IP Communications Service Monitor ユーザ ガイド
索引
A
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 549KB) | フィードバック

A

AAA モード  2-6, D-2

ACS モード

Service Monitor の使用  2-8

認証  2-6

ユーザ、設定  2-6

ユーザ ロールおよび特権の変更  2-8

C

Cisco 1040

ID

起動  1-4

形式  1-4

web インターフェイス  1-17

イメージ ファイル  1-5

削除  1-16

追加  1-10

デフォルト設定  1-13

到達不能、トラップ  1-19, A-2

登録

自動  1-13

手動  1-10

フェールオーバー  1-14

リセット  1-14

Cisco Secure Access Control Server(ACS)  2-6

CiscoWorks

AAA モード  2-6

プロセス  2-9

ホームページ  2-10

ログイン モジュール  D-3

フォールバック  D-3

ローカル  2-6

D

DHCP、設定  1-6

DNS、設定  1-6

I

IP Communications Operations Manager、トラップ レシーバとして  1-4

M

MIB

Service Monitor によって使用  A-1

システム アプリケーション、ログ ファイル  2-13

MOS

違反トラップ  1-18, A-1

しきい値、設定  1-4

O

Operations Manager、トラップ レシーバとして  1-4

P

Permission Report、CiscoWorks ユーザ特権  2-6

PIN  B-2

Product Identification Number  B-2

Product Authorization Key  B-2

S

Service Monitor

概要  1-2

設定  1-3

プロセス  2-9

ホスト名、変更  2-14

Service Monitor の管理

SNMP、Service Monitor の管理

セキュリティ、クエリー対応に設定  2-13

クエリー、設定  2-11

システム アプリケーション MIB ログ ファイル、表示  2-13

Service Monitor のセットアップ  1-3

Service Monitor プロセスの停止  2-9

SNMP

クエリー

セキュリティ  2-13

サービス  2-11

トラップ レシーバ  1-4

SNMP MIB、Service Monitor のサポート  C-1, C-2

システム アプリケーション MIB の実装  C-2

サンプル MIB ウォーク  C-9

SNMP、Service Monitor の管理  2-11

SNMP クエリー、セキュリティの設定  2-13

SNMP クエリー、設定  2-11

Windows SNMP サービス、イネーブル化またはディセーブル化  2-12

Windows SNMP サービス、インストールおよびアンインストール  2-12

Windows SNMP サービス ステータス、判別  2-11

システム アプリケーション MIB ログ ファイル、表示  2-13

syslog ファイル、管理  2-4

T

TFTP サーバ  1-5

イメージ ファイル  1-5

設定  1-4

TFTP サーバへのファイルのコピー  1-5

W

Windows SNMP サービス

アンインストール  2-12

イネーブル化  2-12

インストール  2-12

ステータス、判別  2-11

ディセーブル化  2-12

Windows タイム サービス  1-15

イネーブル化

コール メトリックのアーカイブ  1-4

自動登録  1-3

イメージ ファイル

TFTP サーバへのコピー  1-5

アップデート  1-15

ディレクトリ  1-4

イメージ ファイルのアップデート  1-15

概要

Service Monitor  1-2

ライセンス  B-2

キープアライブ  1-14

起動

Service Monitor  1-3

Service Monitor プロセス  2-9

コール メトリック

アーカイブ、イネーブル化およびディセーブル化  1-4

ファイル  2-2

削除  2-2

データ形式  1-18

場所  1-18

バックアップ  2-2

コール メトリックのアーカイブ

イネーブル化  1-4

ディセーブル化  1-4

削除

Cisco 1040  1-16

TFTP サーバのファイル  1-16

しきい値、MOS、設定  1-4

時刻

Cisco 1040、設定  1-15

Windows タイム サービス  1-15

時刻の設定

Cisco 1040  1-15

Windows タイム サービス  1-15

システム アイデンティティ セットアップ ユーザ

Cisco Secure ACS 上  D-4

CiscoWorks 上  D-2

システム アプリケーション MIB

サンプル MIB ウォーク  C-9

システム アプリケーション MIB の実装  C-2

サンプル MIB ウォーク  C-9

リソース MIB テーブル  C-2

以前に実行されたパッケージのステータス  C-7

以前に実行された要素のステータス  C-7

インストールされているパッケージ  C-2

インストールされている要素  C-3

スカラ変数  C-8

パッケージ ステータス情報  C-5

プロセス マップ  C-8

要素ステータス情報  C-6

システム管理

データ、バックアップおよび復元  2-2

データベース パスワード  2-3

自動登録  1-13

セキュリティ

SNMP クエリー  2-13

証明書  2-16

設定

Cisco 1040、編集  1-11

DHCP  1-6

DNS  1-6

システム

SNMP クエリー  2-11

ユーザ  2-6

ACS モードの使用  2-6

CiscoWorks Local ログイン モジュール  2-6

対象読者、このマニュアルの  vii

注意

意味  viii

ディセーブル化

コール メトリックのアーカイブ  1-4

自動登録  1-3

デバッグ  2-5

データベース

パスワード、変更  2-3, 2-15

バックアップおよび復元  2-2

データベースの復元  2-2

デバッグ、イネーブル化  2-5

登録

Cisco 1040

自動  1-13

手動  1-10

Service Monitor

CiscoWorks ホームページ  2-10

ライセンス、Service Monitor  B-3

特権、Cisco Secure ACS での設定  2-8, D-4

トラップ

MOS 違反  1-18, A-1

到達不能 Cisco 1040  A-2

到達不能な Cisco 1040  1-19

トラップ レシーバ

Operations Manager  1-4

設定  1-4

ポート  1-4

認証

ACS モード  2-6

および認可  2-6

非 ACS モード  2-6

フォールバック モード  D-3

パスワード、データベース  2-3, 2-15

バックアップ

コール メトリック ファイル  2-2

データベース  2-2

非 ACS モード

CiscoWorks Local ログイン モジュール  2-6

認証  2-6

ユーザ、設定  2-6

表記法、このマニュアルで使用する  viii

ファイル

イメージ、コピー  1-5

管理

syslog ファイル  2-4

履歴ログ ファイル  2-4

コール メトリック  2-2

コンフィギュレーション、コピー  1-5

ログ ファイル  2-5

フェールオーバー、Cisco 1040  1-14

プロセス

CiscoWorks  2-9

Service Monitor  2-9

起動および停止  2-9

編集

Cisco 1040 の設定  1-11

デフォルト設定  1-13

ホスト名、変更  2-14

マニュアル  ix

この~の対象読者  vii

~で使用する表記法  viii

ユーザ

システム アイデンティティ セットアップ ユーザ  D-2

設定  2-6

ACS モードの使用  2-6

CiscoWorks Local ログイン モジュールの使用  2-6

特権  2-8

Permission Report、CiscoWorks  2-6

ロール  2-8, D-2

ライセンス

Product Identification Number  B-2

Product Authorization Key  B-2

概要  B-2

登録  B-3

リマインダ  B-4

リセット

Cisco 1040  1-14

ロール

CiscoWorks  2-8

ロール、ユーザ

Cisco Secure ACS、変更  2-6

ログ ファイル

管理  2-4

デバッグ、イネーブル化およびディセーブル化  2-5

場所  2-5

履歴  2-4

ログ ファイルの管理  2-5

ログイン

CiscoWorks ログイン モジュール  D-3

障害  D-3

フォールバック モード  D-3