象事項
参照するマニュアル
製品 CD に収録 6
Cisco.com で提供
オンライン ヘルプに掲載

サポートされる
デバイス

Supported Devices Table for Cisco netManager 1.0

http://www.cisco.com/en/US/products/ps7243/products_device_support_tables_list.html

なし

あり

なし

既知の製品バグ

Release Notes for Cisco netManager 1.0

http://www.cisco.com/en/US/products/ps7243/prod_release_notes_list.html

あり

あり

なし

標準インストールの実行

Quick Start Guide for Cisco netManager 1.0

http://www.cisco.com/en/US/products/ps7243/prod_installation_guides_list.html

あり

あり

なし

機能およびタスク

User Guide for Cisco_netManager - Unified Communications 1.0

http://www.cisco.com/en/US/products/ps7243/products_user_guide_list.html

あり

あり

あり

6.Documentation フォルダに PDF 形式で格納されています。

技術情報の入手方法、サポートの利用方法、およびセキュリティ ガイドライン

技術情報の入手、サポートの利用、技術情報に関するフィードバックの提供、セキュリティ ガイドライン、推奨するエイリアスおよび一般的なシスコのマニュアルに関する情報は、月刊の『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。ここには、新規および改訂版のシスコの技術マニュアルもすべて記載されています。次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html