Cisco Unified Service Statistics Manager ユーザ ガイド, 1.3
用語集
Glossary
発行日;2012/01/30 | 英語版ドキュメント(2010/05/19 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

Glossary

 

 


A
admin
Service Statistics Manager Administrator ロールを持つデフォルト ユーザと、Operations Manager ネットワーク管理者ユーザ ロールとそのロールを持つデフォルト ユーザのどちらか

 


C
CDR
Unified Communications Manager からの呼詳細レコード。CDR には、完全なコールに関するデータが含まれており、Cisco Voice Transmission Quality(CVTQ)をサポートしている Unified Communications Manager のバージョンでは、 「MOS」 が CVTQ アルゴリズムを使用して計算されます。
CME
Cisco Unified Communications Manager Express
CUE
Cisco Unity Express

 


I
IPSLA
Cisco IOS IP Service Level Agreement

 


M
MOS
平均オピニオン評点。MOS は 0 ~ 5 の数値で、0 が最低、5 が最高のコール品質です。

 


N
NAM
Cisco Network Analysis Module。音声ネットワーク データを収集して MOS を分析できます。

 


S
Service Statistics Manager サーバ
SSM Agentから受信したデータを処理して集計します。レポート、グラフ、およびビューの表示と設定を可能にします。データベースが含まれています。
SLA
サービス レベル契約。ダッシュボードとレポート経由のユーザ定義しきい値の作成と監視を可能にします。Premium ライセンスで使用できます。
SSM Administration Console
個別にインストール可能なダウンロード(自動的に 「Service Statistics Manager サーバ」 システム上にインストールされます)。特権ユーザのみがアクセスできます。グループ、セキュリティ、および SSM Agent の設定に使用されます。
SSM Agent
個別にインストール可能なダウンロード。モニタを作成して、データのポーリングや配信を調整します。Operations Manager サーバと Service Monitor サーバ上に存在する必要があります。1 つの Service Statistics Manager サーバにのみ接続する必要があります。Service Statistics Manager サーバと TCP 上で通信します。

 


U
Unified CCE
Cisco Unified Contact Center Express
Unified CM
Cisco Unified Communications Manager

 

 


アトリビュート
「モニタ タイプ」 の統計値。たとえば、Available Memory(使用可能な MB 単位の RAM)は、System Utilization for Unity モニタ タイプのアトリビュートです。
アトリビュート セット
1 つ以上のモニタ タイプとそれぞれに対して収集するアトリビュート

 

 


インスタンス
「モニタ」 「SLA」 、または 「要素」 の特定の存在。要素のインスタンスは、特定のデバイスまたは音声および IP 通信システムです。

 

 


監視対象要素
「管理対象要素」 参照 してください。
監視対象リソース
「管理対象要素」 参照 してください。
管理対象要素

 


クラスタベース データ
Unified Communications Manager から取得されたデータ( 「CDR」

 

 


コール ストリーム
「センサー」 によって収集された 60 秒 Real-Time Transport Protocol(RTP; リアルタイム トランスポート プロトコル)ストリーム。 「MOS」 はセンサー上で計算されます。
コール品質
コール( 「CDR」 を参照)または 「コール ストリーム」 に関して報告された 「MOS」 によって決定されます。

 

 


センサー
Cisco 1040 センサー。音声ネットワーク データを収集して MOS を分析できます。
センサーベース データ
センサーから取得されたデータ。 「コール ストリーム」 も参照してください。

 

 


ダッシュボード ビュー
オプションで [Reports] タブ上のペインに表示される 「ビュー」 。ユーザごとにダッシュボード ビューを選択することも、ダッシュボード ビューを選択しないこともできます。

 

 


ビュー
単一のページ([Views] タブ)またはペイン( 「ダッシュボード ビュー」 )上に、関連するグラフまたはレポートを起動するためのクリック可能なサムネールとして整理されたグラフまたはレポートのグループ

 

 


ホーム ビュー
[Views] タブを選択したときに表示されるビュー。ユーザごとにホーム ビューを選択できます。

 

 


モニタ
Operations Manager または Service Monitor サーバ上に存在し、 「要素」 のインスタンスに関する特定のアトリビュートを収集するデータ コレクタ。Operations Manager または Service Monitor サーバ上の 「SSM Agent」 によって作成、制御、および調整されます。
モニタ タイプ
「モニタ」 を作成するためのテンプレート。データが収集されるデバイス タイプ(または音声および IP 通信システム タイプ)と収集するアトリビュートを指定します。

 

 


要素
ゲートウェイなどのデバイス タイプまたは Unified Communications Manager などの音声および IP 通信システム タイプ

 

 


リモート エージェント
「Service Statistics Manager サーバ」 がインストールされたサーバとは別のサーバ上にインストールされた 「SSM Agent」